超ワールドサッカー

イバ&佐藤弾の横浜FCが讃岐を下して首位浮上!《J2》2017.05.17 21:26 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽明治安田生命J2リーグ第14節の横浜FC vsカマタマーレ讃岐が17日にニッパツ三ツ沢球技場で行われ、2-1で横浜FCが勝利した。

▽ここまで7勝4分け2敗で2位につける横浜FCと、1勝6分け6敗で21位と苦しんでいる讃岐が対戦した。試合は、序盤に横浜FCがスコアを動かす。5分、ボックス右で仕掛けたジョン・チュングンが仕掛けのプレーから、李栄直のハンドを誘う。これで得たPKをイバが確実に決めて横浜FCがリードする。

▽ハーフタイムにかけては、横浜FCがボールを支配し、押し気味に試合を進める。それでも、32分には讃岐がチャンスを迎える。ロングボールからセカンドボールに反応したボックス左の馬場がボレーシュート。これが、わずかに右のクロスバーをそれていく。

▽ビハインドを背負った讃岐はハーフタイム明け、西に代えて仲間を投入。早々の48分には、左サイドから馬場が入れた低めのアーリークロスに、ゴールに背を向けたまま正面の森川がヒールで合わせる。巧みなシュートが枠に飛ぶがGKに処理される。

▽54分には渡邉を下げて木島徹をピッチに送り出した讃岐は、73分に追いつく。左サイドから武田がロングスローをゴール前に入れると、ワンバウンドしてファーに流れたボールを馬場がプッシュ。良い流れを掴んでいた讃岐がスコアを1-1とする。

▽しかし、3戦ぶり勝利を目指す横浜FCも諦めない。すると、87分に勝ち越しに成功する。途中出場の大久保からの落としを受けたボックス左の佐藤がコントロールシュート。これが決まり、横浜FCが再びリードする。

▽結局、これが決勝点となり、横浜FCが勝利。他会場で首位の湘南ベルマーレが敗れたため、横浜FCが代わって首位に浮上した。

コメント

関連ニュース

thumb

【Jリーグ出場停止情報】湘南のMF菊地俊介や横浜FCのMF佐藤謙介、長崎のFWファンマらが出場停止

▽Jリーグは29日、明治安田生命J2リーグ第17節および、J3リーグ第11節の出場停止選手情報を発表した。 ▽J2では、名古屋グランパス戦で退場処分となった横浜FCのMF佐藤謙介や、松本山雅FC戦で退場処分となったDF廣井友信ら5選手が出場停止となる。また、J3では、FC琉球の富樫佑太が出場停止となる。 <span style="font-weight:700;">【明治安田生命J2リーグ】</span> <span style="font-weight:700;">MFパク・ゴン</span>(ザスパクサツ群馬) 明治安田生命J2リーグ 第17節 vs徳島ヴォルティス(6/3) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">MF佐藤謙介</span>(横浜FC) 明治安田生命J2リーグ 第17節 vsレノファ山口FC(6/3) 今回の停止:1試合停止 <span style="font-weight:700;">MF菊地俊介</span>(湘南ベルマーレ) 明治安田生命J2リーグ 第17節 vsV・ファーレン長崎(6/3) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">DF廣井友信</span>(ツエーゲン金沢) 明治安田生命J2リーグ 第17節 vs名古屋グランパス(6/3) 今回の停止:1試合停止 <span style="font-weight:700;">FWファンマ</span>(V・ファーレン長崎) 明治安田生命J2リーグ 第17節 vs湘南ベルマーレ(6/3) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">【明治安田生命J3リーグ】</span> <span style="font-weight:700;">MF富樫佑太</span>(FC琉球) 明治安田生命J3リーグ 第11節 vsセレッソ大阪U-23(6/3) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 2017.05.29 17:24 Mon
twitterfacebook
thumb

4発大勝の松本、金沢下し5試合ぶりの白星!《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第16節のツエーゲン金沢vs松本山雅FCの試合が28日に行われ、0-4で松本が大勝を飾った。 ▽ここまで勝ち点13で19位に沈んでいる金沢は、ここ8試合で1勝と苦しい状況。福岡相手に0-5で大敗した前節から山崎を代えて杉浦を先発に起用した。対する松本は勝ち点19で16位。こちらもここ8試合で1勝しかできておらず、1-2で敗れた前節の湘南戦から、スタメンをパウリ―ニョから宮阪に変更し勝利を目指す。 ▽序盤は両者とも球際で激しさを見せるものの、繋ぎやラストパスに精彩を欠き、思うようにシュートまで運ぶことができない。前半も半ばを過ぎた頃、徐々に攻撃の形が作れるようになると29分、松本が自陣でボールを奪い、パスを受けた石原がドリブルを開始。一人でボックス付近まで持ち込み、そのままシュートを放つ。狙い澄ましたシュートだったがわずかにゴールの右に逸れ、得点には至らなかった。 ▽危ない場面を凌いだ金沢も攻撃に出る。31分、ゴール前まで攻め込むと、最後はこぼれ球を宮崎がミドルシュート。鋭い弾道を描いたシュートは、GK村山に右手1本でセーブされ、金沢の先制とはならなかった。 ▽一進一退の攻防が続く中、40分に松本が右サイド攻撃の形を作ると、ボックス右からクロスを上げる。ファーサイドで石原がダイレクトで合わせるが、DFにブロックされ得点のチャンスをものにすることができない。 ▽0-0で迎えた後半、松本はボールを保持しながら得点の機会を窺うが、なかなか攻撃のアイデアが浮かばない。金沢も攻めの姿勢は見せるものの前線が嚙み合わず、こちらもチャンスを作り出せず。 ▽そうした中、松本の攻撃に何度も絡んでいた石原が遂に試合を動かす。66分、ボックス内で工藤からパスを受けた石原は豪快に左足を振り抜く。シュートはDFに当たりコースが変わると、クロスバーを叩いてネットを揺らした。 ▽先制に成功した松本はここからさらに金沢を突き放す。まずは69分、右サイドの深い位置から石原がグラウンダーでクロスを上げると、ゴール前に走り込んだ工藤が押し込んで2点目をマーク。直後の70分には、左サイドからのパスを岩間がボックス手前でスルーするとそのままゴール前に走り込んだ岩間に工藤がキラーパスを通す。岩間は落ち着いてGKとの一対一を制し3点目をもたらした。 ▽わずか4分で3得点を奪った松本は、攻撃の手を緩めることなくさらに追加点を奪う。山本がドリブルでDFのマークをかわしボックス左に侵入すると、ゴール前に入ってきた高崎にラストパス。高崎はわずかに触れてゴールマウスに流し込んだ。 ▽試合はこのまま終了。終了間際には金沢に退場者が出るなど、松本相手に為す術なし。先制した勢いのまま4得点を奪った松本は、これで5試合ぶりの勝利となった。 2017.05.28 21:08 Sun
twitterfacebook
thumb

岡山、初先発の武田弾を守りきれず…大分がホームの意地を見せドロー決着《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第16節の大分トリニータvsファジアーノ岡山が28日に大分銀行ドームで行われ、1-1の引き分けに終わった。 ▽前節の町田ゼルビア戦を2-2で引き分け、ここ2試合白星がない8位の大分(勝ち点24)と、前節の横浜FC戦を2-1で勝利し、連勝を目指す17位の岡山(勝ち点18)が激突した一戦。試合は立ち上がり、ホームの大分がやや優勢に試合を進めるが、岡山も守備陣が我慢を続け、良い形でシュートを打つことができない。大分は15分、自陣からドリブルで持ち上がった後藤がボックス手前から右足でミドルシュートを放つも、GK一森にキャッチされてしまう。 ▽その後は互いにラストパスの精度を欠いてしまい、試合がこう着する。それでも攻勢を続ける大分は30分、鈴木惇のパス受けた伊佐がボックス右手前から左足でシュート。しかし、これは右ポストに嫌われてしまう。さらに35分、右サイドから岸田のパスをボックス手前で受けた國分が胸トラップから左足を振り抜く。強烈なシュートはゴール右隅を捉えるが、今度はGK一森の攻守に阻まれる。 ▽前半終盤に差し掛かっても依然として大分が岡山を押し込み、ゴール前へ侵攻し続けたが、得点は生まれずゴールレスで試合を折り返す。 ▽後半入ると、ここまで押し込まれていた岡山が攻勢に転じる。49分、ボックス手前から加地がミドルシュートを放ち、GK一森のファンブルを誘う。こぼれ球に反応した石毛がプッシュを試みるが、オフサイドの判定が下される。 ▽すると直後、岡山が均衡を破る。51分、右サイドの加地がボックス手前に浮き球のパスを供給。これを受けた豊川がワンタッチでボックス右へ流し、走り込んだ武田が左足で流し込んだ。 ▽予想外の展開を強いられた大分は、すぐさま応戦するも、勢いに乗る岡山の前に攻めあぐねる苦しい時間帯が続く。それでも70分、鈴木惇の縦パスにボックス手前やや左の伊佐が反応すると、巧みに反転。そのまま左足を振り抜いてゴールネットに突き刺した。 ▽試合が振り出しに戻ると、ややオープンな展開となる。そうした中、勝ち越しを狙う岡山が決定機を迎える。82分、ドリブルでボックス手前まで持ち上がった豊川のパスをボックス左手前で受けた三村がダイレクトでボックス内へクロス。これをゴール前でフリーになった関戸が頭で合わせるが、ゴール左を逸れてしまう。 ▽対するホームで勝ち点3が欲しい大分は90分、鈴木惇の左CKをゴール前に走り込んだ三平がヘディングシュート。これがゴール右隅を捉えるが、GK一森がチームを救うファインセーブでこれを阻止。そのまま時間が経過し、最後まで両者に勝ち越し点は生まれず、試合終了。大分はホームで意地を見せるが勝ちきれず、対する岡山は初先発の武田のゴールで先制するが守り切れず、勝ち点1を分け合う結果となった。 2017.05.28 16:03 Sun
twitterfacebook
thumb

前半3ゴールの水戸が熊本の追撃を逃げ切り6試合ぶりの白星!!《J2》

▽28日に明治安田生命J2リーグ第16節のロアッソ熊本vs水戸ホーリーホックがえがお健康スタジアムで行われ、3-2で水戸が勝利した。 ▽前節のジェフユナイテッド千葉戦をドローで終えた18位の熊本(勝ち点15)が、徳島ヴォルティス戦を1-1のドローで終えて5戦連続ドローの8戦無敗とした15位の水戸(勝ち点19)を迎えた。 ▽晴天の中で開始された試合はホームの熊本がパスを繋いでビルドアップしていく。しかし水戸がロングボールを多用し、最前線の前田を走らせるシンプルな攻撃に徹することで、熊本のバックラインは徐々に後退し、水戸が流れを引き寄せていく。 ▽すると25分、水戸は左CKからニアサイドで選手に当たってコースが変わりファーサイドに流れたところを林が頭で押し込んで先制点を奪う。リードした水戸は直後の28分にも林がボックス内までボールを運んで左足でシュートを沈めて一気に2点を奪った。 ▽2点を追いかける熊本は、前に出る姿勢を見せるが36分、橋本からのロングボールに抜け出した前田がボックス左からシュート。一度はGKに防がれるが、こぼれ球を自身で押し込み早くも3点差とした。 ▽前半はそのまま終了を迎えると、追いかける熊本はハーフタイムで平繁を下げてグスタボを送り出す。すると47分にはそのグスタボがドリブルで起点を作り、ボックス手前でパスを選択。しかしこれは味方に繋がらず。 ▽それでも熊本は52分に左サイドの片山が入れたクロスを相手がクリアしきれず。こぼれたところにいた安柄俊が押し込んで1点を返した。さらに57分には右CKの流れからこぼれたところを林が押し込み、熊本が1点差と迫る。 ▽一方の水戸は68分に右サイドから抜け出した前田がシュートもGK野村がセーブ。こぼれ球に白井が合わせるが、ここもGK野村に防がれるなど点差を広げられない。 ▽終盤にかけてはお互いに決定機を作り出すが決めきれず。結局試合はそのまま終了を迎え、水戸が前半のリードを守り切って6試合ぶりの白星を飾っている。 2017.05.28 14:55 Sun
twitterfacebook
thumb

最下位脱出の群馬が首位撃破!! 福岡は痛恨の敗戦で首位陥落《J2》

▽28日に明治安田生命J2リーグ第16節のアビスパ福岡vsザスパクサツ群馬がレベルファイブスタジアムで行われ、3-1で群馬が勝利した。 ▽前節のツエーゲン金沢戦で5-0で勝利してJ2リーグの首位に立った福岡(勝ち点30)が、カマタマーレ讃岐に勝利して今シーズン初の連勝で最下位を脱出した21位の群馬(勝ち点)をホームに迎えた。 ▽真夏日の中で迎えた一戦は、お互いに[3-4-2-1]を用いるミラーゲームとなった。立ち上がりからボールを保持して攻め込むのは福岡で、ウェリントンの高さを使いながら、シャドーに入る坂田とジウシーニョが流動的に動く。受ける形となった群馬も、トップのカン・スイルが激しいプレスをかけるなど、福岡のバックラインに楽にパスを繋がせない。 ▽迎えた13分、裏に抜け出したジウシーニョへ坂田からのボールが出る。相手がクリアし損なったところをジウシーニョが奪ってGKと一対一を迎えるが、ここはGK清水が好セーブで防いだ。すると14分、群馬は右サイドを突破した高橋が入れたグラウンダーのボールにカン・スイルが合わせる。これがネットを揺らして群馬がファーストチャンスをモノにした。 ▽5試合ぶりの失点を喫した福岡はそこから反撃に出ると、20分に左CKからファーサイドのウェリントンが頭で合わせるもGK清水が再び立ちはだかる。さらに右CKからこぼれたところに堤が詰めるが、このシュートはクロスバーを越えるなど得意のセットプレーでチャンスを作りながら点が奪えない。 ▽すると群馬は2つ目のチャンスで2点目を奪いきる。27分、セカンドボールを拾ってショートパスを繋ぐと、最後は高井がGK杉山の位置を見て、ふわりと浮かせたシュートを沈めた。 ▽福岡は31分、ゴール正面の絶好の位置でFKを獲得。これを駒野が右足で直接狙うが、ボールは惜しくもクロスバーを叩く。迎えた39分、カウンターから抜け出した高井が福岡の緩いプレスを尻目にボックス手前からシュートを沈め3点差に。 ▽しかし福岡も44分、右サイドのFKからウェリントンが得意のヘディングシュートでネットを揺らし、2点差に詰め寄って前半を終えた。 ▽後半も福岡が攻勢を仕掛ける中、53分には三門がボックス手前からミドルシュートを狙う。しかしここは枠を捉えきれない。56分には左サイドからのスローインでこの日誕生日を迎えた亀川が入れたロングスローをウェリントンがフリック。最後はジウシーニョがバイシクルで合わせたがGKの正面を突いた。 ▽すると福岡は60分、坂田とジウシーニョを下げて石津とウィリアン・ポッピのシャドーに入る2枚代えを敢行。すると62分には、右サイドの裏に抜け出したウィリアン・ポッピのクロスから石津がヘッドで合わせる。しかし再三、福岡の前に立ちはだかるGK清水が難なく処理した。 ▽終盤にかけても福岡が攻め続ける中、80分に前線のターゲットマンであるウェリントンが出血でピッチを出される。すると一時的に数的優位となった群馬が相手陣内でボールを繋いで時間を使っていく。 ▽83分にようやくウェリントンが戻ってくると、再び福岡が群馬を押し込む。しかし群馬が最後まで集中した守りを見せて終了のホイッスル。群馬が首位の福岡から金星を飾り3連勝とした。一方福岡は痛恨の敗戦で首位陥落となった。 2017.05.28 14:52 Sun
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース