シモビッチが土壇場AT弾! 名古屋が町田を下して4戦ぶり白星《J2》2017.05.17 21:15 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽明治安田生命J2リーグ第14節の名古屋グランパスvs町田ゼルビアが17日にパロマ瑞穂スタジアムで行われ、2-1で名古屋が勝利した。

▽ここまで6勝4分け3敗で6位に位置する名古屋と、4勝5分け4敗で13位の町田が対戦。試合は、名古屋がファーストチャンスをモノにして先制する。10分、左サイドで鋭い縦突破を仕掛けた杉森が、ボックス左に進入して折り返し。これを正面の玉田がダイレクトで合わせてネットを揺らし、名古屋がリードを手にした。

▽先行した名古屋は、28分に追加点の好機を迎える。相手GKのフィードを身体に当ててボールを奪ったシモビッチが、GKと一対一に。そのまま放ったシュートが一度セーブされ、すぐさま再度シュートに持ち込んだが、これもGKの好守に阻まれてゴールとはならない。

▽迎えた後半、町田は52分に同点の絶好機を演出する。ボックス左の中島がヒールパスを正面に入れると、これに合わせた谷澤のシュートがゴール左を捉える。しかし、これは好反応を見せたGK楢崎のセーブに遭い、同点弾とはならない。

▽守護神に助けられた名古屋は55分に反撃。ボックス左でパスを受けた田口が強烈な枠内シュートを放つ。これがGK高原に弾かれると、こぼれ球を今度は田口が叩いたが、ここもGKのセーブに遭い、追加点を奪えない。

▽すると、76分に町田がチャンスを生かす。左サイド深くから戸島が上げたクロスにゴール前の谷澤がボレー。これがゴールを破り、町田が1-1の同点に追いつく。

▽終盤、両者共に追加点を狙う中、ゴールを奪ったのは名古屋だった。アディショナルタイム2分、ボックス左で仕掛けた杉本のクロスに正面で合わせたシモビッチが胸で押し込んでゴール。そのまま逃げ切った名古屋がリーグ戦4試合ぶりの白星を手にした。

コメント

関連ニュース

thumb

愛媛GKが原裕太郎が左第5指基節骨骨折で全治8週間

▽愛媛FCは21日、GK原裕太郎が左第5指基節骨骨折と診断されたことを発表した。全治は8週間の見込み。 ▽クラブの発表によると、原は14日のトレーニング中に負傷。 ▽原は、約半年間の期限付き移籍を経て、2017年にロアッソ熊本から愛媛に完全移籍。今シーズンはここまで公式戦での出場はない。 2018.04.21 10:45 Sat
twitterfacebook
thumb

水戸、ホームタウン活動に係る資料及び個人情報入りのUSBメモリを紛失

▽水戸ホーリーホックは20日、ホームタウン活動に係る資料及び個人情報を記録したUSBメモリを紛失したことを伝え、謝罪した。 ▽クラブの発表によると、18日(水)の19時00分頃、ホームタウン担当者が社内にてUSBを使用しようとしたところ紛失していることを確認。現在、周辺の捜索を開始し、関係者への聞き取りなどを行っているが、20日(金)の17時00分現在まで発見には至ってないとのこと。 ▽なお、USBメモリには市町村招待デーの説明資料、過去の実績等ホームタウン活動に係る資料及び文書などに加えて、キックオフパーティー「葵会」招待者名簿の一部(団体名・団体役職名・名前・郵便番号・住所・電話番号・FAX番号 約300人分)、ホームタウン等関係市町村担当者名簿(担当者氏名・担当課・郵便番号・住所・電話番号・FAX番号・メールアドレス 21市町村分)が記録されているようだ。 ▽現時点で個人情報紛失に該当する情報の流出や不正使用等の被害は発生しておらず、引き続きUSBメモリの捜索を継続することと、再発防止に務めることを伝えている。 2018.04.21 09:17 Sat
twitterfacebook
thumb

大宮に痛手…右SBのレギュラー・渡部大輔が右足関節部内果骨折で全治約3カ月

▽大宮アルディージャは18日、DF渡部大輔の負傷を発表した。 ▽クラブの発表によると、渡部は14日に行われた明治安田生命J2リーグ第9節のファジアーノ岡山戦で負傷。右足関節部内果骨折と診断。全治は約3カ月とのことだ。 ▽大宮生え抜きの渡部は、今シーズンのJ2で8試合に出場していた。 2018.04.18 19:10 Wed
twitterfacebook
thumb

J2リーグ2・3月度月間MVPは山口FWオナイウ阿道! J2開幕から9戦6発《Mastercard月間MVP》

▽Jリーグは17日、2・3月度の「明治安田生命JリーグMastercard priceless japan 月間MVP」として、J2リーグからレノファ山口FCのFWオナイウ阿道を選出した。 ▽オナイウ阿道は、今シーズンの明治安田生命J2リーグ開幕から全試合に先発。6ゴールを挙げ、5勝2分け2敗で3位の好位置につけるチームに大きく貢献した。 ▽Jリーグは、受賞者であるオナイウ阿道のコメントとJリーグ選考委員会による総評を次のように紹介している。 ◆FWオナイウ阿道(レノファ山口FC) 「月間MVPに選んでいただいてとても嬉しいです。この賞は僕だけの力では決してとれるものでもなかったと思うのでチームメイトに感謝しています! これからもゴールという形でチームの勝利に貢献していきたいです。ファン・サポーターの皆様に、たくさんの元気と感動を届けられるよう、これからもチーム一丸となり戦っていきますので、引き続き応援よろしくお願いします!」 ◆Jリーグ選考委員会による総評 「開幕戦、開始早々のゴール奪取から勢いに乗り、2、3月は得点ランキングトップタイの5ゴールを決める大活躍を見せた。高い身体能力と、両足遜色なく蹴られるポテンシャルの高さを発揮し、まさにストライカーといえる形でゴールを積み重ねている。同月4勝2分1敗で4位につけた好調山口の中でひときわ輝きを放ったオナイウが今回初受賞。試合ごとに成長が見て取れ、今後の更なる活躍に期待したい」 2018.04.17 16:05 Tue
twitterfacebook
thumb

町田MF戸高弘貴、約6週間の負傷離脱

▽FC町田ゼルビアは15日、MF戸高弘貴の負傷離脱を発表した。 ▽戸高は8日に行われた明治安田生命J2リーグ第8節のロアッソ熊本戦で負傷。 右大腿二頭筋肉離れにより、復帰まで約6週間を要する見込みだ。 ▽戸高は2014年から町田でプレー。今シーズンはJ2リーグ6試合に出場し、1ゴールを記録している。 2018.04.16 15:00 Mon
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース