長崎が後半AT弾で大分との“バトル・オブ・九州”を制す《J2》2017.05.17 21:11 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽明治安田生命J2リーグ第14節のV・ファーレン長崎vs大分トリニータが17日にトランスコスモススタジアム長崎で行われ、2-1で長崎が勝利した。

▽ここまで6勝2分け5敗で9位の長崎と、7勝2分け4敗で5位に位置する大分による“バトル・オブ・九州"。最初にゴールへ近づいたのはホームの長崎。16分、右サイドからドリブルでカットインした吉岡が、ボックス右の手前で左足を振る。鋭いミドルシュートが枠を捉えたが、これはコースが甘く、GK上福元に弾かれた。

▽ハーフタイムにかけては一進一退の攻防となるが、前半終了間際に長崎が決定機を演出する。アディショナルタイム2分、ハーフウェーライン過ぎでボールを受けたファンマがゴールに向かって仕掛けると、ペナルティアーク手前でシュート。コースを狙ったミドルシュートだったが、これは右ポストに直撃し、先制とはならなかった。

▽迎えた後半も拮抗した展開が続く。長崎は67分に養父に代えて宮本を投入。対する大分は、69分に鈴木惇を下げて國分を送り出す。さらに長崎は、72分に吉岡との交代で中村を起用する。

▽すると、先制したのは大分だった。77分、右サイドでFKを得ると、キッカーの後藤がゴール前に好クロスを供給。これに合わせた竹内のヘディングシュートがゴール左に決まり、大分がついに試合の均衡を破った。

▽それでも、長崎はすぐさま反撃に転じる。すると80分、ボックス左でボールを受けたファンマが川西に倒されてPKを獲得。このPKをファンマが冷静に沈め、長崎が1-1の同点に追いつく。

▽終盤に熱を帯びた試合、スコアは終了間際に動く。アディショナルタイム4分、長崎の飯尾がボックス内で岩田に倒されてPK獲得。キッカーを務めたファンマのPKはGK上福元にセーブされるも、こぼれ球を途中出場の中村が詰めて勝ち越し。そのまま逃げ切った長崎がリーグ戦3試合ぶりの白星を手にした。

コメント

関連ニュース

thumb

大分、主将MF山岸智ら3選手との契約満了を発表

▽大分トリニータは18日、元日本代表MF山岸智(34)、DF黒木恭平(28)、FW大津耀誠(22)の3選手と来シーズンの契約を更新しないことを発表した。 ▽山岸は、これまでジェフユナイテッド千葉や川崎フロンターレ、サンフレッチェ広島で活躍し、日本代表でも11試合に出場した輝かしい経歴を持つ。2016年に当時J3に所属した大分に加入すると、リーグ戦こそ18試合の出場にとどまったものの、キャプテンとしてチームをまとめ上げ1年でのJ2復帰に貢献した。今季はJ2リーグで26試合に出場したが、今季限りでクラブを去ることになった。 ▽また、サガン鳥栖や愛媛FCに在籍していた黒木は、レノファ山口FCから今シーズンに加入。ここまではリーグ戦9試合に出場し1ゴールを挙げていた。 ▽セレッソ大阪の下部組織出身でザスパクサツ群馬でプロデビューを飾った大津は、2016年に大分に完全移籍で加入。今季はリーグ戦5試合に出場し3ゴールを記録していた。 ▽今季限りで退団する3選手のコメントは以下のとおり。 ◆MF山岸智 「2年間という短い期間でしたが、大分トリニータのキャプテンとして戦えたことを誇りに思います。残念ながら来年は一緒に戦うことはできませんが、これからは陰ながら応援しています。この2年間支えてくださった皆様に心から感謝しています。本当にありがとうございました!」 ◆DF黒木恭平 「1年間でしたが、大分トリニータでプレーできたことを誇りに思います。フロント、監督、スタッフ、選手、ファン・サポーター全ての人に感謝しています!熊本戦はこのメンバーで最後の試合になります。悔いのないように選手一丸となって戦いますので最後まで応援よろしくお願いします!」 ◆FW大津耀誠 「2年間本当にありがとうございました。なかなか力になることができなかったですが、大分に来てすごく成長できたと思います。これからは陰ながら大分トリニータを応援します。僕も頑張るので応援よろしくお願いします」 2017.11.18 20:23 Sat
twitterfacebook
thumb

J1からJ3まで3リーグでプレーした大分DF山口貴弘が今シーズン限りで現役引退…湘南、長崎でもプレー

▽大分トリニータは17日、DF山口貴弘(33)が今シーズン限りで現役を引退することを発表した。 ▽山口は東京都出身で、帝京高校から早稲田大学へと進学し、2007年に湘南ベルマーレに入団。2012年までプレーすると、2013年からV・ファーレン長崎へと移籍。大分には2015年に加入した。 ▽湘南時代の2010年にはJ1を、大分での2016年にはJ3を経験し、J1、J2、J3と3リーグでプレーしている。J1通算20試合出場1得点、J2通算223試合出場7得点、J3通算14試合出場。カップ戦は4試合出場、天皇杯は17試合に出場していた。山口はクラブを通じてコメントしている。 「今シーズン限りでプロサッカー選手としての現役を引退することにしました。これまでたくさんのファンの方々、サポーター、ボランティア、スポンサー、監督、コーチ、スタッフ、チームメイト、家族、様々な方に支えられて11年間プレーすることができました。本当に感謝の気持ちでいっぱいです」 「大歓声の中でプレーすることは何物にも代え難い喜びでした。大分トリニータという素晴らしいチームで最後を迎えられることに嬉しさと誇りを感じています。これまで多くの素晴らしい指導者の方々に育てていただきました。今後は自分もその道を歩み、成長を促していけるような人間になっていきたいと考えています」 ▽なお、山口は19日(日)に行われるホームゲーム最終戦となる明治安田生命J2リーグ最終節のロアッソ熊本戦のセレモニーで挨拶をするとのことだ。 [写真はV・ファーレン長崎時代の山口貴弘] 2017.11.17 11:15 Fri
twitterfacebook
thumb

89分の渡のゴールで勝利した徳島が昇格PO圏内キープ!敗れた大分は昇格の可能性が消滅《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第41節、徳島ヴォルティスvs大分トリニータが11日に行われ、1-0で徳島が勝利した。 ▽昇格プレーオフ圏内をキープしたい6位の徳島(勝ち点64)と、昇格プレーオフ圏内を目指す10位の大分(勝ち点61)が激突した一戦。同じ目標に向けて勝利が絶対条件の両チームは序盤から互角の戦いを見せた。まずは10分、徳島の杉本がボックス内からシュートを試みるが、DFに当たって枠へ飛ばすことができない。 ▽対して大分は16分に、左サイドからのクロスをファーサイドで三平が頭で落とし、そこに後藤が詰めるが、DFに体をいれられシュートに持ち込めず。さらに18分には、再び左サイドからのクロスに、遅れて入ってきた岸田が左足ダイレクトで合わせるが、これはクロスバーの上へ。 ▽前半半ばにかけて攻勢に出る大分は、松本のクロスに三平が頭で合わせチャンスを迎えると、再び松本のラストパスを三平が右足で狙うが、惜しくもゴールの左に逸れてしまう。40分には後藤がミドルシュートでゴールに迫るが、なかなかゴールを割ることができない。 ▽0-0で迎えた後半も一進一退の攻防を見せる中、55分にかけては徳島が2度ほどチャンスを迎えるものの、そのチャンスを活かすことができない。62分には右CKから三平がダイレクトで合わせて大分にも得点の雰囲気が漂う。 ▽65分には、大分にここまで最大の好機が訪れる。敵陣右サイドで得たFKを鈴木惇が直接狙う。意表を突かれたGK長谷川だが、右手一本で弾くファインセーブをみせ得点を許さない。直後には大分のGK高木も魅せた。68分、島屋がボックス内から枠内シュートを放つが、GK高木が横っ飛びでピンチを脱する。 ▽このまま引き分けで終わるかに思えた89分、右サイドの島屋のクロスに渡がダイビングヘッドで合わせネットを揺らした。劇的な幕切れとなった試合は1-0で徳島に軍配。敗れた大分は昇格プレーオフ圏内浮上の希望が絶たれた。 2017.11.11 16:01 Sat
twitterfacebook
thumb

大分、DF黒木恭平に第一子となる女児誕生! 「元気な赤ちゃんを産んでくれた奥さんに感謝」

▽大分トリニータは7日、今月2日にDF黒木恭平に第一子となる女児が誕生したことを発表した。 ▽黒木はクラブ公式サイトを通じて、喜びのコメントを残している。 「この度、11月2日に第一子となる女の子が生まれました。元気な赤ちゃんを産んでくれた奥さんに感謝しています。今季も残り2試合になりましたが、プレーオフ進出そしてJ1昇格目指してチーム一丸となって闘っていきます!引き続き応援よろしくお願いします!」 ▽なお、黒木は今季のJ2リーグで9試合に出場し、1ゴールを記録している。 2017.11.07 20:13 Tue
twitterfacebook
thumb

大分vs岐阜は激しい打ち合いの末にドロー《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第36節が8日に行われ、大分トリニータ(9位/勝ち点55)vs FC岐阜(15位/勝ち点43)は3-3で終了した。 ▽試合は23分、ボックス左に侵入した後藤の折り返しが田森のオウンゴールを誘って大分が先行する。ここから岐阜の反撃に遭った大分だが、43分に引き離すことに成功。ロングボールを三平がさばくと、パスを受けた後藤がボックス内に侵入して冷静にゴールを陥れた。 ▽迎えた後半、2点のビハインドを背負う岐阜は55分にペナルティアークから風間が放ったコントロールシュートが右ポストに直撃。逆に大分は64分、ボックス右手前から鈴木惇がゴールをわずかにはずれる際どい直接FKを放って岐阜を脅かす。さらに大分は68分、ボックス左の松本がGKビクトルのセーブを強いる枠内シュートを放つ。 ▽すると、守護神に助けられた岐阜がここから反撃。70分に庄司のクロスに合わせた風間がヘディングシュートを決めると、79分にはボックス右の大本が入れたクロスに難波がダイビングヘッド。岐阜が一気に2-2のタイスコアとする。 ▽完全に勢いに乗った岐阜はさらに88分、風間の右CKにファーサイドでフリーになった阿部がヘッド。これがゴール右に決まり、2点ビハインドから一気に逆転した。 ▽しかし、大分も意地を見せる。アディショナルタイム1分、ボックス左で縦突破を仕掛けた川西が左足を振る。鋭いシュートをゴール右に決めて、大分が同点に追いついた。さらに直後にも岸田がゴールマウスを襲うが、GKビクトルが4点目を許さない。 ▽結局、試合はそのまま終了。両者譲らず、打ち合いの末に勝ち点を分け合った。 2017.10.08 16:04 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース