超ワールドサッカー

長崎が後半AT弾で大分との“バトル・オブ・九州”を制す《J2》2017.05.17 21:11 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽明治安田生命J2リーグ第14節のV・ファーレン長崎vs大分トリニータが17日にトランスコスモススタジアム長崎で行われ、2-1で長崎が勝利した。

▽ここまで6勝2分け5敗で9位の長崎と、7勝2分け4敗で5位に位置する大分による“バトル・オブ・九州"。最初にゴールへ近づいたのはホームの長崎。16分、右サイドからドリブルでカットインした吉岡が、ボックス右の手前で左足を振る。鋭いミドルシュートが枠を捉えたが、これはコースが甘く、GK上福元に弾かれた。

▽ハーフタイムにかけては一進一退の攻防となるが、前半終了間際に長崎が決定機を演出する。アディショナルタイム2分、ハーフウェーライン過ぎでボールを受けたファンマがゴールに向かって仕掛けると、ペナルティアーク手前でシュート。コースを狙ったミドルシュートだったが、これは右ポストに直撃し、先制とはならなかった。

▽迎えた後半も拮抗した展開が続く。長崎は67分に養父に代えて宮本を投入。対する大分は、69分に鈴木惇を下げて國分を送り出す。さらに長崎は、72分に吉岡との交代で中村を起用する。

▽すると、先制したのは大分だった。77分、右サイドでFKを得ると、キッカーの後藤がゴール前に好クロスを供給。これに合わせた竹内のヘディングシュートがゴール左に決まり、大分がついに試合の均衡を破った。

▽それでも、長崎はすぐさま反撃に転じる。すると80分、ボックス左でボールを受けたファンマが川西に倒されてPKを獲得。このPKをファンマが冷静に沈め、長崎が1-1の同点に追いつく。

▽終盤に熱を帯びた試合、スコアは終了間際に動く。アディショナルタイム4分、長崎の飯尾がボックス内で岩田に倒されてPK獲得。キッカーを務めたファンマのPKはGK上福元にセーブされるも、こぼれ球を途中出場の中村が詰めて勝ち越し。そのまま逃げ切った長崎がリーグ戦3試合ぶりの白星を手にした。

コメント

関連ニュース

thumb

町田vs大分は2-2の痛み分け《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第15節の町田ゼルビアvs大分トリニータが21日に町田市立陸上競技場で行われ、2-2で終了した。 ▽ここまで4勝5分け5敗で15位の町田と、7勝2分け5敗で7位に位置する大分が対戦した。試合は、序盤を押し気味に進めた大分が20分に先行する。左サイド深くから黒木が鋭いクロスを入れると、GK高原が外に弾ききれず、ゴールイン。大分が相手のミスからリードを手にした。 ▽ビハインドを背負った町田だが、早い時間帯に追いつく。25分、右サイドでFKを獲得すると、キッカーの李漢宰がゴール前に入れたクロスを金聖基が落とし、ボックス右の中島がクロス。最後は正面の大谷が決めて、町田がスコアを1-1とした。 ▽迎えた後半は、立ち上がりから積極性を見せた町田が早々にゴールを挙げた。47分、森村が蹴った右CKに正面の戸島がヘッド。このヘディングシュートが決まり、町田が逆転に成功する。 ▽逆転された大分だが、しっかりと食い下がる。鈴木惇が蹴った右CKにニアサイドの伊佐が合わせる。DFに競り勝った伊佐が放ったヘディングシュートがゴールを割り、大分がスコアを2-2とする。 ▽勢いに乗る大分は攻め続けると、71分に正面で川西が放った枠内シュートがGKに弾かれる。こぼれ球に反応し、ボックス左からゴールを狙った鈴木惇のシュートはクロスバーに直撃し、勝ち越し弾とはならない。 ▽その後も好勝負が続くが、どちらもゴールを割れず、試合終了。両者が勝ち点を分け合った。 2017.05.21 18:00 Sun
twitterfacebook
thumb

主将MF坂井大将、目先の目標はGS突破「結果を残して日本に帰ってきたい」《U-20W杯》

▽内山篤監督率いるU-20日本代表は13日、今月20日に開幕するFIFA U-20ワールドカップ韓国2017に向け、静岡県内のトレーニング施設でトレーニングを行った。 ▽練習終了後、MF坂井大将(大分トリニータ)がメディア陣のインタビューに応対。サイドハーフでの出場もサイドで起点となり、タメを作ることで他の選手と違いを作ることに意欲を示した。また、「まずはグループステージ突破を目指し、良い結果を残して日本に帰ってきたい」と意気込んだ。<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20170513_4_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div><span style="font-weight:700;">◆MF坂井大将</span>(大分トリニータ) <span style="font-weight:700;">──試合勘やコンディションは</span> 「全然問題はないですね」 <span style="font-weight:700;">──昨日のジュビロ磐田戦ではサイドハーフでのプレーだったが</span> 「自分のチームでもサイドハーフをやることはありますし、そこは問題はないですね。自分はスピードで行けるというタイプではないので、昨日で言えば僕と(堂安)律の所でタメを作ってサイドバックを上げさせるということや起点を作ることが大切かなと思います。ただまだまだ足りなかったので、もっとその回数を増やしていきたいです」 <span style="font-weight:700;">──本大会メンバーに選出されたFW田川亨介(サガン鳥栖)を含めて前線の連携面は</span> 「まだクオリティが足りない部分はお互いありますけど、まだ準備期間があるので、そこでしっかりとクオリティを上げられるようにやっていきたいなと思います」 <span style="font-weight:700;">──引き続きキャプテンとしてどのようにチームを引っ張っていくか</span> 「(内山)篤さんからキャプテンを任せて頂いて2年半ずっとやってきました。自分なりにチームを良い方向、良い雰囲気にすることが役割だと思うので、年下の子たちもうまく馴染んで、伸び伸びやれるようにという環境づくりを作っていくのが大事だと思います。今も良い雰囲気ができていると思うので、これを続けていきたいです」 <span style="font-weight:700;">──チーム立ち上げ前に今までキャプテンをやってきたことは</span> 「ないですね。小学校以来です(笑)」 <span style="font-weight:700;">──U-20W杯への意気込みを</span> 「初戦に向けて準備することが大事だと思います。まずはグループステージを突破することが目の前の目標だと思うので、しっかり突破したいです。その先も良い結果を残して日本に帰ってきたいなと思います」 2017.05.13 22:30 Sat
twitterfacebook
thumb

後藤がハットトリックで名古屋を粉砕し、大分が2連勝!!《J2》

▽13日に明治安田生命J2リーグ第13節の大分トリニータvs名古屋グランパスが大分銀行ドームで行われ、4-1で大分が勝利した。 ▽前節のFC岐阜戦で後藤の2発により2-1で2試合ぶりの勝利を飾った8位の大分(勝ち点20)が、山形とゴールレスドローで2戦連続の引き分けに終わった3位の名古屋(勝ち点22)とホームで対戦した。 ▽試合はアウェイの名古屋がポゼッションを握るも、自陣でブロックを敷く大分が出足鋭いプレスを仕掛けて自由にはパスを繋がせない。すると大分は14分、右サイドの岸田が入れたクロスの後藤が飛び込む。ボックス内でボールがこぼれ、これを後藤が狙うが、相手のブロックに遭ってシュートは打てず。 ▽一方の名古屋は19分に、右サイドでボールを奪ってカウンターを開始。中央を持ち上がった玉田が、佐藤とのパス交換で抜け出してボックス内で左足を合わせるが、GK上福元の正面にシュートを飛ばしてしまった。すると21分、大分は川西のスルーパスを受けた伊佐がボックス手前右で中央に折り返す。後藤が狙ってシュートを放つと、ボックス内にこぼれたところを最後は小手川が押し込み、大分が先制に成功した。 ▽リードを許した名古屋は、人数をかけて大分陣内に攻め込む。しかしカウンターから危ない場面を作られるなど、不安定な戦いが続く。33分には再び玉田と佐藤のラインからボックス内に侵入するが、佐藤の折り返しを誰も押し込めず。大分も自陣で守りを固めるだけでなく、ボールを持てばショートパスを繋いで名古屋をいなしていく。前半はそのまま大分が1点リードで終えた。 ▽お互いに交代なしで迎えた後半はオープンな店内の中、53分にボックス内に仕掛けた伊佐が坂井に倒されて大分がPKを獲得。これを後藤がきっちりと決めて、大分が名古屋の出鼻を挫く追加点を奪った。すると名古屋は失点直後からシモビッチを投入し、前線の枚数を増やす。しかし58分、スルーパスに抜け出した後藤がGKと一対一を迎える。GK楢崎の体勢を崩して無人のゴールに流し込み、大分が3点目を奪った。 ▽名古屋は68分、右CKからファーサイドのシモビッチがボールを収めてシュートを狙うが、大分も集中した守りを見せてボールを枠に飛ばさせない。その後も名古屋が、前線のシモビッチを起点に攻め込むと81分にフェリペ・ガルシアからのパスをボックス左で受けたシモビッチが反転シュートを蹴り込んで1点を返した。しかし85分、高い位置で奪った大分がカウンターから後藤がハットトリックとなるチームの4点目を奪取した。 ▽結局試合はそのまま終了を迎え、大分が後藤のハットトリックの活躍で名古屋に勝利し2連勝とした。 2017.05.13 15:59 Sat
twitterfacebook
thumb

後藤2発で3連勝中の岐阜を止めた大分が3試合ぶりの白星《J2》

▽7日に岐阜メモリアルセンター長良川競技場で行われた明治安田生命J2リーグ第12節のFC岐阜vs大分トリニータは、アウェイの大分が2-1で勝利した。 ▽5勝3分け3敗で8位につける岐阜と、5勝2分け4敗で10位の大分が激突した。序盤からやや優勢の岐阜は、11分に決定機。左サイドからのクロスに反応した難波が右足ダイレクトで合わせるが、GKの正面を突く。 ▽前半の半ば以降も60%のポゼッション率と9割近いパス成功率で大分を上回った岐阜。ゴールに繋がらなかったものの、シシーニョや古橋がシュートを放っていくなど、良いテンポで攻撃を仕掛けていく。 ▽その中、対する大分は37分、後藤のパスを受けた鈴木惇がバイタルエリア左からミドルシュート。GKビクトルが弾いたボールに伊佐が詰めるが、これを枠内に飛ばすことができない。 ▽事なきを得た岐阜はその後、仕切り直して攻勢に出る。40分には、FKキッカーの庄司がゴール前にクロスを送り、田中がバックヘッドでゴールを狙うが、クロスバーの上に外れてしまう。 ▽迎えた後半も岐阜ペースで進む中、大分は62分、左サイドのスペースに蹴り込まれたボールに後藤が反応。ヘニキがスライディングで処理したボールを拾った後藤が、飛び出していた相手GKの背後を突くシュートでネットを揺らした。 ▽均衡を破った大分は続く76分、右サイド深くでボールを受けた小手川が右足でクロスボールを供給すると、正面の後藤がヘディングシュート。後藤に2ゴール目が生まれた大分が岐阜を突き放した。 ▽その後、大分は82分にオウンゴールから岐阜に反撃を許したものの、1点のリードを守り抜いて3試合ぶりの白星。敗れた岐阜は連勝が「3」でストップした。 2017.05.07 18:15 Sun
twitterfacebook
thumb

大分vs松本は両者譲らずゴールレスドロー! U-20日本代表MF坂井は83分からピッチへ《J2》

▽3日に明治安田生命J2リーグ第11節の大分トリニータvs松本山雅FCが大分銀行ドームで行われ、ゴールレスドローで終わった。 ▽前節の京都サンガF.C.戦で敗れて連勝が2でストップした9位の大分(勝ち点16)が、カマタマーレ讃岐戦で高崎の2ゴールなどで4-0と快勝した6位の松本(勝ち点17)が対戦した。 ▽お互いに[3-4-2-1]のフォーメーションを用いる中、徐々に大分がポゼッションを握りにかかる。7分には川西が倒されて得たFKで、やや遠い位置ながらも後藤が狙うなど積極的な攻めを見せた。一方の松本はサイドを起点とした攻撃を仕掛けるが、9分に右サイドの田中が入れたクロスはGKがキャッチするなど攻撃が上手く噛み合ない。 ▽しかし松本は徐々にプレスを強めて主導権を握りにいく。特にGKを使ったビルドアップを見せる大分に対して、前線の高崎がしっかりとプレスを仕掛けるなど松本が押し込んでいく。29分には橋内が入れたロビングのボールを高崎が頭で落とす。走り込んだ工藤が合わせるなど、流れの中からシュートまで持ち込んだ松本だったが、このチャンスを決め切れなかった。 ▽34分には高崎がボックス手前で倒されて、松本がFKを獲得する。キッカーの宮坂は直接狙うが、ボールはクロスバーを叩いてゴールとはならなかった。大分も42分、左サイドで、この日34歳の誕生日を迎えた山岸が細かなタッチから抜けて中央に折り返す。これに岸田が合わせるが、このシュートはクロスバーを越えた。 ▽結局前半はゴールレスで終えて迎えた後半、50分に伊佐が左サイドから中央に流れて右足を一閃。これがクロスバーに当たって真下に落ちるも、レフェリーはゴールラインを割っていないと判定し得点とはならなかった。松本は55分、セルジーニョを下げてパウリーニョを送り出すなど、早めに交代カードを切っていく。 ▽しかし63分に川西が右足でミドルシュートを狙うなど、大分が攻撃を続ける。松本も70分に高い位置でのパスカットから高崎がボックス手前でシュートを放つが、GK上福元の正面に飛んでしまった。77分には大分のミスから松本が決定機。姫野のバックパスを奪った三島がGKと一対一を迎える。タイミングを外して逆サイドにシュートを狙ったが、ボールは枠を外してしまった。 ▽大分は83分、先日発表されたU-20日本代表に選出された坂井を送り出す。87分にはその坂井がボックス左からシュートを狙うが、相手に当ててしまった。結局試合は、お互いに決定機を決めきれずに終了。勝ち点1を分け合う結果に終わった。 2017.05.03 15:57 Wed
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース