3位の福岡が首位の湘南に3発完勝!《J2》2017.05.17 21:04 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽明治安田生命J2リーグ第14節の湘南ベルマーレvsアビスパ福岡が17日にShonan BMW スタジアム平塚で行われ、0-3で福岡が勝利した。

▽前節のロアッソ熊本戦を制して首位に浮上した湘南と、7勝4分け2敗で3位に立つ福岡が激突した。好調の湘南は、序盤に決定機を演出。秋野が入れた縦パスをバイタルエリアの石川がワンタッチで落とすと、正面の菊地がフリーでシュート。しかし、これはわずかに枠の左へはずれる。

▽ハーフタイムにかけても湘南が主導権を握る。ボールを支配した湘南は、27分にもビッグチャンス。菊地が右サイドからグラウンダーのクロスを入れると、正面の石川がこれに合わせる。ゴール至近距離からのシュートだったが、GK杉山のセーブに遭った。湘南は31分にもゴール前に抜けた岡本が決定機を迎えるも、シュートはわずかに左ポストをそれる。

▽すると、前半終了間際にセットプレーからスコアを動かしたのは福岡だった。アディショナルタイム4分、左サイドで得たFKでキッカーを務めた駒野がゴール前に浮き球のクロスを入れる。これに合わせたジウシーニョのヘディングシュートがゴールに吸い込まれ、福岡が先行した。

▽迎えた後半、湘南は50分にチャンスを迎える。バイタルエリアで鋭い仕掛けを見せた山田がゴール左を捉えるミドルシュートを放つ。しかし、これは福岡GK杉山のファインセーブに遭い、同点弾とはならない。

▽すると、次にネットを揺らしたのは、またしても福岡だった。58分、ボックス右の手前で横パスを受けた三門が思い切りよく右足を一閃。鋭いミドルシュートをゴール右上隅に突き刺し、福岡がリードを2点に広げる。

▽終盤は、リスクを冒して攻める湘南に対して、福岡が効率よくカウンターを仕掛ける。71分には福岡に3点目のチャンス。左サイドからのクロスに正面で合わせたジウシーニョのヘディングシュートが枠を捉えたが、これはGK秋元のビッグセーブに阻まれた。

▽それでも、福岡は87分に右サイド深くから駒野が入れたクロスに正面で合わせた城後がヘディングシュートをゴール左に決めて3点目。そのまま首位チームを完封した福岡がリーグ3連勝を飾り、勝ち点で湘南に並んだ。

コメント

関連ニュース

thumb

名優・大杉漣さんの突然の訃報に…徳島、25日の岡山戦での記帳所設置を発表

▽徳島ヴォルティスは22日、明治安田生命J2リーグ第1節のファジアーノ岡山戦(2月25日14:00キックオフ)にて、急性心不全のためご逝去された俳優の大杉漣さんの記帳所を設置することを発表した。 ▽訃報が届いたのは21日。俳優の大杉漣さんが21日の午前3時53分に急性心不全のため亡くなったことが知らされた。66歳だった。 ▽徳島県出身の大杉さんは地元の徳島ヴォルティスの熱烈なサポーターとして知られていた。クラブの前身である大塚製薬サッカー部時代から応援しており、スタジアムで応援する姿が度々見かけられていた。 ▽徳島の発表によると、25日の岡山戦では、記帳所設置のほかキックオフ前の黙とう、徳島ヴォルティス選手および関係者の喪章の着用が実施されるようだ。 ▽名俳優の突然の訃報に、徳島ヴォルティスは追悼の言葉を添えた。 「大杉漣さんにはクラブの前身である大塚製薬サッカー部時代から、地元のクラブである徳島ヴォルティスに熱い想いを寄せて応援していただいておりましたことに深く感謝申し上げます」 「昨シーズンのFC岐阜戦では、初めてピッチレベルで両チーム・主審に花束を贈呈いただきました。この日もお仕事ではなくオフを利用してスタジアムにお越しいただき『サポーターを代表して』とおっしゃっていたお姿に徳島ヴォルティス、そしてサッカーへの愛を感じるところでありました。今シーズンへの期待もしていただいており、これからも共に歩みを進めることが出来ると思っておりました」 「俳優としてのご活躍やサッカーを楽しまれているところでの突然のことに、本当に驚いております。ご家族のお悲しみは、計り知れないものとお察しします。また我々をはじめ徳島ヴォルティスに関わる人々、そしてサッカーを愛する人々も深い悲しみに襲われています」 「謹んで哀悼の意を捧げるとともに、大杉漣さんの徳島ヴォルティスへの熱い気持ちを胸に、今週末に開幕する2018シーズンを徳島ヴォルティスに関わる全ての皆さんと一丸となって戦い、シーズン終了後には良いご報告が出来るように全力を尽くす所存です」 「慎んでご冥福をお祈り申し上げます」 2018.02.22 20:00 Thu
twitterfacebook
thumb

荒木友輔氏と山内宏志氏がプロフェッショナルレフェリー契約を締結

▽日本サッカー協会(JFA)は22日、2月1日付で荒木友輔氏、3月1日付で山内宏志氏でプロフェッショナルレフェリー契約を締結したことを発表した。 ▽荒木氏はこれまでJリーグの65試合で主審を務めた。また、2017年には全国高校サッカー選手権大会決勝、フランスで行われたトゥーロン国際大会でもレフェリーとして活躍した。 ▽山内氏はこれまでJリーグの56試合で主審、92試合で副審を務めた。2017年にはインドで行われたFIFA U-17ワールドカップで副審を務めている。 ▽JFAはトップレベルの審判員が審判活動に専念できるよう、「プロフェッショナルレフェリー制度」を導入。プロフェッショナルレフェリー(PR)は自身のレベルアップに励みながら全国で講義を行うなど、日本の審判界全体のレベル向上にも貢献していおり、現在は主審10人、副審3人がプロフェッショナルレフェリー(PR)として契約している。 ▽なお、2018年度の新規契約プロフェッショナルレフェリーとして、4月に1名との契約締結を予定していることも併せて知らせている。 2018.02.22 17:18 Thu
twitterfacebook
thumb

大宮のキャプテンは今年もDF菊地光将、副キャプテンには新加入のMF三門雄大ら4名が就任

▽大宮アルディージャは22日、今シーズンのキャプテン、副キャプテンを発表した。 ▽キャプテンには、6シーズン目を迎えるDF菊地光将が今シーズンも継続して務めることとなった。また、副キャプテンには、アビスパ福岡から加入したMF三門雄大、昨シーズン加入したFW大前元紀、ジュニアユース1期生で生え抜きのDF渡部大輔、右サイドで渡部とポジションを争うDF奥井諒が就任した。各選手はクラブを通じてコメントしている。 ◆キャプテン DF菊地光将 「今年もキャプテンを務めさせていただくこと、とても光栄に思います。昨シーズンの悔しさを忘れることなく、どんなときもチームが一つになって戦っていけるように頑張ります。クラブ創立20周年の今シーズン、大宮アルディージャにとって良い一年にできるように全力で戦います!」 ◆副キャプテン MF三門雄大 「副キャプテンに選ばれ、大変光栄です。キクさんを支えていくことはもちろんですが、自分もチームを引っ張っていく気持ちをしっかりと持って、少しでもチームの力になれるように頑張りたいと思います!」 FW大前元紀 「副キャプテンに選ばれ、うれしいです。自覚と責任を持って、サッカーの部分だけでなく、それ以外の部分もしっかりと取り組みたいと思います。チームのためにできることを最大限にやり、キクさんを助けられればと思います!」 DF渡部大輔 「J2で優勝してJ1に戻るために、キクさんを中心に全員で頑張っていきたいと思います。キクさんのサポートをできる限りしていくだけでなく、自分自身も若くないですし、チームを引っ張っていくべき年代になってきましたので、そういう意識を常に持ちたいと思います!」 DF奥井諒 「目標は明確ですが、チームが一つにまとまらなければ、それは達成できないと思います。若手とベテランをうまくつなげる年齢ですし、役割をもらったからには石井監督が目指すものを常に念頭に置き、プレーや行動でも示していきたいと思います!」 2018.02.22 12:55 Thu
twitterfacebook
thumb

大宮DF渡部大輔が一般女性と入籍「今までより一層の責任感と自覚を持って頑張っていきたい」

▽大宮アルディージャは22日、DF渡部大輔(28)の入籍を発表した。 ▽クラブの発表によると、渡部のお相手は一般女性とのこと。今シーズンの副キャプテン就任も発表されている。渡部はクラブを通じてコメントしている。 「今までより一層の責任感と自覚を持って頑張っていきたいと思いますので、今後とも応援していただければ幸いです。引き続き、よろしくお願いします!」 ▽渡部は埼玉県出身で、大宮のジュニアユース1期生。ユース、トップチームへと昇格し、数少ない生え抜き選手として活躍している。昨シーズンは明治安田生命J1リーグで14試合に出場し1得点を記録していた。 2018.02.22 12:50 Thu
twitterfacebook
thumb

栃木、ポルト所属暦を持つオーストラリア人DFを獲得

▽栃木SCは20日、モフン・バガンAC(インド)に所属するオーストラリア人DFディオゴ・フェレイラ(28)の完全移籍加入を発表した。背番号は20番に決定している。 ▽U-23オーストラリア代表歴を持つディオゴ・フェレイラは、身長179mのDF。ポルト(ポルトガル)でもプレー暦があり、栃木に加入するまでインドに活躍の場を置いていた。 ▽Jリーグ初挑戦となるディオゴ・フェレイラは、クラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 「栃木の皆様はじめまして、ディオゴ・フェレイラです。私はこのクラブが大きな歴史を持っており、今回J2へ復帰した事もクラブにとって非常に重要であった事を理解しています。そしてこのクラブのファンの皆様がクラブに対して非常に情熱的である事も知っています。私がこのチームの手助けになる事が、シーズンの成功に繋がると思っています。希望を持ってハードワークし、ファンの皆様に多くの勝利と多くの喜びをもたらしたいと思います。応援よろしくお願い致します」 2018.02.20 13:15 Tue
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース