徳島が終始主導権を握るもフィニッシュの精度を欠き金沢とドロー《J2》2017.05.17 21:00 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽17日、明治安田生命J2リーグ第14節の徳島ヴォルティスvsツエーゲン金沢が鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアムで行われ、1-1のドローに終わった。

▽現在6勝3分け4敗の勝ち点21で7位につける徳島が、3勝3分け7敗で18位につける金沢を迎えた一戦。徳島は前節からスタメンを2名変更。井筒がJリーグデビューを果たし、島屋がカルリーニョスに変わり先発に復帰した。一方の金沢は前節からスタメンを1名変更。大槻に変えて、杉浦が先発出場を果たした。

▽3分、徳島は山﨑凌からの横パスを受けた渡がボックス手前からシュートも、DFに当って枠を外れる。5分には、徳島が右CKを獲得。ショートコーナーの流れから、後ろに戻したボールを岩尾がロングシュートもDFがクリアする。

▽攻め続ける徳島は10分、左サイドを抜け出した岩尾がスルーパス。山﨑凌がパスを受けてクロスを上げるも、飛び込んだ渡にはわずかに合わない。

▽攻め込まれ続けた金沢は12分、細かくパスをつなぐと、山﨑雅のポストプレーからスルーパスを受けた中美がボックス内に侵入しGKとの一対一を冷静に流し込み、金沢が先制する。

▽先制を許した徳島は13分、ボックス手前でパスを受けた渡が切り返しでDFをかわしシュート。しかし、これはDFに当たり枠を外れる。20分には、右CKから島屋がファーサイドでヘッドもDFがクリアする。23分にも徳島がビッグチャンス。左サイドを崩すと、ボックス内左から2がグラウンダーのクロス。これを島屋がファーサイドで蹴り込むも、DFがブロックし事なきを得る。

▽攻めるもののフィニッシュの精度を欠いていた徳島だったが35分、右サイドから渡がグラウンダーのアーリークロス。これをファーサイドに走り込んだ山﨑凌が蹴り込み、徳島が同点に追いつく。

▽1-1の同点で迎えた後半も徳島が攻勢をかける。47分、島屋が右サイドをドリブルで突破。ボックス右からクロスを送ると、渡がボックス内でシュート。しかし、これは枠を捉えられない。

▽徳島は58分、右サイドをドリブル突破した山﨑凌がボックス内に進入するも、シュートは打たせてもらえない。62分には、石井のロングフィードに抜け出した馬渡が右サイドをドリブル突破。そのままシュートを放つも、枠を外してしまう。

▽その後も徳島が攻め込む時間帯が続く。78分には島屋がドリブルでボックス内に侵入。そのままシュートを放つがGKがセーブ。アディショナルタイム2分には松村がボックス内でドリブルを仕掛けると、そのままシュート。しかしGK白井が好セーブで失点を免れる。結局そのまま試合は終了。後半は徳島が完全に試合を支配するも得点を奪えず、1-1のドローに終わった。

コメント

関連ニュース

thumb

Jリーグアウォーズのゲストプレゼンター決定、WBA世界ミドル級王者のプロボクサー村田諒太が登場

▽Jリーグは22日、12月5日に横浜アリーナで開催される年間表彰式『2017Jリーグアウォーズ』のゲストプレゼンターを発表した。 ▽今回のプレゼンターは、日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督のほか、WBA世界ミドル級王者のプロボクサー・村田諒太ら各界で日々活躍する6名に決定した。 ▽総合司会は、スポーツコメンテーターの西岡明彦氏と、フリーアナウンサーの加藤綾子さん。ステージMCは、平畠啓史氏が務める。 ◆総合司会 西岡明彦(スポーツコメンテーター) 加藤綾子(フリーアナウンサー) ◆ステージMC 平畠啓史(タレント) ◆プレゼンター ヴァイッド・ハリルホジッチ(日本代表監督) 加茂周(元日本代表監督/サッカー指導者・解説者) 今井恭司(サッカーカメラマン) 村田諒太(プロボクサー/WBA世界ミドル級王者) 佐藤美希(タレント/2017Jリーグ女子マネージャー) 髙橋ひかる(女優/第96回全国高校サッカー選手権大会応援マネ―ジャー) 2017.11.22 21:15 Wed
twitterfacebook
thumb

群馬、元日本代表FW永井雄一郎、MF村田翔、FW盛田剛平の契約満了を発表

▽ザスパクサツ群馬は22日、FW永井雄一郎(38)とMF村田翔(30)、FW盛田剛平(41)の契約満了を発表した。 ▽永井は1997年に三菱養和SCから浦和レッズに加入してプロキャリアをスタートさせた。その後、カールスルーエ、清水エスパルス、横浜FCなどでプレー。2014年に当時関西リーグ1部のアルテリーヴォ和歌山で1年間プレーし、2015年2月に練習生を経て群馬に入団した。今シーズンは公式戦での出場はなかった。 ▽村田は2017年にブリオベッカ浦安から加入。移籍1年目の今シーズンは明治安田生命J2リーグで2試合に出場した。 ▽盛田は2017年にヴァンフォーレ甲府から加入。今シーズンはJ2リーグで10試合、天皇杯で1試合出場した。 ▽今シーズン限りでの退団が決定した3選手は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆永井雄一郎 「3年間、ありがとうございました。ザスパでプレーするきっかけを作ってくれた氏家GM補佐、そしてそのチャンスをくださった菅原元GM、には感謝しています。そして自分を応援してくださったサポーターの皆さん、ありがとうございました」 ◆村田翔 「1年間、ありがとうございました。尊敬できるベテラン、最高の同期、あたたかいファン・サポーターの皆様。群馬での生活、悔しい思いの方が多かったですが、最高でした!反逆のTAKE2はまだ終わっていません。また、会いましょう!」 ◆盛田剛平 「この1年間、ピッチ上でチームに全く貢献できなかったこと、ほんとに申し訳なく思います。でも、この悔しいという気持ちがある限り、また来季も現役でチャレンジしたいと思ってます。おおぎやラーメンコラボ第2弾ができないのが、ほんと悔やまれるところではありますが、皆さん、1年間ありがとうございました!! 師範盛田」 2017.11.22 19:36 Wed
twitterfacebook
thumb

湘南、元日本代表DF坪井慶介との契約満了を発表「皆さんと協力、共感できた時間を過ごせた」

▽湘南ベルマーレは22日、元日本代表DF坪井慶介(38)の契約満了を発表した。 ▽東京都出身の坪井は、2002年に福岡大学から浦和レッズに加入してプロキャリアをスタートした。同年にJリーグフェアプレー個人賞とベストヤングプレー賞を受賞すると、2003年にはJリーグベストイレブンを受賞。日本代表にも初選出された。 ▽その後、日本代表として2006年に行われたドイツ・ワールドカップのメンバーに選出され、本大会に2試合出場。クラブでは、2007年にAFCチャンピオンズリーグ優勝を経験し、クラブワールドカップにも出場した。しかし、2007年以降、日本代表では出場機会が減少し、2008年2月に代表を引退した。 ▽クラブではその後、数年に渡って浦和を後方で支えてきたが、2013年から出場機会が激減。2015年に浦和レッズから湘南に加入した。今シーズンは明治安田生命J2リーグで5試合、天皇杯に2試合出場していた。 ▽今シーズン限りでの退団を発表した坪井は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントした。 「まず、湘南ベルマーレというクラブ、そしてそこに携わる方々に感謝しています。ここで過ごした時間は、良いことや楽しいことばかりではなかったですが、監督、コーチ、メディカルスタッフ、チームスタッフ、フロントスタッフ、そしてサポーターの皆さんと日々努力できたことは僕のサッカー人生のなかですごく大きな財産になりました」 「そして自分勝手ではありますが、そんな皆さんと協力、共感できた時間を過ごせたと思っています。3年間本当にありがとうございました」 2017.11.22 17:39 Wed
twitterfacebook
thumb

横浜FC、FW津田知宏、MF寺田紳一、MF野崎陽介、DF小宮山尊信ら6選手の契約満了を発表

▽横浜FCは22日、FW津田知宏(31)、MF寺田紳一(32)、MF野崎陽介(32)、DF楠元秀真(25)、DF小宮山尊信(33)、GK北野貴之(35)の契約満了を発表した。 ▽岐阜県出身の津田は、2016年に徳島ヴォルティスから横浜FCに加入。今シーズンは明治安田生命J2リーグで18試合に出場した。 ▽大阪府出身の寺田は、2013年にガンバ大阪から横浜FCに完全移籍。今シーズンはJ2リーグで10試合、天皇杯に1試合出場した。 ▽三重県出身の野崎は2011年にサガン鳥栖から横浜FCに加入。今シーズンはJ2リーグで15試合2ゴールを記録し、天皇杯に1試合出場している。 ▽千葉県出身の楠元は、2015年に産業能率大学から大学時代にも特別指定選手として登録されていた横浜FCに加入。今シーズンはJ2リーグで3試合、天皇杯に1試合出場した。 ▽千葉県出身の小宮山は、今シーズンに川崎フロンターレから横浜FCに加入。今シーズンはJ2リーグで25試合に出場した。 ▽北海道出身の北野は、今シーズンにセレッソ大阪から横浜FCに加入。今シーズンは天皇杯に1試合出場した。 2017.11.22 17:11 Wed
twitterfacebook
thumb

岐阜、ブラジル人選手2名との契約満了を発表

▽FC岐阜は22日、FWクリスチャン(23)、DFヘニキ(28)との契約を満了することを発表した。 ▽今シーズンから岐阜でプレーしたクリスチャンは、明治安田生命J2リーグ8試合3ゴール、天皇杯1試合に出場。今シーズンに2015年以来2度目の岐阜加入を果たしたヘニキは、2リーグ18試合1ゴール、天皇杯1試合出場をマークした。 ▽両選手はそれぞれクラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 ◆クリスチャン 「日本でプレーするチャンスをくれた岐阜の皆さんに感謝しています。皆さんの温かいサポートには本当に感謝しています。ありがとうございました。来年、J1に昇格するのを期待しています。幸運を祈っています」 ◆ヘニキ 「2014年、2015年、そして今年の3シーズンを過ごさせていただいたのも皆さんのおかげです。岐阜の皆さんの温かい優しさに感謝しています。本当にありがとうございました。今後のFC岐阜のご活躍を期待しています」 2017.11.22 16:55 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース