レスターのオーナー、キング・パワーがベルギークラブ買収で合意2017.05.17 19:59 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ベルギー2部のOHルーベンは17日、日本代表FW岡崎慎司が所属し、昨シーズンのプレミアリーグを制したレスター・シティのオーナーを務めるキング・パワー・インターナショナルが買収で合意したと発表した。クラブ公式サイトが伝えている。

▽ブリュッセルに本拠地を置き、今シーズンはベルギー2部に所属していたOHルーベン。しかし、今シーズンは低迷し3部降格の危機に瀕していた。

▽OHルーベンの取締役会はキング・パワーに対して「明確かつ一貫した提案をしてきた唯一の入札者」と評し、「財務的にもスポーツ的にもクラブの将来が保証される」と、今回の買収を喜んだ。

▽レスターのオーナーを務めるヴィチャイ・スリヴァッダナプラバ氏は、2010年にレスターを買収。そのレスターは、買収から4シーズン後にプレミアリーグ昇格を果たし、その翌シーズンにプレミアリーグ制覇を果たした。

▽OHルーベンは、2015-16シーズンをベルギー・ジュピラーリーグ(1部)に所属するも、同年に降格。早期の1部復帰に繋がる財源の確保ができたことになる。

コメント

関連ニュース

thumb

ブラジルvsウルグアイか!? カバーニ&ネイマール問題でアウベスvsフォルランの場外乱闘が勃発

▽ウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニとブラジル代表FWネイマールの間でいざこざが起こったパリ・サンジェルマン(PSG)だが、ここに来て場外乱闘が起こっているようだ。『ESPN』が報じた。 ▽17日に行われたリーグ・アン第6節のPSGvsリヨンの一戦。1-0でPSGがリードして迎えた78分に、FWキリアン・ムバッペがボックス内で倒されPKを獲得。しかし、この際にネイマールとカバーニがキッカーを巡って揉める場面が見られるも、カバーニがキッカーに。しかし、PKを失敗し微妙な関係のまま試合を終えていた。 ▽この試合では、FKを巡ってブラジル代表DFダニエウ・アウベスが、カバーニからボールを奪い、ネイマールに手渡す映像が残っているが、カバーニを擁護するためにセレッソ大阪でもプレーした元ウルグアイ代表FWディエゴ・フォルランが登場。しかし、これがウルグアイvsブラジルの場外乱闘に発展してしまった。 ▽フォルランはラジオ『Sport 890』で「アウベスが何をしていたのか分からない。彼はカバーニにボールを渡さず、ネイマールに渡した」とコメント。さらに、PKを巡るカバーニとネイマールの揉め事にもコメントした。 「カバーには尊敬に値する。彼は長い間ゴールを挙げ続けていた。そして、PKをとった。リスペクトがなければならない」 「ネイマールは、メッシともそうしていなかった。彼はカバーニがPKを蹴ることを望んでいなかった。カバーニを悩ませる迷惑な男の子のようだった」 ▽しかし、このコメントに噛み付いたのがアウベスだ。同胞のカバーニを擁護したこと、そして自身の行為を語ったフォルランに対し、自身のツイッター(@DaniAlvesD2)で反撃。ネイマールを擁護した。 「僕はあなたが観ていた試合が何なのかわからない。でも、あなたの情報について、僕はチームメイトからボールを奪うことはしていない。むしろ反対だ。僕が取られたんだよ」 「そして、PSGの最後のPKは僕のものだった。黙れ。そして僕の名前でドラマを作るな」 ▽なお、この件について、アウベスはネイマールとカバーニも出席したディナーを開催。さらに、ネイマールは自身の態度を反省し、カバーニを始めチームメイトに謝罪を行っている。 2017.09.22 11:55 Fri
twitterfacebook
thumb

横浜FMのDF中澤佑二も“アムロス” 「奈美恵様がいない生活。耐えられる自信がありません」

▽日本を代表する女性歌手の安室奈美恵さんが20日、来年9月16日に芸能界から引退することを発表した。その発表から数日経った現在もメディアにより、世間の“アムロス”が伝えられているが、Jリーグ界のレジェンドも動揺を隠しきれないようだ。 ▽その選手とは、横浜F・マリノスに所属する元日本代表DF中澤佑二(39)だ。中澤は早生まれながら安室さんと同学年。フィールドプレーヤーとしてJリーグ最多のフルタイム出場記録を更新するなど第一線で活躍するセンターバックは、かねてより安室さんのファンであることを公言してきた。 ▽その安室さんの引退発表を受けて、中澤は当日、自身のブログに「奈美恵様が引退。嘘だと言ってほしい」との悲しい気持ちを吐露。「奈美恵様がいない生活。耐えられる自信がありません。Byボンバー」とショックを隠さず、立ち直れない様子をうかがわせた。 2017.09.22 08:15 Fri
twitterfacebook
thumb

FIFAがシティとチェルシーを調査! 18歳未満の外国籍選手獲得に関して

▽国際サッカー連盟(FIFA)が、18歳未満の外国籍選手との契約違反に関して、チェルシーとマンチェスター・シティを調査していることが21日に明らかになった。イギリス『BBC』が報じた。 ▽FIFAは、18歳未満の選手の移籍に関して厳格な規則を定めている。主な3つのルールとして、「選手の両親が子供の移籍を理由に国外転居をしていないこと」、「EU(欧州連合もしくは欧州経済圏)内の16歳~18歳の選手に関しては、教育、学習、生活条件面において基準を満たすサポートを提供すること」、「クラブと選手の自宅が(国境をまたいで)100km圏内に存在していること」と定められている。 ▽『BBC』がFIFAに対し、シティとチェルシーの違反に関して問い合わせたところ、「現在、調査中である」という返答を得たとのことだ。調査対象となっている両クラブは、それぞれ反応。チェルシーは「選手を発掘する際には、FIFAの全てのルールを順守しなければならない」と主張し、シティも違反を犯していないことを強調しているとのことだ。 ▽同様の問題でチェルシーが調査を受けた回数は、今回で3度目となっている。2009年には、当時16歳だった現アミアンのコンゴDR代表FWガエル・カクタ(26)を不正に獲得したとして、一時2年間の契約禁止処分を下された。昨年には、2014年に獲得した当時18歳の現リヨンのブルキナファソ代表FWバートランド・トラオレ(21)との契約内容が精査されている。 ▽またシティは、他のクラブと契約中の若手選手の家族に接触したとして、今年5月にプレミアリーグから罰則を受けたばかりだ。その際は、30万ポンド(現在のレートで約4550万円)の罰金に加え、アカデミー年代の選手との契約を2年間禁止する執行猶予付きの処分を科されていた。 2017.09.21 18:35 Thu
twitterfacebook
thumb

不適切かつ容認出来ない行動が原因でイングランド女子代表のサンプソン監督が解雇

▽イングランドサッカー協会(FA)は20日、イングランド女子代表のマーク・サンプソン監督(34)との契約終了を発表した。 ▽サンプソン監督は、ブリストル・シティのアカデミーで監督を務めていたが、2013年12月にイングランド女子代表の監督に就任。2015年のFIFA女子ワールドカップではイングランド女子代表を3位に導くなど結果を残していた。 ▽解任の理由は、ブリストルのアカデミー時代に起こした「不適切かつ容認出来ない行動」が原因とのこと。FAは契約解除を素早く決断したとのことだ。 ▽サンプソン監督は、昨年チェルシーレディースでありイングランド女子代表でも活躍するFWエニオラ・アルーコから差別があったと訴えられていた。しかし、サンプソン監督はその主張を否定しており、FAの調査でも問題は見られなかったとのことだ。 2017.09.21 17:30 Thu
twitterfacebook
thumb

シュツットガルトのトレーニング施設で不発弾が発見…周囲を封鎖

▽あわや大惨事に──。19日、シュツットガルトのトレーニング施設で50kgにのぼる不発弾が発見された。ドイツ『キッカー』が報じた。 ▽シュツットガルトのスポークスマンが明かしたもので、警察が19日の夕方までに処理作業を行うと発表。また、そのために施設は封鎖されており、博物館や国道14号線など周囲の施設も立入禁止となっていた。 ▽現在、シュツットガルトは人工芝の暖房施設を建設しており、その作業中に不発弾が発見されたとのこと。選手たちはアウェイでのボルシアMG戦に臨むために施設にはおらず、危険にさらされることはなかったようだ。 ▽なお、チームは日本代表FW浅野拓磨が先発したものの、2-0で敗れている。 2017.09.20 12:10 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース