レバークーゼンがドイツ代表の若手SBヘンリクスと2022年まで契約延長2017.05.17 19:25 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レバークーゼンは17日、ドイツ代表DFベンジャミン・ヘンリクス(20)との契約延長を発表した。新契約は2022年6月30日までとなる。

▽ヘンリクスはレバークーゼンの下部組織出身で、2015年7月にトップチームに昇格。レバークーゼンでは公式戦で46試合に出場。今シーズンのブンデスリーガでは28試合に出場している。

▽世代別のドイツ代表を経験しているヘンリクスは、2016年11月にA代表に招集。ロシア・ワールドカップ予選のサンマリノ代表戦で右サイドバックとして先発フル出場を果たし、ドイツ代表デビューを飾っている。

コメント

関連ニュース

thumb

ベンダーにまたも不運…肋骨骨折で離脱へ

▽レバークーゼンは6日、ドイツ代表DFスヴェン・ベンダーが骨折したことをクラブの公式ツイッターで発表した。 ▽ベンダーは今月4日に行われたブンデスリーガ第11節のアウグスブルク戦に先発で出場。しかし33分には相手選手と交錯した際に負傷し、そのままベンチへと下がっていた。 ▽ドイツメディアの報道によれば、同選手は肋骨を骨折している模様。現在まで、クラブの公式サイト上でも離脱期間は明かされていない。 ▽ドルトムントに所属していた2016年夏に行われたリオ五輪で負傷し、2016-17シーズンのブンデスリーガ前半戦を棒に振ったベンダーは、その後復帰を果たすもウインターブレイク明けに足首を負傷。再度離脱を強いられるなど、昨シーズンはケガに悩まされた。 ▽今夏の移籍市場では心機一転、レバークーゼンへ移籍すると開幕から11試合連続でスタメン起用された。中心選手として活躍していただけに、チームにとっても大きな痛手となる。 2017.11.08 18:20 Wed
twitterfacebook
thumb

ケルン大迫勇也、失敗の右サイド起用の理由…リーグ戦未勝利で守備陣に苦言

ケルンの日本代表FW大迫勇也が、いまだリーグ戦で未勝利の続く厳しい状況で取材に応じている。ブンデスリーガ公式サイトが伝えた。<br><br>ケルンは28日、ブンデスリーガ第10節でレバークーゼンと対戦。大迫は右サイドのアタッカーとして先発出場を果たした。試合はアウェーのケルンが先制したものの、大迫にとって簡単ではない試合展開だったようだ。<br><br>「サイドだったので、守備しかできなかったですね。(ペーター・シュテーガー)監督が思う感じでは僕とレオ(ビッテンコート)のところにボールがよく来るので、そこでボールを納めて起点になってくれ、という感じでしたけど、なかなか押し込めなかったので、守備の時間が増えましたね」<br><br>その後、大迫は慣れ親しんだトップの位置に戻ったが、2失点で逆転負け。後半の失点が早すぎたとも語り、守備陣に苦言を呈した。<br><br>「あれだけ引いたからにはやっぱり守ってもらわないときついですね。簡単に崩されて真ん中をやられたので、あれはちょっと良くないと思いますけど。1-0のままで進めば2-0にできるチャンスができるので。相手も焦って前掛りになると思うし。そこをうまくコントロールできていないというか。チームとしてもっとうまくやりたいですね」<br><br>コンディション的には悪くないと話す大迫。いまだブンデスリーガ未勝利で最下位に沈むチームを救う活躍が求められる。<br><br><br>提供:goal.com 2017.10.29 15:41 Sun
twitterfacebook
thumb

リバプール、レバークーゼンの”エジル2世”に照準か

▽リバプールが、レバークーゼンのU-19ドイツ代表MFカイ・ハフェルツ(18)の獲得に動いているようだ。イギリス『リバプール・エコー』が伝えている。 ▽レバークーゼンの下部組織出身のハフェルツは、昨年10月のブレーメン戦でクラブ史上最年少(17歳126日)でのトップチームデビューを果たした。”エジル2世”とも評されるその才能は、得意の左足から繰り出される高精度のパスとドリブルを武器に、デビューシーズンからリーグ戦24試合に出場。4ゴール6アシストを記録した。 ▽また、『リバプール・エコー』は、リバプールがすでにハフェルツ獲得に向けてスカウトを送ったことも報道。そのスカウトたちが見守る中、4日に行われたU-19ユーロ予選で、U-19ベラルーシ代表との一戦に臨んだハフェルツは、2つのPK弾を含む4ゴールで、期待に違わぬ活躍を見せつけたようだ。 ▽なお、ハフェルツは今年7月にレバークーゼンとの2022年までの新契約にサインしている。 2017.10.06 15:10 Fri
twitterfacebook
thumb

ホームでドローに終わったシャルケが3試合勝利なし…《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第7節のシャルケvsレバークーゼンが29日に行われ、1-1の引き分けに終わった。 ▽前節ホッフェンハイムに完敗した7位シャルケが、ハンブルガーSVに快勝した10位レバークーゼンをホームに迎えた一戦。立ち上がりから一進一退の展開が続く中、34分に試合が動く。ペナルティアーク手前でFKを獲得したシャルケは、ゴレツカが直接FKをゴール右に突き刺し、先制に成功した。 ▽先制を許したレバークーゼンの反撃は40分、ボックス右手前で獲得したFKをフォラントが直接狙うも、これは相手GKが弾く。こぼれ球にS・ベンダーが詰めたが、これはオフサイドの判定となった。さらに45分には、右クロスからブラントに決定機が訪れるも、ダイレクトシュートはGKフェールマンの好セーブに阻まれた。 ▽迎えた後半、1点を追うレバークーゼンはアランギスとベララビを下げてハフェルツとベイリーを投入する2枚替えを敢行。すると61分、L・ベンダーのパスで右サイドを突破したベイリーがボックス右まで切り込みシュート。ブロックに入ったナスタシッチの足に当たったボールは、ドライブ回転がかかりゴール左隅に吸い込まれた。 ▽同点に追いついたレバークーゼンは70分、ハフェルツのサイドチェンジで左サイドを抜け出したブラントがクロスを入れると、飛び出した相手GKの弾いたボールをベイリーがシュート。これはブロックに入ったケフラーに当たるも、こぼれ球をアラリオが流し込み、ゴールネットを揺らした。しかし、クロスの時点でファーサイドのアラリオがオフサイドをとられ、ゴールは取り消された。 ▽チャンスを逃したレバークーゼンは、後半アディショナルタイム4分にもボックス左から侵入したバイリーが強烈なシュートでシャルケゴールを脅かしたが、GKフェールマンのセーブに阻まれた。 ▽結局、スコアはそのままで試合終了。ホームで勝ち点を落としたシャルケは、3試合勝利なしとなっている。 2017.09.30 06:05 Sat
twitterfacebook
thumb

酒井高フル出場、伊藤達哉デビューのHSVがレバークーゼンに完敗で4連敗《ブンデスリーガ》

▽ハンブルガーSVは24日、ブンデスリーガ第6節でレバークーゼンとのアウェイ戦に臨み、0-3で完敗した。HSVのDF酒井高徳はフル出場し、FW伊藤達哉は82分からプレーしている。 ▽前節ドルトムント戦では今季初スタメンを飾りながらも後半開始3分に交代となったHSVの酒井高は、引き続き[4-2-3-1]の左サイドバックで先発となり、ベンチにはドルトムント戦に続きU-23チーム所属の伊藤達哉が入った。 ▽1勝1分け3敗と苦しいスタートとなったレバークーゼンに対し、押し込まれる入りとなったHSVは、15分にサリホビッチがミドルシュートでゴールに迫る。 ▽しかし20分、レバークーゼンに押し切られる。ヘンリクスの右クロスをファーサイドのベイリーに頭で落とされると、ボックス左のフォラントにゴール右へシュートを流し込まれた。さらに22分、ベイリーの左クロスを新戦力のアラリオにスライディングシュートでブンデス初ゴールを押し込まれ、HSVはリードを2点に広げられてしまう。 ▽ハーフタイムにかけてもウッドのミドルシュート以外でゴールに迫れなかったHSVは2点ビハインドのまま前半を終えた。 ▽迎えた後半からワルドシュミットとジャッタの両アタッカーを投入したHSVが前がかっていくと、59分にホルトビーがGKレノを強襲するシュートを浴びせた。 ▽その後もリスクを負って攻撃に出たHSVは、70分にハーンがフィードに抜け出してボックス右に侵入。決定的なシュートを浴びせるも枠の右に外れた。 ▽しかし、これ以降はチャンスを作れずにいると、82分にハーンに代えてブンデスデビューとなる伊藤を左ウイングに投入。ところが直後に決定的な3失点目を喫する。守備に戻った伊藤の背後をブラントのスルーパスで突かれ、最後はフォラントに決められた。 ▽このまま0-3で完敗したHSVは4連敗となっている。一方、勝利したレバークーゼンは今季2勝目を挙げている。 2017.09.25 02:55 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース