超ワールドサッカー

レバークーゼンがドイツ代表の若手SBヘンリクスと2022年まで契約延長2017.05.17 19:25 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レバークーゼンは17日、ドイツ代表DFベンジャミン・ヘンリクス(20)との契約延長を発表した。新契約は2022年6月30日までとなる。

▽ヘンリクスはレバークーゼンの下部組織出身で、2015年7月にトップチームに昇格。レバークーゼンでは公式戦で46試合に出場。今シーズンのブンデスリーガでは28試合に出場している。

▽世代別のドイツ代表を経験しているヘンリクスは、2016年11月にA代表に招集。ロシア・ワールドカップ予選のサンマリノ代表戦で右サイドバックとして先発フル出場を果たし、ドイツ代表デビューを飾っている。

コメント

関連ニュース

thumb

ヘルタ・ベルリンが最終節でレバークーゼンに大敗も来季のEL出場権獲得!! 原口はベンチ入りも出番なしでシーズンを終える《ブンデスリーガ》

▽20日にブンデスリーガ最終節が行われ、ヘルタ・ベルリンvsレバークーゼンは、6-2でレバークーゼンが勝利した。日本代表FW原口元気はベンチ入りするも出場機会はなかった。 ▽ヨーロッパリーグ出場権獲得を目指す5位のヘルタ・ベルリンと12位に沈むレバークーゼンが激突した。ホームで今シーズン最終戦を勝利したいヘルタ・ベルリンだったが、開始5分にブラントのスルーパスに抜け出したエルナンデスにネットを揺らされる。 ▽これで攻めなければならなくなったヘルタ・ベルリンだが、逆にレバークーゼンに攻め込まれる場面が目立つ。すると31分にはハフェルツがエルナンデスとのパス交換で抜け出してシュート。これがゴールネット右隅に決まる。 ▽レバークーゼンはさらに前半終了間際、高い位置でボールを奪うと、左サイドから攻め込んだブラントがボックス内深い位置から折り返したボールをハフェルツがプッシュ。レバークーゼンが前半だけで3ゴールを奪って試合を折り返した。 ▽後半も思うような形で攻め込めないヘルタ・ベルリンに対して、レバークーゼンが襲いかかる。64分にアランギスがダリダにボックス内で倒されてPKを獲得。これをキースリンクがきっちりと決めて4点差とした。 ▽ヘルタ・ベルリンは71分、イビセビッチのスルーパスからゴール前で混戦となると、最後はヴァイザーが押し込んで1点を返す。これで勢いに乗りたいヘルタ・ベルリンだったが、81分にはボックス内でトルナリガがスリップしてベイリーを倒してPKを献上。これをアランギスに決められて再び4点差とされる。 ▽すでに2つのPKが生まれている中、86分にはターがイビセビッチをボックス内で押さえ込んで、今度はヘルタ・ベルリンがPKを獲得。これをアラギが沈めた。 ▽ヘルタ・ベルリンが3点差に詰め寄ったものの、90分にはポヒャンパロが右サイドからのクロスにダイビングヘッドで合わせてレバークーゼンが6点目を奪取。直後に試合終了のホイッスルが吹かれ、敗れたヘルタ・ベルリンは6位に後退するもヨーロッパリーグの出場権を獲得してシーズンを終えた。 2017.05.21 01:50 Sun
twitterfacebook
thumb

レバークーゼンSD、トゥヘル監督への接近を否定「この件については何もない」

レバークーゼンはボルシア・ドルトムントを率いるトーマス・トゥヘル監督の招へいに動いていないという。同クラブのルディ・フェラーSD(スポーツディレクター)がドイツ誌『キッカー』でその報道を否定した。<br><br>3月にロジャー・シュミットを解任し、タイフン・コルクトをシーズン終了までの監督として迎えたレバークーゼンだが、先日にはそのコルクトとは契約を更新しないことが明らかになった。そこで今シーズン不振が続いた同クラブは、ドルトムントで退任となる可能性が濃厚とみられるトゥヘル監督に着目したと伝えられた。<br><br>だが、レバークーゼンは契約オファーの存在や交渉の事実を否定。フェラーSDは「我々の状況では色々な名前が浮上するのは避けられないかもしれない。だがこの件については何もない」と同監督の招へいを考えていないことを強調した。<br><br>またトゥヘル監督の代理人を務めるオラフ・マインキング氏も『dpa通信』に対して、レバークーゼン行きの報道を「テーマになっていない。トーマス・トゥヘルはドルトムントと来シーズンいっぱいの契約を残している」と否定している。<br><br><br>提供:goal.com 2017.05.19 17:02 Fri
twitterfacebook
thumb

チチャリート、今夏ユナイテッド復帰か

▽レバークーゼンに所属するメキシコ代表FWハビエル・エルナンデス(28)にマンチャスター・ユナイテッド復帰の可能性が浮上した。イギリス『テレグラフ』が伝えている。 ▽エルナンデスは2015年夏、ルイス・ファン・ハール前監督から評価されず、ユナイテッドからレバークーゼンに売却された。しかし、ブンデスリーガに活躍の場を移すと、在籍3年間で公式戦通算75試合38ゴール。ドイツで価値を高めている。 ▽伝えられるところによれば、ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督はファン・ハール前監督から不評だったエルナンデスの活躍を評価。再獲得を頭の中に思い描いているようだ。なお、エルナンデスとレバークーゼンの現行契約は2018年までだという。 2017.05.17 08:45 Wed
twitterfacebook
thumb

ブンデスリーガの監督人事で玉突き? レバークーゼンがトゥヘル招聘に動く

レバークーゼンはドルトムントを率いるトーマス・トゥヘル監督招聘に動き出しているようだ。ドイツ『Rheinische Post』が報じた。<br><br>トゥヘルはドルトムントとの契約を2018年まで残しているものの、成績や首脳陣との衝突などから今シーズン限りでチームを去る可能性が報じられた。すでにドルトムントは、現ニース監督で、ボルシアMGでブンデスリーガの経験も豊富なルシアン・ファブレ招聘に動いているとされる。<br><br>それに伴い、レバークーゼンはトゥヘル監督を招こうとしているという。クラブは3月にロジャー・シュミット監督を解任し、タイフン・コルクトを招聘したが、成績は改善されず、来季の欧州行きを逃している。来季は巻き返しのため、国内で成功してきた実績を持つトゥヘルを新監督に就任させようという動きがあるようだ。<br><br>なお、レバークーゼンはシーズン残り1試合で、12位。降格の可能性はないものの、不振にあえいだ1年となっている。<br><br>提供:goal.com 2017.05.17 08:35 Wed
twitterfacebook
thumb

大迫が後半から出場のケルン、レバークーゼンに2点差追いつかれドロー《ブンデスリーガ》

▽ケルンは13日、ブンデスリーガ第33節でレバークーゼンとのアウェイ戦に臨み、2-2で引き分けた。ケルンのFW大迫勇也は後半から出場している。 ▽前節ブレーメンとの打ち合いを制してヨーロッパリーグ出場圏内の6位ヘルタ・ベルリンに1ポイント差に迫った7位ケルン(勝ち点46)が、残留をほぼ確実としている12位レバークーゼン(勝ち点38)のホームに乗り込んだライン・ダービー。 ▽扁桃腺炎から復帰したものの大迫を2試合連続ベンチスタートとしたケルンは8、10分と立て続けにゴール至近距離からのキースリンクのヘディングシュートでゴールを脅かされる。それでも、守護神ホルンのファインセーブで凌ぐと、14分に先制する。ゴール正面のヨイッチの放ったミドルシュートがイェドバイに当たってコースが変わり、ネットを揺らした。 ▽その後もレバークーゼンにボールを持たれたケルンは統制の取れた守備で凌ぐも、37分にピンチ。キースリンクに三度ヘディングシュートでゴールを脅かされた。しかし、ここもGKホルンがファインセーブで阻止。さらに右クロスからまたもキースリンクにヘディングで狙われたが、右ポストに救われた。 ▽後半から大迫をフラットな[4-4-2]の2トップの一角に投入したケルンが49分に追加点を奪う。クランターがドリブルでボックス右へ進入。シュートを放つと、GKレノの脇をすり抜けてネットを揺らした。 ▽しかし60分、ケルンは左クロスをキースリンクにヘディングで押し込まれ、1点差に詰め寄られると、その後も守備に追われる中、71分に試合を振り出しに戻される。ハフェルツの左クロスをポヒャンバロにヘディングで合わせられた。 ▽終盤にかけても劣勢が続いたケルンだったが、何とか凌いで2-2でタイムアップ。勝ち点1を積み上げてEL出場権獲得に望みを繋いだ。なお、ケルンは最終節、残留をほぼ決めているマインツとホームで対戦する。 2017.05.14 04:33 Sun
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース