レバークーゼンがドイツ代表の若手SBヘンリクスと2022年まで契約延長2017.05.17 19:25 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レバークーゼンは17日、ドイツ代表DFベンジャミン・ヘンリクス(20)との契約延長を発表した。新契約は2022年6月30日までとなる。

▽ヘンリクスはレバークーゼンの下部組織出身で、2015年7月にトップチームに昇格。レバークーゼンでは公式戦で46試合に出場。今シーズンのブンデスリーガでは28試合に出場している。

▽世代別のドイツ代表を経験しているヘンリクスは、2016年11月にA代表に招集。ロシア・ワールドカップ予選のサンマリノ代表戦で右サイドバックとして先発フル出場を果たし、ドイツ代表デビューを飾っている。

コメント

関連ニュース

thumb

武藤の華麗ボレー弾が決まったマインツ、逆転勝利で今季初白星《ブンデスリーガ》

▽マインツは9日、ブンデスリーガ第3節でレバークーゼンをホームに迎え、3-1で逆転勝利した。マインツのFW武藤嘉紀は89分までプレーし、45分に今季のリーグ戦初ゴールを決めている。 ▽開幕2連敗スタートとなったマインツは、代表戦に合流していた武藤が3試合連続スタメンとなり、[4-5-1]の1トップで起用された。 ▽立ち上がりからボールを握られたマインツは22分に失点する。ヴェンデウのパスを受けたコールにボックス内に侵入され、シュートを流し込まれた。 ▽その後も劣勢を強いられたマインツだったが、37分にチャンス。エツナリの左足ミドルがバーを直撃した。それでも前半終了間際の45分に武藤のゴールで追いつく。ボックス左で仕掛けたブロシンスキのクロスを武藤が華麗な左足ボレーでうまく合わせた。 ▽1-1で迎えた後半、57分に勝ち越したのはマインツ。左サイドで得たFKからエツナリのクロスをディアロが頭で合わせた。 ▽そして勢い付くマインツは71分にレバークーゼンを突き放す。エツナリの落としたパスを、ペナルティアーク左のゼルダーが右足で一閃。これがゴール右に決まった。 ▽終盤にかけては戦意を失ったレバークーゼンをマインツがいなして3-1で勝利。今季初勝利を飾っている。一方、敗れたレバークーゼンは3戦を終えて1分け2敗と苦しい序盤となっている。 2017.09.10 05:20 Sun
twitterfacebook
thumb

レバークーゼン、FIFAにFWルーカス・アラリオ獲得許可を求める! AFAのブロックで移籍不成立

▽レバークーゼンは8日、国際サッカー連盟(FIFA)に対して、アルゼンチンサッカー協会(AFA)の妨害によって、移籍不成立となったリーベル・プレートのアルゼンチン代表FWルーカス・アラリオ(24)の加入を認めるよう、アピールを行ったことを発表した。 ▽今夏、エースストライカーのメキシコ代表FWハビエル・エルナンデスがウェストハムに旅立ったレバークーゼンは、その後釜としてアルゼンチン国内屈指のストライカーであるアラリオをリストアップ。その後、移籍市場閉幕が迫った状況で1900万ユーロ(約25億円)の契約解除金を支払い、同選手の獲得にこぎ着けた。 ▽しかし、正しい手続きで契約解除金を支払ったものの、リーベル・プレートが雇用主である自分たちの同意なしにレバークーゼンが無断でメディカルチェックをアラリオに受けさせたと異議申し立てを行うと、AFAはこの訴えを受理。国際移籍に必要な書類をレバークーゼンに届けなかったため、結局期限内に移籍は完了しなかった。 ▽これを受けて、レバークーゼンはFIFAに対して、自分たちの正当性を主張すると共に、移籍成立を認めるよう訴えを行った。 ▽2015年にリーベル・プレートへ加入したアラリオは、186cmの長身を生かした空中戦の強さに加え、卓越したシュート精度やポストワークにも優れた万能型ストライカー。リーベルでは公式戦71試合に出場し、31ゴール10アシストの数字を残している。なお、2015年に行われたFIFAクラブ・ワールドカップでは、サンフレッチェ広島戦でゴールも挙げていた。 ▽また、2016年にデビューしたアルゼンチン代表ではここまで3試合に出場し、1ゴールを挙げている。 2017.09.08 21:34 Fri
twitterfacebook
thumb

レスターがレバークーゼンDFドラゴビッチをレンタル

▽レスター・シティは8月31日、レバークーゼンに所属するオーストリア代表DFアレクサンダル・ドラゴビッチ(26)のレンタル加入を発表した。契約期間は1年。代表ウィーク終了後に合流する。 ▽オーストリア・ウィーンの下部組織で育ったドラゴビッチは、これまでバーゼル、ディナモ・キエフでプレー。2016年夏からレバークーゼンに活躍の場を移し、センターバックを主戦場に公式戦28試合の出場を記録した。 ▽また、オーストリア代表キャリアにおいては2009年にデビュー。これまで57試合1得点をマークしている。 2017.09.01 08:40 Fri
twitterfacebook
thumb

ライプツィヒ、レバークーゼンからスロベニア代表MFケビン・カンプルを獲得

▽ライプツィヒは31日、レバークーゼンからスロベニア代表MFケビン・カンプル(26)を2021年までの4年契約で獲得したことを発表した。背番号は「44」となる。 ▽レバークーゼンの下部組織出身のカンプルは、ザルツブルクやドルトムントを経て、2015年夏にレバークーゼンに復帰。昨季は公式戦39試合に出場し、2ゴール4アシストを記録した。 ▽2012年にデビューしたスロベニア代表では、ここまで公式戦25試合を数え、2ゴール3アシストをマークしている。 2017.08.31 20:38 Thu
twitterfacebook
thumb

レバークーゼン、アルゼンチンの大物FWルーカス・アラリオ獲得へ!

▽レバークーゼンがリーベル・プレートに所属するアルゼンチン代表FWルーカス・アラリオ(24)の獲得に迫っているようだ。ドイツ『キッカー』が報じている。 ▽今夏、エースストライカーのメキシコ代表FWハビエル・エルナンデスがウェストハムに旅立ったレバークーゼンだったが、昨季ヨーロッパのコンペティションへの出場権を逃したことで、後釜獲得が難航。だが、移籍市場閉幕が迫った中、アルゼンチン国内屈指のストライカーの獲得に迫っているようだ。 ▽『キッカー』の伝えるところによれば、今夏1600万ユーロ(約21億円)のオファーを拒否されたレバークーゼンだが、移籍市場閉幕が迫った状況で2400万ユーロ(約31億円)の契約解除金の支払いを決断したという。 ▽ただ、アラリオがリーベル・プレートに所属する以前に在籍していたコロンのアシストで実際の移籍金は1900万ユーロ(約25億円)ほどで済むようだ。アラリオがリーベル・プレートに移籍した際の契約で2017年夏に同選手が移籍する場合、コロンは900万ユーロ(約11億7000万円)を受け取る契約になっていたものの、翌年夏に移籍する場合は大幅な減額となるという。そこでコロンはレバークーゼンとの話し合いの中で400万ユーロ(約5億2000万円)の受け取りで合意し、契約解除金の実際の金額は1900万ユーロになるようだ。 ▽2015年にリーベル・プレートへ加入したアラリオは、186cmの長身を生かした空中戦の強さに加え、卓越したシュート精度やポストワークにも優れた万能型ストライカー。リーベルでは公式戦71試合に出場し、31ゴール10アシストの数字を残している。なお、2015年に行われたFIFAクラブ・ワールドカップでは、サンフレッチェ広島戦でゴールも挙げていた。 ▽また、2016年にデビューしたアルゼンチン代表ではここまで3試合に出場し、1ゴールを挙げている。 2017.08.29 06:29 Tue
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース