レバークーゼンがドイツ代表の若手SBヘンリクスと2022年まで契約延長2017.05.17 19:25 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レバークーゼンは17日、ドイツ代表DFベンジャミン・ヘンリクス(20)との契約延長を発表した。新契約は2022年6月30日までとなる。

▽ヘンリクスはレバークーゼンの下部組織出身で、2015年7月にトップチームに昇格。レバークーゼンでは公式戦で46試合に出場。今シーズンのブンデスリーガでは28試合に出場している。

▽世代別のドイツ代表を経験しているヘンリクスは、2016年11月にA代表に招集。ロシア・ワールドカップ予選のサンマリノ代表戦で右サイドバックとして先発フル出場を果たし、ドイツ代表デビューを飾っている。

コメント

関連ニュース

thumb

CL出場権争うレバークーゼンに痛手、右臀部負傷のDFターが今季絶望か

▽レバークーゼンは22日、前日に行われたブンデスリーガ第31節のドルトムント戦で負傷交代したドイツ代表DFヨナタン・ターが右臀部の筋肉を損傷したことを発表した。 ▽ターは前述のドルトムント戦に先発出場するも、前半終了間際の43分に負傷。DFティン・イェドバイとの交代でピッチを退いていた。 ▽その翌日に精密検査を行った結果、右臀部の筋肉を損傷したことが判明。レバークーゼンは今季中の復帰が難しいと伝えている。 ▽今季もレバークーゼンの最終ラインを支えるターはここまでのリーグ戦27試合に出場している。 ▽現在、熾烈なトップ4争いの真っただ中にいるレバークーゼンはチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内ギリギリの4位に位置。だが、5位のホッフェンハイムとは勝ち点差2、6位のRBライプツィヒとは勝ち点差4と、残り3試合で逆転される可能性もある。 2018.04.23 16:06 Mon
twitterfacebook
thumb

ブンデス初弾のサンチョが1G2Aと躍動! ロイスもドッペルパックのドルトムントがレバークーゼン粉砕で3位浮上《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第31節、ドルトムントvsレバークーゼンが21日に行われ、4-0でドルトムントが快勝した。ドルトムントのMF香川真司はベンチ入りしなかった。 ▽前節シャルケとのレヴィア・ダービーを0-2と完敗し、4位に後退したドルトムント(勝ち点51)は、新エースとなっていたバチュアイが今季絶望濃厚のケガを負ってしまった。そのバチュアイを欠く攻撃陣は3トップに右からプリシッチ、M・フィリップ、サンチョと並べた。 ▽一方、前々節のライプツィヒ戦に続いてフランクフルトを撃破し、CL出場権を争うライバルを連破して3位に浮上したレバークーゼン(勝ち点51)は、4日前に行われたDFBポカール準決勝ではバイエルンと対戦し、2-6と惨敗した。勢いを挫かれた格好だが、バイエルン戦のスタメンから5選手を変更。ハフェルツやベララビがベンチスタートとなってアラリオやベイリーらが先発となった。 ▽立ち上がりから押し込んだドルトムントが9分にゲッツェのミドルシュートでゴールに迫ると、12分に決定機。ロイスのスルーパスを受けたサンチョがGKと一対一となったが、今季リーグ戦初出場のエーズカンに止められてしまった。 ▽それでも1分後、右サイドをプリシッチが打開してラストパスを受けたサンチョがボックス左から、今度はGKとの一対一を決めきってドルトムントが先制した。 ▽サンチョのブンデス初ゴールでリードしたドルトムントは、バイエルン戦の大敗を引きずるような重い入りとなったレバークーゼンを尻目に主導権を握り続ける。そして、34分に追加点に迫った。ロングボールをM・フィリップが落とし、ボックス中央に走り込んだロイスがボレーシュートで豪快にゴールへ蹴り込んだ。しかし、VARの末にM・フィリップのポジションがオフサイドだったとしてゴールは取り消された。 ▽それでも37分、ドルトムントがPKを獲得する。プリシッチがボックス右に進入したところでレトソスに倒された。ところが、キッカーのロイスが枠の左を狙ったシュートはGKエーズカンに止められ、前半を1点のリードで終えた。 ▽終始劣勢を強いられたレバークーゼンは後半からベイリーに代えてハフェルツを投入。そのレバークーゼンが前がかる入りとなったが、55分にドルトムントがリードを広げた。ヴァイグルの縦パスをゲッツェがダイレクトで叩くと、このパスに抜け出したロイスがボックス左に進入。GKエーズカンをかわしてネットを揺らした。 ▽2-0としたドルトムントは63分に勝負を決定付ける。ロングボールをサンチョがうまく処理して左サイドを突破。ラストパスを受けたボックス中央のM・フィリップが難なくゴールへ蹴り込んだ。 ▽その後、ベララビを投入して3枚の交代カードを使い切ったレバークーゼンだったが、79分にドルトムントがダメを押す。ダフードが持ち上がって左サイドへ展開。サンチョが受け、右足でふわりとクロスを上げるとファーサイドのロイスがヘディングで決めた。 ▽このまま4-0でドルトムントが快勝。レバークーゼンをかわして3位に浮上している。 2018.04.22 03:30 Sun
twitterfacebook
thumb

【ブンデス第31節プレビュー】4位ドルトムントvs3位レバークーゼン開催

▽前節はシャルケがドルトムントとのレヴィア・ダービーを制して2位を死守。そして、レバークーゼンがフランクフルトとのチャンピオンズリーグ(CL)出場権争いを制し、3位に浮上した。迎える第31節は、4位ドルトムントvs3位レバークーゼンのCL出場権争いが開催される。 ▽前節シャルケ戦を攻守両面で凌駕されて0-2と完敗し、4位に後退したドルトムント(勝ち点51)は、新エースとなっていたバチュアイが今季絶望濃厚のケガを負ってしまった。5位ライプツィヒとは4ポイント差ある状況だが、得点源を失った中で勝ち点を積み上げ、CL圏内を確固たるものにできるか。練習に復帰している香川はだが、引き続き欠場予想となっている。 ▽一方、前々節のライプツィヒ戦に続いてフランクフルトを撃破し、CL出場権を争うライバルを連破したレバークーゼン(勝ち点51)は、ドルトムントを抜いて3位に浮上。しかし、火曜日に行われたDFBポカール準決勝ではバイエルンと対戦し、2-6と惨敗した。勢いを挫かれた格好だが、フランクフルト戦でハットトリックを決めたフォラントをはじめ、ブラントやハフェルツ、ベイリーら活きの良いアタッカー陣がドルトムントも凌駕できるかに注目だ。 ▽日本人が所属するケルンとハンブルガーSVは今節にも降格の可能性がある。まずは最下位に沈むケルン(勝ち点21)から。2位シャルケ(勝ち点55)とホームで対戦するケルンは今節勝利を逃し、14位ヴォルフスブルク(勝ち点30)、15位マインツ(勝ち点30)、16位フライブルク(勝ち点30)が揃って勝ち点を積み上げた場合、5シーズンぶりの降格が決まる。前節ヘルタ・ベルリン戦では中盤インサイドでプレーした大迫だったが守備に追われ、攻撃面で見せ場は作れなかった。ダービーで攻守に渡る大活躍を見せたナウド擁するシャルケ相手にケルンは残留の望みをつなぐ勝利を手にできるか。 ▽続いてクラブ史上初の降格が迫る17位HSV(勝ち点22)。16位フライブルク(勝ち点30)との残留争いに臨むHSVは前節ホッフェンハイムに完敗。前々節シャルケ戦の勝利をつなげることができなかった。酒井高も失点に絡み、チームの足を引っ張る格好となってしまった。ヴォルフスブルク、マインツと立て続けに残留を争うライバルに敗れて4連敗となっているフライブルクを下し、残留に希望を見いだせるか。なお、酒井高は負傷で欠場予想。伊藤はスタメン予想となっている。 ▽そのほか、フライブルクに勝利し、7試合ぶりの白星を飾って残留圏内の15位に浮上したマインツ(勝ち点30)は、11位アウグスブルクとのアウェイ戦に臨む。ここで勝利できれば残留決定となるが、武藤は引き続き負傷欠場予想となっている。 ※スタメン予想はドイツ『キッカー』参照 ◆ブンデスリーガ第31節 ▽4/20(金) 《27:30》 ボルシアMG vs ヴォルフスブルク ▽4/21(土) 《22:30》 ライプツィヒ vs ホッフェンハイム ハノーファー vs バイエルン シュツットガルト vs ブレーメン フランクフルト vs ヘルタ・ベルリン ハンブルガーSV vs フライブルク 《25:30》 ドルトムント vs レバークーゼン ▽4/22(日) 《22:30》 アウグスブルク vs マインツ 《25:00》 ケルン vs シャルケ 2018.04.20 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

長崎、レバークーゼンと育成業務提携を締結…高田明社長「育成にスピードを上げて取り組む」

▽V・ファーレン長崎は20日、19日にブンデスリーガのレバークーゼンと育成業務提携を締結させたことを発表した。契約期間は2021年まで。 ▽長崎は、今回の提携を受けて実施した提携契約の調印式及び記者発表会での高田明社長のコメントを、クラブ公式サイトで以下のように紹介している。 「今回、レバークーゼンと提携をさせていただいたことを大変うれしく思います。フローリアンさんは、このためにはじめて日本に来てくださいました。昨年4月からの新体制の中で、さまざまなことをゼロから改善しています」 「その中で、最も大切なことの一つが育成です。アカデミー、スクールを充実させる、子どもたちが成長することは、チーム、そして地域の活性化につながります。『サッカーには夢がある』と私は常々いっていますが、夢に向かっての提携が始まりました。足りないものは謙虚に学んでいきます。欧州には、サッカーの歴史があります。素晴らしい指導者、考え方を学ぶ上で、バイヤー04レバークーゼンとの締結は、誇りに思うものです」 ▽また、同じく記者発表会に出席したレバークーゼンのマーケティング・コミュニケーション部 ディレクター ブランド統括責任者のフローリアン・デデリッヒス氏と長崎の松田浩育成部長は、以下のようにコメントしている。 ◆フローリアン・デデリッヒス氏 「コンニチハ。今回、V・ファーレン長崎と育成業務提携を締結できたことを大変うれしく思います。長崎はいい街ですね。ドイツのレバークーゼンにあるバイヤー04レバークーゼンは、1904年に製薬会社の従業員により、会社のサッカー部として設立されました。エンブレムには、市章のライオンと設立年、チーム名が描かれています」 「2012ー2013年シーズンには、細貝萌選手が所属していました。育成に力を入れており、アカデミーでは人間教育に注力しています。サッカー選手になることに希望を持っていても、選手として活躍できるのはごく一部です。そのためにも、社会人として生きるために人間力は養うことも重要だと考えています」 ◆松田浩育成部長 「フローリアンさんもお話されたとおり、技術力はもちろんですが、人間性を高めることは、V・ファーレン長崎の育成の中でも大きなものの一つです。その中で、育成の力で数々の優勝を勝ち取り、ブンデスリーガのトップで活躍するバイヤー04レバークーゼンと育成業務提携を結んだことは大変心強いことです」 「5月から具体的に育成業務を行っていきますが、例えば、U-17、U-18の選手の数名を4週間、バイヤー04レバークーゼンに派遣をします。また、バイヤー04レバークーゼンU-17の選手最大35人をV・ファーレン長崎が1週間受け入れます。さらに、バイヤー04レバークーゼンのコーチが長崎に来て、指導者のスキルアップにつなげます。このほか、コーチ、指導者による情報交換やミーティングを行っていき、お互いの育成業務のアップにつなげていきます」 ◆高田明社長 「V・ファーレン長崎は、今回の育成業務締結によって、育成にスピードを上げて取り組んでいきます。ダンケ シェーン」 2018.04.20 10:50 Fri
twitterfacebook
thumb

ミュラーのハットなどレバークーゼンを6発粉砕のバイエルンが決勝進出《DFBポカール》

▽DFBポカール準決勝、レバークーゼンvsバイエルンが17日に行われ、2-6でバイエルンが圧勝し、決勝へ進出した。 ▽準々決勝でブレーメンを下したレバークーゼンと、パーダーボルンを下したバイエルンの決勝進出を懸けた一戦。 ▽レバークーゼンは4-1で快勝した直近のフランクフルト戦のスタメンから2選手を変更。ベイリーとヘンリクスに代えてベララビとターを起用した。 ▽一方、バイエルンは5-1と大勝したボルシアMG戦のスタメンから5選手を変更。レヴァンドフスキやリベリ、ロッベンにアラバ、J・ボアテングら主力が先発に戻った。 ▽試合は開始3分、バイエルンがあっさり先制する。J・ボアテングのフィードをボックス左のミュラーがヘディングシュート。これはGKレノのセーブに阻まれるも、ルーズボールをボックス中央のハビ・マルティネスが左足でゴール右へ蹴り込んだ。 ▽先制後の6分、フォラントのヘディングシュートをGKウルライヒがセーブしたバイエルンは、9分に加点する。左サイドを突破したリベリのクロスをファーサイドのレヴァンドフスキがボレーで蹴り込んだ。 ▽2点を追う展開となったレバークーゼンは16分、1点を返す。FKの流れから混戦となったところをL・ベンダーが頭で押し込んだ。 ▽その後は一進一退の攻防で推移した中32分、レバークーゼンに同点のチャンス。CKの流れからS・ベンダーがシュートに持ち込んだが、GKウルライヒの好守に阻まれた。さらに37分、再びCKの流れからベララビがボレーシュートを浴びせるも、ここもGKウルライヒのファインセーブに阻まれた。 ▽2-1で迎えた後半、開始4分にフォラントの決定的なシュートを三度ウルライヒの好守で凌いだバイエルンは、52分に突き放す。チアゴの鋭いスルーパスをボックス右で受けたミュラーが確実にゴールへ流し込んだ。 ▽リードを広げたバイエルンは、61分に勝負を決定付ける。リベリの絶妙なスルーパスを起点に、最後はチアゴがネットを揺らした。その後、ミュラーが2点を追加してハットトリックを達成したバイエルンは、ベイリーに一矢報いられるも6-2で圧勝。王者の実力を示して決勝に進出している。 2018.04.18 06:18 Wed
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース