レバークーゼンがドイツ代表の若手SBヘンリクスと2022年まで契約延長2017.05.17 19:25 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レバークーゼンは17日、ドイツ代表DFベンジャミン・ヘンリクス(20)との契約延長を発表した。新契約は2022年6月30日までとなる。

▽ヘンリクスはレバークーゼンの下部組織出身で、2015年7月にトップチームに昇格。レバークーゼンでは公式戦で46試合に出場。今シーズンのブンデスリーガでは28試合に出場している。

▽世代別のドイツ代表を経験しているヘンリクスは、2016年11月にA代表に招集。ロシア・ワールドカップ予選のサンマリノ代表戦で右サイドバックとして先発フル出場を果たし、ドイツ代表デビューを飾っている。

コメント

関連ニュース

thumb

レバークーゼンがキャプテンのL・ベンダーと2021年まで契約延長

▽レバークーゼンは19日、ドイツ代表MFラース・ベンダー(28)と2021年6月30日まで契約を延長したことを発表した。これまでの契約から2年更新した格好だ。 ▽2009年に1860ミュンヘンからレバークーゼンに加入したL・ベンダーは、本職のボランチの他にセンターバックや右サイドバックもカバーするユーティリティ性を持ち、これまでレバークーゼンで公式戦257試合に出場して21ゴール25アシストをマーク。キャプテンも務め、今季はブンデスリーガ13試合に出場して2ゴール4アシストを記録していた。 ▽ドイツ代表としては19試合に出場して4ゴールを記録。2016年に行われたリオデジャネイロ・オリンピックではオーバーエイジとして参加し、ドイツの銀メダル獲得に貢献していた。 ▽そのL・ベンダーは契約延長について公式サイトにて、「僕にとって重要なことは良い感覚を持ってクラブで過ごせているかということ。それは環境や自分への評価、一人の人間として求めるものがあるかということだよ」とコメントしている。 2018.01.20 01:13 Sat
twitterfacebook
thumb

ミラン、来夏レバークーゼンMF獲得へ? 現地視察で動きが本格化か

▽ミランが、レバークーゼンのドイツ代表MFユリアン・ブラント(21)の獲得に動くようだ。イタリア紙『トゥットスポルト』が伝えた。 ▽ミランのスポーツ・ディレクターを務めるマッシミリアーノ・ミラベッリ氏は先日、ドイツに渡って複数の選手を視察した。そのうちの一人と目されていたブラントへの興味はより真剣なものに変わったという。 ▽ブラントはすでにドイツ代表に呼ばれている21歳のMF。ミランは1月の獲得ではなく、来夏の獲得を目指しているようだ。 ▽同選手の市場価値は3500万ユーロ(約47億円)ほどとみられているが、再びドイツからの補強が実現するのだろうか。 2018.01.17 00:00 Wed
twitterfacebook
thumb

リベリの今季リーグ初弾やハメスの直接FK弾でバイエルンがレバークーゼン撃破! 後半戦白星スタート!《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第18節、レバークーゼンvsバイエルンが12日に行われ、1-3でバイエルンが勝利した。 ▽ウインターブレイク前の前半戦ラストマッチとなった前節シュツットガルト戦を途中出場のミュラー弾で1-0と辛勝して4連勝とした首位バイエルン(勝ち点41)は、2位シャルケとの勝ち点差を「11」に広げた。そのバイエルンはエースのレヴァンドフスキがヒザ痛の影響により欠場となって代役にはミュラーが入った。10年ぶりに古巣復帰となったワグナーはベンチスタートとなった。 ▽一方、打ち合いとなった前節ハノーファー戦を4-4で引き分け、12試合負けなしとした4位レバークーゼン(勝ち点28)は、現状のベストメンバーで臨み、システムは[3-4-2-1]を継続した。 ▽立ち上がりからオープンな攻防で推移した一戦は、まずはバイエルンが16分にFKの流れからボックス右のビダルが枠内シュートを記録。続くCKから再ビダルがヘディングシュートでオンターゲットをマークした。 ▽引かないレバークーゼンも17分、右CKからコールが際どいヘディングシュートを浴びせてけん制する。 ▽前半半ば以降もバイエルンがポゼッションを高める流れとなる中、25分にはハメス・ロドリゲスがミドルシュート。しかし、枠を捉えるには至らない。それでも32分、右CKからファーサイドのビダルがヘディングシュート。これはゴール前のDFにブロックされるも、ルーズボールをゴールエリア左のハビ・マルティネスが左足で蹴り込んでバイエルンが先制した。 ▽ハーフタイムにかけてもCKからハビ・マルティネスがヘディングシュートを浴びせるなど、バイエルンが優勢に試合を進めた中、前半を1点のリードで終えた。 ▽迎えた後半もバイエルンが攻勢に出る流れで立ち上がった中、レバークーゼンは55分にボックス右から中へ切れ込んだベイリーがバーを直撃するシュートを浴びせた。 ▽しかし59分、ハメス・ロドリゲスのパスを受けてドリブルでボックス左に侵入したリベリがカットインからゴール左隅にシュートを流し込んでリードを広げた。 ▽リベリの今季のリーグ戦初ゴールで2点差とされたレバークーゼンは、中盤のコールに代えてアタッカーのアラリオを投入し、攻撃の枚数を増やした。すると70分、ボックス右でパスを受けたフォラントが中へ切れ込み、ペナルティアーク右から左足でシュート。これがDFにディフレクトしてゴールに吸い込まれた。 ▽1点差としたレバークーゼンが攻勢に出ると、76分に同点のチャンス。しかし、ショートカウンターからボックス内のフォラントが持ち込んだシュートはDFの好ブロックに阻まれた。 ▽ひやりとしたバイエルンはリベリを下げて新戦力のワグナーを投入。逃げ切りを図ると、追加タイム1分に勝負を決定付けた。ペナルティアーク中央でハメス・ロドリゲスが得たFKを自身が直接ゴール左上に流し込んだ。 ▽このまま3-1で試合を終わらせたバイエルンが後半戦初戦を制している。一方、敗れたレバークーゼンは13試合ぶりの敗戦となった。 2018.01.13 06:40 Sat
twitterfacebook
thumb

【ブンデス第18節プレビュー】後半戦スタート! 金曜にレバークーゼンvsバイエルン開催

▽2017年最終戦となった前半戦ラストマッチでは首位バイエルンが勝利した一方で2位シャルケが引き分け、両チームの勝ち点差は「11」に広がった。前半戦を終えた段階で優勝争いがほぼ決した中、チャンピオンズリーグ出場権争いは大混戦となっている。シュティーガー体制となって2連勝とした3位ドルトムント、4位レバークーゼン、5位ライプツィヒ、6位ボルシアMGの4チームが勝ち点28で並んでいる状況だ。迎える後半戦のスタートとなる第18節では、金曜日にレバークーゼンvsバイエルンの好カードが開催される。 ▽前節シュツットガルト戦を途中出場のミュラー弾で1-0と辛勝して4連勝とした首位バイエルン(勝ち点41)は、レヴァンドフスキがヒザ痛の影響により欠場が濃厚とのことだ。前半戦のMVP的存在であるエースを欠く中、代役にはこの冬ホッフェンハイムから獲得し、10年ぶりに古巣復帰となったワグナーが先発予想となっている。早速得たチャンスをワグナーが生かせるかにも注目だ。 ▽一方、打ち合いとなった前節ハノーファー戦を4-4で引き分け、12試合負けなしとした4位レバークーゼン(勝ち点28)は、ケガ人はおらずベストメンバーで臨める状況だ。ウインターブレイク前の好調なチーム状態を王者相手にも見せ付けることを期待したい。 ▽後半戦スタートとなる今節、5位ライプツィヒ(勝ち点28)と2位シャルケ(勝ち点30)による上位対決も注目だ。ライプツィヒは前節10人となったヘルタ・ベルリンに2-3と敗戦。なかなか波に乗れないシーズンを過ごしているが、冬でのN・ケイタ流出を否定し、後半戦での巻き返しを狙う。引き続きフォルスベリが負傷により欠場が続くが、好調な相手を下して上位に留まりたい。 ▽対するシャルケは前節フランクフルト戦をナウドのラストプレー弾で2-2と引き分けに持ち込み、11試合負けなしとした。この冬、ユベントスから獲得したピアツァが早速スタメン予想となっているが、活躍となるか。CL出場権争いで優位に立つためにもライプツィヒには負けられない。 ▽香川のPK獲得と決勝アシストで2017年を2連勝締めとした3位ドルトムント(勝ち点28)は、12位ヴォルフスブルク(勝ち点19)とのホーム戦に臨む。ウインターブレイク中に復帰したゲッツェとピシュチェクが先発予想で、選手層に厚みを増している中、香川も先発予想となっている。ケガ明けの選手たちと共に、シュティーガー体制となって復調している香川のプレーに注目したい。 ▽今節の日本人対決ではシュツットガルトvsヘルタ・ベルリンが開催される。得意のホームでバイエルンに善戦しながらも0-1と惜敗して4連敗となった14位シュツットガルト(勝ち点17)は、8年半ぶりに復帰となったゴメスが先発予想。浅野もスタメン予想となっており、ゴメスとの共演に注目だ。一方、移籍先を模索している原口は引き続きベンチ外が濃厚となっている。 ▽背中の負傷が癒え、5試合ぶりに先発した武藤の15位マインツ(勝ち点17)は、11位ハノーファー(勝ち点23)とのアウェイ戦に臨む。スタメン予想となっている武藤としてはゴールに絡む活躍を見せてチームを降格圏から引き離したい。この冬獲得したデ・ヨングのいぶし銀のプレーにも注目したい。 ▽その他、3試合ぶりに先発となった酒井高が引き続きスタメン予想の17位ハンブルガーSV(勝ち点15)は、アウグスブルク(勝ち点24)とのアウェイ戦に臨み、風邪で欠場が続いていたもののスタメン予想となっている長谷部の8位フランクフルト(勝ち点26)は、13位フライブルク(勝ち点19)とのホーム戦に臨む。そして、肺炎にかかった大迫の最下位ケルン(勝ち点6)のは6位ボルシアMG(勝ち点28)とのホーム戦に臨む。なお、すでに肺炎が癒えている大迫だが欠場予想となっている。 ※スタメン予想はドイツ『キッカー』参照 ◆ブンデスリーガ第18節 ▽1/12(金) 《28:30》 レバークーゼン vs バイエルン ▽1/13(土) 《23:30》 シュツットガルト vs ヘルタ・ベルリン ハノーファー vs マインツ ブレーメン vs ホッフェンハイム フランクフルト vs フライブルク アウグスブルク vs ハンブルガーSV 《26:30》 ライプツィヒ vs シャルケ ▽1/14(日) 《23:30》 ケルン vs ボルシアMG 《26:00》 ドルトムント vs ヴォルフスブルク 2018.01.12 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

レバークーゼンの弱冠20歳のジャマイカ代表ウインガーにプレミアの強豪がこぞって注目

▽レバークーゼンに所属するジャマイカ代表FWレオン・ベイリー(20)にプレミアリーグのビッグクラブが挙って関心を寄せているという。イギリス『ミラー』が伝えた。 ▽今シーズン、ブンデスリーガで好調を続けるレバークーゼンで出色の活躍を残しているのが、今夏ベルギーのヘントから加入したベイリーだ。本職をウイングとする同選手は高い身体能力と足下のテクニックを武器とするドリブラーで、今シーズンはここまでリーグ戦14試合に出場し6ゴール4アシストを記録している。現在4位と好調のレバークーゼンにおいて攻撃の要の1人であることは間違いない。 ▽そんなヤングスターに、マンチェスター・ユナイテッドやチェルシー、アーセナルが注目しているという。『ミラー』によれば、1240万ポンドでヘントに加入したベイリーに対して、今夏レバークーゼンに移籍する前にチェルシーが2200万ポンド(約33億円)のオファーを試みたが却下された模様だ。 ▽そんな中、今最も熱い視線を注いでいるのがアーセナルだと言われている。アーセナルは今月17日のハノーファーvsレバークーゼンにスカウトを送ったようだ。その試合は4-4の打ち合いで、お目当てのベイリーは2ゴールをマークし期待に違わぬ活躍を見せた。さらに、20日のDFBポカール3回戦のボルシアMG vsレバークーゼンにもスカウトを送っていたようで、その試合でもベイリーは1ゴールを奪いレバークーゼンの勝利に貢献している。 ▽その活躍を受けて、アーセナルはベイリー獲得に3000万ポンド(約45億4000万円)の移籍金を用意。去就が不透明なチリ代表FWアレクシス・サンチェスや今シーズンほとんど出場機会を得られていないイングランド代表FWテオ・ウォルコットに代わるアタッカーとして期待しているようだ。 ▽なお、ベイリーは今夏レバークーゼンに移籍した際に5年契約を結んでいる。 2017.12.24 17:55 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース