レバークーゼンがドイツ代表の若手SBヘンリクスと2022年まで契約延長2017.05.17 19:25 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レバークーゼンは17日、ドイツ代表DFベンジャミン・ヘンリクス(20)との契約延長を発表した。新契約は2022年6月30日までとなる。

▽ヘンリクスはレバークーゼンの下部組織出身で、2015年7月にトップチームに昇格。レバークーゼンでは公式戦で46試合に出場。今シーズンのブンデスリーガでは28試合に出場している。

▽世代別のドイツ代表を経験しているヘンリクスは、2016年11月にA代表に招集。ロシア・ワールドカップ予選のサンマリノ代表戦で右サイドバックとして先発フル出場を果たし、ドイツ代表デビューを飾っている。

コメント

関連ニュース

thumb

ウェストハムがエルナンデスを獲得、移籍金は23億円

▽ウェストハムは24日、レバークーゼンのメキシコ代表FWハビエル・エルナンデス(29)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2020年6月30日までの3年間で、移籍金は1600万ポンド(約23億1000万円)と明かしている。 ▽ウェストハム加入が決まったエルナンデスは公式サイトで次のようにコメントしている。 「プレミアリーグは世界最高のリーグだからウェストハム入りのチャンスが訪れた際に契約したいと切望していた。決断は難しくなかった。ウェストハムは歴史があり、野心のあるクラブだからね。シーズンが始まったらチームが目標を達成できるように手助けしたい」 ▽2010年から2015年までマンチェスター・ユナイテッドに在籍していたエルナンデスは、2015年にレバークーゼンに加入。加入1年目となった2015-16シーズンには、ヨーロッパ移籍後でキャリアハイとなるリーグ戦17ゴールを挙げる活躍を披露。だが、昨シーズンはリーグ戦11ゴールを決めたものの、度重なる負傷や独善的なプレーを批判されるなど、厳しいシーズンを送っていた。 ▽ウェストハムは先日、ストーク・シティのオーストリア代表FWマルコ・アルナウトビッチ(28)をクラブレコードの移籍金2000万ポンド(約28億8000万円で獲得していた。 2017.07.25 05:45 Tue
twitterfacebook
thumb

ウェストハムがチチャリート獲得でクラブ間合意! 数日以内にメディカル受診で正式契約へ!

▽ウェストハムは20日、メキシコ代表FWハビエル・エルナンデス(29)の獲得に関して、レバークーゼンと合意に達したことを発表した。同選手は数日以内にロンドン入りしメディカルチェックを受診した後、正式にハマーズの一員となる。 ▽先日に1500万ユーロ(約19億5000万円)のバイアウト条項の存在が明らかにされたエルナンデスに関しては、ウェストハムやチェルシー、トッテナムなどロンドン勢が獲得に関心を示していると報じられていた。 ▽その中で最も獲得に熱心だったウェストハムは、高額なサラリーを掲示してエルナンデスの獲得にこぎ着けた。 ▽2010年から2015年までマンチェスター・ユナイテッドに在籍していたエルナンデスは、2015年にレバークーゼンに加入。加入1年目となった2015-16シーズンには、ヨーロッパ移籍後でキャリアハイとなるリーグ戦17ゴールを挙げる活躍を披露。だが、昨シーズンはリーグ戦11ゴールを決めたものの、度重なる負傷や独善的なプレーを批判されるなど、厳しいシーズンを送っていた。 2017.07.21 02:20 Fri
twitterfacebook
thumb

レバークーゼン、チチャリートの退団を容認か…フェラーSD「複数の打診がある」

レバークーゼンのルディ・フェラーSD(スポーツディレクター)は、チチャリートことFWハビエル・エルナンデスが今夏に退団する可能性を否定していない。同SDはドイツ紙『FAZ』に対し、メキシコ代表FWに関する打診が届いていることを認めながら「我々はリラックスしている」と話している。<br><br>現在29歳のエルナンデスがレバークーゼンと結んだ契約は2018年までとなっている。契約最終年に入る同選手に対し、イギリス紙『ミラー』はウェストハムやチェルシーが獲得に動き出し、プレミアリーグ復帰の可能性があると報じている。<br><br>フェラーSDはエルナンデスの現状について「彼が持つクオリティーにより、彼はたくさん(のクラブ)にとって興味深い存在だし、我々には複数の打診が届けられている」と言及。「我々はリラックスし、様子を見るつもりだ。遅い段階に何かが決まる可能性だってあるのだからね」と続け、レバークーゼンはエルナンデスを2015年夏の移籍市場の終盤に獲得したことを思い起こさせている。<br><br>元マンチェスター・ユナイテッドのエルナンデスはブンデスリーガでの初シーズンでリーグ戦における自己ベストの17ゴールを記録した。2シーズン目にあたる昨シーズンのリーグ戦では11ゴールをマークするも、負傷の影響もあって安定したプレーを見せることができなかった。レバークーゼン側はオファー次第で今夏の移籍を容認する構えを取るようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.07.18 23:59 Tue
twitterfacebook
thumb

レバークーゼン、ドルトムントからMFスベン・ベンダーを獲得 双子の兄ラースと共演へ

▽レバークーゼンは13日、ドルトムントからドイツ代表MFスベン・ベンダー(28)を獲得したことを発表した。契約期間は2021年6月30日までの4年契約となる。 ▽2009年夏にドルトムントに加入したS・ベンダーは、広い視野と豊富な運動量で、ディフェンシブMFの位置でレギュラーの座を掴むと、在籍した9年間で公式戦224試合に出場。2010-11、2011-12シーズンにはブンデスリーガ連覇に大きく貢献し、通算で6つのトロフィーを獲得した。この度、兄ラース・ベンダーが在籍しているレバークーゼンに加入したS・ベンダーは、その喜びを以下のように語っている。 「ドルトムントでの素晴らしい8年間を経て、レバークーゼンからのオファーは非常に魅力的だった。レバークーゼンとは何度も試合をしてきたから、このクラブの強さは知っている。そして、ラース(・ベンダー)がここでどれだけ快適にプレーしているかも知っている」 「レバークーゼンは僕に対して非常に熱心だったし、ここで野心的な目標を達成したいという気持ちにさせてくれた。ここに来られたことは本当に素晴らしいよ!」 2017.07.13 22:01 Thu
twitterfacebook
thumb

レバークーゼンのクロアチア代表DFイェドバイが右脛骨の亀裂骨折で開幕アウト

▽レバークーゼンは6日、クロアチア代表DFティン・イェドバイが負傷により離脱することを発表した。新シーズン開幕も間に合わない見込みだ。 ▽クラブの発表によると、イェドバイは6日のトレーニング中に接触プレーで負傷。右脛骨を亀裂骨折しているとのことで、手術などは行わずに保存療法を取るとのことだ。なお、離脱期間は10週間とされており、新シーズンの開幕戦で起用は難しいとのこと。 ▽2015年1月にローマから加入したイェドバイは、これまでレバークーゼンで公式戦70試合に出場し3ゴールを記録。2016-17シーズンは、ブンデスリーガで18試合に出場し1ゴール、チャンピオンズリーグで4試合に出場していた。 2017.07.07 12:40 Fri
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース