神戸MF高橋秀人に第2子が誕生「日々の練習と育児に全力で努めていきます」2017.05.17 17:56 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ヴィッセル神戸は17日、MF高橋秀人に第2子となる男の子が誕生したことを発表した。

▽クラブの発表によると、高橋の二男は4月18日に東京都杉並区の病院で誕生。体重は3,718グラムとのことだ。高橋はクラブを通じてコメントしている。

「無事に第二子が産まれたことを報告させていただきます。立ち会うことができ、言葉にはできない貴重な体験をさせていただきました。二児の父親としてより一層の責任感を持ち、日々の練習と育児に全力で努めていきます。これからもご声援よろしくお願いします」

▽FC東京から今シーズン神戸に加入した高橋は、明治安田生命J1リーグで6試合に出場し1得点を記録している。

コメント

関連ニュース

thumb

ポルディ2発の神戸が今季初の連勝! シャビエル復帰実らずの名古屋6連敗《J1》

▽21日にノエビアスタジアム神戸で行われた明治安田生命J1リーグ第9節のヴィッセル神戸vs名古屋グランパスは、ホームの神戸が3-0で勝利した。 ▽神戸は、出場停止明けのルーカス・ポドルスキが先発入り。対する名古屋は、ガブリエル・シャビエルが第5節以来の先発復帰を果たした。 ▽試合は12分、神戸が先制。ボックス中央で藤田のパスを受けたチョン・ウヨンが鋭い反転から左足を振り抜き、神戸が先手を取った。 ▽続く16分にも神戸にチャンス。だが、ゴール前の混戦から大槻が放った左足シュートは相手DFのブロックに遭い、追加点とはならない。 ▽追う名古屋は、ガブリエル・シャビエルを中心に反撃を試みるが、局面でルーカス・ポドルスキの決死のクリアに遭うなど、ゴールが遠い。 ▽44分には神戸が追加点のチャンス。バイタルエリア中央から三田が右足のミドルシュート。だが、これはGKランゲラックの好セーブに阻まれた。 ▽1点リードの神戸は51分、大槻のポストワークにルーカス・ポドルスキが反応。右足のコントロールショットをゴール右に沈め、名古屋を突き放した。 ▽追い込まれた名古屋は、引き続きガブリエル・シャビエルを中心に攻め込むが、神戸も効率よくシュートチャンスをつくり出して応戦する。 ▽その中、79分には途中出場の押谷が長谷川アーリアジャスールのパスから右足ダイレクトでゴールに迫るが、精度を欠いて枠に飛ばせない。 ▽すると、神戸は81分にカウンター。途中出場のウェリントンのパスからルーカス・ポドルスキがトドメのゴールを決め、勝敗の行方を決した。 ▽ルーカス・ポドルスキの2発により、快勝の神戸が今シーズン初のリーグ2連勝。敗れた名古屋は6連敗となり、7試合で白星から遠ざかっている。 2018.04.21 17:57 Sat
twitterfacebook
thumb

プロ初ゴールの郷家が土壇場決勝弾…神戸が首位に! 鳥栖vs湘南はゴールレス《YBCルヴァンカップ》

▽2018 Jリーグ YBCルヴァンカップのグループD第4節の2試合が18日に行われた。 ▽トランスコスモススタジアム長崎で行われたV・ファーレン長崎(2勝1分け/1位)vsヴィッセル神戸(2勝1分け/2位)は、アウェイの神戸が2-1で勝利した。 ▽勝ち点で並ぶ両者の一戦は、22分に動く。ボックス右外で相手からボールを取り返した名倉がドリブルで侵攻。ゴール前のファンマが名倉のパスを流し込み、長崎が先制した。 ▽だが、1点を追う神戸は67分、右サイドから那須がクロスを供給すると、これれにウェリントンが反応。ウェリントンの高い打点のヘディングシュートがゴール左に決まり、神戸が同点に追いつく。 ▽その後、長くこう着状態が続くが、後半アディショナルタイム5分に左サイドの敵陣中央で神戸にFKのチャンス。安井のクロスに中央の郷家が頭で合わせ、ゴールネットを揺らして勝ち越した。 ▽結局、高卒ルーキーのプロ初ゴールが決勝点となり、長崎との頂上決戦を制した神戸がグループ首位に浮上した。 ▽そして、グループDのもう1試合、ベストアメニティスタジアムで行われたサガン鳥栖(3敗/4位)vs湘南ベルマーレ(1勝2敗/3位)は、0-0で引き分けた。 ▽互いに先の明治安田生命J1リーグから大幅に先発メンバーを入れ替えた一戦は、拮抗した展開となる。その中で互いにスタイルを生かしてゴールに迫るシーンをつくり出すが、なかなかチャンスを生かせない。 ▽先制したい鳥栖は、後半の頭から攻勢を強めたいところだったが、対する湘南も運動量を生かしたらしい戦いで応戦。サイドのスペースを生かした攻撃を仕掛け合うが、局面の打開には至らず、こう着状態が続く。 ▽74分には鳥栖にチャンス。敵陣左サイドで得たFKから藤田がシュートに持ち込むが、惜しくもゴール右外に外れてしまう。続く82分にも敵陣左サイドで得たFKからゴール前の混戦を生むが、これも生かし切れない。 ▽すると、87分には湘南が猛攻が仕掛け、右サイドを攻略した流れから途中出場の野田が押し込んだものの、オフサイドの判定でノーゴール。89分には大野が決定機を迎えるが、ヘディングシュートはわずか枠の上に外れた。 ▽その後も湘南が主導権を握る展開に持ち込んだ一方で、鳥栖もカウンターで反撃。だが、互いに決定打を欠き、勝ち点1ずつを分け合う結果に終わっている。 V・ファーレン長崎 1-2 ヴィッセル神戸 【長崎】 ファンマ(前22) 【神戸】 ウェリントン(後22) 郷家友太(後45+5) サガン鳥栖 0-0 湘南ベルマーレ 2018.04.18 21:56 Wed
twitterfacebook
thumb

神戸、DF東隼也とプロA契約…今季は福島に育成型期限付き移籍

▽ヴィッセル神戸は17日、福島ユナイテッドFCに育成型期限付き移籍中のDF東隼也(20)とのプロA契約締結を発表した。 ▽東は、7日に行われた明治安田生命J3リーグ第6節のY.S.C.C.横浜戦でプロA契約に必要な出場時間を満たした。 ▽東は神戸の公式サイトで「ここから新たなスタートなのでひと回りもふた回りも大きくなった姿を見せられるように、より一層頑張りたいと思います」とコメントしている。 ▽兵庫県出身の東は、2016年に神戸の下部組織からトップチームに昇格。今シーズンから福島に活躍の場を求め、ここまでJ3リーグ3試合に出場している。 2018.04.17 10:45 Tue
twitterfacebook
thumb

途中出場・渡邉、古巣相手に逆転弾! 共に日産に帰還した指揮官の期待に応え神戸が横浜FM撃破《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第8節の横浜F・マリノスvsヴィッセル神戸が15日に日産スタジアムで行われ、2-1で神戸が勝利した。 ▽ここまで2勝2分け3敗で15位に位置する横浜FM(勝ち点8)と、2勝2分け3敗で10位につける神戸(勝ち点8)の一戦。前節のサンフレッチェ広島戦を1-3で敗れて4試合ぶりの黒星を喫した横浜FMは、その一戦から先発メンバーを5人を変更。中町とウーゴ・ヴィエイラ、ユン・イルロクらに代えて天野、ダビド・バブンスキー、今シーズン初出場となる伊藤らを起用した。 ▽一方、前節の浦和レッズ戦を2-3で敗れて2試合ぶり黒星を喫した神戸は、その一戦からGKキム・スンギュとチョン・ウヨン、佐々木以外の8人を変更。ティーラトン、三田、田中らを起用した。ルーカス・ポドルスキは出場停止。小林が今シーズン初先発を果たした。また、指揮官の吉田孝行監督は、現役時代に横浜FMでプレーしており、日産スタジアムに初めて敵将として立つ。 ▽連敗を避けたい両者の一戦は、ホームの横浜FMが独特なポジショニングからボールを保持。7分にはボックス左外のオリヴィエ・ブマルがクロスを送り、伊藤が飛び込んだが相手DFに防がれて、GKキム・スンギュに処理された。 ▽メンバーを入れ替えて戦う神戸の隙をうまく突きながらボックス内への侵攻を図る横浜FM。21分には左サイドでボールを持ったオリヴィエ・ブマルがカットインしながら伊藤とのワンツーでボックス左へ持ち込んでシュート。しかし、GKキム・スンギュの好守に阻まれて先制点とはならない。 ▽横浜FMは30分、GK飯倉が絶妙なフィードで敵陣中央左の伊藤につなぐ。ダビド・バブンスキーとのパス交換からボックス手前中央に侵攻し、右足を振り抜いたが、相手DFに当たってわずかにゴール右へと外れた。 ▽直後にもダビド・バブンスキーの右CKをニアサイドの松原が頭で合わせるなど、神戸を脅かし続ける横浜FM。40分、天野がダビド・バブンスキーに預けてボックス左外でリターンをもらい、グラウンダーのクロスを送る。ニアサイドに走り込んだ遠藤が右足アウトサイドで合わせるも、わずかにシュートはゴール左外へ。横浜FMが前半ペースを握り続けたものの、ノーゴールで試合を折り返す。 ▽後半に入っても攻勢を続ける横浜。迎えた58分、ボックス左手前の天野がボックス手前中央にパスを送る。これを受けたオリヴィエ・ブマルが対峙した相手DFの股を抜いて一気にボックス内へ侵攻。飛び出したGKキム・スンギュとの一対一も冷静に制してゴールネットを揺らした。 ▽新加入オリヴィエ・ブマルの移籍後初ゴールで先制した横浜FM。しかし、ここまで思うようにチャンスを作れていなかった神戸があっさりと同点にする。67分、自陣からのロングフィードに抜け出した大槻がボックス左に侵攻。時間を作って中央に折り返すと、三田がニアサイドで合わせてゴールに流し込んだ。 ▽試合を振り出しに戻した神戸はさらに79分、カウンターを発動。右サイドのハーフウェイラインを越えたあたりから大槻がスルーパス。ボックス右に抜け出した途中出場の渡邉が右足を振り抜くと、スライディングを試みた中澤の足に当たってボールはGK飯倉の頭上を越えてゴールネットを揺らした。 ▽神戸は終了間際にも追加点のチャンスを迎えたが決めきれず。しかし、渡邉のゴールを守り切り、2試合ぶり白星を飾った。 2018.04.15 16:01 Sun
twitterfacebook
thumb

【Jリーグ出場停止情報】神戸FWポドルスキ、仙台DF大岩が次節出場停止

▽Jリーグは12日、明治安田生命J1リーグ第8節の出場停止選手を発表した。 ▽今回出場停止となるのは、ヴィッセル神戸のFWルーカス・ポドルスキとベガルタ仙台のDF大岩一貴の2名となっている。 ▽ポドルスキは、11日に行われた第7節の浦和レッズ戦で75分に今季4枚目のイエローカードを受け、累積警告のため1試合の出場停止。 ▽大岩は、同日に行われた第7節の名古屋グランパス戦で相手選手のシュートを腕でブロックし、得点機会を阻止したプレーが著しい反則行為に相当すると判断された。 <span style="font-weight:700;">【明治安田生命J1リーグ】</span> <span style="font-weight:700;"> DF大岩一貴</span>(ベガルタ仙台) 明治安田生命J1リーグ第8節 vs川崎フロンターレ(4/14) 今回の停止:1試合停止 <span style="font-weight:700;">FWルーカス・ポドルスキ</span>(ヴィッセル神戸) 明治安田生命J1リーグ第8節 vs横浜F・マリノス(4/15) 今回の停止: 警告の累積による1試合停止 2018.04.12 19:40 Thu
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース