ユーベが中盤の補強にバルサMFラフィーニャを狙う? 約31億円超のオファーを準備とも2017.05.17 14:50 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ユベントスが今夏の移籍市場でバルセロナのブラジル代表MFラフィーニャ(24)の獲得に動くようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じた。

▽バルセロナ下部組織出身のラフィーニャは、ここまでバルセロナで公式戦84試合に出場し19ゴール8アシストを記録。今シーズンはケガの影響もあり、リーガエスパニョーラで18試合の出場も6ゴールを記録していた。

▽ラフィーニャはバルセロナと2020年6月30日まで契約を残しているが、ユベントスは獲得に向けて2500万ユーロ(約31億2300万円)のオファーを準備するとのことだ。

▽現在ユベントスの中盤では、ドイツ代表MFサミ・ケディラ、イタリア代表MFクラウディオ・マルキジオが負傷続きとなっており、若返りも含めてラフィーニャの獲得を検討しているとのこと。しかし、ラフィーニャも現在は半月板の負傷で離脱しており、ケガ人問題は解決できない可能性もある。果たして、この移籍は実現するのだろうか。

コメント

関連ニュース

thumb

ジダン頭突き事件のマテラッツィ氏、CL退場のブッフォンに理解「彼も血の通った人間」

元イタリア代表のマルコ・マテラッツィ氏は、チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝レアル・マドリー戦で主審に抗議したユベントスのGKジャンルイジ・ブッフォンについて自身の見解を示した。イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が19日、伝えている。<br><br>ユベントスは11日、CL準々決勝でレアル・マドリーとのセカンドレグに挑んだが、ファーストレグでの3点のビハインドから奇跡は起こせず、2試合合計3-4でベスト8敗退が決定した。キャリアで最後となるはずのCLを戦っていたブッフォンは、勝負を分けた後半アディショナルタイムのPKの判定に抗議して退場。試合終了後も主審マイケル・オリヴァー氏について、「スタンドでポテトチップでも食べているべき」「心があるべき場所にゴミ箱がある」などと歯に衣着せぬ発言で非難していた。<br><br>■大きな目標を逃がしたブッフォンに理解 ブッフォンとともにイタリア代表で戦い、2006年ドイツ・ワールドカップを制したマテラッツィ氏は、当時の決勝の舞台において、現役最後の試合に臨んでいたジネディーヌ・ジダンを挑発して頭突きを誘い、退場に追い込んだ当事者としても知られる。現役最後かもしれないCLにおいて、同じく退場という形でピッチを去ったユベントス主将を元インテルDFは支持した。<br><br>「ユニフォームの下には、鼓動を打ち、血が通った1人の人間がいるんだ。私はジジの行動をリスペクトする。ああいう状況では、大事な目標が遠ざかってしまったかのように感じる。起こりうることだ。しばらく経ってから、彼が同じことを言うかどうか聞いてみたい。私も過ちは何度も犯したことがある。大切なのは、彼を理解してあげることだと思う。もしかしたらいつか、彼が謝る日がくるかもしれない。皆、人間なんだ」<br><br>最後には、人望あるブッフォンと自身を比較し、「もしあれが自分だったとしたら、どれほどの人がジジを擁護したように私を支持してくれたか見てみたいよ」と皮肉で締めくくっている。<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.20 15:20 Fri
twitterfacebook
thumb

UEFA会長がマドリー対ユベントスの疑惑のPKに言及...「VARがあっても判定は変わらなかった」

UEFAのアレクサンデル・チェフリン会長が、先の試合で結果に大きな影響を及ぼしたジャッジに言及した。<br><br>チャンピオンズリーグ準々決勝第2戦レアル・マドリー対ユベントスの一戦で、マドリーは終了間際にMFルーカス・バスケスが相手DFメディ・ベナティアに倒されてPKを獲得。これをFWクリスティアーノ・ロナウドが沈め、2試合合計スコア4-3でラウンド突破を決めた。<br><br>だが試合後、あのPKについては議論が巻き起こっている。チェフリン会長はイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』で自身の見解を示した。<br><br>「VARがあっても判定は変わらなかった。あのプレーを、20回くらい見た人もいるだろう。私は50回くらい見直したよ。あれはPKだったと主張する人が半分、もう半分はPKではなかったと考えているだろう」<br><br>ジャッジを激しく批判したユベントスGKジャンルイジ・ブッフォンのコメントについては、次のように話している。<br><br>「ブッフォンの発言は正しくなかった。あれは言うべきではなった。だが、あの試合でプレーした選手のフラストレーションは分かる。93分に失点した際の失望感は理解できるものだ」<br><br>審判団の選定に関しては、一貫した姿勢を示している。<br><br>「監督が選手を決めるようなものだ。勝利するためにベストメンバーを送り出す。しかし、実際には逆の現象が起きたりする。その時、責任は誰にあるのか。彼らはUEFAに多大な貢献をしてきた」<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.20 00:20 Fri
twitterfacebook
thumb

イタリアの2クラブがアトレティコDFヴルサリコを狙う

▽アトレティコ・マドリーのクロアチア代表DFシメ・ヴルサリコ(26)に、イタリアの2クラブが興味を示しているようだ。イタリア『Radio CRC』で代理人が語った。 ▽ヴルサリコに興味を示しているのは、現在スクデットを争っているユベントスとナポリとのこと。新シーズンに向けた補強の1人として考えているようだ。 ▽代理人のジュゼッペ・リソ氏は、「右サイドバックは世界で最も求められているポジションだ」と指摘。両クラブの希望は理解しているものの、他クラブからのオファー、そしてアトレティコの方針についても語った。 「ナポリとユベントスは右サイドバックを探している。それは、ヨーロッパのいたるところで起こっていることであり、彼が1月に移籍することはなかった」 「シメは、イタリアが大好きだ。ただ、プレミアリーグは誰にとっても魅力的である」 「アトレティコが彼を売却するかどうかはわからない。彼の代わりを見つける必要が出てくるが、それは簡単ではないね」 ▽今シーズンのヴルサリコは、リーガエスパニョーラで17試合に出場。1月にはナポリ遺跡の可能性も報じられていたが、アトレティコに残留していた。 ▽ヴルサリコは2013年7月にディナモ・ザグレブからジェノアへ移籍。2014年7月から2016年7月まではサッスオーロでプレー。セリエAでのプレー経験もあることが、両クラブの興味を引くところのポイントでもあるだろう。 2018.04.19 15:47 Thu
twitterfacebook
thumb

バイシクル弾を浴びて格下にドローのユーベ、4ポイント差でナポリとの直接対決へ《セリエA》

▽ユベントスは18日、セリエA第33節でクロトーネとのアウェイ戦に臨み、1-1で引き分けた。 ▽3日前に行われた前節サンプドリア戦を途中出場のドグラス・コスタの3アシストで快勝した首位ユベントス(勝ち点84)は、2位ナポリとのポイント差を「6」に広げた。そのサンプドリア戦のスタメンから大幅に8選手を変更。4日後にナポリとの大一番を控える中、ピャニッチやケディラが欠場し、GKブッフォンやキエッリーニがベンチスタートとなって、ディバラ、マテュイディ、ルガーニのみ引き続きスタメンとなった。そして、温存されていたイグアインやベナティア、アレックス・サンドロら主力が先発となった。 ▽降格圏に位置する18位クロトーネ(勝ち点27)に対し、フラットな[4-4-2]で臨んだユベントスは、右サイドにドグラス・コスタ、左サイドにストゥラーロを配した。 ▽しかし、攻め手がなく打開できない状況が続くと、ドグラス・コスタとストゥラーロのポジションを入れ変えて変化を付けにかかる。すると16分、ブラジリアンコンビで先制する。左サイドからのドグラス・コスタの鋭いクロスに、ニアサイドのアレックス・サンドロがヘディングで合わせたシュートがゴールに吸い込まれた。 ▽先制したユベントスは32分にイグアインが枠内シュートを浴びせるも、単発な攻撃が続く。 ▽すると、最前線のシミーにボールを集めるクロトーネに前半終盤の44分、そのシミーに枠内シュートを浴びせられるがGKシュチェスニーがセーブし、ユベントスが1点をリードして後半へ折り返した。 ▽迎えた後半、57分に誤審からボックス内での間接FKを取られてピンチを迎えたユベントスは、マルキジオに代えてベンタンクールを投入し、中盤の強度を維持しにかかった。だが65分、シミーに豪快なバイシクルシュートを叩き込まれ、試合を振り出しに戻されてしまう。 ▽ピリっとしない試合運びのユベントスはストゥラーロに代えてクアドラードを投入。すると70分、マテュイディのミドルシュートが枠を捉えたが、GKコルダスの好守に阻まれた。さらに72分、イグアインのゴール至近距離からのボレーシュートもGKコルダスのファインセーブに阻まれてしまう。 ▽終盤、ディバラに代えて負傷明けのベルナルデスキを投入したユベントスだったが、結局勝ち越しゴールを奪えずに1-1でタイムアップ。次節ナポリとの大一番を前に再び4ポイント差に縮められて決戦を迎えることとなった。 2018.04.19 05:57 Thu
twitterfacebook
thumb

ユベントス、“クアドラード手法”でモラタ再獲得へ?

▽ユベントスがマンチェスター・ユナイテッドに所属するアントニー・マルシャルと共に、チェルシーでプレーするスペイン代表FWアルバロ・モラタ(25)の連れ戻しを画策しているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が『トゥットスポルト』の情報をもとに報じた。 ▽2014年夏から2016年夏までユベントスでプレーしたモラタは、昨夏にレアル・マドリーから8000万ユーロ(現在のレートで約106億1000万円)でチェルシー入り。今シーズンのここまで公式戦42試合14ゴール6アシストを記録しているが、一時状態を落とすなど、安定感を欠いたプレーが続いている。 ▽そうした中、ユベントスはかつてチェルシーからローン加入の末に完全移籍を果たしたコロンビア代表MFフアン・クアドラードと同様の手法で元スコアラーの再獲得を検討。チェルシーが獲得時に投じた額を用意できない代わりに、買取オプションが付加した2年間のローン移籍で説得を試みるという。 2018.04.18 11:30 Wed
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース