磐田のDF藤田義明、MF太田吉彰が負傷2017.05.17 13:43 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽ジュビロ磐田は17日、DF藤田義明、MF太田吉彰の負傷を発表した。

▽藤田は12日に行われたU-20日本代表との練習試合で受傷。浜松市内の病院にて検査を行った結果、右ヒザ外側側副靭帯損傷と診断された。トレーニング合流までは6週間程度かかるとのことだ。

▽太田は14日に行われた明治安田生命J1リーグ第11節の川崎フロンターレ戦(2-0で川崎Fが勝利)で71分から途中出場。しかし、73分にクリアした場面でヒザを痛め、77分に中村太と負傷交代した。左ヒザ内側側副靭帯損傷と診断され、トレーニング合流までは4週間から6週間程度かかるとのことだ。

▽藤田は今季、J1リーグでここまで2試合に出場。YBCルヴァンカップでは5試合1得点を記録している。太田はJ1リーグで7試合に出場。YBCルヴァンカップでは3試合に出場している。

コメント

関連ニュース

thumb

【J1クラブ中間評価】堅守と新システム浸透で連勝街道《ジュビロ磐田》

▽2017シーズンの明治安田生命J1リーグは早くも折り返し地点に。DAZNマネーで増加した分配金などを巡る争いも背景に存在していることから、優勝争いのみならず、例年以上に戦いが激化している。超ワールドサッカー編集部は、このタイミングでJ1全18クラブを中間評価。今回はジュビロ磐田編をお届けする。 <span style="font-weight:700;">◆不安定な序盤戦も上位との連戦連勝が確信に</span> <span style="font-weight:700;">勝ち点28 / 8勝4分5敗</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/jubilo_senseki.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽昨シーズンを13位で終え、名波浩監督就任3シーズン目を迎えた磐田。J1復帰2年目の今シーズンは、昨年リーグワースト5の失点数を喫した守備陣が健闘を見せた。前半戦での失点数はリーグ最少失点の「15」。DF大井健太郎とDF森下俊らの既存メンバーの安定やDF高橋祥平、MFムサエフといった新加入選手の早期フィットで強固なディフェンスを形成した。 ▽また、攻撃面においても、シーズンを通じて徐々にモデルチェンジ。FWジェイという得点源を失った攻撃を今シーズンから新たにMF中村俊輔、FW川又堅碁がリードし、チームで得点を目指すスタイルが確立された。さらに、チームは名波浩監督がシーズン途中で下した3バック導入後、第14節のガンバ大阪戦から浦和レッズ、FC東京、アルビレックス新潟を連破。11年ぶりの4連勝を飾り、シーズン目標の「一桁順位」フィニッシュへ上々の形で後半戦を迎える。 <span style="font-weight:700;">◆ポジション別採点</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/201707iwata_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>【GK&DF】90/100点満点 ▽昨シーズン、守護神GKカミンスキーに助けられていた守備陣が成長。ディフェンスリーダーの大井とカバーリングに長けた森下、攻撃的な高橋が序盤から好連携を見せ、安定した守備組織を形成した。3バックへの変更にもすんなりと対応。高いライン設定でコンパクトなディフェンスを保ち続け、7度のクリーンシートで攻撃陣を援護した。 【MF】60/100点満点 ▽ムサエフとMF川辺駿が攻守に躍動し、名波浩監督が掲げたスタイル「高い位置で奪って、10秒、15秒でフィニッシュ」の旗手に。また、アダイウトンと川又を生かしたカウンターが脅威となる中、中村俊のゲームコントロールとセットプレーが攻撃の幅を増加させた。一方で、システムの変更により一列上げたDF櫻内渚とMF宮崎智彦が高い位置からのプレスに一役買うも、攻撃面では力強さに欠けた印象だ。不安定な得点力改善へ攻撃に厚みを加えたいところだ。 【FW】70/100点満点 ▽新加入の川又が7ゴールを記録。チャンスの場面以外でもポストプレーヤーやファーストディフェンスとして献身性を発揮し、チームに大きく貢献した。しかし、FW小川航基がU-20W杯で負傷し、控えにFW齊藤和樹一枚しか居ないことは大きな不安材料。後半戦に向けては、特別指定選手として加入した筑波大のFW中野誠也を加えた競争で、川又を支えていくことが必要だ。 <span style="font-weight:700;">◆超WS的前半戦チーム内GOODプレーヤー</span> DF大井健太郎(33歳/No.3)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/201707iwata_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) J.LEAGUE PHOTOS<hr></div> 明治安田生命J1リーグ:17試合(先発17回)/2ゴール ▽ここまで全試合でフル出場しているベテランDFを選出。併用された4バックと3バックの両システムで巧みにディフェンスラインを統率し、体を張った守備で相手攻撃陣を封鎖した。また、181cmと特別高くはないものの、セットプレーでは脅威となり、前半戦で2ゴールを記録。ゲームキャプテンとしてチームの躍進を支えている。 <span style="font-weight:700;">◆超WS的前半戦チーム内BADプレーヤー</span> MF太田吉彰(34歳/No.9) 明治安田生命J1リーグ:7試合(先発6回)/0ゴール ▽開幕戦からサイドハーフで出場し、豊富な運動量を見せた一方で、クロスの精度や判断力を欠き、相手の嫌がる存在になりきれなかった。第7節からは出場機会が与えられず、挽回のチャンスが訪れた第11節の川崎フロンターレ戦で相手のシュートを防いだ際に負傷するという苦しい前半戦を過ごした。ウイングバックもこなせるだけに、後半戦は攻撃面で違いを見せつけ、チームの得点増加に貢献したい。 <span style="font-weight:700;">◆控え選手の台頭で苦手の夏場払拭へ</span> ▽前半戦終盤の上位クラブとの連戦で連勝し、チームの自信が確信に変わりつつある磐田。7位で折り返すことができ、上位争いにも加わることも可能な位置につけている。ここからさらに上を目指すためには、苦手な夏場を乗り越える必要がある。昨シーズン、磐田は1stステージを8位で折り返したものの、夏場から急失速。2ndステージではわずか2勝しかできず、残留争いに巻き込まれた。 ▽その失敗を繰り返さないためにも、控え選手の台頭が望まれる。3バックシステムの浸透で、上位クラブとも互角以上に渡り合える力をつけてきているものの、選手層は薄く、各ポジションで主力メンバーの代わりを務められる選手が少ない。センターバックでは誰かがケガをすれば、4バックシステムに戻さざるを得ない可能性もある。また、FW陣も川又を交代させるだけの選手がいない。競争を強める中で、チーム全体のクオリティを上げていきたいところだ。 2017.07.21 20:00 Fri
twitterfacebook
thumb

MF針谷岳晃、共に出場したFW中坂勇哉について「鹿島のFW安部裕葵に少し似ている」《AFC U-23選手権》

▽内山篤監督率いるU-20日本代表は14日、千葉県内で今月19日~23日にかけてカンボジアで行われるAFC U-23選手権予選に向けて、ユニバーシアード日本代表と練習試合を行った。 ▽練習試合終了後、MF針谷岳晃(ジュビロ磐田)がメディア陣のインタビューに応対し、試合を振り返った。まだ、共に出場したFW中坂勇哉(ヴィッセル神戸)について、トゥーロン国際大会でチームメイトだったFW安部裕葵(鹿島アントラーズ)と似ていると、やりやすさを感じた様子だ。 <span style="font-weight:700;">◆MF針谷岳晃</span>(ジュビロ磐田) <span style="font-weight:700;">──U-20W杯のメンバーを外れてどのように受け止めたか</span> 「悔しかったですけど、それが自分の実力です」 <span style="font-weight:700;">──今日は自身が出場して流れも良くなったように見えたが</span> 「今日の相手は経験があるので、それに刺激を受けながらやっていました」 <span style="font-weight:700;">──FW中坂勇哉(ヴィッセル神戸)は使いがいがあるか</span> 「そうですね。落ちてきてくれるのでやりやすいです。トゥーロン国際大会でいた鹿島アントラーズのFW安部裕葵に少し似ている部分があって使いやすかったです」 <span style="font-weight:700;">──トレーニングは相当暑そうだが</span> 「いやでも静岡に比べたらまだいいかなと思います(笑)」 <span style="font-weight:700;">──予選に向けてはワクワクしているか</span> 「そうですね。ただ、アジアは怖いので…ケガをしないようにやっていきたいです」 2017.07.14 22:35 Fri
twitterfacebook
thumb

筑波大FW中野誠也が特別指定選手として磐田に加入

▽日本サッカー協会(JFA)は13日、筑波大学サッカー部のFW中野誠也(21)を、6月19日付けで2017年JFA・Jリーグ特別指定選手として承認したことを発表した。受け入れ先のジュビロ磐田では、背番号「37」を着用する。 ▽中野は、磐田のユースから筑波大学へと進学。現在、天皇杯で旋風を巻き起こしている筑波大学では、FWとしてレギュラーで活躍。前日に行われた天皇杯・3回戦アビスパ福岡戦では、今大会通算5点目となる2得点を記録し、勝利に導いている。 ▽JFA・Jリーグ特別指定選手とは、「サッカー選手として最も成長する年代に、種別や連盟の垣根を超え、「個人の能力に応じた環境」を提供すること」を目的とし、全日本大学サッカー連盟、全国高等学校体育連盟、またはJクラブ以外の日本クラブユースサッカー連盟の加盟チームに登録(第2種)したまま、Jリーグ等の試合に出場可能とする制度となっている。 2017.07.13 16:51 Thu
twitterfacebook
thumb

川又のゴールで磐田が5連勝! 甲府は9試合未勝利《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第18節、ジュビロ磐田vsヴァンフォーレ甲府が8日に行われ、1-0で磐田が勝利を収めた。 ▽リーグ戦も後半戦に突入した今節。4連勝で順位を上げてきた7位の磐田(勝ち点28)は、好調のチームをいじらず、前節と同じメンバーで試合に臨んだ。対する14位の甲府(勝ち点16)は、ここ8試合未勝利と、残留に向けて安心できない状況。こちらは前節から兵働を代えて小椋を先発に起用した。 ▽試合立ち上がりは磐田のペースで進んだ。6分、磐田が左CKを獲得すると、キッカーは中村俊。このクロスに大井が頭で合わせるが、クロスバーの上へ。直後の14分、主導権を握った磐田が先制に成功する。中村俊の縦パスから、川辺がダイレクトで前のスペースに出すと、そこへ川又が走り込む。そのままドリブルでボックス左に侵入した川又は、GKの股を抜く見事なシュートで、ネットを揺らした。 ▽その後も磐田が攻勢を続ける。22分、中村俊がボックス外から左足で狙うが、枠を捉えられず。対する甲府は、ゴール前まで運ぶことはできるものの、最後のところで精彩を欠き、なかなかシュートに持ち込めない。それでも前半終了間際の45分、阿部の右CKから、ウイルソンが右足で合わせるが、惜しくもクロスバーの上へ。少ない決定機を生かすことができなかった。 ▽迎えた後半開始直後の47分に甲府がチャンスを作る。左サイドからのクロスに、最後はドゥドゥがこぼれ球を右足で狙うが、相手に当たって枠を外れた。その後はしばらく甲府がボールを持つ展開が続いたが、磐田は64分にFKの流れから、宮崎がボックス手前から強烈なシュートを放つが、惜しくも枠の外へ。 ▽追いつきたい甲府は、立て続けに選手を投入し、チームの活性化を図る。しかし守りを固める磐田を脅かすことはできない。その後は磐田が交代枠を使いながら、無理に攻めることはせずうまく時間を使う。 ▽そして、試合はこのまま終了。川又のゴールを守り切った磐田が5連勝を飾った。一方の甲府はこれで9試合勝利なし。なかなか降格圏付近から離れられない厳しい戦いが続いている。 2017.07.08 22:10 Sat
twitterfacebook
thumb

櫻内のスーパーゴールで磐田が4連勝! 新潟は泥沼のリーグ5連敗《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第17節のアルビレックス新潟vsジュビロ磐田が1日にデンカビッグスワンスタジアムで行われ、0-2で磐田が勝利した。 ▽ここまで2勝2分け12敗で最下位に低迷する新潟と、7勝4分け5敗で7位に位置する磐田が相まみえた。4連敗中の新潟は、0-2で敗れた前節の鹿島アントラーズ戦から富澤に変えて西村を起用する1点を変更。一方、3連勝中の磐田は、2-0で勝利した前節のFC東京戦と同様のメンバーで臨んだ。 ▽序盤は一進一退の攻防となる。新潟は14分にチャンス。チアゴ・ガリャルドの縦パスからオーバーラップした矢野が右サイド深くからクロスを入れる。マイナスに入ったボールを正面のホニがオーバーヘッドキックで合わせたが、シュートはGKカミンスキーの正面を突いた。 ▽ハーフタイムにかけては、磐田が反撃に出る。25分には、相手のクリアを拾った櫻内がミドルシュート。鋭い弾道のボールがゴール左を捉えるが、これは新潟GK守田にセーブされる。 ▽それでも、磐田は40分に試合の均衡を破る。ボックス右で中村俊からパスを受けた川辺が縦に仕掛けてシュートを放つ。これがゴール前のDF原に当たってコースが変わり、ゴールイン。オウンゴールで磐田がリードを手にした。 ▽迎えた後半、磐田がスーパーゴールで先にスコアを動かす。54分、川辺のパスを起点に左サイドからクロスを入れると、正面でクリアボールに反応した櫻内が浮き球をダイレクトボレー。強烈なドライブシュートがゴール左に突き刺さり、櫻内の見事なゴールで磐田が2-0と差を広げた。 ▽2点のビハインドを背負った新潟。呂比須ワグナー監督は、63分にホニを下げて鈴木、75分にはチアゴ・ガリャルドに代えて成岡を投入する。一方、磐田の名波監督は、ムサエフ、アダイウトンに代えて松本、上田を送り出す。 ▽その後、新潟はリスクを冒して前に出るも、磐田がこれを凌いで逃げ切り。好調の磐田が4連勝を記録した一方、新潟はリーグ戦5連敗となった。 2017.07.01 21:03 Sat
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース