磐田のDF藤田義明、MF太田吉彰が負傷2017.05.17 13:43 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽ジュビロ磐田は17日、DF藤田義明、MF太田吉彰の負傷を発表した。

▽藤田は12日に行われたU-20日本代表との練習試合で受傷。浜松市内の病院にて検査を行った結果、右ヒザ外側側副靭帯損傷と診断された。トレーニング合流までは6週間程度かかるとのことだ。

▽太田は14日に行われた明治安田生命J1リーグ第11節の川崎フロンターレ戦(2-0で川崎Fが勝利)で71分から途中出場。しかし、73分にクリアした場面でヒザを痛め、77分に中村太と負傷交代した。左ヒザ内側側副靭帯損傷と診断され、トレーニング合流までは4週間から6週間程度かかるとのことだ。

▽藤田は今季、J1リーグでここまで2試合に出場。YBCルヴァンカップでは5試合1得点を記録している。太田はJ1リーグで7試合に出場。YBCルヴァンカップでは3試合に出場している。

コメント

関連ニュース

thumb

柏がACL権獲得へ貴重な白星! OGで磐田を退ける《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第32節の柏レイソルvsジュビロ磐田が18日に日立柏サッカー場で行われ、1-0で柏が勝利した。 ▽ACL出場権獲得を狙う4位の柏(勝ち点55)と6位の磐田(勝ち点54)が激突した。ホームの柏は、2-2で引き分けた前節の川崎フロンターレ戦から中谷、栗澤、ディエゴ・オリヴェイラに代えて鎌田、大谷、中川を起用。対する磐田は、2-1で勝利した前節の横浜F・マリノス戦から宮崎に代えて高橋を起用する1点を変更した。 ▽試合は立ち上がりからボール保持率を高めてパスをつないでいく柏が押し気味に進める。すると、柏は29分に試合の均衡を破る。脱ぐサイドで仕掛けた伊東がゴール前に鋭いクロスを供給。これをファーサイドでクリアしようとした磐田DF櫻内のオウンゴールを誘い、柏が先行する。 ▽ハーフタイムにかけては磐田が盛り返す。対する柏はクリスティアーノを生かしながらカウンターで対応。44分には縦パスからボックス右角付近のクリスティアーノが素早く右足を振る。しかし、強烈なシュートはわずかに枠をはずれた。 ▽迎えた後半も白熱の攻防が繰り広げられる。ハーフタイム明けに櫻内を下げて上原を投入した磐田の名波監督は、59分には川辺に代えて松浦を送り出す。 ▽柏は66分、キム・ボギョンのCKに正面のクリスティアーノが頭で合わせる。これがネットインするも、ファウルの判定があったとしてゴールは認められない。逆に磐田は76分、単騎で仕掛けてボックス左に抜けたアダイウトンがシュートに持ち込むも、うまく前に出てきたGK中村の好ブロックに遭う。 ▽その後、柏はリードを保ったまま試合終了。上位対決を制し、ACL出場権獲得に近づいている。 2017.11.18 16:06 Sat
twitterfacebook
thumb

磐田、DF大南拓磨が肉離れで全治3週間

▽ジュビロ磐田は7日、DF大南拓磨が左腓腹筋外側頭肉離れで全治3週間と診断されたことを発表した。 ▽大南は、10月30日に行われた藤枝MYFCとの練習試合で負傷していた。 ▽大南は今季のJ1リーグの出場はないものの、ルヴァンカップと天皇杯で合計5試合に出場していた。 2017.11.07 20:09 Tue
twitterfacebook
thumb

磐田の“鉄壁”DF大井健太郎、J1通算250試合出場達成

▽ジュビロ磐田に所属するDF大井健太郎(33)がJ1通算250試合出場を達成した。プロキャリア15シーズン目での達成となる。 ▽大井は、29日にホームで行われた明治安田生命J1リーグ第31節の横浜F・マリノス戦(2-1で磐田が勝利)に先発。フル出場し、チームの勝利に貢献した。 ▽静岡県出身の大井は、2003年に藤枝東高校から磐田に入団。その後、湘南ベルマーレ、アルビレックス新潟を経て、2016年に磐田復帰を果たした。 ▽その大井は、今シーズンからゲームチャプテンに就任。ここまでキャリアハイの5ゴールをマークするなど、J1リーグ29試合に出場している。 2017.10.30 08:05 Mon
twitterfacebook
thumb

磐田が川又の2発で横浜FMを撃破《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第31節のジュビロ磐田vs横浜F・マリノスが29日にエコパスタジアムで行われ、2-1で磐田が勝利した。 ▽ここまで14勝9分け7敗で6位の磐田(勝ち点51)と同16勝7分け7敗で3位につける横浜FM(勝ち点55)が相まみえた。ホームの磐田は、2-2で引き分けた前節のアルビレックス新潟戦から出場停止の高橋に代えて小川を起用する1点を変更。対する横浜FMも、3-2で勝利した前節の鹿島アントラーズ戦からマルティノスの代わりに遠藤を起用する1カ所を変更している。 ▽強い雨が降る中で始まった試合は、立ち上がりに横浜FMが決定機を迎える。3分、ボックス右で仕掛けた天野のクロスに正面でフリーとなった伊藤が合わせる。しかし、このヘディングシュートは枠に飛ばすことができず、ゴール左へ。横浜FMが先制の絶好機を逸する。 ▽前半の半ばにかけては、拮抗した堅い展開で推移する。そんな中、30分に試合の均衡を破ったのは横浜FMだった。伊藤のパスからボックス右で仕掛けた遠藤が森下に倒されてPKを獲得。このPKでキッカーの伊藤が放ったシュートは一度、GKカミンスキーに防がれるも、こぼれ球を自ら詰めて先制点をもたらした。 ▽しかし、磐田もここから反撃。すると、40分に同点に追いついた。ペナルティアーク付近でボールを受けた川又がDFを背負いながらも反転してミドルシュート。DFにディフレクトしたボールがゴール右に決まり、磐田が試合を振り出しに戻した。 ▽迎えた後半、先にゴールへ迫ったのは磐田だった。52分、ペナルティアーク右付近で川又が倒されて得たFKで、キッカーはもちろん中村。十八番の浮かせて巻くボールを蹴ると予想される中、中村はジャンプした壁の下を狙う。これがうまく抜けてゴールに飛んだが、右ポストに弾かれて2点目とはならなかった。 ▽攻勢に出る磐田は63分にもチャンスをつくる。ペナルティアーク付近でアダイウトンが落としたボールに素早く反応した攻撃参加中の大井がボレー。このシュートが枠を捉えるが、GK飯倉の好セーブに遭う。 ▽それでも、65分にはゴールを挙げる。味方からのバックパスをGK飯倉がトラップミス。これをボックス左付近で拾ったアダイウトンが縦に仕掛けて折り返すと、正面の川又が無人のゴールに流し込み、磐田が逆転した。 ▽さらに磐田は67分、左サイドからのFKで意表を突いて直接狙った中村のシュートが左ポストに直撃。一方の横浜FMは77分には天野、遠藤を下げて富樫、イッペイ・シノヅカを入れて同点弾を狙う。 ▽土砂降りの雨になった終盤は比較的オープンな展開で進むも、ゴールは生まれずにそのまま終了。磐田がリーグ6戦負けなしとした一方、横浜FMは4戦ぶりの黒星で逆転優勝が絶望的となっている。 2017.10.29 16:58 Sun
twitterfacebook
thumb

磐田、MF山田大記の負傷発表…左腓腹筋肉離れで全治3〜4週間

▽ジュビロ磐田は28日、MF山田大記の負傷離脱を発表した。 ▽山田は、25日に行われた第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会準々決勝の横浜F・マリノス戦で負傷。浜松市内の医療機関で検査の結果、左腓腹筋肉離れで全治3〜4週間程度と診断された。 ▽28歳の山田は、カールスルーエSCでの海外挑戦を経て、今夏3年ぶりに古巣の磐田に復帰。ここまで明治安田生命J1リーグ5試合に出場し、第29節の清水エスパルス戦で復帰後初ゴールをマークした。 2017.10.28 18:25 Sat
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース