超ワールドサッカー

バレンシア期待の星・ソレールが2021年まで契約延長…今季はリーガ22試合で3ゴール2017.05.17 12:06 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バレンシアは16日、元U-19スペイン代表MFカルロス・ソレール(20)との契約延長を発表した。新契約は2021年6月30日までとなる。契約解除金は8000万ユーロ(約100億円)に設定されている。

▽ソレールはバレンシアの下部組織出身の生え抜き選手。今年1月にトップチームへと正式に昇格した。今シーズンはリーガエスパニョーラで22試合に出場し3ゴール1アシストを記録していた。

▽バレンシア期待の新星は、昨シーズン2020年まで契約を延長しており、今シーズンの活躍が認められさらに1年の契約延長を掴んだことになる。

コメント

関連ニュース

thumb

バレンシア、マルセリーノが指揮官に就任...選手の「大幅入れ替え」を明言

バレンシアは2017-18シーズンに向け、マルセリーノ・ガルシア・トラル監督の就任を決めた。マルセリーノ監督は就任に際して選手の「大幅な入れ替え」を明かしている。<br><br>バレンシアは今季2度監督交代を行った。開幕当初はパコ・アジェスタラン元監督、12月にはチェーザレ・プランデッリ前監督に指揮を託したが、いずれもチームを上位に導くことはできず。ボロ暫定監督は今季限りで指揮官のポストから降りることが決まっていた。<br><br>そこで、マルセリーノ監督に白羽の矢が立った。今季開幕直前にビジャレアルの監督を電撃退任した指揮官を、バレンシアは射止めている。マルセリーノ監督は就任会見の場で意気込みを示した。<br><br>「挑戦は我々にモチベーションを与えてくれる。私は要求の高い働き者だ。組織、規律、決意、そういったものを好む。選手たちは野心を抱くことを約束しなければいけない」<br><br>「要求、謙虚さ、決意、団結...そういったものをなくして、ポジティブな結果など望むべくもない。バレンシアのユニフォームを守るために、これらの要素は必要不可欠だ」<br><br>またマルセリーノ監督は選手獲得・放出について、独自の見解を示した。<br><br>「変革? 私はその言葉が嫌いだ。選手の入れ替えを行うためには、第一に分析をしなければいけない。それから不足しているポジションを見つけ、解決策を探る。その分析に基づき、ミスを最小限に抑えたい」<br><br>「変化を起こすという考えに異論はないが、魔法の杖があるわけじゃない。選手たちに決意や野心を植え付けるため、帰属意識を持たせる必要がある。働き、競い合い、バレンシアニスモが誇りを持つためにね。厳しい姿勢でメンバーを再構築しなければいけない。強力なチームを作るため、大幅な入れ替えをすることになるだろう」<br><br><br>提供:goal.com 2017.05.26 20:58 Fri
twitterfacebook
thumb

乾所属のエイバル、バルサ戦で躍動した守護神ジョエルをバレンシアから完全移籍で獲得!

▽エイバルは23日、バレンシアからレンタル移籍中のスペイン人GKジョエル・ロドリゲス(28)を完全移籍で獲得したことを発表した。ジョエルはクラブと2019年6月30日までの契約にサインしている。 ▽2015年にセルタからバレンシアに加入したものの、ブラジル代表GKジエゴ・アウベスらの厚い壁を越えられず、同クラブで出場機会がなかったジョエルは、昨シーズンのラージョ移籍に続き、今シーズンはエイバルに1年間のレンタル移籍で加入した。 ▽シーズン序盤戦こそスペイン人GKアシエル・リエスゴの控えに甘んじていたものの、前半戦終盤にポジションを奪うと、最終的にリーグ戦25試合に出場した。また、リーガエスパニョーラ最終節のバルセロナ戦では、相手FWリオネル・メッシのPKをストップするなど好守を連発し、2ゴールを記録した日本代表MF乾貴士と共に敵地で格上バルセロナを大いに苦しめた。 ▽なお、フランス『レキップ』の伝えるところによれば、エイバルはジョエルの完全移籍での獲得に向けて、75万ユーロ(約9300万円)に設定されていた買い取りオプションを行使したようだ。 2017.05.24 07:12 Wed
twitterfacebook
thumb

バレンシアとのダービーを制したビジャレアルがEL出場確定《リーガエスパニョーラ》

▽ビジャレアルは21日、リーガエスパニョーラ最終節でバレンシアの本拠地メスタージャに乗り込み、3-1で勝利し、来季のヨーロッパリーグ(EL)出場を決めた。 ▽ELストレートインとなる5位を死守したいビジャレアル(勝ち点64)は、6位ビルバオ、7位ソシエダに1ポイント差とされている中、12位バレンシア(勝ち点46)とのダービーマッチに臨んだ。 ▽試合は開始1分、ソルダードの古巣弾でビジャレアルが先制する。モントーヤのバックパスミスをボックス右のソルダードがボレーでゴール左へ豪快に蹴り込んだ。 ▽先制後、バレンシアの反撃に遭ったビジャレアルは18分に左クロスからパレホに合わせられた決定的なシュートは、GKアンドレス・フェルナンデスがファインセーブで阻止。続く26分には、ナニのスルーパスに抜け出したガヤに際どいシュートを浴びたが、ここもGKアンドレス・フェルナンデスが好守で防いでいく。 ▽ハーフタイムにかけてもバレンシアの攻勢を受ける展開となったビジャレアルだったが、凌ぎきって1点をリードしたまま前半を終えた。 ▽しかし迎えた後半の54分、ボックス手前左からのロドリゴ・モレノのクロスをニアサイドのナニに打点の高いヘッドで流し込まれ、バレンシアに同点とされてしまう。 ▽それでも58分、分厚い攻めを見せたビジャレアルはボックス右のジョナタン・ドス・サントスのグラウンダークロスをトリゲロスがダイレクトで合わせてゴール左へ流し込み、すかさず勝ち越しに成功する。 ▽その後、70分にモントーヤを削ってムニルを投入してきたバレンシアに対し、ビジャレアルは終盤にかけてボールを回して試合をコントロール。すると88分、途中出場コンビでダメ押しゴールを挙げる。アドリアン・ロペスのスルーパスを受けたボックス左のサンソーネが左足でシュートを流し込んだ。 ▽ダービーを制したビジャレアルが5位を死守し、来季のEL出場を決めている。 2017.05.22 01:47 Mon
twitterfacebook
thumb

今季限りでボロ監督が退任のバレンシア、来季の新指揮官にマルセリーノ氏を招へい

▽バレンシアは11日、来シーズンからの新監督にマルセリーノ・ガルシア・トラル氏(51)を招へいしたことを発表した。契約期間は2年間となる。 ▽昨シーズン終盤から暫定指揮官を務めていたパコ・アジェスタラン監督の下でシーズンをスタートしたバレンシアだが、昨年9月に同監督がクラブと双方合意の下で契約を解消。その後、チェーザレ・プランデッリ監督を招へいしたが、就任後8試合でわずか1勝と17位に低迷すると、昨年12月に同監督が辞任を発表。 ▽その後、今季終了までチームを任されたボロ監督の下、バレンシアは2試合を残すリーガエスパニョーラで13位(勝ち点43) まで順位を上げ、無風地帯でシーズンを終えることが濃厚となっている。そんな中、ボロ監督は、6日の記者会見で来季トップチームの指揮を執ることはないと、今季限りでの退任を明言していた。 ▽これまでスポルティング・ヒホンやセビージャ、ビジャレアルで指揮を執ってきたマルセリーノ氏は、今季の開幕直前にビジャレアル指揮官を電撃退任。バレンシアは、パコ・アジェスタラン氏の解任時にマルセリーノ氏の招へいを試みていたが、同氏がビジャレアルから解雇手当を受け取っていたことなどを理由に、スペインサッカー連盟から就任させるのは不可能だと通達されていた。 ▽なお、マルセリーノ氏との正式契約についてバレンシアは、今季のリーガエスパニョーラ終了後に行う予定だと発表している。 2017.05.11 23:30 Thu
twitterfacebook
thumb

バレンシアがウクライナ代表FWヤルモレンコ獲得に興味か

▽ディナモ・キエフに所属するFWアンドリー・ヤルモレンコ(27)に対して、バレンシアが獲得に動いているようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽母国のディナモ・キエフで10シーズン目を迎えているヤルモレンコには、移籍市場が開く度に海外クラブへの移籍の噂が浮上。アーセナルやパリ・サンジェルマン、リバプールなどが獲得に動いているものの、移籍が実現していない。 ▽今夏の移籍市場でも再び名前が浮上するであろうヤルモレンコだが、代理人を務めるパンコフ氏が『footboom.com』でコメント。バレンシアが獲得に向けて本腰を入れていることを明かした。 「いくつかのクラブがヤルモレンコへの興味を示している。私が知るかぎり、バレンシアはクロアチアやウクライナ、ディナモ・キエフやシャフタール・ドネツクを追っているね。バレンシアは本気だろう」 ▽ヤルモレンコは2007年からディナモ・キエフでプレー。ここまで公式戦通算323試合に出場し124ゴールを記録。今シーズンもウクライナ・プレミアリーグで22試合出場9得点、チャンピオンズリーグでは5試合出場1得点を記録している。ついにウクライナのエースが国外移籍を果たすことになるのだろうか。 2017.05.09 11:38 Tue
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース