ベティスが守備の要・ペッゼッラと2021年まで契約延長…今季はリーガ35試合に出場2017.05.17 12:15 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レアル・ベティスは16日、アルゼンチン人DFジェルマン・ペッゼッラ(25)との契約延長を発表した。新契約は2021年6月までとなる。

▽2015年7月にリーベル・プレートから加入したペッゼッラは、在籍2シーズンで公式戦65試合に出場し4ゴールを記録。今シーズンのリーガエスパニョーラで35試合に出場し1ゴールを記録し、センターバックとしてチームの守備陣を支えていた。

コメント

関連ニュース

thumb

アーセナルで復活も延長交渉難航のウィルシャー、スペイン移籍を考慮か

▽アーセナルのイングランド代表MFジャック・ウィルシャー(25)に、ベティス移籍の可能性が浮上した。イギリス『サン』の情報を基に、大手『ESPN』が報じている。 ▽2008-09シーズン当時、16歳にしてアーセナルのトップチームに昇格を果たすなど、若くしてその才能を評価されてきたウィルシャー。度重なる負傷により成長の機会を逃し続けてきた同選手だったが、今シーズンはヨーロッパリーグ(EL)やEFLカップでのパフォーマンスなどで好調ぶりを示し、再び周囲からの評価を高めていた。 ▽アーセン・ヴェンゲル監督も、イギリス『BBC』のインタビューで「彼は自身のフットボールを失っていないことを再び示している」と語るなど、クラブ側もウィルシャーの状態に喜びを示していた。しかし、同選手のアーセナルとの契約期限は今シーズン終了までとなっており、未だ延長の発表はされていない。 ▽冬には他クラブとの自由交渉が許され、契約解除金なしでの移籍も可能となる同選手に関しては、チェルシーやマンチェスター・シティが興味を示していたと『ESPN』は記述。さらに『サン』によれば、冬の移籍市場開幕まで1カ月半となったこのタイミングで、ベティスも挙手しているようだ。 ▽情報によると、ベティスはウィルシャーとコンタクトを持っており、同選手は移籍を考慮しているとのこと。もし1月までにウィルシャーとの契約延長が締結されなければ、アーセナルは市場評価額を下回る額で手放すことになりそうだ、と記事は結んでいる。 2017.11.16 18:08 Thu
twitterfacebook
thumb

ベティス所属のファン・デル・ファールト、レンタル先のミッティランを退団…現役は続行する模様

元オランダ代表MFラファエル・ファン・デル・ファールトが、ベティスからのレンタルで在籍していたデンマークのミッティランを退団することが明らかとなった。<br><br>ベティスで戦力外扱いとなっていたファン・デル・ファールトは今夏、2年のレンタル移籍によってミッティランに加入。しかしながら負傷の影響などによって公式戦には一切出場せず、契約を解消することが決定した。<br><br>現在34歳のファン・デル・ファールトだが、「立ち止まることはできるが、僕はフットボールを愛している。身体が許す限りはプレーしたい」と現役続行の意思を表明する。現在、移籍先に挙がっているのはデンマーク2部のエスビャウ。エスビャウの町は、ハンドボールのプロ選手である恋人エスタファナ・ポルマンが所属するクラブも拠を構えている。<br><br>なおファン・デル・ファールトと現在も契約を結ぶベティスは、ミッティランに所属していた同選手の給与40%分を賄っていた。同クラブに復帰する可能性は、やはりないようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.12 01:06 Sun
twitterfacebook
thumb

レジェンドFWルベン・カストロが中国へのレンタルを終えてベティス復帰「素晴らしい時間だった」

▽レアル・ベティスのレジェンド的存在であるFWルベン・カストロがチームのトレーニングに復帰した。『フットボール・エスパーニャ』が報じた。 ▽2010年から所属するベティスでは、公式戦280試合に出場し147ゴールを記録しているルベン・カストロ。今シーズンは中国スーパーリーグの貴州智誠へとレンタル移籍していた。 ▽中国スーパーリーグでは11試合に出場し7ゴールを記録。チームは8位でシーズンを終了し、ルベン・カストロはベティスに復帰した。 ▽来年1月まで選手登録ができないため、試合に出場することができないルベン・カストロ。ベティスに残ることを希望していると話し、中国でのプレーを振り返った。 「僕が求めるのはベティスに残ることだ」 「今年、チームは本当によくプレーしているし、サッカーを楽しんでいる。本当のことを言うと、僕は一部になりたいし、より多くのサッカーの試合に出たいと言うことだ」 「中国での時間? 僕は期待していなかった。ただ、キャリアにとっては美しい経験であり、素晴らしい時間だった」 2017.11.09 20:15 Thu
twitterfacebook
thumb

ローマ、ベティスで躍動するFWサナブリアをアトレティコに売却か

▽ローマはベティスに所属するパラグアイ代表FWアントニオ・サナブリア(21)をアトレティコ・マドリーに売却することを考慮しているようだ。イタリア『Calcio Mercato』が伝えている。 ▽2016年夏にローマから750万ユーロ(約10億円)の移籍金でベティスに加入したサナブリアだが、加入1年目は度重なるケガの影響もあり、リーグ戦22試合3ゴールという低調な成績に終わった。しかし、加入2年目となった今季は攻撃志向の強いキケ・セティエン新監督の就任により序盤から好調を継続すると、サンティアゴ・ベルナベウでレアル・マドリーから大金星を奪う決勝点を挙げるなど、リーグ戦10試合7ゴールと大爆発を見せている。 ▽そのサナブリアに関しては、以前から才能を高く評価するアトレティコのディエゴ・シメオネ監督が、今冬の退団や放出が噂される元スペイン代表FWフェルナンド・トーレス、アルゼンチン代表FWルシアーノ・ビエットの後釜として獲得に興味を示しているという。 ▽なお、ローマはサナブリアをベティスに売却した際に、今後他クラブに移籍した際の移籍金50パーセントを受け取る契約を結んだ一方、1、2年後に1100万ユーロ(約14億5000万円)、3年後に1450万ユーロ(約19億2000万円)で買い戻せるオプション契約を結んでいる。 ▽一時はサナブリアの好調を受けて、純粋な戦力として来夏に呼び戻すプランも考慮していたものの、現在は今冬に買い戻しオプションを行使した後、より高額な移籍金でアトレティコに売却するプランを持っているようだ。 2017.11.07 16:25 Tue
twitterfacebook
thumb

壮絶な打ち合いは好調ロドリゴの5戦連発弾などでリーグ無敗のバレンシアが勝利!《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第8節のベティスvsバレンシアが15日に行われ、3-6でアウェイのバレンシアが勝利した。 ▽今季好調なスタートを切っている両者が激突。3位バレンシアがここまで4勝3分けで無敗を保っている一方、6位のベティスは4勝1分け2敗と後塵を拝しているが、第5節では昨季王者のレアル・マドリーに0-1で勝利する金星を飾った。リーグ戦はまだ序盤ではあるものの、上位でのシーズン終了を目指す両クラブにとって、落とせない対戦となっている。 ▽[4-1-4-1]で試合に入ったベティスは、攻撃時には中盤の底に入っているグアルダードがCBの中央に降り、サイドが一列ずつ上がる[3-4-3]に移行。高いラインを保ち中盤をコンパクトにするベティスに対し、オーソドックスな[4-4-2]を採用しているバレンシアはリスクを冒さず、縦に速いカウンターを基軸に試合を進めていく。 ▽ベティスはサナブリアが再三に渡り最終ラインの裏に抜け出すも、オフサイドトラップに苦しめられる。左サイドから繰り出されるホアキンの仕掛けも、フィニッシュには繋がらない。 ▽ベティスがボールを持たされるような時間が続くと、35分にセットプレーからバレンシアがリードを奪う。右CKの場面でパレホがキッカーを務めると、鋭い回転のかかったボールを供給。飛び上がったコンドグビアが思い切り頭を振り抜き、ネットに突き刺した。 ▽さらに前半終了間際の45分、ガヤが左サイドからふわりとしたクロスを上げると、ボックス手前右で待ち構えていたソレールがボレーシュート。これはGKアダンの好守に阻まれたが、敵陣中央付近でボールを拾ったグエデスが右足を振り抜き、強烈なミドルシュートをゴール左上隅に決めた。 ▽2点を追う展開で突入した後半、ベティスは大チャンスを迎える。55分、右CKでショーコーナーを選択し、タイミングをずらしたクロスが上がると、これがボックス内でコンドグビアのハンドを誘発。判定はPKとなった。しかし、キッカーのセルヒオ・レオンが放ったシュートはGKネトのファインセーブに阻まれ、反撃弾とはならない。 ▽ベティスがチャンスを逸すると、ブレイク中の男がまたしても得点を奪う。64分、左CKの場面でキッカーは再びパレホ。インスイングの速いクロスがボックス内に届くと、競り合いに勝ったロドリゴが頭で合わせてネットを揺らす。この得点で、ロドリゴはリーグ5試合連続でのゴールとなった。 ▽69分、3点差をつけたバレンシアは得点したロドリゴに代えてミナを投入。すると74分、そのミナが早速得点を奪う。カウンターからボックス内左に侵攻したミナは、ドリブルでDFを翻弄しニアにシュート。これがDFに当たり、ゴールに吸い込まれた。 ▽4点差をつけられたベティスだが、ここから驚異的な追い上げをみせる。79分にパレホのバックパスを奪った、途中出場のキャンベルが一対一を制し1点目。さらに直後の80分、キャンベルのフライスルーパスに抜け出したサナブリアが2点目を決める。そして84分には、途中出場のテージョがボックス左から鋭く巻いたシュートをファーに沈め、3点目とした。 ▽1点差にまで迫り、逆転ムードが漂い始めたベティスだが88分、バレンシアのカウンターが発動する。ミナからのラストパスを受けたザザがボックス左から左足を振り抜くと、GKアダンの股を抜き再びベティスを突き放す。さらに94分にも、カウンターから途中出場のアンドレアス・ペレイラが得点し、チームの6点目とした。 ▽直後に終了の笛が鳴り、計9得点の入り乱れる乱打戦はバレンシアの勝利で閉幕。この結果、バレンシアは開幕から8戦無敗で2位に浮上した。 2017.10.16 06:10 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース