超ワールドサッカー

ベティスが守備の要・ペッゼッラと2021年まで契約延長…今季はリーガ35試合に出場2017.05.17 12:15 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レアル・ベティスは16日、アルゼンチン人DFジェルマン・ペッゼッラ(25)との契約延長を発表した。新契約は2021年6月までとなる。

▽2015年7月にリーベル・プレートから加入したペッゼッラは、在籍2シーズンで公式戦65試合に出場し4ゴールを記録。今シーズンのリーガエスパニョーラで35試合に出場し1ゴールを記録し、センターバックとしてチームの守備陣を支えていた。

コメント

関連ニュース

thumb

ベティスがラス・パルマス残留に導いたキケ・セティエン監督を招へい

▽ベティスは26日、ラス・パルマスからキケ・セティエン監督(58)を招へいしたことを発表した。契約は2020年6月までとなる。 ▽ベティスは、リーガエスパニョーラ第36節終了時点で1部残留を決めていたが、9日にビクトル・サンチェス(41)を解任していた。 ▽後任となったキケ・セティエン監督は、2015-16シーズンからラス・パルマスを率いると、初年度は11位でフィニッシュ。今シーズンは14位と順位を落とすも2シーズンともに残留に成功している。 ▽『フットボール・エスパーニャ』はキケ・セティエン監督のツイートを引用して、就任のコメントを伝えた。 「昨日までは黄色の服を着ていたが、今日からは緑だ。悲しく思うところもあるが、明日からのことを考えると幸せな気持ちだ」 2017.05.27 10:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ベティスのイタリア人DFピッチーニがスポルティングへ移籍

▽スポルティング・リスボンは15日、ベティスのイタリア人DFクリスティアーノ・ピッチーニ(24)を獲得したと発表した。契約期間は5年で、移籍金は『フットボール・イタリア』によれば300万ユーロ(約3億7000万円)とのことだ。 ▽2014年夏にフィオレンティーナからベティスに加入した右サイドバックを主戦場とするピッチーニは、在籍3年間で公式戦58試合に出場し3ゴールを記録。今季はリーガエスパニョーラで23試合に出場し、2ゴールをマークしていた。 2017.05.16 02:49 Tue
twitterfacebook
thumb

ベティスから勝ち点1をもぎ取ったアトレティコがCLストレートインを確定《リーガエスパニョーラ》

▽アトレティコ・マドリーは14日、リーガエスパニョーラ第37節でベティスとのアウェイ戦に臨み、1-1で引き分けた。 ▽前節エイバル戦を1-0と辛勝して2連勝とした3位アトレティコ(勝ち点74)は、4位セビージャとの勝ち点差を5に広げた。直近のチャンピオンズリーグ(CL)準決勝2ndレグのレアル・マドリー戦を1-2と落として欧州王者の夢は潰えたが、来季のCLストレートインを目指すアトレティコは、レアル・マドリー戦のスタメンから2選手を変更。トーレスとゴディンに代えてガメイロとリュカを起用した。 ▽3連敗中ながら既に残留を決めているベティス(勝ち点37)に対し、アトレティコは劣勢を強いられる。11分にはボックス右への進入を許したホアキンに決定的なシュートを浴びせられると、続く17分にもホアキンの浮き球パスに抜け出したブラサナツに決定的なシュートを浴びせられる。 ▽その後も劣勢が続くと、25分にダニ・セバージョスのコントロールシュートが右ポストを直撃。さらに34分、ホアキンの直接FKでGKオブラクを強襲された。結局、前半は全くチャンスを生み出せずに劣勢のままゴールレスで終了した。 ▽迎えた後半も押し込まれる状況が続くと、57分に先制される。右CKの流れから浮いたルーズボールをペナルティアーク中央のダニ・セバージョスに強烈なボレーシュートで叩き込まれた。 ▽流れの悪いアトレティコはガメイロとフィリペ・ルイスに代えてトーレスとコレアを投入する。すると67分、コケのFKが相手DFの頭に当たってディフレクトしたボールをサビッチが足でコースを変えてネットを揺らした。 ▽何とか同点に追いついたアトレティコは73分に大ピンチ。左クロスをラファ・ナバーロにボレーで合わせられたシュートが枠の右を捉えたが、GKオブラクがビッグセーブで阻止。その後、グリーズマンに代えてトーマスを投入し、引き分けで良しとしたアトレティコが1-1で試合を終わらせ、勝ち点1を積み上げた。この結果、アトレティコが3位を確定させている。 2017.05.15 04:51 Mon
twitterfacebook
thumb

リーガ、今季14度目の監督交代...ベティスがV・サンチェス監督を解任

監督交代の効果は、いかほどのものなのだろうか。ベティスは9日、ビクトール・サンチェス・デル・アモ監督(41)を解任している。<br><br>ベティスはリーガエスパニョーラ第36節終了時点で15位に位置。18位スポルティング・ヒホンとは勝ち点10差で残留を確定させているが、クラブは第35節アラベス戦(1-4)、第36節レガネス戦(0-4)の大敗を受けてV・サンチェス監督解任に踏み切っている。<br><br>後任には、アシスタントコーチを務めていたアレクシス・トルヒージョ氏が就く。1990年代にベティスで選手として活躍し、これまでスポーツディレクターやアシスタントコーチを歴任してきた、ベティコ(ベティスファン)にも馴染みのある人物だ。<br><br>一方、V・サンチェス監督の解任で、今季リーガにおける監督交代は14度目となった。<br><br>バレンシア(パコ・アジェスタラン、チェーザレ・プランデッリ)、グラナダ(パコ・ヘメス、ルーカス・アルカラス)、オサスナ(エンリケ・マルティン、ホアキン・カパロス)、ベティス(グスタボ・ポジェ、ビクトール・サンチェス)、マラガ(フアンデ・ラモス、マルセロ・ロメロ)、デポルティボ(ガイスカ・ガリターノ)、スポルティング・ヒホン(アベラルド・フェルナンデス)が次々と監督を解任・辞任に追い込んでいる。<br><br><br>提供:goal.com 2017.05.10 22:30 Wed
twitterfacebook
thumb

乾後半から出場のエイバル、ベティスに敗戦で連勝が3でストップ《リーガエスパニョーラ》

▽エイバルは16日、リーガエスパニョーラ第32節でベティスとのアウェイ戦に臨み、0-2で敗れた。エイバルのMF乾貴士は後半から出場している。 ▽前節セルタ戦を2-0と快勝して3連勝とした7位エイバル(勝ち点50)は、セルタ戦のスタメンから2選手を変更。クリスティアン・リベラとガルベスに代えてエスカランテとルジューヌが先発に戻った。スペイン国王の晩さん会出席のために来日していた乾はベンチスタートとなった。 ▽リーガで10ゴールを挙げているチーム内得点王のルベン・カストロを病気で欠く3連敗中の15位ベティス(勝ち点31)に対し、エイバルは開始1分過ぎに失点する。ボックス右のラファ・ナバーロのクロスをマルタンにヘディングシュートで決められた。 ▽早々に失点したエイバルはポゼッションを高めてベティスを押し込むと、15分に右CKからラミスがヘディングシュート。しかし、枠の左に外れた。 ▽27分に負傷したラミスに代わってガルベスを投入せざるを得なくなったエイバルは34分、ペドロ・レオンがドリブルシュートを放ってゴールに近づいた。 ▽前半終盤、ベティスのFKから立て続けにピンチを迎えたエイバルだったが、追加点は許さずに前半を終えた。 ▽後半からエイバルはベベに代えて乾を左サイドに投入。しかし、52分にドルミジの直接FKでゴールを脅かされると、ベティスの攻勢が強まっていく。そんな中、ダニ・セバージョスを投入して追加点を狙った。 ▽対するエイバルは70分、乾のシュートのルーズボールをボックス中央で拾ったガルベスが反転から強烈なシュートを浴びせるも、GKアダンの好守に阻まれてしまう。 ▽80分には乾が決定機を演出。左サイドを抜け出した乾がマイナスに折り返し、ペドロ・レオンがシュート。しかし、空振りしてしまった。 ▽すると89分、ロングカウンターに転じたベティスが決定的な2点目を奪う。ハーフラインから持ち上がったダニ・セバージョスがボックス右からゴール左へシュートを流し込んだ。ダニ・セバージョスのリーガ今季初ゴールで勝負を決定付けたベティスが連敗を3で止めた一方、乾が3試合ぶりに出場したエイバルの連勝が3でストップしている。 2017.04.17 03:29 Mon
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース