ベティスが守備の要・ペッゼッラと2021年まで契約延長…今季はリーガ35試合に出場2017.05.17 12:15 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レアル・ベティスは16日、アルゼンチン人DFジェルマン・ペッゼッラ(25)との契約延長を発表した。新契約は2021年6月までとなる。

▽2015年7月にリーベル・プレートから加入したペッゼッラは、在籍2シーズンで公式戦65試合に出場し4ゴールを記録。今シーズンのリーガエスパニョーラで35試合に出場し1ゴールを記録し、センターバックとしてチームの守備陣を支えていた。

コメント

関連ニュース

thumb

ベティス、レスターからスペイン人若手FWをレンタル!

▽ベティスは16日、レスター・シティからスペイン人FWラウール・ウチェ(20)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ▽ラージョの下部組織出身のウチェは、多くのクラブが獲得に興味を示した中、2016年夏にレスターに4年契約で加入。だが、加入1年半でトップチームでの出場はなく、母国に戻って再起を図ることになった。 ※画像はベティスのセティエン監督 2018.01.17 05:13 Wed
twitterfacebook
thumb

不振マドリー脱出へ? 古巣・ベティス監督が出場機会減のセバージョスにラブコール

▽レアル・マドリーで出場機会確保に苦しむスペイン人MFダニ・セバージョス(21)が、古巣ベティス復帰を選択するかもしれない。スペイン『アス』が伝えた。 ▽セバージョスは昨年夏に行われたU-21欧州選手権でU-21スペイン代表として準優勝に貢献し、大会の最優秀選手賞を受賞。その後、バルセロナやユベントスとの競合が囁かれる中、マドリーが同選手の獲得に成功した。 ▽しかし、セバージョスは思うように出場機会を得られず、リーガエスパニョーラ第19節終了時点で公式戦15試合(先発6試合)2ゴールの成績に留まっている。昨シーズンは所属したベティスで公式戦31試合(先発25試合)に出場していただけに、急激なプレー時間減少となっている。さらにマドリー自体も、セバージョスが移籍を決断したチャンピオンズリーグ連覇直後から一転して不振に喘いでおり、同選手にとっては踏んだり蹴ったりな状態となっている。 ▽今シーズンからベティスの指揮官を務めるキケ・セティエン監督は、以下のようにセバージョスにラブコールを送った。 「彼が夏に移籍する前に、私は『レアル・マドリーとの契約は華麗なことだと思う』と意見した。『大きな成長になるだろう』と。しかし、彼は困難に直面することを予期していたよ。現実的に、レアル・マドリーでプレーすることは非常に難しいことだ」 「私たちを手助けするために年内は残ってくれないかと説得を試みる時もあった。今も同じように思っているよ」 「ダニ(・セバージョス)はもっとプレーすることを楽しみにしていたのに、そうはなっていない。ワールドカップが控えていて、プレーしていないのであれば(出場は)難しい。次の5カ月が彼の人生や未来にとって重要なものとなるし、私たちはそれに関しても話したよ」 「彼はいつだってこのクラブに対する愛情を示してきた。(獲得が)不可能だと思うかい? 私たちは近況に比重を置いていて、それは不透明なものだ。レアル・マドリーが容認するかも不明だね」 「もし彼が戻ってきて手を貸してくれたら、ベティスに完璧にフィットするだろう。彼は来たいと思っているよ」 2018.01.15 18:10 Mon
twitterfacebook
thumb

無所属エブラにベティスが関心? 出場停止が明ける今夏に獲得か!?

▽現在無所属となっている元フランス代表DFパトリス・エブラ(36)に対して、ベティスが獲得に興味を示しているようだ。スペイン『エスタディオ・デポルティボ』が伝えている。 ▽エブラはマルセイユでプレーしていた昨年の11月2日。ヨーロッパリーグ・グループI第4節のヴィトーリア戦の試合前に、執拗な挑発行為を行ったサポーター1人に対して、左足のハイキックを見舞った。 ▽これを受けてマルセイユは同月11日、双方合意の上で契約を解除したことを発表した。さらに欧州サッカー連盟(UEFA)からも2018年6月30日までの出場停止処分と、1万ユーロ(約132万円)の罰金処分が与えられた。 ▽そんなエブラに対して、左サイドバックの補強を目指すベティスが獲得に興味を持っているという。ベティスはデンマーク代表DFリザ・ドゥルミシが左サイドバックを務めているが、彼に代わる選手がいない。そのため今年37歳になるものの、左利きである点とバックアップとしての起用法からエブラに白羽の矢が立ったようだ。 ▽なお、エブラは出場停止処分により今シーズンはプレーできない。そのため今夏の獲得となるようだ。 2018.01.12 11:13 Fri
twitterfacebook
thumb

史上最多8ゴールが生まれた“セビージャ・ダービー”はアウェイのベティスに軍配! モンテッラはリーガ初陣で厳しい敗戦…《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第18節、セビージャvsベティスが6日にサンチェス・ピスファンで行われ、アウェイのベティスが5-3で勝利した。 ▽5位のセビージャ(勝ち点29)と14位のベティス(勝ち点21)による“セビージャ・ダービー”。ベリッソ前監督の解任に伴い、モンテッラ新監督を招へいしたセビージャは、初陣となったコパ・デル・レイ5回戦1stレグのカディス戦では、格下相手に主力を軒並み起用し2-0の快勝。迎えた今回のダービーではピサーロとムリエルに代えてフランコ・バスケス、イェデルを起用した以外、カディス戦と同じメンバーを起用した。一方のベティスは今冬復帰したルベン・カストロがベンチに入り、この試合でダービー歴代最多18試合目の出場を果たしたホアキン、グアルダードらベテランがピッチに立った。 ▽試合前に両チームのサポーターの衝突で逮捕者が出るなど、熱狂の空気の中でスタートしたダービーはいきなり動く。開始23秒、右サイドで仕掛けたファビアン・ルイスが中央のホアキンに預けてペナルティアーク付近に走り込むと、ホアキンからの絶妙なリターンパスが届く。これを受けたファビアンが絶妙な左足のコントロールシュートをゴール左隅に突き刺した。 ▽先日にエイバルMF乾貴士が記録した開始41秒弾を上回るファビアンの今季リーガ最速ゴールでいきなり動いたダービーは、ここから一気にヒートアップ。すると13分には失点以降攻勢を強めていたホームチームが早くも追いつく。13分、相手陣内左サイドで得たFKの場面でキッカーのエスクデロが左足でゴール前に速いボールを入れると、タイミング良く抜け出したイェデルがワンタッチシュートを右隅に流し込んだ。 ▽セットプレーで試合を振り出しに戻されたベティスだが、こちらもセットプレーでゴールをこじ開ける。22分、相手陣内右サイドで得たFKの場面でキッカーのホアキンが右足で鋭いボールを入れる。これをゴール前にフリーで飛び込んできたフェダルが頭で合わせた。 ▽再びビハインドを背負ったセビージャは、サイドを起点にした攻めで相手を押し込んでいく。すると40分、セットプレーの二次攻撃からボックス中央でフランコ・バスケスが頭でロビングパスを送ると、ゴール前で完全に競り勝ったケアーが豪快なヘディングシュートを突き刺した。 ▽2-2のイーブンで折り返した試合は、後半も白熱の展開に。49分にはボックス右でボールを受けたグアルダードが左足を振り抜くが、これは惜しくも左ポストを叩く。それでも、後半に入ってよい形の攻撃を続けていたベティスが三度リードを奪う。 ▽63分、右サイドでの細かいパス交換からボックス右のブデブスが広い視野を生かしてファーに走り込むドゥルミジに浮き球のパスを送ると、これをドゥルミジが冷静にワンタッチで流し込む。さらに畳みかけるベティスは65分、左サイドで仕掛けたテージョが中央に切り込みながら絶妙なスルーパス。これに抜け出したセルヒオ・レオンがGKとの一対一を制した。 ▽この試合で初めて2点ビハインドを負ったセビージャだが、すぐさま1点を返す。67分、相手陣内右サイドで得たFKの流れから左サイドでエンゾンジが競り勝ったボールを回収したフランコ・バスケスが浮き球のクロス。これをゴール前のラングレが頭で叩き込んだ。 ▽このゴールで勢いを取り戻したセビージャはムリエル、サラビアと続けて交代カードを切っていく。その流れの中で幾度となく相手ゴールに迫るが、最後の場面で決め切れない。後半アディショナルタイムにはGKセルヒオ・リコまで攻撃参加したセットプレーで同点を目指すセビージャだったが、95分には相手のロングカウンターからテージョにトドメの5点目を決められ、万事休す。史上最多8ゴールが生まれた白熱のダービーは、アウェイのベティスに軍配。なお、セビージャでのリーガ初陣となったモンテッラ監督はホームでのダービー敗戦という、厳しい船出となった。 2018.01.07 06:53 Sun
twitterfacebook
thumb

セビージャ・ダービーを前に両チームのサポーター24名が逮捕

▽日本時間6日の28:45にキックオフされるセビージャvsベティスのセビージャ・ダービーを前に、暴徒化した両クラブのサポーター24名が逮捕されたようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽同じセビリアに本拠地を構えるセビージャとベティスのセビージャ・ダービーといえばスペインで最も激しいダービーとして有名だ。毎回、ウルトラスと呼ばれる両チームの過激派組織がぶつかり合うことで警察も出場する事態が頻発しているが、今回は逮捕者が出てしまったようだ。 ▽伝えられるところによると、セビリアの地元警察は試合前の暴動で24名のサポーターを逮捕。棍棒やナイフ、斧などが押収されたという。また、負傷者も1名出ており、現在は病院で治療中とのことだ。 ▽これを受けてアンダルシア政府のアントニオ・サンツ代表は更なる逮捕者の増加の可能性を示唆。サンツ氏は『WhatsApp』というメッセージアプリで両チームのウルトラスが事の発端になっていたことを確認したようだ。 ▽ダービーマッチと言えば、地元のクラブだけでなく世界中のサッカーファンが注目する試合。興奮するのはわかるがクラブに影響が出るようなことは避けてもらいたいものだ。 2018.01.06 23:33 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース