超ワールドサッカー

新潟FW河田篤秀が右足首手術で全治約8週間~10週間2017.05.16 19:07 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
▽アルビレックス新潟は16日、FW河田篤秀の負傷を発表した。

▽クラブの発表によると、河田は右足関節前方インピンジメント症候群と診断。16日に新潟県内の病院で右足関節骨きょくおよび遊離体の除去手術を実施し、全治は約8週間~10週間とのことだ。

▽河田はアルビレックス新潟シンガポールから今シーズン加入。明治安田生命J1リーグでの出場はないものの、YBCルヴァンカップで2試合に出場していた。

コメント

関連ニュース

thumb

新潟DF堀米悠斗が一般女性と入籍「奥さんと新潟のためにがんばります」

▽アルビレックス新潟は25日、DF堀米悠斗(22)が入籍したことを発表した。 ▽クラブの発表によると、堀米は21日に入籍。お相手は一般の方となるため、プロフィール等は公開されていない。堀米はクラブを通じてコメントしている。 「このたび、以前からお付き合いしていた方と入籍いたしました。よりいっそうサッカーに打ち込んで、奥さんと新潟のためにがんばります。引き続き応援よろしくお願いします」 ▽北海道コンサドーレ札幌から今シーズン新潟に加入した堀米は、今シーズンの明治安田生命J1リーグで2試合に出場。YBCルヴァンカップでは4試合に出場している。 2017.05.26 16:17 Fri
twitterfacebook
thumb

甲府が2発で今大会初勝利! 新潟は未だ白星なし《YBCルヴァンカップ》

▽YBCルヴァンカップ2017グループB第6節のアルビレックス新潟vsヴァンフォーレ甲府が24日に行われ、2-0で甲府が勝利した。 ▽4試合を消化し1分け3敗で7位に沈む新潟と、2分け2敗で6位につける甲府が対戦した。すてに敗退が決定し、呂比須ワグナー監督招へい後、公式戦2試合目を迎える新潟は、直近のリーグ戦から先発メンバーを総入れ替え。GK守田や大野、本間らが先発に名を連ねた。 ▽一方、プレーオフステージ進出にわずかな望みを残す甲府は、直近のリーグ戦から先発メンバーを10人変更。GK岡西やオリヴァー・ボザニッチを起用した。また、2種登録の入間川も先発に名を連ねた。 ▽試合は立ち上がり、アウェイの甲府が積極的な入りを見せる。3分、ボックス左手前の曽根田が強引に右足を振り抜くと、こぼれ球を拾った石原がボックス内からシュート。しかし、これはGK守田に弾かれる。 ▽対する新潟は前線から激しいプレスでボールを奪うも、バイタルエリアで丁寧さを欠き、チャンスを作ることができない。 ▽すると新潟はセットプレーからチャンスを迎える。21分、加藤の右CKをファーサイドに走り込んだ酒井高が頭で合わせるがバーに直撃する。 ▽ゴールを脅かされた甲府もすぐさま応戦。35分、左サイドを突破した曽根田が敵陣深い位置からクロス。これは相手DFにクリアされるも、ボックス手前に転がったこぼれ球を島川が右足ダイレクトでシュート。しかし、GK守田の好守に阻まれる。 ▽後半に入ると、前半とは一転、試合がこう着する。すると67分、甲府が一瞬の突破からビックチャンスを獲得する。左サイドでボールを受けた曽根田が島川とのワンツーでボックス内へと侵攻し、縦への突破を図ると、相手に倒されてPKを獲得。これをオリヴァー・ボザニッチが冷静にゴール左へと沈め、甲府が先制する。 ▽先制点を奪われた新潟は72分に鈴木、79分にホニを投入し、攻勢を強めるが、甲府の粘りの守備にゴール前へ侵攻することができない。 ▽すると終盤、甲府が一瞬の隙から新潟を引き離す。85分、土屋がオーバーラップから右サイドの敵陣深くでボールを受けると、グラウンダーのクロスを供給。これをゴール前に走り込んだ保坂が右足で押し込み、リードを2点に広げ試合を決定づけた。 ▽結局、後半に2点を奪っ甲府がグループステージ突破に望みをつなぐ勝利。対する新潟は、ルヴァンカップで未だ勝利がない状態が続いている。 2017.05.24 21:46 Wed
twitterfacebook
thumb

呂比須ワグナー新監督初陣の新潟が5試合ぶり勝利! ホニ弾で札幌退け昨年8月以来のホーム白星《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第12節のアルビレックス新潟vsコンサドーレ札幌が20日にデンカビッグスワンスタジアムで行われ、1-0で新潟が勝利した。ホームでは、2016年8月20日に行われたJ1・2ndステージ第9節のアビスパ福岡戦以来の勝利となっている。 ▽ここまで1勝2分け8敗で最下位に低迷している新潟と、3勝3分け5敗で15位と苦しむ札幌が相まみえた。呂比須ワグナー新監督の初陣となる新潟は、1-6と大敗した前節の浦和レッズ戦から、大野と加藤に代えて堀米とホニを先発起用。対する札幌は、0-2で敗れた前節のガンバ大阪戦と同様のスタメンで、金園と都倉の2トップで試合に臨んだ。 ▽序盤、先に決定機を迎えたのは新潟だった。7分、左サイドでディフェンスライン裏に抜け出した山崎が早めにグラウンダークロスを入れると、これに正面の鈴木が合わせる。しかし、このニアサイドを狙ったシュートは枠を捉えることができない。 ▽ハーフタイムにかけては一進一退の攻防となる。札幌はペナルティアーク付近から早坂がループ気味に放ったミドルシュートが枠を捉える場面もあったが、これは新潟GK大谷のファインセーブに遭う。結局、前半はゴールレスのまま終了する。 ▽迎えた後半も好勝負が繰り広げられる。新潟は58分、正面のロメロ・フランクがミドルシュートでゴールを狙う。しかし、これは枠の左にはずれる。 ▽それでも、新潟は65分にカウンターから試合の均衡を破る。自陣から富澤が出したスルーパスに抜け出したホニがボックス左に進入。そのままGKク・ソンユンの牙城を崩し、新潟がリードを手にした。 ▽終盤は、荒野と菅を下げて小野とジュリーニョを投入し、徐々にリスクを冒し始める札幌に対して、新潟が縦に速いカウンターで牽制する。86分には新潟がそのカウンターから決定機。チアゴ・ガリャルドのスルーパスでディフェンスライン裏に抜けた鈴木がボックス内に進入してシュートを放つが、GKク・ソンユンのセーブに遭って一対一を決めきれない。 ▽それでも、新潟は最後まで1点リードを保って逃げ切り。公式戦連敗を6試合で止めるとともにリーグ戦5試合ぶりで今季ホーム白星を手にした。 2017.05.20 16:02 Sat
twitterfacebook
thumb

久々の対外試合にMF原輝綺「まだまだだなと感じさせられた」《U-20W杯》

▽今月20日開幕のFIFA U-20ワールドカップ韓国2017に臨むU-20日本代表は15日、静岡県のエコパスタジアムで行われた国際親善試合でU-20ホンジュラス代表と対戦し、3-2で勝利した。 ▽試合後、MF原輝綺(アルビレックス新潟)がメディア陣のインタビューに応対し、同試合で見えた課題について言及。また、久々の対外試合にまだまだ課題が多いと悔しさを滲ませた。 <span style=“font-weight:700;">◆MF原輝綺</span>(アルビレックス新潟)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20170515_5_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> <span style="font-weight:700;">──所属クラブでは左サイドバックをやっているが、代表ではボランチをやっていて徐々に慣れてきているか</span> 「いやそういうの関係なくまだまだ課題も多いですし、まだやらなくてはいけないと思います」 <span style="font-weight:700;">──DF板倉滉(川崎フロンターレ)がボランチをやったりと競争は激しくなっているが</span> 「自分はまだ課題も多いです。ポジション争いをしつつ、盗めるところをしっかり盗んでいければ帰ってからもチームで生かせると思います。まずはこのポジション争いに必死に食らいついていくというのが今やるべきことだと思います」 <span style="font-weight:700;">──今日は2列目を捕まえづらかったか</span> 「相手の18番はうまかったし、そこはボランチ二人でもう少し捕まえられたら良かったなと思います。そこは試合中、前半の中で修正できなかったのが一個課題かなと思います」 <span style="font-weight:700;">──今日の役割は</span> 「(坂井)大将くんは前でも絡めるので、自分はどちらかと言えばアンカー気味でバランスをとりながらやっていました」 <span style="font-weight:700;">──MF坂井大将(大分トリニータ)がボールサイドに食いついた時のギャップを突かれていたと思うが</span> 「出させて奪うというはあると思いますけど、今日は少し絞りが甘かったかなと思います。自分がもっと絞るなら下がって、もうひとつ出てこれればやられなかったのかなと思います」 <span style="font-weight:700;">──本番に向けてボランチの改善点は</span> 「ボールを持った時に堅めてくる相手に対してどうやってうまく間を突くかだったり、シンプルに裏を使ったりしても良いのかなと思います。守備ではもう少し2列目の間をコンパクトにして間をやられないようにしていくことは必要だと思います」 <span style="font-weight:700;">──ボランチをやる際に左サイドバックの経験を生かせることはあるか</span> 「サイドバックをやってて、ボランチで生かせることはあまりないと思いますね(笑)。時間はないですけど、徐々に慣れていければ」 <span style="font-weight:700;">──J1で多く出場機会を得ている数少ない存在だが</span> 「いろいろな経験をさせていただいてますけど、総合的に自分より上手い選手はもっといるので、そういう選手たちを見習わなくてはいけないところが多々あります。そういうところを盗んでいけたらと思います」 <span style="font-weight:700;">──今日は一瞬のミスからやられてしまうという経験をしたと思うが</span> 「2失点目は自分のミスからなので、そういうのを無くしていかないというのはあります。まだまだだなと感じさせられたので、良い経験だったと思います」 2017.05.16 03:44 Tue
twitterfacebook
thumb

MF原輝綺、黒子としての自覚「ボランチの中で守備が一番できないといけない」《U-20W杯》

▽今月20日開幕のFIFA U-20ワールドカップ韓国2017に臨むU-20日本代表は14日、翌15日にエコパスタジアムで行われるU-20ホンジュラス代表との国際親善試合に向け、静岡県内の練習施設でトレーニングを行った。 ▽練習終了後、MF原輝綺(アルビレックス新潟)がメディア陣のインタビューに応対。チームのバランサーとして黒子に徹しつつ、タイミングが合えば前線にも顔を出していくと攻撃での貢献を誓った。 <span style="font-weight:700;">◆MF原輝綺</span>(アルビレックス新潟)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20170514_4_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> <span style="font-weight:700;">──実践練習を行って守備のところの感覚はどうか</span> 「ボランチの中では守備が一番できないといけないと思っているので、そこは意識しながらやってます」 <span style="font-weight:700;">──ジュビロ磐田戦との練習試合で見えた課題は</span> 「まずは一人ではボールは奪れないので、しっかりとみんなでセットしてそこからFWだったり、サイドハーフが仕掛けたところを自分が予測してうまく奪えたら良いかなと思います」 <span style="font-weight:700;">──ダブルボランチでMF市丸瑞希(ガンバ大阪)との連携はどうか</span> 「自分は後ろでさばいて、自分か丸くん(市丸瑞希)が前にボールを入れたら、基本は攻撃が得意な丸くんが前に出て、自分は後ろでバランスをとったり、カウンターを防ぐ。バランサーの役が得意だと思っています。そこはよくコミュニケーションをとってやれてると思ってますし、うまくバランスをとりながらやれてると思います」 <span style="font-weight:700;">──ホンジュラス戦(15日)のテーマは</span> 「まずはしっかり組織で戦うことと負けないこと。個人的には守備から入るようにうまく守備全体のバランスをとりながらうまくさばいていきたいです。攻撃はタイミングが合えば出ていきたいですけど、基本的に攻撃が得意な選手がいるので、彼らに任せてカウンター潰しとバランスが取れれば良いかなと思います」 <span style="font-weight:700;">──クラブでは左サイドバックをやっていて、代表だとボランチだが違和感とかはあるか</span> 「磐田戦とかは結構違和感ありましたけど、練習とかでもやらせてもらっているので、ちょっとずつですけど取り戻せてきてるかなと思います」 <span style="font-weight:700;">──プロの舞台で成長した部分は</span> 「正直あまりないですけど、課題の方がどんどん出てきてます。ある意味充実してやれてるかなと思います」 <span style="font-weight:700;">──その課題とは</span> 「攻撃面でもう少しミドルシュートであったり、決定的なスルーパスも出せるようにしていかないといけないなと思います」 2017.05.14 18:50 Sun
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース