C大阪が福岡大学GK永石拓海の来季加入内定を発表「セレッソ大阪の勝利に貢献していきます」2017.05.16 13:38 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
▽セレッソ大阪は16日、福岡大学のGK永石拓海(21)の来季加入内定を発表した。

▽永石は山口県出身で、高川学園高校から福岡大学へと進学。U-17日本代表や全日本大学選抜にも選出された経験がある。

▽C大阪は永石について「恵まれた体格と高い運動能力を生かしたクロスやシュートストップなどの守備範囲の広さが持ち味のGK。後方からチームを鼓舞する熱いコーチングも魅力」と特徴を紹介している。永石はクラブを通じてコメントした。

「来シーズンからセレッソ大阪に加入することになりました永石拓海です。小さい頃からの夢であるプロサッカー選手というキャリアを、セレッソ大阪という素晴らしいクラブでスタートできる事を大変嬉しく思います。自分の特徴であるコーチング、ハイボールの強さ、守備範囲の広さを生かしてセレッソ大阪の勝利に貢献していきます。セレッソ大阪に関わる全ての方々、今まで自分を支えてくださった方々への感謝の気持ちを忘れず日々努力していきますので応援よろしくお願いします」

コメント

関連ニュース

thumb

ウィジョが大阪春の陣を制す一発! G大阪が最下位脱出の今季2勝目《J1》

▽21日にパナソニック スタジアム 吹田で行われた明治安田生命J1リーグ第9節のガンバ大阪vsセレッソ大阪は、ホームのG大阪が1-0で勝利した。 ▽最下位に沈むG大阪は、負傷明けの藤春がスタメン復帰を果たしたほか、プロ2年目の高江がJ1初出場で初先発。3位のC大阪は、木本が負傷欠場となり、山下がスターティングメンバー入りした。 ▽リーグ戦通算35回目の大阪ダービーは、互いに攻撃の糸口を探り合う緊迫ムードで立ち上がった中、G大阪にアクシデント。12分に三浦との交錯で顔面を強打した東口がプレー続行不可能となり、J1初出場となるGK林のスクランブル起用を強いられる。 ▽前からのプレッシングがうまく機能したG大阪は24分、右サイドでの細かいパスワークから倉田が左足で浮き球パス。これを胸トラップで収めにかかったボックス内のファン・ウィジョだが、体勢が整わず、シュートに持ち込むことができない。 ▽続く26分にもG大阪にシュートチャンス。左サイドで水沼のマークを搔い潜った倉田のクロスに中央のスペースに潜り込んだファン・ウィジョが頭で合わせる。これが枠に飛ぶが、GKキム・ジンヒョンにセーブされて、先制機をモノにできない。 ▽すると、C大阪の攻撃を凌ぐG大阪は39分、ボックス左のファン・ウィジョがダブルタッチで突破を試みると、マテイ・ヨニッチのファウルを受けてPKのチャンスを獲得。これをファン・ウィジョ自ら決め切り、ホームのG大阪が先制に成功した。 ▽ファン・ウィジョのシーズン6得点目で先取したG大阪。迎えた後半の入りもトップ下を務める遠藤のポストプレーからファン・ウィジョがゴールに襲いかかるなど、なかなか調子を上げられずにいるC大阪を尻目にリズム良く攻撃を展開していく。 ▽その中で、攻守の切り替えでテンポを上げたC大阪は、51分にカウンター。さらに、ボールポゼッションを高めながらサイドから攻勢に持ち込むが、局面で身体を張るG大阪の守備ブロックを打ち破れず、シュートチャンスをつくり出すことができない。 ▽粘り強い戦いが際立つG大阪は、55分に追加点のチャンス。遠藤を追い越して左サイドの深くでスルーパスを受けた藤春がクロスを供給する。これに中央に走り込んだ藤本が頭で合わせるが、GKキム・ジンヒョンに弾かれたボールは右ポストに嫌われた。 ▽山口の機を見た攻め上がりで攻撃に迫力が増すC大阪は、61分に絶好の同点機。右サイドの松田がボックス右脇から低い弾道のクロスを供給すると、ニアサイドに勢いよく飛び込んだ高木が合わせる。だが、これを枠に飛ばせず、決定機を逃してしまう。 ▽その後、やや間延びした展開になると、C大阪は77分に清武と片山の2枚替え。さらに、82分にヤン・ドンヒョンをピッチに送り込み、攻撃の活性化を図る。だが、ヤン・ドンヒョンのポストプレーから迎えた決定機を杉本が生かしきれない。 ▽辛抱強い守備で追加点を目指すG大阪もカウンターからファン・ウィジョに千載一遇のチャンスが巡ってくるが、シュートミスで不意に。それでも、4連勝中のC大阪との白熱のダービーを制したG大阪が2試合ぶりの白星でシーズン2勝目を挙げ、名古屋を交わして最下位を脱出した。 2018.04.21 21:00 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】青黒のレヴィー・クルピ、古巣桜を迎え撃つ春の大阪決戦《G大阪vsC大阪》

▽Jリーグで幾多の名勝負を繰り広げてきた大阪ダービー。近畿の経済・文化の中心地である大阪の統制を懸けたガンバ大阪とセレッソ大阪によるダービーマッチ“春の陣”が21日開催の明治安田生命J1リーグ第9節で実現する。 <span style="font-weight:700;">◆青黒の意地と桜の意地</span> ▽Jリーグ屈指の熱気を帯びる大阪ダービーは、今回が通算35度目の開催となる。通算成績は20勝5分け9敗でG大阪が大きくリード。しかし、今回は過去に記憶がないほど対照的な状況に身を置く両雄の大阪決戦となる。構図は、クラブ史上初の降格を味わった2012年を下回る成績で最下位に沈むG大阪が3位の好位置につけるC大阪をホームに迎え撃つ形。長らく関西の雄というフレーズを欲しいがままにしてきたG大阪だが、その立ち位置は危うい。 ▽C大阪はクラブ初載冠のルヴァンカップと天皇杯の2冠を獲得。2年連続で無冠に終わるG大阪の落ち込みと裏腹に、C大阪は“もう1つの大阪のクラブ”という立ち位置から脱却しており、間違いなく力関係にも変化が生じている。タイトルホルダーとして自信に満ちた状態で再び吹田の地に乗り込んでくるC大阪に対して、低空飛行が続くG大阪がどのように威厳を示し、どのように対抗するのか。青黒のプライドと桜のプライドがぶつかり合う激戦必至のゲームだ。 <span style="font-weight:700;">◆愚直に</span>〜ガンバ大阪〜 ▽FWアデミウソンやMF今野泰幸ら主力の故障も相次ぎ、開幕から苦しい戦いが続くG大阪。前節のV・ファーレン長崎戦で屈辱の完敗(0-3)を喫した後、ミッドウィークに行われたルヴァンカップの浦和レッズ戦も0-1の苦杯をなめた。これで、公式戦2連敗。勝てば絶好の転機となり得る大阪ダービーを前にしても一向に状況が上向いてこない。 ▽開幕から口癖のように「選手の見極め」を強調する新任のレヴィー・クルピ監督だが、FW食野亮太郎ら若手の積極起用も新たな力としてレギュラーを掴み取る者を生み出すまでに至っていない。絶対に負けてはならない相手に対して、愚直に挑戦者として挑むしかないのが実情だ。最下位に沈む状況を考えてもなりふり構ってはいられない。 <span style="font-weight:700;">◆死角なし</span>〜セレッソ大阪〜 ▽対するC大阪の状況はG大阪と一転して好ムードだ。ミッドウィークに行われたACLで主力温存の影響もあり、クラブ史上3度目となるアジアの戦いを終えたものの、J1の戦いにおいて「ACLよりJリーグ」を掲げる尹晶煥監督の言葉どおり、目下4連勝中と初制覇にギアを上げている。低調な宿敵との一戦に向けて、死角はほとんどない。 ▽だが、MF山口蛍や柿谷ら歴戦経験者は、「大阪ダービーに順位は関係ない」と口々に、低空飛行が続くG大阪を相手に警戒心を強めている。今回の一戦は、リーグ初制覇に向かうC大阪としては、勝てばさらなる勢いをつけることができる好カード。ACL敗退のショックを拭うためにも、確実に勝ち点3を掴み取りたいところだ。 <span style="font-weight:700;">◆レヴィー・クルピが主役に</span> ▽ただでさえ意地と意地がぶつかりあうダービーマッチだが、レヴィー・クルピ監督の存在が否が応でも、もう1つの見どころになる。レヴィー・クルピ監督にとって、C大阪は古巣。今回は、都合7年間にわたってC大阪の指揮を執ったブラジル人名伯楽がライバルクラブの監督に就任して以来、初めてのダービーマッチとなる。 ▽それだけに、かつてレヴィー・クルピ監督から才能を見いだされた柿谷やMF清武弘嗣らC大阪の多数面々にとっても、久々の再会の場であり、一回りもふた回りも成長した姿を披露する機会に。懐かしむ暇などない“絶対に負けられない”ダービーマッチであることに間違いないが、様々な思いが交差する一戦になることも確かだ。 <span style="font-weight:700;">【予想スタメン&フォーメーション】</span> <span style="font-weight:700;">◆ガンバ大阪</span>[4-2-3-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180420_16_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:東口順昭 DF:オ・ジェソク、三浦弦太、ファビオ、初瀬亮 MF:遠藤保仁、マテウス、藤本淳吾、倉田秋、井出遥也 FW:ファン・ウィジョ 監督:レヴィー・クルピ ▽ダービーの重要性を説くレヴィー・クルピ監督は、ミッドウィークの浦和戦で今シーズン初のターンオーバーを採用。開幕から出ずっぱりだったGK東口順昭やDF三浦弦太、FWファン・ウィジョら多数主力の温存に成功した。長らく欠場が続く今野ら主力の故障者を除けば、万全の状態で宿敵を迎え撃つ格好になる。 <span style="font-weight:700;">◆セレッソ大阪</span>[4-4-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180420_16_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:キム・ジンヒョン DF:松田陸、マテイ・ヨニッチ、木本恭生、丸橋祐介 MF:山口蛍、山村和也、水沼宏太、高木俊幸 FW:杉本健勇、柿谷曜一朗 監督:尹晶煥 ▽一方、Jリーグの戦いを優先する尹晶煥監督も、先のACLでGKキム・ジンヒョンや山口、MF水沼宏太、柿谷、FW杉本健勇ら多数の主力をごっそり帯同メンバーからも外してターンオーバー。ケガのMFソウザが引き続き欠場することになるが、吹田決戦に向けて盤石の面々をぶつけることが可能な状況だ。 <span style="font-weight:700;">【注目選手】</span> <span style="font-weight:700;">◆DF三浦弦太</span>(ガンバ大阪)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180420_16_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽G大阪の注目選手は、今シーズンから主将を務める三浦だ。身体能力を生かしたディフェンスを売りにする23歳の若きディフェンスリーダーだが、フィルター役を担う今野の不在や両サイドバックの無秩序な攻撃参加の影響もあり、ここまでソリッドさを欠く内容。G大阪が勝利を手にする近道は、C大阪のタレント集いし攻撃陣をどう抑え込むか。局面で強さを発揮することで、攻撃的なレヴィー戦術を成立させたい。 <span style="font-weight:700;">◆MF山口蛍</span>(セレッソ大阪)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180420_16_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽対するC大阪のキーマンとしては、今シーズンから主将に再就任した山口をチョイスする。日本を代表するボランチに成長を遂げた山口は、開幕からここまで全試合に先発出場。ゴールこそないものの、相棒のソウザが不在の中盤センターで読みの鋭いボール奪取や、的確なボールの供給役として攻守の舵取り、そしてバランスを司る。攻守のバランスが悪いG大阪との一戦は、この男の活躍度合いがチームの勝利の鍵を握るはずだ。 2018.04.20 14:30 Fri
twitterfacebook
thumb

若きC大阪、広州恒大に及ばず無念の敗退…《ACL2018》

▽セレッソ大阪は17日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)・グループG最終節で広州恒大(中国)のホームに乗り込み、1-3で敗北。この結果、C大阪の敗退、広州恒大の首位通過が決まった。 ▽2位のC大阪(勝ち点8)が、首位の広州恒大(勝ち点9)と首位でのグループリーグ突破をかけて争った一戦。C大阪は3位ブリーラム(勝ち点6)に負け越しているため、引き分け以下で敗退の可能性もある首位攻防となった。 ▽C大阪は、1-0で勝利した直近の明治安田生命J1リーグ第8節から西本以外のスタメン10名を変更。柿谷、杉本らに代えて、ヤン・ドンヒョン、山村らを起用した。 ▽試合の立ち上がりから、広州恒大が猛攻をしかける。2分、ボックス手前中央でボールを持ったグデリが、豪快に右足を振り抜く。ボールは枠を捉えなかったが、積極的にシュートを浴びせていく。 ▽6分、リー・シャオペンの縦パスをボックス内で受けたファン・ボーウェンが、ボックス内でワントラップし、マークに付いていたC大阪DFをはがす。そのまま左足を振り抜き、ネットを揺らした。 ▽それでも、C大阪は直後に反撃に出る。カウンターの場面でピッチ中央付近の山田が、最終ラインの裏に抜け出す福満にラストパスを供給。GKゾン・チョンとの一対一を迎えた福満がドリブルでかわし、無人のゴールに流し込んだ。 ▽25分、リー・シャオペンが左サイドを突破し、中央に折り返す。しかし、ジェン・ロンが合わせたシュートは舟木が身体でブロック。多くのタレントを抱える相手に押し込まれつつも、最後の場面で集中した守備を披露する。 ▽39分、今度はC大阪にビッグチャンスが訪れる。再びカウンターの場面で、ボックス手前のヤン・ドンヒョンが裏に走る山田にスルーパスを送る。しかし、一対一ではGKゾン・チョンに軍配が上がり、右足で放ったシュートは逆転弾にはならない。 ▽さらに、前半終了間際の44分には左サイドから片山が得意のロングスローを入れる。ボックス内のヤン・ドンヒョンのヘディングシュートはバーに阻まれたが、広州恒大のゴールを脅かしていく。 ▽折り返しを迎えた試合、広州恒大はハーフタイム中にグラルに代えてリャオ・リシェンを起用。C大阪のカウンターを警戒するようなカードを切った。 ▽49分、ボックス左に侵攻したヤン・ドンヒョンに厳しいチェックがかかり、ボックス内に混戦がもたらされる。こぼれ球に反応した福満がシュートを放ったが、うまくミートさせられずに得点には繋がらなかった。 ▽C大阪にとって良い時間が続いたが57分、広州恒大が右CKを獲得。ジェン・ロンのクロスに合わせたガオ・リンのシュートをアランがGK丹野の眼前で収め、左足を振り抜く。これが決まり、広州恒大は再びリードを得ることとなった。 ▽65分、C大阪に決定機が訪れる。ボックス手前でボールを持った田中が、ドリブルで侵攻。ボックス左で前に出たGKゾン・チョンと交錯して倒れたかに思われたが、PKの判定にはならず。シュートも放つことができず、スコアをイーブンに戻すことは叶わない。 ▽前がかりになるC大阪に対して、広州恒大はカウンター狙いにシフト。76分にはボックス手前左のグデリが、右足でミドルシュートを狙う。枠を捉えた強烈なシュートはGK丹野が攻守で阻んだが、C大阪はなかなか流れを引き寄せることができない。 ▽86分には、またしてもアランがC大阪ゴールに襲い掛かる。ボックス右のユー・ハンチャオがボールをキープし、中央に折り返す。アランが右足でダイレクトシュートを放ち、自身のこの日2得点目とした。 ▽結局、3-1のスコアで試合が終了。同時刻開催となった同組の済州ユナイテッドFC(韓国)vsブリーラム(タイ)では1-0でブリーラムが勝利したため、セレッソ大阪の敗退。広州恒大の首位通過が確定した。 広州恒大 3-1 セレッソ大阪 【広州恒大】 フアン・ボーウェン(前6) アラン(後12) アラン(後42) 【C大阪】 福満隆貴(前10) ▽グループGの済州ユナイテッドFC(韓国)vsブリーラム(タイ)では、55分にブリーラムのコラコットが先制点を記録。結局、この1点を守り抜いたブリーラムが1-0で勝利。この結果、ブリーラムの2位での決勝トーナメント進出が確定した。 済州ユナイテッドFC 0-1 ブリーラム 【ブリーラム】 コラコット(後10) 2018.04.17 22:10 Tue
twitterfacebook
thumb

C大阪U-23のFW安藤瑞季に1試合の出場停止処分

▽Jリーグは17日、セレッソ大阪に所属するFW安藤瑞季に1試合の出場停止処分を科すことを発表した。 ▽28日に行われた明治安田生命J3リーグ第7節の福島ユナイテッドFC戦に、セレッソ大阪U-23のメンバーとして出場した安藤は77分、相手選手に対して暴言を吐き、主審より退場が命じられていた。 ▽日本サッカー協会 競技および競技会における懲罰基準に照らして審議した結果、上記の行為は「他の競技者、その他の競技に立ち会っている人々に対する侮辱」に該当すると判断され、同処分が科されることとなった。 ▽これにより、安藤は28日に行われる第8節のAC長野パルセイロ戦に出場することができない。 2018.04.17 19:50 Tue
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース