C大阪が福岡大学GK永石拓海の来季加入内定を発表「セレッソ大阪の勝利に貢献していきます」2017.05.16 13:38 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
▽セレッソ大阪は16日、福岡大学のGK永石拓海(21)の来季加入内定を発表した。

▽永石は山口県出身で、高川学園高校から福岡大学へと進学。U-17日本代表や全日本大学選抜にも選出された経験がある。

▽C大阪は永石について「恵まれた体格と高い運動能力を生かしたクロスやシュートストップなどの守備範囲の広さが持ち味のGK。後方からチームを鼓舞する熱いコーチングも魅力」と特徴を紹介している。永石はクラブを通じてコメントした。

「来シーズンからセレッソ大阪に加入することになりました永石拓海です。小さい頃からの夢であるプロサッカー選手というキャリアを、セレッソ大阪という素晴らしいクラブでスタートできる事を大変嬉しく思います。自分の特徴であるコーチング、ハイボールの強さ、守備範囲の広さを生かしてセレッソ大阪の勝利に貢献していきます。セレッソ大阪に関わる全ての方々、今まで自分を支えてくださった方々への感謝の気持ちを忘れず日々努力していきますので応援よろしくお願いします」

コメント

関連ニュース

thumb

C大阪U-12など大阪予選の4代表が決定! 来年4月開催の本大会出場切符を手にする《ダノンネーションズカップ2018 in JAPAN》

▽19日、J-GREEN堺にてFIFA公認の12歳以下の世界一を決める国際サッカー大会「ダノンネーションズカップ」の日本国内大会「ダノンネーションズカップ2018 in JAPAN」の大阪会場予選が行われた。 ▽4年ぶりの地方予選の幕開けとなる大阪予選では、セレッソ大阪U-12やヴィッセル神戸U-12といったJリーグの下部組織チームのほか、2016年度の全日本少年サッカー選手権大会優勝チームであるセンアーノ神戸ジュニアなど、関西、中部地域のチームを中心に32チームが出場し、2018年4月東京都内で開催される本大会への出場の切符をかけて熱い戦いが繰り広げられた。 ▽A~Hの8グループにそれぞれ4チームずつ分かれて予選リーグを実施した後、各グループを1位通過した計8チームによる抽選で本大会出場決定戦の対戦カードが決定。YF NARATESORO vs セレッソ大阪U-12、センアーノ神戸ジュニア vs 大阪市ジュネッスフットボールクラブ、AVANTI HIRAKATA FC vs 西宮サッカースクール、千里ひじりSC vs オオタフットボールクラブの組み合わせで本大会出場をかけた決定戦が行われた。 ▽本大会出場決定戦第1試合では、昨年度の同大会でベスト16のセレッソ大阪U-12が、試合終了間際に決勝点を挙げると、1-0で勝利し1番乗りで本大会進出を決めると、千里ひじりSC vs オオタフットボールクラブは、PK戦にまでもつれ込んだ結果、千里ひじりSCが勝利。その他の試合も拮抗した試合展開が多かった中、セレッソ大阪U-12、大阪市ジュネッスフットボールクラブ、西宮サッカースクール、千里ひじりSCの4チームが本大会への出場を決めた。 ▽「ダノンネーションズカップ2018 in JAPAN」では今後、12月3日(日)に行われる群馬予選大会、2018年1月8日(月・祝)に行われる埼玉予選大会、1月21日(日)に行われる熊本予選大会にて勝ち抜いた各4チームが本大会へ出場するほか、昨年の同大会にてベスト8まで勝ち抜いた8チーム、また今年度の予選大会に参加できなかったチームを抽選で8チーム選出し、計32チームが日本代表の座をかけて本大会に出場する。 ▽なお、抽選の参加については、12月1日(金)から大会公式HP(http://www.danonecup.jp/)にて募集が開始される。 【選手コメント】 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/danon20171121_1_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div>◆村上樹選手(セレッソ大阪U-12) 「勝つつもりで大会に臨んだが、本大会に進むことができてとても嬉しい!先輩たちの成績(昨年度のベスト16)を超えられるように頑張りたい」 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/danon20171121_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div>◆横畑進次朗選手(西宮サッカースクール) 「初めての出場で決勝戦は緊張したけれど、勝てて良かったです。本大会も勝ち進んで、世界大会に出場したいです」 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/danon20171121_4_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div>◆川口遼己選手(大阪市ジュネッスフットボールクラブ) 「勝てて本当に嬉しい!本大会では、バルセロナのようなパスワークでJクラブや他県の強豪チームを倒したい。本大会でも優勝して、世界大会に出場したい!」 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/danon20171121_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div>◆徳田浩一郎選手(千里ひじりSC) 「最後の試合のPK戦では、緊張と祈りすぎで疲れました。全国大会んい出場するのは、チームとして初めてで格上の相手との対戦になると思うけど、自分たちの力を出し切りたい」 【出場チーム一覧】 ◆グループA 深井フットボールクラブ/テゾーウロフットボールクラブ/センアーノ神戸ジュニア/京都紫光サッカークラブ ◆グループB 大阪セントラルFC/武生FC・ブルーキッズ/名古屋FC EAST/AVANTI HIRAKATA FC ◆グループC ヴィッセル神戸U-12/FCグラシオン/オオタフットボールクラブ/JogaBontiFootball ◆グループD 奈良YMCAサッカークラブ/アイリスFC住吉/FCヴェルダン/西宮サッカースクール ◆グループE AS.ラランジャ豊川U12/セレッソ大阪U-12/なぎさFC/FC恵那 Avanzara ◆グループF 大阪市ジュネッスフットボールクラブ/奈良クラブジュニア/FC甲東 VIVO/RIP ACE SOCCER CLUB ◆グループG BANREYORE 岡部サッカークラブ/京都長岡京SS/FCシエロ/千里ひじりSC ◆グループH 大阪東淀川FC/YF NARATESORO/愛宕サッカー少年団/伊丹桜台サッカークラブ 2017.11.21 10:40 Tue
twitterfacebook
thumb

C大阪が横浜FM撃破で3位死守! 清武圧巻1G1Aに25歳杉本がバースデー弾で得点ランクトップタイに!《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第32節、横浜F・マリノスvsセレッソ大阪が日産スタジアムで行われ、アウェイのC大阪が4-1で勝利した。 ▽AFCアジアチャンピオンズリーグ(ACL)出場を目指す5位の横浜FM(勝ち点55)と、3位のC大阪(勝ち点57)による注目の上位対決。今月2日にモンバエルツ監督の今季限りでの退任が発表された横浜FMは、指揮官の花道を飾るうえでも3位以内でのフィニッシュを目指す。今節に向けてはスタメン3人を変更し、4試合ぶりに松原が復帰。また、ケガ明けのウーゴ・ヴィエイラが久々のベンチ入りを果たした。 ▽一方、今月4日にルヴァンカップ決勝を制しクラブ史上初タイトルに輝き勢いに乗るC大阪は、そのルヴァンカップ決勝と同じスタメンで敵地での上位対決に臨んだ。 ▽立ち上がりから一進一退の攻防が続く中、ホームの横浜FMが早い時間帯に先制点を奪う。13分、相手陣内中央左で下平からマイナスのパスを受けたダビド・バブンスキーが前向きに仕掛けて右足を振り抜くと、低い弾道の強烈なシュートがGKキム・ジンヒョンの手を弾いてゴール右隅に突き刺さった。 ▽バブンスキーの第2節以来、8カ月ぶりの今季3点目で先手を奪った横浜FMは、その後も勢いに乗って追加点を目指す。対するC大阪は20分にボックス内に抜け出した杉本が際どいシュートを放つと、徐々に攻勢を強めていく。32分には右サイドでの崩しから清武のパスに抜け出した杉本に再び決定機も、再びGK飯倉の好守に遭う。 ▽前半終盤にかけては攻撃のギアを上げたC大阪が完全に押し込む。35分には柿谷のお膳立てから杉本、39分にはソウザがミドルシュート、前半終了間際にも柿谷がシュートを放つが、いずれもGK飯倉に防がれた。 ▽迎えた後半も試合展開に大きな変化はなし。立ち上がりから攻勢に転じるC大阪は柿谷や清武がGK飯倉にセーブを強いていく。一方、守勢が続くホームチームは59分にバブンスキーを下げてよりカウンターに適したマルティノスを投入する。 ▽相手守護神・飯倉の牙城をあと一歩で崩し切れないC大阪だったが、セビージャ帰りの46番が圧巻のポテンシャルをようやく発揮する。まずは64分、ボックス左角付近で仕掛けた丸橋から短い横パスを受けた清武がボックス左で左足を振り抜くと、これがゴール右上隅の絶妙なコースに決まり、同点に追いつく。直後の68分にはボックス左角でボールを受けた柿谷が浮き球のパスで折り返すと、これを清武が見事なワンタッチのバックヒールでゴール前に流すと、最後は古巣対戦の水沼が冷静に左足で蹴り込み、瞬く間に逆転に成功した。 ▽清武の圧巻の1ゴール1アシストで試合を引っくり返したC大阪は、今度は日本代表帰りのエースストライカーが魅せる。70分、右CKの場面でキッカーの丸橋が左足インスウィングのボールを入れると、ニアに飛び込んだ杉本が頭で合わせ、25歳のバースデーを自ら祝い、浦和レッズFW興梠に並ぶ今季20点目で得点ランキングトップに立った。 ▽その後、ホームで負けられない横浜FMは伊藤を下げてウーゴ・ヴィエイラを投入。対するC大阪は殊勲の清武を下げて山村を投入。この交代で4バックから5バックに変更し、逃げ切り体勢に入る。 ▽その後、試合終盤の87分にはC大阪の右CKの場面で3点目と似たような形から丸橋と杉本のラインが開通すると、ヘディングシュートはGK飯倉に弾かれるも、こぼれ球をマテイ・ヨニッチが流し込み、試合を決定付ける4点目を奪った。そして、横浜FMとの上位対決を制したC大阪が、リーグ4連勝で3位の座をがっちりとキープした。 2017.11.18 16:36 Sat
twitterfacebook
thumb

C大阪MF関口訓充が左足関節インピンジメント症候群で全治4週間

▽セレッソ大阪は17日、元日本代表MF関口訓充が左足関節の違和感が取れなかったため、16日に手術を行った結果、左足関節インピンジメント症候群と診断されたことを発表した。全治は4週間。 ▽関口は2015年に浦和レッズからC大阪に加入。今シーズンは、ここまで明治安田生命J1リーグで18試合、YBCルヴァンカップに8試合、天皇杯に4試合出場している。 2017.11.17 17:54 Fri
twitterfacebook
thumb

C大阪FWリカルド・サントスが右ヒザ負傷で全治3週間、ルヴァン杯優勝の功労者

▽セレッソ大阪は16日、ブラジル人FWリカルド・サントスの負傷を発表した。 ▽リカルド・サントスは14日のトレーニング中に負傷。検査を受けたところ、右ヒザ内側側副じん帯損傷で全治3週間と診断されたという。 ▽リカルド・サントスは昨シーズンからC大阪でプレー。今シーズンはここまで明治安田生命J1リーグ9試合の出場にとどまっている。 ▽しかし、2017JリーグYBCルヴァンカップでは、10試合に出場して4ゴールを記録。クラブ初載冠に貢献した。 2017.11.16 18:45 Thu
twitterfacebook
thumb

C大阪のFW杉本健勇が魅せたドリブル突破からのゴールが10月の月間ベストゴールに!《月間ベストゴール》

▽Jリーグは10日、10月15日に行われた明治安田生命J1リーグ第29節のサガン鳥栖vsセレッソ大阪において、C大阪の日本代表FW杉本健勇が25分に決めたゴールを10月度の月間ベストゴールに選出した。杉本は初受賞となる。 ▽この試合に先発出場した杉本は、1-0と鳥栖がリードして迎えた25分、味方が競り合って落としたボールを受けた杉本はドリブルで中央突破。対応したDF藤田優人の股を抜きボックス内に侵入すると、そのままネットを揺らし同点ゴールを決めた。なお、試合はMF清武弘嗣のゴールで1-2とC大阪が勝利した。 ▽杉本は、Jリーグ公式サイトに次のようにコメントを寄せている。 「この度は、10月の月間ベストゴールに選出していただき、ありがとうございます。イメージ通りのドリブルで相手をかわすことができ、シュートも良いコースに打つ事ができました。先制点を決められてからすぐの同点ゴールだったので大きな1点だったと感じます。残りの試合でもチームを勝利に導くゴールを決められるように頑張りたいと思います。応援よろしくお願いします!」 ▽また、月間ベストゴールの選考委員会は以下のように総評を下している。 <span style="font-weight:700;">●子ども達の夢を乗せて弧を描いたドライブシュート</span> 「ボールを持つとドリブルで仕掛け、最後までDFに寄せられながらも力強いキックでゴールネットに突き刺した、杉本 健勇選手の同点ゴールが10月の月間ベストゴールに選ばれた」 「相手DFの股を抜いた突破、寄せられながらも姿勢を保ち雨の中でも軸足をしっかり踏み込んだシュートと難易度が高いゴールだった。相手に仕掛けて抜いていくドリブル突破は、長身の日本人FWには珍しく、まさに杉本選手らしいプレーといえる。このプレーが得点という結果につながっていることが、今シーズンにおける同選手の成長を示しているとの評価も。仕掛けて抜ける、まさに旬と言える杉本選手ならではのゴールに高い評価が集まった」 ▽なお、10月度のノミネートゴールは以下のとおり。 第29節:土居聖真(鹿島アントラーズ) !0月14日 vsサンフレッチェ広島/30分 第29節:小林悠(川崎フロンターレ) 10月14日 vsベガルタ仙台/84分 第29節:小林悠(川崎フロンターレ) 10月14日 vsベガルタ仙台/87分 第29節:杉本健勇(セレッソ大阪) 10月15日 vsサガン鳥栖/25分 第30節:赤崎秀平(ガンバ大阪) 10月22日 vs浦和レッズ/67分 第31節:兵藤慎剛(北海道コンサドーレ札幌) 10月29日 vs鹿島アントラーズ/60分 第31節:金崎夢生(鹿島アントラーズ) 10月29日 vs北海道コンサドーレ札幌/70分 <span style="font-weight:700;">●ベストゴール以外で特筆すべきゴール</span> 「第29節の川崎フロンターレ小林悠選手(10/14/vs仙台)の2得点目(87分)は、初優勝に向けて負けられない1戦で2点のビハインドの中で、自身で同点ゴールを決めた直後に、試合をひっくり返す逆転ゴール。技術の高さに加え、優勝戦線に踏みとどまる値千金のゴールだったこと、そしてエースストライカーとして、キャプテンとして重要な役割を果たしたことに評価が集まった」 2017.11.10 17:16 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース