C大阪が福岡大学GK永石拓海の来季加入内定を発表「セレッソ大阪の勝利に貢献していきます」2017.05.16 13:38 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
▽セレッソ大阪は16日、福岡大学のGK永石拓海(21)の来季加入内定を発表した。

▽永石は山口県出身で、高川学園高校から福岡大学へと進学。U-17日本代表や全日本大学選抜にも選出された経験がある。

▽C大阪は永石について「恵まれた体格と高い運動能力を生かしたクロスやシュートストップなどの守備範囲の広さが持ち味のGK。後方からチームを鼓舞する熱いコーチングも魅力」と特徴を紹介している。永石はクラブを通じてコメントした。

「来シーズンからセレッソ大阪に加入することになりました永石拓海です。小さい頃からの夢であるプロサッカー選手というキャリアを、セレッソ大阪という素晴らしいクラブでスタートできる事を大変嬉しく思います。自分の特徴であるコーチング、ハイボールの強さ、守備範囲の広さを生かしてセレッソ大阪の勝利に貢献していきます。セレッソ大阪に関わる全ての方々、今まで自分を支えてくださった方々への感謝の気持ちを忘れず日々努力していきますので応援よろしくお願いします」

コメント

関連ニュース

thumb

C大阪の韓国代表GKキム・ジンヒョンが入籍 「これからは家庭とゴールマウスを守る」

▽セレッソ大阪は18日、韓国代表GKキム・ジンヒョン(30)が今月9月に一般女性と結婚・入籍したことを発表した。C大阪の絶対的守護神は次のようにコメントしている。 「この度入籍したことをご報告させていただきます。30歳になり家庭を持つことになりました。これからは家庭を守り、ゴールマウスもしっかり守っていきたいと思います。これからも応援よろしくお願いいたします」 ▽キム・ジンヒョンは2009年に加入したC大阪でプロキャリアをスタート。それ以来、C大阪一筋でプレーし、今シーズンもここまで守護神として、明治安田生命J1リーグ23試合に出場している。 2017.09.18 14:55 Mon
twitterfacebook
thumb

C大阪、残留争い中の広島に屈して優勝遠のく《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第26節のサンフレッチェ広島vsセレッソ大阪が16日にエディオンスタジアム広島で行われ、1-0で広島が勝利した。 ▽ここまで4勝8分け13敗で16位の広島と14勝6分け5敗で4位のC大阪が激突した。広島は、0-0で引き分けた前節のアルビレックス新潟戦と同様のメンバーを起用。対するC大阪は、1-4で勝利した前節のFC東京戦から木本に代えて山下を起用する1点を変更した。 ▽先にゴールを迫ったのはアウェイのC大阪。5分、左サイドの柿谷が入れたクロスにニアサイドの山村が合わせる。しかし、厳しい態勢から放ったヘディングシュートはバーの上にはずれる。 ▽ハーフタイムにかけては一進一退の攻防が繰り広げられる。広島は柏を生かしたサイド攻撃、C大阪はソウザのセットプレーやクロスからゴールに迫ろうとするも、いずれも決定打を欠き、試合はゴールレスのまま折り返す。 ▽迎えた後半は、広島が押し気味に試合を進める。すると59分にゴールに近づく。青山のパスからボックス右に抜けたアンデルソン・ロペスが折り返すと、最後はゴール至近距離のパトリックがシュート。しかし、DFに寄せられたこともあり、シュートは枠をはずれる。 ▽ゴールレスの時間が続く中、先に動いたのは広島。68分、柴崎を下げてフェリペ・シウバを投入する。すると、この交代が的中。70分、フェリペ・シウバ起点のカウンターからパトリックがボールを収める。走り込んだペナルティアークのフェリペ・シウバが横パスをダイレクトシュート。左足でのシュートがネットを揺らし、フェリペ・シウバの今季リーグ戦初ゴールで広島が先行する。 ▽これで乗ったフェリペ・シウバは78分、ペナルティアーク付近で左足を振り、強烈なシュートでゴールを強襲。しかし、これはバーに弾かれた。反撃したいC大阪は80分に山村とソウザに代えて木本と澤上を入れて巻き返しを図る。 ▽しかし、最後まで広島が凌いで逃げ切りに成功。広島が貴重な勝ち点3を手にし、リーグ4試合負けなしとした。一方のC大阪は首位の鹿島との勝ち点差が10ポイントに広がり、優勝が遠のく痛恨の黒星となっている。 2017.09.16 20:30 Sat
twitterfacebook
thumb

台風18号の影響でJ3第23節C大阪U-23vs北九州が延期に…代替日は10月11日

▽Jリーグは16日、9月17日(日)に和歌山県立紀三井寺公園陸上競技場で行われる予定だった明治安田生命J3リーグ第23節のセレッソ大阪U-23vsギラヴァンツ北九州の開催を台風18号の影響により中止し、延期したことを発表した。 ▽なお、代替日について、10月11日(水)にヤンマースタジアム長居で19時から開催することが決定したことも併せて発表している。 ▽また、チケットについては、9月17日分のチケットでそのままご利用できるとのこと。払い戻し期間については、20日の10時から10月11日の23時59分までとなっている。 ◆変更前 明治安田生命J3リーグ第23節 ▽9月17日(日) 《15:30》 セレッソ大阪U-23 vs ギラヴァンツ北九州 [和歌山県立紀三井寺公園陸上競技場] ◆代替日 明治安田生命J3リーグ第23節 ▽10月11日(水) 《19:00》 セレッソ大阪U-23 vs ギラヴァンツ北九州 [ヤンマースタジアム長居] 2017.09.16 12:12 Sat
twitterfacebook
thumb

C大阪、山口に期限付き移籍していたFW米澤令衣の復帰を発表

▽セレッソ大阪は10日、レノファ山口FCに期限付き移籍をしていたFW米澤令衣(21)が12日付けで復帰することを発表した。 ▽大阪府出身の米澤は、2015年にヴィッセル神戸U-18からC大阪に加入し、同年5月にはブラウブリッツ秋田に期限付き移籍を果たした。プロ3年目となった今シーズンは山口に期限付きで加入し、明治安田生命J2リーグでここまで16試合に出場していた。 ▽C大阪への復帰が決定した米澤は、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆セレッソ大阪 「このタイミングですがセレッソに戻る決断をしました。山口に来てたくさんの温かいサポーターに出会いみなさんの前でプレーすることができとても幸せでした。短い期間でしたがありがとうございました」 ◆レノファ山口FC 「レノファ山口から復帰することが決まりました。シーズン残り少ないですがチームのために全力でプレーします。よろしくお願いします」 2017.09.10 14:15 Sun
twitterfacebook
thumb

杉本が得点ランクトップタイの今季16得点目! FC東京に4得点快勝のC大阪が4位浮上! 《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第25節のFC東京とセレッソ大阪の試合が、9日に味の素スタジアムで行われ、4-1でC大阪が勝利した。 ▽9勝6分け9敗で10位のFC東京(勝ち点33)は、1-0で敗北した前節の横浜F・マリノス戦からスタメンを3名変更。チャン・ヒョンス、米本、前田に代えて、吉本、東、永井を起用した。対する13勝6分け5敗のC大阪(勝ち点45)は、前節の鹿島アントラーズ戦に0-1で敗北し、2位から5位に転落。巻き返しをはかりたい今節は、その試合からはスタメンを2名変更することに。山下、澤上に代えて、木本、山村を起用した。 ▽試合は序盤からC大阪が攻勢をかけた。試合開始直後の1分、水沼が古巣を相手に幸先良くファーストシュートを放った。左足で放ったシュートは枠を外れたが、続く2分に山村、6分に柿谷がシュートを放ち、FC東京のゴールマウスを立て続けに脅かした。 ▽すると11分、早い時間帯にC大阪の猛攻が実を結ぶ。水沼のロングフィードに対応したGKとDFが交錯。深くまで追っていた松田が、FC東京の連係ミスを見逃さずにボールを奪取し、無人のゴールに流し込んだ。 ▽続く18分にも、柿谷のクロスに対応したDFがクリアミス。こぼれ球が杉本に渡り、シュートが放たれた。ボールは枠を外れたものの、FC東京の精彩を欠いたミスが目立ち始めた。30分には、ボックス手前で永井の落としを拾った大久保が右足を振り抜いたが、枠を外れた。 ▽FC東京があまり多くないチャンスを逃すと、前半終了間際の44分にC大阪が追加点を奪取した。右サイドをオーバーラップした水沼がスピードに乗った状態でクロスを上げる。精度の高いボールに対し、ファーサイドの柿谷が右足で合わせネットを揺らした。 ▽後半に入ると永井の裏抜けをシンプルに活かし、勢いをやや取り戻したFC東京だったが、目立ったチャンスは作ることができず。流れを変えたい指揮官は56分に、東、小川に代えてピーター・ウタカ、太田を投入する2枚替えを敢行した。すると、C大阪はトップ下に配置していた山村をDFに変更。5バックを敷き、守りを固めた。 ▽守備を固めたC大阪の牙城をなかなか崩すことができずにいたFC東京だったが、71分にピーター・ウタカが監督の起用に応える働きをした。ボックス内で高萩から折り返しのパスを受けたピーター・ウタカが、素早く左足を振り抜く。これがゴールに吸い込まれ、試合は1点差となる。 ▽しかし、追い上げムードも束の間、直後の79分に杉本がボックス内でDFに倒され、PKを獲得。杉本が自らキッカーを務め、ゴール左に強烈なシュートを突き刺した。さらに、85分にもソウザのクロスに合わせた杉本が決め、得点ランクトップタイとなる今季16得点目とした。 ▽結局、試合は3点差で終了。この結果、FC東京は公式戦6試合勝利なしとなり、順位こそ10位で変動がないものの、心機一転とはいかなかった。対するC大阪(勝ち点48)は、横浜F・マリノス(勝ち点47)をかわし、4位に浮上。鮮烈な優勝争いの中で、順位を1つあげることに成功した。 2017.09.09 21:41 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース