超ワールドサッカー

フランクフルトがユトレヒトの点取り屋、元U-21フランス代表FWアラーを完全移籍で獲得2017.05.16 13:40 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽フランクフルトは15日、ユトレヒトの元U-21フランス代表FWセバスティアン・アラー(22)の獲得を発表した。契約期間は2021年6月30日までとなっている。

▽アラーは、オセールの下部組織出身で、2012年7月にトップチームへ昇格。2015年1月にユトレヒトへとレンタル移籍すると、2015年7月に完全移籍で加入していた。アラーは、ユトレヒトで公式戦通算94試合に出場し49ゴールを記録。今シーズンはエールディビジで32試合に出場し13ゴール6アシストを記録していた。

▽フランスとコートジボワールの二重国籍であるアラーは、世代別のフランス代表を経験しており、将来の有望株。ユトレヒトでは、2015年のクラブ年間最優秀選手としてファンに選出されていた。

コメント

関連ニュース

thumb

ポカール決勝戦を前にトゥヘル監督、エースと自身の去就に「今は本当にどうでもいい」

ドルトムントのトーマス・トゥヘル監督がDFBポカール決勝戦を前に心境を語った。『OMNISPORT』が伝えている。<br><br>ドルトムントは27日、DFBポカール決勝戦でフランクフルトと対戦する。トゥヘル監督自身や、チームのエースであるピエール=エメリク・オーバメヤンの去就が注目を集めているが、決戦を前に指揮官は以下のようなコメントを残している。<br><br>「明日がオーバメヤンの最終戦になるかどうかについては何も知らない。今はそういうことは本当にどうでもいい。私に関しての個人的状況も同じだ。監督の個人的な事情が試合への準備に影響することはない。私自身は非常に落ち着いている。今はまだ全てが穏やかなままだ。私はいつも通り、選手たちに強い信頼を抱いている。あらゆる特別な機会を経験した。このシーズンを終えた後でも、私とこのチームの結びつきが壊れることはない」<br><br>ドルトムントはチャンピオンズリーグのモナコ戦を前にバス爆破事件に巻き込まれた。最近はトゥヘル監督とフロントの衝突が伝えられ、退任報道にまで発展している。さらにエースの今季限りでの退団も確実視されている。落ち着かないシーズン終盤を過ごすチームではあるが、DFBポカールを制して有終の美を飾ることはできるだろうか。注目が集まる。<br><br><br>提供:goal.com 2017.05.27 22:35 Sat
twitterfacebook
thumb

DFBポカール決勝、フランクフルトDFは香川真司らドルトムントの攻撃陣を警戒

フランクフルトは27日、DFBポカール決勝でボルシア・ドルトムントと対戦する。チェルシーからフランクフルトにレンタル中のDFマイケル・ヘクターが『Goal』の取材に応じ、試合に向けた意気込みを語ってくれた。<br><br>ジャマイカ代表DFのヘクターは昨夏の加入当初は公式戦2試合連続で退場処分を言い渡されるなど、ドイツサッカーへの順応に苦しんでいたように見えた。だが、日本代表MF長谷部誠を欠き、後半戦で大きく失速したチームにおいて、レギュラーの座を勝ち取り、決勝までの5試合全てでフル出場している。<br><br>そんなヘクターは、ドルトムントについて「僕たちは今シーズン彼らに一度勝利している。とにかくその時と同じようにトライするよ」とコメント。昨秋2-1で制したリーグ戦では「セカンドボールをすべて奪い、ポジティブに戦った。守るだけじゃなくて攻撃を仕掛け続け、彼らを押し返したんだ」と振り返り、今回の対戦に向けては「自分たちのゲームをプレーし、勝ちに行くさ。一つの試合だし、カップファイナルでは何でも起こり得るからね」と熱く語った。<br><br>一方で、相手の攻撃陣には警戒しているようだ。「彼らには(マルコ・)ロイス、(ウスマーヌ・)デンべレ、香川(真司)といった選手たちがいる。調子が良ければ、相手にとって厄介な選手たちがたくさんいる。好調の(ピエール=エメリク・)オーバメヤンもリスペクトしなければいけない」と続けた。しかし、それでも「男たちの勝負。彼らは超人ではないし、僕たちにも十分勝利できるチャンスがある」と自信をのぞかせている。<br><br>フランクフルトにとっては2005-06シーズン以来の決勝進出で、1987-88シーズン以来となるポカール制覇のチャンス。また出場すれば、ヘクターにとってはこれまでのキャリアにおける最高のビッグマッチを経験することになる。<br><br><br>提供:goal.com 2017.05.27 18:55 Sat
twitterfacebook
thumb

長谷部誠に第一子、妻の佐藤ありささんが妊娠明かす「毎日を大切に」

▽フランクフルトに所属する日本代表MF長谷部誠(33)が第一子を授かることがわかった。長谷部の妻でモデルの佐藤ありささんが第一子妊娠を報告した。 ▽長谷部は昨年7月、佐藤さんと5年の交際を実らせて入籍。27日に自身のインスタグラムを更新した佐藤さんは、「この度、新しい命を授かっている事をご報告させていただきます」と第一子妊娠を明かした。 ▽また、今後については、「今日発売のMORE7月号をもって、しばらくお仕事をお休みさせていただく事となりました。これからは新しい生活になりますが、毎日を大切に過ごしていきたいと思います」としている。 2017.05.27 13:45 Sat
twitterfacebook
thumb

フランクフルト、クラブの指示を無視してタトゥーを入れたDFバレラを処分! レンタル延長考慮もユナイテッドに送り返すか

▽フランクフルトは24日、不適切な行為を働いたウルグアイ人DFギジェルモ・バレラに対して、クラブ内での出場停止処分を科したことを発表した。 ▽フランクフルトの発表によると、バレラは今週末にドルトムントとのDFBポカール決勝が控える中、休養日となった22日にニコ・コバチ監督やメディカルスタッフの指示を無視して自身の右前腕にタトゥーを入れ、その際に患部に炎症を起こしていたという。 ▽クラブにとって重要なビッグマッチを前に思慮を欠く行いを働いたバレラを問題視したクラブは、同選手に対して独自の出場停止処分を科すことを決定した。 ▽クラブのスポーツ部門を統括するフレディ・ボビッチ氏は、クラブ公式サイトでバレラの今回の行為を強く非難している。 「今回の振る舞いは著しく怠慢でチーム全体を傷つけるものだ。ギジェルモの今回の行為は彼のアイントラハトでの道の終わりを意味する。クラブはこのような重要なゲームを前に、監督やその他のチームメートに抵抗するプレーヤーを容認できない」 ▽また、6月30日までのレンタル契約に加え、来季のレンタル延長の可能性も噂されたバレラの去就に関して、ボビッチ氏は以下のように語っている。 「我々はレンタル延長の可能性を考えてきた。しかし、今回の一件を受けて、それは当然のことではない。ギジェルモはすぐに出場停止を科され、個人的な罰も受けることになる。我々には利己的な振る舞いに対して、そういった行動に出る必要があるんだ」 ▽昨夏、マンチェスター・ユナイテッドから1年間のレンタル移籍で加入したバレラは、足首じん帯断裂のケガの影響もあり、今季の公式戦の出場は10試合にとどまっていた。 2017.05.25 03:19 Thu
twitterfacebook
thumb

後半から出場の武藤が決勝ゴール&PK獲得で逆転勝利のマインツが残留に大きく前進《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第33節、マインツvsフランクフルトが13日に行われ、4-2でマインツが勝利した。マインツのFW武藤嘉紀は後半から出場し、フランクフルトのMF長谷部誠は負傷のため欠場している。 ▽残留プレーオフに回らなければならない16位ハンブルガーSVに勝ち点で並び、得失点差で上回る15位マインツ(勝ち点34)は、6試合ぶりに武藤をベンチスタートとした。 ▽残留を決めている11位フランクフルト(勝ち点41)に対し、互角の攻防で立ち上がった中、マインツは14分に右クロスを受けたボックス左のブロシンスキが際どいシュートを浴びせる。 ▽徐々に攻勢を強めていったマインツは20分にF・フライが決定的なシュートを浴びせると、35分にはG・ドナーティがミドルシュートでGKを強襲。その後も押し込んだマインツだったが、42分に一瞬の隙を突かれて失点する。 ▽バルコクの浮き球パスを胸トラップで処理したフルゴタがボックス左から左足でゴール右へシュートを流し込んで、フランクフルトが先制した。 ▽迎えた後半からマインツはエツナリに代えて武藤を2トップの一角に投入。その後半開始5分、マインツは追加点を奪われる。 ▽タワサの左クロスをヘディングで合わせたフルゴタのシュートはGKフートの好守に阻まれるも、クリアしたルーズボールがセフェロビッチに当たってゴールラインを割った。 ▽2点を追う展開となったマインツは58分、ガバミンのミドルシュートでGKを強襲すると、60分に1点を返す。F・フライのフィードに抜け出したコルドバがボックス右へ進入。冷静にGKとの一対一を制した。さらに62分、右サイド絞った位置からのブロシンスキのFKにベルが頭で合わせてゴール右へシュートを叩き込んだ。 ▽その後も勢い付くマインツが攻勢に出ると、76分に武藤が逆転ゴールを奪った。ボックス手前右からのボージャンのフィードにヘディングで合わせた武藤のシュートがゴール左に決まった。 ▽そして追加タイム2分にはボックス左で仕掛けた武藤がヘクターに倒されたとしてPKを獲得。これをデ・ブラシスが決めて4-2としたマインツが逆転勝利し、16位HSVとの勝ち点差を2として残留に大きく前進している。なお、マインツは最終節でヨーロッパリーグ出場権獲得を狙うケルンと敵地で対戦する。 2017.05.14 00:59 Sun
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース