フランクフルトがユトレヒトの点取り屋、元U-21フランス代表FWアラーを完全移籍で獲得2017.05.16 13:40 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽フランクフルトは15日、ユトレヒトの元U-21フランス代表FWセバスティアン・アラー(22)の獲得を発表した。契約期間は2021年6月30日までとなっている。

▽アラーは、オセールの下部組織出身で、2012年7月にトップチームへ昇格。2015年1月にユトレヒトへとレンタル移籍すると、2015年7月に完全移籍で加入していた。アラーは、ユトレヒトで公式戦通算94試合に出場し49ゴールを記録。今シーズンはエールディビジで32試合に出場し13ゴール6アシストを記録していた。

▽フランスとコートジボワールの二重国籍であるアラーは、世代別のフランス代表を経験しており、将来の有望株。ユトレヒトでは、2015年のクラブ年間最優秀選手としてファンに選出されていた。

コメント

関連ニュース

thumb

“フランクフルトの皇帝”長谷部「自分が戦術の鍵を握っている」

▽フランクフルトの日本代表MF長谷部誠が、20日に行われたブンデスリーガ第5節のケルン戦を振り返った。ブンデスリーガ公式サイトが長谷部のコメントを伝えている。 ▽長谷部はアウェイで行われた一戦でダブルボランチの一角として先発出場。チームメートであるMF鎌田大地はベンチスタートとなり、ケルンの日本代表FW大迫勇也は先発でピッチに立った。 ▽試合は22分にアラーがPKを決めてフランクフルトが先制すると、これが決勝点となった。長谷部と大迫はフル出場。鎌田は出場機会が与えられなかった。 ▽試合後に、インタビューに応じた長谷部は過密日程の中での勝利に満足感を示すとともに、チームにおける自身の役割が勝敗の鍵を握っていると口にした。 「ケルンも疲労のある中、厳しかったとは思いますけど、自分たちもチャンスが少ない中、こういう難しい試合で勝てて、非常に重要な勝ちだったと思います」 「このチームは自分が戦術の鍵を握っていると言っても過言ではないと思うので、責任を持ってやらないといけません。前の試合で、自分が出て負けて、その前の試合は、自分が出ていなくて勝っていたので、責任を感じていましたし、今日はどうしても勝ちたかった。そういった意味でも、まずは勝ってホっとしています」 ▽また長谷部は対戦した大迫やケルンの印象についても言及している。 「(ケルンの)チーム状況もあまり良くないという部分で、その流れに彼も苦しんでいるかな、というのはありますけど、ケルンはあそこ(大迫選手のところ)でボールが収まって攻撃が始まる部分があるので、そういう意味では嫌でしたね。トップにいたり、中盤に下がったりといろいろな動きをする。そこに自分が対応する形になったので、その辺は注意しながら見ました」 2017.09.21 09:10 Thu
twitterfacebook
thumb

大迫vs長谷部が実現! 軍配は長谷部に上がりケルンは開幕5連敗《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第5節、ケルンvsフランクフルトが20日に行われ、0-1でフランクフルトが勝利した。ケルンのFW大迫勇也、フランクフルトのMF長谷部誠は共にフル出場し、MF鎌田大地はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽3日前に行われた前節ドルトムント戦を0-5と大敗して開幕4連敗となったケルンは、大迫がフラットな[4-4-2]のFWで先発となった。 ▽一方、前節アウグスブルク戦でボランチとしてフル出場したものの、1-2と敗戦したフランクフルトの長谷部は[4-3-3]のボランチで先発となり、ここ2試合ベンチ外が続いていた鎌田は3試合ぶりにベンチ入りを果たした。 ▽フランクフルトがボールを持つ立ち上がりとなった中、20分にフランクフルトがPKを獲得する。マローのバックパスをカットしたガシノビッチがGKと一対一となり、ボックス内でホルンに倒された。これをアラーが決めてフランクフルトが先制した。 ▽アラーの移籍後初ゴールで先手を取ったフランクフルトは、26分にガシノビッチが枠内シュートをマーク。直後にルーズボールをゴールエリア左のS・ツォラーにシュートを打たれる大ピンチを迎えたが、長谷部が顔面ブロックで防いだ。 ▽後半からリッセを投入したケルンは、49分に大迫がボックス左から枠内シュートをマーク。そして60分に2枚代えを敢行すると、代わって入ったヨイッチが65分に枠内シュートを浴びせた。 ▽攻勢に出るケルンは78分、大迫に決定機。ヘーガーのボレーシュートに反応したボックス左の大迫が右足で合わせるもわずかに枠の上に外れた。これ以降、長谷部が3バックの中央に入ったフランクフルトをケルンは崩せずにタイムアップ。開幕5連敗となった。一方、勝利したフランクフルトは今季2勝目を挙げている。 2017.09.21 04:26 Thu
twitterfacebook
thumb

【ブンデス第5節プレビュー】水曜に大迫ケルンvs長谷部フランクフルト、酒井高HSVvs香川ドルトムント

▽先週末に行われた第4節ではバイエルンが武藤のマインツを、ドルトムントが大迫のケルンをそれぞれ一蹴して勝利を取り戻した。迎える第5節はミッドウィークに開催され、水曜日に大迫ケルンと長谷部フランクフルト、酒井高のハンブルガーSVと香川ドルトムントによる日本人対決が行われる。 ▽ドルトムント戦では中盤で起用されたものの守備に忙殺されて何もできなかった大迫は、チームを開幕4連敗の泥沼から救うことはできなかった。大迫は引き続き先発予想となっているが、相棒のコルドバと共に長谷部が軸となっているフランクフルト守備陣からゴールをこじ開けることはできるか。 ▽一方、前節アウグスブルク戦ではボランチとしてフル出場した長谷部は、チームを1-2の敗戦から救うことはできなかった。内容的には押し込む展開としたものの、FKとファインゴールに沈む形となった。引き続き、守備のバランスを取ることが長谷部には求められるが、大迫が前線で起点となるケルン攻撃陣を封殺できるか。 ▽2試合連続途中出場となったハンブルガーSVの酒井高だが、チームは前節ハノーファー戦を0-2で落とし、今季2敗目を喫した。その酒井高は今節もベンチスタート予想となっているが、格上ドルトムント相手にリードしている状況でクローザーとしての役割を果たしたいところだ。 ▽一方、前節ケルン戦をオーバメヤンとM・フィリップのドッペルパックで5-0と大勝したドルトムントは、3勝1分けスタートとした。出番のなかった香川は今節もベンチスタート予想だが、守備に徹してくることが予想されるケルン相手にゴールが欲しい状況で投入された際には期待に応えたい。 ▽マインツに4-0と快勝して白星を取り戻したバイエルンは、火曜日にシャルケとのアウェイ戦に臨む。温存されたリベリやハメス・ロドリゲス、トリッソらがスタメン予想となっている中、フレッシュな面々のパフォーマンスが鍵を握りそうだ。 ▽内容は芳しくないものの、3勝1敗と好スタートを切ったシャルケとしては王者相手に善戦することで自信を深めたい。 ▽その他、バイエルン戦ではまさかのベンチスタートとなったマインツの武藤はホッフェンハイムとのホーム戦を戦い、ここ3試合途中出場となっているシュツットガルトの浅野はボルシアMGとのアウェイ戦を、途中出場が続くヘルタ・ベルリンの原口はレバークーゼンとのホーム戦に臨む。 ※スタメン予想はドイツ『キッカー』を参照 ◆ブンデスリーガ第5節 ▽9/19(火) 《25:30》 ボルシアMG vs シュツットガルト 《27:30》 ヴォルフスブルク vs ブレーメン アウグスブルク vs ライプツィヒ シャルケ vs バイエルン ▽9/20(水) 《25:30》 ケルン vs フランクフルト 《27:30》 マインツ vs ホッフェンハイム フライブルク vs ハノーファー ハンブルガーSV vs ドルトムント ヘルタ・ベルリン vs レバークーゼン 2017.09.19 23:30 Tue
twitterfacebook
thumb

長谷部ボランチでフル出場のフランクフルト、アウグスブルクに惜敗《ブンデスリーガ》

▽フランクフルトは16日、ブンデスリーガ第4節でアウグスブルクをホームに迎え、1-2で敗れた。フランクフルトのMF長谷部誠はフル出場し、MF鎌田大地はベンチ入りしなかった。 ▽前節ボルシアMG戦をヒザ痛で欠場した長谷部が[3-6-1]のボランチで先発となった一戦。 ▽立ち上がりからポゼッションしたフランクフルトは、8分にガチノビッチが枠内シュートを浴びせると、最前線のアラーが起点となってアウグスブルクを押し込んでいく。すると、17分には長谷部が前線に絡んでシュートを浴びせた。 ▽しかし20分、アウグスブルクに先制される。右サイド高い位置からのマックスの左足から放たれた鋭いFKがそのままゴール左サイドネットに吸い込まれた。 ▽その後はカウンターを狙うアウグスブルクにペースを握られ、フランクフルトはポゼッションするものの、決定機を生み出せないまま前半を終えた。 ▽迎えた後半からDFのサルセドに代えてアタッカーのレビッチを投入したフランクフルトが、引き続き敵陣でのプレーを続けていく。59分には右クロスを受けたボックス中央のアラーがシュートに持ち込んだが、枠の左に外れてしまった。 ▽その後は何度かカウンターを浴びるピンチを迎えたフンクフルトが76分に失点する。ボックス手前左からカイウビーが意表を突いたコントロールシュートを放つと、ボールはゴール右上に吸い込まれた。 ▽2点差とされたフランクフルトは、80分にヨビッチが右CKからヘディングシュートで1点差に詰め寄ると、終盤にかけても攻め立てたが、同点ゴールを奪うには至らず。今季2敗目を喫している。 2017.09.17 02:42 Sun
twitterfacebook
thumb

長谷部誠のボルシアMG戦欠場が確定…コバチ監督「ヒザの状態が十分ではない」

▽日本代表から早期離脱したフランクフルトのMF長谷部誠だが、9日に行われるブンデスリーガ第3節のボルシアMG戦は欠場することになるようだ。ニコ・コバチ監督が前日会見で明かした。クラブ公式サイトが伝えた。 ▽長谷部はヒザの負傷から復帰し、日本代表としてロシア・ワールドカップ アジア最終予選に参加。8月31日に埼玉スタジアム2002で行われたオーストラリア代表戦にフル出場し、2-0の勝利に貢献。日本の6大会連続6度目のワールドカップ出場に大きく貢献していた。 ▽しかし、サウジアラビア代表との試合に向かう遠征メンバーから離脱。ヒザの状態が懸念されていたが、あまり思わしくないようだ。 ▽コバチ監督はチームに合流後に状態をチェックしていたことを明かし、ボルシアMG戦では起用できない状態であると語った。 「インターナショナルブレイクから、長谷部誠を除いで全選手が健康な状態で戻ってきた。彼は、オーストラリアと対戦し、ヒザの痛みを感じていた」 「我々はどのようなリアクションがあるかトレーニングでテストをした。そして、土曜日には十分な状態でないことがわかった」 「マコトがどれぐらいかかるかは言えない。数日かもしれないし、それ以上かもしれない。しかし、我々は多くのリスクを負うつもりがないことは明確だ」 ▽また、長谷部の欠場により、3バックのシステムに変化が生じると明かしたコバチ監督。改めて、長谷部の重要性を語った。 「マコトは3バックにおける役割をとてもよく理解していた。守備的であり、攻撃的でもあった。我々はクオリティを欠くことになるだろう。独自のゲームを行なっているので、我々の試合はもちろん変わる」 2017.09.09 12:05 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース