デミチェリスが現役引退 バイエルンやマン・Cでプレー2017.05.15 20:45 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽元アルゼンチン代表DFマルティン・デミチェリス(36)が15日、今季限りでの現役引退を発表した。

▽デミチェリスは記者会見の場で、以下のように話した。

「キャリアを終えるクラブは、ここだという1つがマラガだった。今、僕はこの記者会見で現役引退を発表する。ソーシャルメディアは使わないし、これが僕の気持ちの伝える方法だ。自分の口から言いたかった」

「フットボールに、そして皆に感謝したい。全てに、永遠に感謝したい」

▽1998年に母国リーベル・プレートでトップチームデビューしたデミチェリスは、2003年にバイエルン入りし、在籍した8シーズンで公式戦259試合に出場。ブンデスリーガとDFBポカールで共に4度にわたって優勝した。2010年からマラガで3シーズンにわたってプレーしたのち、2013年9月に恩師マヌエル・ペジェグリーニ監督が率いていたマンチェスター・シティ入り。3シーズンにわたってイングランドの地でプレーし、2013-14シーズンにはプレミアリーグ優勝を経験。その後、エスパニョールを経て、今年1月からマラガに在籍していた。

▽また、2005年11月にデビューしたアルゼンチン代表としても51試合に出場し、2ゴールを記録。2014年のブラジル・ワールドカップでは準優勝を経験した。

コメント

関連ニュース

thumb

ユナイテッド、サンチェス強奪を計画か

▽マンチェスター・ユナイテッドが、アーセナルに所属するチリ代表FWアレクシス・サンチェス(28)の獲得を目指すようだ。イギリス『ザ・サン』が報じた。 ▽アーセナルとの契約が今季限りとなっているサンチェスに関しては、契約延長交渉が進んでいないとみられる。今夏にはマンチェスター・シティが獲得に近づいているとみられていたが、最終的にサンチェスは残留。しかし、契約の更新には至っておらず、今冬の移籍市場か来夏のフリートランスファーでのシティ入りが濃厚とみられている。 ▽しかし、『ザ・サン』によれば、マンチェスター・ユナイテッドもサンチェスの獲得を目指す可能性があるようだ。ジョゼ・モウリーニョ監督は、サンチェス獲得に向けて、2500万ポンド(約37億7000万円)を移籍金を提示してシティを出し抜く意向があるという。 2017.09.20 11:49 Wed
twitterfacebook
thumb

シティ、ジェズスの週給7万ポンドの給与見直しへ交渉開始か

▽マンチェスター・シティが、ブラジル代表FWガブリエウ・ジェズス(20)との新契約の締結に向けて交渉をスタートさせたようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じている。 ▽シティとの契約が2021年6月までとなっているガブリエウ・ジェズス。今回伝えられるところによると、シティは現在支払っている週給7万ポンド(約1050万円)の給与とボーナスの見直しを検討しているとのことだ。 ▽ガブリエウ・ジェズスは、2017年1月にパルメイラスから移籍金2700万ポンド(当時約36億4400万円)でシティに加入。すると、昨シーズンは右足中足骨の骨折により離脱期間があった中で、プレミアリーグの10試合で7ゴール4アシストというセンセーショナルな活躍を見せた。今シーズンもここまでの公式戦6試合全てに先発出場を果たし、5ゴールをマークしている。 2017.09.19 22:13 Tue
twitterfacebook
thumb

レヴァンドフスキ、ペップと再会か

▽バイエルンに所属するポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキ(29)にマンチェスター・シティ移籍の可能性が浮上した。イギリス『ミラー』が伝えている。 ▽バイエルンで絶対的な点取り屋として不動の地位を確立するレヴァンドフスキ。だが、クラブの補強方針に対する批判が上層部の怒りを買うなど、フロントとの軋轢が取り沙汰されている。 ▽その状況に付け入る隙を見いだしたのがシティだ。シティのジョゼップ・グアルディオラ監督とレヴァンドフスキはバイエルン時代の師弟関係。早ければ、シティは来年1月の移籍市場で獲得に乗り出すという。 ▽そのシティには、FWセルヒオ・アグエロとFWガブリエウ・ジェズスという2大ストライカーが在籍している。だが、アグエロにおいては、グアルディオラ監督就任後、信頼感が薄く、退団が囁かれている状況だ。 ▽なお、レヴァンドフスキを巡っては現在、シティのほかにも、チェルシーとマンチェスター・ユナイテッドが興味を示している模様。だが、現時点でグアルディオラ監督との関係性からシティが優位な情勢とのことだ。 2017.09.18 17:15 Mon
twitterfacebook
thumb

シティ、“クリエイター”デ・ブライネに週給3000万円の新オファー?

▽マンチェスター・シティがベルギー代表MFケビン・デ・ブライネ(26)の賃金引き上げを検討しているようだ。イギリス『ミラー』が報じた。 ▽デ・ブライネは、2015年夏にヴォルフスブルクから加入すると、初年度からチャンスメーカーぶりを発揮。ジョゼップ・グアルディオラ監督が就任した昨シーズンのプレミアリーグ36試合で6得点21アシストを記録するなど、唯一無二の存在として地位を確立している。 ▽そのベルギー人プレーメーカーの現行契約は、2021年6月末に失効予定。『ミラー』によれば、シティはグアルディオラ監督から「出会ってきた中で最高の選手の1人」と賛辞を受けたデ・ブライネとの契約をより強固なものとすべく、新契約を用意しているという。 ▽伝えられるところによれば、デ・ブライネは現在、シティから週給15万ポンド(約2200万円)を受給中。新たに週給20万ポンド(約3000万円)のオファーを準備するシティは、今後数カ月間で話し合いをスタートさせ、来夏のロシア・ワールドカップ決勝までの締結を目指しているとのことだ。 2017.09.17 20:15 Sun
twitterfacebook
thumb

アグエロがハット&ギュンドアン復帰! またも攻撃力爆発のシティがワトフォードを6発粉砕《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第5節のワトフォードvsマンチェスター・シティが16日にヴィカレージ・ロードで行われ、6-0でシティが大勝した。 ▽前節のリバプール戦を5-0で圧勝したシティは、水曜日のチャンピオンズリーグ(CL)でもフェイエノールトに4-0で快勝して勢いに乗る。中2日と厳しい日程の中、グアルディオラ監督は、フェイエノールト戦からの変更を1カ所のみとする。ベルナルド・シウバに代えて出場停止明けのスターリングを起用した。 ▽開始から雨脚が強まった試合、序盤からシティが積極的に仕掛けて圧力をかける。シティはいつも通り、前線のアグエロ、G・ジェズス、シルバ、デ・ブライネ、スターリングが頻繁にポジションを入れ替えながら、フリーランを多用して相手の守備陣を翻弄する。 ▽苦しい展開のワトフォードだが、25分にはセットプレーからワンチャンス。左サイドのやや絞った位置でFKを獲得すると、ホレバスがゴール前にクロスを供給する。これにリシャリルソンが頭で合わせたが、シュートはわずかに枠の右にはずれる。 ▽すると、直後にシティが先行する。ゴール正面からやや左、遠めの位置でFKを獲得すると、デ・ブライネがクロスを入れる。ゴール前のアグエロが後方からのボールを巧みに頭で合わせてネットを揺らし、シティがリードを手にした。 ▽勢いに乗るシティは、続く31分に加点する。左サイドを突破したG・ジェズスがボックス左のシルバにパス。最後はシルバの折り返しのゴール正面のアグエロが難なく合わせ、シティがあっさりとリードを広げた。 ▽攻勢を緩めないシティはさらに38分、アグエロのスルーパスでディフェンスライン裏に抜けたG・ジェズスが正面からゴール左隅に冷静にシュートを流し込んで3点目。リプレイではオフサイドに見える微妙な判定だったが、得点は認められてシティが3-0とする。 ▽後半は前に出たワトフォードが盛り返したが、シティペースは変わらない。62分にシルバがGKゴメスのファインセーブを強いる枠内シュートを放つと、直後のCKで決める。シルバのクロスを正面で合わせたオタメンディがヘディングシュートを叩き込み、4-0とした。 ▽その後、G・ジェズスを下げてベルナルド・シウバ、そしてデ・ブライネに代えて昨年12月からの長期離脱明け復帰戦となるギュンドアンを送り出したシティは、81分にボックス右手前から独力で仕掛けたアグエロが決めてハットトリック達成。さらに89分にはスターリングが、自身が倒されて得たPKを冷静に沈めて6-0とした。 ▽そのままシャットアウトしたシティは、公式戦3試合連続で4得点以上を記録して勝利。暫定首位に浮上し、ライバルたちにプレッシャーをかけている。 2017.09.17 01:00 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース