デミチェリスが現役引退 バイエルンやマン・Cでプレー2017.05.15 20:45 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽元アルゼンチン代表DFマルティン・デミチェリス(36)が15日、今季限りでの現役引退を発表した。

▽デミチェリスは記者会見の場で、以下のように話した。

「キャリアを終えるクラブは、ここだという1つがマラガだった。今、僕はこの記者会見で現役引退を発表する。ソーシャルメディアは使わないし、これが僕の気持ちの伝える方法だ。自分の口から言いたかった」

「フットボールに、そして皆に感謝したい。全てに、永遠に感謝したい」

▽1998年に母国リーベル・プレートでトップチームデビューしたデミチェリスは、2003年にバイエルン入りし、在籍した8シーズンで公式戦259試合に出場。ブンデスリーガとDFBポカールで共に4度にわたって優勝した。2010年からマラガで3シーズンにわたってプレーしたのち、2013年9月に恩師マヌエル・ペジェグリーニ監督が率いていたマンチェスター・シティ入り。3シーズンにわたってイングランドの地でプレーし、2013-14シーズンにはプレミアリーグ優勝を経験。その後、エスパニョールを経て、今年1月からマラガに在籍していた。

▽また、2005年11月にデビューしたアルゼンチン代表としても51試合に出場し、2ゴールを記録。2014年のブラジル・ワールドカップでは準優勝を経験した。

コメント

関連ニュース

thumb

メンディ、マンチェスター・C移籍実現の喜びを語る...「プレミアリーグは幼少期からの夢」

モナコからマンチェスター・シティに加入したDFバンジャマン・メンディは、移籍が決定した喜びを語っている。<br><br>今夏マンチェスター・シティが何カ月間も追いかけてきたメンディの移籍が24日、ついに成立した。23歳のフランス代表DFは、ディフェンダーとして史上最高額の5200万ポンド(約75億円)で同クラブと5年契約を結んでいる。<br><br>メンディは、クラブの公式サイトで「当初から願っていた移籍が実現して誇りに感じている。リーグ戦が終わった直後に、僕は家族と話をして、マンチェスター・シティに移籍する決断を下した。今はとても幸せだ」とビッグクラブへの加入を喜んでいる。<br><br>フランス代表DFは昨シーズン、全公式戦で11アシストを記録。チャンピオンズリーグでは、出場選手最多となる57本のクロスを供給するなど、モナコのベスト4進出に貢献していた。同選手はプレミアリーグでも、その攻撃力は通用すると感じているようだ。<br><br>メンディは「チームに多くをもたらすことができるはずだ。サイドバックとしてプレーし、ストライカーの得点をアシストしたい。このチームのように攻撃を全面に押し出すプレースタイルが好きだ。欧州最高のリーグであるプレミアリーグでプレーすることが子供のころからの夢だった。楽しみながらプレーしたい」と言及。<br><br>さらに、チームを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督について「彼は選手のモチベーションを高めるのが得意で、どことなくマルセロ・ビエルサに似ている。それは僕たちにとって有益なものでしかない」と指揮官の印象を話している。<br><br><br>提供:goal.com 2017.07.25 23:47 Tue
twitterfacebook
thumb

ヘスス・ナバスのセビージャ復帰“Xデー”は28日のエミレーツカップ前か

▽マンチェスター・シティを退団したスペイン代表MFヘスス・ナバス(31)のセビージャ復帰は今週中に決定しそうだ。スペイン『アス』が報じた。 ▽昨シーズン限りでシティとの契約が満了を迎えたヘスス・ナバスは、新天地を探している。以前から同選手に対しては古巣であるセビージャが興味を持っており交渉が行われていると報じられていた。 ▽先日、スペイン『マルカ』は今月11日にヘスス・ナバスがセビージャの幹部と会談を行ったと報道。条件面での話し合いが行われ、加入決定は間もなくだと報じていた。 ▽一方『アス』の最新情報によれば、すでに3年契約で基本合意しているようだ。また、セビージャが28日からエミレーツカップに参加するため、それ以前までには正式発表が行われるだろうとしている。 2017.07.25 10:55 Tue
twitterfacebook
thumb

ボヌッチの後釜を探すユーベ、シティのマンガラ獲得に興味!!

▽センターバックの補強に動くユベントスが、マンチェスター・シティのフランス代表DFエリアキム・マンガラ(26)の獲得に興味を示しているようだ。イタリア『トゥットメルカート』が伝えている。 ▽ユベントスは今夏の移籍市場で、守備の要だったイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチを失った。新たなセンターバックの獲得に動いているユベントスは、シティで出場機会を失っているマンガラに白羽の矢を立てたようだ。 ▽2014-15シーズンにポルトからシティに加入したマンガラは、移籍初年度に公式戦31試合に出場。2015-16シーズンにも33試合でプレーするなど主力として活躍していた。 ▽しかしジョゼップ・グアルディオラ監督が指揮官に就任した2016-17シーズンはバレンシアにレンタルで放出されている。そのバレンシアでは公式戦34試合2ゴールと活躍した。 ▽現在、マンガラはバレンシアとの契約期間を終えてシティに帰還。しかし以前、フランス『レキップ』でのインタビューで「僕は市場に出ている」とシティ退団を明言している。 ▽なお、シティはマンガラに対して移籍金を2000万ユーロ(約25億8800万円)に設定している。また、同選手に対してはセビージャも獲得に興味を示しているようで、今後は争奪戦が展開されそうだ。 2017.07.25 08:45 Tue
twitterfacebook
thumb

元ラツィオDFコラロフ、宿敵ローマへ加入も気に留めず「ピッチ上ではライバル」

ローマに加入したセルビア代表DFアレクサンダル・コラロフは、過去は否定できないとしながらも、ラツィオは今やライバルであるとしている。<br><br>コラロフは今夏、マンチェスター・シティからローマへ移籍。マンチェスター・シティで7年に渡ってプレーする前は、ラツィオに3年間所属してコッパ・イタリア制覇を経験している。そのため、セリエA復帰の舞台が古巣の最大のライバルクラブとなったことには驚きの声も聞こえたが、コラロフは『ローマTV』でこのように話す。<br><br>「過去は否定できないし、したくもない。でも今はローマにいて100%を注ぐだけだ。ラツィオにいたときと同じようにね。ラツィオは僕にとって良い経験だった。でももうピッチではライバルだよ」<br><br>また、ローマ移籍の背景にはスポーツディレクターのモンチ氏の影響があったことも認め、「彼の存在は重要だった」と語っている。<br><br>「明瞭かつオープンだったから、僕も彼に対してはオープンになれた。2分で基本的な合意に至れたよ」<br><br><br>提供:goal.com 2017.07.24 23:33 Mon
twitterfacebook
thumb

補強額300億円超え! シティ、推定移籍金75億円で仏代表DFメンディ獲得

▽マンチェスター・シティは24日、モナコからフランス代表DFバンジャマン・メンディ(23)を獲得したことを発表した。契約期間は5年。移籍金は非公表も、イギリス『BBC』によれば5200万ポンド(約75億円)。メンディは背番号22のユニフォームを着用する。 ▽マルセイユ時代にジョゼップ・グアルディオラ監督も尊敬する鬼才マルセロ・ビエルサ監督の下で大きな成長を遂げたメンディは、昨夏加入したモナコで公式戦39試合に出場。圧巻のスプリントと突破力を武器に、リーグ・アン屈指の左サイドバックとして認知され、チャンピオンズリーグ4強入りやリーグ優勝に貢献した。 ▽メンディは移籍に際して、シティの公式サイトで以下のように話した。 「マンチェスター・シティに加入できて本当に嬉しい。欧州でも主要なクラブの1つだ。ジョゼップ・グアルディオラは攻撃的なフットボールをする指揮官だしね」 「僕たちが今後数年間にわたって成功できると信じているよ」 ▽なお、シティは昨季終了後、DFパブロ・サバレタ、DFバカリ・サーニャ、DFアレクサンダル・コラロフ、DFガエル・クリシのサイドバック4選手が退団。これに伴い、DFカイル・ウォーカー、DFダニーロ、DFメンディとサイドバックの補強を続けている。 ▽なお、シティは上記3選手のほかにも、GKエデルソン、MFドウグラス・ルイス、MFベルナルド・シウバを補強。『transfermarkt』によればメンディ以外の5選手の移籍金総額は1億8300万ユーロ(約236億円)となっており、メンディの移籍金を合わせると日本円で300億円以上を今夏の移籍市場に投入している。 2017.07.24 21:19 Mon
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース