デミチェリスが現役引退 バイエルンやマン・Cでプレー2017.05.15 20:45 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽元アルゼンチン代表DFマルティン・デミチェリス(36)が15日、今季限りでの現役引退を発表した。

▽デミチェリスは記者会見の場で、以下のように話した。

「キャリアを終えるクラブは、ここだという1つがマラガだった。今、僕はこの記者会見で現役引退を発表する。ソーシャルメディアは使わないし、これが僕の気持ちの伝える方法だ。自分の口から言いたかった」

「フットボールに、そして皆に感謝したい。全てに、永遠に感謝したい」

▽1998年に母国リーベル・プレートでトップチームデビューしたデミチェリスは、2003年にバイエルン入りし、在籍した8シーズンで公式戦259試合に出場。ブンデスリーガとDFBポカールで共に4度にわたって優勝した。2010年からマラガで3シーズンにわたってプレーしたのち、2013年9月に恩師マヌエル・ペジェグリーニ監督が率いていたマンチェスター・シティ入り。3シーズンにわたってイングランドの地でプレーし、2013-14シーズンにはプレミアリーグ優勝を経験。その後、エスパニョールを経て、今年1月からマラガに在籍していた。

▽また、2005年11月にデビューしたアルゼンチン代表としても51試合に出場し、2ゴールを記録。2014年のブラジル・ワールドカップでは準優勝を経験した。

コメント

関連ニュース

thumb

プレミア制覇はクラブ全体の勝利! ペップがエモーショナルなスピーチ

▽マンチェスター・シティは15日、5節を残して4シーズンぶり5度目のプレミアリーグ優勝を決定した。この快挙を受けて、ジョゼップ・グアルディオラ監督は選手やコーチングスタッフ、運営スタッフを前にした祝勝会で感動的なスピーチを行った。クラブ公式チャンネルが伝えている。 ▽ジョゼップ・グアルディオラ体制2年目となった今シーズン。昨季課題となった守備陣に大型補強を敢行したシチズンズはその守備の安定に加え、MFダビド・シルバ、MFケビン・デ・ブライネ、MFフェルナンジーニョら盤石の中盤、FWセルヒオ・アグエロら破壊力のある攻撃陣の活躍で見事にプレミア制覇を成し遂げた。 ▽しかし、多くのクラブスタッフを前にスピーチを行ったグアルディオラ監督は今回の優勝は選手、コーチングスタッフだけでなくボランティアなども含めたクラブ全体の勝利であることを強調している。 「優勝が決まったとき、私たちは一緒にお祝いできなかった。我々はそれぞれ自分たちの家に居た」 「簡単なスピーチをしようと思う。同時に一番難しいスピーチでもある」 「大きなおめでとうを言いたい。私たちはチャンピオンだ。イングランドで一番のチームだよ。すべてのスタッフ、洗濯係も全員がその一部だと感じてほしい」 「それはコーチやプレーヤーたちにいつも話していることだ。私たちが成し遂げたことは、みんなの信じられないようなサポートなしには不可能だ。私たちは全員プレーヤーのためにここに居る」 「彼らがどれだけ際立った存在であるかはみんなが知っている。それは1試合だけじゃなく、試合には負けるときもある」 「アスリートが周りの人々と9、10カ月の間や日々の生活で証明することが最高に素晴らしいことだ。スピリットや友人関係など特別なことをドレッシングルームで作り上げる」 「私たちが成し遂げたことは他者を受け入れられない人や悪い人間には達成できなかったことだ」 「私たちがやってきたことは他の19チームよりも上回っていた。他には何もないよ。大きなことだが他には何もない」 「毎日積み重ねてきたものがある。スタッフたちがプレーヤーの面倒をみてきた。ステイシーやリー、ここに居るみんなだ。ここに居る全員が私のリスペクトに相応しい存在なんだ。みんなも私と同じ気持ちであることを願うよ」 「私の人生の最後の日まで、私の心の中にある。それを確信しているよ」 「今季私が感じてきたことは素晴らしいものだ。だから、みんなでピッチに降りて写真を撮りたいんだ。プレーヤーだけではない、スタッフ全員だ」 「でもスピーチを終わらせる前に我々に相応しい最高で大きな拍手をしたい」 ▽そして、グアルディオラ監督の最後の言葉のように大きな拍手で締めくくられたスピーチの後に選手、スタッフ全員は指揮官の希望通りに記念撮影を行った。 ▽今回のグアルディオラ監督のエモーショナルなスピーチからうかがい知れるのは、今季シティが圧倒的な強さでリーグ制覇を果たせたのは、ピッチ内だけでなくオフ・ザ・ピッチも含めたクラブの一体感があったからこそのようだ。 ◆ペップのエモーショナルなスピーチ(日本語字幕付き) https://www.youtube.com/watch?time_continue=181&v=Yp4IK1hd-xE 2018.04.20 02:30 Fri
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ、最下位相手に敗戦したチームの不安定さを嘆く「だから優勝できない」

マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、下位チーム相手からの取りこぼしの多さがマンチェスター・シティとの差につながっていると語った。<br><br>ユナイテッドは14日、本拠地オールド・トラフォードにてプレミアリーグ第33節でWBAと対戦。リーグ最下位に沈む相手に0-1でまさかの敗戦を喫し、ライバルであるシティの優勝が決まった。<br><br>18日に行われたボーンマス戦では2-0の勝利を収めたものの、試合後の記者会見で指揮官が語ったのは前節の敗戦についてだった。<br><br>「我々は不安定だと思う。気持ちの面で不安定なことが多い。トップ5のチーム相手にはポイントを失っていない。シティとは1勝1敗。スパーズとも1勝1敗。チェルシーとも1勝1敗。リバプールとは1勝1分。アーセナルには1勝しており、もう1試合残っている」<br><br>「しかし、3ポイントを昇格組から奪われた。ハダーズフィールド・タウンには敗れ、ニューカッスルにも敗れた。さらにおそらく降格するであろうチーム、残留争いをしているチームからポイントを失った。WBAに3ポイントを奪われ、2ポイントを他の降格争いをしているチームに奪われた。ストーク(・シティ)、サウサンプトンだ。我々は安定性を欠いていたと思う。そして代償を払うことになった」<br><br>モウリーニョは、この下位チーム相手に対する成績こそが優勝を決めたシティとの大きな差であると語った。<br><br>「我々のトップ4は安泰だと思う。2位で終える大きな可能性がある。すでに昨季よりも多くの勝ち点を積み上げており、得点もより多く、失点もより少なくなっている。それでももっとよくできたはずだ。『優勝できた』とは言わない。それはマンチェスター・シティが我々より優れているからだ。勝ち点の差がそれを示している。我々は心構えの面でより安定している必要がある」<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.19 19:50 Thu
twitterfacebook
thumb

プレミアリーグが新たな個人賞としてアシスト王創設!

▽プレミアリーグは18日、2017-18シーズン終了後に新たな個人賞として『プレミアリーグ・プレーメイカー・アワード』を創設したことを発表した。 ▽これまでプレミアリーグでは得点王に与えられる『ゴールデンブーツ』、最多クリーンシート(無失点試合)のGKに与えられる『ゴールデングローブ』という、2つの個人賞が設けられていた。そして、今回新たにアシスト王に与えられる『プレミアリーグ・プレーメイカー・アワード』が創設されることになった。 ▽なお、プレミアリーグ公式が提供している今季ここまでのデータでは、マンチェスター・シティMFケビン・デ・ブライネが15アシストで栄えある初代受賞者のポールポゼッションにいる。そして、2位にはMFレロイ・ザネ(12アシスト)、3位にはMFダビド・シルバ(11アシスト)と、すでにリーグ制覇を達成したマンチェスター・シティの主力3選手が独占。 ▽その他では4位にトッテナムMFデレ・アリ(10アシスト)。5位にはトッテナムMFクリスティアン・エリクセンら4選手が9アシストで並んでいる。 ◆今季プレミアリーグ・アシストランキング(トップ5) 1.ケビン・デ・ブライネ(15) 2.レロイ・ザネ(11) 3.ダビド・シルバ(12) 4.デレ・アリ(10) 5.クリスティアン・エリクセン(9) -.ヘンリク・ムヒタリアン(9) -.モハメド・サラー(9) -.ポール・ポグバ(9) 2018.04.19 04:10 Thu
twitterfacebook
thumb

アグエロはW杯に間に合わない? アルゼンチン人医師「100%を取り戻す可能性は低い」

▽マンチェスター・シティのアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロは6月に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)本大会に間に合わない可能性が高いようだ。 ▽アグエロは17日、自身のツイッター(@aguerosergiokun)を更新。「ヒザの関節鏡手術を受けて回復を待っているところだ。すぐにピッチに戻りたいというモチベーションに満ち溢れているよ」とつぶやき、W杯に向けてヒザの手術に踏み切ったことを明かした。 ▽アグエロはW杯での活躍に期待を持っているようだが、アルゼンチンサッカー協会(AFA)で働く医師のホメロ・ダゴスティーノ氏は、同選手が100パーセントの状態でプレーできる可能性はかなり低いと語っている。同氏がアルゼンチン『Radio 10』で語った。 「プレーヤーがW杯を控えた60日ほど前に関節鏡手術を受けたことは懸念すべきことだ」 「回復プロセスは最低でも5週間はかかる。それが古傷である場合、回復にはそれ相応の時間がかかるものだ」 「それが3~4週間。あるいはそれ以上に早く復帰できることはない」 「したがって、彼がW杯までに残された限られた時間の中で100パーセントを取り戻す可能性は低いと思う」 「もちろん、解剖学は解剖学で、ケガは異なるものだ。だから、彼がその可能性に賭けることもできるが、私個人としては100パーセントを取り戻す可能性は低いと考えている」 「重要なことは彼のこれまでの状態だ。医師は彼の問題に関して保守的な方法、非外科的な方法で解決を試みたが、それは失敗に終わった」 「関節鏡手術は通常、古傷を持っている人が行うものだ」 ▽ダゴスティーノ氏の見解が正しければ、アグエロのケガが完治するには最低5週間が必要であり、そこからコンディションを完璧に戻すにはさらに数週間を要する見込みだ。一方、ロシアW杯は6月14日に開幕し、アルゼンチン代表は17日にグループステージ初戦のアイスランド代表戦を迎える。それを考えると、アグエロの招集は同国代表にとって大きなギャンブルとなるかもしれない。 2018.04.19 02:32 Thu
twitterfacebook
thumb

PFAベストイレブンが発表! 王者シティからは最多5人選出

▽イングランドプロサッカー協会(PFA)は18日、2017-18シーズンのプレミアリーグベストイレブンを発表した。 ▽今シーズンのプレミアリーグで王者に輝いたマンチェスター・シティから最多の5名が選出。トッテナムから新加入のDFカイル・ウォーカーに、ジョゼップ・グアルディオラ監督の下で急成長を遂げたDFニコラス・オタメンディ、チームの核であるMFダビド・シルバ、今シーズンのプレミア最優秀選手の呼び声も高いMFケビン・デ・ブライネ、そして絶対的エースのFWセルヒオ・アグエロが選ばれた。 ▽次点で多かったのがトッテナムだ。トッテナムの堅守を支えるDFヤン・フェルトンゲンや、攻撃の中心選手であるMFクリスティアン・エリクセン、数々の記録を破ったFWハリー・ケインの3選手が選出された。 ▽また、GKには今シーズンもスーパーセーブを連発したマンチェスター・ユナイテッドのGKダビド・デ・ヘア、スペイン代表初選出を果たしたチェルシーのDFマルコス・アロンソ、そして驚異的なペースでゴールを量産するリバプールのFWモハメド・サラーが名を連ねている。 2018.04.18 22:37 Wed
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース