1968年以来のセリエA昇格を掴んだSPALがセンプリチ監督と2019年まで契約更新2017.05.15 20:45 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽2017-18シーズンからのセリエA昇格を決めたSPALは15日、レオナルド・センプリチ監督(49)との契約更新を発表した。新契約は2年間となり、契約期間は2019年までとなる。

▽フィオレンティーナU-19で指揮を執っていたセンプリチ監督は、2014年12月にSPALの指揮官に就任。当時レガ・プロ・ジローネB(イタリア3部)に所属していたチームを率いると、2015-16シーズンに1位となりセリエBへ昇格。昇格1年目の今シーズンは、セリエBで首位をキープし最終節を残してセリエA昇格を決めていた。

▽SPALのセリエA挑戦は1967-68シーズン以来となり、3部リーグから2シーズンでのトップリーグ昇格を果たしたセンプリチ監督の手腕に大きな期待が懸かる。なお、センプリチ監督とともに、テクニカルスタッフとも2年間の契約を結んでいる。

コメント

関連ニュース

thumb

シックの移籍後セリエA初弾など3発快勝のローマが3位死守! リバプール戦に弾み《セリエA》

▽ローマは21日、セリエA第34節でSPALとのアウェイ戦に臨み、3-0で快勝した。 ▽前節ジェノア戦を2-1で逃げ切って3位を死守したローマ(勝ち点64)は、3日後にチャンピオンズリーグ(CL)準決勝1stレグのリバプール戦を控える中、ゼコやジェンギズ、デ・ロッシら主力をベンチスタートとし、シックやゴナロンらバックアッパーを起用。そして、今冬に加入したホナタン・シルバがデビューを飾った。 ▽残留圏内ぎりぎりに位置する17位SPAL(勝ち点29)に対し、[4-3-3]で臨んだローマは3トップに右からナインゴラン、シック、エル・シャーラウィと並べた。 ▽慎重に立ち上がった一戦は、12分にローマがピンチを迎える。ファシオがボックス内でアンテヌッチと入れ替わられそうになったところで交錯。しかし、主審はノーファウルの判定を下した。 ▽攻撃の形を作れずにいたローマだったが、22分にチャンス。高い位置でボールを奪ってエル・シャーラウィがボックス手前左からコントロールシュート。しかし、わずかに枠の右に外れた。 ▽その後もペースを握れずにいたローマだったが、35分に先制する。敵陣でボールを奪ってショートカウンターに転じ、ストロートマンのパスを受けた右サイドのペッレグリーニが入れたクロスをクリアにかかったヴィカリのオウンゴールを誘った。 ▽続く41分にもペッレグリーニがGKを強襲するシュートを浴びせたローマは、追加タイム2分に決定機。シックの浮き球パスに反応してボックス中央に侵入したエル・シャーラウィがシュートに持ち込んだがGKにセーブされ、前半を1点のリードで終えた。 ▽それでも迎えた後半、52分にローマが突き放す。FKの流れからボックス右角のナインゴランがミドルシュート。これがゴール左に突き刺さった。その後、パロスキの決定的なシュートをGKアリソンがファインセーブで阻止したローマは、エル・シャーラウィのシュートはセーブされるも、59分に勝負を決定付ける。CKの流れから右サイドのペッレグリーニが左足で上げたインスウィングのクロスをシックが頭で押し込んだ。 ▽シックの移籍後セリエA初ゴールで勝負を決定付けた余裕のローマは、ストロートマン、ナインゴランを下げてリバプール戦に向けて調整。そのまま3-0で快勝し、3位を死守してリバプール戦に弾みを付けている。 2018.04.22 00:00 Sun
twitterfacebook
thumb

低調ユベントス、格下SPALにゴールレスドローで連勝が12でストップ《セリエA》

▽ユベントスは17日、セリエA第29節でSPALとのアウェイ戦に臨み、0-0で引き分けた。 ▽前節ウディネーゼ戦をディバラのドッピエッタで快勝し、3日前に行われたアタランタとの延期試合をイグアインの1ゴール1アシストで制して12連勝としたユベントス(勝ち点74)は首位に浮上。ナポリとのポイント差を「4」に拡大した中、アタランタ戦のスタメンから3選手を変更。マンジュキッチ、リヒトシュタイナー、出場停止のベナティアに代えてアレックス・サンドロ、デ・シリオ、ルガーニを起用した。 ▽降格圏に沈む18位SPAL(勝ち点24)に対し、フラットな[4-4-2]で臨んだユベントスは2トップにイグアインとディバラ、右サイドにドグラス・コスタ、左サイドにアレックス・サンドロを配した。 ▽そのユベントスは立ち上がりこそSPALの勢いに押されるも、11分にドグラス・コスタのスルーパスを受けたアレックス・サンドロが決定的なシュートを浴びせると、17分にはディバラがミドルシュートを放っていく。 ▽徐々に攻勢を強めていったユベントスだったが、SPALの守備網を攻略するには至らない。45分にようやくディバラの直接FKでゴールに迫るも0-0で前半を終えた。 ▽後半開始5分にドグラス・コスタのカットインシュートでGKを強襲したユベントスは、55分にはキエッリーニの持ち上がりからディバラが際どいシュートを浴びせる。それでも、なかなかギアが上がらず、64分にアサモアに代えてマンジュキッチを投入した。 ▽そのユベントスがハーフコートゲームを展開するも、やはり崩せない状況を強いられる。81分にようやくマンジュキッチのダイビングヘッドでゴールに近づいたが、終盤にかけてはチャンスを作れず0-0で終了。低調な試合で勝ち点2を失い、連勝が12でストップしている。 2018.03.18 06:41 Sun
twitterfacebook
thumb

SPAL、チームトップの8ゴールをマークするFWアンテヌッチと2020年まで契約延長

▽SPALは13日、イタリア人FWミルコ・アンテヌッチ(33)との契約を2020年まで延長したことを発表した。現行の契約から1年更新した格好だ。 ▽2016年にリーズ・ユナイテッドからフリーでSPALに加入したアンテヌッチは、昨季のセリエBで37試合に出場すると、チームトップとなる18ゴールを記録し、セリエA昇格に大きく貢献。 ▽1968年以来のセリエA挑戦となったSPALで、今季もここまでセリエAで22試合に出場しチームトップの8ゴールをマークしている。 2018.03.14 04:29 Wed
twitterfacebook
thumb

序盤のアラン弾でウノゼロ勝利のナポリがクラブ記録の9連勝で首位堅持!《セリエA》

▽セリエA第25節、ナポリvsSPALが18日にサン・パオロで行われ、ホームのナポリが1-0で勝利した。 ▽前節、ラツィオとの上位対決を4-1で快勝した8連勝の首位ナポリが降格圏の18位に低迷するSPALをホームに迎えた一戦。セリエAでは勝ち点1差の2位ユベントスと共に熾烈なスクデット争いを繰り広げる一方、ミッドウィークに行われたヨーロッパリーグ(EL)ではRBライプツィヒにホームで1-3の厳しい敗戦を強いられたナポリ。同じサン・パオロでバウンスバックが求められる今回の一戦では先発6人を変更。インシーニェやメルテンス、ジョルジーニョら主力がスタメンに入った。 ▽冷たい雨が降りしきる中でスタートした一戦はホームのナポリが立ち上がりから圧倒。開始3分にボックス左のインシーニェが右ポスト直撃のシュートを放つと、直後の6分にはボックス手前で前向きに仕掛けたアランがカジェホンとの短いパス交換でゴール前に抜け出しあっさりと先制点を奪った。 ▽早い時間帯の先制点で勢いづくホームチームは9分にもハムシクの浮き球の左クロスに反応したカジェホンがゴール右至近距離からシュートも、これはGKの好守に遭う。 ▽その後も質の高いパスワークで相手の守備に的を絞らせないナポリは圧倒的なボールポゼッションで試合をコントロール。この流れの中でメルテンスやハムシク、インシーニェがフィニッシュに絡んでいくが、失点後も守備のバランスを崩さないSPALを前になかなか2点目を奪うことができなかった。 ▽結局、ナポリの1点リードで折り返した試合は後半も同様の展開が続いていく。早い時間帯に試合を決めたいナポリは63分、中盤でのアランのボール奪取からショートカウンターを仕掛けると、こぼれ球を回収したアランの浮き球クロスをハムシクが頭で流し込む。しかし、ビデオ・アシスタントレフェリー(VAR)による確認の結果、ハムシクのオフサイドを取られてゴールは認められず。 ▽その後も1-0のスコアで試合が推移していく中、逃げ切りを図るナポリはハムシク、カジェホン、ジョルジーニョを下げてジエリンスキ、ログ、A・ディアワラをピッチに送り出し試合を締めにかかる。 ▽結局、立ち上がりのアランの先制ゴール以降、スコアは動かぬまま試合はナポリの1-0でタイムアップ。持ち味の攻撃力は鳴りを潜めたものの格下相手に完璧に試合をコントロールしたナポリが、1シーズンでのクラブ記録となる9連勝を達成し2位ユベントスとの勝ち点差1をキープした。 2018.02.19 01:17 Mon
twitterfacebook
thumb

クトローネのドッピエッタやビリアの移籍後初弾などでミランが4発快勝《セリエA》

▽ミランは10日、セリエA第24節でSPALとのアウェイ戦に臨み、4-0で快勝した。 ▽前節ウディネーゼ戦をスソのスーパーゴールで先制したものの、カラブリアの退場もあって1-1の引き分けに持ち込まれ、4連勝を逃がした8位ミラン(勝ち点35)は、クトローネとR・ロドリゲスが先発に戻った。 ▽6戦勝利のない18位SPAL(勝ち点17)に対し、ミランは開始2分に先制する。CKの流れからボックス右角のスソが上げたクロスをファーサイドのロマニョーリがヘディングシュート。GKが弾いたルーズボールをクトローネが押し込んだ。 ▽その後は前がかるSPALに押し込まれる状況を強いられたミランは、33分にようやくボナヴェントゥーラとのワンツーからチャルハノールがミドルシュートを狙ってSPALをけん制。続く35分にはボナヴェントゥーラがボレーシュートに持ち込んだが、GKにセーブされた。 ▽なかなかリズムに乗り切れないミランは41分、ヴィヴィアーノの直接FKが右ポストを直撃してひやりとさせられたが、1点をリードしたまま後半へ折り返した。 ▽後半立ち上がり、圧力をかける入りを見せたミランは、パロスキを投入してきたSPALに対し65分に突き放す。右サイドから中へ切れ込んで放ったスソのシュートがGKを強襲してルーズとなると、ゴール前のクトローネが詰めた。 ▽さらに73分、ビリアに移籍後初ゴールが生まれる。ボックス手前中央でボールをカットしたビリアがすかさずシュートを蹴り込んだ。3-0としたミランはビリアとクトローネをお役御免とし、モントリーボとアンドレ・シウバを投入。 ▽そして終了間際、モントリーボのスルーパスをボックス左で受けたボリーニが決めて4-0としたミランが快勝している。 2018.02.11 00:59 Sun
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース