1968年以来のセリエA昇格を掴んだSPALがセンプリチ監督と2019年まで契約更新2017.05.15 20:45 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽2017-18シーズンからのセリエA昇格を決めたSPALは15日、レオナルド・センプリチ監督(49)との契約更新を発表した。新契約は2年間となり、契約期間は2019年までとなる。

▽フィオレンティーナU-19で指揮を執っていたセンプリチ監督は、2014年12月にSPALの指揮官に就任。当時レガ・プロ・ジローネB(イタリア3部)に所属していたチームを率いると、2015-16シーズンに1位となりセリエBへ昇格。昇格1年目の今シーズンは、セリエBで首位をキープし最終節を残してセリエA昇格を決めていた。

▽SPALのセリエA挑戦は1967-68シーズン以来となり、3部リーグから2シーズンでのトップリーグ昇格を果たしたセンプリチ監督の手腕に大きな期待が懸かる。なお、センプリチ監督とともに、テクニカルスタッフとも2年間の契約を結んでいる。

コメント

関連ニュース

thumb

攻撃陣揃い踏みのユベントスが4発快勝で2連勝《セリエA》

▽ユベントスは25日、セリエA第10節でSPALをホームに迎え、4-1で快勝した。 ▽前節ウディネーゼ戦をマンジュキッチが退場しながらもケディラのトリプレッタで6-2と大勝して3試合ぶりの勝利を飾った3位ユベントス(勝ち点22)は、ウディネーゼ戦のスタメンから5選手を変更。出場停止のマンジュキッチをはじめ、GKブッフォンやキエッリーニ、ピャニッチら主力がベンチスタートとなり、ベルナルデスキやドグラス・コスタ、ベンタンクールらがスタメンとなった。 ▽第2節以来勝利のない19位SPAL(勝ち点5)に対して、2列目に右からベルナルデスキ、ディバラ、ドグラス・コスタと並べる[4-2-3-1]で臨んだユベントスが立ち上がりから一方的な展開に持ち込むと、14分に華麗な連係から先制する。ディバラのパスをドグラス・コスタがダイレクトでつなぐと、ボックス手前右のベルナルデスキがトラップからハーフボレーでのシュートをゴール左に叩き込んだ。 ▽さらに22分、ボックス手前右で得たFKをディバラがゴール右上へ流し込んで追加点を挙げたユベントスだったが、34分に失点する。ショートコーナーの流れからボックス手前左のマッティエッロにシュートを打たれると、ゴールエリア右のパロスキに押し込まれた。 ▽さらに迎えた後半、押し込まれる流れが続くと、52分にピンチ。ボックス内への侵入を許したパロスキにシュートを打たれたが、バルザーリが好スライディングでカットした。さらに53分、CKの流れからパロスキのシュートはバーを直撃。オイコノムにヘディングで流し込まれるもビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)によってオフサイド判定となり、助かった。 ▽後半に入って思うようにボールをつなげず、流れの悪いユベントスはベンタンクールに代えてピャニッチを投入。すると65分、そのピャニッチの左CKからルーズボールをボックス右のイグアインが左足でゴールへ流し込んで勝負を決定付けた。 ▽さらに70分、ドグラス・コスタの左クロスをファーサイドのクアドラードがダイビングヘッドで叩き込んだユベントスは、75分にはケディラに代えて開幕戦以来の出場となる負傷明けのマルキジオを投入。 ▽余裕の展開として4-1で試合を終わらせて2連勝とし、次節ミランとのビッグマッチに臨むこととなった。 2017.10.26 06:20 Thu
twitterfacebook
thumb

昇格組SPALに大苦戦も競り勝ったナポリが開幕6連勝《セリエA》

▽ナポリは23日、セリエA第6節でSPALとのアウェイ戦に臨み、3-2で逆転勝利した。 ▽前節ラツィオ戦では5分間の3発で鮮やかな逆転勝利を収めて開幕5連勝としたナポリは、火曜日に必勝のCLフェイエノールト戦を控える中、アルビオル以外に主力を温存せず6連勝を目指した。 ▽立ち上がりからナポリが仕掛ける入りとなったものの、13分にまさかの先制を許してしまう。アンテヌッチの落としたパスを、ペナルティアーク右のスキアッタレッラに豪快なミドルシュートでゴール左隅に突き刺されてしまった。 ▽それでも直後の14分、ナポリはカジェホンのパスを受けたボックス右のインシーニェが反転からの左足シュートでゴール右に沈め、すかさず同点とした。 ▽その後もナポリが押し込む流れが続くと、前半終盤の44分にグラムの左クロスにニアのインシーニェがうまく合わせたシュートはGKゴミスの正面を突き、前半を1-1で終えた。 ▽迎えた後半もナポリが敵陣で試合を進めるも単調な攻撃が続き、SPALを崩すことができない。 ▽それでもミリクを投入して前線の枚数を増やしたナポリは、直後の71分に逆転に成功する。グラムの左クロスをカジェホンが頭で押し込んだ。 ▽その後、メルテンスが決定的なシュートを浴びせたナポリだったが、GKゴミスに阻まれると、78分に同点とされる。ボックス手前左で許したFKをヴィヴィアーニにGKレイナの逆を突く形で直接ゴール右へ蹴り込まれた。 ▽しかし83分、グラムがドリブルで持ち上がってボックス手前左から右足でシュート。これがゴール右隅に決まってナポリが個人技で勝ち越しに成功した。 ▽終盤にかけては危なげなく試合を締めたナポリが3-2で辛勝。開幕6連勝としている。 2017.09.24 03:04 Sun
twitterfacebook
thumb

PK2発のミランが昇格組SPALに快勝で今季4勝目《セリエA》

▽ミランは20日、セリエA第5節でSPALをホームに迎え、2-0で勝利した。 ▽3日前に行われた前節ウディネーゼ戦を2-1と振り切って勝利を取り戻したミランは、ウディネーゼ戦のスタメンから4選手を変更。引き続き3バックを採用し、前節ドッピエッタのカリニッチとヨーロッパリーグ初戦のオーストリア・ウィーン戦でトリプレッタを達成したアンドレ・シウバが2トップを形成した。 ▽前節カリアリに敗れて2連敗となった昇格組のSPALに対し、ミランが攻勢に出ていくと、25分にPKを獲得する。リカルド・ロドリゲスのシュートはGKにセーブされるも、ルーズボールを拾ったカリニッチがGKゴミスに倒された。このPKをリカルド・ロドリゲスが決めて、ミランが先制した。 ▽その後もロマニョーリやアンドレ・シウバのミドルシュートで追加点に迫ると、60分にケシエがボックス内で倒されてPKを獲得。これをケシエ自ら決めてリードを広げたミランが2-0で快勝。今季4勝目を挙げている。 2017.09.21 06:46 Thu
twitterfacebook
thumb

インテル、イカルディ“VAR”PK弾&ペリシッチのゴラッソで開幕3連勝! ベンチスタートの長友に出番なし《セリエA》

▽インテルは10日、セリエA第3節のSPAL戦に臨み、2-0で勝利した。インテルでプレーする長友は、今シーズン初のベンチスタート。最後まで出番がなかった。 ▽セリエA開幕2連勝で好スタートを切ったスパレッティ新体制のインテル。今節は本拠地ジュゼッペ・メアッツァで昇格組のSPALを迎え撃つ。先発は前節のローマ戦から2枚変更。ヴェシーノと長友に代わり、ジョアン・マリオとダウベルトがスターティングメンバー入りを果たした。 ▽[4-2-3-1]のシステムで立ち上がったインテルは、5分にイカルディのポストプレーからガリアルディーニが強烈な右足シュート。13分にもガリアルディーニがミドルレンジからゴールを狙うなど、序盤からサイドを起点とした攻撃でSPALゴールに襲いかかる。 ▽序盤から流れを掴むインテルは22分、1つの縦パスからペリシッチ、イカルディ、ジョアン・マリオが絡む華麗な崩しで中央突破。この流れからジョアン・マリオがボックス内でファウルを受けて倒されると、VAR判定で得たPKをイカルディが確実に沈め、インテルが先制した。 ▽イカルディの3戦連発となるシーズン5得点目で均衡を破ったインテルは、その後も試合の主導権を握る。29分にイカルディがボックス右深くからシュートを放てば、35分にカンドレーバがミドルシュート。前半終了間際にはパロスキに決定機を許したが、事なきを得て1点リードでハーフタイムを迎えた。 ▽後半も序盤から攻勢をかけたインテルは、早々にジョアン・マリオの仕掛けからペリシッチに好機。52分にもボルハ・バレロがシュートの形に持ち込むなど、優位に試合を進める。だが、ボリエッロとパロスキの2トップにボールが収まり始めたSPALも徐々に前がかりに。インテル優勢の展開に陰りが見え始める。 ▽66分に1枚目の交代カードでジョアン・マリオからブロゾビッチにスイッチしたインテルは73分、チーム全体で前に押し上げた流れからシュクリニアルが相手の意表を突くミドルシュートを放つ。相手GKも一歩も踏み出せないタイミングでのシュートだったが、クロスバー直撃。インテルの追加点とはならない。 ▽その後、ボルハ・バレロを下げてヴェシーノを起用したインテル。重たい展開が続くが、87分には先日に契約延長が発表されたクロアチア人ウィンガーが試合を決める。右サイド深くで折り返されたダンブロージオのクロスからペリシッチが左足ダイレクトのゴラッソ。SPALを下したインテルが開幕3連勝を飾っている。 2017.09.10 21:29 Sun
twitterfacebook
thumb

SPAL、サンプドリアからU-20イタリア代表FWボナッツォーリをレンタル移籍で獲得

▽SPALは23日、サンプドリアに所属するU-20イタリア代表のフェデリコ・ボナッツォーリ(20)を買い取りオプション付きの1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。背番号は「9」に決定している。 ▽インテルの下部組織出身であるボナッツォーリは、2014年にセリエAデビュー。その後、2015年2月にサンプドリアに完全移籍を果たすも、レンタル移籍によりインテルでプレーし続けた。2016年には当時セリエB(イタリア2部)のランチャーノへレンタル移籍。昨シーズンはブレシアへレンタルで加入し、セリエBで25試合に出場して2ゴール2アシストを記録していた。 ▽なお、世代別の代表でも常に選出され続け、2014年11月には最年少記録となる17歳6カ月という若さでU-21イタリア代表デビューを飾っている。 2017.08.23 09:12 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース