1968年以来のセリエA昇格を掴んだSPALがセンプリチ監督と2019年まで契約更新2017.05.15 20:45 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽2017-18シーズンからのセリエA昇格を決めたSPALは15日、レオナルド・センプリチ監督(49)との契約更新を発表した。新契約は2年間となり、契約期間は2019年までとなる。

▽フィオレンティーナU-19で指揮を執っていたセンプリチ監督は、2014年12月にSPALの指揮官に就任。当時レガ・プロ・ジローネB(イタリア3部)に所属していたチームを率いると、2015-16シーズンに1位となりセリエBへ昇格。昇格1年目の今シーズンは、セリエBで首位をキープし最終節を残してセリエA昇格を決めていた。

▽SPALのセリエA挑戦は1967-68シーズン以来となり、3部リーグから2シーズンでのトップリーグ昇格を果たしたセンプリチ監督の手腕に大きな期待が懸かる。なお、センプリチ監督とともに、テクニカルスタッフとも2年間の契約を結んでいる。

コメント

関連ニュース

thumb

SPAL、トリノからGKゴミスを買い取り義務のレンタル移籍で獲得

▽SPALは8日、トリノからGKアルフレッド・ゴミス(23)を買い取り義務のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ▽トリノのプリマヴェーラ出身のA・ゴミスは、2013年にトップチームに昇格。しかし、トップチームでは出場機会を得られず、国内クラブへのレンタル移籍を繰り返し、昨季はボローニャに半シーズン、セリエBのサレルニターナで半シーズンを過ごした。 ▽サレルニターナでは、リーグ戦22試合に出場し、8試合のクリーンシートを達成した。 2017.07.09 00:35 Sun
twitterfacebook
thumb

SPALがFWパロスキとMFヴィヴィアーニを買い取りオプション付きのレンタルで獲得

▽SPALは8日、スウォンジーのイタリア人FWアルベルト・パロスキ(27)と、ヴェローナのイタリア人MFフェデリコ・ヴィヴィアーニ(25)を共に買い取りオプション付きのレンタルで獲得したことを発表した。 ▽ストライカーのパロスキはパルマやキエーボで活躍後、スウォンジーから2016年夏にアタランタへ移籍。2016-17シーズンはセリエAで13試合に出場したが、ゴールは奪えなかった。 ▽一方、ローマのプリマヴェーラ出身でセントラルMFのヴィヴィアーニは、2015年夏にローマからヴェローナへ完全移籍。2016-17シーズンはレンタル先のボローニャにてセリエAで17試合に出場2ゴールを記録していた。 2017.07.08 05:08 Sat
twitterfacebook
thumb

SPALがウディネーゼからベテランDFフェリペを完全移籍で獲得

▽来季からセリエAに昇格するSPALは3日、ウディネーゼからブラジル人DFフェリペ(32)を完全移籍で獲得した。契約期間は3年間となる。 ▽フェリペは、ウディネーゼのプリマヴェーラ出身で2002年7月にトップチームに昇格。ウディネーゼで8シーズンを過ごした後、2010年6月に2009-10シーズンの途中からレンタルで加入していたフィオレンティーナへ完全移籍。その後、チェゼーナやシエナ、パルマ、インテルなど国内クラブを渡り歩き、2015年8月に古巣ウディネーゼに帰還した。 ▽ウディネーゼ帰還後は、主力メンバーとして公式戦60試合に出場。今シーズンもセリエA32試合に出場し1ゴールを記録していた。 2017.07.04 03:10 Tue
twitterfacebook
thumb

SPAL、王者ユベントスから元U-20イタリア代表DFマッティエッロをレンタルで獲得

▽来季からセリエAに昇格するSPALは3日、ユベントスから元U-20イタリア代表DFフェデリコ・マッティエッロ(21)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ▽ユベントスのプリマヴェーラ出身のマッティエッロは、2014年7月にトップチームに昇格。同年11月に行われたパルマ戦でセリエAデビューを飾ったが、その後は公式戦3試合の出場に留まり、2015年2月にキエーボへレンタル移籍した。 ▽キエーボでは、2015年3月に行われたローマ戦で長期離脱となる重傷を負うも、7月にレンタル延長が決定。しかし、長期離脱の影響もあり在籍1年半で公式戦4試合の出場に留まった。ユベントスへ復帰した2016-17シーズンは、リザーブチームでのプレーを強いられていた。 2017.07.04 01:38 Tue
twitterfacebook
thumb

SPAL1968年以来のセリエA昇格を掴んだSPAL、ボローニャから2選手を獲得

▽来季からセリエAに昇格するSPALは3日、ボローニャからギリシャ代表DFマリオス・オイコノム(24)とイタリア人MFルカ・リッツォ(25)をレンタル移籍で獲得した。 ▽なお、オイコノムは一定の条件を満たすと買取り義務が発生する契約になっており、リッツォは買い取りオプション付きの契約となっている。 ▽2014年の夏にボローニャへフリーで加入したオイコノムは、在籍3シーズンで公式戦74試合に出場。2016-17シーズンはリーグ戦17試合に出場するなど、準主力として活躍した。 ▽また、2016年3月にギリシャ代表に初招集されたオイコノムは、同年3月24日に行われたモンテネグロ代表戦で代表デビュー。これまで5試合に出場している。 ▽一方、サンプドリアユース出身のリッツォは、2011年にトップチームに昇格。しかし、トップチームでは思うように出場機会を得ることができず、ピサやモデナといった国内クラブへのレンタル移籍を繰り返していた。 ▽それでも2014-15シーズンに復帰したサンプドリアで遂にセリエAデビューを飾ると、2015年の夏にボローニャへレンタルで加入し、リーグ戦23試合に出場。翌年にはボローニャへ完全移籍したが、このシーズンはリーグ戦12試合の出場に留まった。 2017.07.04 00:01 Tue
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース