C大阪が清武の古巣セビージャと7月17日に対戦2017.05.15 18:24 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽セレッソ大阪は15日、7月17日(月・祝)にヤンマースタジアム長居でセビージャと対戦することが決まったと発表した。

▽今回の試合は、「StubHub ワールドマッチ 2017」として開催される。「StubHub ワールドマッチ 2017」は、Jリーグのサマーブレイク期間に海外の強豪クラブを招へいし、J1クラブと対戦する「Jリーグインターナショナルシリーズ」として行われる。このシリーズは、Jクラブの国際試合経験機会の創出、魅力あるサッカーを多くの人に見せる機会の創出が目的とされている。

▽セビージャは今シーズン、リーガエスパニョーラ第37節を終了した現時点で4位に位置。来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権を確保している。また、C大阪のMF清武弘嗣が2月1日にC大阪に復帰するまで所属していた古巣であることでも知られている。

▽なお、キックオフ時刻、試合放映、チケット購入方法等の詳細は決定次第発表されるとのことだ。

コメント

関連ニュース

thumb

【六川亨の日本サッカー見聞録】池田3兄弟の長男は日本人初のフィジコ

▽昨日25日はJ1リーグのFC東京対広島戦を取材した。首位の広島のサッカーに興味があったし、広島の城福浩監督と池田誠剛フィジカルコーチは、かつてFC東京在籍時に取材でお世話になったため、お礼をしたかったからだ。 ▽試合はディエゴオリヴェイラの2ゴール1アシストの活躍により、FC東京が3-1と快勝して広島に今シーズン初黒星をつけた。広島もパトリックを軸に後半は反撃に転じ、25分過ぎからはFC東京を圧倒したものの、1点を返すのが精一杯だった。試合前、池田フィジコが「核となる選手が少ない」と漏らしたように、選手の個の力の差が出た試合でもあった。 ▽さて池田フィジコである。日本人フィジコの第1号でもある彼は、浦和ルーテル学院から早稲田大に進学。卒業後は古河でプレーしたが、膝を壊してJリーグが開幕する前の91年に現役を引退した。その後はジェフユナイテッド市原(現・千葉)のトレーナーに就任。そんな彼の転機になったのが、94年のアメリカW杯だった。 ▽単身アメリカに渡り、ブラジル代表と直談判して帯同の許可をもらい、フィジカルコーチの仕事をつぶさに見た。この2ヶ月間のブラジル代表との研修で、彼の将来は大きく変わる。それまでJリーグのフィジコといえばブラジル人が占めていたが、日本人フィジコの誕生としてパイオニアになった。 ▽その後は岡田武史監督率いる横浜FMでリーグ連覇に貢献し、洪明甫監督の下ではU-23韓国代表のフィジコとして12年のロンドン五輪では銅メダル獲得。13年は1年間の期間限定だが、洪明甫監督の了解を得て、岡田監督が就任した中国Cリーグの杭州緑城のフィジコに就任。そして14年は韓国代表のフィジコとして洪明甫監督をサポートした。 ▽日本のライバルである韓国代表のフィジコを務める池田氏を敵視する意見もネットでは散見されたが、本人は意に介さない。そんなアジアの3カ国でフィジコを務めた池田氏は「日本は環境の良さが選手の自主性につながっている。韓国は強制的な指導のため自主性に欠けるが、辛い練習にも耐えられる。そして中国は個の発想が強く、チームのためにという価値観に乏しい」と分析する。3カ国で指導経験のある池田氏ならではの国民性の違いだ。 ▽16年は早稲田大サッカー部の同期である城福監督に誘われFC東京のフィジコに就任したものの、城福監督が不振の責任を問われて解任されると池田氏もチームを去る。当時はACLと並行してのリーグ戦だったため、「過密日程ではフィジカルを上げるよりコンディションの維持に務めた。(ACL敗退で)これからフィジカルの強化に取り組める」と話した矢先の解任だった。 ▽古巣に今シーズン初黒星を喫したものの、まだ首位は変わらない。池田フィジコの本領が発揮されるのは夏場と予想しているので、W杯後のリーグ再開が楽しみだ。 ▽ちなみに池田フィジコの次男である直人氏は、武南高校で全国制覇を達成し、早稲田大を経て全日空(横浜Fの前身)でプレー。現在は同社の社員として働いている。そして三男の伸康氏は帝京高校で高校総体ベスト4、兄と同じく早稲田大を経て93年に浦和に入団。現在はトップチームのコーチを務めている。浦和で「池田三兄弟」と言えば、オールドファンならすぐに思い出すはずだ(その前には西野三兄弟も話題になったが、長男の朗氏“現・日本代表監督”ほど次男と三男は活躍できなかった)。<hr>【六川亨】1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。 2018.04.26 20:00 Thu
twitterfacebook
thumb

【Jリーグ出場停止情報】湘南DF岡本拓也が出場停止

▽Jリーグは27日、明治安田生命J1リーグ第11節の出場停止選手を発表した。 ▽今回J1では、湘南ベルマーレのDF岡本拓也が累積警告により、浦和レッズ戦に出場できない。すでに発表された明治安田生命J2リーグ第11節、明治安田生命J3リーグ第8節の出場停止選手も含めて、今回発表されたJリーグ出場停止選手は以下の通り。 <span style="font-weight:700;">【明治安田生命J1リーグ】</span> <span style="font-weight:700;">DF岡本拓也</span>(湘南ベルマーレ) 明治安田生命J1リーグ第11節 vs浦和レッズ(4/28) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">【明治安田生命J2リーグ】</span> <span style="font-weight:700;">DF福井諒司</span>(水戸ホーリーホック) 明治安田生命J2リーグ第11節 vs京都サンガF.C.(4/28) 今回の停止:1試合停止 <span style="font-weight:700;">DF菅和範</span>(栃木SC) 明治安田生命J2リーグ第11節 vsモンテディオ山形(4/28) 今回の停止:1試合停止 <span style="font-weight:700;">MFヘニキ</span>(栃木SC) 明治安田生命J2リーグ第11節 vsモンテディオ山形(4/28) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">MF中山雄登</span>(ロアッソ熊本) 明治安田生命J2リーグ第11節 vsファジアーノ岡山(4/28) 今回の停止:1試合停止 <span style="font-weight:700;">【明治安田生命J3リーグ】</span> <span style="font-weight:700;">DF藤原拓也</span>(アスルクラロ沼津) 明治安田生命J3リーグ第8節 vsガイナーレ鳥取(4/28) 今回の停止:1試合停止 <span style="font-weight:700;">FWレオナルド</span>(ガイナーレ鳥取) 明治安田生命J3リーグ第8節 vsアスルクラロ沼津(4/28) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">FW安藤瑞季</span>(セレッソ大阪U-23) 明治安田生命J3リーグ第8節 vsAC長野パルセイロ(4/28) 今回の停止:1試合停止 2018.04.26 17:30 Thu
twitterfacebook
thumb

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第10節】持ち前の運動量で“オズの魔法”を無力化した太陽王の小兵を選出

▽明治安田生命J1リーグ第10節の9試合が25日に開催された。超WS編集部が今節の各試合で印象に残った選手の中からベストイレブンを紹介する。 ◆寸評(所属/今シーズンの選出回数) GKク・ソンユン(北海道コンサドーレ札幌/初選出) ▽攻撃サッカーの横浜FMの猛攻を凌ぎ最少の1失点。チームの勝利に貢献した DF内田篤人(鹿島アントラーズ/初選出) ▽3戦連続の先発でパフォーマンスも向上。復帰した同サイドの遠藤康との連携で攻撃参加も増え、ゴール前でパスを受けるシーンなど良さを出した DF坂圭祐(湘南ベルマーレ/初選出) ▽リーグ2試合の出場ながら、3バックを統率。好調を維持するFWファン・ウィジョにもしっかり対応し、20年ぶりのガンバ大阪撃破に一役買った DF田上大地(V・ファーレン長崎/初選出) ▽嬉しいJ1初ゴール。相手のクリアミスに鋭く反応し、均衡した試合に風穴を空けた。守備でもチームの4連勝に貢献 MF清武弘嗣(セレッソ大阪/初選出) ▽今季初先発で自身Jリーグ初の2ゴールの活躍。得点だけでなくチームのゲームメイクに大きく貢献し逆転勝利を呼び込んだ MF菊地俊介(湘南ベルマーレ/初選出) ▽気の利いたポジショニングで守備のフィルターをかけるとともに、殊勲のミドルシュートでチームに白星をもたらす MF高萩洋次郎(FC東京/初選出) ▽献身的なプレーで中盤のバランスをとる一方で、持ち前のパスセンスも披露。51分のディエゴ・オリヴェイラへのアシストは圧巻 MF阿部浩之(川崎フロンターレ/初選出) ▽1ゴール1アシストの活躍。後半攻撃が活性化したことで、自身の良さを発揮した。家長昭博との連携で見せた小林悠へのアシストも良かった MF中川寛斗(柏レイソル/初選出) ▽前線からのハイプレスだけでなく、ピッチ全体に顔を出し、豊富な運動量を披露。結果、決勝点もゲット FW鈴木優磨(鹿島アントラーズ/初選出) ▽左サイドに流れるプレーで攻撃を活性化。同点ゴールも難しボールに反応した。90分間通して神戸守備陣を悩ませた FWディエゴ・オリヴェイラ(FC東京/2回目) ▽圧巻のパフォーマンスで2G1A。首位の広島に今季リーグ戦初黒星をつけた。FC東京躍進の立役者ぶりを発揮 2018.04.26 14:20 Thu
twitterfacebook
thumb

浦和、“オズの魔法”は発動せず5戦ぶり黒星…終盤パワープレーも柏にウノゼロ敗北《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第10節の柏レイソルvs浦和レッズが25日に三協フロンテア柏スタジアムで行われ、1-0で柏が勝利した。 ▽リーグ連敗中の柏は0-1で敗北した前節のV・ファーレン長崎戦からスタメンを2名変更。中谷、亀川に代えて、鎌田、中川を起用した。 ▽対するリーグ4試合負けのないの浦和は0-0で引き分けた前節の北海道コンサドーレ札幌戦からスタメンを1名のみ変更。初陣となるオズワルド・オリヴェイラ新監督は、阿部に代えて、マウリシオを起用した。 ▽序盤からにらみ合いのような時間が続いたが、10分に柏が最初のチャンスを作り出す。右サイドの小池がアーリークロスを供給すると、ボックス内のクリスティアーノが強烈なヘディングシュートを叩きつけるように放つ。しかし、シュートはGK西川にセーブされた。 ▽24分、今度は浦和が柏ゴールに迫っていく。ボックス手前で縦パスを受けた柏木が、左に展開。しかし、左サイドの興梠が上げたクロスは柏DFにブロックされ、こぼれ球に反応した遠藤のシュートも得点には繋がらなかった。 ▽さらに35分、ボックス右でボールを持った橋岡が、中央にカットイン。柏DFのチェックに遭いボールタッチが大きくなると、ボックス内の長澤がシュートを狙う。GK中村の好守に阻まれて得点とはいかなかったものの、柏ゴールを脅かした。 ▽しかし、結局前半中に得点は生まれず。勝負の行方は後半に委ねられることとなった。 ▽53分、豊富な運動量を保ち攻勢をかける柏が、決定機を得る。ボックス手前の伊東が最前線の中川へのパスを通す。しかし、中川がボックス内で放ったシュートはGK西川に阻まれた。 ▽72分、柏の攻撃が実を結ぶ。左サイドの中川がクロスを上げ、ボックス内の江坂が頭で中央に折り返す。うまく浦和DFの前に身体を入れた中川がワントラップしてシュートコースを確保して右足を振り抜き、貴重な先制弾とした。 ▽追いつきたい浦和は、78分にやや疲れのみえる興梠に代えて李を起用。タイプの違うフォワードを送り出し、攻撃に変化をつけていく。 ▽試合の最終盤、浦和は槙野やマウリシオを最前線に上げてパワープレーを行うが、最後まで決め切ることはできず。1-0で柏がリードを保ったまま試合終了の笛を聞くこととなった。 ▽この結果、浦和はオズワルド・オリヴェイラ監督初陣でリーグ5試合ぶりの敗北を喫し幸先の悪いスタートを切ることに。対する柏は、リーグ3試合ぶりの白星を手にした。 2018.04.25 21:45 Wed
twitterfacebook
thumb

札幌、アタッキングサッカー対決制しホームで横浜FMに逆転勝利!《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第10節、北海道コンサドーレ札幌vs横浜F・マリノスが10日に行われ、2-1で札幌が勝利した。 ▽今季から新たにミハイロ・ペトロヴィッチ監督を招へいし、攻撃的サッカーにシフトした4位の札幌(勝ち点15)。第4節以降無敗と目に見えて好調が続いている最北チームは、今節同じく攻撃的サッカーを志向する横浜FMと対戦に向けて前節の浦和戦から1選手を変更。荒野に代えて駒井を先発起用した。 ▽札幌とは対照的に15位に甘んじている横浜FM(勝ち点9)は、こちらは攻撃スタイル浸透に苦戦中。それでも前節の4発に加え札幌戦4連勝中と勝利へのピースは揃っている。そんな中、今節はミロシュ・デゲネクとオリヴェエ・ブマルに代えて金井と仲川を起用してアウェイ戦に臨んだ。 ▽最初にチャンスを掴んだのは横浜FM。3分、オフサイドラインギリギリで抜け出したユン・イルロクが左サイドからクロスを上げる。これをウーゴ・ヴィエイラが頭で合わせるがGKク・ソンヨンにはじき出される。 ▽対する札幌も8分、左サイドのクロスをファーサイドの三好が折り返すと、都倉が頭で押し込みにかかるが惜しくも枠の外へ。20分には、横浜FMの背後の広大なスペースを都倉が突くが、オフサイドトラップにかかる。 ▽序盤から、前線から激しいプレスをかける横浜FMに思わぬチャンスが。30分、相手のパスミスが天野に渡ると、敵陣中央からドリブルでペナルティエリア左に侵入。左足を振り抜いたがGKにセーブされてしまう。さらに39分には、右サイドからのマイナスのクロスをウーゴ・ヴィエイラがヒールで狙うが枠を捉えることが出来ず。 ▽このまま終わるかに思われた前半だったが43分、左CKを中澤が折り返すと、これを金井がダイビングヘッドで押し込んで横浜FMが先制。良い時間帯で得点して後半に向かった。 ▽ところが後半開始から4分後、札幌が牙を剥く。左サイドから福森がクロスを送ると、ゴール前で都倉が収める。相手を半身躱したところで右足で押し込み同点とした。 ▽この勢いのまま主導権を握る札幌は66分、左サイドで菅がボールを奪うとそのままサイドを攻め上がってクロスを供給。このクロスに、進藤がヘディングで飛び込んで逆転弾を決めた。 ▽札幌が歓声に沸く中、5試合ぶりの白星を目指す横浜FMは76分、左サイドからカットインしたユン・イルロクが得意の形でシュートまで持っていくが、右足のシュートはポストに弾かれてしまう。 ▽その後もボールを持ててはいる横浜FMだが得意の攻撃サッカーが機能しない。試合終了間際にはボックス手前右の位置でFKを獲得。天野が直接狙うもGKク・ソンヨンのファインセーブに遭いネットを揺らすことはできない。 ▽4分の後半アディショナルタイムも経ち試合はここで終了。好調札幌が逆転で横浜FMを下し無敗をキープ。一方横浜FMは5試合勝利から遠ざかっている。 2018.04.25 21:42 Wed
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース