C大阪が清武の古巣セビージャと7月17日に対戦2017.05.15 18:24 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽セレッソ大阪は15日、7月17日(月・祝)にヤンマースタジアム長居でセビージャと対戦することが決まったと発表した。

▽今回の試合は、「StubHub ワールドマッチ 2017」として開催される。「StubHub ワールドマッチ 2017」は、Jリーグのサマーブレイク期間に海外の強豪クラブを招へいし、J1クラブと対戦する「Jリーグインターナショナルシリーズ」として行われる。このシリーズは、Jクラブの国際試合経験機会の創出、魅力あるサッカーを多くの人に見せる機会の創出が目的とされている。

▽セビージャは今シーズン、リーガエスパニョーラ第37節を終了した現時点で4位に位置。来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権を確保している。また、C大阪のMF清武弘嗣が2月1日にC大阪に復帰するまで所属していた古巣であることでも知られている。

▽なお、キックオフ時刻、試合放映、チケット購入方法等の詳細は決定次第発表されるとのことだ。

コメント

関連ニュース

thumb

京都がU-18所属のU-19日本代表MF福岡慎平、MF上月壮一郎を2種登録

▽京都サンガF.C.は20日、U-18所属のMF福岡慎平(17)とMF上月壮一郎(17)をトップチームに2種登録することを発表した。 ▽福岡と上月は、共に世代別の日本代表を経験。2017年にはU-17日本代表として、インドで行われたU-17ワールドカップにも出場していた。また、今年に入ってからはU-19日本代表にも選出されている。 ▽なお、背番号は福岡が「35」、上月が「36」を背負うことも発表されている。 2018.01.20 14:46 Sat
twitterfacebook
thumb

浦和の日本代表DF槙野智章が女優の高梨臨さんとの結婚を報告「どんな時も、笑顔で私の横でポジティブに支えてくれました」

▽浦和レッズの日本代表DF槙野智章(30)が、自身のインスタグラム(makino.5_official)で結婚することを発表した。お相手は、女優の高梨臨(29)さんとのことだ。 ▽槙野と高梨さんはかねてから交際していることが報じられており、結婚が近づいていると報じられていた。 ▽槙野は、サンフレッチェ広島の下部組織で育ち、ケルンへの移籍を経て2012年から浦和でプレー。日本代表でも活躍し、ロシア・ワールドカップでの活躍が期待されている。 ▽一方の高梨さんは、2008年映画『GOTH』にヒロインの森野夜役で出演し、映画デビュー。その後もドラマや映画などに出演し、今年のNHK大河ドラマ『西郷どん』にも出演している。 ▽槙野は、ファン・サポーターへ向けて結婚を報告すると共に、高梨さんに惹かれた理由や、6月に控えるロシア・ワールドカップへ向けて力になっていることを綴っている。 「いつも応援して頂いている浦和レッズファン、サポーターの皆様 そしてJリーグならびにサッカーを愛する全ての皆様へ」 「私事で大変恐縮ですが、ご報告があります。この度、かねてよりお付き合いさせて頂いておりました女優 高梨臨さんと結婚する運びとなりました」 「2018年自分自身非常に大事な年になります。自分にとって何よりも大事なこの年を高梨臨さんと共に歩み前に進める事。力強く、幸せだと感じています」 「お付き合いをさせて頂いてから自分が辛いとき、苦しいとき、どんな時も、笑顔で私の横でポジティブに支えてくれました。時には厳しく、時には優しく側に居てくれたおかげで、サッカーに集中した今を過ごせていると感じております。仕事に対しての姿勢や、目標に対してひたむきに努力する姿に心から惹かれ、尊敬しています」 「僕らはまだまだ発展途上の二人かもしれません。温かく見守って頂ければと思います」 ▽また、高梨さんも自身のインスタグラム(rintakanashi_official)を通じて槙野との結婚を報告した。 「いつも応援していただいている皆様 お世話になっている皆様」 「私事で大変恐縮ですが、ご報告があります。この度、かねてよりお付き合いさせて頂いておりました、槙野智章さんと結婚する運びとなりました。どんな時も明るく前向きな彼を心から尊敬しております。私達らしい、笑いの絶えない家庭を築いていきたいと思います」 「まだまだ未熟者な二人ではありますが、温かく見守っていただけたら幸いです。」 2018.01.20 12:25 Sat
twitterfacebook
thumb

元日本代表DF安田理大が新潟加入でJ復帰! 昨季は韓国2部・釜山でリーグ戦21試合1ゴール

▽アルビレックス新潟は20日、Kリーグチャレンジ(韓国2部)の釜山アイパークから元日本代表DF安田理大(30)を完全移籍で獲得したことを発表した。 ▽安田はガンバ大阪の下部組織出身で、2006年にG大阪ユースからトップチームに昇格。左サイドバックのレギュラーとしてプレーすると、2011年1月にフィテッセへと完全移籍。当初はレギュラーとプレーしたが、徐々に出場機会を失い、2013年9月にジュビロ磐田へと移籍した。 ▽磐田では3カ月のプレーに終わると、2014年はサガン鳥栖、2015年はヴィッセル神戸、2016年は名古屋とチームを渡り歩いていた。2017年2月に加入した釜山では、国内リーグ戦に21試合に出場して1ゴールを記録している。 ▽Jリーグ復帰となった安田は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「皆さんはじめまして。今年からアルビレックス新潟に加入することになりました安田理大です。 アルビレックス新潟のホームスタジアムであるデンカビッグスワンスタジアムには、たくさん試合で行っていますが、いつもサポーターの皆さんが温かいことや、新潟はご飯が美味しいイメージがあります。 新潟の地で皆さんと共に、1年でJ1に上がれるよう、自分の持っている力を100%出すので、厳しく、そして愛のある応援をよろしくお願いします」 2018.01.20 12:21 Sat
twitterfacebook
thumb

川崎Fへの移籍発表から1週間…齋藤学、移籍理由や横浜FMへの思いを明かす

▽横浜F・マリノスから川崎フロンターレへの移籍を決断した日本代表MFMF齋藤学が心境を明かした。 ▽横浜FMの下部組織で育ち、2008年にプロデビューを果たした齋藤は、2011年にFC愛媛へと期限付き移籍。その後横浜FMに復帰すると、2016シーズンの明治安田生命J1リーグでは33試合10ゴールを奪うなどチームの主力として活躍。昨シーズンからはジュビロ磐田に移籍した元日本代表MF中村俊輔の背番号「10」を引き継ぎキャプテンとしても任命されていた。 ▽しかし、齊藤は昨年9月に右ヒザ前十字じん帯を損傷。全治8カ月と発表されており、昨シーズンは明治安田生命J1リーグ25試合1ゴール、YBCルヴァンカップ2試合、天皇杯2試合2ゴールという成績にとどまった。現在はまだ完治していない中、今月12日に同選手の川崎Fへの完全移籍が発表された。 ▽驚きの移籍発表から1週間が経過した19日、齋藤学は自身のインスタグラム(manabu011)を更新。移籍を決断した理由や経緯を説明し、8歳から過ごしてきた横浜F・マリノスへの思いをつづった。 「僕はサッカーが好きで、プロの選手として成長したくて、純粋にその想いに駆られ今回、この道を選ぶことにしました」 「居心地の良いところにいるよりも新しいところに行く怖さ。正直、不安はあるし、緊張するし。それでもここまで叩かれて、戻る場所を無くすことになってまでも、挑戦すると決めました」 「みんなで一丸となって勝利した試合があった。悔しい思いをした試合もあった。あらゆることを「マリノス」で得て、学んだ。だからこそ、自分自身こうして移籍するなんて1つも想ってなかったです」 「でも、自分の成長のためにマリノスを離れる決断をしました。マリノスでも成長出来るだろ? そう思う方がいるのもわかります。でも僕の中では、サッカー選手としてこれまで積み上げてきたものやチーム内での立場、ここで一度リセットして、いちから始めることがさらなる成長に繋がると、悩み抜いた上に判断しました」 「そして、これだけは言えます。10番もキャプテンも中途半端な気持ちで背負っていません。日々その重みを感じながら、怪我する前はピッチで、怪我してからもピッチ外で、マリノスがどうすれば良いチームになるか自分なりに考え行動してきました」 「僕はマリノスが大好きです。だって、自分の全てが、詰まった、8歳から過ごしてきたクラブですよ。 「屑、死ね、裏切り者、怪我治るな」など何を言われてもしょうがない。そう思っていましたが、ひとつだけ言わせてもらいたい。今までマリノスの選手として闘ってきたことこれだけは否定されたくない」 「たくさんの人を失望させ傷つけてしまって、すみません。叱咤激励の投稿、コメント、ほぼ読ませていただきました。こんな中でも応援してくれている人がいること、どんなに嬉しかったか。ありがとうございました」 「最後に、横浜F・マリノスに関わる全ての皆さん、今まで本当にありがとうございました。長い間、お世話になりました」 「そして、川崎フロンターレの皆さん、お世話になります。誠心誠意 全力を尽くしてプレーします! よろしくお願いします」 2018.01.20 08:45 Sat
twitterfacebook
thumb

【Jリーグ移籍情報/1月19日】鹿島FW豊川雄太がKASオイペンへ移籍! 札幌のMF石井謙伍はサムットサコンへ...新潟にブラジルからFWターレスが加入!

▽1月19日(金)に決定したJリーグの移籍情報を全てまとめて紹介。 ▽J1では、鹿島アントラーズのリオ五輪世代のFW豊川雄太がベルギー1部のKASオイペンへの移籍が決定。北海道コンサドーレ札幌からはMF石井謙伍がタイ2部のサムットサコンFCへ活躍の場を移した。J2では、15年ぶりにJ2降格となったアルビレックス新潟にブラジルの名門ヴァスコ・ダ・ガマからFWターレスが加入した。 ▽1月19日(金) 【J1】 ◆鹿島アントラーズ 《OUT》 FW豊川雄太(23) [KASオイペン(ベルギー1部)→完全移籍] ◆北海道コンサドーレ札幌 《OUT》 MF石井謙伍(31) [サムットサコンFC(タイ2部)→完全移籍]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180119_18_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ◆ヴァンフォーレ甲府 《OUT》 MF若杉好輝(22) [栃木ウーヴァFC→完全移籍] 【J2】 ◆アルビレックス新潟 《IN》 FWターレス(22) [ヴァスコ・ダ・ガマ(ブラジル1部)←完全移籍] ◆大分トリニータ 《OUT》 DF佐藤昂洋(21) [ラインメール青森FC(JFL)→期限付き移籍] 【J3】 ◆Y.S.C.C.横浜 《契約更新》 FW北原大奨(23) DF西山峻太(28) 2018.01.20 08:00 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース