超ワールドサッカー

ACLラウンド16のキックオフ時間が決定! 浦和の初戦は15時キックオフ《ACL2017》2017.05.15 16:03 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アジアサッカー連盟(AFC)は15日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)ラウンド16のマッチスケジュールを発表した。

▽日本勢は、鹿島アントラーズ、浦和レッズ、川崎フロンターレの3チームがグループ首位でラウンド16に進出。第1戦をアウェイで、第2戦をホームで戦う。

▽鹿島は広州恒大(中国)と対戦し、第1戦が5月23日(火)の21時から、第2戦が30日(火)の19時から茨城県立カシマサッカースタジアムで行われる。

▽浦和は済州ユナイテッドFC(韓国)と対戦し、第1戦が5月24日(水)の16時から、第2戦が31日(水)の19時30分から埼玉スタジアム2002で行われる。

▽川崎Fはムアントン・ユナイテッド(タイ)と対戦し、第1戦が5月23日(火)の21時30分から、第2先が30日(火)の19時から等々力陸上競技場で行われる。

◆東地区
【第1戦】
▽5/23(火)
《21:00》
広州恒大(中国/グループG2位) vs 鹿島アントラーズ(日本/グループE1位)
《21:30》
ムアントン・ユナイテッド(タイ/グループE2位) vs 川崎フロンターレ(日本/グループG1位)

▽5/24(水)
《15:00》
済州ユナイテッド(韓国/グループH2位) vs 浦和レッズ(日本/グループF1位)
《21:00》
上海上港(中国/グループF2位) vs 江蘇蘇寧(中国/グループH1位)

【第2戦】
▽5/30(火)
《19:00》
鹿島アントラーズ(日本/グループE1位) vs 広州恒大(中国/グループG2位)
川崎フロンターレ(日本/グループG1位) vs ムアントン・ユナイテッド(タイ/グループE2位)

▽5/31(水)
《19:30》
浦和レッズ(日本/グループF1位) vs 済州ユナイテッド(韓国/グループH2位)
《21:00》
江蘇蘇寧(中国/グループH1位) vs 上海上港(中国/グループF2位)

コメント

関連ニュース

thumb

10年ぶりのアジア王者狙う浦和、敵地で済州に先勝許す《ACL2017》

▽浦和レッズは24日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017ラウンド16・1stレグの済州ユナイテッド(韓国)戦に臨み、敵地での一戦を0-2で落とした。 ▽2007年大会以来2度目の載冠を狙う浦和は、グループFを首位突破。このラウンド16では、ガンバ大阪が同居したグループHを2位で勝ち上がった済州と対峙する。済州戦に向けては直近に行われた清水エスパルスとのリーグ戦から2人を変更。侮辱発言によりJリーグで出場停止が続く森脇のほか、ズラタンが先発入りした。 ▽済州の本拠地である済州ワールドカップスタジアムがFIFA U-20ワールドカップの会場として使用されているため、代替地として済州総合競技場でキックオフを迎えた試合。浦和は、立ち上がりからズラタンのシュートでゴールに迫るなどアグレッシブな入りを見せる。しかし、7分に浦和が失点。自陣左サイドからファン・イルスにクロスを許すと、ボックス中央のトスカーノにヘディングシュートを叩き込まれてしまう。 ▽早々にあっさりとリードを許した浦和は、15分にカウンターからピンチ。自力突破を試みたイ・チャンミンにシュートを放たれるが、GK西川が身体でブロックした。なかなかサイドで起点を作ることができない中で、21分には良いタイミングで攻撃参加に転じた森脇がバイタルエリアからミドルシュート。しかし、この場面以降は幾度も相手のカウンターを浴び、思ったような試合展開に持ち込むことができない。 ▽そうした中、浦和は35分に決定機。ショートパスでバイタルエリア中央から突破を試み、柏木の叩いたボールにボックス中央で反応したフリーのズラタンが右足ボレーを放つ。ところが、コースが甘く、相手GKの正面を突いてしまう。その後も反撃の活路を見いだそうとボールポゼッションを高めていくが、ディフェンシブな戦いを徹底してくる相手を前に不発。1点ビハインドのままハーフタイムを迎えた。 ▽迎えた後半も立ち上がりからピンチを迎えた浦和だったが、GK西川がファインセーブで踏ん張りを見せた直後の53分に同点のチャンス。ロングカウンターを仕掛け、右サイドに流れた興梠のクロスに武藤が頭で合わせる。ボールが枠内に転がっていくが、帰陣した相手DFがクリア。58分に関根を諦めて駒井を投入して迎えた65分には、森脇がミドルシュートでゴールをこじ開けにかかったが、これもネットを揺らせない。 ▽その後も攻勢を強め、ズラタンのヘディングシュートや李の左足からゴールに迫った浦和。残る交代カードで李、高木のアタッカーを投入して反撃に出るが、ゴールが遠い。結局、試合開始早々に許した一発に泣く形で済州に敗戦。先勝を許した浦和は、31日にホームの埼玉スタジアム2002で行われる済州との2ndレグで、済州との逆転突破を目指すこととなった。 2017.05.24 16:52 Wed
twitterfacebook
thumb

川崎F、ホーム無敗のムアントンに後半3発で逆転勝利! ベスト8に大きく前進《ACL2017》

▽川崎フロンターレは23日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017ラウンド16・1stレグでムアントン・ユナイテッド(タイ)とのアウェイ戦に臨み、3-1の逆転勝利を収めた。 ▽グループGで首位に立ち、3年ぶりのグループステージ突破を決めた川崎Fが、グループEを2位で突破したムアントンの本拠地に乗り込んだ。19日に行われた明治安田生命J1リーグ第12節の鹿島アントラーズ戦を3-0で勝利した川崎Fは、その一戦から先発メンバーを5人変更。エドゥアルドと長谷川、小林らに代えて奈良とハイネル、森本らを起用した。また、家長は2月25日に行われたJ1開幕節の大宮アルディージャ戦以来の先発となった。 ▽中3日とはいえ、ベスト8進出に向けて先勝したい川崎Fだったが、試合はホームで無敗のムアントンに押し込まれる立ち上がりとなる。 ▽立ち上がりを経過すると、川崎Fは徐々にボールを保持できるようになるも、高温多湿のピッチに苦戦し、なかなかチャンスを作ることができない。そうした中でも11分、中村からのFKのこぼれ球をボックス手前の阿部が右足でボレーシュートを放ち、ムアントンゴールへと迫るも脅威とはならない。 ▽前半の半ばに差し掛かると、川崎Fはより高い位置でボールを扱うことができるようになる。22分、ボックス左手前での細かいパスワークから阿部のパスを受けたエドゥアルド・ネットがボックス内へ侵攻。そのまま左足を振り抜くが、これは相手DFにブロックされる。さらに24分、中村のスルーパスに反応したハイネルがボックス右から右足でシュート。今度はGKタムサチャナンにキャッチされる。 ▽その後、攻めあぐねる時間帯が続く川崎Fがヒヤリとする場面を迎える。37分、ムアントンに左サイドから縦パスを通される。ボックス左手前からソングラシンに右足でシュートを打たれるも、枠を捉えたボールはGKチョン・ソンリョンがわずかに触って防ぐ。 ▽前半終盤、ムアントンにカウンターから自陣への侵攻を許し始め、前半終了間際に失点を喫してしまう。前半アディショナルタイム3分、ソングラシンにボックス手前へのパスを許してしまうと、ティーラシンに右足を振り抜かれてゴール左隅へと突き刺された。 ▽1点ビハインドで試合を折り返した川崎Fは、後半開始から森本を諦めて小林を投入、59分にはハイネルに代えて大島を投入する。 ▽大島と小林が入ったことにより、パス回しに連動性が生まれ始めると65分、川崎Fが同点ゴールを奪う。ボックス右手前から家長がファーサイドにクロスを供給。走り込んだ車屋の折り返しを中村がワントラップでボックス中央へと侵攻し、左足でゴールに流し込んだ。 ▽このゴールで勢いに乗った川崎Fは69分、ボックス右外で中村のパスを受けた家長がダイレクトで右足クロス。これをゴール中央の小林が右足ボレーで合わせると、ゴール左上隅へと吸い込まれた。 ▽逆転に成功した川崎Fだったが、74分に思わぬアクシデントが発生する。途中出場の大島が座り込み、交代を要求。森谷との交代を余儀なくされる。 ▽この事態に加え、疲労から運動量が落ち始めた川崎Fがピンチを迎える。79分、中盤で中途半端なパスをティーラシンに奪われると、スピードで一気にボックス内への侵攻を許す。しかし、GKチョン・ソンリョンの右手一本で防ぐビックセーブでチームの危機を救う。 ▽この窮地を脱した川崎Fが終盤、一瞬の隙を突いて試合を決定づける。89分、小林が森谷とのワンツーでボックス右へと侵攻し、グラウンダーのクロス。これをファーサイドに走り込んだ阿部が左足で押し込んだ。 ▽その後、5分という長いロスタイムが設けられるも川崎Fはムアントンのパワープレーを最後まで凌ぎ、試合終了。先制点を許してしまうも、後半に3得点を奪い、アウェイの地で逆転勝利を収めた川崎Fがベスト8進出に大きく前進した。 2017.05.23 23:33 Tue
twitterfacebook
thumb

鹿島、浦和、川崎Fの日本勢3クラブが首位通過…決勝T1回戦の対戦カード決定!《ACL2017》

▽AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017の決勝トーナメント進出16クラブが出揃った。 ▽Jリーグ勢はグループEの鹿島アントラーズ、グループFの浦和レッズ、グループGの川崎フロンターレがそれぞれのグループを首位通過。東地区の国別進出クラブ数で見ると、日本勢は中国勢と並んで最多の3クラブが勝ち上がりを決めた。 ▽東地区の決勝トーナメント1回戦は第1戦が23日、24日に開催。第2戦は30日、31日に行われる。決勝トーナメント1回戦の組み合わせは以下のとおり。 ◆東地区 【第1戦】 ▽5/23(火) 広州恒大(中国/グループG2位) vs <span style="font-weight:700;">鹿島アントラーズ</span>(日本/グループE1位) ムアントン・ユナイテッド(タイ/グループE2位) vs <span style="font-weight:700;">川崎フロンターレ</span>(日本/グループG1位) ▽5/24(水) 済州ユナイテッド(韓国/グループH2位) vs <span style="font-weight:700;">浦和レッズ</span>(日本/グループF1位) 上海上港(中国/グループF2位) vs 江蘇蘇寧(中国/グループH1位) 【第2戦】 ▽5/30(火) <span style="font-weight:700;">鹿島アントラーズ</span>(日本/グループE1位) vs 広州恒大(中国/グループG2位) <span style="font-weight:700;">川崎フロンターレ</span>(日本/グループG1位) vs ムアントン・ユナイテッド(タイ/グループE2位) ▽5/31(水) <span style="font-weight:700;">浦和レッズ</span>(日本/グループF1位) vs 済州ユナイテッド(韓国/グループH2位) 江蘇蘇寧(中国/グループH1位) vs 上海上港(中国/グループF2位) ◆西地区 【第1戦】 ▽5/22(月) アル・アハリ・ジッダ(サウジアラビア/グループC2位) vs アル・アハリ・ドバイ(UAE/グループA1位) エステグラル(イラン/グループA2位) vs アル・アイン(UAE/グループC1位) ▽5/23(火) エステグラル・フーゼスターン(イラン/グループB2位) vs アル・ヒラル(サウジアラビア/グループD1位) ペルセポリス(イラン/グループD2位) vs レフウィヤ(カタール/グループB1位) 【第2戦】 ▽5/29(月) アル・アハリ・ドバイ(UAE/グループA1位) vs アル・アハリ・ジッダ(サウジアラビア/グループC2位) アル・アイン(UAE/グループC1位) vs (イラン/グループA2位) ▽5/30(火) アル・ヒラル(サウジアラビア/グループD1位) vs エステグラル・フーゼスターン(イラン/グループB2位) レフウィヤ(カタール/グループB1位) vs ペルセポリス(イラン/グループD2位) 2017.05.10 22:51 Wed
twitterfacebook
thumb

W・シドニーの楠神順平が1G2Aの大活躍! 上海上港を下し浦和の首位通過をアシスト!《ACL2017》

▽10日にAFCチャンピオンズリーグ(ACL)のグループステージ最終節が行われ、ウェスタン・シドニー・ワンダラーズ(オーストラリア)vs上海上港(中国)は3-2でW・シドニーが勝利した。この結果、浦和レッズが首位通過となった。 ▽W・シドニーは楠神が2列目の左で先発出場。すでにグループステージ突破を決めている上海上港は、フッキやオスカルを温存してアウェイゲームに臨んだ。 ▽試合はいきなりゴールラッシュとなる。1分、ドリブル突破を図ったウー・レイがボックス右からシュート。これがきまり、上海上港が先制する。 ▽出鼻をくじかれたW・シドニーだったが、楠神が見せる。3分、アントニスのスルーパスに反応した楠神が、ボックス中央から落ち着いて流し込み、同点に追いつく。さらに6分、W・シドニーはボックス内右に持ち込んだ楠神が落ち着いてパス。これをルシュティツァが蹴り込んで、逆転に成功する。 ▽逆転を許した上海上港だったが、23分にPKを獲得。これをエウケソンが落ち着いて沈め、上海上港が同点に追いつく。 ▽同点のまま迎えた後半は互いにゴールを奪えず。それでも89分、W・シドニーがゴールを奪う。浮き球のパスをボックス内で受けた楠神が飛び出したGKをかわしてパス。これをソティリオが押し込み、W・シドニーが勝ち越しに成功。そのまま試合は終了し、3-2でW・シドニーが勝利した。 ◆グループF <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ウェスタン・シドニー・ワンダラーズ 3</span>-2 上海上港 【W・シドニー】 楠神順平(前3) ルシュティツァ(前6) ソティリオ(後44) 【上海上港】 ウー・レイ(前1) エウケソン(前23) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">FCソウル 1</span>-0 浦和レッズ 【FCソウル】 ユン・スンウォン(前38) ◆グループF順位表 1.浦和レッズ 12(18/7/+11) 2.上海上港 12(15/9/+6) ──────────────決勝T進出 3.FCソウル 6(10/15/-5) 4.ウェスタン・シドニー・ワンダラーズ 6(10/22/-12) ※浦和と上海上港は当該対戦のアウェイゴール数で浦和が上位に 2017.05.10 21:08 Wed
twitterfacebook
thumb

浦和、棚ぼた首位通過…ローテーション機能不全でFCソウルに敗戦《ACL2017》

▽浦和レッズは10日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017のグループF最終節でFCソウル(韓国)のホームに乗り込み、0-1で敗戦。しかし、他会場でウェスタン・シドニー(オーストラリア)が上海上港(中国)を下したため、浦和の1位通過が決定している。 ▽グループリーグ突破を決めている首位の浦和。1位通過が懸けた今節は、すでに敗退が決まっているFCソウルとの一戦に挑んだ。その試合では、新加入のGK榎本が公式戦初先発。3バックには同じく新加入の田村が初のスタメン入りした。 ▽勝てば無条件で首位突破の浦和だが、試合は立ち上がりからFCソウル優勢の展開。すると、カウンターを許した38分にはイ・ソクヒョンの縦突破から並走していたユン・スンウォンにネットを揺らされ、FCソウルに先制されてしまう。 ▽迎えた後半、前への圧力を強めた浦和。56分に菊池を下げて矢島を投入した中、65分にはゴール前の混戦からズラタンがネットを揺らす。しかし、これはオフサイドの判定でノーゴール。なかなか追いつくことができない。 ▽その後も1点が遠い浦和は、78分に田村を下げて長期負傷から復帰の梅崎を投入するが、最後までゴールネットを揺らせず、FCソウルに敗戦。しかし、他会場でウェスタン・シドニーが上海上港を下したため、浦和の首位通過が決まった。 ▽運も味方して1位通過を果たした浦和は、決勝トーナメント1回戦でガンバ大阪と同居するグループH2位の済州ユナイテッド(韓国)と対戦する。 2017.05.10 21:00 Wed
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース