ラベッシがクラブのオフィシャル写真で釣り目…中国サポーターが人種差別だと非難2017.05.15 14:39 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) goal.com
2月にパリ・サンジェルマンから中国スーパーリーグ(CSL)の河北華夏に加入したアルゼンチン代表のFWエセキエル・ラベッシが取ったポーズが人種差別的であると、非難が集中している。14日、『Goal』の取材により明らかになった。

「ポチョ」ことラベッシは今冬の移籍市場で話題となった「爆買い」で、2016年に河北華夏へ加入した。年俸は計2600万ポンド(約37億円)と推定されており、世界最高給選手だ。しかし、クラブによるオフィシャル写真の撮影において、ラベッシが取ったポーズが物議を醸している。

笑顔で写真に写るラベッシの指は両目脇に当てられており、目を吊り上げて細目にし、アジア人特有の「アーモンドアイ」を真似ているように見える。ラベッシ本人にとって悪気はなかったようだが、中国のサポーターからは侮辱的で人種差別的であると苦情が出ている。

「河北華夏はなぜ目の前でラベッシに人種差別的なポーズをする許可を与えたのか」、「なぜラベッシはすぐさま中国を去らないのか」などと、疑問を呈する声が上がった。また「中国はラベッシを世界最高給のサッカー選手にさせたのに、そのお返しとして中国人を嘲笑い、けなすなんて、恩知らずな奴だ」との意見も見られた。

しかし、イタリアメディア『メディアセット』が「東洋でこのジェスチャーが侮辱的だと捉えられ、しかもラベッシが人種差別的だと非難されるのは残念だ」とコメントしているように、今回のジェスチャーが差別的だとの考えは十分に周知されていないようだ。なお現段階でラベッシに対し、処分が下されるかどうかは発表されていない。


提供:goal.com

コメント



欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース