超ワールドサッカー

ヘント・久保がPKから10ゴール目!! チームはドローに終わり優勝の可能性が消滅…《ベルギー・ジュピラーリーグ》2017.05.15 09:43 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヘントは14日、ベルギー・ジュピラーリーグのプレーオフ1第8節でシャルルロワと対戦し、1-1のドローに終わった。日本代表FW久保裕也はフル出場を果たし、PKからヘントでの10ゴール目をマークした。

▽ホームにシャルルロワを迎えたヘント。24分に相手チームが退場者を出して数的優位となるも、28分に失点を喫した。しかし40分にPKを獲得すると、このチャンスに久保がキッカーを務め、きっちりと同点ゴールを奪取する。

▽後半戦はヘントが押し気味に試合を進めたが勝ち越しゴールは生まれず1-1で終了。この結果ヘントは3位を維持するも、優勝の可能性は消滅した。なお、久保はヘント加入後15試合で10ゴールをマーク。今シーズンはヤング・ボーイズ時代も含めて公式戦通算で22ゴールとしている。

コメント

関連ニュース

thumb

元熊本MF田島翔がアメリカUPSLのラスベガスシティFC入団会見「ラスベガスと日本をサッカーで繋げ盛り上げていきたい」

<div style="font-size:x-small;text-align:right;">写真提供:Las Vegas City FC<hr></div>▽MLS(メジャーリーグ・サッカー)への参入を目指し2016年に設立されたラスベガスシティFCが、かつてロアッソ熊本に所属したMF田島翔(34)の入団会見を行った。 ▽田島は、函館工業高校を卒業後、シンガポールのクレメンティ・カルサFC(現バレスティア・カルサFC)と練習生契約。その後、2004年に沖縄県リーグ1部のFC琉球と契約すると、九州サッカーリーグ、JFLを経験。2009年に地元・北海道サッカーリーグのノルブリッツ北海道に入団した。 ▽その後は、当時スペイン5部のTSKロセスにテスト入団しプレー。2012年にはロアッソ熊本に加入し、日本では初のプロ契約を結ぶ。熊本は1年での退団となったが、翌年にフットサルに転向し、Fリーグのシュライカー大阪のサテライトチームと契約。半年で退団すると、2014年にはクラブ・ワールドカップの常連であるオークランド・シティ(ニュージーランド)に加入した。 ▽2015年に再び日本に復帰し、北海道サッカーリーグの十勝フェアスカイFCに加入すると、2016年にはアメリカに渡り、NPSL(ナショナル・プレミアサッカーリーグ)のマイアミ・ユナイテッドFCに入団。元ブラジル代表FWアドリアーノともチームメイトとなった。そして2017年にラスベガスシティFCに加入した。 ▽田島はこれまで5試合に出場し4試合はトップ下で先発。2ゴール1アシストを記録するなど、すでに結果を残している。田島は今回のラスベガスシティFC移籍について意気込みを語った。 「ラスベガスという魅力のある場所で、MLS参入を目指すために新設されたクラブでプレーするのは、自分の集大成であり大きなチャレンジだと思いました。プレーでの貢献はもちろん、ラスベガスと日本をサッカーで繋げ盛り上げていきたいです。今季はプレーオフ出場と個人的には二桁得点を目標としています」 ▽アメリカ5部に相当する独立リーグUPSL(ユナイテッド・プレミアサッカーリーグ)に所属するラスベガスシティFCは、かつてブラジル代表として活躍し、日本代表監督も務めたジーコ氏がアドバイザーを務めており、昨年5月には元ブラジル代表MFロナウジーニョがゲスト加入してエキシビジョンマッチに出場するなど話題のクラブ。5年以内でのMLS参入を目指し、UPSLを戦っている。 ▽オーナーのラファエル・モレノ氏は、田島の獲得について「近い将来、日本でラスベガスシティFCのサッカースクール開校プランもあり、日本と積極的に交流を進めていきたい。ショウのプレーを気に入ってるし、満足している」とコメント。田島の能力を認めるとともに、日本との交流を深めたい狙いも明かした。 ▽また、ラスベガスのプロスポーツとして初めて日本企業がスポンサーになることも決定。観光ツアー会社・ネバダ観光サービス(代表 依田和恵)がスポンサーとなり、ユニフォームの背中にロゴが入ることも決定した。 ▽ネバダ観光サービスがラスベガスシティFCのスポンサーとなった理由は、日本人である田島の活躍を願ってのこと。田島を応援する理由として、「ラスベガスで同じ日本人として新たなチャレンジを行っていることに共感した」とコメント。また、「ラスベガスに強いインパクトを与えて頂きたい」と期待を語った。 「ここラスベガスで同じ日本人として新たなチャレンジを行っている田島選手に強く共感を覚えたためです。弊社も日本を母国とするスタッフが殆どですが、ラスベガスにて日本人の美徳、誠実さ、正直さを一人でも多くの外国の方々に認知してもらえるよう意識をして日夜業務を行っています」 「田島選手にも、フィジカル部分はなかなかアメリカで優位に出ることは難しいと思いますが、テクニックは勿論、戦術の理解度やチームメイトとの調和、監督の描くチームイメージ実現への努力、といった日本人の力が大いに発揮できる分野でラスベガスに強いインパクトを与えて頂きたいと期待しています」 ▽また、ラスベガスシティFCについてもコメントし、ギャンブルのイメージが強い街の魅力の多様化へのチャレンジを期待していると語った。 「まだ発足間もないチームですし、ラスベガスのサッカー人気もまだまだこれからといったところですが、NHLやNFLの誘致が決定するなどようやくプロスポーツが芽生えてきたラスベガスで是非メジャーリーグサッカーへの参戦を実現して頂きたいです」 「まだまだギャンブルのみのイメージが強い(実際は全く異なりますが)街ですので、魅力の多様化にとっても大変大事なチャレンジだと思います」 ▽日本とラスベガスの架け橋になることも期待されている田島。世界を渡り歩いた男の集大成となる挑戦は始まったばかりだ。 2017.05.26 21:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ヘント久保裕也、ステップアップの野心隠さず「もっとレベルの高いリーグに」

ヘントに所属する日本代表FW久保裕也がクラブの公式番組に出演し、インタビューに応じた。<br><br>今冬にヘントへ加わった久保は16試合で11ゴールと驚異的な決定力を見せ、シーズンを終えた。6月に控えるシリア戦、イラク戦の日本代表メンバーにも招集された久保は、クラブの企画で、少年がインタビュアーを務めたインタビューで様々なことについて語った。<br><br>サッカーを始めたきっかけには兄の存在を挙げ、8歳で&ldquo;キャリア&rdquo;をスタートさせたと明かしている。また、お気に入りのゴールについては3月12日に挙げたKVメヘレン戦での4人抜き弾を挙げた。<br><br>今の夢を問われた久保は、迷うことなく野心を語る。「上のリーグ、もっと違うレベルの高いリーグに行くこと」と、ステップアップを望んでいるとした。<br><br>加入後の活躍で、5大リーグへのステップアップもささやかれる久保。いずれにせよ、久保の夢は叶う可能性が高いと言えるだろう。<br><br><br>提供:goal.com 2017.05.26 19:48 Fri
twitterfacebook
thumb

英誌選出のアジア人選手ベスト50…日本人最上位は?

イギリス誌『FourFourTwo』がアジア人選手トップ50を選出した。日本からは9人の選手がランクインを果たしている。<br><br>2016年シーズンにJリーグのMVPに輝いた中村憲剛が43位にランクインした以外は全て欧州組が選出された。日本人トップ5は以下のようになった。<br><br>17位に選ばれたのがフランクフルトに所属する長谷部誠。リベロとして活躍する前提条件となったサッカーインテリジェンスの高さが評価されている。16位に選出されたのはサウサンプトンの吉田麻也、シーズン前半戦にセンターバックの3番手という立ち位置だったものの、シーズン途中から守備陣の中心的な役割を担うまでになった成長が評価された。クリスタル・パレス戦でキャプテンを務めたことも紹介されている。<br><br>日本人で3位となったのは、ヘントに加入してから得点を量産した久保裕也。全体では13位に入り、欧州ビッグクラブが興味を持っているとした。<br><br>日本人2番手は6位にランクインした原口元気。ヘルタ・ベルリンでの活躍に加え、ワールドカップ・アジア最終予選においてに日本人として初めて4試合連続得点を奪ったことが評価を受けている。<br><br>日本人トップはレスター・シティに所属する岡崎慎司となり、全体でも3位に輝いた。リーグ戦で残した記録は3ゴール1アシストと際立ったものではないとしながらも、チームへの貢献度はレスターを支えたとして高い評価を受けた。<br><br>なお、全体の2位はトッテナムに所属する韓国代表FWソン・フンミン。1位はアル・アインのUAE代表MFオマル・アブドゥルラフマンとなった。<br><br>日本人選手の順位は以下の通り<br><br>&nbsp;3位 岡崎慎二(レスター・シティ)<br />&nbsp;6位 原口元気(ヘルタ・ベルリン)<br />13位 久保裕也(ヘント)<br />16位 吉田麻也(サウサンプトン)<br />17位 長谷部誠(フランクフルト)<br />19位 香川真司(ドルトムント)<br />23位 酒井宏樹(マルセイユ)<br />42位 大迫勇也(ケルン)<br />43位 中村憲剛(川崎フロンターレ)<br><br><br>提供:goal.com 2017.05.26 07:30 Fri
twitterfacebook
thumb

約2年ぶりの日本代表復帰を果たしたMF乾貴士「W杯予選の勝利に貢献できるように頑張る」

▽日本サッカー協会(JFA)は25日、来月7日に行われるキリンチャレンジカップ2017のシリア戦及び同13日に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のイラク代表戦に臨む日本代表メンバー25名を発表した。 ▽約2年ぶりに日本代表に選出されたエイバルのMF乾貴士が自身のツイッターを通じてコメント。久々の代表復帰を喜んだ。 <span style="font-weight:700;">◆MF乾貴士(エイバル/スペイン)</span> 「この度、日本代表に招集して頂きました!久しぶりの招集でほんとに嬉しいです。練習からアピールして、W杯予選の勝利に貢献できるように頑張るので応援よろしくお願いします!!」 2017.05.25 18:52 Thu
twitterfacebook
thumb

テネリフェ、柴崎岳の残留を熱望「1部昇格なら確実。そうでなくても残ってもらうため全力尽くす」

移籍当初こそ適応に苦しんだテネリフェMF柴崎岳だが、クラブは同選手の来季の残留に向けて全力を尽くす考えのようだ。<br><br>1月の移籍市場でテネリフェに加入した柴崎は、3月19日のリーガエスパニョーラ2部第30節レウス戦(0-1)でデビューを飾った。その後徐々にホセ・ルイス・マルティ監督の信頼を勝ち取った背番号20は、直近4試合で連続スタメン出場を果たしている。<br><br>柴崎の活躍に、クラブ側も動きを見せ始めている。ビクトール・ペレス・ボレゴGD(ゼネラルディレクター)は、ラジオ『エル・ディア』で日本人MFの慰留に努めるつもりだと話した。<br><br>「こういった状況になるとは思っていたよ。シバサキはすでにサッカー選手として高い評価を得ていたからね。不運なことに、最初はチームに入っていくのが遅れてしまった。だけど今、彼がテネリフェで満足しているのは確かだ」<br><br>「彼は日本に戻りたいなどと一度も口にしていない」と語るペレス・ボレゴGDは、柴崎のJリーグ復帰のうわさに関して「何かしらの理由をつけて、そういった憶測が流れるのは仕方がない」と理解を示している。一方で「確実に言えるのは、テネリフェは彼のような選手を求めているということだ」とチームに残ってもらう希望を強調した。<br><br>テネリフェは少なくとも、あと1シーズン柴崎を残したいと考えているようだ。「彼の残留のため全力を尽くす。契約の際の合意が、すべてを容易にしてくれるよ。彼の代理人たちとの関係は良好だ。それに、彼はこの島で幸せを感じている。可能な限りで、彼を戦力として数え続けられるようにしたい」テネリフェGDはそう主張している。<br><br>クラブ、選手が喜んで残留を決断するケースがある。それはテネリフェが1部昇格を果たした場合である。<br><br>「もっと簡単な条件がある。テネリフェが1部に昇格すれば、ガクは確実にここに残るはずだ」<br><br>提供:goal.com 2017.05.24 18:45 Wed
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース