南野途中出場のザルツブルクがリーグ4連覇達成! 4年連続のダブルタイトルへ王手《オーストリアリーグ》2017.05.14 02:48 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ザルツブルクは13日、オーストリアリーグ第32節でラピッド・ウィーンと対戦し、1-0で勝利。この結果、4年連続11度目のリーグ優勝が決定した。

▽前節のマッテルスブルク戦で公式戦19試合ぶりに黒星を喫したザルツブルクは、その試合から4人変更。日本代表FW南野拓実は、3試合ぶりのベンチスタートとなった。

▽試合はゴールレスで迎えた後半も、前半から主導権を握るザルツブルクがゲームをコントロールする。すると73分、ショートコーナーをボックス左付近で受けたサマッセコウのクロスがファーサイドに流れると、これを拾ったラザロがゴール左へシュートを突き刺した。

▽待望のゴールが生まれたザルツブルクは、83分に南野を投入。その後も終始優勢に試合を進めたザルツブルクが、危なげなく試合をクローズ。ラザロ弾で逃げ切ったザルツブルクが、3節を残して4年連続11度目のリーグ優勝のリーグ優勝を果たした。

▽なお、リーグ4連覇を達成したザルツブルクは、4年連続のダブルタイトルを懸けて6月1日にオーストリアカップ決勝でラピッド・ウィーンと対戦する。

コメント

関連ニュース

thumb

ザルツブルクが首位攻防戦で5発快勝!! 南野は58分からプレー《オーストリア・ブンデスリーガ》

▽MF南野拓実が所属するザルツブルクは19日、オーストリア・ブンデスリーガ第15節でシュトルム・グラーツとの首位攻防戦に臨み、5-0と快勝した。 ▽リーグ戦3連勝で2位につけるザルツブルクが、勝ち点1差で首位に立つシュトルムをホームに迎えた首位攻防戦。開始早々の8分にフレドリック・グラブランセンのゴールでザルツブルクが幸先良く先制する。 ▽さらに36分にはPKのチャンスを獲得し、これをヴァロン・ベリシャが決め切る。前半アディショナルタイムにはオウンゴールでも加点に成功し、ザルツブルクが3-0と一気に点差を広げた。 ▽後半は中々ゴールが生まれない展開となると63分にハンネス・ヴォルフに変わって南野が登場。するとチームは試合終盤にムナス・ダブールが2ゴールを奪い、5-0で終了。快勝したザルツブルクが首位に立った。 ▽なお、ザルツブルクは26日に行われる次節、勝ち点5差で3位のラピド・ウィーンとアウェイで対戦する。 2017.11.20 12:03 Mon
twitterfacebook
thumb

南野拓実が2発! ザルツブルク連勝飾る《オーストリア・ブンデスリーガ》

▽元日本代表MF南野拓実が所属するザルツブルクは5日、オーストリア・ブンデスリーガ第14節のザンクト・ペルテン戦に臨み、3-1で勝利した。南野は81分までプレーし、7月の開幕戦以来となる一発を含む2ゴールをマークした。 ▽2連勝を目指したザルツブルクは開始6分に先制を許したが、35分に南野が相手GKのファンブルしたボールをプッシュ。1-1の振り出しに戻した。 ▽相手の前半終了間際のPK失敗も同点で試合を折り返下ザルツブルクは、54分にMFマルク・ジャトコフスキのゴールで勝ち越した。 ▽形勢逆転のザルツブルクは80分、右サイドから上がったクロスを南野が頭で押し込み、3-1と勝負あり。リーグ戦2連勝を飾った。 ザンクト・ペルテン 1-3 ザルツブルク 【ザンクト・ペルテン】 フーバー(前6) 【ザルツブルク】 南野拓実(前35) ジャトコフス(後9) 南野拓実(後35) 2017.11.06 08:15 Mon
twitterfacebook
thumb

酒井途中出場のマルセイユが敵地で敗戦…南野途中出場のザルツブルクは無敗継続で首位キープ!《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)・グループI第4節、ヴィトーリア・ギマランエスvsマルセイユが2日に行われ、ホームのヴィトーリアが1-0で勝利した。マルセイユのDF酒井宏樹は76分から途中出場している。 ▽前節、ヴィトーリアとのホームゲームで逆転勝利を飾ったマルセイユ(勝ち点6)は2位の座をキープ。迎えた敵地でのリターンマッチでは、前回対戦に続き酒井やパイエ、トヴァンなど一部主力を温存して臨んだ。 ▽キックオフ前にマルセイユの控えDFエブラが相手サポーターとの口論の末、ハイキックを見舞う暴力行為で退場処分となるなど、アクシデントの中で始まったこの一戦。試合は立ち上がりから中盤での潰し合いが目立ちなかなか良い形でフィニッシュに持ち込めない。28分には相手GKのキックミスをグスタボがカットし、ボックス左でパスを受けたエンジエが右足のシュートを放つが、これはGK正面を突く。 ▽一方、前半終盤にかけてサイドを起点とした攻撃を仕掛けるホームチームは、40分過ぎにマルティンスが続けて際どいヘディングシュートを放つが、いずれも枠を捉え切れない。 ▽ゴールレスで折り返した試合は後半も一進一退の攻防を見せる。64分には中央を持ち上がったマルティンスが強烈なシュートを放つが、これはクロスバーを叩いた。 ▽流れを変えたいマルセイユは67分、エンジエを下げてトヴァン、76分にはマキシム・ロペスを下げて酒井を投入する。しかし、80分には右サイドを突破したヘルドン・ラモスのクロスに対して、DF酒井の前に飛び込んで来たウルタードにドンピシャのヘディングシュートを決められ、痛恨の先制点を奪われた。 ▽その後、ミトログルの投入で攻勢を強めたマルセイユだが、87分にブバカル・カマラが2枚目の警告を受けてしまい、試合前のエブラに続いて退場処分に。そして、最後まで相手の守備をこじ開けられず、試合はタイムアップ。エブラの試合前退場という波乱含みの一戦を落としたマルセイユは、ヴィトーリア、コンヤシュポルとの下位2チームに勝ち点差2に迫られることになった。 ▽また、同日行われたグループIのもう1試合、ザルツブルクvsコンヤシュポルは、0-0のドローに終わった。ザルツブルクのMF南野拓実は、69分から途中出場している。 ▽ここまで2勝1分けの無敗で首位に立つザルツブルクは、今節の勝利で決勝トーナメント進出が決まる。その重要な一戦に向けては、負傷明けの南野を再びベンチに置いた。 ▽試合は序盤から拮抗した展開が続き、互いに決定機を作るものの決め切れない。65分を過ぎてもゴールレスの状況が続くと、ホームのザルツブルクは前節1アシストの南野とヤボをピッチに送り出す。試合終盤にかけては南野やヤボが攻撃に絡んだものの、最後まで相手の守備を打ち破ることはできず。試合はゴールレスドローで決着した。4戦無敗継続のザルツブルクは勝ち点を「8」に伸ばし、次節以降の決勝トーナメント進出を目指すことになった。 2017.11.03 07:22 Fri
twitterfacebook
thumb

南野拓実は67分からプレー、ザルツブルク勝利で7戦負けなし《オーストリア・ブンデスリーガ》

▽元日本代表MF南野拓実が所属するザルツブルクは28日、オーストリア・ブンデスリーガ第13節のSCラインドルフ・アルタッハ戦に臨み、2-0で勝利した。南野は67分からプレーした。 ▽直近のリーグ戦6試合負けなしのザルツブルクは、29分にMFハネス・ヴォルフのゴールで先制。1点リードで試合を折り返すと、67分に南野が途中起用された中、81分にMFアマドゥ・ハイダラが2点目を決め、勝負を決した。 ▽2試合ぶりのクリーンシートで勝利したザルツブルクは、2試合ぶりの白星で7戦無敗。シーズン8勝目を手にした。 ザルツブルク 2-0 SCラインドルフ・アルタッハ 【ザルツブルク】 ヴォルフ(前29) ハイダラ(後36) 2017.10.29 09:20 Sun
twitterfacebook
thumb

酒井招集外のマルセイユが逆転で2位死守! 南野1アシストのザルツブルクが連勝で首位キープ!《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)・グループI第3節、マルセイユvsヴィトーリア・ギマランエスが19日に行われ、ホームのマルセイユが2-1で勝利した。なお、マルセイユのDF酒井宏樹は招集外となった。 ▽ここまで1勝1敗でグループ2位に位置するマルセイユが、最下位ヴィトーリアと対峙した一戦。今週末にパリ・サンジェルマン(PSG)との“フランス・ダービー”を控えるマルセイユは、3-3で引き分けた直近のストラスブール戦から大幅なターンオーバーを敢行。酒井が招集外となり、右サイドバックにはB・サールが起用された。 ▽立ち上がりから一進一退の攻防を見せる両チームは決定機を作り合う。開始14分にはヴィトーリアのセットプレーからマルティンスが右ポスト直撃のヘディングシュートを放てば、直後の15分にはマルセイユがジェルマンのクロスからオカンポスのヘディングシュートでゴールに迫るが、ここは相手GKの好守に阻まれる。 ▽互いにゴールの匂いを感じさせる攻めを見せる中、ヴィトーリアが先手を奪う。17分、自陣からのロングカウンターで右サイドのスペースに抜け出したヘルドン・ラモスが鋭いクロスを供給。これをゴール前に飛び込んだマルティンスが頭で流し込んだ。 ▽ホームで先手を許す苦しい展開となったマルセイユだったが、28分に追いつく。酒井に代わって右サイドバックで先発したサールの中盤でのボール奪取からカウンターに転じると、右サイド深くに侵入したサンソンが柔らかなクロス。これをゴール前に走り込んだオカンポスがアクロバティックなジャンピングボレーで合わせた。 ▽この同点ゴールをキッカケに完全に勢い付いたマルセイユは、ここから完全に相手を押し込む。だが、ゴール前のサンソンのシュートチャンスを主審のブロックに阻まれるなど、前半のうちに逆転することはできない。 ▽後半も引き続きマルセイユのペースが続くも、60分のオカンポスのシュートがクロスバーに阻まれるなどヴィトーリアの粘り強い守備に遭い、なかなかゴールが生まれない。それでも、76分にはGKマンダンダのロングフィードから攻撃に転じボックス左をえぐったオカンポスが丁寧にマイナスに折り返すと、これをワントラップしたマキシム・ロペスが冷静な右足のコントロールシュートで決め切り、待望の逆転ゴールを奪った。 ▽その後、ワカソの強烈なミドルシュートをGKマンダンダの好守で凌ぐなど、粘り強い守備でリードを守り切ったマルセイユが、逆転でグループステージ2勝目を手にした。 ▽また、同日行われたグループIのもう1試合、コンヤシュポルvsザルツブルクは、アウェイのザルツブルクが2-0で勝利した。なお、ザルツブルクのMF南野拓実は、78分から途中出場し1アシストを記録した。 ▽1勝1分けで首位に立つザルツブルクは、直近のリーグ戦で負傷明けが初出場を飾った南野を引き続きベンチスタートとした。試合は開始早々にアウェイのザルツブルクが動かす。5分、左CKの流れからゴール前に鋭いグラウンダーのクロスが入ると、これをグルブランドセンが冷静に流し込んだ。 ▽その後は拮抗した展開が続く中、試合はザルツブルクの1点リードのまま試合終盤に突入する。追加点がほしいアウェイチームは78分、ハイダラに代えてこれが今季のEL初出場となる南野を投入。 ▽すると80分、投入直後の南野がバックパスを受けた相手GKに猛然とプレスをかけてボールを奪う。そして、自身の左で完全にフリーとなったダブールにプレゼントパスを送ると、これをダブールが難なく流し込み、南野のアシストから試合を決める2点目が生まれた。途中出場の南野の活躍などで快勝のザルツブルクが連勝で首位キープに成功した。 2017.10.20 05:07 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース