南野途中出場のザルツブルクがリーグ4連覇達成! 4年連続のダブルタイトルへ王手《オーストリアリーグ》2017.05.14 02:48 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ザルツブルクは13日、オーストリアリーグ第32節でラピッド・ウィーンと対戦し、1-0で勝利。この結果、4年連続11度目のリーグ優勝が決定した。

▽前節のマッテルスブルク戦で公式戦19試合ぶりに黒星を喫したザルツブルクは、その試合から4人変更。日本代表FW南野拓実は、3試合ぶりのベンチスタートとなった。

▽試合はゴールレスで迎えた後半も、前半から主導権を握るザルツブルクがゲームをコントロールする。すると73分、ショートコーナーをボックス左付近で受けたサマッセコウのクロスがファーサイドに流れると、これを拾ったラザロがゴール左へシュートを突き刺した。

▽待望のゴールが生まれたザルツブルクは、83分に南野を投入。その後も終始優勢に試合を進めたザルツブルクが、危なげなく試合をクローズ。ラザロ弾で逃げ切ったザルツブルクが、3節を残して4年連続11度目のリーグ優勝のリーグ優勝を果たした。

▽なお、リーグ4連覇を達成したザルツブルクは、4年連続のダブルタイトルを懸けて6月1日にオーストリアカップ決勝でラピッド・ウィーンと対戦する。

コメント

関連ニュース

thumb

南野不出場も1stレグ同点弾生きザルツブルクがソシエダ下す!《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド32の2ndレグ、ザルツブルクvsレアル・ソシエダが22日にザルツブルクのホームで行われ、2-1でザルツブルクが勝利。この結果、2戦合計4-3で1勝1分けと勝ち越したザルツブルクがラウンド16に駒を進めることに。ザルツブルクのMF南野拓実はベンチ入りも出場しなかった。 ▽1stレグを2-2で終えて貴重なアウェイゴール2点を手にしたザルツブルクが、ソシエダをホームに迎えた一戦。 ▽直近のリーガエスパニョーラ第24節レバンテ戦を3-0で制したソシエダは、その試合からスタメンを2名変更。シャビ・プリエト、ファンミに代えて、カナレス、ヤヌザイを起用して勝利の求められる試合に臨んだ。 ▽一方、ザルツブルクは直近のオーストリア・ブンデスリーガ第23節でザンクト・ペルテンを4-0で下しリーグ3連勝中と好調を維持。1stレグで途中出場して最終盤に値千金の同点ゴールを決めた南野は、ベンチからのスタートとなった。 ▽試合は序盤からスコアが動く。10分、右サイドをオーバーラップしたライナーがグラウンダーのクロスを供給。走り込んだダブールがうまく相手DFの前に侵入し、ワンタッチで合わせてGKルジの股下を射抜いてゴールに流し込んだ。 ▽その後も攻勢を保つザルツブルクだったが、徐々にソシエダに押し込まれる時間が増えていく。すると28分、ソシエダが右CKを獲得すると、キッカーを務めたのはカナレス。やや高めのボールを、競り勝ったラウール・ナバスが頭で合わせ、前半中に追い上げることに成功した。試合は、1-1のスコアで折り返すことに。 ▽後半に入ると、ザルツブルクは再び攻勢を強める。50分、ボックス手前中央でボールを受けたシュラガーが、左足を振り抜く。GKルジに弾かれたものの、枠を捉えたシュートがソシエダゴールを脅かした。 ▽続く51分には、ソシエダ陣内中央付近でザルツブルクがFKを獲得。キッカーをヤボが務めると、鋭く曲がるボールを入れていく。しかし、ボックス内左のDFラマーリョが頭で合わせたシュートは、枠を外れた。 ▽さらに72分、ファン・ヒチャンと競り合ったソシエダDFラウール・ナバスが、この日2枚目のイエローカードを提示されて退場に。ザルツブルクが一気に流れを引き寄せていく。 ▽そして74分には、ボックス内に侵攻したファン・ヒチャンが今度はGKに倒されてPKを獲得。キッカーを務めた途中出場のバロン・ベリシャが左端に決め、勝ち越し弾とした。 ▽ソシエダには、さらに不運な出来事が重なる。77分、GKルジが足を引きずるようにしてピッチを後に。ソシエダは3枚目の交代カードでGKトーニョを投入することを強いられた。 ▽結局、その後もザルツブルクがペースを握り続けて試合が終了。この結果、2戦1勝1分けとしたザルツブルクのラウンド16進出が決定した。 2018.02.23 07:16 Fri
twitterfacebook
thumb

南野はフル出場のザルツブルクがリーグ戦3連勝でELソシエダ戦に弾み!《オーストリア・ブンデスリーガ》

▽日本人MF南野拓実の所属するザルツブルクは18日、オーストリア・ブンデスリーガ第23節でザンクト・ペルテンと対戦し、4-0で勝利した。南野はフル出場している。 ▽首位に立つザルツブルク(勝ち点49)が、最下位に沈むザンクト・ペルテン(勝ち点7)をホームに迎えた一戦。ミッドウィークにヨーロッパリーグ(EL)ラウンド32・1stレグのレアル・ソシエダ戦を戦ったザルツブルクは、その試合からスタメンを5人変更。ソシエダ戦値千金の同点ゴールを挙げた南野は、2トップの一角で先発出場した。 ▽試合が動いたのは24分、ザルツブルクはファルカスがボックス内でダ・シルバに倒されてPKを獲得。このPKをヴォルフがゴール中央に沈め、先制に成功した。 ▽後半に入っても試合の主導権は、リードするザルツブルクが握る。すると67分、途中出場のダブールの縦パスで左サイドを突破したウルマーの折り返しをニアに飛び込んだグルブランドセンが流し込み、追加点を奪った。 ▽75分には、ウルマーの左CKからボックス中央のオンゲネがヘディングシュートをゴール右隅に叩き込み、試合を決定づける3点目。さらに90分にも、ロングボールに抜け出そうとした南野がボックス内でヒューバーに倒されてPKを獲得。これをダブールが確実に決め、4点目を奪った。 ▽結局、試合はそのまま4-0で終了。リーグ戦3連勝を飾ったザルツブルクが、22日に行われるソシエダとのELラウンド32・2ndレグに向けて大きな弾みを付けた。 2018.02.19 02:40 Mon
twitterfacebook
thumb

MF乾貴士、ザルツブルクFW南野拓実のEL土壇場弾を称賛「シュートを教えてほしい」

▽エイバルに所属する日本代表MF乾貴士が、元日本代表FW南野拓実が所属するザルツブルクの試合観戦に訪れていたようだ。 ▽ザルツブルクは15日、ELラウンド32・1stレグでレアル・ソシエダとのアウェイ戦に臨んだ。ベンチスタートとなった南野は、1-2のビハインドで迎えた76分に途中出場。すると試合終了間際にボックス右のライナーの折り返しを押し込んで土壇場で同点ゴールを挙げ、ザルツブルクはアウェイゴール2発で価値ある引き分けに持ち込んだ。 ▽試合後、観戦に訪れていた乾は、南野とのツーショット写真と共にツイッター(@takashi73784537)を更新。同胞の活躍を称賛し、ハッシュタグで「シュートを教えてほしい」とコメントしている。※絵文字省略 「昨日はタクミの試合を見に行ってきました(^^) 途中出場から点を決めて、しっかり結果を出すのはほんまに凄い おめでとう!! #南野拓実 #FC Red Bull Salzburg #イケメン #サッカーうまい #特にシュート #教えて欲しい #でも、たまにあほ #勘違いで1時間半待たされた笑 #点取るとこ観れたし許す」 2018.02.16 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

途中出場の南野が土壇場同点弾でEL初ゴール! ザルツブルク、敵地アノエタで価値ある引き分け《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド32・1stレグのレアル・ソシエダvsザルツブルクが、15日にソシエダの本拠地・アノエタで行われ、2-2の引き分けに終わった。ザルツブルクのMF南野拓実は、76分から出場して1ゴールを決めた。 ▽直近のリーガエスパニョーラ第23節でレアル・マドリーに2-5の大敗を喫したソシエダは、その試合からスタメンを5名変更。スルトゥサ、カナレスらに代えて、バウティスタ、スベルディアらを送り出した。一方、ザルツブルクでは直近のリーグ戦である1-0で勝利したアルタッハ戦でスタメン出場した南野がベンチからのスタートとなった。 ▽序盤からサイドを広く使った攻撃をしかけるソシエダが、試合のペースを握っていく。12分には、オドリオソラが右サイドを突破してクロスを供給。ボックス内左のシャビ・プリエトがヘディングシュートを放ったが、GKヴァルケに処理された。 ▽ザルツブルクは、攻め込まれながらもギリギリのところで耐え続ける。すると、16分にカウンターからファン・ヒチャンがボックス内に抜け出す。しかし、中央への折り返しは味方に合わない。続く18分にも、自陣からオーバーラップしたラマ―リョがボックス内に侵攻。そのままシュートを放ったが、GKルジの好守に阻まれた。 ▽前半の中ごろからは、徐々にザルツブルクがボールを持つ時間が増えていく。チャンスも作り出していくが、最後のところでソシエダのネットを揺らすことができず。一進一退の攻防が続く。 ▽得点が生まれたのは、意外な形からだった。27分、ザルツブルクの右CKの場面で、ニアを狙ったボールが供給される。GKルジがパンチングに出たがうまく処理できずにボールが通り過ぎると、背後に居たオヤルサバルの頭に当たり、ゴールに転がり込んだ。 ▽アウェイゴールを奪われたソシエダは、攻勢を強めて前半のうちに追い付くことを目指したが、ザルツブルクの守備を崩すことができない。試合はザルツブルクが1点のリードを保ったまま折り返しを迎えた。 ▽巻き返したいソシエダは、ハーフタイム中にファンミに代えてヤヌザイを投入。前線の活性化を図っていく。すると57分、ボックス手前やや右でボールを持ったオドリオソラがドリブルを選択。相手を2人かわして右足でミドルシュートを放ち、ゴール右端に沈めた。 ▽勝ち越したいザルツブルクは、76分にヤボに代えて南野を投入する。南野は、トップ下のポジションでの出場となった。 ▽しかし80分、ボックス手前中央でソシエダがFKを獲得すると、ヤヌザイが直接狙う。左足で放たれたシュートは壁の間を通り抜け、ネットを揺らした。一転追う立場となったザルツブルクは82分、ボックス手前中央で南野にボールが渡る。しかし、左足で放たれたシュートはゴール右に逸れ、得点には繋がらない。 ▽それでも試合終了間際の94分、オーバーラップしたライナーがボックス右の深いところから中央マイナスに折り返す。これに飛び込んだ南野が滑り込むように足で合わせ、土壇場の同点弾を決め切った。なお、南野にとってこのゴールはELでの初ゴールとなった。 ▽試合は直後に終了。この結果、ザルツブルクはアウェイゴール2発で価値ある引き分けに持ち込むことに成功した。対するソシエダは、掴みかけた勝利を手放すこととなった。なお、2ndレグは来週木曜にザルツブルクのホームで行われる。 2018.02.16 05:06 Fri
twitterfacebook
thumb

ザルツブルクと契約延長のMF南野拓実「僕の全てを与えて行かなくてはいけない」

▽元日本代表MF南野拓実(23)が、ザルツブルクとの契約延長に喜びを示した。クラブ公式サイトが伝えている。 ▽2015年1月にセレッソ大阪から加入した南野は、加入後初のフルシーズンとなった2015-16シーズンに公式戦40試合13ゴール6アシスト、翌2016-17シーズンにも公式戦31試合14ゴール4アシストを記録。今シーズンもここまで公式戦23試合6ゴール4アシストをマークしており、3シーズン連続となる2桁得点に期待がかかっている。この活躍にザルツブルクは1日、南野との契約を2021年まで延長した。 ▽ザルツブルクと契約延長を果たした南野は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「僕を信頼し続けてくれているこのクラブと契約延長できて、とても嬉しい。このチームのために僕の全てを与えて行かなくてはいけないと思っている」 ▽また、ザルツブルクのフットボールディレクターを務めるクリストフ・フロイント氏は、今回の件について以下のようにコメントしている。 「タクミはクラブにとって非常に重要な選手になっている。得点率もとても素晴らしい。彼はまだまだ伸びるし、我々と共に成長して続けると確信している。契約を延長できたことに満足している」 2018.02.02 16:39 Fri
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース