ユベントス、買取OP行使でベナティアを完全移籍で獲得! 2020年までの3年契約2017.05.13 01:52 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ユベントスは12日、バイエルンからレンタル移籍中のモロッコ代表DFメディ・ベナティア(30)の買い取りオプションを行使し、完全移籍で獲得したことを発表した。ユベントスとベナティアは、2020年6月30日までの契約を締結している。

▽2016年夏にバイエルンから買い取りオプション付きの300万ユーロ(約3億7000万円)の有償レンタルで加入したベナティアは、イタリア代表でプレーするDFアンドレア・バルザーリ、DFレオナルド・ボヌッチ、DFジョルジョ・キエッリーニの“BBC”のバックアップとして、公式戦18試合に出場している。

▽それでも、ベナティアのパフォーマンスを評価するクラブは、1700万ユーロ(約21億円)に設定されていた買い取りオプションを行使することを決断した。なお、ユベントスは1700万ユーロを2年間の分割でバイエルンに支払うことになる。

コメント

関連ニュース

thumb

【CLグループ第5節プレビュー②】ユーベvsバルサの頂上対決、アトレティコは生き残りを懸けたローマ戦

▽チャンピオンズリーグ(CL)・グループA~Dの第5節が22日に開催される。ここではA~Dの第5節のマッチプレビューを紹介していく。 ★CLグループステージ第5節 ▽11/22(水) ◆グループA 《26:00》 CSKAモスクワ vs ベンフィカ 《28:45》 バーゼル vs マンチェスター・ユナイテッド ◆グループB 《28:45》 アンデルレヒト vs バイエルン パリ・サンジェルマン vs セルティック ◆グループC 《26:00》 カラバフ vs チェルシー 《28:45》 アトレティコ・マドリー vs ローマ ◆グループD 《28:45》 ユベントス vs バルセロナ スポルティング・リスボン vs オリンピアコス ◆グループA:バーゼルとCSKAの2位争い<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171121_51_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽前節グループステージ突破を決めたマンチェスター・ユナイテッド(勝ち点12)の一強となっているグループAでは、2位通過を懸けて2位バーゼル(勝ち点6)と3位CSKAモスクワが争っている。前節CSKAモスクワとのホーム戦を1-2と痛恨の逆転負けを喫し、勝ち点でCSKAモスクワに並ばれたバーゼルは、ホームにユナイテッドを迎える。ユナイテッドは引き分け以上で首位通過が決まる状況のため、さほど戦力を落とすことは考えにくいが、ベンフィカとのアウェイ戦を最終戦に控えるバーゼルは勝ち点を積み上げて2位を死守できるか。 ▽一方、CSKAモスクワはここまで全敗とふるわないベンフィカとのホーム戦に臨む。CSKAモスクワは最終戦がユナイテッドとのアウェイ戦となるだけにベンフィカ戦は必勝となる。なお、ベンフィカは勝利を逃がすと最下位が確定し、グループステージ敗退が決まる。 ◆グループB:首位通過を狙うPSGとバイエルンの動向は<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171121_52_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽前節、2強のパリ・サンジェルマン(勝ち点12)とバイエルン(勝ち点9)の決勝トーナメント進出が決まったグループB。勝利すれば最終節のバイエルンとの首位通過を懸けたアウェイ戦を前に余裕を持って戦えるPSGは、セルティックとのホーム戦に臨む。内弁慶の相手を確実に叩いてバイエルンとの最終戦に臨みたい。 ▽一方、セルティックとの連戦を制してPSG同様に2試合を残してグループステージ突破を決めたバイエルンは、ここまで全敗のアンデルレヒトとのアウェイ戦に臨む。最終戦での逆転での首位通過を狙うためにもアンデルレヒト戦は必勝を期したい。仮にPSGとの3ポイント差が維持された場合、バイエルンはPSG戦で4点以上を奪わなければ首位通過は果たせない。 ◆グループC:崖っぷちアトレティコ、生き残りを懸けたローマ戦<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171121_53_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽3強と思われたグループCだったが、アトレティコ・マドリー(勝ち点3)がグループ最弱と目されていたカラバフに2戦連続ドローに終わったことで、ローマ(勝ち点8)とチェルシー(勝ち点7)がグループステージ突破に王手をかけている。 ▽前節チェルシーに3-0と快勝して首位に浮上したローマは、アトレティコとのアウェイ戦に臨む。共に直近のリーグ戦でダービーを戦ったが、ローマはラツィオとのダービーを2-1で制し、アトレティコはレアル・マドリーとのダービーをゴールレスドローで終えた。 ▽ゼコにこそ約2カ月ゴールが生まれていないものの、公式戦6連勝と好調を維持するローマは、ここでアトレティコを蹴落とし、最終戦のカラバフとのホーム戦で首位通過を目指したい。 ▽一方、深刻な得点力不足に陥るアトレティコは、ローマ戦、チェルシー戦と残り2連勝することでしかグループステージ突破の可能性はないが、望みをつなげられるか。 ▽ローマに完敗して首位陥落となったチェルシーは、カラバフとのアウェイ戦を勝利すれば、決勝トーナメント進出が決まる。最終戦のアトレティコ戦を前にグループステージ突破となるか。 ◆グループD:ユーベvsバルサの頂上対決<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171121_54_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽前節はグループ本命のバルセロナ(勝ち点10)とユベントス(勝ち点7)が、共に敵地での試合を引き分けで終えた。決勝トーナメント進出がお預けとなった中、今節は2強が激突する。 ▽前節スポルティング・リスボン戦を辛くも引き分けに持ち込んだユベントスは、直近のサンプドリア戦を2-3と敗戦。セリエAで今季2敗目を喫した。一時は0-3と惨敗ムードからイグアインとディバラが終盤にゴールを決めたのはせめてもの救いで、とりわけコンディションを上げているイグアインがここに来て公式戦5試合連続ゴールを決めているのは心強い。敗戦すればスポルティング(勝ち点4)が迫っているだけに相手がバルセロナといえど、勝ち点が欲しい。 ▽一方、オリンピアコスに今季初めてのゴールレスドローに終わったバルセロナは、直近のレガネス戦を3-0と勝利。リーガで首位を快走している。不調のスアレスにも約1カ月半ぶりにゴールが生まれており、チーム状態は良好。レガネス戦では流し気味にプレーしていたメッシもユベントス戦に照準を合わせていたと見られ、引き分け以上で首位通過となる一戦に向けて磐石の状態となっている。 2017.11.22 18:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ユベントスがバルセロナ戦の招集メンバー発表、ベルナルデスキは負傷欠場《CL》

▽ユベントスは21日、翌日にホームで行われるチャンピオンズリーグ(CL)・グループD第5節バルセロナ戦に向けて招集メンバー23名を発表した。 ▽2-3と敗れた直近のセリエA第13節サンプドリア戦で温存されたGKジャンルイジ・ブッフォンとDFアンドレア・バルザーリがメンバー入りした一方、FWフェデリコ・ベルナルデスキがトレーニング中に右足の太ももを痛めたことで招集外となっている。 ▽ユベントスはここまで勝ち点7を積み上げ、首位バルセロナ(勝ち点10)に次ぐ2位に位置している。 ◆ユベントス招集メンバー <B>GK ジャンルイジ・ブッフォン ヴォイチェフ・シュチェスニー カルロ・ピンソーリオ DF ジョルジョ・キエッリーニ アンドレア・バルザーリ ダニエレ・ルガーニ メディ・ベナティア ベネディクト・ヘヴェデス マッティア・デ・シリオ アレックス・サンドロ クワドゥオ・アサモア MF ミラレム・ピャニッチ サミ・ケディラ ブレーズ・マテュイディ ロドリゴ・ベンタンクール クラウディオ・マルキジオ ステファノ・ストゥラーロ ファン・クアドラード ドグラス・コスタ FW ゴンサロ・イグアイン パウロ・ディバラ マリオ・マンジュキッチ</B> 2017.11.22 04:00 Wed
twitterfacebook
thumb

あれ、もしかして?…ディバラが意味深発言

▽ユベントスに所属するアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラ(24)が将来に言及し、「永遠にユベントスに残ることは約束できない」とサポーターの不安を煽るかのようなコメントを残した。イタリア『カルチョメルカート』が伝えた。 ▽2015年夏にユベントス入りしたディバラは加入以来、センセーショナルな活躍を続け、瞬く間に看板選手の1人に。その活躍を受け、今夏もバルセロナやマンチェスター・ユナイテッドなど欧州屈指のメガクラブの興味を惹く存在として、近年の移籍市場を賑わせている。 ▽今やユベントスの伝統的な背番号「10」の継承者としてチームのシンボルプレーヤーに君臨するディバラは、『France Football』のインタビューで将来について問われると、次のように言及した。 「永遠にユベントスに残ることは約束できない。それは僕だけじゃどうすることもできないんだ。でも、今シーズンが最後とも言いたくない。将来に何が起こるかわからないわけだから、今はとにかく全てに勝ちたい。フットボールは奇妙だね」 「バロンドールをネイマールと争いたいけど、彼の方が僕よりも受賞に近いね。だから、もっと努力して、トロフィーを勝ち取っていきたい。僕はいつもロナウジーニョに憧れてきた。でも、僕の中でマラドーナのような存在であるメッシと代表で一緒にプレーできることは誇りだよ」 「僕は新しいメッシだって言われるけど、そのプレッシャーを感じたりはしていない。そう言われるのはフットボーラーとして悪いことじゃないし、僕のパフォーマンス次第だからね」 「ブッフォンはレジェンドだ。彼は40歳だけど、まだ20歳のようにプレーしている。ダニ・アウベスやポグバが出て行った。アウベスは驚くビジョンと自信の持ち主。彼は僕が今まで出会ってきた選手の中でも最高の1人さ。ポグバは僕の友人。僕らはピッチ内外で良い関係なんだ」 2017.11.21 20:00 Tue
twitterfacebook
thumb

バルセロナがユベントス戦に向けた招集メンバー19名を発表!《CL》

▽バルセロナは20日、22日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)グループD第5節のユベントス戦に向けた招集メンバー19名を発表した。 ▽アウェイで行われる一戦に向け、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシやウルグアイ代表FWルイス・スアレス、スペイン代表MFアンドレス・イニエスタら主力が順当にメンバー入り。 ▽一方で負傷中のフランス代表MFウスマーヌ・デンベレやアルゼンチン代表MFハビエル・マスチェラーノ、スペイン代表DFセルジ・ロベルトらが招集外。なお、前節のオリンピアコス戦に続き、バルセロナBからGKアドリアン・オルトラが招集された。 ▽現在グループDで首位に立つバルセロナ(3勝1分け)は、引き分け以上でグループステージ突破が決まる状況となっている。今回発表されたメンバーは以下の通り。 ◆バルセロナ招集メンバー <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">マーク=アンドレ・テア・シュテーゲン</span> <span style="font-weight:700;">イェスパー・シレッセン</span> <span style="font-weight:700;">アドリアン・オルトラ</span> <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">ネウソン・セメド</span> <span style="font-weight:700;">ジェラール・ピケ</span> <span style="font-weight:700;">トーマス・ヴェルメーレン</span> <span style="font-weight:700;">ジョルディ・アルバ</span> <span style="font-weight:700;">リュカ・ディーニュ</span> <span style="font-weight:700;">サミュエル・ユムティティ</span> <span style="font-weight:700;">アレイシ・ビダル</span> <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">イバン・ラキティッチ</span> <span style="font-weight:700;">セルヒオ・ブスケッツ</span> <span style="font-weight:700;">デニス・スアレス</span> <span style="font-weight:700;">アンドレス・イニエスタ</span> <span style="font-weight:700;">パウリーニョ</span> <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">ルイス・スアレス</span> <span style="font-weight:700;">リオネル・メッシ</span> <span style="font-weight:700;">ジェラール・デウロフェウ</span> <span style="font-weight:700;">パコ・アルカセル</span> 2017.11.21 00:50 Tue
twitterfacebook
thumb

ユベントスが難所で3失点敗戦… 勝利したサンプドリアはホーム戦全勝を維持《セリエA》

▽ユベントスは19日、セリエA第13節でサンプドリアとのアウェイ戦に臨み、2-3で敗れた。 ▽代表ウィーク前に行われた前節ベネヴェント戦をイグアインの公式戦4戦連発弾など逆転で退けた2位ユベントス(勝ち点31)はリーグ戦4連勝として首位ナポリに1ポイント差に迫った。そのユベントスは水曜日にチャンピオンズリーグ(CL)のバルセロナ戦を控える中、イタリア代表で失意を受けたGKブッフォンとバルザーリがベンチスタートとなり、キエッリーニとベルナルデスキがスタメンとなった。 ▽前節ジェノヴァ・ダービーを制した今季のホーム戦5戦全勝の6位サンプドリア(勝ち点23)に対し、2列目に右からクアドラード、ベルナルデスキ、マンジュキッチと並べる[4-2-3-1]で臨んだユベントスは、開始2分にベルナルデスキのスルーパスからイグアインが決定的なシュートを浴びせていく。 ▽良い入りを見せたユベントスが能動的に試合を進めていくものの、サンプドリアのタイトな守備の前にシュートに結びつけることはできない。 ▽28分に足首を負傷したプラートに代わってリネティを投入したサンプドリアに対し、引き続き敵陣でのプレーを続けたユベントスは、32分にビッグチャンス。イグアインのスルーパスをボックス右で受けたクアドラードがゴールエリア右まで侵攻してシュート。しかし、GKヴィヴィアーノにセーブされた。 ▽ハーフタイムにかけてはチャンスを生み出せず、前半をゴールレスドローで終えた。 ▽迎えた後半も圧力をかけたユベントスだったが、52分に先制される。ベルナルデスキのクリアボールが甘くなってルーズとなると、リヒトシュタイナーに競り勝ったD・サパタにヘディングで押し込まれた。 ▽続く56分にはクアリアレッラのスルーパスを受けたD・サパタに決定的なシュートを許したユベントスだったが、GKシュチェスニーが好飛び出しによるファインセーブで凌いだ。 ▽流れが悪くなってきたユベントスは62分にベルナルデスキに代えてディバラを投入。しかし72分に追加点を許してしまう。ペナルティアーク右でボールを持ったトレイラにミドルシュートを叩き込まれた。 ▽さらに79分、FKの流れからフェッラーリにもゴールを許したユベントスは、終了間際のPKをイグアインが決め、ディバラがドリブルシュートを叩き込んだものの2-3で敗戦。難所ルイジ・フェラリスで今季2敗目を喫し、ナポリとのポイント差は4に広がった。一方、勝利したサンプドリアはホーム戦全勝としている。 2017.11.20 00:58 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース