下部組織から15年間過ごしたバトシュトゥバーがバイエルンを退団2017.05.12 20:53 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バイエルンは12日、シャルケにレンタル移籍中の元ドイツ代表DFホルガー・バトシュトゥバー(28)との契約満了を発表した。今シーズン限りで退団する。

▽シュツットガルトの下部組織から2002年7月にバイエルンの下部組織へと移籍したバトシュトゥバーは、U-17、U-19と昇格し、2009年7月にトップチームへ昇格。大ケガに悩まされる時期もあった中、バイエルンでは公式戦通算177試合に出場し2得点を記録していた。

▽今年1月にシャルケへとレンタル移籍すると、ブンデスリーガで10試合に出場。シーズン終了後にバイエルンへ復帰せず、契約満了が発表された。

▽バイエルンのカール=ハインツ・ルンメニゲCEOは、「最初から明白だった」と語り、レンタル移籍終了後の退団は既定路線だったとのこと。今後は海外移籍を目指す可能性を示唆した。

「シャルケへのレンタル移籍終了後、バトシュトゥバーは海外でのプレー機会を探すかもしれない。そのため、バイエルンはバトシュトゥバーと別れることとなった。15年間をここで過ごした彼に、感謝したい」

コメント

関連ニュース

thumb

ベイル、今夏の移籍を示唆か...「他クラブの関心は誇らしいこと」

レアル・マドリーに所属するウェールズ代表MFガレス・ベイルが、この夏に移籍する可能性に言及している。<br><br>FWカリム・ベンゼマ、クリスティアーノ・ロナウドと共に「BBC」と呼ばれる3トップを形成してきたベイルだが、今季はジネディーヌ・ジダン監督の下で出場機会が減っている。MFルーカス・バスケス、マルコ・アセンシオ、イスコらとの競争は日に日に厳しさを増しており、25日に行われたチャンピオンズリーグ準決勝第1戦バイエルン・ミュンヘン戦(2-1)では出場機会がなかった。<br><br>ベイルはドイツ『シュポルト・ビルト』に対して「誠実に言えば、僕はもっと多くを望んでいる。当然だよ。より多くの試合に出て、たくさんゴールを決めたい」と心境を吐露した。<br><br>ベイルは2013年にトッテナムからマドリーに移籍。マドリーは1億ユーロの移籍金を支払ったといわれている。高額な移籍金に関しては、以下のように語っている。<br><br>「10年前、一人の選手に2億2200万ユーロが支払われると想像した人はいるかい? 今後も移籍金は上がり続けるはずだ。この数年の動きを見てほしい。マーケットの原理だよ。だから、これだけ大金が支払われているんだ」<br><br>最近では、バイエルン・ミュンヘンFWロベルト・レヴァンドフスキにマドリー移籍の噂がある。<br><br>「レヴァンドフスキにはマドリーでプレーするだけの能力がある。彼は世界最高峰のストライカーで、バイエルンとポーランド代表でゴールを保証する存在だ。彼は素晴らしいフィニッシャー。だから(対戦時には)彼に注意しなければいけない」<br><br>バイエルン移籍の可能性について問われると、ベイルは次のように返した。<br><br>「フットボールにおいて、『絶対にない』なんて言葉は使えない。今、僕はレアル・マドリーでフットボールを楽しんでいる。バイエルンはファンタスティックなチーム。歴史を見ても、いつも欧州有数のチームだった。そういったクラブと関連づけられるのは、誰にとっても大きな誇りだ。でも僕は現在、レアル・マドリーの選手なんだ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.26 23:13 Thu
twitterfacebook
thumb

「バイエルンのカウンターは怖かった」...苦戦を認めるL・バスケス

レアル・マドリーは25日のチャンピオンズリーグ(CL)準決勝第1戦でバイエルン・ミュンヘンと対戦して2-1と勝利した。マドリーのスペイン代表MFルーカス・バスケスはバイエルン戦の勝利を喜んでいる。<br><br>バイエルンDFヨシュア・キミッヒに先制ゴールを許したマドリーだが、前半のうちにDFマルセロのゴールで追い付くと、後半に入りMFマルコ・アセンシオが逆転ゴールを決めた。アセンシオの決勝点をアシストしたのが、L・バスケスだ。<br><br>L・バスケスは試合を次のように振り返っている。スペイン『マルカ』がコメントを伝えた。<br><br>「バイエルンはまったく試合を簡単にしてくれなかった。彼らのカウンターは恐かった。次はホームでの試合が待っている。とても長い90分になるだろうね」<br><br>CL準決勝第2戦は5月1日にマドリーの本拠地サンティアゴ・ベルナベウで行われる。決勝進出に向け、マドリーは大きなアドバンテージを得た格好だ。<br><br>マドリーは今季、リーガエスパニョーラで首位バルセロナに勝ち点15差と大きく水をあけられ、3位に位置している。ジネディーヌ・ジダン監督の続投には前人未到の三連覇となるCLのタイトルが必須だといわれているが、その達成に大きな一歩を踏み出している。<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.26 22:20 Thu
twitterfacebook
thumb

ハメス、レアル・マドリー戦の敗戦に不満...古巣復帰の可能性は?

バイエルン・ミュンヘンのコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスが、先の敗戦と自身の去就について意見を述べている。<br><br>バイエルンはチャンピオンズリーグ準決勝でレアル・マドリーと対戦。25日にホームで行われた第1戦で1-2と敗れ、決勝進出に向けて劣勢に立たされている。<br><br>ハメスはスペイン『Beinスポーツ』で「(勝利に)近づいていたと思う。僕たちには4、5回決定機があった。それを決め切れなかったんだ。とても辛いよ。怒りを感じている」と語り、次のように続けた。<br><br>「僕たちは高いモチベーションと緊張感で試合に臨んでいた。でも、第2戦まであと7日ある。厳しい試合になるだろう。だけど、チャンスはあるはずだ。アウェイでゴールを奪えるように願っている」<br><br>ハメスは昨夏、2年のレンタル契約でバイエルンに加入した。バイエルンは5500万ユーロ(約74億円)でハメスを買い取ることができるといわれている。<br><br>だが現時点でハメスの保有権を有しているのはマドリーだ。古巣復帰について、ハメスはこう語っている。<br><br>「未来に何が起こるかは誰にも分からない。僕の現在はバイエルンにある。ここでうまくいっているよ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.26 21:44 Thu
twitterfacebook
thumb

「こんなに弱いレアルは初めて」バイエルンDFは惜敗も内容で上回ったと主張

バイエルンの選手の多くは、レアル・マドリー戦は最低でも5点は決めることができる内容だったと考えている。ジェローム・ボアテングの負傷で、途中からピッチに入ったDFニクラス・ジューレもそう考える一人だ。<br><br>バイエルンは25日、チャンピオンズリーグ(CL)準決勝ファーストレグでレアル・マドリーと対戦。本拠地の大声援を背に多くのチャンスを作り出したものの、決定機をなかなか得点につなげられず1-2で敗れた。ジューレは試合後にこのように語っている。<br><br>「もし僕たちが5-2で勝ったとしても誰も文句は言わなかったと思う。ミュンヘンでの試合でこんなに弱いレアルを見たことはなかったよ」<br><br>ジューレのコメントについて問われたDFヨシュア・キミヒは、5点でも十分ではなかったと思っているようだ。<br><br>「僕は7-2が妥当だと思うよ。君も試合を見ていたはずだ。前半にあと2,3回チャンスがあった。そして後半にもフランク・リベリもいくつかのチャンスがあったよ。全てのチャンスを挙げることはできないけれど、6~7回はチャンスがあったさ」<br><br>さらに古巣との対戦となったハメス・ロドリゲスも5-2が妥当のスコアだと感じていると『マルカ』に明かした。<br><br>「僕たちは5度の確かなチャンスがあって、彼らはたった2回だけだ。とてもストレスの溜まる試合だった」<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.26 19:30 Thu
twitterfacebook
thumb

ボアテングがバイエルン退団を示唆か「できることはやり尽くした」プレミア復帰話も浮上

25日に行われたチャンピオンズリーグ準決勝の第1戦、バイエルンvsレアル・マドリーは、1-2でアウェーのレアル・マドリーが勝利を収めた。この試合で先発出場したジェローム・ボアテングは筋肉系の負傷により34分で途中交代。同選手は第2戦の欠場が有力視されており、ロシア・ワールドカップ出場を危ぶむ声もある。そんな中、本人が今季限りでバイエルンを去る可能性があると一部メディアで報じられた。<br><br>現在29歳のボアテングは2011年にバイエルンへと加入。その後は最終ラインの主軸としてプレーし、契約は2021年まで残している。だが、スポーツメディア『Socrates』の取材で、ボアテング本人がバイエルンからの退団を示唆しているという。<br><br>「人生で、これまで達成していない目標は何なのか、疑問を持ちながら自分に言い聞かせている。いつも同じクラブで、同じ環境下で、本当にいいのかってね」<br><br>同メディアは「バイエルンでできることはほぼやり尽くした」と&ldquo;移籍示唆&rdquo;とも取れるボアテング本人の言葉を掲載している。<br><br>その一方で一部メディアの報道によると、ジョゼ・モウリーニョ監督が指揮するマンチェスター・ユナイテッド、そして10-11シーズンにプレーした古巣であり、恩師ペップ・グアルディオラが率いるマンチェスター・シティへの復帰話も浮上しているという。<br><br>ロシア・ワールドカップを直前に控えたシーズン終盤戦で負傷したボアテング。当面のところはロシアW杯のドイツ代表メンバー入りを目指して治療に専念する見通しだが、4年に一度の大舞台を終えた後は&ldquo;新たな目標&rdquo;に向け、移籍を決断するというシナリオも現実的なプランとなっているようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.26 13:35 Thu
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース