下部組織から15年間過ごしたバトシュトゥバーがバイエルンを退団2017.05.12 20:53 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バイエルンは12日、シャルケにレンタル移籍中の元ドイツ代表DFホルガー・バトシュトゥバー(28)との契約満了を発表した。今シーズン限りで退団する。

▽シュツットガルトの下部組織から2002年7月にバイエルンの下部組織へと移籍したバトシュトゥバーは、U-17、U-19と昇格し、2009年7月にトップチームへ昇格。大ケガに悩まされる時期もあった中、バイエルンでは公式戦通算177試合に出場し2得点を記録していた。

▽今年1月にシャルケへとレンタル移籍すると、ブンデスリーガで10試合に出場。シーズン終了後にバイエルンへ復帰せず、契約満了が発表された。

▽バイエルンのカール=ハインツ・ルンメニゲCEOは、「最初から明白だった」と語り、レンタル移籍終了後の退団は既定路線だったとのこと。今後は海外移籍を目指す可能性を示唆した。

「シャルケへのレンタル移籍終了後、バトシュトゥバーは海外でのプレー機会を探すかもしれない。そのため、バイエルンはバトシュトゥバーと別れることとなった。15年間をここで過ごした彼に、感謝したい」

コメント

関連ニュース

thumb

アンチェロッティ、ビダル放出を100%否定…マンチェスター・Uが興味も「あり得ない」

バイエルン・ミュンヘンのカルロ・アンチェロッティ監督は、チリ代表MFアルトゥーロ・ビダルの放出は「絶対にない」としている。<br><br>ビダルは先日、マンチェスター・ユナイテッド移籍のうわさがイギリスメディアによって浮上。ジョゼ・モウリーニョ監督が獲得を熱望していると伝えられたが、アンチェロッティ監督はその可能性を真っ向から否定している。<br><br>「ビダルに関してはあり得ない。我々の選手で、とても信頼している。うわさは知っているし、もう慣れているよ。彼は100%残留するし、自信を持ってそう言える」<br><br>一方で、新シーズンもポジションの確保は難しいと見られるポルトガル代表MFレナト・サンチェスに関しては「我々は決断しなければならない。移籍の可能性もあるが、残る可能性もある」と話すにとどめた。<br><br><br>提供:goal.com 2017.07.25 23:27 Tue
twitterfacebook
thumb

ミュラーの2Gなど3得点を奪ったバイエルンがチェルシーを下し今大会初勝利!!《ICC2017》

▽インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)2017・シンガポールラウンドのチェルシーvsバイエルンが25日にナショナル・スタジアムで行われ、3-2でバイエルンが勝利した。 ▽チェルシーにとって今大会初戦となったこの試合。お馴染みの[3-4-3]の布陣を採用し、GKクルトワ、3バックにはアスピリクエタ、ケイヒル、A・クリステンセンが入った。中盤のウイングバックにはモーゼスとマルコス・アロンソ、セントラルMFはカンテとセスクが務めた。前線にはボガ、ウィリアン、バチュアイが起用された。注目の補強となったモラタはベンチスタート。バカヨコは招集外となった。 ▽一方、中国ラウンドで既にアーセナルとミランと対戦しているバイエルンは、[3-5-2]のフォーメーションを採用。GKシュターケに、ディフェンスラインはフンメルス、ラフィーニャ、フリードルが固めた。中盤の5人はハビ・マルティネス、トリッソ、リベリ、レナト・サンチェス、ハメス・ロドリゲスが並び、2トップにはミュラーとレヴァンドフスキが入った。 ▽試合はここまで全敗のバイエルンがあっさり先制する。6分、ボックス手前右の位置でボールを持ったラフィーニャが、そこから思い切りよくミドルシュートを放つ。相手DFを微妙に掠めたシュートは、左ポストに跳ね返りゴールへ吸い込まれた。 ▽幸先良く先制したバイエルンはその6分後、簡単に2点目をあげる。ドリブルでボックス左に侵入したリベリがファーサイドにクロスを供給。すると、そこにタイミング良く入ってきたミュラーがボレーで合わせネットを揺らした。 ▽圧倒的にバイエルンの流れの中、26分にも追加点が生まれる。ミュラーがハーフウェイライン付近でボールを奪うと、カウンター気味にそのままドリブルでペナルティアーク手前まで運ぶ。チェックが弱いとみるやそこからシュートを選択。うまくコースを突いたシュートは、GKクルトワも触れることができず、前半だけで3点をもぎ取った。 ▽予期せず3失点を喫してしまったチェルシーも前半のうちに1点を返す。前半アディショナルタイムに入った48分、ボックス右深くまで攻め込んだモーゼスがグラウンダーのクロス。このボールにゴール前で誰も触れず、ファーサイドのマルコス・アロンソの下へ。マルコス・アロンソはこれをダイレクトシュート。得意の左足から放たれたシュートは強烈な勢いでネットに突き刺さった。 ▽迎えた後半、均衡した試合展開の中でチェルシーは63分に注目の新戦力モラタをボガに代えて投入。少しずつ流れを引き戻そうとするチェルシーは72分、セスクのロングパスからバチュアイが落とし、最後はウィリアンがシュート。しかし、ミートしきれなかったシュートはゴールの上を越えていった。同じく72分、A・クリステンセンに代わって入ったダビド・ルイスがボックス手前中央からミドルシュートを狙うが、相手に当たり枠を外れる。 ▽試合も終盤に入った85分、チェルシーが1点差に詰め寄る。左CKの場面でキッカーのセスクがクロスを入れると、ゴール前のバチュアイが押し込んで2点目をもたらした。 ▽チェルシーは3点目を狙いに攻勢に出たが、試合はこのまま終了。前半だけで3点を奪ったバイエルンがそのまま逃げ切りに成功し、3-2のスコアで今大会初勝利を収めた。 2017.07.25 22:58 Tue
twitterfacebook
thumb

ポドルスキ、バイエルン加入のハメスに「異なるレベルへ引き上げるかはわからない」

ヴィッセル神戸に加入した元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキは、ドイツ『フースバル・ビルト』で自身が担当するコラムにおいてバイエルン・ミュンヘンの状況について言及している。<br><br>バイエルンは今夏、大型補強を敢行。DFニクラス・ジューレ、MFセバスティアン・ルディといったドイツ代表選手に加えてMFコランタン・トリッソを史上最高額で獲得し、さらにはレンタルながらレアル・マドリーからハメス・ロドリゲスを獲得した。<br><br>ハメス獲得で再び高みへと突き進もうとするバイエルンだが、ポドルスキは疑いの目を持っていることを明かす。<br><br>「バイエルンが再びトップになるため、レアルからハメスを連れてきたのは理解できる。でも彼がバイエルンを異なるレベルに進化させるかどうかはわからないね」<br><br>また、ハメス加入によって昨シーズンは不調に喘いだクラブのシンボル的存在であるトーマス・ミュラーの立場が脅かされるというメディアの見方にも否定的な様子。かつて代表でともにプレーしたミュラーに関して「とても良くやってきた」と評価し、このように続ける。<br><br>「とても高いレベルの話をしているんだ。2018年ワールドカップを前にミュラーの役割がドイツ代表でも変化すると考えるのはナンセンスだよ」<br><br>なお、ポドルスキは日本ではすでにテストマッチながら実戦デビューを果たし、初アシストをマークしている。<br><br>提供:goal.com 2017.07.24 10:35 Mon
twitterfacebook
thumb

バイエルン、ベルナトのプレシーズンツアー離脱を発表…

▽バイエルンは23日、スペイン代表DFフアン・ベルナトが足首の負傷によりプレシーズンツアーから離脱することを発表した。 ▽現在、中国とシンガポールでプレシーズンツアーを行っているバイエルンは、22日にインターナショナルチャンピオンズカップ(ICC)2017でミランと対戦し、0-4で敗戦。この試合に先発出場したベルナトは、31分に負傷交代していた。 ▽ベルナトのケガについてチームを率いるカルロ・アンチェロッティ監督は、公式サイトで以下のように話した。 「ベルナトはアウディ・サマーツアーを続けられない。明日、ミュンヘンへ戻って検査を受けることになる」 ▽今後、ICC2017シンガポールラウンドに参加するバイエルンは、25日にチェルシーと27日にインテルとプレシーズンマッチを行う。 2017.07.24 01:36 Mon
twitterfacebook
thumb

現役引退のラームが最後にドイツ年間最優秀選手賞を初受賞

▽バイエルンは23日、2016-17シーズン限りで現役を引退した元ドイツ代表DFフィリップ・ラーム(33)が2017年のドイツ年間最優秀選手に選出された。ラームにとって現役ラストシーズンでの初受賞となった。 ▽ドイツ『キッカー』が主催となり、ドイツのスポーツジャーナリスト連盟(VDS)会員が投票を行うドイツ年間最優秀選手賞。ラームは242票を獲得し、2位のトニー・クロース(レアル・マドリー)の192票に50票差をつけて受賞となった。なお、3位にはドルトムントのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンが120票を獲得して入った。 ▽ラームは2004年に2位、2006年に3位と入賞していたが、その後は上位に入ることはなかったが、現役最後に見事に受賞した。 ▽ラームはブンデスリーガで8度の優勝を経験。DFBポカールで6度、チャンピオンズリーグで1度優勝している。 ▽今回の受賞についてラームは「大変な栄誉だ。本当にとても嬉しく思う。投票に際してドイツのスポーツジャーナリスト達は、僕の全キャリアを通して見てくれたのだろう」とコメントしている。 2017.07.23 23:23 Sun
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース