ボルシアMGがアメリカ代表MFジョンソンと2020年まで契約延長2017.05.12 00:05 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ボルシアMGは11日、アメリカ代表MFファビアン・ジョンソン(29)との契約延長を発表した。新契約は2020年までとなる。

▽1860ミュンヘンでプロキャリアをスタートさせたジョンソンは、その後ヴォルフスブルクやホッフェンハイムでのプレーを経て、2014年夏にボルシアMGに加入。

▽ボルシアMGでは、在籍3シーズンで101試合に出場し13ゴールをマーク。今シーズンもここまで準主力としてブンデスリーガ19試合に出場し、3ゴールを記録している。

▽ボルシアMGとの契約延長を果たしたジョンソンは、クラブを通じて以下のコメントを残している。

「ボルシアMGのような偉大なクラブでプレーを続けられることは素晴らしいことだ」

「僕は3年前にホッフェンハイムからボルシアMGに加入した時、2つの目標を立てたんだ。1つは自分の力をさらに高いレベルへ発展させること、そしてもう1つはチャンピオンズリーグやヨーロッパリーグの舞台でプレーすることだ。ここではその両方を叶えられた。これからもボルシアMGでサッカーを続けられることがとても楽しみだよ」

コメント

関連ニュース

thumb

テア・シュテーゲン、少年時代はFWだった! GK転向のきっかけは"チームメイトの鼻血"

▽バルセロナに所属するドイツ代表GKマーク=アンドレ・テア・シュテーゲンには、少年時代にGKへ転向するあるきっかけがあったようだ。ドイツ『キッカー』がアメリカ『ザ・プレイヤーズ・トリュビューン』でのインタビューを引用して伝えている。 ▽ボルシアMGの下部組織出身で、2009年にトップチーム昇格を果たしたテア・シュテーゲン。2011-12シーズンに名実ともに正GKの座を確立すると、バイエルンの2度の撃破に貢献するなどしてブンデスリーガ4位躍進と、チャンピオンズリーグ出場権の獲得に貢献した。 ▽2014年5月にバルセロナ入りしたテア・シュテーゲンは同時期にドイツ代表デビューも飾る。すでにクラブで数多くのタイトル獲得も経験し、今シーズンもここまで公式戦42試合に出場して23回のクリーンシートを達成している。 ▽今や世界屈指のGKと呼ばれるまでに成長したテア・シュテーゲンだが、少年時代にはFWでプレーしていたようだ。そんな少年がGKに転向したのにはある出来事があったようだ。以下のように明かしている。 「鼻血がきっかけで僕はゴールキーパーになったんだ」 「10歳の頃、僕が所属していたボルシアMGのアカデミーにはいつも鼻血を出すやつがいたんだ。なぜか分からないんだけどね。彼はチームのゴールキーパーで、試合中にも鼻血を出したことがあったんだ」 「誰かをGKに交代で入れる必要があったんだけど、誰もやりたがらないから僕がやることになってしまったんだよ」 「その時僕はゴールを決めることの方が好きだったんだ。それがサッカーをしていた理由でもある。決めた時本当に幸せな気分になるんだ」 「そんな僕がいきなりゴール前に立たされた。そしたら、大好きになったという訳ではないけど、楽しかったんだ。そして、やっていくうちに快適にも感じた」 「それでも僕は守るよりも攻める方が好きだった。やはりFWが良かったんだよ。ただ、その時の監督は僕のプレーが好きじゃなった。あと『走る時にきちんと足が上がっていない』とも走り方を指摘されたんだ」 「するとメンバー選考の時に『このチームでGKとしてプレーするか』か『他のチームでプレーするか』を問われたんだ。それでも僕は即決だったよ」 「確かにゴールを決めることは好きだし、別のチームからも誘われた。ただ、それは重要なことではなく、僕にとってはボルシアMGでプレーすることが重要だったんだ。単純なことさ。そこが4歳の時からの僕のホームだったんだ」 「ボルシアMGは僕にとって特別なクラブだよ。僕のキャリアを形成し、多くの子どもたちが夢見るカンプ・ノウでのプレーを実現できたからね」 2018.04.11 18:30 Wed
twitterfacebook
thumb

武藤負傷欠場のマインツ、ドローで5戦勝利なし《ブンデスリーガ》

▽マインツは1日、ブンデスリーガ第28節でボルシアMGをホームに迎え、0-0で引き分けた。マインツのFW武藤嘉紀はベンチ外となっている。 ▽前節フランクフルト戦を完敗して4試合勝利から見放されている16位マインツ(勝ち点25)は、ニューカッスルへの移籍報道が出た武藤は太ももの負傷によりベンチ外となった。 ▽9位ボルシアMG(勝ち点36)に対し、マインツがボールを保持する立ち上がりとなるも、リスクを冒しきらないことでシュートに持ち込むには至らない。 ▽互いに慎重な姿勢を崩さず膠着状態が続いた試合は、結局ゴールレスで前半を終えた。 ▽迎えた後半、マインツが圧力を強める中、57分にガバミンの直接FKでGKゾンマーを強襲。さらに66分、左CKからハックのヘディングシュートが枠を捉えたが、GKゾンマーのビッグセーブに阻まれる。 ▽しかし、終盤にかけては膠着状態が続き、0-0のままタイムアップ。勝ち点1を分け合った。この結果、マインツは残留圏内の15位ヴォルフスブルクを同勝ち点で追い、降格圏のケルンとは6ポイント差とした。 2018.04.02 03:46 Mon
twitterfacebook
thumb

現役のドイツ代表MFギンターが基金を設立「引退後まで待ちたくなかった」

▽ボルシアMGでプレーし、現役のドイツ代表選手でもあるMFマティアス・ギンター(24)が、恵まれない子どもたちのための「マティアス・ギンター基金」を設立した。ドイツ『キッカー』が報じた。 ▽当面の活動は、ギンターの故郷であるフライブルクでのプロジェクトに限定されるとのこと。ギンターは基金設立について「社会に貢献することができると思っており、どういったことができるかを考える時間を持っている。今、助けが必要とされているため、引退後まで待ちたくはなかったんだ」とコメントした。 ▽ギンターはフライブルクで2012年にプロキャリアをスタート。2014年にはドルトムントへ移籍。今シーズンからボルシアMGへ完全移籍していた。 ▽昨年はドルトムントのバス爆弾襲撃事件に巻き込まれ、2015年にはドイツ代表としてパリのテロ事件に遭遇したギンター。そういった経験から、若くして支援活動を行うことに決めたという。また、フライブルク大学病院に入院する子どもたちを訪問した中でも、気持ちが芽生えていったようで、「素晴らしい経験だったと同時に、今すぐに助けた必要だとも感じた」と語っている。なお、フライブルク大学病院の小児科に1万5000ユーロ(約200万円)の寄付を行うことも決定している。 ▽なお、最初のブロジェクトとして、夏に子どもたちに向けたサッカースクールを行うという。当面はフライブルク近郊で活動をするとのこと。パートナーであるクリスティーナ・ラファエラ・ディルさんがCEOを務め、基金の用途は2人が決定するという。 2018.03.06 11:40 Tue
twitterfacebook
thumb

ロイス復帰弾でボルシアMG撃破のドルトムントが公式戦4連勝! 香川は負傷でベンチ外…《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第23節、ボルシアMGvsドルトムントが18日に行われ、アウェイのドルトムントが1-0で勝利した。なお、ドルトムントのMF香川真司はケガのため招集メンバー外となった。 ▽香川が負傷したもののロイスが先発復帰し、バチュアイの連発弾とゲッツェの復活弾でハンブルガーSVを下した3位ドルトムント(勝ち点37)は、3連敗中の10位ボルシアMG(勝ち点31)とアウェイで対戦。ミッドウィークに行われたヨーロッパリーグ(EL)のアタランタ戦をバチュアイの公式戦3試合連続弾で劇的な形で制して勢いに乗るアウェイチームは、そのアタランタ戦から先発2人を変更。トプラク、プリシッチに代わってアカンジとゲッツェを起用した。 ▽劣悪なピッチ状態が懸念される中でスタートした一戦。試合は立ち上がりからピッチ状態を反映するような、ボールが落ち着かない展開が続く。 ▽ショートパスやドリブルを駆使した攻撃を信条とするアウェイチームが苦しむ一方、球際やロングボールなどシンプルな攻めを見せるホームチームは13分にボックス内に抜け出したシュティンドルに決定機も、ここはGKビュルキの好守に遭う。その後もボバディージャらのパワフルな仕掛けでドルトムントゴールに迫った。 ▽一方、なかなかリズムを掴めないドルトムントだったが、復活のエースが待望の復帰弾を決める。32分、ゲッツェからのフィードをボックス左で収めたシュールレが浮き球で折り返す。これを巧みなトラップで足元に収めたロイスが右足を振り抜く。すると、ブレ球シュートがクロスバーの内側を叩いてネットを揺らした。 ▽ロイスの復帰後初となる今季初ゴールで先手を奪ったドルトムントだが、その後は相手の反撃を受ける展開に。前半終了間際の42分には相手セットプレーの流れでゴール前に混戦が生まれ、ボバディージャの短いラストパスをヴェステルゴーアに流し込まれる。しかし、ビデオ・アシスタントレフェリー(VAR)による確認の結果、ヴェステルゴーアのオフサイドとの判定が下り、リードを保って前半を終えた。 ▽迎えた後半もボルシアMGが押し込む入りとなる。攻撃時に多くの選手がゴール前になだれ込む迫力のある仕掛けを見せるホームチームはトルガン・アザールが良い形で攻撃にアクセントを付ける。55分にはそのアザールのパスからシュティンドル、ボバディージャが続けてボックス内でシュートを浴びせるが、ここはGKビュルキとDFの必死のゴールカバーに阻まれる。 ▽一方、前がかりな相手に対して追加点を奪って勢いを止めたいドルトムントは60分、セットプレーのこぼれ球に反応したロイスがペナルティアーク付近から抑えの利いた右足ボレーを放つ。だが、このシュートはややコースが甘くGKゾンマーに弾き出された。 ▽その後も押し込まれる展開が続くドルトムントはゲッツェ、ロイス、シュールレと前線の選手を続けて下げてプリシッチ、ダフード、トプラクとやや守備的な交代カードを切っていく。その中でボルシアMGの攻勢に幾度も晒されるが、守護神ビュルキが再三のビッグセーブでボバディージャらの決定機を阻む。 ▽試合最終盤には長身DFヴェステルゴーアを前線に上げる相手のパワープレーに対して、5バックで対応したドルトムントはこのまま1-0で勝ち切った。バチュアイの連続ゴールがストップするなど大苦戦を強いられながらも古巣対戦となったロイスの今季初ゴールで勝利したドルトムントは公式戦4連勝を飾った。一方、善戦も競り負けたボルシアMGは4戦連続無得点での4連敗と泥沼の状況となった。 2018.02.19 04:10 Mon
twitterfacebook
thumb

土壇場で決勝点を挙げた新戦力ルックマン、ライプツィヒ監督「投入5分での交代を考えた」

3日に行われたブンデスリーガ第21節で、RBライプツィヒはボルシアMGとのアウェイ戦に1-0で勝利した。ラルフ・ハーゼンヒュッテル監督は試合後、決勝点を挙げたFWアデモラ・ルックマンのシューズを巡る意外な事実を明かしている。<br><br>リーグで7試合1勝と調子を落としていたライプツィヒだが、移籍市場最終日にエバートンから20歳のルックマンをレンタルで獲得。U-21イングランド代表でもあるその左ウイングは、ボルシアMG戦の78分に投入されると、89分に相手3人をかわしてシュートを突き刺し、ドイツデビューを飾った。<br><br>しかし、そんなルックマンはすぐにでも下げられる可能性があったようだ。ハーゼンヒュッテル監督は試合後の会見で、「モラ(ルックマン)を投入したが、ゴールを決めたときにまだピッチにいたことはラッキーだったね。ピッチで滑ってばかりいたので、5分後に交代しようと考えていたんだ」と苦笑。「イングランドから1足のシューズしか持ってきておらず、底が凸凹のそれを履くと聞かなかったのでね」と、トラクション性能が低い靴を選んでいたことを明かしている。<br><br>またドイツ誌『キッカー』が伝えたコメントでは、本人は「幸せだよ。特に勝ち点3を獲得できたことにね。それが一番大事なので」と試合を満足気に振り返っている。そしてプレミアリーグとブンデスリーガの違いについて、ドイツのサッカーは「より技術的」と語り、「いつもこの靴を履いてプレーするんだ。でもドイツのピッチはイングランドとは少し違うようだね。こっちの方が少し滑りやすいかもしれない」と微笑みながら付け足した。<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.05 22:50 Mon
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース