ボルシアMGがアメリカ代表MFジョンソンと2020年まで契約延長2017.05.12 00:05 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ボルシアMGは11日、アメリカ代表MFファビアン・ジョンソン(29)との契約延長を発表した。新契約は2020年までとなる。

▽1860ミュンヘンでプロキャリアをスタートさせたジョンソンは、その後ヴォルフスブルクやホッフェンハイムでのプレーを経て、2014年夏にボルシアMGに加入。

▽ボルシアMGでは、在籍3シーズンで101試合に出場し13ゴールをマーク。今シーズンもここまで準主力としてブンデスリーガ19試合に出場し、3ゴールを記録している。

▽ボルシアMGとの契約延長を果たしたジョンソンは、クラブを通じて以下のコメントを残している。

「ボルシアMGのような偉大なクラブでプレーを続けられることは素晴らしいことだ」

「僕は3年前にホッフェンハイムからボルシアMGに加入した時、2つの目標を立てたんだ。1つは自分の力をさらに高いレベルへ発展させること、そしてもう1つはチャンピオンズリーグやヨーロッパリーグの舞台でプレーすることだ。ここではその両方を叶えられた。これからもボルシアMGでサッカーを続けられることがとても楽しみだよ」

コメント

関連ニュース

thumb

浅野が開幕戦以来のスタメンもラファエウのドッペルパックでボルシアMGに完敗《ブンデスリーガ》

▽シュツットガルトは19日、ブンデスリーガ第5節でボルシアMGとのアウェイ戦に臨み、0-2で敗れた。シュツットガルトのFW浅野拓磨は62分までプレーしている。 ▽前節ヴォルフスブルク戦を1-0と勝利して2勝2敗のタイとしたシュツットガルトは、アコロの負傷を受けて浅野を開幕戦以来のスタメンで起用した。 ▽前節ライプツィヒ戦を2-2と引き分けて1勝2分け1敗スタートとなったボルシアMGに対し、浅野が[4-2-3-1]の右MFで先発した一戦。 ▽立ち上がりからボルシアMGにポゼッションを譲って自陣で守備を固めるシュツットガルトは相手にシュートを打たせず、思惑通りに試合を進めていく。 ▽ボルシアMGにチャンスを一切許さず、浅野がスピードを活かしてカウンターで牽制するシュツットガルトが前半をゴールレスで終えると、後半開始直後に決定機。浅野のスルーパスに抜け出したテローデがボックス右からシュート。しかし、枠の左に外れた。 ▽すると57分、失点を喫する。ラファエウに右サイドへ展開されると、エルベディのクロスに反応したラファエウにボレーで蹴り込まれた。 ▽追う展開となったシュツットガルトは浅野を下げ、ブレカノを投入。そのブレカノは70分にGKを強襲する枠内シュートを浴びせたが、73分にPKを献上する。 ▽FKの流れからT・アザールをボックス内でアオゴが倒してしまった。これをラファエウに決められ、リードを2点に広げられてしまった。 ▽結局、終盤にかけても反撃に転じられなかったシュツットガルトは0-2のまま敗戦。今季3敗目を喫している。 2017.09.20 03:33 Wed
twitterfacebook
thumb

ボルシアMGのDFコロジェイチャクがティグレスへ移籍

▽ボルシアMGは6日、フランス人DFティモテ・コロジェチャク(25)がメキシコのティグレスへ完全移籍したことを発表した。契約期間は3年間となっている。 ▽左利きのセンターバックであるコロジェチャクは、今年1月にセビージャからボルシアMGに加入。だが、太ももの負傷もあってボルシアMGではわずか2試合の出場に留まっていた。 ▽父親がポーランド人のコロジェチャクは、U-20までフランス代表として選出されていた。 2017.09.07 02:33 Thu
twitterfacebook
thumb

ボルシアMGがアウグスブルクからパラグアイ代表FWボバディージャ獲得! 5年ぶりの古巣復帰に

▽ボルシアMGは17日、アウグスブルクからパラグアイ代表FWラウール・ボバディージャ(30)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2019年6月30日までの2年となる。 ▽パラグアイ人両親の下、アルゼンチンで生まれ育ったボバディージャは、これまでグラスホッパーやヤング・ボーイズ、バーゼルといったスイスのクラブで活躍。2013年に加入したアウグスブルクでは、ここまでリーグ戦94試合に出し、21ゴール10アシストを記録していた。 ▽本職のセンターフォワードに加え、左右のウイングでもプレー可能なボバディージャは、分厚い筋肉を身に纏い、181cmという数字以上の存在感を誇り、決定力に課題はあるものの、推進力やチャンスメークの部分で頼りになる存在だ。 ▽なお、ボルシアMGには2009年夏から2012年冬まで在籍しており、5年ぶりの古巣復帰となった。 2017.08.18 00:45 Fri
twitterfacebook
thumb

ボルシアMGがスウェーデン代表DFヴェントと2019年まで契約延長

▽ボルシアMGは14日、スウェーデン代表DFオスカー・ヴェント(31) との契約延長を発表した。契約期間は2019年6月30日までとなる。 ▽契約延長に至ったヴェントは公式サイトで次のように話した。 「ボルシアでの生活は快適だよ。僕はこのクラブでプレーすることが大好きだ。だから、ここで長くプレーすることができて嬉しいよ」 ▽2011年夏にコペンハーゲンからボルシアMGに加入したヴェントは、不動の左サイドバックとして在籍6年間で公式戦181試合に出場し、13ゴール13アシストを挙げている。 2017.08.14 23:00 Mon
twitterfacebook
thumb

岡崎先発のレスター、ヴァーディ2発でボルシアMGに逆転勝利《フレンドリーマッチ》

▽レスター・シティは4日、フレンドリーマッチでボルシアMGと対戦し、2-1で勝利した。レスターのFW岡崎慎司は66分までプレーしている。 ▽12日にアーセナルとのプレミアリーグ開幕戦を控えるレスターは、岡崎とヴァーディが2トップを形成し、新戦力のイヘアナチョはベンチスタートとなった。 ▽ラファエウやシュティンドル、T・アザールら主力を投入したボルシアMGに対し、レスターがボールを保持する中、15分にピンチを迎える。ボックス右に侵入したトラオレの折り返しをシュティンドルにシュートされたが、枠の上に外れて助かった。 ▽その後はボルシアMGがポゼッションを高めて押し込む展開となると、35分にはザカリアのミドルシュートでゴールを脅かされたが、凌いでゴールレスで前半を終えた。 ▽しかし迎えた後半開始1分、レスターは失点する。ボックス手前左からT・アザールにミドルシュートを沈められた。 ▽追う展開となったレスターは66分に岡崎に代えてイヘアナチョを投入。すると直後、ロングボールに抜け出したヴァーディがGKとの一対一を制して試合を振り出しに戻した。 ▽さらに74分、マフレズのスルーパスに抜け出したイヘアナチョが丁寧に折り返したラストパスをヴァーディが確実にゴールへ流し込み、レスターが逆転。このまま2-1で試合を終わらせたレスターがアーセナル戦に弾みを付けている。 2017.08.05 06:04 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース