超ワールドサッカー

ボルシアMGがアメリカ代表MFジョンソンと2020年まで契約延長2017.05.12 00:05 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ボルシアMGは11日、アメリカ代表MFファビアン・ジョンソン(29)との契約延長を発表した。新契約は2020年までとなる。

▽1860ミュンヘンでプロキャリアをスタートさせたジョンソンは、その後ヴォルフスブルクやホッフェンハイムでのプレーを経て、2014年夏にボルシアMGに加入。

▽ボルシアMGでは、在籍3シーズンで101試合に出場し13ゴールをマーク。今シーズンもここまで準主力としてブンデスリーガ19試合に出場し、3ゴールを記録している。

▽ボルシアMGとの契約延長を果たしたジョンソンは、クラブを通じて以下のコメントを残している。

「ボルシアMGのような偉大なクラブでプレーを続けられることは素晴らしいことだ」

「僕は3年前にホッフェンハイムからボルシアMGに加入した時、2つの目標を立てたんだ。1つは自分の力をさらに高いレベルへ発展させること、そしてもう1つはチャンピオンズリーグやヨーロッパリーグの舞台でプレーすることだ。ここではその両方を叶えられた。これからもボルシアMGでサッカーを続けられることがとても楽しみだよ」

コメント

関連ニュース

thumb

チェルシー、ファン・ダイク獲得濃厚か? 今夏復帰予定のクリステンセンがボルシアMG残留に

▽サウサンプトンに所属するオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイク(25)のチェルシー移籍が濃厚な情勢だ。ドイツ『ビルト』が報じている。 ▽新シーズンに向けて、センターバックを重要な補強ポイントに挙げているチェルシーは、ローマのギリシャ代表DFコスタス・マノラス(25)、ドイツ代表DFアントニオ・リュディガー(24)、ナポリのセネガル代表DFカリドゥ・クリバリ(25)らと共にファン・ダイクを有力な候補に挙げている。 ▽その一方で、次善策としてボルシアMGに武者修行に出しているデンマーク代表DFアンドレアス・クリステンセン(20)のレンタルバックを決定事項としている。 ▽先日にボルシアMGのマックス・エーベルSD(スポーツ・ディレクター)は、ドイツ『キッカー』のインタビューでクリステンセンの今夏のチェルシー復帰を明言していた。 ▽しかし『ビルト』は、チェルシーがファン・ダイク獲得に向けて5000万ユーロ(約61億5000万円)の条件で口頭合意に至ったと主張。これにより、クリステンセンの残留を望むエーベルSDに対しても、同選手を完全移籍させるという内容で口頭合意に至ったという。 ▽なお、ボルシアMGはクリステンセンの移籍金として、2000万ユーロ(約24億6000万円)をチェルシー側に支払うことになるようだ。 2017.05.19 00:13 Fri
twitterfacebook
thumb

ドイツ代表MFシュティンドルがボルシアMGと2021年まで契約延長

▽ボルシアMGは17日、ドイツ代表MFラース・シュティンドル(28)と2021年6月30日まで契約を延長したことを発表した。これまでの契約から1年更新した格好だ。 ▽2015年夏にハノーファーからボルシアMGに加入したシュティンドルは、攻撃的MFながら非凡な得点力を有し、在籍2シーズンで公式戦79試合に出場して32ゴールをマーク。2015-16シーズンはチームを4位に押し上げ、チャンピオンズリーグ出場権獲得に大きく貢献していた。 ▽今季もリーグ戦29試合に出場して11ゴール7アシストと活躍し、来月開催されるコンフェデレーションズカップに向けたドイツ代表メンバーに選出されていた。 2017.05.17 23:43 Wed
twitterfacebook
thumb

ボルシアMG、ギニア代表MFイブラヒマ・トラオレと契約延長

▽ボルシアMGは15日、ギニア代表MFイブラヒマ・トラオレ(29)との契約を2021年まで延長したことを発表した。 ▽2014年にシュツットガルトからボルシアMGに加入後、安定した活躍を続けていたイブラヒマ・トラオレだが、今シーズンはケガにより長期離脱を強いられていた。今季は公式戦22試合に出場し、1ゴール4アシストを記録している ▽ボルシアMGのスポーツディレクターを務めるマックス・エバール氏は、公式サイトで以下のようにコメントを残している。 「イボは違いを生み出せる能力を持っている。彼のスピードとドリブルの技術は素晴らしい。彼にとって初めての契約延長だが、それはここが快適だということを表している」 「彼は人間として成長することで我々を助けてくれた。彼がチームにいてくれて嬉しいよ」 2017.05.15 22:24 Mon
twitterfacebook
thumb

武藤が今季4ゴール目を記録もマインツが3試合ぶりの黒星…《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第31節のマインツvsボルシアMGが29日に行われ、1-2でボルシアMGが勝利した。フル出場したマインツの日本代表FW武藤嘉紀は、89分に今季4ゴール目を記録した。 ▽前節、首位バイエルンと2-2のドローを演じた13位マインツ(勝ち点33)が、本拠地コファス・アレーナに11位ボルシアMG(勝ち点39)を迎えた一戦。そのマインツは、前節のバイエルン戦からスタメンを1人変更。エツナリに代えてオニシウォをスタメンで起用した。 ▽一方、ミッドウィークに行われたDFBポカール準決勝のフランクフルト戦をPK戦の末に敗れたボルシアMGは、その試合からスタメンを3人変更。トラオレ、ヴェント、ストロブルに代えてヘアマン、ベネス、N・シュルツをスタメンで起用した。 ▽試合は立ち上がりから一進一退の攻防を繰り広げると18分、マインツにチャンス。右サイドを持ち上がったオニシウォがN・シュルツに倒され、ボックス右付近でFKを獲得。しかし、ボージャンのFKは相手DFのクリアに弾き返された。 ▽対するボルシアMGは22分、GKゾンマーのロングフィードを前線のハーンが頭で繋ぐと、これを受けたシュティンドルがバイタルエリア手前からロングシュートを狙ったが、これはGKフートのセーブに防がれる。 ▽その後もこう着状態が続く中、32分にボルシアMGは自陣からのロングカウンターで試合を動かす。自陣でクアイソンのパスをカットしたJ・ホフマンが素早く左サイドに展開すると、オーバーラップしたN・シュルツがボックス左まで持ち上がりクロスを供給。これを逆サイドから走り込んだシュティンドルが冷静にゴールに流し込んだ。 ▽迎えた後半、ボルシアMGは開始40秒で追加点を奪う。右サイドでスローインの折り返しを受けたエルベディのクロスをゴール前でJ・ホフマンが落とすと、相手のクリアミスをボックス左に走り込んだN・シュルツがゴール右に突き刺した。 ▽後半立ち上がりの追加点で主導権を握ったボルシアMGは、58分にもボックス左付近でパスを受けたシュティンドルが左足でゴールを狙ったが、シュートはGKフートの正面を突いた。 ▽攻撃の立て直しを図りたいマインツは62分、クアイソンを下げてコルドバを投入。すると71分、右クロスのこぼれ球をバイタルエリア左で拾ったブロシンスキがミドルシュート。しかし、これはわずかにゴール右に逸れる。 ▽終盤にかけて、ボールを持つ時間が多くなるマインツは、87分に武藤がボックス前で倒されてFKを獲得。デ・ブラシスのFKはGKゾンマーに阻まれたが、その直後に迎えた立て続けのCKからゴールが生まれる。 ▽ボージャンの右CKが相手DFに当たると、こぼれ球をボックス右のデ・ブラシスがボレーシュート。これをゴール左で待ち構えていた武藤が左足で押し込み、1点を返す。しかし、マインツの反撃もここまで。武藤の今季4ゴール目で一矢を報いたマインツだったが、ホームでリーグ戦3試合ぶりの黒星を喫した。 2017.04.30 00:56 Sun
twitterfacebook
thumb

ボルシアMGとのPK戦を制したフランクフルトが決勝に進出《DFBポカール》

▽DFBポカール準決勝ボルシアMGvsフランクフルトが25日に行われ、1-1で120分を終え、PK戦の末6-7としたフランクフルトが決勝に進出した。フランクフルトのMF長谷部誠は負傷のため欠場している。 ▽準々決勝でハンブルガーSVを下したボルシアMGと、ビーレフェルトを下したフランクフルトのファイナルを懸けた準決勝。 ▽立ち上がり、アグレッシブな入りを見せたフランクフクルトが15分に先制する。チャンドラーの右クロスがDFにディフレクトしてファーサイドに流れると、ボックス左のタワサが左足を一閃。強烈なシュートがゴール左に突き刺さった。 ▽失点を受けてポゼッションを高めたボルシアMGだったが、なかなかチャンスを生み出せない。そんな中、42分にGKゾンマーのロングボールに抜け出したホフマンがボックス外に飛び出したGKフラデツキーの鼻先で触ってシュート。しかし、ボールは枠を捉えきれなかった。 ▽それでも追加タイム2分、左サイドからのトラオレのクロスをニアサイドのハーンが頭で後方に逸らすと、ファーサイドのホフマンが左足ボレーで蹴り込み、1-1として前半を終えた。 ▽迎えた後半もボルシアMGがボールを持つ展開としたが、自陣に引くフランクフルトを崩しきれない。 ▽74分にようやく決定機を迎え、シュティンドルのコントロールシュートが枠の右を捉えた。しかし、GKフラデツキーの好守に阻止され、1-1のまま90分を終了した。 ▽迎えた延長戦もボルシアMGが押し込む流れが続いたが、自陣に引くフランクフルトをやはり崩せずシュートに持ち込むには至らない。ようやく延長後半開始2分にCKの流れからエルベディが枠内シュートをマークすると、その後もボルシアMGが攻勢に出るも、結局ゴールを割ることができずに決着はPK戦に委ねられた。 ▽そのPK戦では両チーム6人目まで成功した後、7人目のキッカーを務めたクリステンセンとG・バレラがそれぞれ両GKに止められてしまう。そして、ボルシアMGは8人目のキッカーを務めたソウも失敗した一方、フランクフルトはフルゴタが決めて7-6とし勝負あり。フランクフルトが決勝に進み、バイエルンvsドルトムントの勝者と優勝を懸けて対戦することとなった。 ボルシアMG (PK6-7) フランクフルト 1.シュティンドル 〇 〇 オチプカ 2.ヘアマン 〇〇 ヘクター 3.ハーン 〇〇 ガシノビッチ 4.ストロブル 〇〇 ファビアン 5.ベネス 〇 〇 ルス 6.ヴェステルゴーア 〇 〇 セフェロビッチ 7.クリステンセン × × G・バレラ 8.ソウ × 〇 フルゴタ 2017.04.26 06:41 Wed
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース