チャーター機墜落事故に揺れた2チームの戦い…アトレティコ・ナシオナルがシャペコエンセを下しレコパ・スダメリカーナ初優勝!《レコパ・スダメリカーナ》2017.05.11 20:11 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽11日にレコパ・スダメリカーナの2ndレグが行われ、アトレティコ・ナシオナル(コロンビア)がシャペコエンセ(ブラジル)に4-1で勝利。2戦合計5-3でアトレティコ・ナシオナルが制し、初優勝を成し遂げた。

▽コパ・スダメリカーナ王者とコパ・リベルタドーレス王者が対戦するレコパ・スダメリカーナ。昨年11月に起こったチャーター機墜落事故により、アトレティコ・ナシオナルからタイトルを譲り受けたシャペコエンセと、コパ・リベルタドーレスを制していたアトレティコ・ナシオナルの対戦。1stレグはシャペコエンセがホームで2-1と勝利し、2ndレグに臨んだ。

▽試合は2分、スルーパスを受けたモレーノがボックス内右からシュート。これがGKの手を弾きながら決まり、アトレティコ・ナシオナルが先制する。更に31分、ボックス中央でパスを受けたイバルグエンが反転シュート。これが決まり、アトレティコ・ナシオナルが2戦合計で3-2と逆転に成功する。

▽リードを許したシャペコエンセは、後半に入り猛攻。しかし、フィニッシュの精度を欠き、ゴールを奪えない。すると67分、モレーノがA・ロドリゲスのクロスを豪快にヘディングで叩き込み追加点。80分にはイバルグエンがボックス中央で滑りながらもシュート。これがDFに当ってディフレクトし浮き球となると、GKの頭上を超えて決まる。

▽シャペコエンセは83分にトゥーリオ・デ・メロが1点を返すも、そのまま試合終了。4-1でアトレティコ・ナシオナルが2ndレグを制し、2戦合計5-3でレコパ・スダメリカーナのタイトルを獲得した。

コメント

関連ニュース

thumb

IFFHS発表の世界クラブランキング…2位マドリー、3位バルサ、首位は…?

▽IFFHS(国際サッカー歴史統計連盟)は5日、2016年の世界クラブランキングを発表した。 ▽昨年はバルセロナが1位に輝いた世界クラブランキング。2016年は昨シーズンのコパ・リベルタドーレスを制し、FIFAクラブ・ワールドカップ(W杯)でも来日したアトレティコ・ナシオナル(コロンビア)が首位の座に立った。 ▽2011年、2012年、2015年はバルセロナ、2014年はレアル・マドリー、2013年はバイエルンと過去5年は全てヨーロッパのクラブが首位に立っており、1991年からスタートした世界クラブランキングでヨーロッパ以外の地域のクラブが首位に立ったのは初めてのことだ。 ▽なお、2位にレアル・マドリー(スペイン)、3位にバルセロナ(スペイン)、4位にパリ・サンジェルマン(フランス)、5位にシャフタール・ドネツク(ウクライナ)がランクインした。世界クラブランキングは、2016年の試合結果を基に作成され、勝利数、勝ち点数がポイントとして順位に反映される。 ▽トップ100にはヨーロッパから69クラブ、南米から20クラブ、アフリカから5クラブ、アジアから4クラブ、北中米カリブ海から3クラブがランクイン。 ▽国別ではイングランド、スペインが7クラブ、ブラジルが6クラブ、アルゼンチン、フランス、イタリアが5クラブ、ドイツ、コロンビアが4クラブとなっている。 ▽なお、Jリーグクラブの最高位はFC東京の195位となっており、昨シーズンのJリーグ王者でクラブW杯で準優勝の鹿島アントラーズが221位、浦和レッズが236位、サンフレッチェ広島が313位、ガンバ大阪が348位、川崎フロンターレが369位となっている。アジアの最高位は、昨シーズンのAFCチャンピオンズリーグ王者である韓国の全北現代モータースで、ボカ・ジュニアーズと並び25位だった。世界クラブランキングのトップ20は以下の通り。 <div style="font-size:14px;">◆世界クラブランキングTOP20</span> 1位:<span style="font-weight:700;">アトレティコ・ナシオナル</span>(コロンビア)/383pt 2位:<span style="font-weight:700;">レアル・マドリー</span>(スペイン)/310pt 3位:<span style="font-weight:700;">バルセロナ</span>(スペイン)/280pt 4位:<span style="font-weight:700;">パリ・サンジェルマン</span>(フランス)/262pt 5位:<span style="font-weight:700;">シャフタール・ドネツク</span>(ウクライナ)/260.5pt 6位:<span style="font-weight:700;">バイエルン</span>(ドイツ)/254pt 7位:<span style="font-weight:700;">ドルトムント</span>(ドイツ)/250pt 8位:<span style="font-weight:700;">セビージャ</span>(スペイン)/248pt 9位:<span style="font-weight:700;">アトレティコ・マドリー</span>(スペイン)/239pt 10位:<span style="font-weight:700;">ユベントス</span>(イタリア)/234pt 11位:<span style="font-weight:700;">フェネルバフチェ</span>(トルコ)/218pt 12位:<span style="font-weight:700;">マンチェスター・ユナイテッド</span>(イングランド)/216pt 13位:<span style="font-weight:700;">アトレチコ・ミネイロ</span>(ブラジル)/212pt 14位:<span style="font-weight:700;">ザルツブルク</span>(オーストリア)/206pt 15位:<span style="font-weight:700;">モナコ</span>(フランス)/204pt 16位:<span style="font-weight:700;">マンチェスター・シティ</span>(イングランド)/203pt 17位:<span style="font-weight:700;">ビジャレアル</span>(スペイン)/200pt 18位タイ:<span style="font-weight:700;">サン・ロレンソ</span>(アルゼンチン)/199pt 18位タイ:<span style="font-weight:700;">セロ・ポルテーニョ</span>(パラグアイ)/199pt 20位:<span style="font-weight:700;">サンテチェンヌ</span>(フランス)/196pt</div> 2017.04.07 20:00 Fri
twitterfacebook
thumb

G・ジェズス退団のパルメイラス、A・ナシオナルからコロンビア代表FWボルハを獲得…2021年までの5年契約

▽パルメイラスは9日、アトレティコ・ナシオナルからコロンビア代表FWミゲル・ボルハ(24)を5年契約で獲得したことを発表した。契約期間は2021年までとなる。 ▽ボルハは、自身も大会MVPに輝いた前回のコパ・リベルタトーレスで27年ぶり2度目の優勝に貢献。昨年12月には、日本で開催されたFIFA クラブワールドカップの2試合に出場していた。 ▽パルメイラスは、今冬の移籍市場でエースのブラジル代表FWガブリエウ・ジェズスがマンチェスター・シティに移籍。事前の報道で、新たなストライカー確保に向けた動きが伝えられていた。 2017.02.11 13:15 Sat
twitterfacebook
thumb

両者一歩も譲らず、PK戦の末に南米の意地を見せたアトレティコ・ナシオナルが世界3位に輝く《クラブW杯》

▽FIFAクラブ・ワールドカップ(W杯)2016の3位決定戦、クラブ・アメリカ(北中米カリブ海代表)vsアトレティコ・ナシオナル(南米代表)が18日に横浜国際総合競技場で行われ、2-2で迎えたPK戦を制したアトレティコ・ナシオナルが勝利した。 ▽準決勝でレアル・マドリー(欧州代表)に0-2と敗れたクラブ・アメリカと鹿島アントラーズ(開催国代表)に0-3と敗れたアトレティコ・ナシオナルが世界3位の座をかけて激突した。 ▽南米王者として勝利なしでは終われないアトレティコ・ナシオナルが開始早々に先制点を奪う。6分、中盤でボールを受けたウリベが前線にスルーパス。これに反応したベリオがボックス内に侵入すると、プレスバックしたサムディオが懸命にディフェンス。しかし、ボールはGKムニョスをすり抜けると、そのままゴールに吸い込まれ、アトレティコ・ナシオナルが先制点を奪う。 ▽思わぬ形で先制を許したクラブ・アメリカは22分、ボックス内左に抜け出したサンブエサがクロスを供給。ファーサイドに走りこんだS・ロメロが押し込むも、ゴール右に外れる。 ▽徐々にクラブ・アメリカがペースを握りはじめた矢先の26分、ワンツーでボックス右に抜け出したベリオがボックス中央にパス。これを走りこんだゲラが右足で合わせると、ゴールネットに吸い込まれ、クラブ・ナシオナルが2-0と突き放す。 ▽苦しい展開を強いられるクラブ・アメリカは38分、パス回しからボックス手前のサンブエサに渡ると、左に展開。これをオーバーラップしたサムディオが中央に折り返すと、アロヨがワントラップ入れて左足を振り抜き、ゴール右に突き刺す。前半のうちにクラブ・アメリカが1点を返し、2-1で試合を折り返す。 ▽流れを変えたいクラブ・アメリカは後半からDFアルバラードに代えてD・キンテロを投入。すると47分、そのD・キンテロが敵陣中央でボールを受けると、ボックス右にスルーパス。これに反応したS・ロメロがボックス内に侵攻し、右足を振り抜く。しかし、強烈なシュートはGKアルマニがファインセーブで死守する。 ▽後半に入り両者の攻防に激しさが増すと、追いつきたいクラブ・アメリカにビッグチャンスが訪れる。62分、サムディオがボックス内で相手DFに倒されると、これがファールでPKの判定。これをキッカーのペラルタが冷静にゴールに沈め、2-2の同点に追いつく。 ▽すると、アトレティコ・ナシオナルは78分、コパ・リベルタドーレスカップMVPのFWボルハを投入。その直後、ボルハがボックス手前でボールを受けると、そのままミドルシュート。これはGKムニョスに防がれるも、投入直後にゴールを脅かす。しかし、この交代も流れを変えるには至らず。互いに一歩も引かない一戦は、PK戦へともつれ込む。 ▽運命のPK戦。クラブ・アメリカはまさかの2人連続失敗。対するアトレティコ・ナシオナルは2人目がゴール左に外してしまうも、その後は3人連続で成功させ、PKスコア3-4でアトレティコ・ナシオナルが勝利し、世界3位に輝いた。 2016.12.18 18:31 Sun
twitterfacebook
thumb

進撃の鹿島が3発快勝!! 南米王者のアトレティコ・ナシオナルを下して日本勢初の決勝へ!! 《クラブW杯》

▽14日にFIFAクラブ・ワールドカップ(W杯)2016の準決勝アトレティコ・ナシオナル(南米代表)vs鹿島アントラーズ(開催国代表)が市立吹田サッカースタジアムで行われ、0-3で鹿島が勝利した。 ▽準決勝でマメロディ・サンダウンズ(アフリカ代表)に勝利した鹿島が、コロンビアのクラブで南米王者であるアトレティコ・ナシオナルとの対戦を迎えた。日本勢初の決勝進出を目指す鹿島は、2戦連続ゴール中の金崎が3戦連続でベンチスタート。準決勝からは永木に代わって小笠原がボランチに戻ってきた。 ▽キックオフ前には先日、シャペコエンセの選手を乗せたチャーター機墜落事故を受けて黙とうが捧げられた。試合は、鹿島が前線へと早めにボールを当てて深さを作り、相手ボールとなった際は素早いプレスから挟み込むように奪いにかかる。対するアトレティコ・ナシオナルは、球際での強さで優位に立ちながら、押し込んだ状況からはサイドを丁寧に使った組み立てをみせる。 ▽最初のチャンスは鹿島。6分に右CKを獲得すると、この流れから山本がニアサイドに入り込んでヘディングを狙うも、ボールは頭上を越えて合わせることはできなかった。すると11分には左サイドからボールを運んだアトレティコ・ナシオナルが、中央に折り返したボールをコパ・リベルタドーレスMVPのボルハが合わせる。さらに13分には右CKからウリベが頭で合わせるもGK曽ヶ端が片手で弾き出した。 ▽鹿島も13分、赤崎がボックス手前でボールを持ってボックス右に展開。遠藤が左足でコントロールシュートを狙うが枠を外した。お互いに決めきれないものの、立ち上がりから多くのチャンスが生まれていく。 ▽鹿島は18分にもビッグチャンスを迎える。自陣の昌子が右サイドへとロングフィードを展開。受けた遠藤のパスが相手にカットされるも、こぼれ球を拾った柴崎がそのままボックス内に侵入してシュート。しかしGKアルマニが好セーブで防いだ。アトレティコ・ナシオナルも球際の強さを生かして右サイドから崩し、最後はボックス内のボルハがシュートも、今度はGK曽ヶ端がこのピンチを凌いだ。 ▽迎えた24分、またもボルハの突破からモスケラのシュートはクロスバーを直撃。こぼれ球を拾ったベリオが押し込みにかかるが、今度は昌子がライン上でクリアした。 ▽肝を冷やした鹿島は31分、セットプレーから西がボックス内で倒された場面が、一度はそのまま流されて試合が続行される。しかしビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)によってファウルだったと判定されてPKを獲得する。このチャンスを土居がきっちりと決めきり、劣勢だった鹿島が先制に成功した。 ▽勢いに乗った鹿島は35分に左CKから、ボックス内に遅れて入ってきた植田が頭で合わせる。ゴールマウス急襲のシュートはGKアルマニが好セーブで凌いだ。前半終盤にはアトレティコ・ナシオナルが、前線に入るボルハやベリオにボールを当てて直線的にゴールに迫る。しかしGK曽ヶ端の好守もあり、前半は鹿島がリードして終えた。 ▽両チーム共に交代なしで迎えた後半は、追いかけるアトレティコ・ナシオナルが押し込んでいく。サイドバックが高い位置を取りながらピッチの幅を使い、前半から強さを見せているボルハが深さを作るなどハーフコートを広く使っていく。すると石井監督は54分に赤崎を下げて、金崎を投入し、58分には小笠原に代わって永木を送り出すなど早めに交代カードを切る。 ▽しかし試合の流れは変わらず、59分にはボックス内でのこぼれ球をアトレティコ・ナシオナルが蹴り込む。しかしGK曽ヶ端に対するベリオのファウルにより、ゴールは認められなかった。その後は、アトレティコ・ナシオナルも交代カードを切って、さらに圧力を強めていく。 ▽押し込まれる鹿島は77分に、右サイドで金崎が粘ってFKを獲得。この流れから裏に抜けた土居にボールが出るも、僅かに合わずシュートまで持ち込めない。それでも83分、左サイドに流れた柴崎のクロスを遠藤が合わせるがGKに当ててしまう。しかしこぼれ球にいち早く反応した遠藤が、ゴールに背を向けた状態からヒールで無人のゴールに流し込み、鹿島が2点目を奪った。 ▽得点直後に鹿島は中村を下げて鈴木を投入。迎えた85分には右サイドの裏を取った金崎が入れたグラウンダーのクロスをその鈴木が押し込み、3点目を奪った。突き放されたアトレティコ・ナシオナルは心が折れたか勢いが落ちて攻めあぐねる。試合は結局そのまま終了のホイッスルを迎え、鹿島が日本勢初となる決勝へと進出した。 2016.12.14 21:20 Wed
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース