新潟の三浦文丈監督が辞任 「結果を真摯に受け止め、監督を辞することを決断」2017.05.11 17:35 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽アルビレックス新潟は11日、三浦文丈監督(46)が辞任することを発表した。

▽新潟は今月7日、三浦監督が休養をすることを発表。コーチを務める片渕浩一郎氏(42)が暫定的にトップチームの指揮を執っていた。なお、11日には後任として呂比須ワグナー氏(48)がトップチーム指揮官に就任することが内定したと発表されている。

▽三浦氏は今シーズンから新潟を指揮。昨年15位からの立て直しが期待されたが、休養が発表された明治安田生命J1リーグ第10節終了時点で1勝2分け7敗の勝ち点5で17位に沈んでいた。

▽辞任に際し、三浦氏は公式サイトを通じて以下のコメントを残している。

◆三浦文丈氏
「サポーターの皆様、スポンサー・株主・関係者の皆様から大きなサポートをいただきながら、ここまでの結果に終わっていることを真摯に受け止め、監督を辞することを決断しました」

「私を信じ、全力で応えてくれていた選手・スタッフには心から感謝をしていますし、導くことができず、申し訳なく思います。ホームはもちろん、アウェイでも、サポーターの皆様は常に大きな応援を送ってくださり、本当に励みになりました」

「今後のアルビレックス新潟の健闘を心から祈っています。サポーターの皆様、クラブ・チームを引き続きサポートしていただけますよう、お願い申し上げます」

コメント

関連ニュース

thumb

レアンドロハットで鹿島が逆転勝利! 新潟2点リードも守り抜けず…《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第26節のアルビレックス新潟と鹿島アントラーズの試合が、16日にデンカビッグスワンスタジアムで行われ、4-2で鹿島が勝利した。 ▽3連勝中で首位をひた走る鹿島(勝ち点55)は、最下位との一戦に向けて、1-0で勝利した前節の大宮アルディージャ戦からスタメンを2名変更。山本、遠藤に代えて、西、レアンドロを起用した。新潟で評価を高めたレオ・シルバは、古巣との対戦にスタメンで出場することとなった。 ▽対する新潟(勝ち点11)は、残留ラインの15位・ヴァンフォーレ甲府(勝ち点21)から、勝ち点を「10」離されての最下位となっている。前節は、サンフレッチェ広島(勝ち点20)との下位決戦をスコアレスドローに終え、大きく前進するチャンスを逃すことに。残り9試合で残留を果たすためには、たとえ首位を前にしても、勝ち点を獲得することが求められる。現実的なプランが必要となっている新潟は、広島戦と同様のスタメンで、この試合に臨んだ。 ▽試合は、波乱の幕開けとなった。序盤から新潟がホニを起点としたカウンターに狙いを絞り、鹿島の陣内まで度々侵攻した。すると5分、カウンターの場面でボールを持った山崎が、裏に走り抜けた小川に精度の高いスルーパスを供給。左サイドに流れた小川が低いクロスを折り返すと、ボックス内に走り込んだドウグラス・タンキが足で合わせ、貴重な先制点とした。 ▽失点後に攻勢を強めた鹿島は、13分に伊東の右サイドからのクロスを、ボックス内中央で収めた金森がシュートを放つ。強烈なシュートが枠を捉えたが、GKが立ちはだかった。18分には、再び伊東が右サイドからクロスを送り、金崎が頭で合わせたが、これは枠を外れる。 ▽守備時に2ラインを低く敷きつつも、ボールホルダーに素早いプレスをかけ続ける新潟に対し、鹿島はサイドからの素早い攻撃で応戦。しかし、ゴールマウスに迫りこそするものの、得点を奪うには至らず。逆に前半終了間際の45分、再びカウンターの場面で、磯村のボックス左からのクロスに飛び込んだホニが追加点を奪取。首位を相手に最下位が2点のリードを得て、試合を折り返した。 ▽それでも、後半開始早々に、王者が意地をみせた。49分、右CKのキッカーをレオ・シルバが務めると、ニアに位置していた西に合わせる。頭で逸らしたところ、反応したレアンドロがヘディングシュートを決め切り、ビハインドを縮めた。 ▽波に乗る鹿島は67分、同点弾を奪い切る。61分に金森との交代でピッチに入った安部がボックス内でドリブルを仕掛けると、DFに阻まれたものの、ボールはこぼれて西の足元へ。パスがボックス中央のレアンドロに渡ると、落ち着いて流し込み、ネットを揺らした。 ▽さらに鹿島は67分、逆転に成功する。ボックス左手前でボールを持ったレアンドロがドリブルを選択。小泉と競り合いつつもボックス内に侵入すると、左足を振り抜いて強烈なシュートを放った。これがネットに突き刺さり、レアンドロがチームを救うハットトリックを達成する。 ▽後半終了間際にも鹿島がゴールを挙げる。ボックス内で倒された西がPKを獲得。89分、キッカーの金崎が落ち着いて決め、自身の今シーズン11点目とした。 ▽試合はこのまま終了。前半は新潟が鹿島を追い詰める展開となったが、終わってみれば、2点差で鹿島が勝利。この結果、新潟は勝ち点を積み上げることは叶わず。対して、鹿島は一時劣勢に立たされたものの、地力をみせ4連勝を飾り、優勝への道のりをまた一歩前進する結果となった。 2017.09.16 20:17 Sat
twitterfacebook
thumb

新潟vs広島の裏天王山は決め手欠きゴールレス…最下位新潟は13戦未勝利《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第25節のアルビレックス新潟vsサンフレッチェ広島が9日にデンカビッグスワンスタジアムで行われ、0-0のドローに終わった。 ▽勝ち点差は9ポイント開いているものの、共に残留を争う最下位の新潟(勝ち点10)と、17位の広島(勝ち点19)による裏天王山。中断前に行われた前節の柏レイソル戦で連敗を「4」でストップも、12戦未勝利と泥沼の状態が続く新潟は、今夏サガン鳥栖から獲得した小川をトップ下で起用し、移籍後初出場させた。一方、ヴァンフォーレ甲府と大宮アルディージャと残留争いのライバルとの直接対決で1勝1分けの広島は、大宮戦と同じメンバーで臨んだ。 ▽立ち上がりから拮抗した展開が続く中、広島は17分に右CKからパトリックに決定機も枠の右を捉えたシュートはGK大谷のビッグセーブに遭う。すると、27分には負傷した高橋がプレー続行不可能となり、椋原の投入を余儀なくされる。 ▽対する新潟は遅攻でなかなかチャンスを作れず、要所で仕掛けるカウンターからホニや山崎、小川とフィニッシュに顔を出すが、なかなか精度が伴わず、こちらもゴールが遠い。 ▽結局、ゴールレスで折り返した試合は後半に入って、よりオープンな展開に。71分には山崎の見事な個人技で中央をこじ開け、ボックス左のドウグラス・タンキにラストパスも、足を滑らせたタンキのシュートは枠を外れる。この直後には広島がカウンターからボックス左に抜け出した柴崎に決定機も、ここはGK大谷のセーブに遭う。 ▽何とか勝ち切りたい両チームは、試合終盤にかけて選手交代で流れを変えにかかる。だが、80分には相手との接触で頭部に裂傷を負った新潟DF富澤が負傷交代するアクシデントに見舞われ、大野の緊急投入を余儀なくされる。 ▽互いに最後の場面で決め切れない焦れる状況が続く中、87分にはこの試合最大の決定機。新潟が細かい繋ぎから磯村のパスを受けたタンキがボックス手前で左足を振り抜く。これをGK中林が抑え切れず、ボールがゴール方向に向かうが、ここは中林が何とかゴールラインぎりぎりでかき出し、決勝点とはならず。 ▽結局、試合はこのままゴールレスで終了。互いに厳しい現状を反映するかのような内容となった一戦は、痛み分けのドローとなった。なお、新潟は今回のドローで泥沼の13戦未勝利となった。 2017.09.09 22:18 Sat
twitterfacebook
thumb

新潟GK稲田康志に第三子となる男の子が誕生

▽アルビレックス新潟は31日、GK稲田康志に第三子となる男の子が30日に誕生したことを発表した。 ▽クラブの発表によると、体重は2690gとのこと。稲田は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「本当にがんばってくれた奥さんに心から感謝をしています。よりいっそう責任感を持ち、家族のため、チームのためにがんばっていきたいと思います。引き続き応援よろしくお願いします」 ▽今シーズンに柏レイソルから新潟に加入した稲田。しかし、ここまで公式戦での出場はない。 2017.08.31 15:08 Thu
twitterfacebook
thumb

柏圧倒的有利の下馬評も新潟が踏ん張りドロー決着《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第24節の柏レイソルvsアルビレックス新潟が26日に行われ、1-1の引き分けに終わった。 ▽引き分けを挟んで3連勝と波に乗る4位の柏(勝ち点45)は、前節のガンバ大阪戦から、小林を代えて古賀を起用。一方の、最下位に沈むアウェイの新潟(勝ち点9)は、前節のベガルタ仙台戦から、小泉と富澤からソン・ジュフンとホニに先発を入れ替えて臨んだ。 ▽試合開始から積極的な入りを見せた柏は、2分の左CKの場面。クリスティアーノが直接狙うが、DFに頭でブロックされてゴールとはならなかった。 ▽その後も新潟に攻撃の隙を与えず攻め続ける柏。しかし、守り続ける新潟が相手のミスを誘い得点に繋げる。30分、右サイドで相手のパスを奪ったホニがそのまま駆け上がると、ボックス右に侵入。クロスを上げた先に走り込んだチアゴ・ガリャルドが頭で押し込み、カウンターから先制点を決めた。 ▽追いつきたい柏に追い打ちをかけるアクシデントが発生。39分に中谷が2枚目のイエローカードを受けて退場。前半のうちに1人少ない状況になってしまった。しかし、柏はその前半のうちに追いつく。44分、右CKの場面、GKと競り合った大谷秀がGK大谷幸のファンブルを誘うと、こぼれ球を押し込んで同点に追いついた。 ▽後半に入ってからは互角の戦いが続く。そんな中70分にはチアゴ・ガリャルドが右ポスト直撃のコントロールシュートを放つなど新潟に決定機が訪れた。対する柏も75分には、ハモン・ロペスがボックス内からオーバーヘッドシュートを放つなど、熱戦が繰り広げられる。 ▽終了間際の90分には、ホニのスルーパスに反応した加藤がGK中村強襲のシュートを放ち、惜しい場面が見られたが、試合はこのまま終了。柏の圧倒的有利かに思われたが、新潟が最後まで踏ん張り勝ち点1をもぎ取った。 2017.08.26 21:27 Sat
twitterfacebook
thumb

仙台が終盤の華麗な逆転劇で連勝! 新潟の11試合ぶりの白星を絶つ《J1》

▽19日にデンカビッグスワンスタジアムで行われた明治安田生命J1リーグ第23節のアルビレックス新潟vsベガルタ仙台は、アウェイの仙台が2-1で勝利した。 ▽前節の大宮アルディージャ戦を落とした最下位の新潟(勝ち点9)。3連敗中で10戦未勝利と苦しんでいる。一方、12位の仙台(勝ち点26)は、前節のサンフレッチェ広島戦で8試合ぶりの白星。今回の新潟戦は、連勝を懸けた一戦となる。 ▽試合が動いたのは23分。左サイドの加藤大がクロスが上げる。中央でフリーのドウグラス・タンキがジャンピングボレーで合わせると、相手DFのクリアがポストに当たってラインを割り、新潟がリードした。 ▽しかし、攻勢に出た仙台は82分、途中出場のクリスランが左サイドからクロスを供給。これは相手GKに弾かれたものの、こぼれ球を石原がプッシュし、仙台が追いついた。 ▽これで勢い付いた仙台は同点から4分後、右サイドでパス交換を試みた三田啓貴が左足を一閃。このミドルシュートが相手DFの足に当たってコースが変わり、そのままゴールマウスに吸い込まれた。 ▽結局、終盤の逆転劇が勝負の分かれ目となり、仙台が今シーズン3度目の連勝を飾っている。 2017.08.19 21:17 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース