新潟の三浦文丈監督が辞任 「結果を真摯に受け止め、監督を辞することを決断」2017.05.11 17:35 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽アルビレックス新潟は11日、三浦文丈監督(46)が辞任することを発表した。

▽新潟は今月7日、三浦監督が休養をすることを発表。コーチを務める片渕浩一郎氏(42)が暫定的にトップチームの指揮を執っていた。なお、11日には後任として呂比須ワグナー氏(48)がトップチーム指揮官に就任することが内定したと発表されている。

▽三浦氏は今シーズンから新潟を指揮。昨年15位からの立て直しが期待されたが、休養が発表された明治安田生命J1リーグ第10節終了時点で1勝2分け7敗の勝ち点5で17位に沈んでいた。

▽辞任に際し、三浦氏は公式サイトを通じて以下のコメントを残している。

◆三浦文丈氏
「サポーターの皆様、スポンサー・株主・関係者の皆様から大きなサポートをいただきながら、ここまでの結果に終わっていることを真摯に受け止め、監督を辞することを決断しました」

「私を信じ、全力で応えてくれていた選手・スタッフには心から感謝をしていますし、導くことができず、申し訳なく思います。ホームはもちろん、アウェイでも、サポーターの皆様は常に大きな応援を送ってくださり、本当に励みになりました」

「今後のアルビレックス新潟の健闘を心から祈っています。サポーターの皆様、クラブ・チームを引き続きサポートしていただけますよう、お願い申し上げます」

コメント

関連ニュース

thumb

新潟、ユース所属のDF岡本將成&MF五十嵐新を2種登録

▽アルビレックス新潟は23日、U-18所属のDF岡本將成(17)とMF五十嵐新(17)の2種登録を発表した。 ▽ジュニアユース時代から新潟下部組織に所属する岡本は、身長184㎝、体重79㎏のディフェンダー。2015年にはU-15日本代表にも選出されていた。トップチームでは背番号35を着用する。 ▽同じくジュニアユース時代から新潟下部組織に所属する五十嵐は、身長180㎝、体重72㎏のミッドフィルダー。2015年にはU-15日本代表にも選出されていた。トップチームでは背番号37を着用する。 2018.02.23 18:03 Fri
twitterfacebook
thumb

新潟FWホニ、移籍から一転残留か ボタフォゴが交渉打ち切り

▽アルビレックス新潟に所属するブラジル人FWホニ(22)に残留の可能性が高まった。 ▽ホニを巡っては今オフシーズンにボタフォゴ移籍が取り沙汰され、去就が不透明な状況に。そのため、新潟のキャンプに参加することなく、長らく交渉が続けられていたが、破談したようだ。 ▽ブラジル『edilsonsilvanarede』によれば、ボタフォゴは期限付き移籍でホニの獲得に迫ったが、設定額の引き下げに消極的な新潟の態度に苦慮。最終的に、交渉を打ち切ったという。 ▽これにより、ホニは今週末に開幕を迎える明治安田生命J2リーグに参戦の新潟に合流するとみられている。 ▽ホニは2017年に新潟入り。明治安田生命J1リーグ32試合7得点、ルヴァンカップ2試合、天皇杯2試合1得点を記録していた。 2018.02.21 17:05 Wed
twitterfacebook
thumb

白血病を克服した新潟MF早川文也が病状を報告…「今はボールを蹴ること、体を動かすことが楽しくて仕方ない」

▽アルビレックス新潟は15日、MF早川史哉(24)の病状報告並びに支援基金の報告について公式サイトで伝えた。 ▽早川は2016年4月下旬に、急性白血病を患った。今回の報告によると、2017年6月に退院した早川は、投薬治療などを経て、現在では食事制限や行動制限もない段階になったようだ。今年に入ってからは、ランニングやリハビリなど、身体を動かしたトレーニングを行っているという。 ▽また、新潟は早川が病気に打ち勝ち、ピッチに戻ることを目的とした「アルビレックス新潟 早川史哉選手支援基金」を開設した。2016年、2017年とトップチーム、レディースのホームゲーム、イベントなどで募金活動を行い、その募金額を報告。2018年2月8日現在で、26,649,549円の支援金が集まった。 ▽早川はこの度の報告において、公式サイトでメッセージを送っている。 ◆MF早川史哉 「アルビレックス新潟サポーターの皆さん、ご支援をいただいたすべての皆様へ」 「病気を公表してから、どんな時も励まし、支えてくださった皆様に感謝申し上げます。闘病生活をスタートし1年半が過ぎました。辛い時期や体の状態が思い描いたようにいかず、沈んでしまいそうな時期も、たくさんのサポートのおかげで前を向いて進むことができました。今思うと自分一人だけでこのような状況に耐えることは絶対にできませんでした」 「これから少しずつではありますが、復帰に向けトレーニングを行えるようになりました。今は1年半以上遠ざかっていたボールを蹴ることや、体を動かすことが楽しくて仕方がありません。治療をしていたこれまでより、復帰に向け活動するこれからの方が、いくつもの困難な壁に直面することがあるかもしれません。しかし、どんな時もこのような気持ちや病気を公表した時の決意を忘れずに活動していけたらと思います」 「最後に『ALL FOR NIIGATA すべてを新潟のために】、このクラブスローガンにならい、新潟のために自分ができることを考え行動していきます。また、今このような立場だからこそ、できることにも積極的に取り組んでいきたいと思っています」 2018.02.16 16:20 Fri
twitterfacebook
thumb

新潟、長春亜泰からブラジル人FWブルーノ・メネゲウを獲得! かつてはC大阪でもプレー

▽アルビレックス新潟は15日、中国スーパーリーグの長春亜泰からブラジル人FWブルーノ・メネゲウ(30)の加入内定を発表した。背番号は27に決定している。 ▽セレッソ大坂でのプレー経験をもつブルーノ・メネゲウは、2016年7月にC大阪から長春亜泰へ完全移籍。長春亜泰では在籍2シーズンで公式戦13試合に出場し2ゴールを記録していた。 ▽「正確な技術と広い視野を持ち、ゴール前での高い決定力を発揮するストライカー」と新潟はプレーの特長を紹介していた。ブルーノ・メネゲウはクラブを通じてコメントしている。 「新潟という歴史あるチームでプレーできることに、本当に感謝しています。J2リーグでの優勝、そしてJ1昇格を目指してがんばりますので、応援をよろしくお願いいたします」 ▽なお、ブルーノ・メネゲウは16日に静岡県・御前崎キャンプに合流する予定となっている。 2018.02.15 15:36 Thu
twitterfacebook
thumb

新潟、元湘南のGKアレックス・ムラーリャ加入内定を発表…2016年にブラジル代表初選出

▽アルビレックス新潟は2日、フラメンゴからGKアレックス・ムラーリャ(28)の加入内定を発表した。 ▽アレックス・ムラーリャは2013年7月にブラジルのコメルシアウから湘南ベルマーレに期限付き移籍。2013シーズンはJ1で12試合に出場していた。退団後はミラソウ、フィゲイレンセを経て2016年にフラメンゴに加入。2016年9月にはブラジル代表に選出されていた。 ▽新潟はクラブ公式サイトで同選手の特徴を「瞬発力が高く、強烈なシュートも弾き出せるシュートストップが持ち味。的確なポジショニングをとることができ、足元の技術も併せ持つゴールキーパー」と紹介している。 2018.02.02 15:50 Fri
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース