超ワールドサッカー

京都が阪南大MF重廣卓也の来季加入内定を発表「謙虚な気持ちを忘れず」2017.05.11 15:00 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽京都サンガF.C.は11日、阪南大学のMF重廣卓也(22)の来季加入内定を発表した。

▽重廣は、広島県出身で、広島皆実高校から阪南大学へと進学。1年次には関西学生サッカーリーグの新人賞を受賞、全日本大学選抜にも選ばれており、2015年に韓国・光州で行われた第28回ユニバーシアード競技大会に出場。日本の優勝メンバーの一員となっていた。

▽京都は重廣について「高いパフォーマンスで攻守においてハードワークできるボランチ。また、強い精神力でチームを統率できるプレーヤー」とプレーの特徴を紹介している。重廣はクラブを通じてコメントした。

「このたび阪南大学から来シーズン加入することになりました、重廣卓也です。プロの第一歩を京都サンガF.C.という素晴らしいクラブでスタートできることを光栄に思います。両親、指導者、チームメイトなど、今まで携わってくださったすべての人に感謝し、これからも謙虚な気持ちを忘れず、早くチームに貢献できるよう、全力でプレーしていきたいと思います」

コメント

関連ニュース

thumb

ケヴィン・オリスの弾丸ミドルで京都が3戦ぶり白星! 逆転負けの東京Vは5戦ぶり敗戦でホーム初黒星…《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第15節の東京ヴェルディvs京都サンガF.C.が21日に味の素スタジアムで行われ、アウェイの京都が2-1で勝利した。 ▽4戦無敗で4位に位置する東京Vと、7戦無敗で16位の京都による好調同士の対戦。前節、ジェフユナイテッド千葉とのオリジナル10対決に快勝の東京Vは、その一戦から先発3人を変更。出場停止のアラン・ピニェイロに代わって梶川、安西と中野に代わって高木大、ドウグラス・ヴィエイラが先発に入った。一方、前節水戸ホーリーホックと引き分け2戦連続ドロー中の京都は、先発2選手を変更。湯澤に代わって田村亮、イ・ヨンジェに代わって2試合の出場停止明けとなるケヴィン・オリスが復帰した。 ▽30度近い猛暑のコンディションでスタートした3連戦最後の試合。オリス、田中マルクス闘莉王のツインタワーにボールを蹴り込む京都の攻撃が序盤こそ押し気味に試合を運ぶも、東京Vは開始6分に右サイドを持ち上がり中央に切り込んだ高木大の左足シュートで最初の決定機を作る。その後は2トップと後方が間延びする相手の中盤で主導権を握った東京Vは、波状攻撃からドウグラスや高木善、内田らが積極的にフィニッシュに絡んで行く。 ▽前半終盤にかけてホームチームがボールを保持するもののややこう着状態が続く中、37分にはDF石櫃の右クロスから闘莉王に決定機も、ここは相手GK柴崎の好守に阻まれる。すると40分、左サイドで高い位置を取った平のクロスにDF下畠がかぶってゴール前のドウグラス・ヴィエイラにボールが渡ると、これを肩でトラップしたドウグラスがGK菅野の股間を抜くシュートで先制点を奪った。 ▽迎えた後半、1点ビハインドの京都は望月に代えてDF染谷をハーフタイム明けに投入。この交代で下畠をボランチに上げ、染谷をセンターバックに置いた。さらに55分には田村亮を下げて、伊東俊をピッチに送り出した。 ▽一方、後半も主導権を握りながらカウンターで追加点を狙う東京Vは、54分と58分に中央を持ち上がった高木善に続けてシュートチャンスも、いずれも相手DFのブロックに遭うなど、追加点を奪い切れない。 ▽すると67分、ここまで前線へのロングボールとセットプレーに懸けてきた京都の攻めが結実する。ボックス手前中央で得たFKの場面でキッカーの石櫃がボックス左に浮き球のボールを入れると、ファーに走り込んだ本多が頭で右隅に流し込んだ。 ▽警戒していたセットプレーから失点を喫した東京Vは、失点直後に安西、74分にはこれが今季初出場の二川をピッチに送り出し、勝ち越しゴールを目指す。 ▽一方、追いついて息を吹き返した京都は、前線の個の力で逆転に成功する。80分、ロングカウンターから闘莉王のパスを受けて、バイタルエリア左でDFをかわしたケヴィン・オリスが右足を振り抜くと、弾丸シュートがゴール右隅に突き刺さった。 ▽ホームで負けられない東京Vは最後の交代カードで中野を投入。試合終盤にかけてはリスクを冒して前に出るが、完全に引いた京都の守備を最後まで崩し切れず。セットプレー、前線の個の力で勝ち切った京都が、3試合ぶりの白星を掴み、8戦無敗とした。一方、5戦ぶり敗戦の東京Vは今季ホーム初黒星を喫した。 2017.05.21 17:40 Sun
twitterfacebook
thumb

6戦無敗、勝ち点差1の京都vs水戸は互いに譲らずドロー《J2》

▽17日、明治安田生命J2リーグ第14節の京都サンガF.C.vs水戸ホーリーホックが京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場で行われ、1-1の引き分けに終わった。 ▽現在4勝4分け5敗、ここ6試合負けなしの15位京都が、4勝5分け4敗で、同じく6試合負けなしの14位水戸を迎えた一戦。京都は湯澤聖が6試合ぶりに先発。闘莉王はイ・ヨンジェとともに2トップを組んだ。一方の水戸は、前節から4名を変更。田向、湯澤洋が3試合ぶりに出場した。 ▽試合は11分、石櫃のロングスローをDFがクリア。これを吉野がボックス外からダイレクトシュートも、枠を大きく外す。14分には、左サイドからのクロスをファーサイドで闘莉王が胸トラップ。そのままシュートを放つも、右ポストを叩いてしまう。 ▽攻め込まれていた水戸だったがワンチャンスをものにする。右サイドで裏へのパスに反応した前田がボックス内右から右足一閃。これが豪快にネットを揺らし、アウェイの水戸が先制する。 ▽先制を許した京都は29分、自陣からのクリアボールを上手く受けたイ・ヨンジェがドリブルで独走。そのままボックス内に侵入しシュートを放つも、GKがしっかりセーブする。 ▽水戸は後半頭から湯澤洋に代えて、パウロンを投入。パウロンが細川、福井と3バックを形成し、田向が1列あがる。 ▽48分、水戸は左CKを獲得すると橋本がショートコーナーを選択。そのリターンを橋本がクロスを上げるも、合わせに行った林がわずかに届かない。 ▽59分、左からのクロスに走り込んだ闘莉王が足を伸ばして合わせるも、シュートは力なくGK笠原がキャッチする。水戸は65分、今瀬のロングスローがクリアされると、こぼれ球を内田がシュート。しかし、枠を外す。 ▽攻め込みながらもゴールが遠い京都だったが69分、望月がボックス内右で前田に倒されPKを獲得。これを大黒がPKを左隅に豪快に蹴り込み、京都が同点に追いつく。大黒は今シーズン初ゴールとなった。 ▽同点に追いつき勢いに乗る京都は74分、小屋松の落としを闘莉王がシュート。しかし、DFがブロック。76分にはボックス内で浮き球に反応した大黒がトラップも、シュートは打てない。 ▽押し込む京都は、大黒を中心に攻め込むもシュートを放つことができず。防戦が続く水戸は後半アディショナルタイムに前田が抜け出し、ボックス内でシュート。しかし、これは枠を捉えられず試合終了。1-1のドローに終わり、両チームとも無敗を7試合に伸ばした。 2017.05.17 21:12 Wed
twitterfacebook
thumb

今季初連勝目指した京都、闘莉王PK失敗響き山口とドロー《J2》

▽13日に維新百年記念公園陸上競技場で行われた明治安田生命J2リーグ第13節のレノファ山口FCvs京都サンガF.C.は、1-1のドローに終わった。 ▽ゴールデンウィーク3戦全敗で4試合ぶりの勝利を目指す20位の山口と、5戦負けなしで復調の兆しを見せる15位の京都が激突した。 ▽試合は立ち上がりから京都ペースの展開となる。すると、13分には吉野のシュートが相手DFの肩口付近に当たり、京都がPKのチャンスを獲得した。 ▽キッカーに名乗りを上げたのは闘莉王。右足のシュートがゴール左隅を突いたものの、相手GKに読まれて、先制機を不意にしてしまう。 ▽それでも、21分には右CKのこぼれ球から数人が頭で繋ぎ直し、最後は小屋松がボックスのスペースで反応。左足ワンタッチで押し込み、京都が均衡を破った。 ▽しかし、1点ビハインドで試合を折り返した山口が58分、左CKから闘莉王のマークを外したパク・チャニョンがヘディングシュート。これが決まり、山口が追いついた。 ▽その後も息を吹き返した山口ペースで進む中、京都は点取り屋の大黒を投入。勝ち越しを目指して攻勢に出るが、ゴールが遠い。 ▽結局、試合は痛み分けのまま終了。6戦無敗とした京都だったが、最終的に闘莉王のPK失敗が響き、今シーズン初の連勝を逃す格好となった。 2017.05.13 14:55 Sat
twitterfacebook
thumb

FW岩崎悠人、支えてくれる人のために「何か感動を与えたい」《U-20W杯》

▽内山篤監督率いるU-20日本代表は12日、今月20日に開幕するFIFA U-20ワールドカップ韓国2017に向け、静岡県内のトレーニング施設でトレーニング及びヤマハスタジアムでジュビロ磐田と練習試合を行った。 ▽磐田との試合後、FW岩崎悠人(京都サンガF.C.)がメディア陣のインタビューに応対。磐田との練習試合に関してはまだまだ課題が多いと反省を口にしたものの、サポーターや家族のために本大会で感動を与えたいと主張した。<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20170512_6_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div><span style=“font-weight:700;”><span style="font-weight:700;">◆FW岩崎悠人</span>(京都サンガF.C.) <span style="font-weight:700;">──U-20日本代表に選出されて</span> 「本大会に挑めるということが決まって嬉しかったですし、世界大会を楽しみにしていたので、その気持ちが大きくなりました」 <span style="font-weight:700;">──この大会にワクワクしていることや望んでいることは</span> 「自分の持ち味がどれぐらい通用するのかというところですね。京都のサポーターや家族も応援してくれているので、大会を通して何か感動を与えられたらなと思っています」 <span style="font-weight:700;">──J2で初ゴールも決めて肩の荷が下りた部分はあるか</span> 「そうですね。安心した部分はあるので、これからどんどん勢いに乗ってやっていきたいと思います」 <span style="font-weight:700;">──あのゴールは結構難しかったと思いますが</span> 「無意識だったので本当入ってよかったと思います」 <span style="font-weight:700;">──今日はどうでしたか</span> 「ポストが多いですね。選手権の時から」 <span style="font-weight:700;">──田川享介(サガン鳥栖)とタイプが似ているような中でプレー範囲とかを意識していたか</span> 「結構見ながらやっていました。重なることは少なかったと思いますが、バラバラになっていたところもあったので、もう少し逆の動きで相手を見ながらやっていけたら良かったなと思います。お互い見ながらやろうということは言っていたので、逆に見てくれていたところもあったのかなと思います」 <span style="font-weight:700;">──攻撃自体はバリエーションが少なくなってしまったところもあるか</span> 「そうですね。ただサイドバックが持った時にタイミングよく抜け出したりすることもできたので、それは良かったなと思います。前を向いた時やフリーでボールを持った時にどれだけゴールに迎えるか、そしてそれを最後決めきるかどうかというところはまだまだ突き詰めていかなくてはいけないなと感じました」 <span style="font-weight:700;">──体のキレは良さそうにも見えたが</span> 「コンディション自体は良いですね。あとは結果にこだわってやっていきたいです」 2017.05.13 03:20 Sat
twitterfacebook
thumb

京都MFハ・ソンミンが左大腿部肉離れ…名古屋戦で負傷

▽京都サンガF.C.は10日、韓国人MFハ・ソンミンの負傷を発表した。 ▽クラブの発表によると、ハ・ソンミンは3日に行われた明治安田生命J2リーグ第11節の名古屋グランパス戦で負傷。左大腿部肉離れと診断された。全治は明かされていない。 ▽今シーズン蔚山現代から京都に加入したハ・ソンミンは、今シーズンの明治安田生命J2リーグで6試合に出場していた。 2017.05.11 14:56 Thu
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース