京都が阪南大MF重廣卓也の来季加入内定を発表「謙虚な気持ちを忘れず」2017.05.11 15:00 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽京都サンガF.C.は11日、阪南大学のMF重廣卓也(22)の来季加入内定を発表した。

▽重廣は、広島県出身で、広島皆実高校から阪南大学へと進学。1年次には関西学生サッカーリーグの新人賞を受賞、全日本大学選抜にも選ばれており、2015年に韓国・光州で行われた第28回ユニバーシアード競技大会に出場。日本の優勝メンバーの一員となっていた。

▽京都は重廣について「高いパフォーマンスで攻守においてハードワークできるボランチ。また、強い精神力でチームを統率できるプレーヤー」とプレーの特徴を紹介している。重廣はクラブを通じてコメントした。

「このたび阪南大学から来シーズン加入することになりました、重廣卓也です。プロの第一歩を京都サンガF.C.という素晴らしいクラブでスタートできることを光栄に思います。両親、指導者、チームメイトなど、今まで携わってくださったすべての人に感謝し、これからも謙虚な気持ちを忘れず、早くチームに貢献できるよう、全力でプレーしていきたいと思います」

コメント

関連ニュース

thumb

京都、DF牟田雄祐の復帰を発表! 今年8月からFC今治に期限付き移籍

▽京都サンガF.C.は18日、今年8月からJFLに所属するFC今治に期限付き移籍していたDF牟田雄祐(27)が期限付き移籍期間満了に伴い、復帰することを発表した。 ▽2016年に名古屋グランパスから京都に加入した牟田だが、在籍1シーズン半を通じたリーグ戦の出場は6試合にとどまっていた。そして、今年8月に期限付き移籍で加入したFC今治では、JFLで10試合に出場していた。 ▽なお、牟田は退団の決まったFC今治の公式サイトで以下のようなメッセージを残している。 「今シーズン限りで退団することになりました。J3昇格の為に加入しましたが、その目標が達成できず本当に申し訳ありません。それでもいつも温かい声援を送って頂いたサポーターの前でプレーできたことは,自分にとって財産になりました。ありがとうございます」 「また岡田オーナー、監督、スタッフ、チームメイトをはじめ,FC今治に関わるたくさんの人たちのおかげで素晴らしい経験をすることができました。この経験をこれからに生かし感謝の気持ちをプレーで表現していきたいと思います。短い期間でしたが本当にありがとうございました」 2017.11.18 13:21 Sat
twitterfacebook
thumb

Jユース杯決勝カード決定! 京都U-18vsG大阪ユースの関西勢対決に《Jユースカップ》

▽2017Jユースカップ 第25回Jリーグユース選手権大会の決勝進出クラブが決定した。 ▽Jクラブ運営の高校年代育成組織で争う同大会は、10月14日に開幕。福島ユナイテッドFC、藤枝MYFC、FC琉球を除く51クラブのJリーグ育成組織に加えて、東日本、関東、中日本、西日本の地域予選を勝ち上がった4クラブを合わせた計55チームのトーナメント方式で行われる。 ▽今大会の決勝に駒を進めたのは、京都サンガF.C.U-18と、ガンバ大阪ユースの関西勢に。勝ち上がった2チームは、19日に長野Uスタジアムで行われる決勝(13時キックオフ)を戦う。準決勝の対戦結果は以下のとおり。 ◆京都サンガF.C.U-18vsサンフレッチェ広島ユース ▽11時キックオフの第1試合は、2大会連続のベスト4進出クラブ同士の激突となった。11分にMF松本大弥のゴールで広島ユースが先制するが、1点を追う京都U-18も64分にU-17日本代表で主将を務めたMF福岡慎平が同点弾。続く70分にFW服部航平のゴールで一気に形勢逆転した京都U-18がそのまま逃げ切り、2001年以来となるファイナル進出を果たした。 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">京都サンガF.C.U-18 2</span>-1 サンフレッチェ広島ユース 【京都U-18】 福岡慎平(後19) 服部航平(後25) 【広島ユース】 松本大弥(前11) ◆ガンバ大阪ユースvs川崎フロンターレU-18 ▽14時キックオフの第2試合は、3年ぶりの準決勝進出となるG大阪ユースと、4年ぶり進出の川崎F U-18が対戦。タレント揃いの試合は激しい点の取り合いとなる。2点ビハインドで80分を迎えたG大阪ユースだったが、83分にDF中島大雅、87分にFW大谷優斗、後半アディショナルタイム2分にMF丹羽匠がゴール。終盤の猛追で逆転したG大阪が最多5度目の優勝を懸けて決勝に進出した。 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ガンバ大阪ユース 4</span>-3 川崎フロンターレU-18 【G大阪ユース】 岩本翔(後2) 中島大雅(後38) 大谷優斗(後42) 丹羽匠(後45+2) 【川崎F U-18】 デューク・カルロス(前32) 宮代大聖(後24) 宮城天(後29) 2017.11.12 16:15 Sun
twitterfacebook
thumb

途中出場アラン弾で逃げ切った東京Vが鬼門西京極攻略! 松本を抜きPO圏内6位浮上《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第41節、京都サンガF.C.vs東京Vが11日に京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場で行われ、アウェイの東京Vが1-0で勝利した。 ▽逆転でのJ1昇格プレーオフ圏内浮上を目指す7位東京V(勝ち点64)が、11位京都(勝ち点54)のホームに乗り込んだ一戦。前節、レノファ山口相手にホームで6試合ぶりの敗戦を喫した東京Vは、その試合から先発3人を変更。田村、高木善、アラン・ピニェイロに代わって、平と安在、カルロス・マルティネスが先発に入った。 ▽一方、台風の影響で延期されていた第33節の愛媛FC戦を2-0で勝利し9戦無敗の京都は、中2日となるホーム最終戦に向けて先発5人を変更。石櫃や小屋松、古巣対戦の吉野らが先発に復帰。また、田中マルクス闘莉王がベンチに入った。 ▽強風の中で風下を選択した東京Vは、立ち上がりから押し込まれる展開に。攻撃時[3-3-2-2]、守備時に[4-1-4-1]の布陣を採用する東京Vだが、4バックで守る展開が続く中、7分には石櫃の右CKを大野にフリーで合わせられるが、ここはクロスバーに救われる。 ▽15分を過ぎてようやく流れを引き戻した東京Vは18分、カルロスのスルーパスに抜け出したドウグラス・ヴィエイラと梶川が数的有利でボックス内に抜け出すが、ラストパスが引っかかり、こぼれ球をドウグラスが枠内に飛ばすが、ここはGK清水の好守に遭う。 ▽前半終盤にかけては一進一退の攻防となった中、安在や渡辺らに幾つか決定機が訪れたものの、決め切るまでには至らず。前半はゴールレスで折り返した。 ▽迎えた後半、やや攻撃で細かいミスが目立つ東京Vは、前半同様に押し込まれる展開に。それでも、61分にはフィードに抜け出したドウグラスがGKと一対一も、ここは相手GKの好守に遭う。 ▽攻勢を強めたい東京Vは65分、カルロスを下げてアランを投入。するとこの交代策が先制点をもたらす。67分、GK柴崎のロングフィードに反応したアランが相手最終ラインと完璧に入れ替わって抜け出すと、最後は飛び出したGKを嘲笑うかのようなロングループを流し込んだ。 ▽待望の先制点を奪った東京Vだが、ここからは京都の反撃を受ける展開に。大黒、田中マルクス闘莉王の元日本代表2トップをシンプルに使う攻撃に手を焼くも、守備陣が決死の守りで凌ぐ。87分と88分にはボックス内で大黒、伊東に決定的なシュートを許すが、いずれも枠を外れる。 ▽その後、安在と渡辺を下げて田村、中後のベテランを投入して逃げ切りを図ると、5分が与えられた追加タイムも一丸となった守りで跳ね返し続ける。そして、鬼門西京極で2007年以来の勝利を手にした東京Vは、今節引き分けた松本山雅を抜いてプレーオフ圏内の6位に浮上した。 2017.11.11 16:17 Sat
twitterfacebook
thumb

「目標である兄を超える」京都がU-18所属のGK若原智哉の来季昇格内定を発表

▽京都サンガF.C.は10日、U-18所属のGK若原智哉の来季昇格内定を発表した。今シーズンはトップチームに2種登録されていた。 ▽若原は、滋賀県草津市出身で、立命館宇治高校に通っている17歳。U-15から京都に所属している。U-15、U-16と日本代表候補に選ばれ、U-16、U-18、U-19と日本代表に選出。昨シーズンから2種登録されている。若原はクラブを通じてコメントしている。 「ひとつの夢であるトップチームに昇格することができ、とても嬉しいです。ここに来るまで僕をサポートしてくれた両親、お世話になった地元の少年団やサンガアカデミーの指導者の皆さん、チームメイトの仲間たち、チームメイトの保護者の皆さん、そして立命館宇治高校の先生方には感謝の気持ちでいっぱいです」 「そして何よりも、サッカーに出会わせてくれて、いつも僕の目の前を歩き続けてくれたお兄ちゃんがいてくれたからこそ、プロの道を歩み始められると思います。トップチーム昇格は通過点にしかありません。後ろから安心感を与えられるゴールキーパーを目指して、目標である兄を超えるため、これからも努力を重ねていきたいと思います。サポーターの皆さん、これからもよろしくお願いします」 2017.11.10 22:01 Fri
twitterfacebook
thumb

大野J初弾! 大黒途中出場弾! 愛媛撃破の京都、4試合ぶり白星で9戦無敗《J2》

▽8日にニンジニアスタジアムで行われた明治安田生命J2リーグ第33節延期分の愛媛FCvs京都サンガF.C.は、アウェイの京都が2-0で勝利した。 ▽台風の影響で延期されていた一戦。16位の愛媛(勝ち点57)が14位の京都(同51)をホームで迎え撃った。 ▽試合は、互いに攻め合う展開に。だが、それぞれ最後のところで精彩を欠き、一進一退の攻防戦となる。 ▽その中で、35分に右サイドで縦に仕掛けた岩崎が右足でクロスを供給。大野が頭で合わせ、京都が先制した。 ▽大野のJ初ゴールでリードした京都は、1点リードのまま試合を折り返すと、63分に田村に代えて大黒を投入。追加点を狙いに出る。 ▽その策はわずか1分後に実を結ぶ。64分、白井の緩慢なバックパスを見逃さなかった大黒がボックス右から右足ダイレクトでボールを流し込んだ。 ▽愛媛のミスに乗じて突き放した京都は、終盤に守勢を強いられたものの、落ち着いて試合をクローズ。4試合ぶりの白星で9戦負けなしとした。 2017.11.08 20:55 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース