超ワールドサッカー

東海大学熊本サッカー部のGK末次敦貴が熊本に特別指定で加入「日々、魂込めて取り組む」2017.05.11 12:11 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽日本サッカー協会(JFA)は10日、東海大学熊本サッカー部のGK末次敦貴(20)を、1日付けで2017年JFA・Jリーグ特別指定選手として承認したことを発表した。受け入れ先はロアッソ熊本となる。

▽末次は福岡県出身で、サガン鳥栖U-12、U-15と所属。長崎日大高校へと進学し、現在は東海大学熊本に在籍している。末次はクラブを通じてコメントしている。

「この度、ロアッソ熊本に特別指定選手として受け入れてもらいました、末次敦貴です。高いレベルでサッカーをする環境を提供していただくロアッソ熊本への感謝の気持ちを忘れずに、日々、魂込めて取り組みます。応援よろしくお願いします」

▽JFA・Jリーグ特別指定選手とは、「サッカー選手として最も成長する年代に、種別や連盟の垣根を超え、「個人の能力に応じた環境」を提供すること」を目的とし、全日本大学サッカー連盟、全国高等学校体育連盟、またはJクラブ以外の日本クラブユースサッカー連盟の加盟チームに登録(第2種)したまま、Jリーグ等の試合に出場可能とする制度となっている。

コメント

関連ニュース

thumb

千葉が終盤の指宿弾で熊本と1-1ドロー《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第15節のジェフユナイテッド千葉vsロアッソ熊本が21日にフクダ電子アリーナで行われ、1-1で終了した。 ▽ここまで5勝4分け5敗で12位の千葉と、4勝2分け8敗で18位の熊本が相まみえた。試合序盤は、ボールを保持して攻める千葉に対し、熊本がカウンターを狙う展開となる。千葉は、20分にゴールに迫る。ボックス左手前から清武が放ったミドルシュートが枠を捉えたが、これはGK野村のセーブに遭った。 ▽ハーフタイムにかけては一進一退の攻防が繰り広げられる。そんな中、熊本は前半終了間際に決定機。ロングボールからバイタルエリアで仕掛けたグスタボが左足を振る。決定的なシュートだったが、GK佐藤優のスーパーセーブに遭い、先制点とはならなかった。 ▽ハーフタイム明け、千葉はアランダ、船山に代えて町田と菅嶋を投入する。その後半は、よりオープンな展開となる。すると、50分に熊本が試合の均衡を破る。清武の自陣ゴール方向へのクリアボールに反応したグスタボが最終ライン裏に抜け出す。GKの一対一を制したグスタボのゴールが決まり、熊本が先行する。 ▽終盤にかけては、千葉がリスクを冒して前に出ていく。68分には山本真に代えてラリベイを投入。しかし、72分に決定機を演出したのは熊本だった。カウンターから自陣の林がパス&ゴーで長い距離を走り、グスタボとワンツー。しかし、そのままGKと一対一となった林が放ったシュートは、左ポストに嫌われる。 ▽すると、諦めない千葉が同点に追いつく。83分、ボックス正面で左サイドの町田から浮き球パスを受けた指宿がDFを背負いながら仕掛けてシュート。これがネットを揺らし、指宿の見事なプレーで千葉がスコアを1-1とした。 ▽その後、千葉は追加点を狙うも、熊本も踏ん張り、1-1で終了。両者が勝ち点を分け合った。 2017.05.21 18:55 Sun
twitterfacebook
thumb

巻の勝ち越し弾で岐阜を退けた熊本が連敗を「4」でストップ!《J2》

▽17日に明治安田生命J2リーグ第14節のFC岐阜vsロアッソ熊本が岐阜メモリアルセンター長良川競技場で行われ、2-1で熊本が勝利した。 ▽3試合ぶりの勝利を目指す11位岐阜(勝ち点19)と、4連敗中の19位熊本(勝ち点11)が激突した一戦。調子が上がらない両者の試合はなかなか決定機を作れない立ち上がりとなる。 ▽それでも17分、アウェイの熊本がセットプレーから先制に成功する。ボックス手前やや左でFKを獲得すると、キッカーの安柄俊が右足を振り抜く。ファーサイドを狙ったボールは、壁に当たりコースが変わってゴール左へと吸い込まれた。 ▽先制を許した岐阜は23分、敵陣中央で縦パスを受けた古橋が巧みなトラップから風間とのワンツーでバイタルエリアに侵攻。そのままボックス手前に運んで右足でシュートを放つも、ゴール左へ外れる。 ▽攻勢を続ける岐阜は36分、ボックス手前右でパスを受けた永島が中央に切れ込んで左足でシュート。GK野村の弾いたボールに風間が飛び込むも、押し込むことができない。さらに38分、左サイドを突破した福村のクロスをボックス中央でフリーになった山田が頭で合わせるも、当てきることができない。 ▽後半に入ると、1点ビハインドの岐阜が攻勢を強める。すると54分、敵陣中央で庄司からパスを受けた永島がドリブルでボックス手前まで運び、左足を振り抜いてゴール右隅へと突き刺し、岐阜が同点に追いつく。 ▽試合を振り出しに戻された熊本は66分、ボックス右外でパスを受けた田中がダイレクトでクロス。これをファーサイドで収めた巻が右足でシュートを放つと、相手に当たってゴールネットを揺らし、熊本が勝ち越しに成功する。 ▽再び追う立場となった岐阜は猛攻を仕掛ける。すると84分、クロスのクリアボールを田森が中央に折り返すと、混戦の中GK野村がファンブル。こぼれ球を古橋が押し込むも、オフサイドの判定が下される。 ▽最後までゴールを狙う岐阜は試合終了間際、ビックチャンスを迎える。後半アディショナルタイム4分、自陣中央からロングボールで相手最終ラインの裏へ放り込むと、古橋が反応。これに抜け出してGKと一対一を迎えるも、左足で放ったシュートは、GK野村の足に当たってわずかにゴール右。このチャンスを決め切れず、試合はそのまま終了。終始、岐阜に押し込まれるも少ないチャンスを決め切った熊本が2-1で勝利し、連敗を「4」でストップ。対する岐阜は3試合白星から遠ざかっている。 2017.05.17 21:35 Wed
twitterfacebook
thumb

ジネイのPK弾で勝利の湘南が首位!! 熊本はデビュー戦のイム・ジンウが不運なPK献上…《J2》

▽13日に明治安田生命J2リーグ第13節のロアッソ熊本vs湘南ベルマーレがえがお健康スタジアムで行われ、1-0で湘南が勝利した。 ▽前節のザスパクサツ群馬戦で敗れて3連敗中の18位・熊本(勝ち点11)が、町田ゼルビアとゴールレスドローに終わり3戦無敗も連勝は2でストップした2位の湘南(勝ち点24)を迎えた。熊本はモルベッキが今季初スタメンとなり、湘南は杉岡がU-20日本代表に招集されたため欠場となった。 ▽試合立ち上がりは熊本が連続でCKを獲得するがシュートまでつなげられず。その後は湘南がシュートパスを繋いでリズムを作るが、こちらもシュートまではもっていけない。11分には熊本が自陣からカウンターを発動。グスタボからモルベッキにスルーパスが送られるが、アンドレ・バイアがスライディングでブロックした。 ▽湘南は21分、左サイドの秋野が逆サイドに展開。岡本がこれを収めてボックス右からシュートを狙うが枠を捉えきれなかった。22分には熊本にチャンス。右サイドの黒木が入れたクロスをグスタボがGKと競り合う。GK秋元がボールを溢してボールはゴールネットを揺らしたが、ここはグスタボのファウルによりゴールは認められなかった。 ▽両チームともに相手陣内にボールを運ぶことはできるものの、ファイナルサードを崩しきることができず。前半終了間際には熊本が嶋田のミドルシュートでゴールに迫るが、GK秋元がはじき出しゴールレスで終えた。 ▽お互いに交代なしで迎えた後半は、湘南がキックオフからそのまま熊本陣内に攻め込むなど勢いを持って入った。51分にはボックス手前でボールを受けた山田が左足で狙うが、ゴールマウスを外す。54分には秋野もミドルレンジからグラウンダーのシュートを狙うが、ここはGK野村がセーブした。 ▽熊本は61分、モルベッキを下げて安柄俊を投入する。湘南は64分、下田を下げて名古屋から今シーズン加入した野田が初出場となった。迎えた69分には上里がやや距離のある位置から左足を強振するが、シュートは惜しくも枠外へ。 ▽熊本は80分、左サイドの高い位置でボールを奪い、前線の安柄俊がボックス左から中に折り返すと、これがこぼれたところに上村が合わせるがGK秋元の正面を突いてしまう。すると熊本は86分に植田がアクシデントでイム・ジンウがデビューを果たす。 ▽そのままスコアが動かずに迎えた90分、イム・ジンウがボックス内で菊地を倒してしまう。イム・ジンウのチャージはボールに行っていたが、レフェリーはPKを宣告した。熊本にとってはやや不運な判定だったが、湘南はこのチャンスでジネイが決めきり先制に成功。結局このゴールが決勝点となり湘南が4試合無敗とし、首位に浮上した。 2017.05.13 17:58 Sat
twitterfacebook
thumb

群馬が今季初勝利! 高井の劇的AT弾で熊本を撃破《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第12節のロアッソ熊本vsザスパクサツ群馬が7日にえがお健康スタジアムで行われ、1-2で群馬が勝利した。 ▽ここまで3勝2分け6敗で18位の熊本と、0勝1分け10敗で最下位に沈む群馬の対戦。拮抗した序盤戦から、セットプレーから試合を動かしたのは群馬だった。33分、松下の左CKにニアサイドのチェ・ジュンギが合わせる。これがゴール左に決まり、チェ・ジュンギのJリーグ初ゴールで群馬が先行する。 ▽ハーフタイムにかけては熊本も反撃。しかし、36分にボックス右の手前でグスタボが放ったミドルシュートは、わずかに枠の右にはずれる。さらに40分にはボックス左に抜け出した上原がゴール前で仕掛けてシュートに持ち込もうとするも、飛び出してきたGKにブロックされる。 ▽一方の群馬は、42分に2点目のチャンス。ボックス左の手前でボールを受けた高橋がカットインシュート。ゴール右に飛んだシュートはGK野村にわずかに触れられ右ポストに直撃し、追加点とはならなかった。 ▽迎えた後半、立ち上がりから前に出た熊本は51分にビッグチャンス。ゴール正面で平繁のパスを受けた林が決定機を迎えるも、シュートは素早く間合いを詰めてきたGK清水にブロックされる。 ▽一方の群馬は56分にやり返す。正面から松下が強烈なミドルシュートでゴールマウスを強襲したが、熊本GK野村が好セーブで失点を阻止する。 ▽すると、熊本が68分にこちらもCKからゴールを奪取。嶋田が蹴った右CKにニアサイドで合わせたグスタボがヘディングシュートを叩き込み、スコアを1-1とした。 ▽その後、熊本は85分にCKに頭で合わせた植田のヘディングシュートが枠を捉えるも、GK清水のファインセーブに遭って2点目とはならない。 ▽一進一退の好ゲーム、終止符を打ったのは群馬の途中出場FW高井だった。アディショナルタイム5分、ゴール前の混戦からボールをつなぐと、最後は高井が右足でねじ込み、劇的な勝ち越しゴールを奪取。群馬が土壇場で今季初勝利を飾った。 2017.05.07 17:58 Sun
twitterfacebook
thumb

途中出場の井上逆転弾で町田が3試合ぶり白星! 対する熊本は連敗《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第11節のFC町田ゼルビアvsロアッソ熊本が3日に町田市立陸上競技場で行われ、2-1で町田が勝利した。 ▽第10節を終えて、3勝4敗3分で12位につける連敗中の町田と、3勝5敗2分で15位につける熊本の一戦。試合は互いに前線への侵攻を許さない低調な立ち上がりとなる。町田は14分、ロングボールに反応した戸島が敵陣中央左で空中戦を制すと、ボックス左へ転がったボールに反応した中島が左足でシュート。しかし、これはゴール右に外してしまう。 ▽決定機を作られた熊本は、右サイドを起点として攻勢に転じるも、ラストパスの精度を欠いてしまい、シュートまで持ち込むことができない。一方の町田も最初の決定機以降、前線と息が合わずチャンスを作ることができない。 ▽すると前半終盤、町田が先制点を奪う。42分、ボックス右外でパスを受けた大谷が右足でクロスを供給。これをボックス中央の戸島が頭で合わせると左ポストを叩いてゴールに吸い込まれた。 ▽町田のリードで迎えた後半、熊本が攻勢を強める。すると62分、自陣中央右から黒木が相手最終ラインの裏へボールを送ると、齋藤が反応。スピードで背後を突いて左足でゴール右隅へ流し込み、GK高原との一対一を制した。 ▽試合を振り出しに戻された町田は77分、最終ラインからの放り込みからボックス内の重松の落としを受けた戸島が右足でシュートを放つもGK野村の好守に阻まれる。しかし78分、吉濱の左CKがボックス右手前に転がると、途中出場の井上が右足でボレーシュート。これがゴール前の密集地帯を抜けてゴール左隅に突き刺さった。 ▽勝ち越しを許した熊本はその後、攻勢を強めて町田ゴールに迫るも最後まで牙城を崩すことができずに試合終了。決勝点を守り切った町田が3試合ぶりの白星。一方の熊本は連敗を喫した。 2017.05.03 17:15 Wed
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース