フットサルメディアによる「フットサル大賞2016-2017」が開催! 大賞は大阪のアルトゥールが受賞!2017.05.11 12:00 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽日本フットサル最高峰のリーグ「Fリーグ」の開幕から10年が過ぎた今、メディアが選考する、“日本フットサルのバロンドール”が創設された。国内の6つのフットサルメディアが中心となって議論を交わし、国外で活動する日本人を含めて、国内フットサルプレーヤーおよび指導者などを表彰するアワード、「フットサル大賞」を実施。2016-2017シーズンを振り返りながら、最優秀選手賞やベスト5など、あらゆる受賞者が決定した。

▽Fリーグを頂点にする日本フットサルは、2007年のFリーグ創設から10年が経過した今、まだ“メジャースポーツ”になったとは言えないものの、「するスポーツ」、「観るスポーツ」として、より多くの人の興味や関心を誘い、決して少なくない発展を遂げてきた。

▽そうした中、特に「観るスポーツ」の観点から、日頃よりフットサルの取材を続けるメディアが、選手、監督のプレーや采配、そしてクラブの活動などを評価し、表彰するアワード、「フットサル大賞」を創設した。そして、審査を担当した国内の6つのフットサルメディアが、2016-2017シーズンを振り返りながら議論を交わし、最優秀選手賞やベスト5など、あらゆる賞の受賞者が決定した。

▽シーズンを通して、もっとも優れた人物に送られる「マン・オブ・ザ・シーズン」は、満場一致でシュライカー大阪のアルトゥールが受賞。リーグ初制覇、全日本選手権優勝の2冠を達成したクラブにおいて、攻守のキーマンとして長時間ピッチでプレーし、申し分ない結果とインパクトを残した。Fリーグの年間MVPは小曽戸允哉に譲っていたものの、誰の目にも明らかな貢献度が、受賞の決定打となった。

▽そのほか、単純な結果や成績だけにとらわれず、「なぜ、その賞にふさわしいのか」が徹底的に議論された結果、今回のアワードによって、「ベスト5」、「ブレイク賞」、「ベスト監督賞」、さらに特別賞として、メディアならではの視点が加わった「未来賞」、「広報活動賞」、「がっかり賞」といった賞が決定した。

▽なお、「フットサル大賞2016-2017」選考審査の詳しい内容は、今後、各メディアでも発信されていく。今回決定した各賞は以下の通り。

フットサル大賞2016-2017
【選考対象期間】
2016年4月1日(金)〜2017年3月31日(金)

【選考対象者】
国外で活動する日本人を含む、国内選手および指導者、スタッフなど

【選考審査参加媒体】
菊地芳樹(ストライカーDX) ※審査委員長
太田武志(フットサルナビ)
河合拓(futsalX)
川嶋正隆(超ワールドサッカー)
軍記ひろし(futsalgraphic)
本田好伸(futsalEDGE)

【表彰】※所属クラブは2016-2017シーズン
マン・オブ・ザ・シーズン
アルトゥール(シュライカー大阪)

ベスト5
(C)CWS Brains,LTD.
アルトゥール(シュライカー大阪)
チアゴ(シュライカー大阪)
中井健介(ペスカドーラ町田)
星龍太(名古屋オーシャンズ)
西谷良介(フウガドールすみだ)

ベスト監督賞
(C)CWS Brains,LTD.
木暮賢一郎(シュライカー大阪)

ブレイク賞
(C)CWS Brains,LTD.
加藤未渚実(シュライカー大阪)

特別賞(広報活動賞)
小曽戸允哉(シュライカー大阪)

特別賞(未来賞)
Fリーグ育成組織の選手

特別賞(がっかり賞)
フットサル日本代表

コメント

関連ニュース

thumb

今季最初の境川決戦は湘南が快勝!! 浜松は仙台に逆転勝利《DUARIG Fリーグ》

▽22日にDUARIG Fリーグ2017/2018第7節の2試合が開催された。湘南ベルマーレvsペスカドーラ町田の境川決戦は、5-1で湘南が快勝。ヴォスクオーレ仙台vsアグレミーナ浜松は、3-2で浜松が勝利した。 ◆湘南ベルマーレvsペスカドーラ町田<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fnews20170722_1_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽今季最初の境川決戦は、静かな立ち上がりとなるも10分にFP小門勇太のゴールで湘南が先行。さらに12分にはFPロドリゴが個人技から2点目を奪う。さらに14分にはオウンゴールで加点して前半を終えた。後半も湘南ペースとなり、22分にはFP刈込真人がループシュートを沈め、4-0で町田を引き離す。対する町田は試合終盤にFP篠崎隆樹をGKに置いたパワープレーに入ると、34分にその篠崎がゴール。しかし35分、今シーズンに町田から湘南に移籍したFP本田真琉虎洲がだめ押しの5点目を奪い試合は終了。湘南が4連勝で3位をキープし、町田は3連敗となった。 ◆ヴォスクオーレ仙台vsアグレミーナ浜松 ▽今シーズン初勝利を目指す仙台は、2分にFP内野脩麻のゴールで先制すると、6分にはオウンゴールで加点に成功する。しかし後半は流れが変わると、26分にFP田中智基、29分にFP前鈍内マティアスエルナンのゴールで浜松が試合を振り出しに戻す。すると試合終盤、浜松はFP山桐正護のゴールで逆転に成功。試合はそのまま終了を迎え、浜松が逆転勝利を飾った。 ◆DUARIG Fリーグ第7節 ▽7月22日(土) 湘南ベルマーレ 5-1 ペスカドーラ町田 ヴォスクオーレ仙台 2-3 アグレミーナ浜松 ▽8/11(金) 《15:00》 シュライカー大阪vs名古屋オーシャンズ ▽7月21日(金) エスポラーダ北海道 5-6 府中アスレティックFC デウソン神戸 1-1 バサジィ大分 フウガドールすみだ 5-1 バルドラール浦安 2017.07.22 20:45 Sat
twitterfacebook
thumb

後半ゴールラッシュで浦安撃破! すみだは5試合負けなし!《DUARIG Fリーグ》

▽DUARIG Fリーグ2017/2018第7節が21日に開催された。エスポラーダ北海道vs府中アスレティックFCは、5-6で府中が勝利。デウソン神戸vsバサジィ大分は、1-1の引き分けた。フウガドールすみだvsバルドラール浦安は、5-1ですみだが勝利している。 ◆エスポラーダ北海道vs府中アスレティックFC ▽前節の湘南ベルマーレ戦を1-4で落とした北海道と、3連勝中の府中の一戦。試合は13分、FP皆本晃のゴールで府中が先制するも、直後に北海道のFP水上玄太にネットを揺され、試合を振り出しに戻される。それでも府中はFP渡邉知晃が16分、18分と立て続けにゴール。後半に入っても攻勢を続ける府中は28分にFP柴田祐輔、29分にFP皆本晃、33分にもFP渡邉知晃が追加点を挙げ、6-1と北海道を引き離した。ところが、ここから北海道がホームの意地。FP水上玄太が35分、36分にゴールに突き刺すと、38分にはFP酒井遼太郎が押し込む。さらに、39分のFP水上玄太のゴールで1点差まで詰め寄ったが、あと一歩及ばず。府中が4連勝を飾った。 ◆デウソン神戸vsバサジィ大分 ▽6試合未勝利の神戸と、4試合白星がない大分の一戦。試合は序盤、ホームの神戸が攻勢に出る。3分にFP稲田瑞穂のミドルシュートがポストに嫌われてしまうと、大分が先制。18分、FP田村研人が左サイドからゴールに突き刺した。そのまま試合を折り返すと後半、両者の攻撃に激しさが増す。迎えた28分、神戸がカウンターからFP森洸が身体ごと押し込み、試合を振り出しに戻した。その後も互いにチャンスを迎えるも、決めきることができず、そのまま試合終了。勝ち星に恵まれない両者の一戦は、1-1の引き分けに終わった。 ◆フウガドールすみだvsバルドラール浦安<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fnews20170721_1_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽4試合負けなしのすみだと、前節のシュライカー大阪戦を1-3で敗れた浦安の一戦。試合は11分、すみだがFP渡井博之のゴールで先制する。対する浦安も13分にFPディドゥダがネットを揺らして、同点に追いつく。追加点が生まれないまま迎えた後半、ホームのすみだが一気に浦安を攻め立てる。26分にFP清水和也、27分にFP丹羽脩人がゴールに叩き込み、3-1と浦安を引き離す。苦しい展開を強いられる浦安は終盤、パワープレーを開始。しかし、すみだがこれを逆手に取り、38分にFP岡山和馬とFP渡井博之が立て続けにパワープレー返しを決めて、試合を決定づけた。そのまま試合は終了し、5-1で勝利したすみだが勝ち点3を獲得した。 ◆DUARIG Fリーグ第7節 ▽7月21日(金) エスポラーダ北海道 5-6 府中アスレティックFC デウソン神戸 1-1 バサジィ大分 フウガドールすみだ 5-1 バルドラール浦安 ▽7月22日(土) 《14:00》 湘南ベルマーレvsペスカドーラ町田 《15:00》 ヴォスクオーレ仙台vsアグレミーナ浜松 2017.07.22 00:24 Sat
twitterfacebook
thumb

AFCフットサルクラブ選手権に臨む大阪が浦安に勝利!! 名古屋は外国人選手が躍動!!《DUARIG Fリーグ》

▽15日にDUARIG Fリーグ2017/2018第8節の2試合が行われた。 ▽今月20日にAFCフットサルクラブ選手権にシュライカー大阪が出場するために前倒しで2試合が開催された。岸和田市総合体育館で行われた大阪・神戸共同開催の第1試合、大阪vsバルドラール浦安は3-1で大阪が勝利。第2試合のデウソン神戸vs名古屋オーシャンズは ◆シュライカー大阪vsバルドラール浦安 ▽試合は7分に芝野創太のゴールでホームの大阪が先制すると、直後の8分にもFPアルトゥールがネットを揺らす。そのまま試合を折り返すと、後半開始早々の21分にFPヴィニシウスが追加点を奪った。浦安は29分からFP中島孝をGKに置いたパワープレーに移行。すると36分にFP星翔太が一矢報いるが反撃もここまで。大阪が逃げ切り、勝利でAFCフットサルクラブ選手権に臨むこととなった。 ◆デウソン神戸vs名古屋オーシャンズ ▽試合は開始5分にFPヴァルチーニョが5戦連続ゴールを奪うと、6分にはFPラファもネットを揺らす。さらに7分にはFPルイジーニョも5試合連続得点を奪った。そのまま前半を終えるが。後半も名古屋が得点を重ねる。23分にラファが2点目を奪い、24分にはFP橋本優也がチーム5点目を奪取。神戸はすぐにパワープレーに移行するが、27分にFP星龍太、29分にFP吉川智貴と奪うとさらに3ゴールを追加し、10-0と大勝した。 2017.07.15 19:08 Sat
twitterfacebook
thumb

仙台下した浦安が今季初勝利! 浜松撃破の府中と北海道に逆転勝利の湘南が3連勝《DUARIG Fリーグ-AbemaTVシリーズ-》

▽9日に浦安市総合体育館で、DUARIG Fリーグ2017/2018第6節の3試合が行われた。 ▽今シーズンから初の試みとなる6クラブ共同開催。浦安市総合体育館ではAbemaTVシリーズとしてバルドラール浦安、府中アスレティックFC、湘南ベルマーレ、エスポラーダ北海道、ヴォスクオーレ仙台、アグレミーナ浜松が終結した。 ▽第1試合の浜松vs府中は2-3で府中が勝利。第2試合の湘南vs北海道は4-1で湘南が 、第3試合の浦安vs仙台は5-4で浦安が勝利している。 ◆アグレミーナ浜松vs府中アスレティックFC<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fnews20170709_15_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽前節のエスポラーダ北海道戦を1-2で落としたアグレミーナ浜松と、ヴォスクオーレ仙台戦を6-0で勝利した府中アスレティックFCの試合は4分、府中がFP渡邉知晃のゴールで先制する。さらに府中は19分、第2PKを獲得し、キッカーのFP渡邉知晃がきっちりと決めて、2-0で府中がリードして試合を折り返す。2点を追う浜松は後半、攻勢に転じる。23分にFP岡野健が一点を返すと、29分に中村友亮がネットを揺らして浜松が当店に追いつく。しかし、府中は35分、皆本が強烈なFKを突き刺して、勝ち越しに成功。このゴールを守り切った府中が3連勝を飾った。 ◆湘南ベルマーレvsエスポラーダ北海道<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fnews20170709_16_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽前節のバルドラール浦安戦を3-2で勝利した湘南ベルマーレと、アグレミーナ浜松戦を2-1で勝利したエスポラーダ北海道の試合は10分、FP水上玄太がネットを揺らして北海道が先攻する。迎えた後半、猛攻を仕掛ける湘南は26分、FP鍛代元気がゴールを決めて試合を同点にすると、38分にロドリゴが左足を振り抜いて逆転に成功する。逆転を許した北海道はパワープレーを開始するも、湘南はこれを逆手に取り、40分にGKフィウーザとFP植松晃都がパワープレー返しを決める。結局試合は4-1で湘南が勝利し、連勝を「3」に伸ばしている。 ◆バルドラール浦安vsヴォスクオーレ仙台<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fnews20170709_17_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽前節の湘南ベルマーレ戦を2-3で落としたバルドラール浦安と、府中アスレティックFC戦を0-6で破れたヴォスクオーレ仙台の一戦。今シーズン、未だ勝利が無い両者の試合は、浦安がFP加藤竜馬のゴールで先制し、さらに10分にもFP永島俊が追加点を記録する。しかし、仙台も反撃。14分にFPマルロン、19分にFP永野雅也がネットを揺らして前半のうちに試合を振り出しに戻す。迎えた後半、浦安がホームの意地を見せる。22分にFP加藤竜馬、24分にFPディドゥダ、28分にFP野村啓介が立て続けにゴールを挙げて、試合を5-2にする。それでも仙台は36分、FP内野脩麻が決めると、38分にFPアレックスが叩き込み、1点差に詰め寄る。しかし、反撃はここまで。浦安が今シーズンリーグ戦初勝利を手に入れた。 ◆DUARIG Fリーグ-AbemaTVシリーズ- ▽7月9日(日) アグレミーナ浜松 2-3 府中アスレティックFC 湘南ベルマーレ 4-1 エスポラーダ北海道 バルドラール浦安 5-4 ヴォスクオーレ仙台 ▽7月8日(土) ヴォスクオーレ仙台 0-6 府中アスレティックFC アグレミーナ浜松 1-2 エスポラーダ北海道 バルドラール浦安 2-3 湘南ベルマーレ 2017.07.09 22:36 Sun
twitterfacebook
thumb

名古屋の新外国人選手躍動で町田に8発快勝! すみだは神戸とドロー、大阪は大分に快勝《DUARIG Fリーグ-J SPORTSシリーズ-》

▽9日に墨田区総合体育館で、DUARIG Fリーグ2017/2018第6節の3試合が行われた。 ▽第1試合のバサジィ大分vsシュライカー大阪は3-8で大阪が勝利し、第2試合のペスカドーラ町田vs名古屋オーシャンズは8-0で名古屋が勝利した。第3試合のフウガドールすみだvsデウソン神戸は、3-3のドローに終わっている。 ◆バサジィ大分vsシュライカー大阪 ▽前日の試合で名古屋に引き分けた大分と、神戸と引き分けた大阪の一戦は立ち上がりから大阪のゴールラッシュとなる。2分にFP芝野創太が古巣を相手に先制ゴールを奪うと、その後も得点を重ねて、大阪が6-0と大分を突き放して試合を折り返す。後半に入ると大分も25分にFP森村孝志がゴールを奪うも、芝野のハットトリックもあり大阪が8-3と大勝した。 ◆ペスカドーラ町田vs名古屋オーシャンズ<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170709_15_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽すみだとの東京ダービーに敗れた町田と、大分と引き分けに終わった名古屋の一戦は、ワンサイドゲームとなった。3分にFP西谷良介のゴールで名古屋が先制すると、6分にFPルイジーニョが加点。7分のFP齋藤功一のゴールを挟んで、14分にはFPヴァルチーニョがネットを揺らす。ルイジーニョとヴァルチーニョは揃ってFリーグデビューして以来4試合連続でのアベック弾となった。その後も名古屋は得点を重ねると、終わってみればヴァルチーニョが4ゴールを奪う活躍を見せ、町田に8-0と大勝した。 ◆フウガドールすみだvsデウソン神戸<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170709_26_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽町田との東京ダービーに勝利したすみだと、大阪との関西ダービーをドローで終えた神戸が対戦した。試合は11分にFP稲田みずほのゴールで神戸が先行する。しかし隅田も15分にFP宮崎暁のゴールで同点とすると、16分には丹羽脩人、20分に清水和也がゴールを奪い逆転で後半を迎えた。後半はスコアが動かない展開となるも、終盤に神戸がパワープレーを仕掛けると、34分と37分に森洸が連続でゴールを奪い神戸が追いつく。すみだは試合終盤にパワープレーに出るが、勝ち越しゴールは生まれずに試合は終了。勝ち点1を分け合う結果に終わった。 ◆DUARIG Fリーグ-J SPORTSシリーズ- ▽7月9日(日) バサジィ大分 3-8 シュライカー大阪 ペスカドーラ町田 0-8 名古屋オーシャンズ フウガドールすみだ 3-3 デウソン神戸 ▽7月8日(土) バサジィ大分 3-3 名古屋オーシャンズ デウソン神戸 4-4 シュライカー大阪 フウガドールすみだ 4-1 ペスカドーラ町田 2017.07.09 19:50 Sun
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース