フットサルメディアによる「フットサル大賞2016-2017」が開催! 大賞は大阪のアルトゥールが受賞!2017.05.11 12:00 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽日本フットサル最高峰のリーグ「Fリーグ」の開幕から10年が過ぎた今、メディアが選考する、“日本フットサルのバロンドール”が創設された。国内の6つのフットサルメディアが中心となって議論を交わし、国外で活動する日本人を含めて、国内フットサルプレーヤーおよび指導者などを表彰するアワード、「フットサル大賞」を実施。2016-2017シーズンを振り返りながら、最優秀選手賞やベスト5など、あらゆる受賞者が決定した。

▽Fリーグを頂点にする日本フットサルは、2007年のFリーグ創設から10年が経過した今、まだ“メジャースポーツ”になったとは言えないものの、「するスポーツ」、「観るスポーツ」として、より多くの人の興味や関心を誘い、決して少なくない発展を遂げてきた。

▽そうした中、特に「観るスポーツ」の観点から、日頃よりフットサルの取材を続けるメディアが、選手、監督のプレーや采配、そしてクラブの活動などを評価し、表彰するアワード、「フットサル大賞」を創設した。そして、審査を担当した国内の6つのフットサルメディアが、2016-2017シーズンを振り返りながら議論を交わし、最優秀選手賞やベスト5など、あらゆる賞の受賞者が決定した。

▽シーズンを通して、もっとも優れた人物に送られる「マン・オブ・ザ・シーズン」は、満場一致でシュライカー大阪のアルトゥールが受賞。リーグ初制覇、全日本選手権優勝の2冠を達成したクラブにおいて、攻守のキーマンとして長時間ピッチでプレーし、申し分ない結果とインパクトを残した。Fリーグの年間MVPは小曽戸允哉に譲っていたものの、誰の目にも明らかな貢献度が、受賞の決定打となった。

▽そのほか、単純な結果や成績だけにとらわれず、「なぜ、その賞にふさわしいのか」が徹底的に議論された結果、今回のアワードによって、「ベスト5」、「ブレイク賞」、「ベスト監督賞」、さらに特別賞として、メディアならではの視点が加わった「未来賞」、「広報活動賞」、「がっかり賞」といった賞が決定した。

▽なお、「フットサル大賞2016-2017」選考審査の詳しい内容は、今後、各メディアでも発信されていく。今回決定した各賞は以下の通り。

フットサル大賞2016-2017
【選考対象期間】
2016年4月1日(金)〜2017年3月31日(金)

【選考対象者】
国外で活動する日本人を含む、国内選手および指導者、スタッフなど

【選考審査参加媒体】
菊地芳樹(ストライカーDX) ※審査委員長
太田武志(フットサルナビ)
河合拓(futsalX)
川嶋正隆(超ワールドサッカー)
軍記ひろし(futsalgraphic)
本田好伸(futsalEDGE)

【表彰】※所属クラブは2016-2017シーズン
マン・オブ・ザ・シーズン
アルトゥール(シュライカー大阪)

ベスト5
(C)CWS Brains,LTD.
アルトゥール(シュライカー大阪)
チアゴ(シュライカー大阪)
中井健介(ペスカドーラ町田)
星龍太(名古屋オーシャンズ)
西谷良介(フウガドールすみだ)

ベスト監督賞
(C)CWS Brains,LTD.
木暮賢一郎(シュライカー大阪)

ブレイク賞
(C)CWS Brains,LTD.
加藤未渚実(シュライカー大阪)

特別賞(広報活動賞)
小曽戸允哉(シュライカー大阪)

特別賞(未来賞)
Fリーグ育成組織の選手

特別賞(がっかり賞)
フットサル日本代表

コメント

関連ニュース

thumb

北海道が連敗を「5」でストップ! 6発大勝で浜松撃破《DUARIG Fリーグ》

▽18日にDUARIG Fリーグ2017/2018第16節のアグレミーナ浜松vsエスポラーダ北海道が浜松アリーナで行われ、6-3で北海道が勝利した。 ▽前節敗れて3連敗中の浜松と、5連敗中の北海道の一戦。試合は9分、アウェイの北海道が右サイドからのキックインをうまく合わせたFP水上玄太のゴールで先制する。 ▽追いかける立場となったホームの浜松は攻勢を強めて反撃に出る。すると15分、コーナーキックをボックス中央のFP山桐正護が押し込んだ。 ▽試合を振り出しに戻された北海道だったが、すぐさま応戦。16分、キックインからの味方のシュートをFP水上玄太がファーサイドで合わせた。 ▽2-1で試合を折り返すとリードしている北海道が浜松を一気に畳みかける。21分にコーナーキックからオウンゴールを誘発すると、直後にもFP 十川祐樹が追加点を奪う。さらに26分にもカウンターから最後はFP鈴木裕太郎が押し込んでリードを4点に広げる。 ▽終盤に差し掛かるとこのままでは終われない浜松はパワープレーを開始。しかし、その気持ちとは裏腹に北海道のFP田辺陸にパワープレー返しを決められてしまう。 ▽その後も浜松はパワープレーを継続。すると40分にFPフィネオ・アラウージョ、終了間際にもFP中村友亮がゴールを奪って試合を3-6にするが、反撃はここまで。6ゴールで浜松を退けた北海道が連敗を「5」でストップさせた。 2017.09.18 16:58 Mon
twitterfacebook
thumb

1点差を死守した町田が9戦無敗! 湘南は怒涛の反撃も大徳のホームラストマッチを白星で飾れず《DUARIG Fリーグ》

▽17日にDUARIG Fリーグ2017/2018第16節の3試合が行われた。ヴォスクオーレ仙台vs府中アスレティックFCは、6-0で府中が勝利した。名古屋オーシャンズvsバサジィ大分は、5-0で名古屋が勝利。湘南ベルマーレvsペスカドーラ町田は、3-2で町田が勝利している。 ◆ヴォスクオーレ仙台vs府中アスレティックFC ▽試合は序盤から府中が攻勢に出る。すると15分に府中がFP上福元俊哉のゴールで先制する。19分にもFP柴田祐輔が追加点を奪った府中は後半、24分に得点ランク首位を走るFP渡邉知晃が、32分にはFP宮田義人がゴールネットを揺らして試合を4-0にする。終盤にもFP皆本晃、FP岡山洋介が得点を追加した府中は仙台を寄せ付けず、6-0で4連勝を飾った。 ◆名古屋オーシャンズvsバサジィ大分 ▽試合は立ち上がりから首位を走る名古屋がペースを握り、5分にFP吉川智貴が先制点を奪う。その後は1-0で試合が進んで迎えた後半、名古屋が攻勢を強める。26分にFP西谷良介のゴールを皮切りに29分にはFPラファが、直後の30分にはFPルイジーニョが追加点を奪って、一気に試合を決定づける。終盤にもFPヴァルチーニョがゴールを奪った名古屋は、大分を5-0で一蹴し、2試合ぶりの白星を飾った。 ◆湘南ベルマーレvsペスカドーラ町田 ▽今シーズン2回目の境川決戦となった一戦は、アウェイの町田が開始から攻勢に出る。すると5分、FP森岡薫のゴールで町田が先制する。幸先良いスタートを切った町田は15分にはFP中村充、16分にはFP森岡薫が立て続けにゴールへ叩き込み、前半だけで試合を3-0にする。それでも、9月14日に退団を発表したFP大徳政博の最後のホームゲームを勝利で飾りたい湘南は、後半猛攻に出る。すると26分にFP本田真琉虎洲、直後にFP高溝黎磨が連続でゴールを決めて、1点差まで詰め寄る。しかし、その後も最後まで町田を押し込んだ湘南だったが、同点ゴールは生まれず、そのまま試合終了。3-2で湘南に競り勝った町田は9試合負けなしとなった。 2017.09.17 21:50 Sun
twitterfacebook
thumb

好調・すみだの連勝を「6」でストップ! 3ゴールで競り勝った浦安が連勝を飾る《DUARIG Fリーグ》

▽16日にDUARIG Fリーグ2017/2018第16節の2試合が行われた。 ▽シュライカー大阪vsデウソン神戸の“関西ダービー”は5-4と打ち合いの末に大阪が勝利。バルドラール浦安vsフウガドールすみだの“関東ダービー”は3-1で浦安が勝利している。 ◆シュライカー大阪vsデウソン神戸 ▽岸和田市総合体育館で行われた今季2度目の“関西ダービー”は、1分にFP相井忍、4分にFKからFPアルトゥールがネットを揺らすなど、大阪が先行する。しかし神戸も前半終了間際にFP川那部遼が1点を返した。後半もお互いに点を奪い合い、1点ずつを加えて迎えた24分に森洸のゴールで神戸が3-3と同点にする。さらに31分、FP稲田瑞穂が逆転ゴールを奪った。ところが大阪もすぐさま反撃に移ると、35分にFP佐藤亮が同点ゴールを奪取。すると37分にはFPヴィニシウスが勝ち越しゴールを奪い、スコアは5-4となる。終盤は神戸が猛攻を見せるが及ばず。白熱の関西ダービーは大阪に軍配が上がった。 ◆バルドラール浦安vsフウガドールすみだ<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fnews20170916_50_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽浦安市総合体育館で行われた関東ダービーは、立ち上がりからホームの浦安が日本代表に招集されているGK矢澤大夢、FP田村佳翔、FP清水和也といった一部主力選手を欠くすみだを押し込む展開となる。すると16分、左CKをボックス手前右で受けたFP野村啓介がゴールネットに突き刺して浦安が先制する。1-0で試合を折り返すと、浦安が30分にFPディドゥダが強烈なFKを叩き込んですみだを引き離す。しかし、すみだは直後、PKを獲得。これをFP大薗諒がきっちりと決めて1点差に詰め寄る。それでも終盤の38分、FP野村啓介がこの日2点目となるダメ押しゴールを決めて試合終了。3ゴールを奪った浦安が連勝を飾ってすみだの連勝を「6」でストップさせた。 2017.09.16 23:30 Sat
twitterfacebook
thumb

浦安が4試合ぶり白星! 加藤の終盤2発で大分に逆転勝利《DUARIG Fリーグ》

▽10日にDUARIG Fリーグ2017/2018第15節のバサジィ大分vsバルドラール浦安が行われ、2-1で浦安が勝利した。 ▽前節のシュライカー大阪戦を4-4で引き分けた大分と、前節の名古屋オーシャンズ戦を0-6で大敗し、3試合白星がない浦安が激突した。試合は立ち上がりからアウェイの浦安がFP荒牧太郎のシュートから立て続けにゴールを脅かす。 ▽前半終盤にも浦安が攻勢を強めて先制点を狙うが、ゴールは生まれずゴールレスで試合を折り返す。 ▽試合が動いたのは後半終盤の36分、FP仁部屋和弘がドリブル突破からGKとの一対一を制し、ホームの大分が先制点を奪う。 ▽先制を許した浦安は直後、パワープレーを開始する。すると迎えた39分、加藤が同点ゴールを記録。さらに試合終了4秒、再びFP加藤竜馬がゴールネットを揺らし、浦安が逆転に成功する。 ▽そのまま試合は終了。浦安が終盤の2ゴールで4試合ぶりの白星を飾った。 2017.09.10 15:52 Sun
twitterfacebook
thumb

府中が首位・名古屋に競り勝ち3連勝! 2位・すみだは6連勝で名古屋との勝ち点差「4」に縮める《DUARIG Fリーグ》

▽9日にDUARIG Fリーグ2017/2018第15節の3試合が行われた。府中アスレティックFCvs名古屋オーシャンズは、4-3で府中が勝利した。ペスカドーラ町田vsヴォスクオーレ仙台は4-0で町田が、フウガドールすみだvsアグレミーナ浜松は4-2ですみだが勝利している。 ◆府中アスレティックFCvs名古屋オーシャンズ<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fnews20170909_50_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽試合は12分、府中がFP関尚登のゴールで先制する。しかし、首位・名古屋も13分にFPルイジーニョが決めて試合を振り出しに戻した。1-1で迎えた後半、府中が26分にFP柴田祐輔が勝ち越しゴールを奪取。さらに府中は終盤、36分にFP渡邉知晃、37分にFP皆本晃が立て続けに得点を追加し、4-1にして試合を決定づけた。しかし、名古屋も意地を見せる。40分にFPラファが1点を返すと、試合終了間際にFPルイジーニョが1点差に詰め寄るゴールを奪ったが、反撃はここまで。府中が4発で首位・名古屋を下して3連勝を飾った。 ◆ペスカドーラ町田vsヴォスクオーレ仙台<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fnews20170909_50_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽試合は序盤から勢いを持って入る町田が10分、FPダニエル・サカイのゴールで先制する。さらに直後の11分にもセットプレーからFP原辰介が追加点を奪うと、18分にもFP金山友紀がゴールネトを揺らして前半だけで試合を3-0にする。苦しい前半を強いられた仙台はFPノエを中心に攻勢を強めるが、得点が奪えないまま試合は終盤を迎える。すると仙台の攻撃に耐え続けた町田が40分にFP金山友紀のこの日2点目となるゴールでダメ押し。4-0で町田が仙台に快勝した。 ◆フウガドールすみだvsアグレミーナ浜松<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fnews20170909_50_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽試合は序盤、互いにペースを握る時間帯があった中、ホームのすみだがFP清水和也のゴールで先制する。しかし、アウェイの浜松も16分にFP前鈍内マティアスエルナンがゴールに突き刺して試合を同点に。追いつかれたすみだだったが18分、FP宮崎曉が勝ち越しゴールを奪い、2-1で試合を折り返す。後半に入って攻勢を強めるすみだは25分、FP諸江剣語が最終ラインから左足を振り抜いて浜松を引き離す。しかし、すみだは28分、追加点を奪ったFP諸江剣語の不用意なミスを浜松のFP中村友亮に狙われてしまい、再び1点差となる。それでもすみだは32分、自陣中央から放たれた浜松のGK鈴木陽太のミドルシュートをGK矢澤大夢が弾くと、こぼれ球に反応したFP渡井博之が自陣ボックス内から豪快なパワープレー返しを決めて浜松にトドメ。4-2で競り勝った2位・すみだが6連勝を飾り、同日敗れた首位・名古屋との勝ち点差を「4」に縮めた。 2017.09.09 22:10 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース