ベンフィカがセルジオ・コンセイソンの息子であるU-17ポルトガル代表FWロドリゴ・コンセイソンとプロ契約2017.05.11 10:31 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ベンフィカは9日、U-17ポルトガル代表FWロドリゴ・コンセイソン(17)とのプロ契約締結を発表した。

▽2015年1月にボアビスタの下部組織からベンフィカに加入したロドリゴ・コンセイソンは、かつてポルトやラツィオ、インテルなど複数クラブで活躍し、ポルトガル代表としても一時代を築いた現ナント指揮官のセルジオ・コンセイソン監督の息子。ポジションも父と同じウイングを務めている。

▽U-16、U-17と世代別のポルトガル代表を経験しており、将来の有望株。今年行われたU-17アルガルベカップでは優勝を果たしたメンバーの1人だった。

▽当面はベンフィカU-17でプレーすることになるが、多くの有望な若手選手を抱えているベンフィカだけに、トップデビューもそう遠くはないかもしれない。

コメント

関連ニュース

thumb

ベンフィカの“NEXTディ・マリア”はユナイテッドではなくライプツィヒへ?

▽先日にマンチェスター・ユナイテッド行きが報じられたベンフィカの“NEXTディ・マリア”だが、新天地はRBライプツィヒとなるかもしれない。ポルトガル『A bola』が伝えている。 ▽ポルトガル『Record』は先日、ユナイテッドがベンフィカU-19に所属するU-17ポルトガル代表FWウマロ・エンバロ(16)の獲得で合意に至ったと報道。だが、後にベンフィカのルイス・フィリペ・ヴィエイラ会長は、『A bola』でこの報道を真っ向から否定していた。 ▽そのエンバロの去就に関して『A bola』は、ドイツ『ビルト』のレポートを引用し、ライプツィヒが新天地候補の最右翼に躍り出たと伝えている。 ▽以前から若手有望株の獲得に関して大枚を叩いてきたライプツィヒは、ユナイテッドが500万ポンド(約7億4000万円)を掲示したといわれるエンバロに対して、1300万ユーロ(約17億4000万円)の巨額オファーを準備しているようだ。 ▽現時点でベンフィカがこのオファーを受け入れるかは不明だが、移籍が成立する可能性は高いようだ。 ▽ギニア出身のエンバロは、優れた身体能力に加え、高精度の左足を武器とする左ウイングで、現地では過去に在籍していたアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリア(現パリ・サンジェルマン)と比較されるほどの有望株。ベンフィカU-19では12試合の出場で5ゴールを記録し、U-17ポルトガル代表では18試合で15ゴールを挙げる活躍をみせている。 2017.11.15 01:29 Wed
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、ベンフィカから“NEXTディ・マリア”獲得で合意!

▽マンチェスター・ユナイテッドが、ベンフィカから“NEXTディ・マリア”獲得で合意に至ったようだ。ポルトガル『Record』が伝えている。 ▽『Record』の伝えるところによれば、今回ユナイテッドが獲得合意にこぎ着けたのは、ベンフィカU-19に所属するU-17ポルトガル代表FWウマロ・エンバロ(16)という左利きの逸材ウイングだという。 ▽ギニア出身のエンバロは、優れた身体能力に加え、高精度の左足を武器とする左ウイングで、現地では過去に在籍していたアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリア(現パリ・サンジェルマン)と比較されるほどの有望株だ。 ▽そのエンバロには、レアル・マドリーも獲得に関心を示していたといわれるが、エンバロ獲得に強い意欲を見せたユナイテッドが、500万ポンド(約7億4000万円)という高額なオファーを掲示し、ベンフィカとの合意にこぎ着けたようだ。 ▽なお、エンバロは移籍の手続きが完了次第、ユナイテッドのアカデミーに在籍することになるようだ。 2017.11.10 00:07 Fri
twitterfacebook
thumb

CL最年少出場GKスヴィラールがセルビア代表選択へ! ロシアW杯で最年少出場GKの可能性も

▽ベンフィカに所属するGKミル・スヴィラール(18)が、来年3月のインターナショナルウィークにセルビア代表のフル代表に招集されるようだ。ポルトガル『A bola』が伝えている。 ▽アンデルレヒトの下部組織出身のスヴィラールは、今年8月にベンフィカへ加入。今夏マンチェスター・シティへ移籍した昨シーズンの正GKであるブラジル代表GKエデルソンの背番号1を背負う期待の若手は、先月14日に行われたタッサ・デ・ポルトガル3回戦のオリャネンセ戦でトップチームデビューを果たした。 ▽さらに、同月19日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループA第3節のマンチェスター・ユナイテッド戦では、18歳と52日でCLデビューを果たし、ポルト所属の元スペイン代表GKイケル・カシージャスがレアル・マドリー時代に打ち立てた18歳と118日のGK最年少出場記録を更新した。 ▽そのCLの舞台では、2試合連続で不運な形で失点に絡んだ一方、PKストップや幾つかの好守を披露するなど、巨大なポテンシャルの片鱗を披露したスヴィラールは、生まれ故郷のベルギーとルーツがあるセルビアの二重国籍を持っている。アンダー年代ではベルギー代表としてプレーしていたが、フル代表は自身のルーツがあるセルビア代表を選択する見込みだ。 ▽セルビアサッカー協会は、11月のインターナショナルウィークでの招集を考えていたものの、ベルギーサッカー協会との折衝がうまく運ばなかったため、来年3月のインターナショナルウィークでスヴィラールを招集することになる。 ▽なお、すでにロシア・ワールドカップ本大会出場を決めているセルビアでは、通算76キャップのベテランGKウラジミール・ストイコビッチが守護神を務めているものの、ベンフィカでの成長次第でスヴィラールが出場機会を得る可能性は十分にある。 ▽現在、W杯本大会出場の可能性があるイタリア代表のGKジャンルイジ・ドンナルンマより半年ほど若いスヴィラールは、仮にW杯で出場のチャンスを得れば、CLに続いて最年少出場GKとなる。 2017.11.07 14:48 Tue
twitterfacebook
thumb

マティッチのOG誘発ミドルとPKでベンフィカを退けたユナイテッドが4連勝でGS突破《CL》

▽マンチェスター・ユナイテッドは10月31日にチャンピオンズリーグ(CL)・グループA第4節でベンフィカをオールド・トラフォードに迎え、2-0で勝利した。この結果、4連勝としたユナイテッドがグループステージを突破している。 ▽前節ベンフィカ戦を1-0と辛勝して3連勝とした首位ユナイテッド(勝ち点9)は、1-0と勝利した直近のトッテナム戦のスタメンから大幅に6選手を変更。ラッシュフォードやムヒタリャン、バレンシアらに代えてマルシャルやマタ、マクトミネイらがスタメンとなった。 ▽3位ベンフィカ(勝ち点3)に対し、1トップにルカク、2列目に右からリンガード、マタ、マルシャルと並べる[4-2-3-1]を採用したユナイテッドが、立ち上がりから押し込む流れとすると、14分にマルシャルがボックス左に侵入したところで突破を止めにかかってピッチに倒れたドウグラスがハンドを犯し、PKを獲得。しかし、キッカーのマルシャルがゴール左隅に蹴ったシュートはGKスヴィラールのファインセーブに阻まれた。 ▽前節ミスを犯したスヴィラールのPKストップで先制できなかったユナイテッドは、19分にピンチ。左サイドからカットインしたゴンサルベスの強烈なミドルシュートが枠の右上を捉えたが、GKデ・ヘアがビッグセーブで防いだ。 ▽その後も押し込むユナイテッドは31分にルカクが際どいヘディングシュートを浴びせると、45分に均衡を破った。ゴール正面の位置からマティッチの放ったミドルシュートが右ポスト内側に当たって跳ね返ると、GKスヴィラールに当たってゴールに吸い込まれた。 ▽古巣ベンフィカに対するマティッチのオウンゴール誘発ミドルで先制して迎えた後半、ユナイテッドはリンガードに代えてムヒタリアンを投入。 ▽その後半も主導権を握る中、60分にピンチ。ゴンサルベスにボックス内から枠内シュートを打たれたが、GKデ・ヘアが難なくセーブした。 ▽しかし、65分にはバイリーのミスパスから大ピンチ。自陣ボックス内でパスをヒメネスにカットされて打たれたシュートが左ポスト外側に当たって枠の外に外れた。 ▽助かったユナイテッドは70分にムヒタリアンのスルーパスでボックス右に抜け出したルカクがシュートに持ち込むもGKスヴィラールにセーブされる。 ▽そして、マルシャルに代わって投入されたラッシュフォードが77分、ドリブルでボックス左に侵入すると、サマリスに倒されてPKを獲得。これをブリントが決めてユナイテッドが2-0とし、勝負を決定付けた。 ▽4連勝としたユナイテッドが2試合を残してグループステージ突破を決めている。 2017.11.01 07:04 Wed
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ「ルカクはアンタッチャブルな存在」…ここ5試合で無得点のストライカーを擁護

マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、FWロメル・ルカクを&ldquo;アンタッチャブルな存在&rdquo;と称賛した。<br><br>今夏エバートンを離れ、オールド・トラフォードにやって来たルカクは、シーズン開幕からリーグ戦7試合で7得点と好調を続けていた。しかし、ここ5試合ではゴールを奪えておらず、批判の声が挙がっている。<br><br>ベルギー代表のストライカーは最近孤立することも目立ち、調子を落としている。それでも、ポルトガル人指揮官の信頼は揺るぎないようだ。<br><br>チャンピオンズリーグ・ベンフィカ戦前の会見で、モウリーニョ監督は「ロメルはチームの中でアンタッチャブルな存在だ。彼はファンからもっとサポートを受けるべきだ。信じられないくらい素晴らしいプレーを見せている」と批判の的となっているルカクを擁護。<br><br>続けて「サポーターは言いたいことを言える。しかし、私の仕事は選手を守ることだ。ロメルが試合中に何もしていなかったとは思えない。もしそうだと思うのなら(トッテナムDFの)トビー・アルデルヴァイレルトやヤン・フェルトンゲン、エリック・ダイアー、もしくは他のセンターバックに聞いてみればいい」と主張した。<br><br>また、ベンフィカ戦について「選手たちはCSKAモスクワとバーゼルには簡単に勝利できたと感じていたと思うが、ベンフィカ戦は苦しんでいた。ベンフィカは他よりも良いチームだ」と警戒。さらに「ベンフィカ戦よりも他の試合ことを考える人間はここにはいない。ここでは誰も(週末の)チェルシー戦のことを考えていない。誰もがベンフィカとチャンピオンズリーグのことだけを考えている」と意気込みを語っている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.10.31 21:46 Tue
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース