ベンフィカがセルジオ・コンセイソンの息子であるU-17ポルトガル代表FWロドリゴ・コンセイソンとプロ契約2017.05.11 10:31 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ベンフィカは9日、U-17ポルトガル代表FWロドリゴ・コンセイソン(17)とのプロ契約締結を発表した。

▽2015年1月にボアビスタの下部組織からベンフィカに加入したロドリゴ・コンセイソンは、かつてポルトやラツィオ、インテルなど複数クラブで活躍し、ポルトガル代表としても一時代を築いた現ナント指揮官のセルジオ・コンセイソン監督の息子。ポジションも父と同じウイングを務めている。

▽U-16、U-17と世代別のポルトガル代表を経験しており、将来の有望株。今年行われたU-17アルガルベカップでは優勝を果たしたメンバーの1人だった。

▽当面はベンフィカU-17でプレーすることになるが、多くの有望な若手選手を抱えているベンフィカだけに、トップデビューもそう遠くはないかもしれない。

コメント

関連ニュース

thumb

昇格組ウルブスがベンフィカからメキシコ代表FWラウール・ヒメネス獲得!

▽来シーズンからプレミアリーグに昇格するウォルバーハンプトンは12日、ベンフィカからメキシコ代表FWラウール・ヒメネス(27)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ▽母国クラブ・アメリカでキャリアをスタートしたヒメネスは、2014年にアトレティコ・マドリーへ加入。だが、同クラブでは思うように出場機会を得られず、翌年にベンフィカへ完全移籍した。ベンフィカでは在籍3年間で1度もリーグ戦2桁ゴールを記録できなかったものの、準主力としてリーグ連覇に貢献。今季はリーグ戦33試合に出場し6ゴール7アシストの数字を残していた。 ▽一方、メキシコ代表では通算63キャップで13ゴールと目立った数字は残せていないものの、小兵アタッカーの目立つチームの中で190cmの恵まれたサイズを武器に空中戦やポストプレーで存在感を放つ。2012年のロンドン五輪で金メダル獲得にも貢献した偉丈夫は、ロシア・ワールドカップのメンバー入りも果たしている。 2018.06.13 05:30 Wed
twitterfacebook
thumb

ラツィオとベンフィカがジェノアのウルグアイ代表MFに関心か

▽ベンフィカとラツィオがジェノアのウルグアイ代表MFディエゴ・ラクサール(25)の獲得に興味を示しているようだ。イタリア『スカイスポーツ・イタリア』が伝えている。 ▽2015年の夏にインテルからジェノアへレンタル移籍で加入したラクサールは、翌年に完全移籍。ジェノアでは在籍3シーズンで公式戦117試合に出場し、8ゴール12アシストをマーク。今シーズンはセリエAで32試合に出場し、3ゴール3アシストを記録していた。 ▽今回の報道によれば、かねてよりラクサールに興味を示していたラツィオだが、ジェノアが要求する移籍金1500万ユーロ(約19億円)に対し、ラツィオは1000万ユーロ(約13億円)以上の額を提示するつもりはないとのこと。 ▽また、『スカイスポーツ・イタリア』によれば、ステップアップを望んでジェノア退団を決意したラクサールに対し、ベンフィカも関心を示している模様。しかし、ウルグアイ代表としてロシア・ワールドカップ(W杯)での活躍で移籍金を吊り上げたいジェノアは、W杯が終了するまでラクサールについてのクラブ間交渉を行わない方針だという。 2018.06.11 05:49 Mon
twitterfacebook
thumb

ローマやリバプール移籍噂のタリスカが広州恒大へ半年間のレンタル移籍

▽広州恒大は8日、ベンフィカに所属するブラジル代表MFアンデルソン・タリスカ(24)をレンタルで獲得したことを発表した。なお、買い取りオプションが付いているかは明かされていない。 ▽2016年夏にベンフィカからベシクタシュに2年間のレンタルで移籍した攻撃的MFのタリスカは、ロシア・ワールドカップのブラジル代表こそ落選したものの、今シーズンもベシクタシュで主力を張り、公式戦47試合20得点8アシストを記録した。 ▽そのタリスカにはリバプールやローマが移籍先の候補に挙がり、本人は先日、「僕はイタリアでキャリアを続ける。ローマ移籍の条件に目を通した。ここで素晴らしい2年間を過ごしたが、今こそ別れを告げるときだ」と話していたが、一転して中国行きとなった。 2018.06.09 05:10 Sat
twitterfacebook
thumb

ベンフィカ、プーマスからチリ代表FWカスティージョを獲得!

▽ベンフィカは4日、メキシコのプーマス・デ・ラ・UNAMからチリ代表FWニコラス・カスティージョ(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。同選手はメディカルチェック受診後、2023年6月30日までの5年契約にサインする。 ▽母国のウニベルシダ・カトリカでプロキャリアをスタートしたカスティージョは、2014年にクラブ・ブルージュに加入しヨーロッパ初上陸を果たす。この間にマインツやフロジノーネといったクラブへの武者修行を経験し、2017年にプーマスに完全移籍した。179cmとサイズには恵まれていないものの、筋肉質な身体を生かした当たり負けしない強さとシュートセンスを誇るストライカーは、今季のリーグ戦で22試合に出場し12ゴール2アシストの数字を残していた。 ▽また、2013年にデビューしたチリ代表ではここまで通算12試合に出場し1ゴールを記録している。 2018.06.05 15:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ベンフィカのU-21ポルトガル代表MFがMLS参入のロサンゼルスFCへ完全移籍

▽2018シーズンからメジャーリーグ・サッカー(MLS)に参入したロサンゼルスFCは27日、ベンフィカからU-21ポルトガル代表MFアンドレ・オルタ(21)を獲得したことを発表した。クラブ公式サイトが伝えた。 ▽オルタは、ベンフィカの下部組織出身で、ヴィトーリア・セッツバル、ブラガなどでプレー。今シーズンも、レンタル移籍先のブラガでプレーしていた。 ▽今シーズンはポルトガル・プリメイラリーガで15試合に出場し1ゴール6アシストを記録。ヨーロッパリーグにも5試合出場するなど、ブラガでポジションを掴め、来シーズンのベンフィカ復帰も見込まれていた中での移籍となった。 ▽また、世代別のポルトガル代表でプレーし、U-21代表としては4試合に出場している。 ▽ロサンゼルスFCは、今シーズンからMLSに参入。メキシコ代表FWカルロス・ベラや清水エスパルスでもプレーしたカナダ代表DFデヤン・ヤコビッチ、ベルギー代表DFローラン・シマンなどが所属。かつてアメリカ代表やスウォンジーなどを指揮したこともあるボブ・ブラッドリー監督が指揮を執っている。 2018.03.29 10:28 Thu
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース