昨季名古屋を指揮したジュロヴスキー氏がレッドスターの暫定監督に就任2017.05.10 23:16 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レッドスター・ベオグラードは、昨シーズン名古屋グランパスで指揮を執っていたボスコ・ジュロヴスキー氏(55)の暫定監督就任を発表した。

▽ジュロヴスキー氏は、2006年7月から2007年3月までレッドスターでアシスタントコーチを務め、2007年3月から監督に就任。2008年1月から2013年12月まではドラガン・ストイコビッチ監督の下、名古屋アシスタントコーチを務めていた。2014年1月からマケドニア代表監督に就任。2016年7月からは再び名古屋のアシスタントコーチを務めると、小倉隆史監督の解任後監督に就任した。

▽レッドスターは、7日にミオドラグ・ボージョヴィッチ前監督が辞任していた。なお、ジュロヴスキー氏はシーズン終了まで指揮を執る。

コメント

関連ニュース

thumb

ロシアW杯出場決めたのに…豪州のポステコグルー監督が辞任

▽オーストラリアサッカー連盟(FFA)は21日、アンジ・ポステコグルー監督(52)の辞任を発表した。 ▽オーストラリアは先日、ホンジュラス代表とのロシア・ワールドカップ(W杯)大陸間プレーオフ2試合を戦い、2戦合計3-1で4大会連続の本大会出場を決めた。 ▽だが、オーストラリアは首位通過の日本代表と同居したロシアW杯アジア最終予選のグループBを3位。最終的に本大会行きを決めたが、ポステコグルー体制に対する批判的な見方が強まっていた。 ▽なお、現時点で後任に関しては未定。FFAのデビット・ギャロップ最高責任者は「焦ってはいない。まだ時間がある。適切な人物を招へいすることが大切だ」と後任人事について言及している。 2017.11.22 09:30 Wed
twitterfacebook
thumb

モロッコ代表、5大会ぶりのW杯出場に導いた“白い魔術師”と2022年まで契約延長

▽王立モロッコサッカー連盟(FRMF)は21日、エルヴェ・ルナール監督(47)と2022年までの新契約を締結することを発表した。FRMFのフォウジ・レクヤ会長が会見で明かした。 ▽フランス出身のルナール監督は、これまで2012年にザンビア代表、2015年にコートジボワール代表でアフリカネイションズカップ制覇を成し遂げた若き名将だ。故・ブルーノ・メツ氏の代名詞だった“白い魔術師”の異名を受け継ぐルナール監督は、2016年にモロッコ代表監督に就任した。 ▽ロシア・ワールドカップ(W杯)アフリカ予選では自身が過去に率いたコートジボワールやガボン代表、マリ代表と同居した厳しいグループを勝ち抜き、モロッコを5大会ぶり5度目のW杯本大会出場に導いた。 ▽当初、契約交渉の難航によって2018年までとなっていた契約を更新しない見込みだったが、その後の交渉によって2022年までモロッコ代表を率いることになった。 2017.11.22 01:30 Wed
twitterfacebook
thumb

ウディネーゼがオッド氏の新指揮官就任を発表!

▽ウディネーゼは21日、ルイジ・デル・ネーリ監督(67)の後任としてマッシモ・オッド氏(41)の招へいを発表した。 ▽今シーズン、ここまで4勝8敗の14位に低迷していたウディネーゼは、21日に2016年10月からチームを率いていたデル・ネーリ監督の解任を発表した。そして、地元メディアの既報通り、後任監督には元ペスカーラ指揮官のオッド氏が招へいされた。 ▽現役時代にミランやナポリ、ラツィオ、バイエルンなどで活躍したオッド氏は、イタリア代表の一員として2006年のドイツ・ワールドカップ優勝も経験した偉大な右サイドバック。2012年の現役引退後は、2015年から2017年までペスカーラの指揮官を務め、ポゼッションを重視した攻撃的なスタイルで評価を集めていた。 2017.11.21 23:27 Tue
twitterfacebook
thumb

ウディネーゼがデル・ネーリを解任! 後任はオッド氏が有力に

▽ウディネーゼは21日、ルイジ・デル・ネーリ監督(67)を解任したことを発表した。 ▽これまでキエーボやローマ、ユベントスなどを率いてきたデル・ネーリ監督は、2016年10月にジュゼッペ・イアキーニ監督の後任としてウディネーゼの指揮官に就任。開幕7節終了時点で2勝4敗1分けと苦戦が続いていたチームを見事に立て直し、昨シーズンはチームを13位でフィニッシュさせた。 ▽今シーズンは、ここまで4勝8敗の14位とある意味定位置にいたものの、直近のカリアリ戦での0-1の敗戦を受け、クラブは同監督の解任に踏み切った。 ▽なお、イタリア『コッリエレ・デッラ・セーラ』など複数現地メディアは、21日中に元ペスカーラ指揮官のマッシモ・オッド氏(41)の新監督就任の可能性を伝えている。 2017.11.21 22:37 Tue
twitterfacebook
thumb

WBA、ピュリス監督を解任! 17位低迷に守備的スタイルに批判…

▽WBAは20日、トニー・ピュリス監督(59)の解任を発表した。なお、後任人事が決定するまではアシスタントコーチを務めるゲイリー・メグソン氏(58)が暫定指揮官を務める。 ▽これまでストーク・シティやクリスタル・パレスで“残留請負人”として高い評価を受けてきたピュリス監督は、2015年1月に残留争いに巻き込まれていたWBAの新監督に就任。“残留請負人”という評判通り、チームを13位でフィニッシュさせた。また、その後の2シーズンも堅守速攻を武器に、14位と10位でシーズンを締めくくるなど、一定の成果を残していた。 ▽しかし、今シーズンは開幕2連勝を飾るも、以降の10試合で未勝利と極度の不振に陥り、第12節終了時点で2勝6敗4分けの17位に低迷。18日に行われた直近のチェルシー戦での0-4の大敗で4連敗を喫したことを受け、クラブは同監督の解任に踏み切った。 ▽また、昨シーズンに入って中国資本へのクラブ売却が行われたため、スペクタクルに欠けるピュリス監督のスタイルが受け入れられなかったことも、今回の解任に繋がった模様だ。 ▽なお、イギリス『スカイ・スポーツ』はピュリス監督の後任候補として、北アイルランド代表を率いるマイケル・オニール監督や、前エバートン指揮官のロナルド・クーマン氏、昨季限りで監督業引退の意向を示したサム・アラダイス氏などの名前を挙げている。 2017.11.20 22:50 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース