昨季名古屋を指揮したジュロヴスキー氏がレッドスターの暫定監督に就任2017.05.10 23:16 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レッドスター・ベオグラードは、昨シーズン名古屋グランパスで指揮を執っていたボスコ・ジュロヴスキー氏(55)の暫定監督就任を発表した。

▽ジュロヴスキー氏は、2006年7月から2007年3月までレッドスターでアシスタントコーチを務め、2007年3月から監督に就任。2008年1月から2013年12月まではドラガン・ストイコビッチ監督の下、名古屋アシスタントコーチを務めていた。2014年1月からマケドニア代表監督に就任。2016年7月からは再び名古屋のアシスタントコーチを務めると、小倉隆史監督の解任後監督に就任した。

▽レッドスターは、7日にミオドラグ・ボージョヴィッチ前監督が辞任していた。なお、ジュロヴスキー氏はシーズン終了まで指揮を執る。

コメント

関連ニュース

thumb

ウディネーゼ、アッズーリの次代を担う逸材GKメレトと2022年までの新契約締結!

▽ウディネーゼは25日、イタリア代表GKアレックス・メレト(20)と2022年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。 ▽ウディネーゼのプリマヴェーラ出身のメレトは、2015年にトップチームデビュー。10代の頃から将来を嘱望される逸材GKは、昨シーズンにレンタル移籍したセリエBのSPALで正守護神を奪取。出場30試合で26失点と驚異的な安定感を誇ったメレトは、SPALのセリエB優勝の立役者となった。 ▽また、イタリア代表のフル代表では出場機会こそないものの、今年3月に初招集されており、今後はミランのGKジャンルイジ・ドンナルンマと共に、GKジャンルイジ・ブッフォンの後継者としてアッズーリの守護神の座を争うことが期待されている。 2017.07.26 02:50 Wed
twitterfacebook
thumb

リール、次代のセレソン中盤担う逸材MFチアゴ・マイアを獲得! リオ五輪で金メダル獲得に貢献

▽リールは25日、サントスからブラジル代表MFチアゴ・マイア(20)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの5年となる。 ▽これまでチェルシーやパリ・サンジェルマンなど多くのビッグクラブの関心を集めた中、マルセロ・ビエルサ新監督率いる新生リールへの移籍を決めたチアゴ・マイアは、同クラブの公式サイトで新天地での意気込みを語った。 「僕は子供の頃から夢見てきたヨーロッパでのプレーを実現するため、努力を続けてきたんだ。だから、今回このようなチャンスを掴むことができて本当に嬉しいよ。家族との話し合いの中でリールというクラブこそ自分が進化し学び、成長していくのに最適なクラブだと判断したんだ。今日、この場に居られることを嬉しく思っているよ」 ▽2014年にサントスでプロデビューを飾ったチアゴ・マイアは、卓越した戦術眼を生かした守備力と、高精度の左足から繰り出されるパスを武器とする新進気鋭のボランチ。サントスではこれまで公式戦71試合に出場し、4ゴールを挙げていた。 ▽また、リオ・デ・ジャネイロオリンピックでブラジル代表の金メダル獲得に貢献したチアゴ・マイアは、ここまでフル代表でも3試合に出場している。 2017.07.26 02:45 Wed
twitterfacebook
thumb

昇格組ストラスブール、ベティスからMFマルタンを獲得!

▽ストラスブールは25日、ベティスからフランス人MFジョナス・マルタン(27)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2020年6月30日までの3年となる。 ▽モンペリエの下部組織出身のマルタンは、2010年にトップチームデビュー。高水準のテクニックと戦術眼、ダイナミズムを兼ね備えた万能型MFは、アミアンからのレンタル移籍から戻って来た2012-13シーズンより同クラブの主力に定着。その後、昨夏にベティスへ完全移籍で加入していた。 ▽だが、初挑戦のリーガエスパニョーラでは度重なる負傷の影響もあり、リーグ戦20試合出場で2ゴールの成績にとどまり、わずか1年で母国に戻ることになった。 2017.07.26 02:30 Wed
twitterfacebook
thumb

昇格組ブライトン、チェルシーからU-20イングランド代表FWブラウンを獲得!

▽ブライトン&ホーヴ・アルビオンは25日、チェルシーからU-20イングランド代表FWイザイア・ブラウン(20)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ▽WBAでプロデビューを飾ったブラウンは、2013年にチェルシーに完全移籍で加入。2014-15シーズンには同クラブでプレミアデビューを果たすも、その翌シーズンにはフィテッセ、昨シーズンはチャンピオンシップ(イングランド2部)のロザラム、ハダースフィールドへのレンタル移籍を繰り返していた。なお、ハダースフィールドでは公式戦21試合に出場し5ゴールを挙げ、同クラブのプレミアリーグ昇格に貢献していた。 ▽また、セカンドトップを主戦場に2列目の複数ポジションをこなす多彩なアタッカーは、イングランドの世代別代表の常連でもある。 2017.07.26 00:30 Wed
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリーがムバッペ獲得でモナコと基本合意報道、移籍金は史上最高額の234億円

▽スペイン『マルカ』は25日、レアル・マドリーがモナコのフランス代表FWキリアン・ムバッペ(18)の獲得がクラブ間合意に達したと報じている。 ▽年俸は700万ユーロ(約9億1000万円)の6年契約で、移籍金は史上最高額の1億8000万ユーロ(約234億5000万円)。この移籍金は昨夏にマンチェスター・ユナイテッドがフランス代表MFポール・ポグバに投じた1億500万ユーロを大幅に更新する額となっている。ただ、モナコはフランス『Nice Matin』で合意はしていないと主張している。 ▽2013年からモナコでプレーするムバッペは、2015年12月にプロデビュー。爆発的なスピードと圧倒的なスキルを武器に、2016-17シーズンはモナコで公式戦44試合26ゴール14アシストを記録し、チャンピオンズリーグではベスト4、リーグ・アンでは17シーズンぶりの優勝に導いていた。 ▽一躍ブレイクを果たした18歳の超新星には、レアル・マドリーの他、アーセナルやパリ・サンジェルマンなど、錚々たるビッグクラブが獲得に関心を示していた。 2017.07.25 22:56 Tue
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース