インテルがピオリ監督を解任! 3連敗7戦未勝利で今季3度目の指揮官解任…2017.05.10 06:16 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽インテルは9日、ステファノ・ピオリ監督(51)を解任したことを発表した。また、残りのリーグ戦3試合はプリマヴェーラを率いるステファノ・ヴェッキ監督(45)が暫定指揮官として率いることを併せて伝えている。

▽インテルは、先月24日に一部メディアで辞任報道が出ていたピオリ監督の去就に関して、「クラブと経営陣はステファノ・ピオリとそのテクニカル・チームを完全に支援することを確認した。ピオリは難しい時期にインテルに加わったが、昨年11月の監督就任から6ヶ月の間に彼とそのスタッフが成し遂げた業績は特別なものであり、インテルはこれに対して大きな敬意を表している。クラブは外部で流れている噂に惑わされはしない」と異例の声明を発表し、同監督への支持を表明していた。

▽しかし、同声明を発表した後に行われたナポリ戦を日本代表DF長友佑都の痛恨ミスによって0-1で落とすと、先週末に行われたセリエ第35節のジェノア戦では、イタリア代表MFアントニオ・カンドレーバのPK失敗などが響き、不振を極める相手にも0-1で敗戦。

▽リーグ3連敗で7戦未勝利のチームは、現在ヨーロッパリーグ(EL)出場圏内の6位ミランと3ポイント差の7位に低迷しており、来季のEL出場権獲得が危ぶまれている。この成績不振を受けて、クラブ幹部は2週間前に示したピオリ監督への支持を翻意し、解任を決断した。

▽ピオリ監督は昨年11月、成績不振により解任されたフランク・デ・ブール前監督の後任として就任。その後、チームはこれまでのポゼッションスタイルから攻守にハードワークを求めるトランジションスタイルに移行すると、リーグ戦7連勝を飾るなど、一時はヨーロッパリーグ(EL)出場圏内の5位に浮上した。だが、シーズン終盤の急失速により、インテルの指揮官として今季2度目の解任を強いられることになった。

▽なお、今季2度目の暫定監督就任となるヴェッキ監督の下で逆転でのEL出場権獲得を目指すインテルは、残り3節でサッスオーロ、ラツィオ、ウディネーゼと対戦する。

コメント

関連ニュース

thumb

インテル、守護神GKハンダノビッチと契約延長間近か!?

▽インテルに所属するスロベニア代表GKサミル・ハンダノビッチ(33)が契約延長間近に迫っているようだ。 ▽イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』の報道によると、基本的な契約については合意に至っており、細部の確認を残すのみのようだ。なお、現行の契約が2019年までとなっているハンダノビッチに対し、インテルは2021年までの新契約を打診。300ユーロ(約4億円)の年棒を提示してという。 ▽スロベニアの小クラブでキャリアをスタートさせたハンダノビッチは以後、ウディネーゼ、ラツィオなどイタリアの数クラブを渡り歩き、2012年の夏にインテルへ加入。安定感抜群のショットストップを武器とし、在籍5年間で公式戦205試合の出場数を記録。 ▽また、今季も絶対的守護神としてリーグ戦全試合に出場しているハンダノビッチは、2004年の11月にA代表デビューを果たしたスロベニア代表においても、絶対的な守護神として活躍。昨年の11月に代表からの引退を表明するまでに、スロベニア代表として79試合のキャップ数を記録した。 2017.09.23 01:38 Sat
twitterfacebook
thumb

イカルディのPK弾でインテルが辛くもドロー…開幕からの連勝止まる《セリエA》

▽セリエA第5節のボローニャvsインテルが19日に行われ、1-1の引き分けに終わった。日本代表DF長友佑都はフル出場した。 ▽開幕から4連勝と絶好の開幕スタートを切ったインテルが、ここまで1勝1敗1分けで13位のボローニャとのアウェイ戦に臨んだ一戦。2-0で勝利した前節のクロトーネ戦からスタメンを2選手変更したインテルは、ダウベルト・エンリケとガリアルディーニに代えて、長友とヴェシーノを起用した。 ▽5連勝を目指すインテルは、序盤から積極的に攻勢に出るボローニャにチャンスを作られる。9分、左CKの流れから、最後はスルーパスでボックス左の深くに抜け出したヴェルディに狙われるが、これはGKハンダノビッチが右手でファインセーブ。 ▽さらに16分にもインテルにピンチが襲う。GKハンダノビッチのパスを自陣中央でペトコビッチに奪われると、すぐさまゴール前にスルーパスを供給。これに反応したヴェルディがGKとの一対一を迎えるが、わずかに左に逸れ事なきを得た。 ▽前半半ばにかけて徐々に盛り返してきたインテルは25分、左ウイングのペリシッチのドリブルから、こぼれ球を長友がボックス左から狙うが、枠を捉えられず。だが、先制したのは試合開始から攻勢に出ていたホームチームだった。 ▽序盤から再三ゴールチャンスに顔を出していたヴェルディに、遂にインテルはゴールを許してしまう。32分、敵陣中央でドリブルを開始したヴェルディがボックス手前まで侵攻すると、そこから左足一閃。凄まじいスピードのブレ球を前にGKハンダノビッチはなす術がなかった。 ▽1点リードされたまま迎えた後半、早く追いつきたいインテルが好機を演出。59分、カンドレーバの右CKにミランダが頭で合わせるが、GKミランテのセーブに遭う。対するボローニャも66分に追加点を狙いにいく。左サイドからディ・フランチェスコのパスを受けたドンサーがボックス手前左から狙うが枠を捉えることができなかった。 ▽このままボローニャが押し切るかに思われたが76分、インテルが試合を振り出しに戻す。右サイドのカンドレーバからクロスが入ると、ボックス内でエムバイェが転倒した際の手がかかり、エデルが倒されPKを獲得。これをイカルディが沈めて同点に追いついた。 ▽その後は互いに大きなチャンスもなく、このまま試合終了。PKでなんとか1-1に持ち込んだインテルだったが、開幕5連勝とはならなかった。 2017.09.20 05:55 Wed
twitterfacebook
thumb

長友佑都、インテルでの公式戦200試合出場達成を「試合が終わって知ったよ。笑」

▽インテルに所属する日本代表DF長友佑都が、インテルでの公式戦200試合出場を達成した。 ▽16日に行われたセリエA第4節のクロトーネ戦でベンチ入りを果たした長友。ゴールレスのまま試合を折り返すと迎えた64分、長友はダウベルト・エンリケと代わってピッチに立った。その長友は82分、ボックス左付近で相手のファールを誘発。これが先制点のきっかけとなり、シュクリニアルのゴールで均衡を破ったインテルは、後半アディショナルタイム2分にもペリシッチがゴールネットを揺らし、2-0で勝利した。 ▽試合後、公式戦200試合出場を達成した長友はクラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「このユニフォームを着てプレーすることは、僕にとって大変な名誉だ。今後もこのように続けていこう、僕たちは全ての試合に勝ちたい。僕のモチベーションはとても高いし、いつでも試合に出場する準備はできている」 「常に全力を尽くしたいし、常に可能な限りのハードワークをすることは僕の基本姿勢だ。ダウベルト(・エンリケ)もとても良いプレーをしていたし、彼は素晴らしい選手だ。でも重要なのは、僕たちが勝利をホームに持ち帰ることだ」 ▽また、長友は自身のTwitter(@YutoNagatomo5)を更新。公式戦200試合出場を達成していたことを試合後に知ったことを明かしている。 「インテルで200試合出場。試合終わって知ったよ。笑 知らないうちに積み重ねてたんやね。31歳で7年もいたらそれくらいになるのか。ありがとう」 2017.09.17 11:03 Sun
twitterfacebook
thumb

シュクリニアル&ペリシッチ弾でインテルが4連勝! 長友は途中出場でインテル公式戦200試合出場!!《セリエA》

▽インテルは16日、セリエA第4節でクロトーネとアウェイで対戦し、2-0で勝利した。日本代表DF長友佑都は、64分からプレー。この試合で長友はインテルでの公式戦200試合出場を達成した。 ▽開幕3連勝中のインテルは、前節のSPAL戦と同じ先発メンバーを起用。イカルディをワントップに置いた[4-2-3-1]の布陣で、2列目は右からカンドレーバ、ジョアン・マリオ、ペリシッチと並べた。DF長友佑都は前節に続きベンチスタートとなった。 ▽序盤、インテルはクロトーネの集中した守りに苦戦を強いられる。すると9分、最終ラインのミランダが中盤でトネフにボールを奪われるとカウンターを浴びる。しかし、ボックス右からのシュートはGKハンダノビッチが弾き、難を逃れた。 ▽ピンチを凌いだインテルは13分、ダンブロージオのロングパスをボックス右で受けたペリシッチが切り返しからシュート。さらに29分には、中盤でのボール奪取でカウンターを仕掛けると、ペリシッチのラストパスでボックス左に侵入したジョアン・マリオが左足を振り抜くも、シュートは枠の右に外れた。 ▽先制点の遠いインテルは42分にピンチ。自陣バイタルエリアでFKを献上すると、バルベリスのワンタッチからマルテッラが強烈なミドルシュートを放つ。しかし、これはゴール左に外れ、前半はゴールレスで終了した。 ▽迎えた後半、先にチャンスを迎えたのはホームチーム。51分、マンドラゴーラのロングパスに抜け出したトネフがボックス右からシュートを放ったが、これは飛び出したGKハンダノビッチがブロック。 ▽56分、インテルのスパレッティ監督はガリアルディーニを下げてヴェシーノを投入。さらに64分には、ダウベルト・エンリケを下げて長友をピッチに送り出した。しかし、インテルは再びピンチに見舞われる。 ▽68分、左サイドを持ち上がったストイアンのアーリークロスがゴール前でワンバウンドすると、走り込んだローデンがヘディングで流し込む。これはGKハンダノビッチのファインセーブで凌いだ。 ▽肝を冷やしたインテルだったが、迎えた82分についに均衡を破る。ボックス左付近で長友が倒されFKを獲得すると、ジョアン・マリオのクロスをファーサイドのヴェシーノが頭で折り返す。そして、ゴール前の混戦からシュクリニアルが右足でゴール右隅にシュートを流し込んだ。 ▽先制したインテルは、試合終了間際の後半アディショナルタイム2分にもボックス左でパスを受けたペリシッチがコントロールシュートでゴールネットを揺らし、2-0で勝利。クロトーネの堅い守りに苦戦したインテルだが、終盤の2得点で開幕4連勝を飾った。 2017.09.17 00:16 Sun
twitterfacebook
thumb

【セリエA第4節プレビュー】CL明けの3強は格下と対戦、ユーベ、ナポリ、インテルの開幕4連勝は?

▽代表ウィーク明けに行われた前節ではユベントス、ナポリ、インテルが開幕3連勝を飾った。一方でミランがラツィオに1-4と惨敗し、今季初黒星を喫している。迎える第4節、強豪勢は格下との対戦だ。 ▽前節キエーボ戦をディバラの開幕3戦連発弾などで3-0と勝利したユベントスは、日曜日のランチタイムにサッスオーロとのアウェイ戦に臨む。セリエAでは順調に開幕3連勝スタートとしたユベントスだが、火曜日にアウェイで行われたチャンピオンズリーグ(CL)のバルセロナ戦は昨季のリベンジを果たされる形で0-3の完敗に終わった。1分け2敗スタートと勝利のないサッスオーロ相手に、好調を維持するディバラの4戦連発弾でバルセロナ戦の敗戦を払拭できるか。 ▽ボローニャに後半の3発で快勝したナポリは、昇格組のベネヴェントとホームで対戦する。水曜日に敵地で行われたCLシャフタール戦ではメルテンスをベンチスタートとしたことが響いて1-2と敗戦したナポリは、3連敗スタートと厳しい船出となったベネヴェント相手に勝利し、開幕4連勝となるか。 ▽SPALに苦戦しながらもイカルディの3戦連発弾とペリシッチのビューティフルボレー弾などで3連勝としたインテルは、クロトーネとのアウェイ戦に臨む。1分け2敗と苦しいスタートとなった相手を難なく蹴散らし、開幕4連勝となるか。前節、代表戦の影響で欠場した長友は引き続きベンチスタート予想となっている。 ▽前節サンプドリア戦が大雨の影響で延期となったローマは、ヴェローナとのホーム戦に臨む。火曜日にCLアトレティコ・マドリー戦を戦い、GKアリソンの活躍で辛くも0-0の引き分けに持ち込んだローマは、前節フィオレンティーナに0-5と大敗したヴェローナにすっきりと勝利できるか。 ▽ラツィオに惨敗して今季初黒星を喫したミランは、ウディネーゼとのホーム戦に臨む。木曜日に行われたヨーロッパリーグ(EL)のオーストリア・ウィーン戦をアンドレ・シウバのハットトリックなどで5発圧勝としたミランは、前節ジェノア戦で今季初勝利を飾ったウディネーゼからリーグ戦での勝利を取り戻せるか。 ▽最後にインモービレの3ゴール1アシストの活躍でミランを粉砕し、ELフィテッセ戦を好調インモービレのゴールなどで3-2と制したラツィオは、ジェノアとのアウェイ戦に臨む。 ※スタメン予想はイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』参照 ◆セリエA第4節 ▽9/16(土) 《22:00》 クロトーネ vs インテル 《25:00》 フィオレンティーナ vs ボローニャ ▽9/17(日) 《19:30》 サッスオーロ vs ユベントス 《22:00》 SPAL vs カリアリ ミラン vs ウディネーゼ トリノ vs サンプドリア ナポリ vs ベネヴェント 《25:00》 キエーボ vs アタランタ 《27:45》 ローマ vs ヴェローナ ジェノア vs ラツィオ 2017.09.16 18:00 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース