インテルがピオリ監督を解任! 3連敗7戦未勝利で今季3度目の指揮官解任…2017.05.10 06:16 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽インテルは9日、ステファノ・ピオリ監督(51)を解任したことを発表した。また、残りのリーグ戦3試合はプリマヴェーラを率いるステファノ・ヴェッキ監督(45)が暫定指揮官として率いることを併せて伝えている。

▽インテルは、先月24日に一部メディアで辞任報道が出ていたピオリ監督の去就に関して、「クラブと経営陣はステファノ・ピオリとそのテクニカル・チームを完全に支援することを確認した。ピオリは難しい時期にインテルに加わったが、昨年11月の監督就任から6ヶ月の間に彼とそのスタッフが成し遂げた業績は特別なものであり、インテルはこれに対して大きな敬意を表している。クラブは外部で流れている噂に惑わされはしない」と異例の声明を発表し、同監督への支持を表明していた。

▽しかし、同声明を発表した後に行われたナポリ戦を日本代表DF長友佑都の痛恨ミスによって0-1で落とすと、先週末に行われたセリエ第35節のジェノア戦では、イタリア代表MFアントニオ・カンドレーバのPK失敗などが響き、不振を極める相手にも0-1で敗戦。

▽リーグ3連敗で7戦未勝利のチームは、現在ヨーロッパリーグ(EL)出場圏内の6位ミランと3ポイント差の7位に低迷しており、来季のEL出場権獲得が危ぶまれている。この成績不振を受けて、クラブ幹部は2週間前に示したピオリ監督への支持を翻意し、解任を決断した。

▽ピオリ監督は昨年11月、成績不振により解任されたフランク・デ・ブール前監督の後任として就任。その後、チームはこれまでのポゼッションスタイルから攻守にハードワークを求めるトランジションスタイルに移行すると、リーグ戦7連勝を飾るなど、一時はヨーロッパリーグ(EL)出場圏内の5位に浮上した。だが、シーズン終盤の急失速により、インテルの指揮官として今季2度目の解任を強いられることになった。

▽なお、今季2度目の暫定監督就任となるヴェッキ監督の下で逆転でのEL出場権獲得を目指すインテルは、残り3節でサッスオーロ、ラツィオ、ウディネーゼと対戦する。

コメント

関連ニュース

thumb

長友佑都、中国での歓迎ぶりに驚き…インテルに対する熱狂ぶりが高まる理由とは?

インテルに所属する日本代表DF長友佑都が、中国での歓迎ぶりが以前より高まっていると感じているようだ。中国メディア『捜狐』のインタビューで語っている。<br><br>インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)などに参戦しているインテルは現在、中国でプレシーズンを過ごしている。長友は例年以上の盛り上がりを感じているという。<br><br>「到着してから、すぐに影響を感じ取ることができました。中国に来たのは初めてではありませんが、毎回熱意が強くなっているように思います。特に蘇寧グループがインテルを買収してからは、より帰属意識のようなものが強まったのかなと感じますね」<br><br>24日にはICC初戦のリヨン戦を1-0で制したインテル。長友もルチアーノ・スパレッティ新監督のもとで先発出場を果たしている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.07.25 23:05 Tue
twitterfacebook
thumb

ヴィエリが語るC・ロナウドの移籍、親友インザーギ監督、今後のキャリアプランについて…

国内外で活躍した元イタリア代表FWクリスティアン・ヴィエリ氏は今、自身が企画するフットバレー大会「ボボ・サマーカップ」に力を注いでいる。この大会は7月15日から30日にかけてイタリア、アドリア海沿岸のチェルヴィアで行われ、96チームが競い合う。ヴィエリ氏はフットバレーの有用性についてこう話す。<br><br>「今僕はフットバレーの練習をほぼ毎日していて、たまに試合もやっているんだ。サッカーはもう体が持たないから、やっていないよ。一定の年齢を超えたら、元サッカー選手にはフットバレーが1番だね」<br><br>しかし、もちろん今でもサッカーへの関心は薄れていない。今夏の移籍市場において注目の話題には「(クリスティアーノ)ロナウドがもうレアルにいたくないと感じているのなら、移籍しても良いと思う」と、自身の見解を述べた。<br><br>また、話が友人であるヴェネツィアのフィリッポ・インザーギ監督に及ぶと、ヴィエリ氏は自信をもってこう答えた。<br><br>「2016 -17シーズン、ピッポ(フィリッポ・インザーギ)はセリエCのヴェネツィアを指揮して素晴らしいチームを作り上げ、自身が素晴らしい指揮官であることを証明したんだ。実際、リーグ戦と(レーガ・プロの)コッパ・イタリアで優勝しているしね。ミランでの失敗? ミランは難しいチームだから、どんな監督でも苦労するのは仕方ないよ」<br><br>来シーズンのチャンピオンズリーグの行方には、「バルセロナ、レアル、バイエルンのいずれかが優勝するんじゃないかな」と予想。そしてレアルの優勝に終わった昨シーズンのチャンピオンズリーグ決勝については「ユヴェントスが負けた理由は簡単さ。レアルの方が強いからだ」と即答した。<br><br>■今後のキャリアは&hellip;?自身のキャリアについては、中国マネーが多く参入する今のサッカー界と重ね合わせてこう述べた。<br><br>「自分のキャリアで何得点挙げたかは正確には覚えていないけど、300ゴールくらいじゃないかな。でももしその時に中国からオファーがあっても移籍はしないと思いよ。どちらにせよ、僕と代理人との関係はあっさりしたものだったからそんな話題にもならなかったかも。僕から連絡を取ることは1度もなくて、いつも向こうから連絡をもらうような関係だったんだ。だけど、中国のチームが僕に年俸4000-5000万ユーロ(約50-63億円)を提示していたら、イエスと答えていたかもね」<br><br>多くのチームを渡り歩いたヴィエリであるが、今でも「その決断に間違いはなかった」と言い切る。さらには指導者としてのキャリアに興味はないことも示唆している。<br><br>「将来、監督への転身はないと思うよ。だって指導することは本当に難しいことなんだ。24時間、チームについて考えていなければならないからね」<br><br>現役時代は多くのイタリアチームでプレーをし、今でもイタリアでサッカーを楽しむヴィエリ。彼がサッカー界に監督として戻ってくることはくとも、彼なりの方法で今後もサッカーを楽しむことは間違いないだろう。<br><br><br>提供:goal.com 2017.07.24 23:38 Mon
twitterfacebook
thumb

インテル、ヨベティッチ弾でリヨンとの初戦を制す《ICC2017》

▽インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)2017・中国ラウンドのインテルvsリヨンが24日に南京奥林匹克体育中心で行われ、1-0でインテルが勝利した。 ▽今大会初戦となるインテルとリヨンが相まみえた。インテルはGKハンダノビッチ以下、最終ラインにムリージョ、ミランダ、ダンブロージオ、左サイドバックに長友。中盤をガリアルディーニ、ボルハ・バレロ、ジョアン・マリオで構成し、前線は右からカンドレーバ、ピナモンティ、エデルと並べた。対するリヨンはフェキルやデパイ、マリアーノ・ディアスが先発した。 ▽試合序盤はインテルが攻勢に出る。エデルを中心に仕掛け、長友も攻撃に絡んでいく。21分にはジョアン・マリオの右CKにミランダがヘッド。しかし、これは枠をはずれる。 ▽前半の半ばからハーフタイムにかけては一進一退の攻防。リヨンは左サイドからデパイが積極的に仕掛けるも、単発的で決定機をつくるまでには至らない。43分にはバイタルエリア手前からガリアルディーニが強烈なミドルシュートを放ってリヨンゴールを強襲。しかし、これはGKの正面に飛び、先制とはならなかった。 ▽迎えた後半開始、インテルはコンドグビアやガブリエル・バルボサ、ヨベティッチ、そしてマンチェスター・ユナイテッド移籍が噂されるペリシッチなどを投入。長友は前半のみの出場となった。 ▽そのインテルは51分、ボックス左から中に仕掛けたヨベティッチが枠内にシュートに持ち込む。しかし、このシュートはコースが甘く、GKにセーブされる。さらに57分には最終ラインを破ったガブリエル・バルボサがボックス内に侵入してGKと一対一に。DFに寄せられながらもシュートに持ち込んだが、これもGKの好守に遭う。 ▽それでも、74分にはインテルがゴールをこじ開ける。高い位置でボールを奪うと、ボックス右で仕掛けたジョアン・マリオの折り返しを正面のヨベティッチがダイレクトシュート。抑えの利いたコントロールシュートをゴール左に突き刺し、インテルがリードした。 ▽その後、リヨンは反撃に出るもインテルがシャットアウト勝ち。ICC初戦をインテルがモノにしている。 インテル 1-0 リヨン 【インテル】 ヨベティッチ(後29) 2017.07.24 23:04 Mon
twitterfacebook
thumb

インテル、ディ・マリア獲りの“夢”実現か

▽イタリア『カルチョメルカート』は、インテルがパリ・サンジェルマン(PSG)に所属するアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリア(29)の獲得という“夢”を叶えようと本腰を入れていると報じた。 ▽ディ・マリアは、2015年夏にマンチェスター・ユナイテッドからPSGに加入すると、卓越したドリブルスキルで攻撃陣をリードする存在に。しかし、一部メディアが最近、インテルとPSGの交渉を報じるなど、ディ・マリアの去就が騒がしくなりつつある。 ▽そして、『カルチョメルカート』によれば、インテルはディ・マリア獲得という夢を叶えるべく、数週間前からPSGとの会談を継続中。3000万ユーロ(約38億8000万円)に加えて、フランス代表MFジェフリー・コンドグビアを譲渡する準備があるという。 ▽また、『カルチョメルカート』はPSGが現在、アーセナルのチリ代表FWアレクシス・サンチェスと、バルセロナのブラジル代表FWネイマールに接触していると指摘。両者のいずれかがPSG入りする運びとなれば、ディ・マリアはパリから去るとの見解を示している。 2017.07.24 10:00 Mon
twitterfacebook
thumb

ペリシッチの残留は依然として未確定? インテル指揮官、オファー次第で放出の可能性を示唆

▽インテルに所属するルチアーノ・スパレッティ監督が、クロアチア代表MFイバン・ペリシッチ(28)に依然として退団の可能性があることを認めた。イギリス『デイリー・ミラー』が報じている。 ▽今夏、マンチェスター・ユナイテッド行きが取り沙汰されてきたペリシッチ。しかし、インテルは求める金額が支払われない限り、ペリシッチの放出を認めない姿勢を貫いていることから、ユナイテッド移籍が停滞しているところだ。 ▽伝えられるところによれば、インテルの要求額は5000万ポンド(約72億円)。スパレッティ監督は、プレシーズンツアーに帯同するペリシッチの残留を希望しつつも、去就に関して不透明であることを明かした。 「彼は素晴らしい選手だ。彼をキープしたい。しかし、クラブが満足する金額のオファーが届けば、彼はここを離れることになるだろう」 2017.07.24 09:15 Mon
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース