サンテチェンヌ、ガルティエ監督が今季限りで退任! 7年半の長期政権に幕…2017.05.09 23:16 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽サンテチェンヌは9日、クリストフ・ガルティエ監督(50)が今シーズン限りで退任することを発表した。

▽2009年以降、7年半に渡ってサンテチェンヌを率いてきたガルティエ監督は、同クラブの公式サイトで別れのメッセージを送っている。

「7年以上に渡ってサンテチェンヌを率いることは大きな誇りだった。私は監督として成長する機会を与えてくれたクラブに心から感謝している。同様に、クラブとサポーターの価値をよく理解している」

「同様に、会長並びにこの素晴らしい冒険を共有したプレーヤーやスタッフ、すべてに感謝している。そして、幾度も我々が限界を超えることを後押ししてくれたサポーターには心から感謝を述べたい」

▽現役時代にDFとしてマルセイユやリール、トゥールーズで活躍したガルティエ監督は、2004年にアラン・ペラン前監督の副官としてサンテチェンヌのコーチングスタッフ入りを果たした。その後、2009年に成績不振を理由にペラン前監督が解任されると、暫定指揮官として同クラブを1部残留に導いた。

▽その後、正式指揮官に任命されたガルティエ監督は、組織的な守備と鋭いカウンターを特長とする現在のサンテチェンヌのスタイルを築き上げ、同クラブを毎シーズンのようにトップ4を争う競争力のあるクラブに進化させた。そして、2012-13シーズンには32年ぶりのクープ・ドゥ・ラ・リーグ制覇にも導いていた。

コメント

関連ニュース

thumb

鬼才ビエルサが率いるリール、サンテチェンヌDF&サンパウロMFを獲得

▽リールは8日、サンテチェンヌからフランス人DFケヴィン・マルキュイ(25)、サンパウロからブラジル人MFチアゴ・メンデス(25)を獲得したことを発表した。契約期間はいずれも2022年6月30日までの5年となる。 ▽モナコの下部組織出身のマルキュイは、2015年にサンテチェンヌに完全移籍で加入。右サイドバックを主戦場に、右ウイングや左サイドバックもこなすサイドのスペシャリストは、昨シーズンの公式戦34試合に出場し、4アシストを記録していた。 ▽一方、母国のゴイアスでキャリアをスタートしたチアゴ・メンデスは、2015年にサンパウロに完全移籍。機動力と戦術眼を併せ持つ同選手は、守備的MFを主戦場に複数のポジションをカバーするユーティリティ性、要所で見せる精度の高いミドルシュートが最大の特長。サンパウロでは公式戦通算90試合に出場し、5ゴールを挙げていた。 2017.07.09 14:25 Sun
twitterfacebook
thumb

サンテチェンヌ、セルティックからU-21スイス代表DF獲得! 逸材FWディオニーの加入も決定!

▽サンテチェンヌは7日、セルティックからU-21スイス代表DFサイディ・ヤンコ(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2021年6月30日までの4年となる。 ▽2013年にチューリッヒのユースからマンチェスター・ユナイテッドに加入したヤンコは、2014年に行われたリーグカップでトップチームデビュー。だが、その後は出場機会を得ることができず、2015年にセルティックへと旅立った。 ▽そのセルティックでも在籍2シーズンで公式戦16試合の出場にとどまった右サイドバックは、昨シーズン序盤にチャンピオンシップ(イングランド2部)のバーンズリーにレンタル移籍していた。 ▽また、サンテチェンヌは同日、ディジョンからフランス人FWロイス・ディオニー(24)を完全移籍で獲得することでクラブ間合意に至ったと発表。同選手はメディカルチェックを受診後、正式にサンテチェンヌの一員となる。 ▽優れた身体能力とテクニック、決定力を併せ持つディオニーは、昨シーズンのリーグ戦35試合に出場し、10ゴール8アシストの記録を残していた。 2017.07.07 21:30 Fri
twitterfacebook
thumb

サンテチェンヌ、2年連続で国内4冠を達成したザルツブルクのオスカル・ガルシア監督を新指揮官に招へい

▽サンテチェンヌは15日、クラブの新指揮官にオスカル・ガルシア・フンエント監督(44)を招へいすることを発表した。契約期間は2年。 ▽現役時代にバルセロナやバレンシア、エスパニョールなどスペインの数クラブでプレーしたオスカル・ガルシア監督は、引退後の2009年から指導者のキャリアをスタート。マッカビ・テルアビブやブライトン、ワトフォードなどを率いると、2015年にザルツブルクの監督に就任。ザルツブルクでは、2年連続で国内4冠を達成するなど、その手腕を発揮した。 ▽オスカル・ガルシア監督を招へいしたサンテチェンヌは、2009年以降、7年半に渡ってサンテチェンヌを率いてきたクリストフ・ガルティエ監督が退任。2016-17シーズンは、8位でシーズンを終えていた。 2017.06.16 04:32 Fri
twitterfacebook
thumb

ムバッペ弾で11連勝のモナコが17年ぶり8度目の優勝! PSGの5連覇の夢を打ち砕く《リーグ・アン》

▽モナコは17日、スタッド・ルイ・ドゥで行われたリーグ・アン第31節延期分でサンテチェンヌと対戦し、2-0で勝利した。この結果、モナコの1999-2000シーズン以来、17年ぶり8度目のリーグ優勝が決定した。 ▽1試合未消化ながら前節終了時点で2位パリ・サンジェルマン(PSG)と勝ち点3差の首位に立つモナコ(勝ち点89)は、今節引き分け以上で17年ぶりの優勝が決まる。リーグ10連勝中のモナコは、セントラルMFにバカヨコではなくモウティーニョを起用した以外、今季のベストメンバーを起用。2トップにはムバッペとファルカオが並んだ。 ▽開始5分にボックス左に抜け出したファルカオに決定機が訪れるなど、引いたアウェイチームを押し込むモナコ。さらに17分にはボックス右に抜け出したムバッペが右足を強振するが、ニアサイドを狙ったシュートはサイドネットを叩く。 ▽それでも、攻勢を続けるモナコは19分、相手陣内中央でのボール奪取からファルカオの絶妙なスルーパスに抜け出したムバッペが、ボックス内で飛び出したGKリュフィエをドリブルでかわし、無人のゴールへ流し込んだ。 ▽18歳の新星FWムベッペの今季15点目で均衡を破ったモナコは、その後はやや守備に重きを置いた試合運びを見せると、34分には相手セットプレーでポグバに決定機を許すが、守護神スバシッチの好守で難を逃れた。 ▽迎えた後半も優勢に試合を運ぶモナコは、前半同様にファルカオらに2点目のチャンスも、これを決め切れない。その後、69分にベルナルド・シウバを下げてジェルマンを投入すると、後半最大の決定機が訪れる。74分、右サイドを突破したムバッペからプレゼントパスを受けたジェルマンが右足アウトで無人のゴールに向けてシュートを流し込みにかかるが、これを枠の左に外してしまう。 ▽それでも、優勝に向けてスタンドが沸きに沸く中、試合終了間際にはロングカウンターからルマールのラストパスを受けたジェルマンが、今度は右足インサイドで丁寧に流し込み、試合を決定付ける2点目を奪取。このゴールと同時に試合はタイムアップを迎え、ホーム最終戦で快勝のモナコが、リーグ11連勝で1999-2000シーズン以来、17年ぶり8度目のリーグ優勝を決めた。 2017.05.18 06:24 Thu
twitterfacebook
thumb

サンテチェンヌが生え抜きのベテランDFペランと契約延長

▽サンテチェンヌは8日、元フランス代表DFロイク・ペラン(31)との契約延長を発表した。新たな契約期間は2020年6月30日までとなる。 ▽新たな契約にサインした頼れるサンテチェンヌの主将DFは、クラブ公式サイトで喜びのコメントを残している。 「2020年までの新契約を結べて嬉しいよ。サンテチェンヌでプレーを続けることが僕の希望だったんだ。だから交渉はスムーズに進んだよ」 「今の時代では、選手が1つのクラブで選手人生を終えるのはとても珍しいことだけど、僕にとっては普通のことだ。僕はこの街で生まれ、サンテチェンヌの代表としてこのチームでプレーできることを誇りに思っているんだ」 ▽サンテチェンヌの下部組織出身のペランは、2003-04シーズンにトップチームデビュー。本職のセンターバックだけでなくサイドバックやセントラルMFとしてもプレーできる同選手は、トップチーム昇格3年目からレギュラーポジションを掴むと、これまでの13シーズンで公式戦377試合に出場してきた。 2017.04.08 02:09 Sat
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース