オランダ代表、アドフォカート氏を新監督に招へい! アシスタントにフリット氏2017.05.09 22:44 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽オランダサッカー協会(KNVB)は9日、ディック・アドフォカート氏(69)を新監督に招へいしたことを発表した。また、アシスタントコーチにルート・フリット氏(54)が就任することを併せて伝えている。

▽現在、オランダ代表はロシア・ワールドカップ(W杯)の出場権を懸けた欧州予選グループAで5試合消化時点で2勝1分け2敗と苦戦。2位スウェーデン代表と3ポイント差の4位に沈んでおり、本大会出場に黄色信号が灯っている。この成績不振を受けて、KNVBは今年3月にダニー・ブリント前監督(55)を解任していた。

▽その後、空席状態が続いていた中、KNVBは1992~94年、2000~2004年に2度に渡って代表監督を務めていたアドフォカート氏を後任監督に任命。また、ユーロ1988を制覇するなど、オランダ代表黄金時代の一員だったフリット氏をアシスタントコーチに招へいした。両氏はロシアW杯欧州予選終了までの契約を結んでおり、本大会出場が決定した場合、契約を更新するオプションも付随している。なお、現在フェネルバフチェの監督を務めているアドフォカート氏は、契約終了まで兼任という形で同クラブを率いる。

▽アドフォカート氏とフリット氏の初陣は、6月9日にロッテルダムで行われるW杯欧州予選のルクセンブルク代表戦となる。

コメント

関連ニュース

thumb

スナイデル、オランダ歴代最多出場記録を更新...2003年から積み重ねた試合数は?

ワールドカップ予選のルクセンブルク戦に出場したヴェスレイ・スナイデルが、オランダ代表の最多出場記録を更新した。<br><br>4日のコートジボワール戦に途中出場したスナイデルは、2008年にエドウィン・ファン・デル・サール氏が記録した歴代最多となる「130」キャップに並んでいた。そして、9日に行われたディック・アドフォカート監督の初陣、ルクセンブルク戦に先発出場した同選手は、オランダ代表としての出場数を「131」とし、歴代最多出場記録を更新。なお、試合は34分にスナイデルが自ら得点を挙げるなど、オランダ代表が5-0で勝利している。<br><br>試合前日、会見に臨んだスナイデルは「明日は勝ち点3を挙げることだけを考えている。僕たちはルクセンブルクに勝利しなければならない。試合後に何でも聞いてくれ。でも今はルクセンブルク戦のことで頭がいっぱいだ」と個人記録よりも、ワールドカップ予選に勝利することが重要だと語っていた。<br><br>ルクセンブルク戦前まで、オランダはグループAで4位に沈み、ワールドカップ出場権獲得に黄色信号が灯っていた。しかし、この試合に大勝したことで、首位スウェーデンとの勝ち点差は3に縮まり、グループ3位に浮上。次戦は8月にアウェイでフランス代表と戦うこととなっている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.06.10 20:23 Sat
twitterfacebook
thumb

ロッベン&スナイデル活躍の新生オランダが快勝! ブルガリアを抜きグループA3位に浮上《ロシアW杯欧州予選》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループA第6節、オランダ代表vsルクセンブルク代表が9日に行われ、ホームのオランダが5-0で快勝した。 ▽グループA4位のオランダ(勝ち点7)と、最下位ルクセンブルク(勝ち点1)の一戦。今年3月に行われたブルガリア代表戦での敗戦を受けてダニー・ブリント前監督を解任したオランダは、3度目の就任となったアドフォカート新監督の下、直近のモロッコ代表、コートジボワール代表とのフレンドリーマッチに連勝して今回のルクセンブルク戦を迎えた。そのコートジボワール戦からスタメン4人を変更したオランダは、ワイナルドゥム、スナイデル、ホード、デ・フライが先発に復帰した。 ▽開始2分にヤンセンのお膳立てからロッベンがファーストシュートを放つなど、押し気味な入りを見せたオランダ。その後、相手選手と接触したデ・フライが頭部から流血するアクシデントに見舞われるが、きっちりゲームの主導権を握った。 ▽その後、ややこう着状態が続くも、頼れるエースが先制点をもたらす。21分、高い位置でのプレッシャーからハーフウェイライン手前でボールを奪ったホードが味方とのパス交換から、背後を狙うロッベンにスルーパスを通す。そして、百戦錬磨のベテランFWが冷静にGKとの一対一を制した。 ▽この先制点で重圧から解放されたオランダは、その後もロッベンやストロートマン、ヤンセンを起点に相手を押し込み。すると34分、左サイドでストロートマンの縦パスに抜け出したヤンセンの落としを受けたスナイデルがワンタッチでデパイにパス。そして、デパイの絶妙なヒールでのリターンパスを右足でゴール右隅へ蹴り込んだ。重鎮2人のゴールで楽な展開に持ち込んだオランダは、前半終了間際にトゥルペルの際どいシュートでゴールを脅かされるが、ここはGKシレッセンの好守で凌ぎ、前半を2点リードで終えた。 ▽後半も集中した入りを見せるオランダは、50分に裏へ抜け出したヤンセンがゴールネットを揺らすが、これはオフサイドの判定。さらに52分にはボックス左角でパスを受けたスナイデルがファーポストを狙った右足のコントロールシュートを放つが、わずかにボールが巻き切らず、枠の右へ外れた。 ▽その後も攻勢を続けるオランダは62分、波状攻撃からボックス右でルーズボールに反応したワイナルドゥムが左足のシュートを流し込み、試合を決定付ける3点目を奪った。 ▽この3点目で試合を決めたオランダは、ロッベンとスナイデルの両ベテランとデパイを下げて、プロメス、レンス、アケと若手を続けて投入。70分には右サイドでデ・フライが入れたクロスをファーに走り込んだプロメスが頭で流し込み、4点目を奪取。84分には相手の不用意なバックパスをかっさらってGKに倒されたヤンセンがPKを獲得。これを自ら左隅に蹴り込み、5点目を奪った。 ▽ロッベンとスナイデルの両ベテランの活躍で大勝のオランダが、アドフォカート新体制初の公式戦を白星で飾った。 ▽また、同日行われたグループA3位のブルガリア代表(勝ち点9)と、5位ベラルーシ代表(勝ち点2)は、ホームのベラルーシが2-1で勝利した。この結果、オランダがブルガリアを抜き3位に浮上することになった。 2017.06.10 05:56 Sat
twitterfacebook
thumb

フェルトマンが2G! オランダがコートジボワールに5発圧勝!!《国際親善試合》

▽国際親善試合のオランダ代表vsコートジボワール代表が4日に行われ、5-0でオランダが勝利した。 ▽5月31日に行われたモロッコ戦を2-1で勝利しアドフォカート新監督の初陣を白星で飾ったオランダは、その試合からスタメンを8人変更。アドフォカート監督はモロッコ戦に続き[4-3-3]を採用。GKにシレッセン、最終ラインは右からテテ、ブリント、マルティンス・インディ、フェルトマン。アンカーにストロートマンとプロッペルを置き、トップ下にクラーセン。3トップは右からロッベン、ヤンセン、デパイと並べた。 ▽試合は立ち上がりの2分、コートジボワールに決定機。セリのパスでボックス左に侵入したジョバンニ・シオが縦に切り込み左足を振り抜く。しかし、このシュートはGKシレッセンがセーブ。 ▽対するオランダは13分、セットプレーから先制に成功する。デパイの左CKをゴール前でフリーのフェルトマンがヘディングシュートをゴールに突き刺した。 ▽その後、コートジボワールの反撃を受けたオランダだが31分に追加点を奪う。中盤からのパスに抜け出したヤンセンが、飛び出したGKサンガレに倒されてPKを獲得。このPKをロッベンがゴール左に確実に決めた。 ▽さらに37分、ショートコーナーからボックス右付近でボールを受けたロッベンがクロスを供給。これをファーサイドのフェルトマンが左足で合わせ、オランダが決定的な3点目を奪った。 ▽迎えた後半、コートジボワールはジョバンニ・シオとイスマエル・トラオレを下げてシリアクとバイリーを投入。しかし、最初の決定機はオランダ。55分、相手陣内でクリアボールをカットしたロッベンが素早く前線に繋ぐと、強引にゴール前まで持ち込んだヤンセンがシュート。だが、これはゴール右に外れる。 ▽すると69分、ボックス左でスローインを受けたヤンセンの折り返しをクラーセンが右足で合わせ、ゴールネットを揺らす。さらに75分にも、ワイナルドゥムのミドルシュートをGKサンガレが弾いたボールをヤンセンが押し込み、5点目。 ▽その後も危なげない試合運びでゲームを締めくくったオランダは、クリーンシートで大勝。 。親善試合2連勝を飾ったオランダは、9日にホームでルクセンブルク代表と欧州予選を行う。 2017.06.05 04:42 Mon
twitterfacebook
thumb

プロメス&ヤンセン弾で逃げ切ったオランダがアドフォカート新監督の初陣を白星で飾る!《国際親善試合》

▽国際親善試合のモロッコ代表vsオランダ代表が5月31日に行われ、1-2でオランダが勝利した。 ▽3度目のオランダ代表指揮官となるディック・アドフォカート新監督の初陣となった一戦。[4-3-3]の布陣で試合に臨んだオランダは、GKにズートを起用。最終ラインは右からフェルトマン、デ・リフト、ホード、アケと配置し、ボランチにトールンストラとヴィルエナを起用。3トップは右からベルフハイス、ヤンセン、デパイと並べて、トップ下にプロメスを置いた。 ▽試合は立ち上がりから一進一退の攻防が展開される。そんな中、先にチャンスを迎えたのはオランダ。22分、トールンストラのサイドチェンジを左サイドで受けたデパイが巧みなステップで相手DFをかわしボックス左から侵入。ゴール左まで切り込りマイナスに折り返すと、これをプロメスがワンタッチでゴールに流し込んだ。 ▽先制点で勢いづくオランダは26分、ボックス左から侵入したヤンセンが強烈なシュートでゴールを強襲。さらに38分にも、ボックス左手前でボールを受けたヤンセンがカットインから右足を振り抜いたが、共にGKモハメディのセーブに阻まれた。 ▽迎えた後半、オランダはベルフハイスを下げてデ・ルーンを投入。対するモロッコはブハドゥズに代えてアザロウをピッチに送り出した。後半最初のチャンスはモロッコに生まれる。8分、右クロスのクリアミスをボックス左で拾ったブファルがカットインからシュート。しかし、これはGKズートの好セーブに遭う。 ▽ピンチを凌いだオランダは68分、右サイドを突破したプロメスの右クロスをゴール前のヤンセンが胸トラップから左足で流し込み、追加点を奪った。しかし、70分にアクシデント。ロングパスで抜け出したアザロウを後ろから抱え込む形で倒したデ・リフトにレッドカードが提示され、一発退場となる。 ▽数的優位となったモロッコは、ペナルティアーク右からのFKをブスファが直接ゴール左に突き刺し、1点を返す。 ▽その後、オランダは73分にヤンセンに代えてドスト、74分にデパイを下げてフィールヘーフェルを投入。数的不利からモロッコに押し込まれる時間が続いたが、最後まで同点ゴールを許さず、逃げ切ったオランダがアドフォカート新監督の初陣を白星で飾った。 2017.06.01 04:43 Thu
twitterfacebook
thumb

アドフォカート新体制のオランダ代表、候補メンバー31名を発表《ロシアW杯欧州予選》

▽オランダサッカー協会(KNVB)は19日、6月に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選のルクセンブルク代表戦の他、モロッコ代表、コートジボワール代表との国際親善試合に臨むオランダ代表候補メンバー31名を発表した。 ▽ロシアW杯欧州予選でグループAに属するオランダは、5試合消化時点で2勝1分け2敗の4位に低迷し、ダニー・ブリント前監督を3月に解任していた。後任にはオランダ代表指揮官3度目の就任となるディック・アドフォカート監督を招へい。そのアドフォカート監督はFWアリエン・ロッベン(バイエルン)やMFジョルジニオ・ワイナルドゥム(リバプール)ら主力を順当に選出した。 ▽オランダはロシアW杯欧州予選のルクセンブルク代表戦を6月9日にホームで戦い、モロッコ代表との国際親善試合を5月31日に、コートジボワール代表との国際親善試合を6月4日に行う。今回発表された候補メンバー31名は以下の通り。 <span style="font-weight:700;">◆オランダ代表候補メンバー31名</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">ヤスパー・シレッセン</span>(バルセロナ/スペイン) <span style="font-weight:700;">イェルーン・ズート</span>(PSV) <span style="font-weight:700;">セルヒオ・パット</span>(フローニンヘン) <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">マタイス・デ・リフト</span>(アヤックス) <span style="font-weight:700;">ニック・フィールヘーフェル</span>(アヤックス) <span style="font-weight:700;">ケニー・テテ</span>(アヤックス) <span style="font-weight:700;">ヨエル・フェルトマン</span>(アヤックス) <span style="font-weight:700;">ウェスレイ・ホード</span>(ラツィオ/イタリア) <span style="font-weight:700;">ステファン・デ・フライ</span>(ラツィオ/イタリア) <span style="font-weight:700;">ダリル・ヤンマート</span>(ワトフォード/イングランド) <span style="font-weight:700;">ブルーノ・マルティンス・インディ</span>(ストーク・シティ/イングランド) <span style="font-weight:700;">ダレイ・ブリント</span>(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド) <span style="font-weight:700;">ネイサン・アケ</span>(チェルシー/イングランド) <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">ステフェン・ベルフハイス</span>(フェイエノールト) <span style="font-weight:700;">トニー・ヴィルエナ</span>(フェイエノールト) <span style="font-weight:700;">イェンス・トールンストラ</span>(フェイエノールト) <span style="font-weight:700;">デビー・クラーセン</span>(アヤックス) <span style="text-decoration: line-through;"><B>マルコ・ファン・ヒンケル</span>(PSV) <span style="text-decoration: line-through;"><B>バルト・ラムセラール</span>(PSV) <span style="text-decoration: line-through;"><B>デイヴィ・プロッペル</span>(PSV) <span style="font-weight:700;">ケビン・ストロートマン</span>(ローマ/イタリア) <span style="text-decoration: line-through;"><B>マルテン・デ・ルーン</span>(ミドルズブラ/イングランド) <span style="font-weight:700;">ジョルジニオ・ワイナルドゥム</span>(リバプール/イングランド) <span style="font-weight:700;">ヴェスレイ・スナイデル</span>(ガラタサライ/トルコ) <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">アリエン・ロッベン</span>(バイエルン/ドイツ) <span style="font-weight:700;">バス・ドスト</span>(スポルティング・リスボン/ポルトガル) <span style="font-weight:700;">フィンセント・ヤンセン</span>(トッテナム/イングランド) <span style="font-weight:700;">メンフィス・デパイ</span>(リヨン/フランス) <span style="font-weight:700;">クインシー・プロメス</span>(スパルタク・モスクワ/ロシア) <span style="font-weight:700;">イェレマイン・レンス</span>(フェネルバフチェ/トルコ) <span style="text-decoration: line-through;"><B>ユルゲン・ロカディア</span>(PSV) 2017.05.20 01:43 Sat
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース