スパルタク・モスクワが16年ぶり10度目の優勝!《ロシア・プレミアリーグ》2017.05.08 23:08 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽先週末にロシア・プレミアリーグ第27節が行われた。この結果、トミ・トムスクとのホームゲームを1-0で勝利したスパルタク・モスクワが3節を残して、16年ぶり10度目のリーグ優勝を果たした。

▽今シーズン、開幕戦直後にヨーロッパリーグ予選敗退を受けて、ドミトリ・アレニチェフ前監督を解任したスパルタク・モスクワは、かつてユベントスでアントニオ・コンテ監督(現チェルシー)の副官として優れた手腕を発揮していたマッシモ・カッレーラ監督を後任として招へい。

▽同監督の下、MFクインシー・プロメスやDFゼルダル・タスキ、MFデニス・グルシャコフら主力が安定したパフォーマンスを発揮したチームは、カッレーラ監督就任直後に4連勝、昨年10月から12月初めまでに破竹の6連勝を飾るなど、優勝争いをリード。その後、冬の移籍市場でFWアレクサンドル・サメドフ、FWルイス・アドリアーノら実力者を迎え入れたチームは、3節を残して2位CSKAモスクワとの勝ち点差10をキープして2001年以来となる通算10度目の優勝を果たした。

コメント

関連ニュース

thumb

タイリーグで八百長が発覚! 選手5名含む12名が検挙

▽タイサッカー協会(FAT)は21日、国内リーグでの八百長の疑いのため、選手5名やFIFA所属のレフェリーを含む12名が逮捕されたことを報告した。 ▽FAT会長のソムヨット・プンパンムアン氏と、国家警察長のチャクティップ・チャイジンダ氏は、この件についてメディアカンファレンスを開催。通報を受けて、容疑者に逮捕状が発行されたことを発表している。 ▽大手『ESPN』によると、ソムヨット会長は以前この疑惑について容疑者12名の詳細な情報を提供することを約束しており、カンファレンスで具体的に説明をした。伝えられるところでは、国内リーグのナビFCから4名、ナコン・ラッチャシマから1名の選手が関与。FIFAの審判と、タイリーグの審判が1名ずつで、シサケットFCのディレクターも告発されている。そして、残りの4名は投資家であると説明されており、2017シーズンのタイリーグで、4試合の八百長に関与したとみられている。 ▽ナコン・ラッチャシマは容疑にかけられた所属選手の解雇を発表しており、ナビFCも23日にはこれに続く予定であるとも、『ESPN』は伝えている。 2017.11.22 17:40 Wed
twitterfacebook
thumb

FW本田圭佑フル出場のパチューカがファイナル進出! 決勝戦でモンテレイと激突《コパMX》

▽日本代表FW本田圭佑が所属するパチューカは22日、コパMXの準決勝でアトランテと対戦し、2-0で勝利した。本田は公式戦9試合連続先発出場でフル出場を果たした。 ▽準々決勝で4人抜きのスーパーゴールを決めた本田は、右サイドで先発。試合はパチューカが5分、ボックス右に侵攻したウレタビスカヤのクロスをファーサイドのオマール・ゴンザレスがヘディングで合わせる。ゴール右へと飛んだ山なりのボールは、GKヘラルド・ルイスが左手で触られるも右ポストに当たってゴールに吸い込まれた。 ▽幸先良く先制したパチューカはさらに21分、ボックス左外でFKを獲得。キッカーのウレタビスカヤのクロスを選択すると、ニアサイドでビクトル・グズマンが頭でゴール左隅へと流し込んだ。 ▽パチューカはこの2ゴールを守り切って2-0で勝利。決勝戦の日程についてはまだ発表されていないが、PK戦の末にクラブ・アメリカを下したモンテレイと対戦する。 パチューカ 2-0 アトランテ 【パチューカ】 オマール・ゴンザレス(前5) ビクトル・グズマン(前21) 2017.11.22 14:54 Wed
twitterfacebook
thumb

ザルツブルクが首位攻防戦で5発快勝!! 南野は58分からプレー《オーストリア・ブンデスリーガ》

▽MF南野拓実が所属するザルツブルクは19日、オーストリア・ブンデスリーガ第15節でシュトルム・グラーツとの首位攻防戦に臨み、5-0と快勝した。 ▽リーグ戦3連勝で2位につけるザルツブルクが、勝ち点1差で首位に立つシュトルムをホームに迎えた首位攻防戦。開始早々の8分にフレドリック・グラブランセンのゴールでザルツブルクが幸先良く先制する。 ▽さらに36分にはPKのチャンスを獲得し、これをヴァロン・ベリシャが決め切る。前半アディショナルタイムにはオウンゴールでも加点に成功し、ザルツブルクが3-0と一気に点差を広げた。 ▽後半は中々ゴールが生まれない展開となると63分にハンネス・ヴォルフに変わって南野が登場。するとチームは試合終盤にムナス・ダブールが2ゴールを奪い、5-0で終了。快勝したザルツブルクが首位に立った。 ▽なお、ザルツブルクは26日に行われる次節、勝ち点5差で3位のラピド・ウィーンとアウェイで対戦する。 2017.11.20 12:03 Mon
twitterfacebook
thumb

森岡フル出場もベベレンは首位のクラブ・ブルージュに完敗…《ジュピラー・プロ・リーグ》

▽ベルギー・ジュピラー・プロ・リーグ第15節、クラブ・ブルージュvsベベレンが19日に行われ、3-0でクラブ・ブルージュが快勝した。日本代表MF森岡亮太はフル出場を果たしている。 ▽首位に立つクラブ・ブルージュのホームに乗り込んだ7位のベベレン。森岡はトップ下のポジションでプレーするも、ホームチームに圧倒される。すると40分にルート・フォルマーにゴールを許して試合を折り返した。 ▽立て直したベベレンだったが、48分にディオン・コールズにゴールを許して点差を広げられると、83分にもハンス・ヴァナルケンに得点を奪われ試合は終了。今季2度目のリーグ戦連勝を目指したベベレンだったが首位チームに敗れている。 ▽なお、ベベレンは25日に行われる次節で2位のシャルルロワとホームで対戦する。 2017.11.20 12:01 Mon
twitterfacebook
thumb

久保フル出場のヘントが快勝で5勝目!!《ジュピラー・プロ・リーグ》

▽ベルギー・ジュピラー・プロ・リーグ第15節、SCロケレンvsヘントが19日に行われ、3-0でヘントが快勝した。日本代表FW久保裕也はトップ下の新ポジションでフル出場を果たしている。 ▽左ウィングを主戦場としている久保だが、この日はトップ下でプレー。新布陣で臨んだヘントは前半終了間際にブレフト・デヤゲレのゴールで先制する。 ▽後半もヘントがペースを握ると、76分にサミュエル・カルー、84分にはサミュエル・ジゴがネットを揺らして試合は終了。3発快勝となったヘントは今季初のリーグ戦連勝となった。 ▽なお、次節は25日にホームでロイヤル・エクセル・ムスクロンと対戦する。 2017.11.20 12:00 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース