超ワールドサッカー

スパルタク・モスクワが16年ぶり10度目の優勝!《ロシア・プレミアリーグ》2017.05.08 23:08 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽先週末にロシア・プレミアリーグ第27節が行われた。この結果、トミ・トムスクとのホームゲームを1-0で勝利したスパルタク・モスクワが3節を残して、16年ぶり10度目のリーグ優勝を果たした。

▽今シーズン、開幕戦直後にヨーロッパリーグ予選敗退を受けて、ドミトリ・アレニチェフ前監督を解任したスパルタク・モスクワは、かつてユベントスでアントニオ・コンテ監督(現チェルシー)の副官として優れた手腕を発揮していたマッシモ・カッレーラ監督を後任として招へい。

▽同監督の下、MFクインシー・プロメスやDFゼルダル・タスキ、MFデニス・グルシャコフら主力が安定したパフォーマンスを発揮したチームは、カッレーラ監督就任直後に4連勝、昨年10月から12月初めまでに破竹の6連勝を飾るなど、優勝争いをリード。その後、冬の移籍市場でFWアレクサンドル・サメドフ、FWルイス・アドリアーノら実力者を迎え入れたチームは、3節を残して2位CSKAモスクワとの勝ち点差10をキープして2001年以来となる通算10度目の優勝を果たした。

コメント

関連ニュース

thumb

ポルトと契約満了のカシージャス、今夏リバプール加入か

▽ポルトの元スペイン代表GKイケル・カシージャス(36)が、来シーズンからリバプールでプレーする可能性が浮上した。スペイン『アス』が伝えている。 ▽2015年夏にレアル・マドリーからポルトに加入したカシージャス。1年間の契約延長オプション付きの2年契約で加入したが、報道によれば、同選手はこのオプションを行使せず、今シーズン限りで契約満了する見込みのようだ。 ▽今シーズンのポルトはリーグ戦2位フィニッシュで優勝を逃したものの、カシージャスは公式戦43試合出場で23試合のクリーンシートを達成。現在、リバプールで正GKを務めるシモン・ミニョレとカシージャスを1試合当たりの失点数で比較してみると、前者が「1」であるのに対し、後者が「0.58」をマークしているのである。 ▽そんなカシージャスにはリバプールの他、トルコや中国、カタールからのオファーがあったとみられているが、同選手は既にリバプールと交渉を始めたと考えているメディアもあるようだ。 2017.05.23 19:23 Tue
twitterfacebook
thumb

ポルトのヌーノ監督が契約解除…今季はベンフィカに4連覇を許す

ポルトガルリーグのポルトが、ヌーノ・エスピリト・サント監督と契約解除で合意に至ったとクラブの公式メディアで明らかにした。<br><br>ヌーノは現役時代ポルトガル指折りのGKとして長らく活躍し、デポルティボやポルトなどでプレー。ユーロ2008ではメンバー入りも果たしていたが、2010年限りで現役を引退。その後は指導者に転身し、リオ・アヴェ、バレンシアの監督を歴任したあと、昨年からポルトの監督に就任していた。<br><br>ポルトとヌーノは2年契約を結んでいたため、本来は17-18シーズンまで指導する予定になっていたが、今シーズンはリーグ優勝をベンフィカにさらわれ、ポルトはリーグ2位に。チャンピオンズリーグでは決勝トーナメント進出を果たしたものの、ラウンド16でユヴェントス相手に連敗して、ベスト16止まりだった。<br><br>リーグ戦が終了した21日、ヌーノ側が契約解除をクラブに申し入れ、相互合意に至ったことでヌーノが任期途中で退任することが決定したという。なお、ポルトの次期監督はまだ決定していないが、すでにポルトガルで実績のある複数の指導者をリストアップし、交渉を進めている模様。<br><br><br>提供:goal.com 2017.05.23 15:39 Tue
twitterfacebook
thumb

久保裕也所属のヘント、3位フィニッシュでCL権逸する…クラブ・ブルージュとの直接対決で敗戦《ベルギー・ジュピラーリーグ》

▽日本代表FW久保裕也が所属するヘントは21日、ジュピラー・プロ・リーグ・プレーオフ1第10節のクラブ・ブルージュ戦に臨み、1-2で敗れた。3戦連発中の久保はフル出場を果たしている。 ▽勝ち点41で3位に位置するヘントは、同42で2位につけるクラブ・ブルージュとの来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権(予選3回戦からの出場)を懸けた直接対決に挑んだ。 ▽しかし、ヘントは24分に先制を許すと、1点ビハインドで迎えた57分にも失点。70分にMFケニー・サイエフのゴールで1点を返すが、反撃続かずに競り負けた。 ▽この結果、クラブ・ブルージュが2位フィニッシュでCL出場権を獲得。敗れたヘントは3位でシーズンを終え、ヨーロッパリーグに参戦することとなった。 ▽なお、久保は今冬にヘント加入後、11ゴールを記録。前所属のヤング・ボーイズ時代の成績を含めると、計23ゴールという成績で今シーズンを終えた。 2017.05.22 08:30 Mon
twitterfacebook
thumb

久保裕也にプレミア移籍の可能性が浮上?昇格クラブの興味を現地誌が指摘

ヘントに所属する日本代表FWの久保裕也に対し、来シーズンからプレミアリーグに昇格するブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンが興味を示しているとベルギー誌『Knack』が報じた。<br><br>今年1月にヘントへ加入した久保は、優勝プレーオフ最終節を残した段階で11ゴールを記録。チームの年間最優秀選手投票で2位にランクインするなど、新天地で評価を高めている。<br><br>同紙は「ヘントの新たな(静かなる)皇帝」と銘打った記事を掲載し、「静かなるフットボーラーではあるが、クボは皇帝の力を持つ選手だ」と称賛。さらに最後の一文では去就に関する言及がなされている。<br><br>ここまで活躍を続ける久保の周辺では「我々の考えでは、すでに違うクラブのスカウトのノートに彼の名前が書かれている」と指摘し、「最近ではブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンがそうだ」と具体的なクラブ名に言及。今夏の移籍市場で久保争奪戦が勃発する可能性があると示唆した。<br><br>なお、活躍を受けて久保の代理人を務めるマウリツィオ・モラナ氏は移籍先の候補について「ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、セリエA」を挙げている。プレミアリーグに関しては「彼のような選手には身体的に厳しい」と消極的な見解を示しているが、本人や周囲の意向にかかわらず、様々なクラブが久保をリサーチしていくと見られている。<br><br>提供:goal.com 2017.05.19 21:00 Fri
twitterfacebook
thumb

久保裕也は「ヘントの新たな静かなる皇帝」「天才のタッチ」…ベルギー誌が絶賛

ヘントに所属する日本代表FWの久保裕也について、ベルギー誌『Knack』が「ヘントの新たな(静かなる)皇帝」と絶賛した。<br><br>久保は2017年1月にスイスのヤングボーイズからヘントに加入。移籍金はクラブ史上最高額となる350万ユーロ(約4億2000万円)だったと見られている。<br><br>大きな期待を背負って新天地のベルギーへやってきた久保だったが、ヘントのスカウト陣の目に曇りがなかったことを証明する活躍を見せている。優勝プレーオフ最終節を残して記録した得点は実に「11」に上り、完全に攻撃陣をけん引するプレーヤーとなった。<br><br>クラブが行った今季最優秀選手を決める投票では、クロアチア代表GKロヴレ・カリニッチに次ぐ2位につけるなど、ファンの支持も確実に集めている。<br><br>そんな久保に対し、同紙は最大級の賛辞を送った。<br><br>「クボは現代の攻撃的なプレーヤーの典型だ。ディフェンスラインで駆け引きを行い、ボールを受けては適切なタイミングでシュートを打つ。&ldquo;天才のタッチ&rdquo;と、コーチは言っているほどだ」<br><br>さらに「静かなるフットボーラーではあるが、クボは皇帝の力を持つ選手だ」と称賛。チームメートたちとは異なる特徴を持っていると解説し、久保がヘントの攻撃陣を引っ張る選手だという見解を示した。<br><br>提供:goal.com 2017.05.19 20:45 Fri
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース