スパルタク・モスクワが16年ぶり10度目の優勝!《ロシア・プレミアリーグ》2017.05.08 23:08 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽先週末にロシア・プレミアリーグ第27節が行われた。この結果、トミ・トムスクとのホームゲームを1-0で勝利したスパルタク・モスクワが3節を残して、16年ぶり10度目のリーグ優勝を果たした。

▽今シーズン、開幕戦直後にヨーロッパリーグ予選敗退を受けて、ドミトリ・アレニチェフ前監督を解任したスパルタク・モスクワは、かつてユベントスでアントニオ・コンテ監督(現チェルシー)の副官として優れた手腕を発揮していたマッシモ・カッレーラ監督を後任として招へい。

▽同監督の下、MFクインシー・プロメスやDFゼルダル・タスキ、MFデニス・グルシャコフら主力が安定したパフォーマンスを発揮したチームは、カッレーラ監督就任直後に4連勝、昨年10月から12月初めまでに破竹の6連勝を飾るなど、優勝争いをリード。その後、冬の移籍市場でFWアレクサンドル・サメドフ、FWルイス・アドリアーノら実力者を迎え入れたチームは、3節を残して2位CSKAモスクワとの勝ち点差10をキープして2001年以来となる通算10度目の優勝を果たした。

コメント

関連ニュース

thumb

麻薬密売関与が疑われたメキシコの英雄マルケスがチームに復帰

▽麻薬密売に関与していると報じられていたメキシコ代表DFラファエル・マルケスが、約1カ月ぶりにクラブのトレーニングに参加したようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 ▽バルセロナなどでも活躍し、現在はメキシコのアトラスでプレーするマルケスは、8月に麻薬密売に関与しているとされ、アメリカの財務省から制裁を受けることに。マルケスは、麻薬密売組織を率いるラウル・フロレス・エルナンデス容疑者と関係があるとして、22名の制裁リストに名前が載せられていた。 ▽しかし、マルケスはどんな不正行為にも関与していないと否定。アメリカやメキシコにおいて、これまで刑事告発はされていない。アトラスのトレーニングに復帰したマルケスだが、今後も法的な戦いは続くことになるとのことだ。 2017.09.19 16:12 Tue
twitterfacebook
thumb

ポルティモネンセの中島翔哉が移籍後初弾含む2ゴール!!《プリメイラ・リーガ》

▽MF中島翔哉が所属するポルティモネンセは18日、プリメイラ・リーガ第6節でフェイレンセと対戦し、2-1で勝利した。2試合連続スタメンとなった中島はフル出場の末、移籍後初ゴールを含む2得点を奪っている。 ▽前節のベンフィカ戦で、移籍後初先発を飾った中島はこの日もスタメンでピッチに登場。すると早速結果を残す。12分、ボックス左でボールを受けた中島は左足を振り抜くとこれがネットを揺らし、移籍後初ゴールとなる先制点を奪った。 ▽さらに19分には、元鹿島FWファブリシオのスルーパスに抜け出した中島が、相手GKよりも先にボールに触って、無人のゴールへと流し込んだ。チームはその後1点を返されるが逃げ切りに成功。中島はフル出場を果たし、チームの全得点を挙げ、チームの連敗を「4」で止めている。 2017.09.19 08:32 Tue
twitterfacebook
thumb

久保先制ゴール! ヘントが今季初勝利! 《ジュピラー・プロ・リーグ》

▽ヘントは17日、ジュピラー・プロ・リーグ第7節のオーステンデ戦に臨み、2-0で勝利した。日本代表FW久保裕也は84分まで出場し、1得点を記録した。 ▽リーグ戦を7試合終えて3分け3敗と、白星に見放されているヘントは、2試合ぶりに久保を先発起用。すると31分、3トップの一角に入った久保が、不振のチームに光明をもたらすゴールをマークした。味方DFのフィードに抜け出したシラが、パンチングに出た相手GKと交錯。こぼれ球を拾った久保が、無人のゴールに流し込んだ。 ▽ヘントが相手の攻撃を凌ぎつつ試合を折り返すと、久保は84分にフェルストラートとの交代で退いた。すると、終了間際の91分に、そのフェルストラートが追加点を奪取。直後に笛が鳴り、ヘントは今シーズン初めての白星を獲得することとなった。 2017.09.18 04:03 Mon
twitterfacebook
thumb

本田が78分から途中出場もチームはレオンに敗戦で3連敗…《リーガMX》

▽パチューカは日本時間17日、リーガMX前期第9節でレオンと対戦し、1-3で敗れている。ベンチスタートとなった日本代表FW本田圭佑は78分からピッチに立っている。 ▽前節のリーグ戦で移籍後初先発を飾り、13日のカップ戦ではアシストを記録するなど調子を上げている本田だったが、この日の試合ではベンチからのスタートとなった。 ▽試合は立ち上がりからホームのレオンが主導権を握ると、4分にボッセリ、25分にリス・モンテス、28分にアンドラーデが立て続けにネットを揺らし、前半だけで3点を奪った。 ▽大きく引き離されたパチューカは52分にサガルが一矢報いることに成功。78分には本田を投入し、2列目の右サイドに入った。しかし本田は試合の流れを変えるような印象的なプレーは見せられず、試合はそのまま終了。パチューカは1-3で敗れ3連敗となった。 2017.09.17 11:58 Sun
twitterfacebook
thumb

森岡亮太、7戦連続先発出場も連発ならず…チームは終盤2ゴールで上位相手にドロー《ジュピラー・プロ・リーグ》

▽元日本代表MF森岡亮太が所属するベベレンは16日、ジュピラー・プロ・リーグ第7節のシャルルロワ戦に臨み、2-2で引き分けた。森岡は7戦連続先発出場を果たし、フル出場を果たしている。 ▽前節のオイペン戦を森岡の2ゴール1アシストの活躍もあり5-1で大勝したベベレンが、4連勝中の2位・シャルルロワの本拠地に乗り込んだ一戦。トップ下で先発した森岡は15分、アンポマーのパスをボックス手前で受けると右足を振り抜くが、これは相手GKにキャッチされる。 ▽さらにベベレンは27分、森岡がボックス左手前からボックス右にパス。これを受けた味方のクロスをファーサイドでアンポマーが右足で合わせたが、枠を捉えることができない。 ▽攻勢を続けるベベレンは前半アディショナルタイムにビッグチャンスが訪れる。敵陣中央で相手DFから森岡がボールを奪うとそのまま持ち上がりGKと一対一。しかし、これは決めきることができない。 ▽ゴールレスで迎えた後半、ここまで試合を優位に進めてきたベベレンがセットプレーから失点を喫する。65分、ルケバキオの左CKをファーサイドででソレイユに頭で押し込まれる。 ▽先制を許したベベレンは直後、森岡の右CKからゴールを脅かしたがゴールとはならず。すると73分、パス回しからシャルルロワに侵攻を許し、ボックス右のイライマハリトラのクロスをレザエイにゴールネットを揺らされた。 ▽2点ビハインドとなったベベレンはその後も森岡を起点とした攻撃からゴールに迫る。87分、ボックス手前右でFKを獲得。これをキッカーの森岡がクロスを選択するが、味方に合わず。しかし、これを拾った味方のパスをボックス左外で受けたディエルクスのクロスをボックス中央のテリンがヘディングでゴール右隅に流し込んだ。 ▽1点差に詰め寄ったベベレンはその後、猛攻を続ける。すると後半アディショナルタイム、ボックス左外からのクロスのこぼれ球をペナルティーアーク内で拾ったセックが左足を振り抜き、右ポストを叩いてゴールネットに突き刺してベベレンが土壇場に追いついてそのまま試合終了。ベベレンが敵地で勝ち点1をもぎ取った。 ▽なお、ベベレンは次節、ホームでアンデルレヒトと対戦する。 2017.09.17 08:59 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース