スパルタク・モスクワが16年ぶり10度目の優勝!《ロシア・プレミアリーグ》2017.05.08 23:08 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽先週末にロシア・プレミアリーグ第27節が行われた。この結果、トミ・トムスクとのホームゲームを1-0で勝利したスパルタク・モスクワが3節を残して、16年ぶり10度目のリーグ優勝を果たした。

▽今シーズン、開幕戦直後にヨーロッパリーグ予選敗退を受けて、ドミトリ・アレニチェフ前監督を解任したスパルタク・モスクワは、かつてユベントスでアントニオ・コンテ監督(現チェルシー)の副官として優れた手腕を発揮していたマッシモ・カッレーラ監督を後任として招へい。

▽同監督の下、MFクインシー・プロメスやDFゼルダル・タスキ、MFデニス・グルシャコフら主力が安定したパフォーマンスを発揮したチームは、カッレーラ監督就任直後に4連勝、昨年10月から12月初めまでに破竹の6連勝を飾るなど、優勝争いをリード。その後、冬の移籍市場でFWアレクサンドル・サメドフ、FWルイス・アドリアーノら実力者を迎え入れたチームは、3節を残して2位CSKAモスクワとの勝ち点差10をキープして2001年以来となる通算10度目の優勝を果たした。

コメント

関連ニュース

thumb

森岡移籍後初ゴール含む2発! PKも獲得し4点に絡む活躍でアンデルレヒトを6戦ぶり白星に導く《ジュピラー・プロ・リーグ》

▽日本代表MF森岡亮太の所属するアンデルレヒトは25日、ベルギー・ジュピラー・プロ・リーグ第28節でムスクロンと対戦し、5-3で勝利。森岡はフル出場して2ゴールを決めた。 ▽リーグ5戦勝ちなしで連敗中と不調の3位アンデルレヒトが、ホームに13位のムスクロンを迎えた一戦。森岡は2試合ぶりにスタメンに復帰して2トップの一角に入った。 ▽試合の序盤からアンデルレヒトが押し込みつつ試合を進行していく。すると26分、スパシッチのフィードに反応したテオドルチクが、ボックス内右に頭でボールを落とす。ゲルケンスが滑り込みつつ中央に折り返し、待ち構えていた森岡が押し込んでネットを揺らした。森岡にとっては、待望の移籍後初ゴールとなっている。 ▽さらに前半終了間際の47分には、ボックス内でDFガリトシオスと交錯した森岡が転倒し、PKを獲得。キッカーのテオドルチクが勢いよくゴール右に蹴り込み、リードを広げていく。 ▽後半に入っても、アンデルレヒトのペースは続く。57分、森岡が左サイドに展開すると、そのまま縦に突破したサイエフがクロスを供給。テオドルチクが頭で合わせ、自身のこの日2ゴール目とした。 ▽そして続く61分にも、ゲルケンスの右サイドからのクロスにボックス内のテオドルチクがワントラップして左足を一閃。ハットトリックを達成した。 ▽しかし、70分にはロタリウがドリブル突破してボックス内にラストパス。アウォニーに一対一を制され1点を返されると、72分にも途中出場のファン・ドゥルマンの得点を許し、立て続けに失点を喫してしまう。 ▽さらに84分、右CKからDFメザゲにヘディングシュートを沈められ、一時4点あった点差は1点に。それでも、ムスクロンの反撃はここまで。93分にはカウンターの処理をミスしたGKバイリーからボールを奪った森岡が、この日2点目を決め切る。 ▽試合を決定付けるアンデルレヒトの5点目が決まったところでタイムアップ。森岡は、2ゴール、PK獲得、3点目の起点となるなど4得点に絡む活躍で、アンデルレヒトの6試合ぶりの勝利に貢献した。 2018.02.26 00:27 Mon
twitterfacebook
thumb

長友佑都へ相次ぐ称賛…トルコサイトが“皇帝”を特集「左SBの救世主」

ガラタサライDF長友佑都に対し、トルコから称賛の声が相次いでいる。<br><br>移籍市場最終日に7年過ごしたインテルから、ガラタサライへ季終了までの期限付き移籍で加入した長友。シーズン途中での加入だったが、加入から5試合連続で先発出場するなど、ファティ・テリム監督の信頼を掴んでいる。<br><br>そんな日本代表DFには、トルコ各メディアがこぞって特集を組み、「真のプロフェッショナル」「ファンのお気に入り」と、そのパフォーマンスやプロ意識の高さを称賛しているが、その声は鳴り止まないようだ。<br><br>トルコサイト『a SPOR』は、「インテル加入したユート・ナガトモは、すぐにファティ・テリムに不可欠な存在となった」とその活躍を称賛している。<br><br>「31歳の&ldquo;皇帝&rdquo;は、リーグ戦4試合連続で90分出番を得た。さらに、ブルサスポル戦では彼の意識を示してみせた」<br><br>「オフサイドでゴールは取り消されたが、この試合で最も走行距離が長い選手になった。素晴らしい態度でチームメイトとサポーターのオブザーバーとなった日本人は、何年間も必要としていた左サイドバックの救世主となっている」<br><br>先日には平愛梨夫人との間に第一子も誕生した長友。公私共に順調なときを過ごす日本代表DFは、6月のロシア・ワールドカップへ向けてコンディションを高めている。<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.25 22:38 Sun
twitterfacebook
thumb

本田圭佑が後半ロスタイムPK弾! パチューカ、2試合ぶり白星《リーガMX》

▽日本代表FW本田圭佑が所属するパチューカは日本時間25日、リーガMX後期(クラウスーラ)第9節でレオンをホームに迎え、2-1の逆転勝利を収めた。フル出場の本田は、PKから4試合ぶりのシーズン7得点目をマークしている。 ▽2試合ぶりの勝利を目指したパチューカは、立ち上がりからレオン陣内に押し入る展開に。だが、ゴールをこじ開けられずにいると、43分にボセッリに決められて、レオンに先制を許してしまう。 ▽リードを許したまま後半を迎えたパチューカは、重苦しい展開が続く。だが、途中出場のパラシオスが65分にバイタルエリア中央から右足のミドルシュートをゴール右に決め、追いついた。 ▽これで勢いづいたパチューカは64分に本田がゴールに迫る。バイタルエリア中央でボールを受けた本田が左足インサイドでゴール左隅にボールを飛ばすが、惜しくも左ポストに嫌われた。 ▽さらに、本田は直接FKでゴールに迫れば、ドリブルからのクロスでチャンスメーク。2度目の現役復帰となるドノバンをピッチに送り込んだレオンをほぼ一方的に攻め立てていく。 ▽すると、パチューカは後半アディショナルタイム2分、PKのチャンスを獲得すると、本田がこれを冷静にゴール右に決めて逆転勝利。2試合ぶりの白星を飾り、勝ち点3を手にした。 パチューカ 2-1 レオン 【パチューカ】 パラシオス(後20) 本田圭佑(後45+3[PK]) 【レオン】 ボセッリ(前43) 2018.02.25 12:05 Sun
twitterfacebook
thumb

久保裕也、久々スタメン落ち ヘント逆転勝ちで優勝PO進出確定《ジュピラー・プロ・リーグ》

▽日本代表FW久保裕也が所属するヘントは24日、ベルギー・ジュピラー・プロ・リーグ第28節でベベレンのホームに乗り込み、2-1で勝利した。久保は第6節のゲント戦以来となるスタメン落ち。58分からプレーした。 ▽2試合ぶりの勝利を狙うヘントだが、18分に先制点を献上。それでも、1点を追う後半、82分にCKからブロンのゴールで追いつくと、後半アディショナルタイム2分にヤレムチュクの一発で試合を土壇場でひっくり返した。 ▽結局、ヘントは敵地で劇的な逆転勝利。7戦負けなしで勝ち点を47とし、レギュラーシーズン6位以内を確定させ、2節を残して優勝プレーオフ進出を決めた。 ベベレン 1-2 ヘント 【ベベレン】 テリン(前18) 【ヘント】 ブロン(後37分) ヤレムチュク(後45分+2) 2018.02.25 09:15 Sun
twitterfacebook
thumb

長友佑都は新天地で絶好調…両チームトップの走行距離を記録し現地紙も賛辞

トルコのシュペルリガ第23節ガラタサライvsブルサスポルは、5-0でホームのガラタサライが勝利を収めた。この試合でフル出場を果たした日本代表DF長友佑都に対して、現地メディアも称賛している。<br><br>試合後、長友は現地メディアの取材に応じ、次のようなメッセージを発した。トルコメディア『webaslan』が伝えている。<br><br>「僕らはホームの大声援を受けて、勝利することができました。トレーニング中からチームはうまくいっていたので、いい結果に結びついたと思います」<br><br>ガラタサライ加入から3週間ほど経過したが、長友は「暫定首位に立ったし、ライバルチームの結果を待ちます。チームのコンディションもいい。試合に集中できる環境でうまくいっているし、ガラタサライのみんなとも良好な関係にあると思います」と、新天地でうまく順応していると明かした。<br><br>現地メディア『futbolarena』は、「ブルサスポル戦で、試合中最も走行距離を記録したのは長友で、11.31キロをマークした」と、『biIN SPORTS』内のデータを用いて報道。ガラタサライでの走行距離2位はガリー・メンデスの10.82キロとなっており、「この試合のトップランナーは経験豊かな日本代表選手だった」と伝えている。<br><br>出場機会を求め、半年間の期限付き移籍でガラタサライに新天地を求めた長友佑都。2月上旬にはパパになり、新天地イスタンブールと、妻と子のいるミラノを行き来する状況となっているが、試合では突出した走行距離を記録するなど、良好なコンディションを維持しているようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.24 18:59 Sat
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース