U-19欧州選手権MVPのオギュスタンらU-20フランス代表が発表! モナコFWムバッペは選外《U-20W杯》2017.05.08 22:25 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽フランスサッカー連盟(FFF)は8日、韓国で行われるU-20ワールドカップ(W杯)に臨むU-20フランス代表メンバーを発表した。

▽今回のメンバーには、本大会予選も兼ねていた2016年のU-19欧州選手権を制したメンバーが中心となり、MVPを獲得したパリ・サンジェルマンのFWジャン=ケビン・オギュスタンやMFクリストファー・エンクンク、リヨンのMFリュカ・トゥサール、トゥールーズのDFイッサ・ディオップらリーグ・アンでプレーする選手を招集。また、かつてフランス代表やユベントス、バルセロナなどで活躍したリリアン・テュラム氏の息子であるFWマルクス・テュラム(ソショー)も招集されている。

▽一方で、チャンピオンズリーグでの活躍も目覚ましいモナコのFWキリアン・ムバッペ・ロタンや、日本代表DF酒井宏樹とマルセイユで同僚のMFマキシム・ロペスが選外となった。

▽U-20フランス代表は、U-20ホンジュラス代表、U-20ベトナム代表、U-20ニュージーランド代表とグループで同居している。今回発表されたU-20フランス代表メンバーは以下のとおり。

◆U-20フランス代表メンバー
GK
ポール・ベルナルドーニ(ボルドー)
カンタン・ブラー(ナント)
アルバン・ラフォン(トゥールーズ)

DF
オリバー・ボスカグリ(ニース)
イッサ・ディオップ(トゥールーズ)
エノック・クアテング(ナント)
クレマン・ミシェラン(トゥールーズ)
ジェロメ・ジュニオル・オングエネ(シュツットガルト/ドイツ)
ロナエル・ピエール・ガブリエル(サンテチェンヌ)
ヨアン・セベラン(ズルテ・ワレヘム/ベルギー)

MF
ジャンド・フックス(ソショー)
アミーヌ・アリ(ナント)
クリストファー・エンクンク(パリ・サンジェルマン)
デニス・ウィル・ポハ(スタッド・レンヌ)
イブラヒマ・シッソコ(スタッド・ブレスト29)
リュカ・トゥサール(リヨン)

FW
ジャン=ケビン・オギュスタン(パリ・サンジェルマン)
リュドリク・ブラ(ギャンガン)
アラン・サン=マクシマン(バスティア)
マルタン・テリエル(リール)
マルクス・テュラム(ソショー)

コメント

関連ニュース

thumb

大会MVPはイングランド代表FWソランケ! 得点王はイタリア代表FWオルソリーニ!《U-20W杯》

▽11日、韓国で開催されていたFIFA U-20ワールドカップ(W杯)2017の全日程が終了した。そして、決勝戦終了後に大会最優秀選手賞および大会得点王が発表された。 ▽イングランド代表の初優勝で幕を閉じたFIFA U-20W杯で、大会最優秀選手に与えられるゴールデンボールに輝いたのは、イングランドを優勝に導く原動力となったFWドミニク・ソランケ(19)。今大会で全試合に出場し、チーム最多の4ゴールを記録したソランケは、今夏チェルシーを退団し、新シーズンからリバプールでプレーする注目のアタッカーだ。 ▽シルバーボールに選出されたのは、4位フィニッシュしたウルグアイ代表の中盤で絶大な存在感を放ったMFフェデリコ・バルベルデ(18)。母国の名門、ペニャロールで輝きを放った守備的MFの逸材は、現在レアル・マドリー・カスティージャで研鑽を積んでいる。 ▽ブロンズボールには、ベネズエラ代表の3位入賞にキャプテンとして大きく貢献したMFヤンヘル・エレーラ(19)が選出。既にフル代表デビューを飾っている逸材ボランチは、マンチェスター・シティのリザーブチームに在籍しており、現在は提携クラブのニューヨーク・シティで武者修行中だ。 ▽大会得点王に与えられるゴールデンブーツは、今大会で5ゴールを記録したイタリア代表FWリッカルド・オルソリーニ(20)が受賞。セリエBのアスコリで“イタリアのロッベン”と評される左利きの右ウイングは、来シーズンからのユベントス加入が決定している逸材だ。 ▽シルバーブーツには4ゴールを記録したアメリカ代表FWジョシュア・サージェント(17)、ブロンズブーツには同じく4ゴールのフランス代表FWジャン=ケヴァン・オギュスタン(19)が選出された。 ▽また、最優秀GKに贈られるゴールデングローブは、決勝戦で見事なPKストップを披露し、イングランドの1-0の勝利の立役者となったGKフレディー・ウッドマン(20)が選ばれた。なお、FIFA U-20W杯2017の各賞受賞者は以下の通り。 <span style="font-weight:700;">◆ゴールデンボール(最優秀選手賞)</span> イングランド代表FW:<span style="font-weight:700;">ドミニク・ソランケ</span>(リバプール/イングランド) ・シルバーボール ウルグアイ代表MF:<span style="font-weight:700;">フェデリコ・バルベルデ</span>(レアル・マドリー・カスティージャ/スペイン) ・ブロンズボール ベネズエラ代表MF:<span style="font-weight:700;">ヤンヘル・エレーラ</span>(ニューヨーク・シティ/アメリカ) <span style="font-weight:700;">◆ゴールデンブーツ(大会得点王)</span> イタリア代表FW:<span style="font-weight:700;">リッカルド・オルソリーニ</span>(ユベントス/イタリア) ・シルバーブーツ アメリカ代表FW:<span style="font-weight:700;">ジョシュア・サージェント</span>(セントルイス・スコット・ギャラガー・ミズーリ/アメリカ) ・ブロンズブーツ フランス代表FW:<span style="font-weight:700;">ジャン=ケヴァン・オギュスタン</span>(パリ・サンジェルマン/フランス) <span style="font-weight:700;">◆ゴールデングローブ(大会最優秀GK)</span> イングランド代表GK:<span style="font-weight:700;">フレディー・ウッドマン</span>(ニューカッスル/イングランド) <span style="font-weight:700;">◆FIFAフェアプレー賞</span> <span style="font-weight:700;">メキシコ代表</span> 2017.06.12 00:16 Mon
twitterfacebook
thumb

ベネズエラとの激闘を制したイングランドがU-20W杯初制覇!《U-20W杯》

▽FIFA U-20ワールドカップ(W杯)決勝戦のU-20ベネズエラ代表vsU-20イングランド代表が11日に行われ、0-1でイングランドが勝利。イングランドが11度目の出場で同大会初優勝を飾った。 ▽準決勝でPK戦の末にU-20ウルグアイ代表に勝利したベネズエラと、準決勝でU-20イタリア代表に3-1と快勝したイングランドが激突。どちらが勝っても初優勝となる一戦は、ポゼッションを高めて能動的に仕掛けるイングランドに対し、ベネズエラがショートカウンターを狙う展開となる。 ▽すると10分、イングランドが最初のチャンスを迎える。ドーウェルとのワンツーでボックス右から侵入したソランケがフリーでシュートを放ったが、これはGKファリニェスが正面でブロックした。 ▽さらに22分、バイタルエリア左でパスを受けたソランケが中央へ横パスを供給すると、これに反応したルックマンがペナルティアーク手前からシュート。しかし、これもGKファリニェスの好セーブに防がれた。 ▽ここまでわずか3失点と堅守を誇るイングランドDFを前にほとんど決定機を作れなかったベネズエラだが、24分にセットプレーからチャンスを迎える。ヤンヘル・エレーラがアタッキングサード手前で倒されFKを獲得すると、ルセナが意表を突いたロングシュートでゴールを狙う。しかし、わずかに左に逸れたシュートはポストを直撃した。 ▽ピンチを凌いだイングランドは35分、中盤でFKを獲得するとルイス・クックのロングフィードをボックス左手前でカルバート=ルーウィンが競り合うと、相手DFのクリアミスを誘発。これに反応したカルバート=ルーウィンがボックス内に侵入しフリーでシュート。一度はGKファリニェスに弾かれるも、こぼれ球を再びカルバート=ルーウィンが押し込み、イングランドが先制に成功した。 ▽先制を許したベネズエラは42分、バイタルエリア左でFKを獲得。このFKをペニャランダが直接狙うも、シュートはわずかにゴール左に逸れた。 ▽イングランドの1点リードで迎えた後半、ベネゼエラは[4-2-3-1]の布陣から[4-4-2]の布陣に変更。前半は左MFで起用したペニャランダを1列前に移動させた。すると50分、左サイドで獲得したFKからルセナがクロスを供給。これをボックス中央のY・エレーラが頭で合わせたが、これはGKウッドマンがキャッチ。 ▽攻勢を強めたいベネズエラは51分、チャコンを下げてソテルドを投入。すると直後の52分、ソテルドのスルーパスでボックス右から侵入したセルヒオ・コルドバが決定機を迎えたが、これは飛び出したGKウッドマンがファインセーブ。さらに55分にも、ルセナの右CKからY・エレーラがヘディングシュートを放ったが、これも相手GKのセーブに阻まれた。 ▽後半序盤からベネゼエラの猛攻を受けたイングランドだが、56分に反撃。バイタルエリアまで持ち上がったオノマーが強烈なミドルシュートでベネズエラゴールを脅かしたが、これはクロスバーを直撃した。 ▽ソテルドの交代で敵陣へ侵攻する回数が増えたベネズエラに同点のチャンスが訪れる。73分、ボックス内でペニャランダがクラーク=ソルターに倒されPKを獲得。しかし、このPKをペニャランダが失敗。同点のチャンスを逃してしまう。 ▽試合終盤にかけて決死の猛攻を見せるベネズエラに対し、イングランドは最後まで集中した守り披露。結局、試合はそのまま終了。1-0で勝利したイングランドが、U-20W杯初制覇を飾った。 2017.06.11 20:57 Sun
twitterfacebook
thumb

ウルグアイとのPK戦を制したイタリアが初の3位で大会を終える!《U-20W杯》

▽11日にFIFA U-20ワールドカップ(W杯)3位決定戦のU-20ウルグアイ代表vsU-20イタリア代表が行われ、0-0で90分間の戦いが終了。その後に行われたPK戦を4-1で制したイタリアが初の3位入賞を果たした。 ▽準決勝でPK戦の末にU-20ベネズエラ代表に敗れたウルグアイと、U-20イングランド代表に1-3で敗れたイタリアの一戦。グループステージ初戦と同じ顔合わせとなった3位決定戦は、開始3分にウルグアイにチャンス。前線でボールキープしたアルダイスのラストパスをボックス右で受けたカノッビオが縦に切り込みシュート。しかし、これは右サイドネットに外れる。 ▽対するイタリアは17分、ボックス右付近でオルソリーニの落としを受けたペッゼッラがクロスを供給。ファーサイドでフリーのパニコが右足で合わせるも、ボールはGKメレのファインセーブに阻まれた。 ▽その後は、連戦の疲れからか試合が停滞する。40分、ウルグアイはバイタルエリア中央からビエラが強烈なロングシュートでイタリアゴールを脅かしたが、これもGKプリツァーリのセーブに防がれ、前半はゴールレスで終了した。 ▽迎えた後半、攻撃のギアを上げたウルグアイは立ち上がりから決定機を作る。46分、スルーパスで左サイドを突破したオリベラがマイナスに折り返すと、ボックス中央に走り込んだバルベルデが合わせたが、これはゴール右に外れた。 ▽攻勢を強めるウルグアイは、55分にボックス右付近までオーバーラップしたルイス・ロドリゲスがアーリークロスを供給。相手GKの前を通過したボールをゴール左に走り込んだアルダイスがスライディングシュートで合わせたが、ボールはGKプリツァーリの好セーブに阻まれた。 ▽ピンチを凌いだイタリアは59分、マンドラゴーラのパスをボックス左で受けたパニコがゴールネットを揺らしたが、パニコへのパスがオフサイドの判定となりゴールは取り消された。イタリアは、62分にもファヴィッリがミドルシュートでウルグアイゴールを狙うが、これもGKメレに防がれる。 ▽その後も一進一退の攻防が続く中、ウルグアイは87分に決定機。自陣からのロングカウンターを仕掛けるとクルスのパスをボックス中央で受けた途中出場のボセッリが反転から左足を振り抜いたが、シュートはGKプリツァーリの正面を突いてしまう。 ▽結局、90分間の戦いでは決着が付かず、PK戦に委ねられることになった。ABBA方式で行われたPK戦では、全員が成功したイタリアに対し、ウルグアイは2人目のアマラルと3人目のボセッリが失敗。この結果、4-1でPK戦を制したイタリアが強豪ウルグアイを撃破し、今大会3位フィニッシュを果たした。 2017.06.11 17:45 Sun
twitterfacebook
thumb

リバプールFWソランケの2Gで逆転のイングランド、イタリアを下し決勝戦へ! 《U-20W杯》

▽FIFA U-20ワールドカップ(W杯)準決勝のU-20イタリア代表vsU-20イングランド代表が8日に行われ、3-1でイングランドが勝利を収め、決勝進出を果たした。 ▽準々決勝で延長戦の末、3-2でザンビアを下したイタリアと、1-0でメキシコを退けたイングランドが激突した。 ▽試合は開始早々に動く。2分、自陣でFKを得たイタリアが素早いリスタート。イングランドの対応が遅れているうちに、スルーパスからボックスに侵入したファヴィッリが中へ折り返す。そこに右から走り込んできたオルソリーニが左足で合わせ、イタリアが先制に成功した。来シーズンのユベントス加入が内定しているオルソリーニは今大会5点目となった。 ▽その後は膠着した状態が続いたが、中盤で高い技術力を見せるイタリアがやや優勢に試合を進める。しかし、イングランドも徐々に攻勢に出ると、42分に右サイドからのクロスをソランケがバックヘッドでシュートに持ち込むが、ゴールの右に逸れる。直後の43分には再びソランケがミドルシュートでゴールを狙うが、GKの正面に飛んでしまい同点にはいたらなかった。 ▽迎えた後半、早く同点に追いつきたいイングランドは攻勢をさらに強め、次々とイタリアゴールを脅かす。53分、ソランケが自陣でボールを持つと、カウンター気味にドリブルを開始。そのままボックス手前まで持ち込みシュートを狙うが、ゴールの上へ外れた。 ▽さらに、54分にドーウェルに代わって入ったオジョが、立て続けに決定機を迎える。55分に左サイドからのクロスのこぼれ球をオジョが狙うがゴールの左へ。さらに59分にもボックス右外からオジョが左足で狙うも、ボール一つ分枠の左へそれてしまう。続く61分にもオジョにチャンスが訪れるがGKザッカーニョに阻まれる。 ▽猛攻のイングランドが同点に追いつくのは時間の問題だった。66分、右サイドのオジョがクロスを上げると、GKザッカーニョが手ではじき返す。しかし、そのボールがソランケの下へ繋がると、ソランケはダイレクトで蹴り込み、ネットを揺らした。 ▽完全にイングランドの流れの中、勢いそのままに逆転に成功する。交代で入って以降何度もチャンスを演出しているオジョが、右サイドからクロスを上げると、ゴール前のルックマンが胸でトラップし、ハーフボレーでゴールに沈めた。 ▽イタリアに反撃の隙を与えないイングランドは、1点リードのまま迎えた試合終了間際の88分、ボックス外中央でボールを持ったソランケが、チェックが緩いと見るや否やミドルシュートを選択。ゴール前でワンバウンドしたシュートは、GKザッカーニョの右手を掠めてゴールに吸い込まれた。この試合で2点目を決めたリバプールFWソランケは今大会4得点目を記録した。 ▽試合はこのまま終了。最後にダメ押し弾を決めたイングランドが、イタリアを逆転で下し決勝進出を決めた。 2017.06.08 22:13 Thu
twitterfacebook
thumb

死闘の末、PK戦を制したベネズエラがウルグアイを下し決勝進出!! 《U-20W杯》

▽FIFA U-20ワールドカップ(W杯)準決勝U-20ウルグアイ代表vsU-20ベネズエラ代表が8日に行われた。1-1でPK戦にまで突入した試合は、4-3でPK戦を制したベネズエラが決勝進出を果たした。 ▽準々決勝ではPK戦の末、ポルトガルを退けたウルグアイと、アメリカを2-1で破ったベネズエラが激突。共に日本を倒したチーム同士の一戦となった。 ▽試合立ち上がりはベネズエラペースで進んでいく。開始1分に、ルセナが敵陣中央からロングシュートでGKフェリネスを急襲すると、13分にもフェラレーシがFKから頭で合わせるなど、GKに休む暇を与えない。 ▽試合半ばにかけてウルグアイも反撃を開始。25分に、バルベルデがFKを直接狙いGKの横っ飛びを余儀なくすると、続く28分には、サラッチがボックス左からシュートを放つが、GKにセーブされる。 ▽無得点のまま迎えた後半。開始早々の49分にウルグアイが試合を動かす。ボックスに侵入したカノッビオがメヒアスに倒されてPKを獲得。キッカーを務めたクルスがGKの逆を突いて先制点をもたらした。 ▽先制したウルグアイは、51分にも追加点のチャンスが訪れる。クルスがボックス右からクロスをあげると、ゴール前フリーで待っていたスキアッパカッセがダイレクトで狙う。しかし、やや当たり損ねたシュートはGKフェリネスがブロック。こぼれ球に詰めるも今度はDFのブロックに遭い、得点とはならなかった。 ▽その後は両チームともシュートチャンスは作るものの、相手ゴールを脅かすまでには至らない。このまま終わるかに思えたが試合終了間際の91分、Y・エレーラが倒されベネスエラにFKの判定。ボックス手前右からのFKをソサが左足で見事に決めて、土壇場で同点に追いついた。 ▽1-1で突入した延長前半、98分にクルスがドリブルで突破し、ボックス左のカノッビオにラストパス。左足からのシュートはGKの正面に飛んでしまいゴールとはならず。直後の99分、ウルタドが難しい角度から右足で狙うが、GKサンティアゴ・メレがセーブする。 ▽延長戦も後半になり、気力での戦いになる時間帯。両チームとも何とかシュートまで持ち込むが、最後の場面で精彩を欠き2点目を奪うことができない。そんな中、120分にベネズエラが最大の決定機を迎える。右サイドからのクロスをウルタドが右足で合わせるも、これが右ポストを直撃。120分で勝敗がつかずそのままPK戦に突入した。 ▽PK戦はウルグアイの2人目のキッカー、ルイス・ロドリゲスがGKフェリネスに読まれ失敗。その後ベネズエラの4人目のシテルドがクロスバーに当ててしまいイーブンに。互いに一人ずつ失敗して迎えた5人目は、先攻のベネズエラはきっちり沈めたが、ウルグアイの5人目をキッカーを務めたキャプテン・クルスが、GKフェリネスが足で止めるというファインセーブに遭い失敗。劇的な同点弾から、4-3でPK戦を制したベネズエラが逆転勝利し、決勝進出を決めた。 2017.06.08 20:19 Thu
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース