超ワールドサッカー

中国が2034年のワールドカップ開催へ始動…100周年記念大会は回避へ2017.05.08 19:35 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) goal.com
中国がワールドカップ開催国として名乗りを挙げようとしている。中国紙『タイタン・ スポーツ』が報じている。

中国は2034年のワールドカップ開催国に立候補する正式なプロセスに進むことになると見られている。今週バーレーンで開催されるFIFAの定例会では、大会の大陸持ち回り方式についても議論が行われる予定だ。1大会の間隔を空ければ、大陸に関する縛りが無くなる可能性もある。2022年に開催されるカタールワールドカップの8年後となる2030年にも、中国は立候補できることになる。

しかし、2030年はウルグアイで開催された第1回大会から100周年を迎えるため、アルゼンチン、チリ、ウルグアイなどの南米の国々が開催国へと立候補すると見られているため、2030年の開催は難しいと考えているようだ。


提供:goal.com

コメント



U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース