久保の今季リーグ戦9ゴール目も実らず、4失点のヘントが敗戦《ベルギー・ジュピラーリーグ》2017.05.08 05:02 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヘントは7日、ベルギー・ジュピラーリーグのプレーオフ1第7節で、オースデンテと戦い、3-4で敗れた。先発出場した日本代表FW久保裕也は、80分に得点を記録している。

▽勝ち点37で3位につけるヘントは、3ポイント差で迫る4位のオースデンテと対戦。前節無得点に終わった久保は、この日も先発に起用された。

▽試合はアウェイのヘントが13分に先制する。ケネス・サイエフがボックス左からクロスを上げると、ボールはそのままGKの頭上を越えてゴールに吸い込まれた。しかし、24分にオースデンテに同点に追いつかれると、56分に再びリードするものの、65分から立て続けに3失点。2-4とされてしまった。

▽それでも諦めないヘントは80分、久保が左サイドのサイエフにパスを送ると、サイエフの折り返しを久保が左足で決めて、今季リーグ戦9得点目をマークした。

▽しかし、久保のゴールで1点差に詰め寄ったものの、ヘントの反撃はここまで。勝ち点を伸ばすことができず、残り3試合となったプレーオフで、チャンピオンズリーグ出場権獲得となる2位クラブ・ブルージュとは4ポイント差となり、苦しい状況に立たされた。

コメント

関連ニュース

thumb

武藤嘉紀、ポジション争いでリード?絶賛するマインツSDは「次のステップ」へ進むことを要求

今シーズンからマインツを率いるサンドロ・シュワルツ新監督は、FW武藤嘉紀をレギュラーとして起用するのだろうか。同クラブのルーヴェン・シュレーダーSD(スポーツディレクター)は武藤に対する高い評価を口にするとともに、「彼が次のステップに進むことを求めている」と語った。<br><br>マインツは今夏のマーケットで、FWジョン・コルドバをケルンへと売却した一方、オサスナからFWケナン・コドロ、ミドルスブラから本職はウィンガーのビクトル・フィッシャーと攻撃陣を補強。昨シーズンは負傷の影響もあり、コルドバにポジションを奪われた武藤だが、新たなライバルと定位置を争うことになった。<br><br>これまでのプレシーズンマッチを見ると、武藤がセンターフォワードのポジションを争う相手は23歳のコドロとなりそうだ。シュワルツ監督もドイツ誌『キッカー』で「ケナンはスペースの中でとても良い動きを見せており、フィニッシュにも長けている。それに非常に勉強熱心で、常に改善点について聞いている」と新戦力への満足感をうかがわせている。<br><br>それでも『キッカー』の見解によると、「センセーショナルなフィットネス状態にいる日本人選手」が、今のところコドロとの競争で一歩リードしているという。シュレーダーSDは同誌に対し、武藤は「走って詰める能力がとても優れている。彼は完璧な&ldquo;プレス選手&rdquo;だ」と絶賛すると同時に「我々は彼が次のステップに進むことを求めている」とコメントした。<br><br>シュレーダーSDはまた、「彼はジョン(・コルドバ)の影から抜け出すことになる」と武藤の現状について言及。さらに「お手本であり、模範的なプロ選手でもある」と続け、マインツ加入3年目となる今季に「新たな責任を背負わなければいけないことを彼も感じているだろう」と、25歳の武藤がチーム内で&ldquo;先輩役&rdquo;を務めることを望んでいるようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.07.25 10:09 Tue
twitterfacebook
thumb

アウクスブルク宇佐美貴史、練習試合で決定機を逃すも地元紙が高く評価「一番目立った存在」

アウクスブルクに所属する日本代表FW宇佐美貴史の調子は上向きのようだ。昨シーズン、同選手に対して何度か辛口コメントを向けた地元紙『アウクスブルガー・アルゲマイネ』 は、先日のテストマッチでのパフォーマンスについて「一番目立っていた」と称賛している。<br><br>アウクスブルクは22日、2部昇格組のレーゲンスブルクと対戦し、韓国代表FWチ・ドンウォンが得点を決めるも1-2で敗れている。宇佐美はこの一戦で、64分からそのチ・ドンウォンの代わりとして出場。79分には右サイドからのクロスに反応し、フリーの状況でシュートを放つも、ボールは枠を越える。また終了間際には相手4人をかわしてペナルティーエリアに侵入するが、フィニッシュは再びクロスバーの上に外れ、結局ゴールを生むことはなかった。<br><br>だが、それでも『アウクスブルガー・アルゲマイネ』はそのパフォーマンスを称賛。昨シーズンの&ldquo;心配の種&rdquo;と形容される宇佐美について「レーゲンスブルク戦では最後の26分間プレー。2つの大きな決定機を逃したが、出場していた時間帯では一番目立った存在となった」と記し、この試合におけるポジティブな要素に見立てた。<br><br>アウクスブルクのトップチームでプレーする選手数は現在36人と、戦力が飽和状態となっている。これからスクワッドの整理に入ると見られる同クラブは、イングランドの地でミドルスブラ(29日)やサウサンプトン(8月2日)とのプレシーズンマッチを控える。<br><br>レーゲンスブルク戦後、マヌエル・バウム監督は「我々はどれほどの1000%の決定機を逃したのだろうか」と攻撃陣の決定力不足について苦言を呈したが、宇佐美のチャンスに絡むプレーも目に入ったはず。もちろん、宇佐美としてはゴールに迫るだけではなく、実際に数字となる結果を残したいところだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.07.25 10:06 Tue
twitterfacebook
thumb

パチューカ本田圭佑、早期復帰を示唆…次節ホーム開幕戦でデビューの可能性が再浮上

パチューカに所属する日本代表FW本田圭佑が、指揮官の言葉よりも早く復帰できることを示唆している。<br><br>リーガMX(メキシコ1部リーグ)が22日に開幕し、パチューカはプーマスと対戦した。本田は筋肉系の問題のため、開幕戦を欠場。指揮官のディエゴ・アロンソ監督は0-1と敗れた試合後、本田について「まだ出場することができない。おそらく3~4週間はかかるだろう」と話していた。<br><br>しかし、本田は現地時間の24日、自身のツイッターを更新。英語で「3~4週間かかると聞いていますが、予想より早く復帰できると思っています。感触はいいです」とつぶやき、早期復帰をほのめかしている。<br><br>また、本田のパチューカデビューが次節のホーム開幕戦、クラブ・アメリカ戦になる可能性が高まっていることも『Goal』の取材で明らかになっている。8月中旬頃にずれこむとうわさされたメキシコデビューだが、7月中に果たすことはできるのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2017.07.25 10:05 Tue
twitterfacebook
thumb

シュツットガルト、ブンデス2部優勝へ導いたヴォルフ監督と2019年まで契約延長!!

▽日本代表FW浅野拓磨が所属するシュツットガルトは24日、ハネス・ヴォルフ監督(36)と2019年6月30日まで契約を延長した。 ▽ヴォルフ監督は、2016年9月に退任したヨス・ルフカイ前監督の後任としてシュツットガルトの指揮官に就任。9位に低迷していたチームの立て直しに尽力すると、2度のリーグ戦5連勝を達成。チームを40年ぶり2度目のブンデスリーガ2部優勝に導いた。 ▽シュツットガルトと新契約を結んだヴォルフ監督は、公式サイトで以下のように喜びを示した。 「我々は、これまでの10ヵ月で選手、クラブ、街の人々から多くの敬意と信頼を勝ち得た。シュツットガルトで監督を続けられることは、私の特権でとても喜ばしいことだ。これからも責任を果たし、チームを成功に導いていきたい」 ▽また、シュツットガルトはアシスタントコーチを務めるミゲル・モレイラ氏(33)とも2019年まで契約延長したことを発表している。 2017.07.25 04:55 Tue
twitterfacebook
thumb

MF堂安律が先発! フローニンヘンvsグラナダのトレーニングマッチは2-2のドロー《フレンドリーマッチ》

▽22日、フローニンヘンvsグラナダのフレンドリーマッチが行わレ、2-2のドローに終わった。MF堂安律は先発出場し58分までプレーした。 ▽試合は9分、ヴェルドウィクがダイレクトでシュート。GKが弾くも、こぼれ球をイドリッシがこぼれ球を流し込みフローニンヘンが先制する。 ▽堂安は右サイドでバクーナとの素晴らしい連携で攻撃を牽引。ワンツーを繰り返しボックス内に侵入するも、シュートは打てない。 ▽すると21分、堂安がドリブルで持ち上がると、そこからパスをつなぎ、最後はうまく抜け出したバクーナがネットを揺らし、フローニンヘンがリードを2点に広げる。 ▽グラナダは50分、左サイドからのクロスにペドロがボックス中央で頭で合わせ1点を返す。後半はグラナダが攻め込む展開が続くと、80分にPKを獲得。これをマチスがしっかりと沈め同点に。そのまま試合は終了し、2-2のドローに終わった。 フローニンヘン 2-2 グラナダ 【フローニンヘン】 ヴェルドウィク(前9) イドリッシ(前21) 【グラナダ】 ペドロ(後5) マチス(後35) 2017.07.23 13:02 Sun
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース