超ワールドサッカー

水戸GK岡田明久が昨季に続き鈴鹿アンリミテッドFCへ育成型期限付き移籍「今年も共に戦いましょう」2017.05.07 16:38 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
▽水戸ホーリーホックは7日、GK岡田明久(22)が東海社会人サッカーリーグ1部の鈴鹿アンリミテッドFCへ育成型期限付き移籍することを発表した。期限付き移籍期間は2018年1月31日までとなる。

▽岡田は鹿島アントラーズユースから2013年に水戸へ入団。水戸では2015年の天皇杯でデビュー。昨シーズンも鈴鹿アンリミテッドFCへ期限付き移籍していた。岡田は水戸を通じてコメントしている。

「鈴鹿アンリミテッドFCに移籍することになりました。チームは変わりますが、自分の選んだ状況の中で一生懸命プレーすることが自分のするべき事だと思っています。引き続き応援をよろしくお願いします」

▽また、鈴鹿を通じてもコメント。JFL昇格を逃した昨シーズンの悔しさを晴らすと誓った。

「水戸ホーリーホックから移籍してきました岡田明久です。去年果たせなかった大きな目標に再び挑戦させてもらえる場を作ってくれた小澤監督をはじめ、アンリミテッドの関係者、ファン、サポーターの方々には本当に感謝しています。去年の悔しさは、忘れたくても忘れられるものではありません。この悔しさは去年と同じ大きな目標を達成することでしか晴らせません。今年も共に戦いましょう。応援よろしくお願いします」

コメント

関連ニュース

thumb

水戸vs徳島は両者譲らずドロー《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第15節の水戸ホーリーホックvs徳島ヴォルティスが21日にケーズデンキスタジアム水戸で行われ、1-1で終了した。 ▽ここまで4勝6分け4敗で14位に位置する水戸と、6勝4分け4敗で9位の徳島が激突した。試合序盤、積極性を見せたのはホームの水戸だったが、先行したのは徳島だった。井筒の浮き球ボールで左サイドを抜けた馬渡がボックス左でクロス。これを正面の大崎淳が押し込み、徳島が試合の均衡を破る。 ▽ハーフタイムにかけては、一進一退の攻防が繰り広げられる。しかし、両者共にアタッキングサードでの決め手を欠いて決定的なチャンスをなかなかつくれず、ゴールレスのまま前半が終了した。 ▽ハーフタイム明け、徳島は大崎淳と杉本に代えて渡と前川を投入。対する水戸は、57分に橋本を下げて佐藤和弘を送り出す。さらに、状況の打開を狙う水戸は、62分に船谷に代えて白井を投入する。 ▽終盤にかけては、攻撃に人数をかけ始める水戸に対して、徳島がカウンターを狙う展開となる。78分には、水戸にビッグチャンス。ハーフウェーライン過ぎからドリブルで持ち上がった前田がボックス内に進入してシュートを放つも、GK長谷川のセーブに遭う。 ▽それでも、85分には水戸がゴールを奪いきる。右サイドから佐藤和弘が入れたFKにニアサイドの細川が頭で合わせる。このシュートは左ポストに直撃するも、跳ね返りを前田が押し込み、1-1とした。 ▽その後も水戸が勝ち越し弾を狙って攻勢に出たが、徳島が耐えきって試合終了。両者が勝ち点を分け合った。 2017.05.21 16:01 Sun
twitterfacebook
thumb

6戦無敗、勝ち点差1の京都vs水戸は互いに譲らずドロー《J2》

▽17日、明治安田生命J2リーグ第14節の京都サンガF.C.vs水戸ホーリーホックが京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場で行われ、1-1の引き分けに終わった。 ▽現在4勝4分け5敗、ここ6試合負けなしの15位京都が、4勝5分け4敗で、同じく6試合負けなしの14位水戸を迎えた一戦。京都は湯澤聖が6試合ぶりに先発。闘莉王はイ・ヨンジェとともに2トップを組んだ。一方の水戸は、前節から4名を変更。田向、湯澤洋が3試合ぶりに出場した。 ▽試合は11分、石櫃のロングスローをDFがクリア。これを吉野がボックス外からダイレクトシュートも、枠を大きく外す。14分には、左サイドからのクロスをファーサイドで闘莉王が胸トラップ。そのままシュートを放つも、右ポストを叩いてしまう。 ▽攻め込まれていた水戸だったがワンチャンスをものにする。右サイドで裏へのパスに反応した前田がボックス内右から右足一閃。これが豪快にネットを揺らし、アウェイの水戸が先制する。 ▽先制を許した京都は29分、自陣からのクリアボールを上手く受けたイ・ヨンジェがドリブルで独走。そのままボックス内に侵入しシュートを放つも、GKがしっかりセーブする。 ▽水戸は後半頭から湯澤洋に代えて、パウロンを投入。パウロンが細川、福井と3バックを形成し、田向が1列あがる。 ▽48分、水戸は左CKを獲得すると橋本がショートコーナーを選択。そのリターンを橋本がクロスを上げるも、合わせに行った林がわずかに届かない。 ▽59分、左からのクロスに走り込んだ闘莉王が足を伸ばして合わせるも、シュートは力なくGK笠原がキャッチする。水戸は65分、今瀬のロングスローがクリアされると、こぼれ球を内田がシュート。しかし、枠を外す。 ▽攻め込みながらもゴールが遠い京都だったが69分、望月がボックス内右で前田に倒されPKを獲得。これを大黒がPKを左隅に豪快に蹴り込み、京都が同点に追いつく。大黒は今シーズン初ゴールとなった。 ▽同点に追いつき勢いに乗る京都は74分、小屋松の落としを闘莉王がシュート。しかし、DFがブロック。76分にはボックス内で浮き球に反応した大黒がトラップも、シュートは打てない。 ▽押し込む京都は、大黒を中心に攻め込むもシュートを放つことができず。防戦が続く水戸は後半アディショナルタイムに前田が抜け出し、ボックス内でシュート。しかし、これは枠を捉えられず試合終了。1-1のドローに終わり、両チームとも無敗を7試合に伸ばした。 2017.05.17 21:12 Wed
twitterfacebook
thumb

水戸FW角口大征がJFLの東京武蔵野シティFCへ育成型期限付き移籍「成長できるようにチャレンジしたい」

▽水戸ホーリーホックは9日、FW角口大征(20)がJFLの東京武蔵野シティFCに育成型期限付き移籍することを発表した。期限付き移籍期間は2018年1月31日までとなる。 ▽角口は、関東第一高校から水戸に加入。鈴鹿アンリミテッドFCへの期限付き移籍も経験しているが、水戸での公式戦出場はない。角口は水戸を通じてコメントしている。 「東京武蔵野シティFCに移籍することになりました。自分が成長できるようにチャレンジしたいと思い、移籍を決断しました。チームは離れますが、これからも成長を見守ってくれたら嬉しいです。これからも応援よろしくお願いします」 ▽また、東京武蔵野シティFCを通じてもコメントしている。 「初めまして、水戸ホーリーホックから加入しました角口大征です。チームのために全力でプレーします。よろしくお願いします」 2017.05.09 22:18 Tue
twitterfacebook
thumb

3連勝狙った長崎、ファンマ不発で水戸と痛み分け《J2》

▽7日にトランスコスモススタジアム長崎で行われた明治安田生命J2リーグ第12節のV・ファーレン長崎vs水戸ホーリーホックは、0-0のドローに終わった。 ▽6勝1分け4敗で6位に位置する長崎と、4勝3分け4敗で13位の水戸が激突した。試合は互いに攻め手を探るように立ち上がったが、それぞれ局面でのスペースメークに苦労。シュートシーンも少なく、長くこう着した試合展開となる。 ▽そうした戦況の中、39分には長崎に先制機。左サイドから上がったクロスにファンマが頭で合わせる。クロスバーの跳ね返りに反応した福田が押し込みにかかるが、ボールはゴール左に外れてしまう。 ▽前半終盤から後半の入りにかけて持ち直し始めていった長崎。しかし、対する水戸も19歳のFW前田大然を中心とした速攻を仕掛けていき、長崎に試合の流れを渡さない。 ▽その後、手持ちの3つの交代枠を駆使しながら打開を狙った両者だが、最後まで重い展開を攻略ならず、ゴールレスの痛み分け。この結果、長崎の連勝は「2」で止まった。水戸は5戦負けなしとしている。 2017.05.07 15:00 Sun
twitterfacebook
thumb

山形vs水戸は互いにフィニッシュの精度を欠いてゴールレスドロー《J2》

▽3日、明治安田生命J2リーグ第11節のモンテディオ山形vs水戸ホーリーホックがNDソフトスタジアム山形で行われ、0-0のゴールレスドローに終わった。 ▽ここまで3勝4分け3敗で14位につける山形と、4勝2分け4敗で13位につける水戸の一戦。前節2-0で愛媛FCに敗れた山形は、先発を1名変更。中村に変えて汰木を起用した。一方の水戸は3-2で勝利した前節のFC町田ゼルビア戦から2名を変更。浜崎に変えて田向、内田に変えて今瀬を起用した。 ▽最初に決定機を作ったのは山形だった。11分、阪野がボックス内でキープすると、パスを受けた汰木がボックス中央からシュート。しかし、GK笠原がセーブする。 ▽水戸は直後の12分、佐藤祥の左サイドからのグラウンダーのクロスを前田が押し込むもGK児玉が右足でセーブ。こぼれ球を林がシュートも、クロスバーに嫌われる。 ▽山形は26分、汰木がドリブルで持ち込んでシュートもGK杉本がセーブする。30分には山田が右サイドからクロスを上げるも、DFにクリアされる。 ▽水戸は31分、湯澤が自陣からドリブルで運ぶと、前田へパス。前田はボックス右からシュートを放つも、GK児玉がセーブする。結局、前半はゴールが生まれず、0-0のイーブンで折り返す。 ▽両チームとも選手交代なしで迎えた後半、序盤はホームの山形が主導権を握る。47分、山田がクロスを送るもDFがクリア。48分には汰木が左からクロスを上げるも、これもDFにクリアされる。 ▽水戸は徐々に盛り返すと51分、ロングスローから林がヘッドですらすと、最後は湯澤がヘッド。しかし、枠を捉えられない。55分にはFKから橋本がパス。こぼれ球を拾った白井がシュートも、GK児玉がしっかりセーブする。 ▽終盤にかけては水戸が攻勢を掛けるも、シュートはことごとく精度を欠いて枠に飛ばない。結局互い決定力を欠いた試合は0-0のゴールレスドローに終わった。 2017.05.03 16:12 Wed
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース