呂比須ワグナー招へい報道の新潟、三浦文丈監督の休養発表…コーチの片渕浩一郎氏が暫定的に指揮2017.05.07 11:45 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽アルビレックス新潟は7日、三浦文丈監督(46)が休養することを正式発表した。今後、コーチを務める片渕浩一郎氏(42)が暫定的にトップチームの指揮を執り、同クラブU-15のコーチから内田潤氏(39)がトップチームコーチに昇格。新潟にとって、シーズン途中での監督交代は昨年の吉田達磨現ヴァンフォーレ甲府監督に続き2年連続となる。

▽三浦氏は今シーズンから新潟を指揮。昨年15位からの立て直しが期待されたが、明治安田生命J1リーグ第10節終了の現時点で1勝2分け7敗の勝ち点5で17位と厳しい戦いが続いている。また、現在はワーストの3連敗中。復調の兆しが見えない現状だ。なお、事前の報道によれば、後任監督にはブラジル2部のパラナ監督を辞任した呂比須ワグナー氏(48)の就任が有力視されている。

コメント

関連ニュース

thumb

群馬、元日本代表FW永井雄一郎、MF村田翔、FW盛田剛平の契約満了を発表

▽ザスパクサツ群馬は22日、FW永井雄一郎(38)とMF村田翔(30)、FW盛田剛平(41)の契約満了を発表した。 ▽永井は1997年に三菱養和SCから浦和レッズに加入してプロキャリアをスタートさせた。その後、カールスルーエ、清水エスパルス、横浜FCなどでプレー。2014年に当時関西リーグ1部のアルテリーヴォ和歌山で1年間プレーし、2015年2月に練習生を経て群馬に入団した。今シーズンは公式戦での出場はなかった。 ▽村田は2017年にブリオベッカ浦安から加入。移籍1年目の今シーズンは明治安田生命J2リーグで2試合に出場した。 ▽盛田は2017年にヴァンフォーレ甲府から加入。今シーズンはJ2リーグで10試合、天皇杯で1試合出場した。 ▽今シーズン限りでの退団が決定した3選手は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆永井雄一郎 「3年間、ありがとうございました。ザスパでプレーするきっかけを作ってくれた氏家GM補佐、そしてそのチャンスをくださった菅原元GM、には感謝しています。そして自分を応援してくださったサポーターの皆さん、ありがとうございました」 ◆村田翔 「1年間、ありがとうございました。尊敬できるベテラン、最高の同期、あたたかいファン・サポーターの皆様。群馬での生活、悔しい思いの方が多かったですが、最高でした!反逆のTAKE2はまだ終わっていません。また、会いましょう!」 ◆盛田剛平 「この1年間、ピッチ上でチームに全く貢献できなかったこと、ほんとに申し訳なく思います。でも、この悔しいという気持ちがある限り、また来季も現役でチャレンジしたいと思ってます。おおぎやラーメンコラボ第2弾ができないのが、ほんと悔やまれるところではありますが、皆さん、1年間ありがとうございました!! 師範盛田」 2017.11.22 19:36 Wed
twitterfacebook
thumb

富山、MF北井佑季、FW中西倫也との契約満了を発表

▽カターレ富山は22日、MF北井佑季(27)、FW中西倫也(25)との契約を満了することを発表。両名とも契約期限は今シーズン限りとなっている。 ▽神奈川県出身の北井は、2015年から富山でプレー。今シーズンは明治安田生命J3リーグ第32節終了時点で25試合に出場。天皇杯では2試合に出場していた。通算ではJ2で64試合5ゴール、J3で59試合6ゴール、天皇杯で7試合4ゴールを記録している。 ▽中西も、2015年から富山に所属。今シーズンはJFLのヴェルスパ大分に期限付き移籍していた。通算では、J3で50試合7得点、天皇杯1試合に出場している。契約満了となった両選手のコメントは以下のとおり。 ◆MF北井佑季コメント 「今シーズンで富山を去ることになりました」 「在籍した三年間、チームの目標であるJ2昇格に対し全力を尽くしてきましたが、結果が伴わずこのチームを去ることは非常に残念です。カターレ富山には社長をはじめ、素晴らしい選手、スタッフ、強化部、フロントの方々が揃っています。そんなチームだからこそ、来季は目標を掴んでほしいです。皆様がこれからもカターレ富山を少しでも支えて下さることを心から願っています」 「私自身はこれからも高みを目指し、家族の幸せを掴むために更に精進して参りたいと思います。残りのシーズン、大好きなカターレ富山に少しでも恩返しできるよう、心を込めてプレーしていきます。今後ともカターレ富山の応援をよろしくお願い致します。三年間ありがとうございました」 ◆FW中西倫也コメント 「富山に加入してから3年、いつも暖かく、時に厳しいサポーターの皆様やスタッフの方々、そしてチームメイトに恵まれた時間でした。このチームを去ることになりましたが、いつまでもカターレ富山のことは忘れません。3年間ありがとうございました」 2017.11.22 19:01 Wed
twitterfacebook
thumb

湘南、元日本代表DF坪井慶介との契約満了を発表「皆さんと協力、共感できた時間を過ごせた」

▽湘南ベルマーレは22日、元日本代表DF坪井慶介(38)の契約満了を発表した。 ▽東京都出身の坪井は、2002年に福岡大学から浦和レッズに加入してプロキャリアをスタートした。同年にJリーグフェアプレー個人賞とベストヤングプレー賞を受賞すると、2003年にはJリーグベストイレブンを受賞。日本代表にも初選出された。 ▽その後、日本代表として2006年に行われたドイツ・ワールドカップのメンバーに選出され、本大会に2試合出場。クラブでは、2007年にAFCチャンピオンズリーグ優勝を経験し、クラブワールドカップにも出場した。しかし、2007年以降、日本代表では出場機会が減少し、2008年2月に代表を引退した。 ▽クラブではその後、数年に渡って浦和を後方で支えてきたが、2013年から出場機会が激減。2015年に浦和レッズから湘南に加入した。今シーズンは明治安田生命J2リーグで5試合、天皇杯に2試合出場していた。 ▽今シーズン限りでの退団を発表した坪井は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントした。 「まず、湘南ベルマーレというクラブ、そしてそこに携わる方々に感謝しています。ここで過ごした時間は、良いことや楽しいことばかりではなかったですが、監督、コーチ、メディカルスタッフ、チームスタッフ、フロントスタッフ、そしてサポーターの皆さんと日々努力できたことは僕のサッカー人生のなかですごく大きな財産になりました」 「そして自分勝手ではありますが、そんな皆さんと協力、共感できた時間を過ごせたと思っています。3年間本当にありがとうございました」 2017.11.22 17:39 Wed
twitterfacebook
thumb

横浜FC、FW津田知宏、MF寺田紳一、MF野崎陽介、DF小宮山尊信ら6選手の契約満了を発表

▽横浜FCは22日、FW津田知宏(31)、MF寺田紳一(32)、MF野崎陽介(32)、DF楠元秀真(25)、DF小宮山尊信(33)、GK北野貴之(35)の契約満了を発表した。 ▽岐阜県出身の津田は、2016年に徳島ヴォルティスから横浜FCに加入。今シーズンは明治安田生命J2リーグで18試合に出場した。 ▽大阪府出身の寺田は、2013年にガンバ大阪から横浜FCに完全移籍。今シーズンはJ2リーグで10試合、天皇杯に1試合出場した。 ▽三重県出身の野崎は2011年にサガン鳥栖から横浜FCに加入。今シーズンはJ2リーグで15試合2ゴールを記録し、天皇杯に1試合出場している。 ▽千葉県出身の楠元は、2015年に産業能率大学から大学時代にも特別指定選手として登録されていた横浜FCに加入。今シーズンはJ2リーグで3試合、天皇杯に1試合出場した。 ▽千葉県出身の小宮山は、今シーズンに川崎フロンターレから横浜FCに加入。今シーズンはJ2リーグで25試合に出場した。 ▽北海道出身の北野は、今シーズンにセレッソ大阪から横浜FCに加入。今シーズンは天皇杯に1試合出場した。 2017.11.22 17:11 Wed
twitterfacebook
thumb

岐阜、ブラジル人選手2名との契約満了を発表

▽FC岐阜は22日、FWクリスチャン(23)、DFヘニキ(28)との契約を満了することを発表した。 ▽今シーズンから岐阜でプレーしたクリスチャンは、明治安田生命J2リーグ8試合3ゴール、天皇杯1試合に出場。今シーズンに2015年以来2度目の岐阜加入を果たしたヘニキは、2リーグ18試合1ゴール、天皇杯1試合出場をマークした。 ▽両選手はそれぞれクラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 ◆クリスチャン 「日本でプレーするチャンスをくれた岐阜の皆さんに感謝しています。皆さんの温かいサポートには本当に感謝しています。ありがとうございました。来年、J1に昇格するのを期待しています。幸運を祈っています」 ◆ヘニキ 「2014年、2015年、そして今年の3シーズンを過ごさせていただいたのも皆さんのおかげです。岐阜の皆さんの温かい優しさに感謝しています。本当にありがとうございました。今後のFC岐阜のご活躍を期待しています」 2017.11.22 16:55 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース