なでしこDF熊谷紗希がリヨンと3年間の契約延長…ブログでは退団を考えていたことを明かす2017.05.05 16:23 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リヨンは4日、なでしこジャパンのDF熊谷紗希(26)との契約延長を発表した。新契約は3年間で、契約期間は2020年までとなる。

▽浦和レッズレディースから2011年に海を渡りドイツの1.FFCフランクフルトに入団した熊谷は、2013年からリヨンでプレー。2015-16シーズンにはUAFA女子チャンピオンズリーグを制するなどチームの中心としてプレー。今シーズン終了後にリヨンとの契約満了を迎える予定だった。

▽熊谷はクラブを通じて今回の契約延長についてコメント。喜びを語った。

「私はリヨンでプレーすることができとても幸せです。選手たちを愛し、このクラブを愛しています。だから、ここに留まることを決めました」

▽また、熊谷は自身のブログでもリヨンとの契約延長を報告。その中で、契約延長への決断を迷ったとし、リヨン退団を考えていたことを明かした。

「この決断に至るまで、本当に本当に悩みました。普段あんまり悩まない私が笑、本当に本当に悩みました。6年間ヨーロッパでプレーして、色々な経験をしてきたつもりでしたが、こんなことがあるんだなということも今回の契約までに経験しました」

「正直に書きますが、最初はリヨンを離れることを考えていました。4年間本当に素晴らしい環境でサッカーをすることが出来、嬉しいことはもちろん、悔しいこと、苦しいこと、自分のいろんな感情と向き合いながら、たくさんのことを学ばせてもらいました。そんな中、新しい環境に飛び込むのも一つかなと思っていたのは事実です。リヨンでこの仲間たちと一緒にできるのラスト◯試合を全力で楽しもうと思って毎試合に臨んでいたくらいです」

「ですが、最終的には大好きな仲間たちともっともっと一緒にプレーをしたい、チームに残してくれた仲間たちに恩返しをしたい、その気持ちで契約を延長する決断をしました。この契約延長は、たくさんの方の協力があって実現しました。リヨンの会長をはじめ、代理人、クラブの現場スタッフたち、そしてチームメイト…。全ての方々に本当に本当に感謝です」

▽リヨンは今シーズンの女子チャンピオンズリーグでもマンチェスター・シティとの準決勝を制し、決勝進出。決勝では同国のパリ・サンジェルマンと対戦する。また、リーグ戦でも首位に立っており、今シーズンのタイトル獲得が近づいている。

コメント

関連ニュース

thumb

【会見&質疑応答】国際大会でトーナメントを戦うアメリカ、ブラジル、オーストラリアとの対戦に向けて高倉監督「恥ずかしくない試合をしてきたい」《アメリカ遠征》

▽日本サッカー協会(JFA)は14日、アメリカ遠征に臨むなでしこジャパンのメンバー23名を発表した。 ▽会見に出席したなでしこジャパンの高倉麻子監督は、会見で現状についてコメント。勝負がかかった試合から遠ざかっていることを受けて「真剣勝負ができていない」と不安を吐露。しかし今回の遠征が「W杯や五輪で勝負がかかった場面で対戦する相手」だとして「恥ずかしくない試合をしたい」と意気込みを口にしている。 <span style="font-weight:700;">◆高倉麻子監督</span>(なでしこジャパン) 「今回のアメリカ遠征は、お手元のメンバー構成となりました。アメリカとは長くライバル関係であり、ブラジル、オーストラリアの4国で対戦します。強化の一環としてアメリカに行きます」 「新しく選手を4人いれました。この選手は、就任した当初から言っているように様々な選手にチャンスがある中で、その当時から頭の中にいた選手です。リーグを見て追いかけて、コンディションが上がってきたと思い呼びました。前回読んだ選手で試した選手もいましたが、さらに活性化を図りたかったからです。この選手を入れて、チームに力を加えてもらえればと思っています」 「ブラジル、オーストラリア、アメリカはFIFAランクでも上位の国です。選手を試しながら積み上げる中で、いつも勝ちにこだわってと言っていますが、来年4月のW杯予選があります。選手を試すこともありますが、チームとして勝ちに行くことにこだわってやらなければいけません」 「この前のオランダ・ベルギー遠征では新たなフォーメーションを試しました。チームの幅広げて、チームの力を重ねていきたいと思います」 「また、キャプテンの熊谷がインターナショナルマッチデーではないため、チームから出せないとのことでした。残念ながら来ませんが、彼女がキャプテンであることに変わりないです。引き続き、チームで頑張ってもらいたいと思っています」 「今年はチーム力を付ける中で、間をおかずにゲームを組んでもらっています。とにかく全員で成長できるように全力でぶつかってきます」 ――<span style="font-weight:700;">現在の課題は</span> 「サッカーは攻撃と守備で分けるものではないと思っていますが、試合に負けないという意味では、守備のところで試している部分をあと一歩。ポジショニングや球際の強さもそうです。やれているつもりではなく、完璧にこなす部分でこだわりたいと思っています」 「攻撃では、ゲームに入ると守備の確認に多くの時間を割いています。いかに点を取るかはトレーニングで長い時間懸けられていません。色々なフォワードがいるので、どうやってチームとして点取るかを積み上げていきたいと思います」 ――<span style="font-weight:700;">新しく招集した選手について</span> 「齊藤に関しては、山根がスペインに移籍したこともあり、コンディションを考え新たな選手の発掘が必要だと感じていました。GKを探していて、彼女は仙台で第2GKとして下積みをしていましたが、ここのところ力をつけていると監督とも話しました。サイズを含め、カップ戦で見ても十分やれるなと。GKの活性化図りたいと思っています」 「坂本に関しては、長野が新しいチームながらもリーグで良い成績を残していて、守備の真ん中でリーダーシップを発揮しています。読みも良く、年代別にも選ばれていた選手です。監督からの推薦もあり、センターバックが手薄なのでどれくらいやれるかと、思い切って呼びました」 「櫨は、前から気になっていた選手です。テクニックがあり、伊賀では前目でプレーしていますが、落ち着いてゲームを読んでテクニックを発揮しています。体の強さを活かしつつ変化をつけられると思いますし、技術レベルではやっていけると思います。少し違うタイプの中盤の選手が欲しく呼びました」 「泊は、横山の相棒で長野でプレーしています。運動量が多く、攻守においてチームに活力を与えられる選手です。動き回るだけでなく、ボールの受け方、持ってからの判断は高いと感じています。新しい風を吹かせてくれるかなと思って呼びました」 ――<span style="font-weight:700;">前回の五輪予選で敗れてから勝敗がかかった試合から遠ざかっている。東アジア選手権に向けてどの辺りでツイッチを入れていく考えか</span> 「色々な選手を試して、毎試合勝ちにはこだわっていますが、真剣勝負という意味では体感できない状況にあります。選手は必死に自分のプレーを表現しようとしていますが、その状況がない中で、今回の遠征では、W杯や五輪に行った時に勝負がかかった試合で対戦するような相手です。ランク的にそういう部分があると思っています」 「そういう相手と恥ずかしい試合はできないと強く感じています。色々試す中で、予選が近づいてきているとチーム全体で把握して、選手がアピールだけでなく、チームを勝たせる強い思い、表現する力を発揮してもらいたいです。いつ頃エンジンかけるかといえば、この遠征からぼちぼちやっていきたいと思います」 ――<span style="font-weight:700;">就任して1年が経ち、今の立ち位置や課題は</span> 「約1年経ちましたが、最初にアメリカ遠征した時にメンバーを選んで、一年後に、この選んだ選手が半分いるかわからないと言いました。実際に今回のメンバーの名前を見てみると、半分以上変わっているなと。これは意図的ではなく、選ばれた選手が信頼を勝ち取るパフォーマンス、代表として恥ずかしくないパフォーマンスをし続けることが、代表に生き残る道だということです」 「それを強く感じています。真剣勝負という話が出ましたが、この状態でW杯や五輪に行ったら勝てるチームではないと思っています。たくさんの課題があり、頭の中で埋まっていないピースがいくつもあります。選手をどこにはめるかと、チームでどう戦うか。そのピースを埋める作業を、試合を重ねながらやらなければいけません」 「ネガティブに言いたくはないですが、世界のトップに向かってはいけない実感があります。選手の可能性は無限に広がっていて、それを引き出すのが私の仕事です。全力で大会に臨んでいきたいとおもいます」 ――<span style="font-weight:700;">W杯予選を逆算して</span> 「普通にいえば予選があってそれから計算して、この時点でどこまで上げるという計算をするかもしれません。ただ、そういう風にチームを作っているわけではなく、選手を試す中で、この日本女子サッカー選手の中でどの選手がピッチに立てるか。そこをチームづくりで見つけていることで、これからもその作業はやっていきます」 「また、メンバーは固定しないです。差があれば固定して評価することもあるでしょうが、色々な選手に可能性があると思っています。W杯や五輪では短期間で試合を重ねます。どの選手が抜けたからチーム力が下がる、そういうチームを作りたくないです。欲を言えば、2チームが変わらないようなチーム作りが理想だと思っています」 2017.07.14 14:57 Fri
twitterfacebook
thumb

なでしこ、4選手を初招集《アメリカ遠征》

▽日本サッカー協会(JFA)は14日、アメリカ遠征に臨むなでしこジャパンのメンバー23名を発表した。 ▽なでしこジャパンは、24日からアメリカ遠征を実施。2017 Tournament of Nationsに参戦し、ブラジル女子代表(日本時間28日8時18分~)、オーストラリア女子代表(同31日6時18分~)、アメリカ女子代表(同8月4日11時15分~)と対戦する。 ▽今回のメンバーには、MF阪口夢穂(日テレ・ベレーザ)やMF猶本光(浦和レッズレディース)、FW菅澤優衣香(浦和レッズレディース)に加え、GK齊藤彩佳(マイナビベガルタ仙台レディース)、DF坂本理保(AC長野パルセイロ・レディース)、MF櫨まどか(伊賀フットボールクラブくノ一)、FW泊志穂(AC長野パルセイロ・レディース)の4選手が初招集された。 ▽なでしこジャパンメンバーは以下のとおり。 <span style="font-weight:700;">◆なでしこジャパンメンバー</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> 21.<span style="font-weight:700;">齊藤彩佳</span>(マイナビベガルタ仙台レディース) 1.<span style="font-weight:700;">池田咲紀子</span>(浦和レッズレディース) 18.<span style="font-weight:700;">山下杏也加</span>(日テレ・ベレーザ) <span style="font-weight:700;">DF</span> 3.<span style="font-weight:700;">鮫島彩</span>(INAC神戸レオネッサ) 4.<span style="font-weight:700;">中村楓</span>(アルビレックス新潟レディース) 8.<span style="font-weight:700;">坂本理保</span>( AC長野パルセイロ・レディース) 2.<span style="font-weight:700;">高木ひかり</span>(ノジマステラ神奈川相模原) 20.<span style="font-weight:700;">大矢歩</span>(愛媛FCレディース) 19.<span style="font-weight:700;">北川ひかる</span>(浦和レッズレディース) 23.<span style="font-weight:700;">市瀬菜々</span>(マイナビベガルタ仙台レディース) <span style="font-weight:700;">MF</span> 10.<span style="font-weight:700;">阪口夢穂</span>(日テレ・ベレーザ) 5.<span style="font-weight:700;">櫨まどか</span>(伊賀フットボールクラブくノ一) 6.<span style="font-weight:700;">宇津木瑠美</span>(シアトル・レインFC/アメリカ) 7.<span style="font-weight:700;">中島依美</span>(INAC神戸レオネッサ) 12.<span style="font-weight:700;">猶本光</span>(浦和レッズレディース) 14.<span style="font-weight:700;">中里優</span>(日テレ・ベレーザ) 16.<span style="font-weight:700;">隅田凛</span>(日テレ・ベレーザ) 17.<span style="font-weight:700;">長谷川唯</span>(日テレ・ベレーザ) <span style="font-weight:700;">FW</span> 22.<span style="font-weight:700;">泊志穂</span>(AC長野パルセイロ・レディース) 13.<span style="font-weight:700;">菅澤優衣香</span>(浦和レッズレディース) 9.<span style="font-weight:700;">横山久美</span>(FFCフランクフルト/ドイツ) 11.<span style="font-weight:700;">田中美南</span>(日テレ・ベレーザ) 15.<span style="font-weight:700;">籾木結花</span>(日テレ・ベレーザ) 2017.07.14 13:49 Fri
twitterfacebook
thumb

「幸せな時間でした」千葉レディースGK山根恵里奈が退団…海外クラブへ挑戦

▽ジェフユナイテッド千葉レディースは23日、なでしこジャパンのGK山根恵里奈(26)が7月1日をもって退団することが決定したことを発表した。 ▽クラブの発表によると、海外クラブへの挑戦による退団とのこと。移籍先の詳細は、決定次第お知らせするようだ。 ▽2012年に東京電力女子サッカー部マリーゼから入団した山根は今シーズンのなでしこリーグでここまで10試合に出場していた。山根はクラブを通じて以下のようにコメントしている。 「この度、私はジェフレディースを離れ、新たなチャレンジのステージへと進むことを決意いたしました。歴史と伝統あるこのクラブの一員として、5年半という長い間プレーさせていただけたことは、本当に光栄であり、幸せな時間でした」 「私のサッカー人生に素晴らしい時間を与えてくださった、ジェフレディースの仲間やスタッフ、クラブスタッフの皆さま、スポンサー企業の皆さま、サポーターの皆さまをはじめ、クラブに関わる全てのジェフファミリーの皆さまに、心から感謝を申し上げます。突然のご報告である上に、現状、今後についての詳細をまだ皆さまへお伝えすることができないことは、本当に本当に申し訳なく思っております。全ての準備が整い次第、必ず改めてご報告させていただきます」 「明日の試合が、ジェフのユニフォームを着て戦う最後の試合となります。この試合もいつものように、ひたむきに、前向きに90分間ジェフレディースらしく戦い抜くことができるよう、微力ながらも全力でチームを支えたいと思います。どうか最後まで、応援をよろしくお願いいたします」 ▽なお、24日に行われる2017プレナスなでしこリーグカップ第5節の日テレ・ベレーザ戦が山根の千葉レディースでの最後の試合となる。 2017.06.23 17:18 Fri
twitterfacebook
thumb

なでしこジャパンFW岩渕真奈、新天地はINAC神戸レオネッサ 「沢山のタイトルを取れるように」

▽INAC神戸レオネッサは23日、なでしこジャパンのFW岩渕真奈(24)が7月1日より加入することを発表した。 ▽日テレ・メニーナ出身の岩渕は、日テレ・ベレーザでプレーすると、2013年から欧州に渡り、ホッフェンハイム、バイエルンに在籍。今年4月にバイエルンを退団し、無所属状態が続いていた。 ▽INAC神戸レオネッサでリスタートを切ることになった岩淵は、クラブの公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 「INAC神戸レオネッサに入団することになりました岩渕真奈です。今は怪我でリハビリ中ですが、1日でも早くピッチに立ち、日々成長しながら、このチームで沢山のタイトルを取れるように努力したいと思います。チームの力になれるよう全力で頑張ります。応援よろしくお願いします」 ▽なお、INAC神戸レオネッサは岩渕に関して、ケガの治療で都内でリハビリ中のため、7月中旬ごろのチーム合流になることを併せて発表。7月15日にノエビアスタジアム神戸で行われるなでしこリーグカップ第8節のちふれASエルフェン埼玉にて、挨拶の場を設けるとのことだ。 2017.06.23 17:15 Fri
twitterfacebook
thumb

菅澤弾で先制も逃げ切り失敗のなでしこがベルギーとドロー! 欧州遠征を1勝1分けで終える《オランダ・ベルギー遠征》

▽なでしこジャパン(日本女子代表)は13日、スタジアム・デン・ドリーフ・ルーヴェンで行われた国際親善試合でベルギー女子代表と対戦し、1-1のドローに終わった。 ▽オランダ・ベルギー遠征の初戦となったオランダ戦を1-0で勝利したなでしこは、その試合から中3日で行われるこの試合でベルギーと対戦。オランダ戦からは先発6人を変更。GKには山根が入り、高倉体制初採用となった3バックには熊谷、高木、市瀬。中盤はボランチに阪口と中里、2列目に杉田、長谷川、中島、2トップに横山と田中が並んだ。 ▽立ち上がりからボールを保持して相手を押し込むなでしこは8分、熊谷からのロングフィードをボックス左に飛び出した阪口が頭で落とす。これを中央で拾った横山が右足を振り抜くが、この強烈なシュートはクロスバーを叩く。さらに11分には右CKの流れからボックス左の阪口が胸トラップから右足のシュートを放つが、これはわずかに枠の左に外れた。 ▽その後も主導権を握るなでしこは、トップ下の長谷川を起点に田中と横山の2トップが積極的に仕掛けるが、なかなか決定機まで持ち込めない。逆に、30分にはロングボールに抜け出したケイマンにボックス内で一対一を作られるが、ここはGK山根の勇敢な飛び出しで凌ぐ。その後は横山の直接FK、中島の強烈なミドルシュートでゴールに迫ったなでしこだったが、前半はゴールレスで終了した。 ▽迎えた後半、市瀬、田中、杉田を下げて鮫島、菅澤、佐々木をハーフタイム明けに投入したなでしこは、システムを[4-4-2]に変更。この交代で鮫島が左サイドバック、中島が右サイドバックに入った。 ▽後半に入って相手の圧力に苦戦するなでしこは55分、バックパスの処理をもたついたGK山根のキックミスからボックス内のケイマンに決定機を許すが、これは相手のシュートミスに救われる。 ▽時間の経過と共に押し返すなでしこは、前線で身体を張る菅澤がチャンスに絡み出す。さらに67分に横山を下げて籾木を投入すると、この直後に相手のミスから先制点が生まれる。相手陣内左サイドで得たFKの場面でキッカーの籾木がクロスを入れると、ニアで相手DFがクリアし損ねたボールをゴール前の菅澤が冷静に蹴り込んだ。 ▽菅澤のゴールで均衡を破ったなでしこだったが、先制からわずか4分後に追いつかれる。72分、相手のロングフィードから右サイドで味方の落としを受けたケイマンに高精度のクロスを入れられると、DF中島の背後を取ったエルケ・ファン・ホルプに頭で流し込まれた。 ▽その後、大矢と猶本を投入して最後まで勝ち越しゴールを目指すなでしこだが、疲労の影響か、相手のスピードとフィジカルに苦戦。それでも、試合終了間際に迎えたボックス内でのピンチをGK山根の好守などで何とか凌ぎ、試合は1-1でタイムアップ。欧州遠征2連勝を逃したなでしこだったが、多くの収穫を得て日本に帰国することになった。 2017.06.14 05:00 Wed
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース