マンサーノ氏が中国に復帰! 貴州智誠の新指揮官に就任2017.05.04 17:57 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽中国スーパーリーグに所属する貴州智誠は4日、スペイン人指揮官のグレゴリオ・マンサーノ氏(61)を新監督に招へいしたことを発表した。契約期間は今シーズン終了までとなる。

▽これまで母国のアトレティコ・マドリーやマジョルカ、セビージャの監督を歴任してきたマンサーノ氏は、2014年に北京国安の監督に就任し、中国での監督キャリアをスタート。その後、2015年9月から昨シーズン終了まで上海申花の監督を務めていた。

▽貴州智誠は昨シーズンの中国甲級リーグで2位となり、今季から中国スーパーリーグへ昇格。女性チェアマンのシャオ・ティンウェンさんが率いるクラブには、元クロアチア代表FWニキツァ・イェラビッチやオーストラリア代表DFライアン・マクゴーワン、オランダ人MFチャロン・チェリーらが在籍している。今季は第7節終了時点で1勝3敗3分けの12位に位置している。

コメント

関連ニュース

thumb

レジェンドFWルベン・カストロが中国へのレンタルを終えてベティス復帰「素晴らしい時間だった」

▽レアル・ベティスのレジェンド的存在であるFWルベン・カストロがチームのトレーニングに復帰した。『フットボール・エスパーニャ』が報じた。 ▽2010年から所属するベティスでは、公式戦280試合に出場し147ゴールを記録しているルベン・カストロ。今シーズンは中国スーパーリーグの貴州智誠へとレンタル移籍していた。 ▽中国スーパーリーグでは11試合に出場し7ゴールを記録。チームは8位でシーズンを終了し、ルベン・カストロはベティスに復帰した。 ▽来年1月まで選手登録ができないため、試合に出場することができないルベン・カストロ。ベティスに残ることを希望していると話し、中国でのプレーを振り返った。 「僕が求めるのはベティスに残ることだ」 「今年、チームは本当によくプレーしているし、サッカーを楽しんでいる。本当のことを言うと、僕は一部になりたいし、より多くのサッカーの試合に出たいと言うことだ」 「中国での時間? 僕は期待していなかった。ただ、キャリアにとっては美しい経験であり、素晴らしい時間だった」 2017.11.09 20:15 Thu
twitterfacebook
thumb

天津権健のカンナバーロ監督が辞任…後任はフィオレンティーナなどで指揮を執ったパウロ・ソウザ氏

▽中国スーパーリーグの天津権健は6日、ファビオ・カンナバーロ監督(44)の辞任を発表した。クラブ公式サイトが伝えた。なお、後任はフィオレンティーナなどで指揮を執っていたパウロ・ソウザ氏(47)が就任することも発表された。 ▽カンナバーロ監督は、現役時代にナポリやパルマ、インテル、ユベントス、レアル・マドリー、アル・アハリ(UAE)でプレー。イタリア代表としても活躍し、2006年のドイツ・ワールドカップでは優勝を成し遂げていた。 ▽2011年に現役を引退すると、アル・ヒラルで指導者としてのキャリアをスタート。2014年12月に中国スーパーリーグの広州恒大で監督としてのキャリアをスタート。2015年10月からはアル・ナスル(サウジアラビア)で指揮を執っていた。 ▽2016年6月から天津権健の指揮官に就任し、元ブラジル代表FWアレシャンドレ・パト、元フランス代表FWアンソニー・モデスト、ベルギー代表MFアクセル・ヴィツェルを擁しリーグ戦で躍進。3位でシーズンを終え、来シーズンのAFCチャンピオンズリーグ出場権を獲得した。 ▽なお、新監督に就任したパウロ・ソウザ氏は、現役時代にポルトガル代表としても活躍。引退後は、QPRやスウォンジー、レスター・シティ、マッカビ・テル・アビブ、バーゼルなどを指揮。2015年6月から2シーズンにわたってフィオレンティーナの監督を務めていたが、昨シーズン限りで退任していた。 2017.11.06 16:50 Mon
twitterfacebook
thumb

元ドルト監督の“戦術家”トゥヘル、広州恒大監督に電撃就任か

▽昨シーズンまでドルトムントを率いたトーマス・トゥヘル氏(44)に中国行きの可能性が急浮上した。 ▽ドイツ『キッカー』が報じたトゥヘル氏の新天地候補は、中国スーパーリーグの広州恒大。中国のジャイアントクラブは、ルイス・フェリペ・スコラーリ監督の後任として、バイエルン監督を解任されたカルロ・アンチェロッティ氏と共に、トゥヘル氏の招へいに関心を示しているという。 ▽稀代の戦術家として知られるトゥヘル氏を巡っては、これまでアンチェロッティ氏の後任としてバイエルン行きが取り沙汰されてきたが、ユップ・ハインケス氏の再就任決定に伴い、その可能性が完全消滅。どこのクラブを率いるのか暗礁に乗り上げているところだ。 ▽広州恒大は、2011年から中国スーパーリーグを6連覇中で、今シーズンもここまで首位。また、2013年と2015年にはAFCチャンピオンズリーグを優勝しており、アジアを代表するメガクラブとして地位を築いている。 2017.10.16 17:15 Mon
twitterfacebook
thumb

またしてもスペインで脱税…チェルシーやマドリーでプレーしたカルバーリョが7カ月の懲役刑と罰金処分

▽チェルシーやレアル・マドリーなどでプレーし、現在は中国スーパーリーグの上海上港に所属する元ポルトガル代表DFリカルド・カルバーリョが、脱税の容疑で7カ月の懲役刑を言い渡されたようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽カルバーリョは、2011年から2012年にかけて肖像権による収入を隠していたとのこと。カルバーリョは2010年から2013年にかけて、54万5981ユーロ(約7210円)を税金として支払っていた。 ▽7カ月の懲役刑の判決を下されたカルバーリョは、同時に14万2882ユーロ(約1890万円)の罰金も科されているとのこと。当初は12カ月の懲役刑と30万ユーロ(約3960万円)の罰金処分が科される予定だったが、カルバーリョが税金を全額支払い、有罪を認めたために減刑となったようだ。 ▽スペインの法律では、暴力事件以外の場合、初犯であれば2年以内の懲役刑は有罪判決でも執行猶予がつき、収監は免れる事となる。 ▽これまでは、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシやレアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドも脱税容疑で訴えられている。 2017.10.07 16:20 Sat
twitterfacebook
thumb

世界を知るテベス「中国の選手は技術的に未熟。50年後も欧州に追いつけない」

▽中国スーパーリーグの上海申花に所属する元アルゼンチン代表FWカルロス・テベスが中国サッカー界を酷評した。イギリス『FourFourTwo』が伝えている。 ▽中国サッカー界は近年、莫大な資金力を有する各クラブが好条件を餌に欧州の第一線で活躍する選手を次々と獲得。テベスも史上最高額の年俸に惹かれ、中国でのプレーを決断した1人だ。 ▽だが、リーグ戦13試合でわずか3得点の出場にとどまっているテベスは、自身に集まる批判の腹いせなのか、フランス『SFR Sport』で中国サッカー界について問われると、次のようにこきおろした。 「中国の選手はテクニック的に未熟だ」 「欧州や南米の選手とは違って、中国だと小さい頃からサッカーを学ぶことがない」 「ここ(中国)のサッカーは異なるもの。50年経っても、中国は争えていないんじゃないかな」 2017.09.22 10:10 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース