マンサーノ氏が中国に復帰! 貴州智誠の新指揮官に就任2017.05.04 17:57 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽中国スーパーリーグに所属する貴州智誠は4日、スペイン人指揮官のグレゴリオ・マンサーノ氏(61)を新監督に招へいしたことを発表した。契約期間は今シーズン終了までとなる。

▽これまで母国のアトレティコ・マドリーやマジョルカ、セビージャの監督を歴任してきたマンサーノ氏は、2014年に北京国安の監督に就任し、中国での監督キャリアをスタート。その後、2015年9月から昨シーズン終了まで上海申花の監督を務めていた。

▽貴州智誠は昨シーズンの中国甲級リーグで2位となり、今季から中国スーパーリーグへ昇格。女性チェアマンのシャオ・ティンウェンさんが率いるクラブには、元クロアチア代表FWニキツァ・イェラビッチやオーストラリア代表DFライアン・マクゴーワン、オランダ人MFチャロン・チェリーらが在籍している。今季は第7節終了時点で1勝3敗3分けの12位に位置している。

コメント

関連ニュース

thumb

上海申花がポジェ監督の解任を発表…今季の中国スーパーリーグで11位と低迷

▽中国スーパーリーグの上海申花は11日、グスタボ・ポジェ監督(49)の解任を発表した。 ▽ポジェ監督は、ブライトン&ホーヴ・アルビオンやサンダーランド、AEKアテネ、レアル・ベティスなどで指揮。2016年11月に上海申花の監督に就任していた。 ▽上海申花では公式戦26試合を指揮し、7勝7分け12敗。元アルゼンチン代表FWカルロス・テベスや元ナイジェリア代表FWオバフェミ・マルティンス、元コロンビア代表MFフレディ・グアリンらを擁しながらも、中国スーパーリーグでは6勝6分け11敗の11位に低迷していた。 2017.09.11 21:30 Mon
twitterfacebook
thumb

中国スーパーリーグの天津泰達が元韓国代表指揮官のシュティーリケ氏を招へい

▽中国スーパーリーグの天津泰達は9日、新監督に韓国代表監督を退任していたウリ・シュティーリケ氏(62)を招へいすることを発表した。 ▽シュティーリケ氏は、現役時代にボルシアMGやレアル・マドリーでプレー。現役引退後は、スイス代表として監督のキャリアをスタート。その後は、ドイツ代表のアシスタントコーチや世代別ドイツ代表の監督、コートジボワール代表監督などを歴任。2009年からは活躍の場をカタールへと移し、アル・アラビやアル・シャイジャで監督を務め、2014年9月から韓国代表監督に就任していた。 ▽韓国代表としては就任後に行われた2015年のアジアカップで、決勝に導く成績を残したものの、ロシア・ワールドカップ アジア最終予選では苦戦。残り2試合を残して今年6月に解任されていた。 ▽天津泰達は、ジョン・オビ・ミケルやネマニャ・グデリを補強して今シーズンに臨んだが、中国スーパーリーグでここまで23試合を終えて勝ち点16の15位。降格圏に沈む不振に陥っていた。 2017.09.10 19:31 Sun
twitterfacebook
thumb

トラブゾンシュポル、北京国安からトルコ代表FWユルマズ獲得!

▽トラブゾンシュポルは6日、中国スーパーリーグ(1部)の北京国安に所属するトルコ代表FWブラク・ユルマズ(32)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は17。契約期間は2020年6月30日までの3年となる。 ▽ユルマズはベシクタシュやフェネルバフチェなど母国のクラブを渡り歩き、2012年7月からガラタサライでプレー。2011-12シーズンから2年連続でトルコリーグ得点王に輝いたストライカー。トルコ代表では通算50試合に出場し、23ゴールを記録している。 ▽2016年2月に加入した北京国安では公式戦31試合に出場し、19ゴールを記録していた。 2017.08.07 01:45 Mon
twitterfacebook
thumb

トラブゾンシュポル、北京国安からトルコ代表FWユルマズを獲得へ!

▽トラブゾンシュポルは2日、中国スーパーリーグ(1部)の北京国安に所属するトルコ代表FWブラク・ユルマズ(32)の移籍に関して、交渉を行っていることを発表した。 ▽ユルマズはベシクタシュやフェネルバフチェなど母国のクラブを渡り歩き、2012年7月からガラタサライでプレー。2011-12シーズンから2年連続でトルコリーグ得点王に輝いたストライカー。トルコ代表では通算50試合に出場し、23ゴールを記録している。 ▽2016年2月に加入した北京国安では公式戦31試合に出場し、19ゴールを記録していた。 2017.08.02 23:00 Wed
twitterfacebook
thumb

“爆買い”の中国リーグで激震…1部の13クラブを含む18クラブに給与未払い問題が発生

▽ここ数年の移籍市場を賑わせてきた中国リーグに激震が走っている。イギリス『デイリー・ミラー』が報じた。 ▽中国リーグではここ数年、チャイナ・マネーを背景とする“爆買い”が話題となった。天津権健の元ブラジル代表FWアレシャンドレ・パトや上海申花の元アルゼンチン代表FWカルロス・テベス、上海上港のブラジル代表MFオスカルなどが中国リーグでプレーしている。 ▽多くの有名選手を抱える中国だが、報道によると上海上港や広州恒大ら中国1部リーグに所属する13クラブ、さらに下位ディビジョンの5クラブで給料の未払いが発生。中国サッカー協会(CFA)は8月15日を期日として、そこまでにこの問題を解消できなければ、2018年のリーグ戦出場資格をはく奪するとしている。 ▽多くのクラブが“首が回らない”状態となっている中国サッカー界。ここに来てバブル崩壊を印象付けることとなった。 2017.07.26 15:33 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース