アタランタ、ベテランMFライモンディが今季限りで引退…来季コーチングスタッフ入りが内定2017.05.04 17:50 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アタランタに所属するイタリア人MFクリスティアン・ライモンディ(36)が今シーズン限りで現役を引退し、来シーズンからジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督率いるコーチングスタッフに入閣することになった。同クラブの公式サイトが伝えている。

▽アタランタの下部組織出身のライモンディは、自身の現役引退に関して以下のようにコメントしている。

「今シーズン、僕たちがヨーロッパへの出場権を獲得できれば、それは大きな勝利だ。僕がここに戻ってきた時、このクラブをセリエAに復帰させることが夢だった。そして、このクラブをプレーヤーとして去る時にヨーロッパへの出場権を取れれば、それは最高なことだよ」

「僕は既に夢を実現させた。自分の地元のプロクラブのユニフォームを着てプレーできる喜びは簡単に言葉に表すことはできない。それにここでは常に素晴らしいサポートを受けてきたからね。だけど、若いプレーヤーに道を譲るうえで、今が適切な時期だと思っている」

「プレーヤーとして現役を引退することは悲しいことだけど、このクラブの今後のために重要な何かを成し遂げたいと思っているし、野心的な計画の一員になれることを誇りに思う。僕はアタランタのユニフォームを脱ぎ、今後はジャケットを着ることになるよ」

▽アタランタの下部組織出身のライモンディは、1998年にレンタル先のアルビーノレッフェでプロデビュー。その後、アタランタに復帰するも出場機会がないまま、その後パレルモやヴィチェンツァといったクラブを渡り歩き、2010年に当時セリエBのアタランタに完全移籍で加入した。

▽そして、守備的MFに加え、最終ラインなどの複数ポジションをこなす守備のマルチロールは、1年でのセリエA復帰に貢献するなど、同クラブで公式戦132試合に出場してきた。

コメント

関連ニュース

thumb

エバートン、見せ場作れずアタランタに3失点完敗《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)・グループE第1節のアタランタvsエバートンが14日に行われ、3-0でアタランタが勝利した。 ▽3シーズンぶりのEL出場となったエバートンは、今夏に積極補強を敢行も、現在プレミアリーグでは1勝1分け2敗で、公式戦では4試合未勝利と苦戦中。先発には、ベインズやシュナイデルラン、シグルドソン、ルーニーが並び、最前線にはカルバート=ルーウィンが起用された。 ▽序盤は中盤での潰し合いが続き、両者ともなかなかシュートに持ち込めない。そんな中13分に、シグルドソンがボックス手前からシュートを放ちGKを強襲。直後にもルーニーがボックス外から狙うなど、エバートンがチャンスを作った。 ▽試合半ばにかけてはアタランタにボールを支配される展開。26分に、デ・ルーンの落としからゴール前まで侵攻していたDFのA・マジエッロが狙うが、GKステケルンブルクが防ぐ。だが、そのプレーで与えたCKの場面。左からのCKがジャギエルカに当たり、跳ね返りに詰めていたA・マジエッロに押し込まれ、アタランタに先制点を奪われた。 ▽先制されてからは、圧倒的にボールを支配されるエバートン。すると41分、ボックス手前左でペターニャのパスを受けたアレハンドロ・ゴメスに、ゴール右上隅に突き刺さる鮮やかなシュートを決められ0-2とされた。 ▽続く44分、エバートンは敵陣からのロングボールをボックス右外のペターニャに通してしまうと、パスを受けたクリスタンテにワンタッチでボックスに侵入され3点目を献上。失点後に守備の緊張が緩んだのか、エバートンは前半だけで相手に3ゴールを許してしまった。 ▽迎えた後半、少しでも早く1点を返したいエバートンだが、なかなかリズムを作ることができず、時間を浪費してしまう。そんな状況を打破しようと、66分に、ルーニーとシュナイデルランを代えてクラーセンと、サンドロ・ラミレスを同時投入。 ▽前線の活性化を図ったエバートンだが、状況は好転せず。対するアタランタは、後半からは攻撃の手を緩めたため、これといったチャンスもなく。試合は3-0のまま終了。見せ場を作れなかったエバートンが初戦を落とした。 2017.09.15 04:07 Fri
twitterfacebook
thumb

アタランタの元ルーマニア代表DFニカが古巣ディナモ・ブカレストへレンタル移籍

▽ディナモ・ブカレストは2日、アタランタに所属する元ルーマニア代表DFコンスタンティン・ニカ(24) を1年間のレンタルで獲得したことを発表した。 ▽ディナモ・ブカレストの下部組織出身であるニカは、2012年5月にトップチームに昇格すると、翌年6月にアタランタへ完全移籍。しかし、アタランタではプレー機会に恵まれず、チェゼーナやアヴェッリーノ、ラティーナ・カルチョなど下部カテゴリーのクラブへの武者修行を繰り返していた。 ▽昨季レンタルで加入したラティーナ・カルチョでは、リーグ戦13試合に出場した。なお、各年代のルーマニア代表に選出されてきたニカは、2013年2月のポーランド代表戦でA代表デビューを飾っている。 2017.09.02 22:53 Sat
twitterfacebook
thumb

ナポリが難敵アタランタに逆転勝利で開幕2連勝《セリエA》

▽ナポリは27日、セリエA第2節でアタランタをホームに迎え、3-1で逆転勝利した。 ▽開幕節でヴェローナに3-1と快勝したナポリは、ニースとのチャンピオンズリーグ(CL)・プレーオフを制してCL本戦出場を決めた。そのナポリはニース戦のスタメンから2選手を変更。アランとヒサイに代えてジエリンスキとマッジョを先発で起用した。 ▽ローマに惜敗したアタランタに対し、立ち上がりから仕掛けたナポリは11分にメルテンスが左足シュートでGKを強襲。しかし16分、右CKからマッジョに競り勝ったクリスタンテにヘッドでゴール左に流し込まれ、先制されてしまう。 ▽失点後もボールを保持したナポリだったが、タイトに寄せてくるアタランタ相手にシュートに持ち込めない。36分にはイリチッチの強烈なミドルシュートがGKレイナを襲ったが、守備範囲で助かった。そのままナポリはチャンスを作れず1点ビハインドのまま前半を終えた。 ▽後半からペターニャに代えてデ・ルーンを投入してきたアタランタに対し、前がかるナポリは51分にイリチッチにミドルシュートでゴールを脅かされる。 ▽それでも56分、試合を振り出しに戻す。左CKの流れからルーズボールを拾ったジエリンスキがボックス手前中央から強烈なボレーシュートを叩き込んだ。 ▽そして61分、ナポリが一気に突き放す。アランの浮き球パスに反応したインシーニェがボックス左に侵入。ダイレクトで折り返し、最後はメルテンスがボレーで流し込んだ。 ▽逆転に成功したナポリは、終盤にかけてアタランタに付け入る隙を与えずにいると、87分に勝負を決定付ける。カウンターから最後はログがセリエA初ゴールを決めた。逆転勝利を収めたナポリは開幕2連勝としている。 2017.08.28 05:47 Mon
twitterfacebook
thumb

コラロフの移籍後初ゴールを守り抜いた新生ローマが白星スタート!《セリエA》

▽20日にセリエA第1節のアタランタvsローマがアトレティ・アズーリ・ディタリアで行われ、ローマが1-0で勝利した。 ▽前サッスオーロ指揮官でクラブOBのディ・フランチェスコを新指揮官に迎えた昨季2位のローマは、[4-3-3]の布陣を採用。GKにアリソン、最終ラインは右からブルーノ・ペレス、マノラス、ファン・ジェズス、コラロフ。アンカーにデ・ロッシを置き、インサイドハーフにナインゴランとストロートマン。3トップは右からデフレル、ゼコ、ペロッティと並べた。 ▽一方、昨季はクラブ過去最高の4位でシーズンを終えたアタランタは、新シーズンを前に昨季活躍の有望株が大幅に流出。クラブを率いる“知将”ガスペリーニ監督は、開幕スタメンに昨季チーム得点王のアレハンドロ・ゴメスやペターニャらに加え、新加入のパロミーノを抜擢した。 ▽試合は4分、敵陣でボールを奪ったアレハンドロ・ゴメスのファーストシュートで幕を開ける。対するローマは5分、ストロートマンのロングパスをゴール左のゼコが胸トラップから左足を振り抜いたが、シュートは右に逸れた。 ▽一進一退の展開が続く中、先にスコアを動かしたのはローマ。31分、ペナルティアーク手前でナインゴランが倒されFKを獲得。コラロフのFKは、ジャンプした壁の下を抜きゴール右隅に吸い込まれた。 ▽先制を許したアタランタだが41分、こちらもアレハンドロ・ゴメスがペナルティアーク手前で倒され、FKを獲得。しかし、アレハンドロ・ゴメスの直接FKは、GKアリソンにセーブされ、ローマの1点リードで前半を終えた。 ▽迎えた後半、1点を追うアタランタは58分にペターニャを下げて新加入のコーネリウスを、さらに70分には、クルティッチを下げてイリチッチをピッチに送り出した。対するローマは74分、デフレルに代えてエル・シャーラウィを投入した。 ▽一進一退の攻防が繰り広げられる中、ローマは80分にアクシデント。直前のプレーで足を痛めたブルーノ・ペレスがプレー続行不可能となり、ファシオとの交代を余儀なくされた。 ▽両ワイドを上手く使いながら攻め込むアタランタは87分、アレハンドロ・ゴメスの左クロスをニアのフロイラーがバックヘッドで合わせると、ゴール前に走り込んだイリチッチが右足で流し込んだが、これは右ポストを直撃。 ▽さらに、試合終了間際の92分にはアレハンドロ・ゴメスの左FKをトロイが頭で合わせるも、ボールはゴール右に逸れた。結局、試合はそのまま1-0で終了。コラロフの移籍後初ゴールとなるFK弾を守り抜いたローマが、ディ・フランチェスコ新監督に開幕白星をプレゼントした。 2017.08.21 03:55 Mon
twitterfacebook
thumb

オランダ代表MFデ・ルーン、ミドルズブラからアタランタに完全移籍で復帰

▽チャンピオンシップ(イングランド2部)のミドルズブラは10日、オランダ代表MFマルテン・デ・ルーン(26)がアタランタに完全移籍したことを発表した。移籍金は『スカイ・スポーツ・イタリア』によれば1350万ユーロ(約17億3000万円)+ボーナスで150万ユーロ(約1億9000万円)とのことだ。契約期間は発表されていない。 ▽スパルタでプロデビューを飾ったセントラルMFのデ・ルーンは、ヘーレンフェーンを経て2015年夏にアタランタへ移籍。そして、アタランタで主力として活躍し、2016年夏に1200万ユーロでミドルズブラに移籍していた。そのミドルズブラでは2016-17シーズン、プレミアリーグで33試合に出場して4ゴールをマークしていたが、チームを降格から救うことはできず、1年でアタランタに復帰することとなった。 2017.08.11 02:38 Fri
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース