超ワールドサッカー

アタランタ、ベテランMFライモンディが今季限りで引退…来季コーチングスタッフ入りが内定2017.05.04 17:50 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アタランタに所属するイタリア人MFクリスティアン・ライモンディ(36)が今シーズン限りで現役を引退し、来シーズンからジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督率いるコーチングスタッフに入閣することになった。同クラブの公式サイトが伝えている。

▽アタランタの下部組織出身のライモンディは、自身の現役引退に関して以下のようにコメントしている。

「今シーズン、僕たちがヨーロッパへの出場権を獲得できれば、それは大きな勝利だ。僕がここに戻ってきた時、このクラブをセリエAに復帰させることが夢だった。そして、このクラブをプレーヤーとして去る時にヨーロッパへの出場権を取れれば、それは最高なことだよ」

「僕は既に夢を実現させた。自分の地元のプロクラブのユニフォームを着てプレーできる喜びは簡単に言葉に表すことはできない。それにここでは常に素晴らしいサポートを受けてきたからね。だけど、若いプレーヤーに道を譲るうえで、今が適切な時期だと思っている」

「プレーヤーとして現役を引退することは悲しいことだけど、このクラブの今後のために重要な何かを成し遂げたいと思っているし、野心的な計画の一員になれることを誇りに思う。僕はアタランタのユニフォームを脱ぎ、今後はジャケットを着ることになるよ」

▽アタランタの下部組織出身のライモンディは、1998年にレンタル先のアルビーノレッフェでプロデビュー。その後、アタランタに復帰するも出場機会がないまま、その後パレルモやヴィチェンツァといったクラブを渡り歩き、2010年に当時セリエBのアタランタに完全移籍で加入した。

▽そして、守備的MFに加え、最終ラインなどの複数ポジションをこなす守備のマルチロールは、1年でのセリエA復帰に貢献するなど、同クラブで公式戦132試合に出場してきた。

コメント

関連ニュース

thumb

アタランタ躍進の立役者アレハンドロ・ゴメス、クラブに愛着示すも「オファーは検討する」

▽アタランタのアルゼンチン人MFアレハンドロ・ゴメス(29)が、ミランからの関心についてコメントした。『フットボール・イタリア』が報じている。 ▽アレハンドロ・ゴメスは今シーズン、セリエAで35試合に出場し、14ゴール12アシストをマークするなどチームの5位躍進に大きく貢献している。そんな同選手に対して、ミランが獲得に興味を示していると報じられた。 ▽アレハンドロ・ゴメスは目前に迫ったヨーロッパリーグ出場権獲得に向けた意気込みを語るうえで、自身の去就についても言及。アタランタに愛着を示すも、届いたオファーは検討すると明かした。 「お祝いはELの出場権を獲得してからだね。ここまでは素晴らしい戦いぶりだ。なんとしてでも5位でシーズンを終えてELの出場権を獲得したい」 「僕の将来についていろいろ言われているけれど、そういうことでさえも嬉しく思うよ。アタランタは僕のハートなんだ。でも今シーズンは素晴らしいパフォーマンスだったと思うし、ビッグクラブでプレーしたいとも思う」 「アタランタとも契約は残っているけれど、重要なオファーならば検討するつもりだ。ただ、どのクラブが良いとか、どのクラブに行く可能性があるとかは言わないよ。オファーが来るのならば検討するというだけだ。アタランタを出るならば、CLのタイトルを争えるチームが良いね」 2017.05.16 11:43 Tue
twitterfacebook
thumb

アタランタ圧倒もミランとのロンバルディア・ダービーはドロー決着《セリエA》

▽セリエA第36節、アタランタvsミランのロンバルディア・ダービーが13日に行われ、1-1で引き分けた。ミランのMF本田圭佑はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽前節ウディネーゼ戦を引き分け、ここ7試合負けなしと好調を維持している5位アタランタ(勝ち点65)は、引き分け以上でヨーロッパリーグ(EL)出場権獲得をほぼ確実にできる中、ベストメンバーを送り込んだ。 ▽一方、ローマに1-4と完敗した6位ミラン(勝ち点59)はここ4試合勝利から見放されているものの、引き続き後続が勝ち点を落としたため、7位インテルとの3ポイント差を維持。そのミランはパレッタとオカンポスが出場停止の中、3バックを採用。そして、昨年10月に長期離脱していた左ヒザの前十字靭帯を負傷したモントリーボが負傷明け後初先発となった。 ▽3バックの中央にサパタを配し、モントリーボを中盤アンカーに据える[3-1-4-2]で臨んだミランに対し、立ち上がりからアタランタが圧力をかける展開で推移していく。そのアタランタは27分にアレハンドロ・ゴメスがミドルシュートでGKドンナルンマを強襲した。 ▽劣勢のミランは33分にデウロフェウが枠内シュートを浴びせると、続く36分にはデウロフェウとのワンツーでボックス中央へ進入したラパドゥーラがシュートに持ち込むも、威力を欠いてGKにセーブされてしまう。 ▽引き続き攻め込むアタランタは44分、ロングフィードに抜け出したアレハンドロ・ゴメスがGKと一対一となったが、ドンナルンマにファインセーブで止められてしまう。それでも直後、ボックス左へ進入したスピナッツォーラのシュートはGKドンナルンマに再び好守で防がれるも、ルーズボールをA・コンティが押し込んで先制し、前半を終えた。 ▽迎えた後半も圧力をかけたアタランタは、49分にクリスタンテがGKを強襲するシュートを浴びせる。その後、54分にFKからパシャリッチのヘディングシュートでゴールを脅かされたものの、攻め込み続けるアタランタは66分にケシエがボックス手前右からミドルシュート。枠の左隅を捉えたが、GKドンナルンマのファインセーブに阻止される。 ▽71分にペターニャに代えてクルティッチを投入し、守備の比重を高めたアタランタはミランに付け入る隙を与えないままリードを保っていく。83分にはラパドゥーラに枠内シュートを浴びるも、GKベリシャが正面でセーブ。 ▽しかし、終盤にかけて押し込んだミランが同点に追いつく。87分、ショートカウンターに転じると、ボックス左でパスを受けたデウロフェウがDFを外して放ったシュートがディフレクトしてネットを揺すった。このまま1-1で終了。アタランタがELストレートインとなる5位をほぼ確定させ、ミランがELプレーオフ権を得られる6位を死守している。 2017.05.14 05:40 Sun
twitterfacebook
thumb

アタランタが5位躍進に導いたガスペリーニ監督と2020年まで契約延長

▽アタランタは11日、ジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督(59)と2020年6月30日まで契約を延長したことを発表した。 ▽今季から指揮を執るガスペリーニ監督は育成クラブのアタランタを5位に躍進させ、ヨーロッパリーグ出場権獲得をほぼ確実にしている。3年の契約更新に至ったガスペリーニ監督はクラブの公式サイトにて以下のように語った。 「契約更新できて嬉しいよ。そうなることを疑ってはいなかったけどね。会長が昨年、私を選んでくれて幸運だった。会長は私を信じてくれ、良い仕事をしたいと願っていた。もう少しで仕事が完了する。5位は我々にとって最低限の目標だよ」 2017.05.11 23:40 Thu
twitterfacebook
thumb

アタランタがコペンハーゲンのデンマーク代表FWコーネリウスの加入を発表

▽アタランタは2日、コペンハーゲンのデンマーク代表FWアンドレアス・コーネリウス(24)の獲得を発表した。コーネリウスは2017-18シーズンから加入する。 ▽コーネリウスはコペンハーゲンの下部組織出身で、2012年7月にトップチーム昇格。2013年7月にはカーディフへと移籍するも、わずか半年でコペンハーゲンへと復帰していた。 ▽コペンハーゲンでは、公式戦通算170試合に出場し58得点を記録。デンマーク・スーペルリーガで116試合に出場している。今シーズンはリーグ戦21試合出場9得点。チャンピオンズリーグでは5試合に出場し1得点。ヨーロッパリーグでも4試合に出場し1得点を記録している。 ▽また、世代別のデンマーク代表を経験したコーネリウスは、2012年からデンマーク代表としてもプレー。ロシア・ワールドカップ欧州予選などこれまで11試合に出場し3得点を記録している。 2017.05.02 19:28 Tue
twitterfacebook
thumb

逃げ切り失敗のユーベがCLモナコ戦に不安残すドロー…健闘アタランタはEL出場へ大きな勝ち点1《セリエA》

▽セリエA第34節、アタランタvsユベントスが28日にアトレティ・アズーリ・ディタリアで行われ、2-2のドローに終わった。 ▽リーグ3連勝でセリエA6連覇に向けて快走するユベントス(勝ち点83)は、来週ミッドウィークにモナコとのチャンピオンズリーグ(CL)準決勝1stレグが控える中で5位アタランタ(勝ち点63)との上位対決に臨んだ。モナコ戦に向けて主力温存も噂されたユベントスだが、モナコ戦出場停止のケディラを含め、同試合で先発起用が濃厚なベストメンバーを起用。前線にはクアドラード、ディバラ、マンジュキッチ、イグアインの4人のアタッカーが並んだ。 ▽難攻不落のアトレティ・アズーリ・ディタリアで幕を開けた一戦は、立ち上がりから素早い攻守の切り替えとサイドを起点に推進力のある攻めを見せるアタランタが主導権を握る。 ▽ハイプレスとリトリートを巧みに織り交ぜた連動した守備でユベントスに決定機を許さないホームチームは、21分に持ち上がったトロイがミドルシュートを狙うと、29分にはキエッリーニの縦パスをカットしたアンドレア・コンティのお膳立てからフロイラーがGKと一対一を迎えるが、ここは名手ブッフォンが冷静な対応で阻む。 ▽一方、相手のマンマークディフェンスと素早い囲み込みに苦しみ攻撃の形を見い出せないユベントスは、25分を過ぎてようやくイグアインにシュートチャンスが訪れるも、いずれも決定機には至らず。37分にはキエッリーニの左クロスに大外で反応したクアドラードに絶好機も、ここはボレーシュートを枠に飛ばせない。 ▽前半終盤にかけてもコンティの右サイドを起点に鋭い仕掛けを続けるアタランタは、43分にゴール前へ飛び込んだアレハンドロ・ゴメスに決定機も、ここは決め切れず。それでも45分、ボックス内でクルティッチの放ったシュートのこぼれ球を拾ったゴメスがボックス左で折り返したボールをファーに飛び込んだコンティが右足ワンタッチで流し込み、公式戦5試合連続クリーンシート中のユベントスの堅守を破った。 ▽良いところなく前半を1点ビハインドで終えたユベントスだが、後半立ち上がりに幸運な形から同点に追いつく。50分、ボックス手前右角で得たFKからキッカーのピャニッチがアウトスウィングのクロスをファーサイドに送ると、これがボヌッチのマークに付いていたスピナツォーラの頭に当たってゴールインした。相手のオウンゴールでスコアをタイに戻したユベントスは、直後にディバラ、イグアインがボックス内で際どいシュートを放つが、いずれのシュートもGKベリシャの好守に阻まれる。 ▽一方、課題のセットプレーから追いつかれたアタランタだが、55分にアレハンドロ・ゴメスの強烈なミドルシュートでGKブッフォンにファインセーブを強いるなど、気後れせずに勝ち越しゴールを目指す。 ▽後半に入って主導権を掴んだユベントスは、69分にケディラが強烈なミドルシュートでゴールに迫ると、71分にもセットプレーから決定的なヘディングシュートを放つが、GKベリシャのビッグセーブに阻まれる。畳みかけたいアッレグリ監督は、79分にクアドラードを下げてリヒトシュタイナーを投入すると、この交代が逆転ゴールをもたらす。 ▽83分、相手陣内左サイドでボールを持ったピャニッチがゴール右のスペースに絶妙な浮き球フィードを送ると、先ほどの選手交代で右ウイングにポジションを上げていたダニエウ・アウベスが見事なダイビングヘッドを流し込んだ。采配的中で逆転に成功した指揮官は、殊勲のダニエウ・アウベス、ディバラを下げてバルザーリ、レミナを投入し、このリードを守り切りに行く。 ▽一方、善戦しながらも逆転を許したアタランタは、ケシエに続いてペターニャを投入し、同点ゴールを目指す。84分にケディラのミスパスを奪ったアレハンドロ・ゴメスの決定機はGKブッフォンの好守に遭うが、土壇場の89分に追いつく。ペターニャの絶妙なポストプレーからコンティの鋭い折り返しが、ピャニッチとリヒトシュタイナーの連係ミスを誘い、ルーズボールに反応したフロイラーがゴール前に抜け出す。この抜け出しは名手ブッフォンに防がれるも、こぼれ球を腰に当てたフロイラーがそのままゴール前に飛び出し、体勢を崩しながらも右足で蹴り込んだ。 ▽結局、試合はこのままタイムアップを迎え、白熱の上位対決は2-2のドローで決着。盤石采配で逃げ切りを図りながらも追いつかれたユベントスは、リーグ戦の連勝が「3」でストップすると共に、CLモナコ戦に向けてやや不安を残す結果となった。一方、ユベントス相手に8年ぶりの勝ち点奪取に成功したアタランタは、6戦無敗でヨーロッパリーグ出場権獲得に向けて貴重な勝ち点1を手にした。 2017.04.29 06:00 Sat
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース