超ワールドサッカー

ベネズエラ代表がドゥダメル監督と2022年まで契約延長…U-20W杯でもベネズエラ代表を率いることに2017.05.02 11:51 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ベネズエラサッカー連盟(FVF)は1日、ベネズエラ代表を率いるラファエル・ドゥダメル監督(44)と2022年までの契約延長を発表した。なお、U-20ベネズエラ代表でも指揮を執ることとなる。

▽2018年に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)の出場権を懸けた南米予選では、現在最下位ですでに予選敗退が決定しているベネズエラ。すでに2022年のカタールW杯に向けて舵を切ることを決断したようだ。

▽ドゥダメル監督は、2016年4月にノエル・サンビチェンテ前監督の後任としてベネズエラ代表を指揮。W杯予選8試合を戦い、3分け8敗の成績だった。これまでは世代別のベネズエラ代表監督を務めていた。

コメント

関連ニュース

thumb

下位同士の対戦はベネズエラが2点先行もペルーが意地のドローに持ち込む《ロシアW杯南米予選》

▽23日にロシア・ワールドカップ(W杯)南米予選第13節のベネズエラvsペルーが行われ、2-2のドローに終わった。 ▽残り6試合となった南米予選で、W杯出場権獲得内の4位に勝ち点15差の最下位に位置するベネズエラ(勝ち点5)が、8位のペルー(勝ち点14)をホームに迎えた一戦。ベネズエラは[4-4-2]のフォーメーションを採用し、ペルーは[4-2-3-1]でスタートした。 ▽試合は24分に動きを見せた。ベネズエラはセットプレーからアンヘルが頭で合わせるも決めきれず。しかし再びセットプレーからビジャヌエバが頭で押し込んで先制した。このゴールで勢いに乗ったベネズエラは、試合の主導権を握ると今度は40分、FKを獲得するとオテロが直接蹴り込んで2点のリードを得て試合を折り返した。 ▽アウェイのペルーは後半立ち上がりから積極的に攻め込むと、46分にクエバのパスをボックス内で受けたカリージョがネットを揺らして1点を返す。さらに64分には、ジョトゥンのクロスにゲレーロが頭で合わせると、これが決まってペルーが同点に追いついた。 ▽試合終盤にかけてはお互いに選手を入れ替えながら勝ち越しゴールを目指すも、試合は動かぬまま終了。最下位のベネズエラが2点を先行するもペルーが意地を見せて追いつき、勝ち点1を分け合う結果となった。 2017.03.24 11:00 Fri
twitterfacebook
thumb

3戦ぶり勝利のエクアドルが暫定3位浮上! ベネズエラは最下位転落…《ロシアW杯南米予選》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)南米予選第12節のエクアドル代表vsベネズエラ代表が現地時間15日に行われ、ホームのエクアドルが3-0で快勝した。 ▽4位のエクアドル(勝ち点17)と9位のベネズエラ(勝ち点5)が対峙した一戦。試合はホームのエクアドルが、カイセドやエンデル・バレンシアらの個人技でベネズエラを押し込んでいく。だが、割りきって守るベネズエラの守備をあと一歩で攻略できない。 ▽それでも、焦れずに攻め続けるエクアドルは後半立ち上がりの51分、セットプレーの流れからボックス右でボラーニョスが上げた浮き球のクロスをファーサイドに走り込んだミナが豪快なヘディングで合わせ、ようやくゴールをこじ開けた。 ▽この先制ゴールでベネズエラが前がかりになったことで、その後はエクアドルの高速カウンターが面白いように機能する。なかなか追加点を奪えなかったものの、82分にE・バレンシアのアシストからボラーニョス、86分にはイバーラのスルーパスに抜け出したE・バレンシアが冷静にGKとの一対一を制し、一気にリードを3点に広げた。 ▽W杯予選で3試合ぶりの白星を掴んだエクアドルが、暫定ながら3位に浮上した。一方、敗れたベネズエラは、今節勝利したボリビアに抜かれ、最下位に転落した 2016.11.16 08:27 Wed
twitterfacebook
thumb

予選未勝利のベネズエラがホセフ・マルティネスのハットなどでボリビアを5発粉砕し最下位脱出!《ロシアW杯南米予選》

▽ロシア・ワールドカップ南米予選第11節のベネズエラ代表vsボリビア代表が現地時間10日に行われ、ホームのベネズエラが5-0で勝利した。 ▽10試合を終え勝ち点2の最下位に位置するベネズエラと、勝ち点4で9位につけるボリビアの一戦。最下位のベネズエラの攻撃陣が爆発した。 ▽3分、自陣からのロングフィードに反応したJ・ムリージョがボックスの右からダイレクトでクロス。GKが飛び出しており、無人のゴールとなるがDFがクリア。しかし、これを左サイドから走り込んだコファーティがヘッドで押し込み、ベネズエラが先制する。 ▽さらに10分には、左サイドからのCKを得ると、オテロのクロスをホセフ・マルティネスがヘッドで沈め、ベネズエラがリードを広げる。 ▽そのまま2点リードで迎えた後半も、ベネズエラがゴールラッシュ。67分には、右CKからビスカルロンドがヘッド。これをGKが弾くも、ホセフ・マルティネスが詰めてベネズエラがリードを3点とする。さらに70分には、サンブラーノの浮き球のパスに反応したホセフ・マルティネスがゴールを奪いハットトリックを達成。ベネズエラが4-0とする。 ▽勢いが止まらないベネズエラは74分、右サイドを崩し抉ったJ・ムリージョが中央へ折り返すと、ゴール前を通過したボールをオテロが詰めて、リードを5点に広げる。ボリビアは反撃する力もなくそのまま試合は終了。5-0でベネズエラが快勝を収めた。 2016.11.11 10:55 Fri
twitterfacebook
thumb

ネイマール不在のブラジル、ジェズス&ウィリアン弾で4連勝! ウルグアイ抜き首位浮上!《ロシアW杯南米予選》

▽ロシア・ワールドカップ南米予選第10節のベネズエラ代表vsブラジル代表が現地時間11日に行われ、アウェイのブラジルが2-0で勝利した。 ▽予選3連勝中の2位ブラジルが、最下位のベネズエラのホームに乗り込んだ一戦。前節、ボリアビア代表相手に5発大勝のブラジルは、その試合で警告を受けたネイマールが累積警告で出場停止。それでも、新星ガブリエウ・ジェズスとコウチーニョ、ウィリアンという魅力的な3トップとなった。 ▽試合は開始直後に動きを見せる。8分、GKのキックミスを奪ったガブリエウ・ジェズスがボックス手前から距離のあるループシュートを無人のゴールへ流し込み、アウェイのブラジルが難なく先制に成功した。 ▽開始早々のゴールで勢いづくアウェイチームは、ガブリエウ・ジェズスのトリッキーなプレーを軸に2列目、3列目の選手が積極的に攻撃に顔を出し、厚みのある攻撃を仕掛ける。だが、時間の経過と共に降りしきる強い雨と劣悪なピッチに苦戦し始める。この流れの中でペニャランダのスピード、ロンドンのパワーに屈し、幾度かピンチを招くが、ミランダを中心に最後の場面で身体を張り続け、失点を許さない。 ▽前半半ば以降、守勢が続いたブラジルだったが、ハーフタイムを挟んだ後半の立ち上がりに待望の追加点を奪う。53分、左サイドでR・アウグストが入れたクロスをファーサイドで待ち受けたウィリアンが角度のないところから右足のシュートを流し込んだ。 ▽前半同様に立ち上がりにゴールをこじ開けたブラジルは、再び息を吹き返して畳みかける攻めを見せる。62分には左サイドを完璧に崩したコウチーニョからのマイナスのパスを、パウリーニョが豪快に右足で合わせるが、ここはGKダニ・フェルナンデスのビッグセーブに阻まれた。 ▽一方、2失点目以降も気持ちを切らさず、反撃を試みていくベネズエラは、ロンドンの力強いポストプレーからホセフ・マルティネス、途中出場のグエラに決定機も、シュートがGK正面を突くなど、ゴールが遠い。 ▽その後、75分付近に豪雨の影響か、スタジアムの照明が全て停電となるアクシデントに見舞われた試合は、20分以上の中断を経てようやく再開も、互いに中断前からの高いテンションを保てず、試合はトーンダウン。終了間際にはロンドンが決定的なヘディングシュートも放つが、ここはGKアリソンの好守に阻まれ、試合はこのままタイムアップ。ネイマール不在もガブリエウ・ジェズス、ウィリアンがしっかりエースの穴を埋めたブラジルが、予選4連勝。同日、コロンビア代表に引き分けたウルグアイ代表を抜き、南米予選首位に浮上した。 2016.10.12 11:59 Wed
twitterfacebook
thumb

カバーニ2発のウルグアイがベネズエラに快勝で首位堅持《ロシアW杯南米予選》

▽日本時間7日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)南米予選の第9節、ウルグアイ代表vsベネズエラ代表は、3-0でウルグアイが勝利した。 ▽ここまで5勝1分け2敗で首位に位置するウルグアイと、2分け6敗で10位のベネズエラが激突した試合は29分に動く。 ▽中盤でのボール奪取からカウンターを発動させたウルグアイは、左サイドの深くからスアレスが左足で中央に供給。正面のロデイロが豪快なダイビングヘッドで合わせた。 ▽1点リードで後半を迎えたウルグアイは、開始15秒で追加点。中盤からのファジーな浮き球に反応したカバーニが相手との競り合いから抜け出し、右足のシュートを決めた。 ▽その後、ウルグアイは60分、前線でボールを引き出そうしたスアレスがビスカロンドにこの試合2枚目のイエローカードを誘発。ウルグアイが数的優位に立つ。 ▽すると、ウルグアイは79分に3点目。右サイドのサンチェスから出されたパスをボックス右のスアレスがヒールでフリックすると、フリーのカバーニが落ち着いて沈めた。 ▽結局、そのままベネズエラの反撃を無失点に凌いだウルグアイが3-0で勝利。予選2連勝で首位の座をキープした。 2016.10.07 09:50 Fri
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース