ベネズエラ代表がドゥダメル監督と2022年まで契約延長…U-20W杯でもベネズエラ代表を率いることに2017.05.02 11:51 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ベネズエラサッカー連盟(FVF)は1日、ベネズエラ代表を率いるラファエル・ドゥダメル監督(44)と2022年までの契約延長を発表した。なお、U-20ベネズエラ代表でも指揮を執ることとなる。

▽2018年に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)の出場権を懸けた南米予選では、現在最下位ですでに予選敗退が決定しているベネズエラ。すでに2022年のカタールW杯に向けて舵を切ることを決断したようだ。

▽ドゥダメル監督は、2016年4月にノエル・サンビチェンテ前監督の後任としてベネズエラ代表を指揮。W杯予選8試合を戦い、3分け8敗の成績だった。これまでは世代別のベネズエラ代表監督を務めていた。

コメント

関連ニュース

thumb

ベネズエラとの激闘を制したイングランドがU-20W杯初制覇!《U-20W杯》

▽FIFA U-20ワールドカップ(W杯)決勝戦のU-20ベネズエラ代表vsU-20イングランド代表が11日に行われ、0-1でイングランドが勝利。イングランドが11度目の出場で同大会初優勝を飾った。 ▽準決勝でPK戦の末にU-20ウルグアイ代表に勝利したベネズエラと、準決勝でU-20イタリア代表に3-1と快勝したイングランドが激突。どちらが勝っても初優勝となる一戦は、ポゼッションを高めて能動的に仕掛けるイングランドに対し、ベネズエラがショートカウンターを狙う展開となる。 ▽すると10分、イングランドが最初のチャンスを迎える。ドーウェルとのワンツーでボックス右から侵入したソランケがフリーでシュートを放ったが、これはGKファリニェスが正面でブロックした。 ▽さらに22分、バイタルエリア左でパスを受けたソランケが中央へ横パスを供給すると、これに反応したルックマンがペナルティアーク手前からシュート。しかし、これもGKファリニェスの好セーブに防がれた。 ▽ここまでわずか3失点と堅守を誇るイングランドDFを前にほとんど決定機を作れなかったベネズエラだが、24分にセットプレーからチャンスを迎える。ヤンヘル・エレーラがアタッキングサード手前で倒されFKを獲得すると、ルセナが意表を突いたロングシュートでゴールを狙う。しかし、わずかに左に逸れたシュートはポストを直撃した。 ▽ピンチを凌いだイングランドは35分、中盤でFKを獲得するとルイス・クックのロングフィードをボックス左手前でカルバート=ルーウィンが競り合うと、相手DFのクリアミスを誘発。これに反応したカルバート=ルーウィンがボックス内に侵入しフリーでシュート。一度はGKファリニェスに弾かれるも、こぼれ球を再びカルバート=ルーウィンが押し込み、イングランドが先制に成功した。 ▽先制を許したベネズエラは42分、バイタルエリア左でFKを獲得。このFKをペニャランダが直接狙うも、シュートはわずかにゴール左に逸れた。 ▽イングランドの1点リードで迎えた後半、ベネゼエラは[4-2-3-1]の布陣から[4-4-2]の布陣に変更。前半は左MFで起用したペニャランダを1列前に移動させた。すると50分、左サイドで獲得したFKからルセナがクロスを供給。これをボックス中央のY・エレーラが頭で合わせたが、これはGKウッドマンがキャッチ。 ▽攻勢を強めたいベネズエラは51分、チャコンを下げてソテルドを投入。すると直後の52分、ソテルドのスルーパスでボックス右から侵入したセルヒオ・コルドバが決定機を迎えたが、これは飛び出したGKウッドマンがファインセーブ。さらに55分にも、ルセナの右CKからY・エレーラがヘディングシュートを放ったが、これも相手GKのセーブに阻まれた。 ▽後半序盤からベネゼエラの猛攻を受けたイングランドだが、56分に反撃。バイタルエリアまで持ち上がったオノマーが強烈なミドルシュートでベネズエラゴールを脅かしたが、これはクロスバーを直撃した。 ▽ソテルドの交代で敵陣へ侵攻する回数が増えたベネズエラに同点のチャンスが訪れる。73分、ボックス内でペニャランダがクラーク=ソルターに倒されPKを獲得。しかし、このPKをペニャランダが失敗。同点のチャンスを逃してしまう。 ▽試合終盤にかけて決死の猛攻を見せるベネズエラに対し、イングランドは最後まで集中した守り披露。結局、試合はそのまま終了。1-0で勝利したイングランドが、U-20W杯初制覇を飾った。 2017.06.11 20:57 Sun
twitterfacebook
thumb

死闘の末、PK戦を制したベネズエラがウルグアイを下し決勝進出!! 《U-20W杯》

▽FIFA U-20ワールドカップ(W杯)準決勝U-20ウルグアイ代表vsU-20ベネズエラ代表が8日に行われた。1-1でPK戦にまで突入した試合は、4-3でPK戦を制したベネズエラが決勝進出を果たした。 ▽準々決勝ではPK戦の末、ポルトガルを退けたウルグアイと、アメリカを2-1で破ったベネズエラが激突。共に日本を倒したチーム同士の一戦となった。 ▽試合立ち上がりはベネズエラペースで進んでいく。開始1分に、ルセナが敵陣中央からロングシュートでGKフェリネスを急襲すると、13分にもフェラレーシがFKから頭で合わせるなど、GKに休む暇を与えない。 ▽試合半ばにかけてウルグアイも反撃を開始。25分に、バルベルデがFKを直接狙いGKの横っ飛びを余儀なくすると、続く28分には、サラッチがボックス左からシュートを放つが、GKにセーブされる。 ▽無得点のまま迎えた後半。開始早々の49分にウルグアイが試合を動かす。ボックスに侵入したカノッビオがメヒアスに倒されてPKを獲得。キッカーを務めたクルスがGKの逆を突いて先制点をもたらした。 ▽先制したウルグアイは、51分にも追加点のチャンスが訪れる。クルスがボックス右からクロスをあげると、ゴール前フリーで待っていたスキアッパカッセがダイレクトで狙う。しかし、やや当たり損ねたシュートはGKフェリネスがブロック。こぼれ球に詰めるも今度はDFのブロックに遭い、得点とはならなかった。 ▽その後は両チームともシュートチャンスは作るものの、相手ゴールを脅かすまでには至らない。このまま終わるかに思えたが試合終了間際の91分、Y・エレーラが倒されベネスエラにFKの判定。ボックス手前右からのFKをソサが左足で見事に決めて、土壇場で同点に追いついた。 ▽1-1で突入した延長前半、98分にクルスがドリブルで突破し、ボックス左のカノッビオにラストパス。左足からのシュートはGKの正面に飛んでしまいゴールとはならず。直後の99分、ウルタドが難しい角度から右足で狙うが、GKサンティアゴ・メレがセーブする。 ▽延長戦も後半になり、気力での戦いになる時間帯。両チームとも何とかシュートまで持ち込むが、最後の場面で精彩を欠き2点目を奪うことができない。そんな中、120分にベネズエラが最大の決定機を迎える。右サイドからのクロスをウルタドが右足で合わせるも、これが右ポストを直撃。120分で勝敗がつかずそのままPK戦に突入した。 ▽PK戦はウルグアイの2人目のキッカー、ルイス・ロドリゲスがGKフェリネスに読まれ失敗。その後ベネズエラの4人目のシテルドがクロスバーに当ててしまいイーブンに。互いに一人ずつ失敗して迎えた5人目は、先攻のベネズエラはきっちり沈めたが、ウルグアイの5人目をキッカーを務めたキャプテン・クルスが、GKフェリネスが足で止めるというファインセーブに遭い失敗。劇的な同点弾から、4-3でPK戦を制したベネズエラが逆転勝利し、決勝進出を決めた。 2017.06.08 20:19 Thu
twitterfacebook
thumb

日本戦に続き延長戦制したベネズエラが初のベスト4進出! クリンスマン息子が好守連発もアメリカは敗退…《U-20W杯》

▽FIFA U-20ワールドカップ(W杯)準々決勝のU-20ベネズエラ代表vsU-20アメリカ代表が4日に行われ、延長戦までもつれ込んだ激闘を2-1で制したベネズエラが史上初のベスト4進出を果たした。 ▽ラウンド16でU-20日本代表を破ったベネズエラと、U-20ニュージーランド代表を破ったアメリカの一戦。立ち上がりから攻勢に出るベネズエラは開始1分、相手陣内右サイドで得たFKの場面でルセナのクロスをゴール前のフェラレーシが頭で合わすが、これは元ドイツ代表FWユルゲン・クリンスマン氏を父に持つGKクリンスマンの好守に遭う。さらに13分にはボックス手前でパスを受けたペニャランダが枠の左隅を捉えたシュートを放つが、これもクリンスマンのビッグセーブに阻まれた。 ▽その後も圧倒的な攻撃力でワンサイドゲームを展開するベネズエラは20分、セットプレーの流れからボックス中央でパスを受けたコルドバがゴールネットを揺らすが、ここはオフサイドの判定でゴールは認められず。その後もアメリカを自陣に押し込んだベネズエラだったが、決定力不足が響き前半をゴールレスで終えた。 ▽後半に入っても試合展開に大きな変化はなし。立ち上がりから攻勢に出るベネズエラは48分、ルセナのCKをゴール前のチャコンが頭で合わせるが、これはクロスバーを叩く。さらに63分にも再びセットプレーから今度はコルドバが決定的なヘディングシュート を放つが、これもバーに嫌われる。 ▽一方、前半同様に防戦が続くアメリカだが、相手の運動量が落ちてきた後半終盤にようやく攻撃の形を作り始めるが、クンガやデ・ラ・トーレらのシュートは枠を捉え切れず。それでも、GKクリンスマンを中心とした粘り強い守備で無失点を続け、ゴールレスを保って延長戦に持ち込んだ。 ▽ラウンド16の日本戦に続いて延長戦を戦うことになったベネズエラだったが、96分にようやく先制点を奪う。左サイドでソサとパス交換したペニャランダがそのままゴール前に走り込むと、ソサの絶妙なグラウンダーのクロスを冷静に右足ダイレクトで流し込んだ。この先制点で大きく勝利に近づいたベネズエラは、延長後半に入った115分にも左CKの場面でルセナのクロスをフェラレーシが頭で流し込み、貴重な追加点を奪った。 ▽その後、相手のセットプレーからエボビセに1点を返されたベネズエラだったが、このまま2-1で試合を締めくくった。2戦連続となった延長戦を制したベネズエラが、史上初の準決勝進出を決めた。なお、ベネズエラは8日に行われる準決勝でU-20ポルトガル代表vsU-20ウルグアイ代表の勝者と対戦する。 2017.06.04 17:48 Sun
twitterfacebook
thumb

下位同士の対戦はベネズエラが2点先行もペルーが意地のドローに持ち込む《ロシアW杯南米予選》

▽23日にロシア・ワールドカップ(W杯)南米予選第13節のベネズエラvsペルーが行われ、2-2のドローに終わった。 ▽残り6試合となった南米予選で、W杯出場権獲得内の4位に勝ち点15差の最下位に位置するベネズエラ(勝ち点5)が、8位のペルー(勝ち点14)をホームに迎えた一戦。ベネズエラは[4-4-2]のフォーメーションを採用し、ペルーは[4-2-3-1]でスタートした。 ▽試合は24分に動きを見せた。ベネズエラはセットプレーからアンヘルが頭で合わせるも決めきれず。しかし再びセットプレーからビジャヌエバが頭で押し込んで先制した。このゴールで勢いに乗ったベネズエラは、試合の主導権を握ると今度は40分、FKを獲得するとオテロが直接蹴り込んで2点のリードを得て試合を折り返した。 ▽アウェイのペルーは後半立ち上がりから積極的に攻め込むと、46分にクエバのパスをボックス内で受けたカリージョがネットを揺らして1点を返す。さらに64分には、ジョトゥンのクロスにゲレーロが頭で合わせると、これが決まってペルーが同点に追いついた。 ▽試合終盤にかけてはお互いに選手を入れ替えながら勝ち越しゴールを目指すも、試合は動かぬまま終了。最下位のベネズエラが2点を先行するもペルーが意地を見せて追いつき、勝ち点1を分け合う結果となった。 2017.03.24 11:00 Fri
twitterfacebook
thumb

3戦ぶり勝利のエクアドルが暫定3位浮上! ベネズエラは最下位転落…《ロシアW杯南米予選》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)南米予選第12節のエクアドル代表vsベネズエラ代表が現地時間15日に行われ、ホームのエクアドルが3-0で快勝した。 ▽4位のエクアドル(勝ち点17)と9位のベネズエラ(勝ち点5)が対峙した一戦。試合はホームのエクアドルが、カイセドやエンデル・バレンシアらの個人技でベネズエラを押し込んでいく。だが、割りきって守るベネズエラの守備をあと一歩で攻略できない。 ▽それでも、焦れずに攻め続けるエクアドルは後半立ち上がりの51分、セットプレーの流れからボックス右でボラーニョスが上げた浮き球のクロスをファーサイドに走り込んだミナが豪快なヘディングで合わせ、ようやくゴールをこじ開けた。 ▽この先制ゴールでベネズエラが前がかりになったことで、その後はエクアドルの高速カウンターが面白いように機能する。なかなか追加点を奪えなかったものの、82分にE・バレンシアのアシストからボラーニョス、86分にはイバーラのスルーパスに抜け出したE・バレンシアが冷静にGKとの一対一を制し、一気にリードを3点に広げた。 ▽W杯予選で3試合ぶりの白星を掴んだエクアドルが、暫定ながら3位に浮上した。一方、敗れたベネズエラは、今節勝利したボリビアに抜かれ、最下位に転落した 2016.11.16 08:27 Wed
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース