広島、U-20W杯メンバー候補のMF森島司とプロA契約締結2017.05.01 19:21 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽サンフレッチェ広島は1日、MF森島司(20)とのプロA契約締結を発表した。

▽クラブの発表によると、先月26日に行われたYBCルヴァンカップのグループステージ第3節ヴィッセル神戸戦で、プロA契約の締結条件である450分の出場時間を超過し、締結合意に至ったとのこと。森島はクラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。

「A契約締結に合意できて、うれしく思います。現状に満足することなく、より成長してチームの力になれるように頑張ります。今後とも応援をよろしくお願い致します」

▽森島は、四日市中央工業高等学校を卒業後、広島に入団。各年代別代表に名を連ねている他、今シーズンはここまで明治安田生命J1リーグ5試合、ルヴァンカップ3試合の出場を記録している。

コメント

関連ニュース

thumb

広島、FW渡大生の手術を発表…全治4週間

▽サンフレッチェ広島は20日、FW渡大生の手術が実施されたことを発表した。全治は4週間と伝えられている。 ▽クラブの発表によると、手術名は左足関節内遊離体摘出手術。16日のトレーニング中に負傷し、20日に広島県内の病院で手術が行われた。 ▽広島県出身の渡は、2012年にギラヴァンツ北九州でプロキャリアをスタート。2016年からは徳島に加わり自身初の明治安田生命J2リーグ二桁得点となる41試合12ゴールをマークすると、昨シーズンも42試合23ゴールと飛躍し、今シーズンから出身地のクラブである広島に帰還していた。今シーズンは、ここまで公式戦15試合に出場し、3ゴールを記録している。 2018.06.20 21:20 Wed
twitterfacebook
thumb

4試合4G躍動の広島FWパトリックがJ1リーグ5月度月間MVPに選出! 《Mastercard月間MVP》

▽Jリーグは5日、5月度の「明治安田生命JリーグMastercard priceless japan 月間MVP」として、J1リーグからサンフレッチェ広島のFWパトリックを選出した。パトリックは今シーズン初受賞となる。 ▽パトリックは、5月に行われた全4試合に先発出場し、4得点を記録。広島からは2・3月度のGK林卓人に続く受賞者となった。 ▽Jリーグは、受賞者であるパトリックのコメントとJリーグ選考委員会による総評を次のように紹介している。 ◆FWパトリック(サンフレッチェ広島) 「5月の月間MVPを受賞することができ、とてもうれしいです。神様とチームメイトに感謝いたします。チームの仲間たちがいなければ、この賞をいただくことはできませんでした。しっかりとハードワークできたことが、結果につながったのだと思います。サポーターの皆さん、私たちを信じて後押ししていただき、ありがとうございます。これからもさらにハードワークし、皆さんと喜びを分かち合えるように頑張ります」 ◆Jリーグ選考委員会による総評 「5月度は4試合4得点と、2位に勝点差9をつけて首位を快走する広島の立役者となった。第14節vs.仙台戦では、相手ディフェンスに寄せられながらも、体の強さを活かしたドリブルで圧巻のゴールも披露。そのほか空中戦や裏のスペースへの動き出しなど得点パターンも豊富で、広島のサッカーがパトリックの長所を引き出しており、今月の受賞につながった」 2018.06.05 17:10 Tue
twitterfacebook
thumb

日本代表にアクシデント…広島MF青山敏弘がケガで離脱「日本代表を応援します」

▽日本サッカー協会(JFA)は24日、30日に行われるキリンチャレンジカップ2018のガーナ代表戦に向けた日本代表から、サンフレッチェ広島のMF青山敏弘がケガのため離脱することを発表した。 ▽ロシア・ワールドカップに向けたメンバーでもある今回の日本代表。2014年のブラジル・ワールドカップに出場した青山は、2015年以来の代表復帰となっていた。 ▽青山はJFAを通じて、コメントを残している。 「しばらく代表を離れていて、今回本番直前のこのタイミングでチャンスがもらえた中、チームにも入れずに怪我で断念することになり非常に残念です。チームの皆には日本のために頑張ってほしいですし、僕も一日本人サッカー選手として日本代表を応援します」 2018.05.24 18:26 Thu
twitterfacebook
thumb

高木俊幸2発のC大阪が首位討ち! 広島は完封負けで今季2敗目《J1》

▽20日にエディオンスタジアム広島で行われた明治安田生命J1リーグ第15節のサンフレッチェ広島vsセレッソ大阪は、アウェイのC大阪が2-0で勝利した。 ▽首位の広島は、日本代表復帰の青山がスタメン入り。1試合未消化で5位のC大阪は、同じく代表入りを果たした山口がスターティングメンバーに名を連ね、ベンチスタートの柿谷に代わって、ヤン・ドンヒョンが起用された。 ▽試合は、C大阪が守備的な入りを見せる広島を相手にボールを動かす展開に。だが、流れは次第にパトリックを中心にシンプルな攻撃を仕掛ける広島のペースとなっていく。 ▽後ろでボールを落ち着かせながら攻撃の糸口を探るC大阪は、杉本をターゲットとした仕掛けを使いながらゴールに迫る。だが、淡白な攻撃が続き、なかなか攻め手を見いだせない。 ▽ゴールレスで迎えた後半、早々に清武の負傷交代に見舞われたC大阪を尻目に主導権を握った広島。57分、左CKから野上がヘディングシュートを放つが、惜しくも左ポストを叩く。 ▽続く64分にも広島にビッグチャンス。左サイドからのクロスにゴール前のパトリックが頭で合わせる。これおがワンバウンドして枠に飛ぶが、GKキム・ジンヒョンに阻まれる。 ▽C大阪は75分、オスマルの高い位置でのインターセプトから絶好機。そのままボックス左深くに持ち上がったオスマルの折り返しに杉本が合わせるが、野上の好ブロックに遭う。 ▽劣勢続くC大阪だが、81分にGKキム・ジンヒョンのパントキックをヤン・ドンヒョンが頭で繋ぐと、最終ラインの背後を取った高木の下へ。ボックス内から左足シュートを決め、C大阪が先制した。 ▽続く84分にも高木が大仕事。左サイド深くからオスマルが上げたクロスはクリアされたものの、こぼれ球を拾った高木がバイタルエリア左から右足を振り抜く。これがゴール右に突き刺さった。 ▽結局、清武との交代でピッチに入った高木の2発により、C大阪が2連勝で中断期間へ。ホーム初黒星の広島はシーズン2敗目となり、連勝が4で止まっている。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.05.20 17:58 Sun
twitterfacebook
thumb

広島DF佐々木翔に第二子となる次男が誕生!

▽サンフレッチェ広島は19日、DF佐々木翔の第二子となる次男が18日に誕生したことを発表した。 ▽クラブ公式サイトによると、第二子は広島市内の病院で誕生。その他の詳細については公開されていない。 ▽2012年に神奈川大学からヴァンフォーレ甲府に入団した佐々木は、2015年に広島へと完全移籍。今シーズンは、ここまで公式戦14試合に出場して2ゴールを記録している。 2018.05.19 19:20 Sat
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース