広島、U-20W杯メンバー候補のMF森島司とプロA契約締結2017.05.01 19:21 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽サンフレッチェ広島は1日、MF森島司(20)とのプロA契約締結を発表した。

▽クラブの発表によると、先月26日に行われたYBCルヴァンカップのグループステージ第3節ヴィッセル神戸戦で、プロA契約の締結条件である450分の出場時間を超過し、締結合意に至ったとのこと。森島はクラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。

「A契約締結に合意できて、うれしく思います。現状に満足することなく、より成長してチームの力になれるように頑張ります。今後とも応援をよろしくお願い致します」

▽森島は、四日市中央工業高等学校を卒業後、広島に入団。各年代別代表に名を連ねている他、今シーズンはここまで明治安田生命J1リーグ5試合、ルヴァンカップ3試合の出場を記録している。

コメント

関連ニュース

thumb

ハットのウーゴ・ヴィエイラ、延長スーパーゴールで横浜FMが広島に逆転勝利! 11年ぶりベスト4の磐田と対戦《天皇杯》

▽第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会ラウンド16(4回戦)が20日に各地で行われた。 ▽ニッパツ三ツ沢球技場で行われた横浜F・マリノスとサンフレッチェ広島の一戦は、延長戦の末に3-2で横浜FMが勝利した。試合は早々の7分に広島が動かす。フェリペ・シウバの左CKに正面の野上がヘッド。このシュートは左ポストに直撃するも、跳ね返りから皆川がネットを揺らし、広島が先行する。 ▽さらに、これで勢いに乗った広島は14分に加点する。バイタルエリアで縦パスを受けたフェリペ・シウバがペナルティアーク手前で右足を一閃。鋭い弾道のシュートがゴール左上に突き刺さり、広島がリードを2点に広げる。 ▽ハーフタイムにかけても広島が押し気味に試合を進める。44分にはバイタルエリアをドリブルで侵攻した森島がペナルティアークからミドルシュート。しかし、これはGK飯倉にセーブされたボールがバーに当たり、3点目とはならなかった。 ▽迎えた後半は立ち上がりから横浜FMが反撃に出る。すると54分、右サイドで仕掛けた遠藤がクロスを上げると、これがDF水本のハンドを誘ってPKを獲得。このチャンスをウーゴ・ヴィエイラがしっかりとモノにし、横浜FMが1点差に詰め寄る。 ▽さらに横浜FMは得点直後に遠藤が立て続けにミドルシュートで相手ゴールを脅かす。しかし、1本目はGK廣永のセーブに遭い、2本目はわずかにバーの上にはずれる。 ▽終盤にかけては横浜FMが攻勢に出るも、広島もカウンターから相手に脅威を与え続け、オープンな展開となる。すると88分、ボックス右での齋藤の仕掛けから最後は正面のウーゴ・ヴィエイラが決めて、横浜FMが土壇場で同点に追いつく。 ▽迎えた延長戦も一進一退の攻防が続く。110分にはアンデルソン・ロペスのミドルシュートで広島がゴールに迫るが、枠内に飛んだボールはGK飯倉のセーブに遭う。その後、延長後半は広島ペースで進んだが、試合終了間際に横浜FMがスーパーゴールで勝ち越す。 ▽右サイド深くのタッチライン付近で仕掛けたウーゴ・ヴィエイラがルックアップしてクロスと見せかけて右足でアウト回転をかけてシュート。GK廣永の意表を突いたこのシュートが決まり、決勝弾に。横浜FMがウーゴ・ヴィエイラのハットトリックで見事な逆転勝利を収めた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170920_26_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽また、南長野運動公園総合球技場で行われたAC長野パルセイロとジュビロ磐田の一戦は、0-1で磐田が勝利した。試合は立ち上がり、高橋のヘディングシュートでゴールに迫った磐田が積極的に前に出る。セットプレーを多く獲得しながら長野を押し込む磐田は相手の反撃を許さないも、決め手を欠いて前半はゴールレスのまま終える。 ▽迎えた後半、均衡を破ったのは磐田だった。52分、右サイドの太田が上げたクロスに正面の齊藤がヘディング。このシュートがゴール左に決まり、磐田がリードする。その後も、押し気味に試合を進めた磐田は追加点こそ奪えなかったものの、終盤の長野の反撃をきっちりと凌いでシャットアウト勝ち。11大会ぶりのベスト8を決めた磐田は、10月25日に行われる準々決勝で横浜FMと対戦する。 2017.09.20 21:35 Wed
twitterfacebook
thumb

C大阪、残留争い中の広島に屈して優勝遠のく《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第26節のサンフレッチェ広島vsセレッソ大阪が16日にエディオンスタジアム広島で行われ、1-0で広島が勝利した。 ▽ここまで4勝8分け13敗で16位の広島と14勝6分け5敗で4位のC大阪が激突した。広島は、0-0で引き分けた前節のアルビレックス新潟戦と同様のメンバーを起用。対するC大阪は、1-4で勝利した前節のFC東京戦から木本に代えて山下を起用する1点を変更した。 ▽先にゴールを迫ったのはアウェイのC大阪。5分、左サイドの柿谷が入れたクロスにニアサイドの山村が合わせる。しかし、厳しい態勢から放ったヘディングシュートはバーの上にはずれる。 ▽ハーフタイムにかけては一進一退の攻防が繰り広げられる。広島は柏を生かしたサイド攻撃、C大阪はソウザのセットプレーやクロスからゴールに迫ろうとするも、いずれも決定打を欠き、試合はゴールレスのまま折り返す。 ▽迎えた後半は、広島が押し気味に試合を進める。すると59分にゴールに近づく。青山のパスからボックス右に抜けたアンデルソン・ロペスが折り返すと、最後はゴール至近距離のパトリックがシュート。しかし、DFに寄せられたこともあり、シュートは枠をはずれる。 ▽ゴールレスの時間が続く中、先に動いたのは広島。68分、柴崎を下げてフェリペ・シウバを投入する。すると、この交代が的中。70分、フェリペ・シウバ起点のカウンターからパトリックがボールを収める。走り込んだペナルティアークのフェリペ・シウバが横パスをダイレクトシュート。左足でのシュートがネットを揺らし、フェリペ・シウバの今季リーグ戦初ゴールで広島が先行する。 ▽これで乗ったフェリペ・シウバは78分、ペナルティアーク付近で左足を振り、強烈なシュートでゴールを強襲。しかし、これはバーに弾かれた。反撃したいC大阪は80分に山村とソウザに代えて木本と澤上を入れて巻き返しを図る。 ▽しかし、最後まで広島が凌いで逃げ切りに成功。広島が貴重な勝ち点3を手にし、リーグ4試合負けなしとした。一方のC大阪は首位の鹿島との勝ち点差が10ポイントに広がり、優勝が遠のく痛恨の黒星となっている。 2017.09.16 20:30 Sat
twitterfacebook
thumb

新潟vs広島の裏天王山は決め手欠きゴールレス…最下位新潟は13戦未勝利《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第25節のアルビレックス新潟vsサンフレッチェ広島が9日にデンカビッグスワンスタジアムで行われ、0-0のドローに終わった。 ▽勝ち点差は9ポイント開いているものの、共に残留を争う最下位の新潟(勝ち点10)と、17位の広島(勝ち点19)による裏天王山。中断前に行われた前節の柏レイソル戦で連敗を「4」でストップも、12戦未勝利と泥沼の状態が続く新潟は、今夏サガン鳥栖から獲得した小川をトップ下で起用し、移籍後初出場させた。一方、ヴァンフォーレ甲府と大宮アルディージャと残留争いのライバルとの直接対決で1勝1分けの広島は、大宮戦と同じメンバーで臨んだ。 ▽立ち上がりから拮抗した展開が続く中、広島は17分に右CKからパトリックに決定機も枠の右を捉えたシュートはGK大谷のビッグセーブに遭う。すると、27分には負傷した高橋がプレー続行不可能となり、椋原の投入を余儀なくされる。 ▽対する新潟は遅攻でなかなかチャンスを作れず、要所で仕掛けるカウンターからホニや山崎、小川とフィニッシュに顔を出すが、なかなか精度が伴わず、こちらもゴールが遠い。 ▽結局、ゴールレスで折り返した試合は後半に入って、よりオープンな展開に。71分には山崎の見事な個人技で中央をこじ開け、ボックス左のドウグラス・タンキにラストパスも、足を滑らせたタンキのシュートは枠を外れる。この直後には広島がカウンターからボックス左に抜け出した柴崎に決定機も、ここはGK大谷のセーブに遭う。 ▽何とか勝ち切りたい両チームは、試合終盤にかけて選手交代で流れを変えにかかる。だが、80分には相手との接触で頭部に裂傷を負った新潟DF富澤が負傷交代するアクシデントに見舞われ、大野の緊急投入を余儀なくされる。 ▽互いに最後の場面で決め切れない焦れる状況が続く中、87分にはこの試合最大の決定機。新潟が細かい繋ぎから磯村のパスを受けたタンキがボックス手前で左足を振り抜く。これをGK中林が抑え切れず、ボールがゴール方向に向かうが、ここは中林が何とかゴールラインぎりぎりでかき出し、決勝点とはならず。 ▽結局、試合はこのままゴールレスで終了。互いに厳しい現状を反映するかのような内容となった一戦は、痛み分けのドローとなった。なお、新潟は今回のドローで泥沼の13戦未勝利となった。 2017.09.09 22:18 Sat
twitterfacebook
thumb

広島DF野上結貴に第一子となる女の子が誕生

▽サンフレッチェ広島は4日、DF野上結貴に第一子となる女の子が誕生したことを発表した。 ▽クラブの発表によると、野上の長女は4日に広島市内の病院で誕生。2,498グラムとのことだ。 ▽野上は昨シーズン途中に横浜FCから完全移籍で加入。今シーズンは明治安田生命J1リーグで19試合に出場している。 2017.09.04 15:20 Mon
twitterfacebook
thumb

残留争い真っ只中の大宮vs広島は1-1の痛み分け《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第24節の大宮アルディージャvsサンフレッチェ広島が26日に行われ、1-1の引き分けに終わった。 ▽降格圏に沈む両チームの残留争いを懸け、大事な一戦となったこの試合。16位の大宮(勝ち点19)は前節のサガン鳥栖戦から、山越、岩上、横谷を代えて、奥井、マテウス、茨田を起用した。勝ち点差1で肉薄する17位の広島(勝ち点18)は、ホーム初勝利を飾った前節のヴァンフォーレ甲府戦と同じメンバーで臨んだ。 ▽試合序盤はホームの大宮が優勢に進める。4分右サイド深くからのクロスのクリアボールに反応した茨田がボックス内からシュートを放つが、GKにファインセーブされ、先制には至らない。その後も猛攻を仕掛ける大宮は、広島に攻撃の隙を与えない。 ▽そんな広島も27分、ボックス手前右から青山が左足で巻いてファーを狙うが、惜しくも枠を外れる。35分にはパトリックが頭で狙うがGKがキャッチ。直後のFKでもアンデルソン・ロペスのシュートのこぼれ球を柴崎が反応するも、GK加藤によって阻まれた。 ▽迎えた後半、前半同様攻勢に出る大宮が決定機を迎える。51分、左CKに菊池が合わせるがGK中林がセーブ。先制とはならなかった。 ▽後半も守勢を強いられる広島だったが53分、丹羽がボックス外右から、左足でクロスを上げると、パトリックがこれに頭で合わせ、ネットを揺らした。ガンバ大阪コンビのホットラインが広島に先制点をもたらした。 ▽しかし喜びも束の間、大宮に同点弾を許してしまう。60分、敵陣中央左でFKを得た大宮は、大山の右足のクロスを供給。ゴールに向かっていくボールに菊池が頭で上手く合わせ、すぐさま振り出しに戻した。 ▽その後はやや大宮優勢で試合が進むが、逆転弾を奪うまでには至らず。試合は1-1のまま終了。残留争いとなったこのカードは両者痛み分けという形に終わった。 2017.08.26 21:26 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース