広島、U-20W杯メンバー候補のMF森島司とプロA契約締結2017.05.01 19:21 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽サンフレッチェ広島は1日、MF森島司(20)とのプロA契約締結を発表した。

▽クラブの発表によると、先月26日に行われたYBCルヴァンカップのグループステージ第3節ヴィッセル神戸戦で、プロA契約の締結条件である450分の出場時間を超過し、締結合意に至ったとのこと。森島はクラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。

「A契約締結に合意できて、うれしく思います。現状に満足することなく、より成長してチームの力になれるように頑張ります。今後とも応援をよろしくお願い致します」

▽森島は、四日市中央工業高等学校を卒業後、広島に入団。各年代別代表に名を連ねている他、今シーズンはここまで明治安田生命J1リーグ5試合、ルヴァンカップ3試合の出場を記録している。

コメント

関連ニュース

thumb

パト3戦連発の首位広島が5連勝! 鳥栖4連敗《J1》

▽21日にエディオンスタジアム広島で行われた明治安田生命J1リーグ第9節のサンフレッチェ広島vsサガン鳥栖は、ホームの広島が1-0で勝利した。 ▽広島は、パトリックの相方として渡を先発起用。対する鳥栖は、ビクトル・イバルボが引き続き欠場となり、趙東建と小野の2トップをスターティングメンバーにチョイスした。 ▽試合は、開幕から無敗を続ける首位の広島がペースを握る展開に。連動した攻守で敵陣内で時間を進め、ターゲットマンのパトリックを中心に鳥栖のゴールマウスに襲いかかっていく。 ▽その中で、ボールを握れば積極的に広島ゴールに迫る鳥栖は30分、バイタルエリア中央で左サイドからのパスに反応した原川が右足インサイドのシュート。だが、これはクロスバーを叩く。 ▽互いに決定打を欠くまま後半へ。一進一退の攻防に持ち込む鳥栖が引き続き攻勢を強める中、61分に小野に決定機が巡ってくるが、右サイドからのクロスに合わせたヘディングシュートを枠に飛ばせない。 ▽なかなか鳥栖の守備ブロックを攻略できずにいる広島。ティーラシン、吉野を立て続けにピッチに送り込み、攻撃の活性化を図るが、有効打を見いだせず、時間だけが過ぎていく。 ▽それでも、広島は83分、ついに均衡を破る。細かいパスワークで鳥栖を押し込むと、バイタルエリア中央でティーラシンの落としからパトリックが右足ダイレクト。これが決まり、広島が先制した。 ▽パトリックの3戦連発となるシーズン6得点目でリードした広島はその後、3連敗の悪い流れを何とか断ち切ろうと反撃に出てきた鳥栖の追随を受けるが、危なげなく5連勝を飾っている。 2018.04.21 15:57 Sat
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 4月20日は、今季広島の堅守を支えるCB

◆野上結貴 【Profile】 出身:日本 誕生日:1991/4/20 ポジション:DF クラブ:サンフレッチェ広島 身長:180㎝ 体重:67kg ▽『今日の誕生日は誰だ!』本日、4月20日はサンフレッチェ広島DF野上結貴だ。 ▽東京都出身の野上はサッカー名門校の桐蔭横浜大学を経て横浜FCに加入。大学3年生だった2012年4月に特別指定選手としてFC岐阜戦でJリーグデビューを果たした。翌シーズンに正式に加入となりプロ1年目から主力として活躍した。 ▽2016年7月からは広島に活躍の場を移す。昨シーズンは主戦場のセンターバックではなく守備的MFでの起用が多かったがリーグ戦24試合に出場。今季は負傷したDF千葉和彦に代わって本来のセンターバックでチャンスを掴むと、安定した守りで城福浩監督の心を掴んだ。現在リーグ2失点の広島の強固なディフェンスを支える1人だ。 ※誕生日が同じ主な著名人 コウメ太夫(お笑い芸人) 鬼木達(サッカー指導者/川崎フロンターレ) 宇治原史規(お笑い芸人/ロザン) シェイ・ギブン(元サッカー選手) HIRO(お笑い芸人/安田大サーカス) 月亭八光(落語家) ミランダ・カー(モデル) 2018.04.20 07:00 Fri
twitterfacebook
thumb

広島GK林卓人がJ1リーグ2・3月度月間MVPに!《Mastercard月間MVP》

▽Jリーグは17日、2・3月度の「明治安田生命JリーグMastercard priceless japan 月間MVP」として、J1リーグからサンフレッチェ広島のGK林卓人を選出した。 ▽林は、今シーズンの明治安田生命J1リーグ開幕から全試合に先発。2度のPKストップを成功させるなど、絶対的守護神として開幕から無敗で首位を走る広島に大きく貢献した。 ▽Jリーグは、受賞者である林のコメントとJリーグ選考委員会による総評を次のように紹介している。 ◆GK林卓人(サンフレッチェ広島) 「今回は僕が月間MVPを受賞することになりましたが、個人というよりも、チーム全体の守備を評価していただいての賞だと思っています。みんなの守備意識の高さが評価され、うれしく思います。これからも失点を減らしながらチームとしていい守備をし、勝利に貢献できるように頑張ります。サポーターの皆さんに勝利を届けるため、もっと自分自身を高めていきたいです」 ◆Jリーグ選考委員会による総評 「2、3月は5試合1失点という安定したパフォーマンスが光り、首位に立つ広島を支えている。第3節の鹿島戦では相手FW金崎のPKを読みきり、続けざまのピンチも体を張って防いでチームの完封勝利に大きく貢献。安定したセービングからくる自信が構えの良さ、備えの良さにも繋がっており、決定的なピンチを幾度も防ぐ活躍が認められMVPに選出された」 2018.04.17 16:00 Tue
twitterfacebook
thumb

広島勢い止まらず! パトリックの2戦連続2ゴールで無敗継続&4連勝! 湘南は元広島ミキッチ投入も今季2度目の連敗…《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第8節の湘南ベルマーレvsサンフレッチェ広島が15日にShonan BMW スタジアム平塚で行われ、2-0で広島が勝利した。 ▽ここまで2勝2分け3敗で13位につける湘南(勝ち点8)と、6勝1分けで首位を走る広島(勝ち点19)の一戦。前節の北海道コンサドーレ札幌戦を0-1で敗れて連勝を逃した湘南は、その一戦から先発メンバーを4人変更。アンドレ・バイアと大野、梅崎、端戸に代えて坂と齊藤、松田、アレン・ステバノヴィッチを起用した。 ▽一方、前節の横浜F・マリノス戦を3-1で勝利して無敗を継続しながら3連勝を飾った広島は、その一線から先発メンバーを6人変更。丹羽と川辺、ティーラシンらに代えて水本、青山、パトリックらを起用した。 ▽まず最初にゴールに迫ったのは、ホームの湘南。11分、敵陣中央右からのFKをキッカーの高橋がクロスを選択。ファーサイドの石川が頭で合わせたが、ボールはゴールの上を通過した。さらに16分、ボックス左外から高橋がクロス。ニアサイドに走り込んだイ・ジョンヒョプが右足アウトサイドでフリック気味に合わせるも、わずかにゴール右外へと外れた。 ▽立ち上がりを経過しても敵陣への侵攻回数が多いのは湘南。36分にはボックス手前で縦パスを受けた松田がうまく反転し、右足で強烈なシュート放つ。しかし、これはややGK林の正面に飛んでしまい、先制点とはならない。 ▽するとここまで押し込まれていた広島がチャンスを迎える。前半アディショナルタイム、敵陣中央左でFKを獲得し、キッカーの柴崎がゴール前へクロスを送る。これをパトリックが競り合い、ゴール前左で工藤が頭で合わせるも、クロスバーに嫌われてしまう。 ▽後半に入ると早い時間帯に広島に先制点が生まれる。51分、柴崎からの左CKをパトリックがヘディングシュートを叩き込んだ。これでパトリックは2試合連続ゴール。 ▽チャンスを作りながらも先制点を許してしまった湘南だったが、62分にチャンス到来。右サイドからのクロスをファーサイドのイ・ジョンヒョプが落とす。中央でフリーになっていたアレン・ステバノヴィッチが左足でシュートを放つも、枠を捉えることができず、絶好機を不意にしてしまう。 ▽同点ゴールが欲しい広島は69分、岡本に代えてミキッチを投入。昨シーズンまで広島に在籍していたミキッチには会場内から大きな拍手が送られる。 ▽しかし、広島が構わず追加点を奪う。80分、ボックス右で相手からボールを奪うと、青山がふわりとしたクロスをファーサイドへ供給。パトリックが高さを見せつけて、試合を2-0にする。 ▽リードを広げた広島はその後、攻勢を強めた湘南に対して、きっちりと対応して試合をクローズ。2-0で勝利した広島が4連勝を飾った。一方の湘南は今シーズン2度目の連敗を喫した。 2018.04.15 18:16 Sun
twitterfacebook
thumb

首位広島、DF丹羽大輝が全治3週間の負傷離脱

▽サンフレッチェ広島は13日、元日本代表DF丹羽大輝の負傷を発表した。 ▽丹羽は、11日に行われた明治安田生命J1リーグ第7節の横浜F・マリノス戦で負傷。13日に広島県内の病院で検査を受けた結果、左ハムストリングス筋損傷と診断され、全治3週間の見込みだ。 ▽丹羽は今シーズンのここまでJ1リーグ1試合に出場。開幕7戦無敗で首位の広島は15日に行われる次節、湘南ベルマーレとアウェイで対戦する。 2018.04.13 18:50 Fri
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース