超ワールドサッカー

【U-20日本代表特集】U-20W杯代表メンバー発表直前! 超WS選定の「7名の若きサムライたち」2017.05.01 17:00 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽5月2日、FIFA U-20ワールドカップ(W杯)韓国2017に向けた代表メンバー21名が発表されるU-20日本代表。2007年のカナダ大会以来5大会ぶり9度目の世界大会出場というだけでなく、この世代が2020年の東京オリンピック世代であることを考えると、期待を抱かないわけにはいかない。超WS編集部は独断により、オススメの若きサムライをピックアップ。選出した7名を紹介する。

FW安部裕葵(鹿島アントラーズ)
・生年月日:1999年1月28日(18歳)
・2017シーズンの実績
明治安田生命J1リーグ:2試合/先発1回(0得点)
AFCチャンピオンズリーグ:1試合/先発0回(0得点)

【短評】
▽FW本田圭佑がプロデュースしたジュニアユースチーム出身のプロ1号。キープ力や優れた得点感覚だけでなく、強気な発言などメンタル面にも“本田魂”が宿る

MF黒川淳史(大宮アルディージャ)
・生年月日:1998年2月4日(19歳)
・2017シーズンの実績
明治安田生命J1リーグ:2試合/先発1回(0得点)
2017JリーグYBCルヴァンカップ:2試合/先発2回(0得点)

【短評】
▽大宮アルディージャユース出身のテクニカルなアタッカー。1人でボールを運べるドリブルスキル、展開を変えるパス、前線からのプレスもいとわない豊富な運動量を持ち合わせる

MF吉尾海夏(横浜F・マリノス)
・生年月日:1998年6月28日(18歳)
・2017シーズンの実績
明治安田生命J1リーグ:0試合/先発0回(0得点)
2017JリーグYBCルヴァンカップ:3試合/先発2回(0得点)

【短評】
▽身長167cmの小柄を生かした生え抜きミッドフィルダー。ユース時代には2013年に日本クラブユース選手権U-15、2015年に日本クラブユース選手権U-18の優勝に貢献。ドリブルスキルに秀でたタレントだ

MF中坂勇哉(ヴィッセル神戸)
・生年月日:1997年8月5日(19歳)
・2017シーズンの実績
明治安田生命J1リーグ:4試合/先発2回(2得点)
2017JリーグYBCルヴァンカップ:1試合/先発1回(2得点)

【短評】
▽プロ2年目にして才能の片鱗を見せつつあるヴィッセル神戸の新鋭。すでに公式戦4ゴールをマークするなど、ゲームメーカータイプながらシュート精度も高い

FW田川亨介(サガン鳥栖)
・生年月日:1999年2月11日(18歳)
・2017シーズンの実績
明治安田生命J1リーグ:6試合/先発0回(1得点)
2017JリーグYBCルヴァンカップ:2試合/先発1回(0得点)

【短評】
▽スピードとドリブルを武器とするサガン鳥栖の下部組織で育った身長181cmの若きアタッカー。18歳1カ月28日のクラブ最年少得点記録を持つ

FW前田大然(水戸ホーリーホック)
・生年月日:1997年10月20日(19歳)
・2017シーズンの実績
明治安田生命J2リーグ:7試合/先発5回(3得点)

【短評】
▽風貌に似つかわない50m5.8秒の快速を武器とするストライカー。今シーズンはここまで3ゴール。J2注目の若き点取り屋だ

MF高橋壱晟(ジェフユナイテッド千葉)
・生年月日:1998年04月20日(19歳)
・2017シーズンの実績
明治安田生命J2リーグ:9試合/先発9回(2得点)

【短評】
▽2000年のMF阿部勇樹(浦和レッズ)以来となる17年ぶりの高卒開幕スタメン。青森山田高校時代から鳴らしたスコアリングミッドフィルダーとしての能力は折り紙つき

コメント

関連ニュース

thumb

【U-20日本代表プレビュー】エース離脱の逆境を乗り越えられるか、団結力問われるイタリア戦《U-20W杯》

▽U-20日本代表は27日、日本時間20時にキックオフを迎えるU-20ワールドカップ(W杯)のグループD最終節でU-20イタリア代表と対戦する。グループ突破を懸けた一戦だ。 <span style="font-weight:700;">◆ウルグアイに力負け</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170527_8_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽U-20南アフリカ代表との初戦を白星で飾った日本はその勢いに乗り、24日に行われた第2節でU-20ウルグアイ代表と激突した。しかし、結果は0-2の完封負け。FW小川航基の負傷交代というエクスキューズもあったが、したたかで隙なしのウルグアイに力負けした。 <span style="font-weight:700;">◆ウルグアイに続く強者イタリア</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170527_8_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽対するイタリアは、ウルグアイとの初戦を落としたものの、第2節で南アフリカを2-0で撃破。個々の質に加えて、組織力で格の違いを見せつける形の勝利であり、日本との最終節にグループステージ突破の可能性を残した。日本にとって、ウルグアイに続き格上の相手であることは間違いない。 <span style="font-weight:700;">◆負けても突破の可能性</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170527_8_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽グループDは、イタリアと日本を連破したウルグアイの決勝トーナメント進出が確定。残る焦点は、日本とイタリアのどちらが自力突破を決めるかだ。無論、1勝1敗同士の対戦となる日本vsイタリアの勝者は無条件で自力突破となる。 ▽仮に引き分けた場合、イタリアの2位通過、日本の3位が確定。しかし、6グループの各3位のうち成績上位4カ国がベスト16進出というレギュレーションにより、日本は引き分け、あるいは敗戦であっても結果次第で突破の可能性がある。 <span style="font-weight:700;">★予想フォーメーション</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170527_8_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽布陣は初戦から3試合連続の[4-4-2]が濃厚。この試合で最も注目されるのは、ウルグアイ戦で左ヒザ前十字じん帯断裂および半月板損傷の重傷を負った小川の代役だ。前日練習を見る限り、イタリア戦はFW岩崎悠人の相方として、FW田川亨介の出場濃厚。そのほか、左サイドハーフにMF遠藤渓太、両サイドバックにDF初瀬亮、DF杉岡大暉の起用が見込まれている。 <span style="font-weight:700;">★リスクマネジメントを優先</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170527_8_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽ここまで1失点しか喫していないイタリアの守備陣を崩すのは容易ではない。最悪、引き分けでも3位突破の可能性もあるだけに、内山監督も「バランスを崩してカウンターを喰らうのは避けたい」と慎重な戦い方を示唆。リスクマネジメントが1つの鍵となる。 ▽そのため、攻撃面においても守備に片足を置いたカウンター主体になりそうだ。それは、船木よりも攻撃面で劣るものの、守備面に秀でた杉岡の左サイドバック起用や、スピードに長けた田川の前線抜擢にも現れている。チームの団結力が試される一戦だ。 ▽最後に、日本が先のウルグアイ戦で露呈した強敵に対する気持ちの部分でのアプローチが気になるところ。気遅れしてか、消極的なプレーに走ってしまう悪癖は、勝負に挑む上で致命傷だ。ウルグアイ戦の反省を生かして、メンタルを整えて試合に入りたい。 2017.05.27 13:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ウルグアイ戦で負傷のFW小川航基が左ヒザ前十字じん帯断裂および左ヒザ半月板損傷でU-20日本代表を離脱《U-20W杯》

▽日本サッカー協会(JFA)は25日、U-20日本代表FW小川航基(ジュビロ磐田)が負傷により途中離脱することを発表した。 ▽小川は、U-20日本代表の一員として韓国で行われているU-20ワールドカップに出場。グループステージ第1戦のU-20南アフリカ代表戦では同点ゴールを記録し、チームの勝利に貢献していたが、24日に行われた第2節のU-20ウルグアイ代表戦で試合中に負傷。そのまま担架で運ばれ、ピッチを後にし、FW久保建英と交代していた。 ▽JFAの発表によると、小川は左ヒザ前十字じん帯断裂および左ヒザ半月板損傷と診断。全治は明らかにされていない。また、28日に帰国する予定だ。 2017.05.25 17:54 Thu
twitterfacebook
thumb

ザンビアが後半4発でイランに逆転勝利! ポルトガルとコスタリカはPK1本ずつで痛み分け《U-20W杯》

▽24日に行われたFIFA U-20ワールドカップのグループC第2節、U-20ザンビア代表vsU-20イラン代表は、4-2でザンビアが勝利した。 ▽試合はイランが序盤に先制点を奪う。7分、GKマンガニ・バンダのパスをボックス左手前で奪ったレザ・シャカリがボックス内へと侵攻し、冷静にゴール右隅へ流し込み先制する。 ▽1点リードで試合を折り返したイランは49分、ノラフカンがボックス内で倒されてPKを獲得。これをレザ・シャカリがゴール左下隅へ沈め、追加点を奪った。 ▽2点差にリードを広げられたザンビアだったがここから反撃に出る。54分、自陣中央右からのロングボールがボックス左へ流れると、サカラが左足ワンタッチで中央へ切れ込み、右足でニアサイドを射抜き1点を返す。さらに59分、ボックス手前で細かくつなぎ、最後はムウェプが左足でゴール右下隅へと突き刺し、一気に同点に追いつく。 ▽試合を振り出しに戻したザンビアは65分、ゴール前まで迫ると、最後は混戦の中でゴール前のエマヌエル・バンダが右足で押し込み、ついに逆転に成功。71分にもボックス手前でパスを受けたダカが右足を振り抜いて、ゴール左に突き刺しリードを広げた。 ▽その後はイランに反撃を許さず、ザンビアが4-2でそのまま逃げ切りに成功。前半に2得点を許すも、後半の17分間で4得点を奪ったザンビアが逆転で2連勝を飾った。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170524_39_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽また、同日に行われたグループC第2節のもう1試合、U-20コスタリカ代表vsU-20ポルトガル代表は、1-1の引き分けに終わった。 ▽試合は前半からポルトガルが攻勢に出る。すると32分、エウデルのパスをボックス右外で受けたジオゴ・ダロトがクロスを入れると、ディエゴ・メセンの手に当たりPKを獲得。これをキッカーのジオゴ・ゴンサウベスが右足を振り抜くと、GKピネダの右手を弾いてゴールに吸い込まれ、ポルトガルが先制する。 ▽1点ビハインドで試合を折り返したコスタリカは、後半の立ち上がりに同点のチャンスを得る。イアン・スミスがボックス右外から強引にクロスを供給。これに反応したジョナサン・マルティネスがボックス内でいち早く反応すると、出遅れた相手DFの足がかかり、PKを獲得する。これをジミー・マリンが右足でゴール左隅を狙うと、GKジオゴ・コスタに反応されるも、ゴールに吸い込まれ同点に追いつく。 ▽その後は、同点ゴールを許したポルトガルがコスタリカを押し込むものの、勝ち越し点は奪えず試合終了。互いにPKを1本ずつ決めて、1-1の引き分けに終わり、勝ち点1を分け合った。 ◆グループC <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">U-20ザンビア代表 4</span>-2 U-20イラン代表 【ザンビア】 サカラ(後9) ムウェプ(後14) エマヌエル・バンダ(後20) ダカ(後26) 【イラン】 レザ・シャカリ(前7) レザ・シャカリ(後49[PK]) U-20コスタリカ代表 1-1 U-20ポルトガル代表 【コスタリカ】 ジミー・マリン(後3[PK]) 【ポルトガル】 ジオゴ・ゴンサウベス(前32[PK]) 2017.05.24 23:02 Wed
twitterfacebook
thumb

レーティング:U-20ウルグアイ代表 2-0 U-20日本代表《U-20W杯》

▽U-20日本代表は24日、FIFA U-20ワールドカップ(W杯)グループD第2戦のU-20ウルグアイ代表戦に臨み、0-2で敗れた。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。 ▽U-20日本代表採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170524_1_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 小島亨介 5.5 踏ん張りは見せたが、最終的に2失点 DF 2 藤谷壮 5.5 総体的に守備に重きを置くも後半から積極的なプレーが増加。及第点のパフォーマンス 5 冨安健洋 5.0 11分に消極さを突かれてピンチを招く。徐々に持ち直したが、全体的に安定感を欠いた内容 3 中山雄太 5.5 前でボールを奪う姿勢が仇となり1失点目に関与。だが、総じて及第点のプレーに徹した 19 舩木翔 5.5 1失点目は自サイドを突かれたもの。ただ、攻撃面でまずまずのプレーを見せた MF 7 堂安律 5.0 後半からギアを上げたが、消化不良な出来に。脅威になり切れなかった 17 市丸瑞希 5.5 ボールが入れば何度か持ち前のパスセンスで攻撃陣のスイッチ役に。ただ、ミスや守備の緩さは引き続き課題 16 原輝綺 5.5 ベンチから交代の声がかかるまで奮闘。ボールの回収役としての役割を遂行した (→坂井大将 -) 8 三好康児 5.0 周囲と生かし生かされの関係を築けず。ボールを受けても停滞感 (→高木彰人 -) FW 9 小川航基 - 前半の半ばに左ヒザを痛めて無念の途中交代 (→久保建英 5.5) スクランブル出場も後半に入って相手の力量にアジャスト。果敢な仕掛けで攻め手に 13 岩崎悠人 5.0 小川というパートナーを失ったことで孤立。数少ないシュートシーンも空砲 監督 内山篤 5.0 小川の負傷退場で流れ一変。後半に修正を施すが、世界レベルの相手に力の差を痛感する敗戦 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! デ・ラ・クルス(U-20ウルグアイ代表) ▽167cmの小柄ながら推進力溢れる攻守で日本を翻弄。ウルグアイのチームスタイルである堅守速攻の体現者に U-20ウルグアイ代表 2-0 U-20日本代表 【U-20ウルグアイ】 スキアッパカッセ(前38) マティアス・オリベイラ(後46) 2017.05.24 22:01 Wed
twitterfacebook
thumb

日本、試合巧者のウルグアイに力負け…イタリアとの16強懸けた最終節へ《U-20W杯》

▽U-20日本代表は24日、FIFA U-20ワールドカップ(W杯)グループD第2戦のU-20ウルグアイ代表戦に臨み、0-2で敗れた。 ▽5大会ぶり出場となるアジア王者の日本は、21日に行われたU-20南アフリカ代表との初戦で苦しみながらも逆転勝利。今節は、U-20イタリア代表との好ゲームを制した南米王者のウルグアイと対峙する。そのウルグアイ戦に向けては、初戦から先発3名を変更。ダブルボランチに原と市丸が並び、藤谷を右サイドバックに起用された。 ▽注目の立ち上がり、初戦に続きフラットな[4-4-2]のシステムを継続した日本は自陣にブロックを敷き、慎重な入りでスタート。キックオフ直後から推進力を強めたウルグアイに押し込まれる展開となる。それでも、8分に左サイドからのグラウンダークロスに小川が飛び込む決定的な場面を作るなど、日本が徐々にペースを握り返していく。 ▽ところが、11分には、自陣低い位置で組み立てに関与した冨安がクルスの鋭いプレッシャーを受けてボールロスト。そのままクルスにボールをボックス内に持ち運ばれてフリーでシュートを許してしまう。しかし、クルスのシュートはゴール左外。相手のミスにも助けられた日本がピンチを免れる。 ▽胸を撫で下ろした日本だったが、16分にオリベラを交わそうとした小川が着地時に左足を痛めてピッチに昏倒。プレー続行が不可能となり、ジョーカーとしてベンチに待機していた久保のスクランブル起用を余儀なくされてしまう。すると、一時掴みかけていた流れは再びウルグアイに。我慢の戦いを強いられる。 ▽1点ビハインドで試合を折り返した日本は、55分に同点機。相手のミスを見逃さなかった市丸がバイタルエリアでボールを拾い、GKのポジショニングを確認してループシュートを放つ。GKが手で掻き出したボールを久保が頭で押し込みにかかるが、これを枠に飛ばすことができない。 ▽さらに、58分には久保の個人技から決定機。ドリブルでボックス左に持ち込んだ久保が左足でシュートを放つと、GKに弾かれたボールに反応した堂安が頭でプッシュする。しかし、コースが甘くなったボールは相手選手のクリアに遭い、日本が同点のチャンスを不意にしてしまう。 ▽その後も、久保のチャンスメークから岩崎のシュートでゴールに迫った日本。攻撃面でトーンダウンしたウルグアイを尻目に攻勢を強めていくが、最後のところで相手の守備網に引っかかり、ゴールが遠い。85分にはバイタルエリア右の位置で得たFKから堂安が直接ゴールを狙うが、GKの正面を突く。 ▽残る交代枠で坂井、高木をピッチに送り込んだ日本は、より攻勢を強めるが、後半アディショナルタイムにカウンターからマティアス・オリベイラの一発を浴びて万事休す。ウルグアイの試合巧者ぶりに屈した日本のグループステージ突破は、27日に行われる最終節のイタリア戦に持ち越しとなった。 2017.05.24 22:00 Wed
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース