12戦8発のヘントFW久保裕也、成功の秘訣は「プレースタイルの一致」2017.04.29 14:32 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽今冬にヤング・ボーイズからヘントへと移籍した日本代表FW久保裕也が、自身の成功の秘訣を語った。ベルギー『VOETBALKARANT』が報じた。

▽久保は、ヘント加入後、公式戦12試合に出場し8得点とゴールを量産。ベルギー・ジュビラーリーグの優勝プレーオフに臨むチームにおいても重要なゴールを重ね、タイトル獲得を目指してプレーしている。

▽移籍加入後すぐさまチームの中心となっている久保だが、ここまでの成功は経験したことがないとのこと。プレースタイルの一致が秘訣だと語った。

「僕が最初からこのように大きな影響を与えることは初めてです。チームのプレースタイルが本当に僕のプレースタイルにあったからです。それが主な理由だと思います」

▽また、ヘントへの移籍決断については「監督が僕の使い方について明確な考えを持っていたので、移籍を決断しました」とコメント。移籍後の活躍については「僕はこれまでのキャリアの中で、最高の時期を過ごしています。でも、改善の余地はあります」と語り、ゴールを量産しながらもさらなる成長を誓った。

▽ヘント移籍後、デビュー戦となったクラブ・ブルージュ戦でデビューゴールを記録。久保はこのゴールが重要であったとも語っている。

「おそらく、僕のこれまでのキャリアで最も重要なゴールでした。僕にとっての最初の試合だったので、僕はチームメイトからの信頼を獲得できました」

▽優勝プレーオフを戦うヘントは、首位のアンデルレヒトと勝ち点差5の2位に位置。30日には、そのアンデルレヒトと直接対決を迎え、逆転優勝に向けて久保のゴールで勝利ができるのか、注目が集まる。

コメント

関連ニュース

thumb

内田篤人が移籍後初のフル出場もチームは5戦未勝利…《ブンデスリーガ2部》

▽19日にブンデスリーガ2部第7節が行われ、ウニオン・ベルリンはザントハウゼンと対戦し0-1で敗れた。DF内田篤人は加入後初となるフル出場を果たしている。 ▽前節のブラウンシュバイク戦でベンチ入りするも出場機会がなかった内田だったが、この日はスタメンとして右サイドバックでプレー。 ▽試合は前半をゴールレスで終えると、迎えた55分、相手右サイドのスローインから逆サイドにボールが流れ、最後はパカラダが放ったミドルシュートがネットを揺らしてザントハウゼンが先制。内田はフル出場を果たたものの、試合はこの1点が決勝点となり終了。勝利したザントハウゼンは暫定で首位に浮上した。一方、敗れたウニオン・ベルリンは5試合未勝利となり、暫定で9位となっている。 2017.09.20 09:12 Wed
twitterfacebook
thumb

メッシ4発でバルセロナが乾フル出場のエイバルに圧勝! 開幕5連勝を飾る《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第5節、バルセロナvsエイバルが19日に行われ、6-1でバルセロナが圧勝した。エイバルのMF乾貴士はフル出場している。 ▽3日前に行われたヘタフェ戦を柴崎のゴラッソを被弾しながらも2-1と逆転勝利して開幕4連勝としたバルセロナは、ヘタフェ戦のスタメンから6選手を変更。負傷したデンベレが欠場となった他、スアレスやラキティッチ、ジョルディ・アルバがベンチスタートとなって、デウロフェウとデニス・スアレスがメッシと共にトリデンテを形成した。 ▽一方、4日前に行われたレガネス戦を1-0と辛勝したエイバルは、2勝2敗のタイに戦績を戻した。そのエイバルは[4-2-3-1]の左MFで乾が開幕5試合連続スタメンとなった。 ▽3トップに右からデウロフェウ、メッシ、デニス・スアレスと並べる[4-3-3]で臨んだバルセロナに対し、序盤はエイバルが鋭いカウンターを見せる。まずは開始3分、ロングフィードに抜け出したセルジ・エンリクがボックス内に侵入。GKテア=シュテーゲンと一対一となったが、止められた。続く10分には乾がボックス左からGKを強襲するシュートを浴びせ、良い入りを見せた。 ▽しかし、20分にバルセロナがPKを獲得する。ボックス右に侵入したネウソン・セメドがガルベスに倒された。これをメッシが決めてバルセロナが先制した。 ▽続く26分のメッシのミドルシュートはGKの好守に阻まれたものの、38分に突き放す。左CKからパウリーニョのヘディングシュートが決まった。 ▽パウリーニョの2試合連続ゴールでリードを広げたバルセロナは迎えた後半、53分に3点目を奪う。メッシの強烈なシュートはGKに弾かれるも、ルーズボールをボックス左のデニス・スアレスが拾ってシュートを蹴り込んだ。 ▽3点を追うエイバルは57分、フンカの左クロスをセルジ・エンリクがボレーで合わせて1点を返したが、直後の59分に失点する。 ▽ブスケッツのパスをバイタルエリアで受けたメッシがドリブルで侵攻。ペナルティアーク左からゴール左隅へシュートを流し込んで4-1とした。そして、62分に乾がドリブルシュートでGKテア・=シュテーゲンを強襲したものの、直後のカウンターからメッシがハットトリックを達成する。パウリーニョとのパス交換からボックス右に侵入したメッシがゴールへ流し込んだ。 ▽結局、87分にA・ビダルのアシストからメッシが4ゴール目を決めたバルセロナが圧勝で開幕5連勝を飾っている。 2017.09.20 06:59 Wed
twitterfacebook
thumb

イカルディのPK弾でインテルが辛くもドロー…開幕からの連勝止まる《セリエA》

▽セリエA第5節のボローニャvsインテルが19日に行われ、1-1の引き分けに終わった。日本代表DF長友佑都はフル出場した。 ▽開幕から4連勝と絶好の開幕スタートを切ったインテルが、ここまで1勝1敗1分けで13位のボローニャとのアウェイ戦に臨んだ一戦。2-0で勝利した前節のクロトーネ戦からスタメンを2選手変更したインテルは、ダウベルト・エンリケとガリアルディーニに代えて、長友とヴェシーノを起用した。 ▽5連勝を目指すインテルは、序盤から積極的に攻勢に出るボローニャにチャンスを作られる。9分、左CKの流れから、最後はスルーパスでボックス左の深くに抜け出したヴェルディに狙われるが、これはGKハンダノビッチが右手でファインセーブ。 ▽さらに16分にもインテルにピンチが襲う。GKハンダノビッチのパスを自陣中央でペトコビッチに奪われると、すぐさまゴール前にスルーパスを供給。これに反応したヴェルディがGKとの一対一を迎えるが、わずかに左に逸れ事なきを得た。 ▽前半半ばにかけて徐々に盛り返してきたインテルは25分、左ウイングのペリシッチのドリブルから、こぼれ球を長友がボックス左から狙うが、枠を捉えられず。だが、先制したのは試合開始から攻勢に出ていたホームチームだった。 ▽序盤から再三ゴールチャンスに顔を出していたヴェルディに、遂にインテルはゴールを許してしまう。32分、敵陣中央でドリブルを開始したヴェルディがボックス手前まで侵攻すると、そこから左足一閃。凄まじいスピードのブレ球を前にGKハンダノビッチはなす術がなかった。 ▽1点リードされたまま迎えた後半、早く追いつきたいインテルが好機を演出。59分、カンドレーバの右CKにミランダが頭で合わせるが、GKミランテのセーブに遭う。対するボローニャも66分に追加点を狙いにいく。左サイドからディ・フランチェスコのパスを受けたドンサーがボックス手前左から狙うが枠を捉えることができなかった。 ▽このままボローニャが押し切るかに思われたが76分、インテルが試合を振り出しに戻す。右サイドのカンドレーバからクロスが入ると、ボックス内でエムバイェが転倒した際の手がかかり、エデルが倒されPKを獲得。これをイカルディが沈めて同点に追いついた。 ▽その後は互いに大きなチャンスもなく、このまま試合終了。PKでなんとか1-1に持ち込んだインテルだったが、開幕5連勝とはならなかった。 2017.09.20 05:55 Wed
twitterfacebook
thumb

途中出場の岡崎弾でレスターがリバプール撃破《EFLカップ》

▽EFLカップ3回戦、レスター・シティvsリバプールが19日に行われ、2-0でレスターが勝利している。レスターの岡崎は53分から出場し、65分にゴールを決めている。 ▽3日前に行われたリーグ戦のハダースフィールド戦を1-1と引き分けたレスターは、そのハダーズフィールド戦のスタメンから大幅に8選手を変更。マフレズやイヘアナチョがベンチスタートとなり、イボーラが移籍後初スタメンを飾った。岡崎は引き続きベンチスタートとなった。 ▽一方、バーンリー戦で1-1の引き分けに終わったリバプールは、スタメンを大幅に8選手変更。コウチーニョは引き続き先発し、チェンバレンが移籍後初スタメンとなった。 ▽今週末にリーグ戦でも対戦する両チームの一戦は、 [4-3-3]を採用し前線の3トップに右からチェンバレン、ソランケ、コウチーニョと並べたリバプールが、スリマニとウジョアの2トップとする[4-4-2]を採用したレスターを攻め立てる展開で推移していく。 ▽すると、まずは6分に決定機。ボックス左のロバートソンのクロスをチェンバレンがシュート。しかしDFにブロックされた。直後の左CKの流れからゴールエリア右のソランケがシュートに持ち込んだが、枠を捉えきれなかった。 ▽攻勢を続けるリバプールは22分にロバートソンの左クロスからソランケがボレーで合わせるも枠を捉えきれない。ハーフタイムにかけてもボールを一方的に保持したリバプールだったが、ゴールを割れずに前半を終えた。 ▽迎えた後半、攻め手のないレスターは負傷したウジョアに代えて53分に岡崎を投入。すると65分、CKの流れからイボーラが頭で落としたボールをボックス中央で受けた岡崎がシュート。これが決まり、レスターが先制した。 ▽その後も守勢に回ったレスターだったが、78分に突き放す。岡崎のパスを受けたスリマニがペナルティアーク右から左足を一閃。これがゴール左上に突き刺さった。 ▽直後、80分のグレイのコントロールシュートはGKの好守に凌がれたレスターだったが、2点のリードを守り切って勝利。リバプールを撃破している。 2017.09.20 05:47 Wed
twitterfacebook
thumb

浅野が開幕戦以来のスタメンもラファエウのドッペルパックでボルシアMGに完敗《ブンデスリーガ》

▽シュツットガルトは19日、ブンデスリーガ第5節でボルシアMGとのアウェイ戦に臨み、0-2で敗れた。シュツットガルトのFW浅野拓磨は62分までプレーしている。 ▽前節ヴォルフスブルク戦を1-0と勝利して2勝2敗のタイとしたシュツットガルトは、アコロの負傷を受けて浅野を開幕戦以来のスタメンで起用した。 ▽前節ライプツィヒ戦を2-2と引き分けて1勝2分け1敗スタートとなったボルシアMGに対し、浅野が[4-2-3-1]の右MFで先発した一戦。 ▽立ち上がりからボルシアMGにポゼッションを譲って自陣で守備を固めるシュツットガルトは相手にシュートを打たせず、思惑通りに試合を進めていく。 ▽ボルシアMGにチャンスを一切許さず、浅野がスピードを活かしてカウンターで牽制するシュツットガルトが前半をゴールレスで終えると、後半開始直後に決定機。浅野のスルーパスに抜け出したテローデがボックス右からシュート。しかし、枠の左に外れた。 ▽すると57分、失点を喫する。ラファエウに右サイドへ展開されると、エルベディのクロスに反応したラファエウにボレーで蹴り込まれた。 ▽追う展開となったシュツットガルトは浅野を下げ、ブレカノを投入。そのブレカノは70分にGKを強襲する枠内シュートを浴びせたが、73分にPKを献上する。 ▽FKの流れからT・アザールをボックス内でアオゴが倒してしまった。これをラファエウに決められ、リードを2点に広げられてしまった。 ▽結局、終盤にかけても反撃に転じられなかったシュツットガルトは0-2のまま敗戦。今季3敗目を喫している。 2017.09.20 03:33 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース