超ワールドサッカー

12戦8発のヘントFW久保裕也、成功の秘訣は「プレースタイルの一致」2017.04.29 14:32 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽今冬にヤング・ボーイズからヘントへと移籍した日本代表FW久保裕也が、自身の成功の秘訣を語った。ベルギー『VOETBALKARANT』が報じた。

▽久保は、ヘント加入後、公式戦12試合に出場し8得点とゴールを量産。ベルギー・ジュビラーリーグの優勝プレーオフに臨むチームにおいても重要なゴールを重ね、タイトル獲得を目指してプレーしている。

▽移籍加入後すぐさまチームの中心となっている久保だが、ここまでの成功は経験したことがないとのこと。プレースタイルの一致が秘訣だと語った。

「僕が最初からこのように大きな影響を与えることは初めてです。チームのプレースタイルが本当に僕のプレースタイルにあったからです。それが主な理由だと思います」

▽また、ヘントへの移籍決断については「監督が僕の使い方について明確な考えを持っていたので、移籍を決断しました」とコメント。移籍後の活躍については「僕はこれまでのキャリアの中で、最高の時期を過ごしています。でも、改善の余地はあります」と語り、ゴールを量産しながらもさらなる成長を誓った。

▽ヘント移籍後、デビュー戦となったクラブ・ブルージュ戦でデビューゴールを記録。久保はこのゴールが重要であったとも語っている。

「おそらく、僕のこれまでのキャリアで最も重要なゴールでした。僕にとっての最初の試合だったので、僕はチームメイトからの信頼を獲得できました」

▽優勝プレーオフを戦うヘントは、首位のアンデルレヒトと勝ち点差5の2位に位置。30日には、そのアンデルレヒトと直接対決を迎え、逆転優勝に向けて久保のゴールで勝利ができるのか、注目が集まる。

コメント

関連ニュース

thumb

大迫勇也の今季に地元紙がチーム2位タイの高評価「ケルンでベストのシーズン!」

ケルンに所属する大迫勇也の2016-17シーズンは地元紙『エクスプレス』で、チーム2位タイとなる高評価を受けた。<br><br>大迫は2016-17シーズン、公式戦32試合に出場し、9ゴール8アシストを記録した。アンソニー・モデストと素晴らしいコンビネーションを見せ、ケルンの攻撃をけん引。リーグ戦においては5位でシーズンを終了し、25年ぶりとなる欧州カップ戦の出場権獲得に大きく貢献した。地元紙は今季のパフォーマンスに「2」の採点を与え(ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)、以下のようなコメントを添えた。<br><br>「大迫にとってケルンでベストのシーズン! テクニックに優れ、ボールを取られないチャンピオンだった。さらに(リーグ戦で)7ゴール8アシストを記録し、モデストの素晴らしいパートナーを務めた。一方でアウクスブルク戦とホッフェンハイム戦ではミスから悲劇のヒーローとなってしまった」<br><br>大迫は今季、攻撃の中核として充実のシーズンを送った。その活躍は地元メディアにもしっかりと認められている。来季大迫はヨーロッパリーグとブンデスリーガではどんな輝きを見せてくれるのだろうか。さらなる成長が期待される。<br><br><br>提供:goal.com 2017.05.27 09:58 Sat
twitterfacebook
thumb

元熊本MF田島翔がアメリカUPSLのラスベガスシティFC入団会見「ラスベガスと日本をサッカーで繋げ盛り上げていきたい」

<div style="font-size:x-small;text-align:right;">写真提供:Las Vegas City FC<hr></div>▽MLS(メジャーリーグ・サッカー)への参入を目指し2016年に設立されたラスベガスシティFCが、かつてロアッソ熊本に所属したMF田島翔(34)の入団会見を行った。 ▽田島は、函館工業高校を卒業後、シンガポールのクレメンティ・カルサFC(現バレスティア・カルサFC)と練習生契約。その後、2004年に沖縄県リーグ1部のFC琉球と契約すると、九州サッカーリーグ、JFLを経験。2009年に地元・北海道サッカーリーグのノルブリッツ北海道に入団した。 ▽その後は、当時スペイン5部のTSKロセスにテスト入団しプレー。2012年にはロアッソ熊本に加入し、日本では初のプロ契約を結ぶ。熊本は1年での退団となったが、翌年にフットサルに転向し、Fリーグのシュライカー大阪のサテライトチームと契約。半年で退団すると、2014年にはクラブ・ワールドカップの常連であるオークランド・シティ(ニュージーランド)に加入した。 ▽2015年に再び日本に復帰し、北海道サッカーリーグの十勝フェアスカイFCに加入すると、2016年にはアメリカに渡り、NPSL(ナショナル・プレミアサッカーリーグ)のマイアミ・ユナイテッドFCに入団。元ブラジル代表FWアドリアーノともチームメイトとなった。そして2017年にラスベガスシティFCに加入した。 ▽田島はこれまで5試合に出場し4試合はトップ下で先発。2ゴール1アシストを記録するなど、すでに結果を残している。田島は今回のラスベガスシティFC移籍について意気込みを語った。 「ラスベガスという魅力のある場所で、MLS参入を目指すために新設されたクラブでプレーするのは、自分の集大成であり大きなチャレンジだと思いました。プレーでの貢献はもちろん、ラスベガスと日本をサッカーで繋げ盛り上げていきたいです。今季はプレーオフ出場と個人的には二桁得点を目標としています」 ▽アメリカ5部に相当する独立リーグUPSL(ユナイテッド・プレミアサッカーリーグ)に所属するラスベガスシティFCは、かつてブラジル代表として活躍し、日本代表監督も務めたジーコ氏がアドバイザーを務めており、昨年5月には元ブラジル代表MFロナウジーニョがゲスト加入してエキシビジョンマッチに出場するなど話題のクラブ。5年以内でのMLS参入を目指し、UPSLを戦っている。 ▽オーナーのラファエル・モレノ氏は、田島の獲得について「近い将来、日本でラスベガスシティFCのサッカースクール開校プランもあり、日本と積極的に交流を進めていきたい。ショウのプレーを気に入ってるし、満足している」とコメント。田島の能力を認めるとともに、日本との交流を深めたい狙いも明かした。 ▽また、ラスベガスのプロスポーツとして初めて日本企業がスポンサーになることも決定。観光ツアー会社・ネバダ観光サービス(代表 依田和恵)がスポンサーとなり、ユニフォームの背中にロゴが入ることも決定した。 ▽ネバダ観光サービスがラスベガスシティFCのスポンサーとなった理由は、日本人である田島の活躍を願ってのこと。田島を応援する理由として、「ラスベガスで同じ日本人として新たなチャレンジを行っていることに共感した」とコメント。また、「ラスベガスに強いインパクトを与えて頂きたい」と期待を語った。 「ここラスベガスで同じ日本人として新たなチャレンジを行っている田島選手に強く共感を覚えたためです。弊社も日本を母国とするスタッフが殆どですが、ラスベガスにて日本人の美徳、誠実さ、正直さを一人でも多くの外国の方々に認知してもらえるよう意識をして日夜業務を行っています」 「田島選手にも、フィジカル部分はなかなかアメリカで優位に出ることは難しいと思いますが、テクニックは勿論、戦術の理解度やチームメイトとの調和、監督の描くチームイメージ実現への努力、といった日本人の力が大いに発揮できる分野でラスベガスに強いインパクトを与えて頂きたいと期待しています」 ▽また、ラスベガスシティFCについてもコメントし、ギャンブルのイメージが強い街の魅力の多様化へのチャレンジを期待していると語った。 「まだ発足間もないチームですし、ラスベガスのサッカー人気もまだまだこれからといったところですが、NHLやNFLの誘致が決定するなどようやくプロスポーツが芽生えてきたラスベガスで是非メジャーリーグサッカーへの参戦を実現して頂きたいです」 「まだまだギャンブルのみのイメージが強い(実際は全く異なりますが)街ですので、魅力の多様化にとっても大変大事なチャレンジだと思います」 ▽日本とラスベガスの架け橋になることも期待されている田島。世界を渡り歩いた男の集大成となる挑戦は始まったばかりだ。 2017.05.26 21:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ヘント久保裕也、ステップアップの野心隠さず「もっとレベルの高いリーグに」

ヘントに所属する日本代表FW久保裕也がクラブの公式番組に出演し、インタビューに応じた。<br><br>今冬にヘントへ加わった久保は16試合で11ゴールと驚異的な決定力を見せ、シーズンを終えた。6月に控えるシリア戦、イラク戦の日本代表メンバーにも招集された久保は、クラブの企画で、少年がインタビュアーを務めたインタビューで様々なことについて語った。<br><br>サッカーを始めたきっかけには兄の存在を挙げ、8歳で&ldquo;キャリア&rdquo;をスタートさせたと明かしている。また、お気に入りのゴールについては3月12日に挙げたKVメヘレン戦での4人抜き弾を挙げた。<br><br>今の夢を問われた久保は、迷うことなく野心を語る。「上のリーグ、もっと違うレベルの高いリーグに行くこと」と、ステップアップを望んでいるとした。<br><br>加入後の活躍で、5大リーグへのステップアップもささやかれる久保。いずれにせよ、久保の夢は叶う可能性が高いと言えるだろう。<br><br><br>提供:goal.com 2017.05.26 19:48 Fri
twitterfacebook
thumb

英誌選出のアジア人選手ベスト50…日本人最上位は?

イギリス誌『FourFourTwo』がアジア人選手トップ50を選出した。日本からは9人の選手がランクインを果たしている。<br><br>2016年シーズンにJリーグのMVPに輝いた中村憲剛が43位にランクインした以外は全て欧州組が選出された。日本人トップ5は以下のようになった。<br><br>17位に選ばれたのがフランクフルトに所属する長谷部誠。リベロとして活躍する前提条件となったサッカーインテリジェンスの高さが評価されている。16位に選出されたのはサウサンプトンの吉田麻也、シーズン前半戦にセンターバックの3番手という立ち位置だったものの、シーズン途中から守備陣の中心的な役割を担うまでになった成長が評価された。クリスタル・パレス戦でキャプテンを務めたことも紹介されている。<br><br>日本人で3位となったのは、ヘントに加入してから得点を量産した久保裕也。全体では13位に入り、欧州ビッグクラブが興味を持っているとした。<br><br>日本人2番手は6位にランクインした原口元気。ヘルタ・ベルリンでの活躍に加え、ワールドカップ・アジア最終予選においてに日本人として初めて4試合連続得点を奪ったことが評価を受けている。<br><br>日本人トップはレスター・シティに所属する岡崎慎司となり、全体でも3位に輝いた。リーグ戦で残した記録は3ゴール1アシストと際立ったものではないとしながらも、チームへの貢献度はレスターを支えたとして高い評価を受けた。<br><br>なお、全体の2位はトッテナムに所属する韓国代表FWソン・フンミン。1位はアル・アインのUAE代表MFオマル・アブドゥルラフマンとなった。<br><br>日本人選手の順位は以下の通り<br><br>&nbsp;3位 岡崎慎二(レスター・シティ)<br />&nbsp;6位 原口元気(ヘルタ・ベルリン)<br />13位 久保裕也(ヘント)<br />16位 吉田麻也(サウサンプトン)<br />17位 長谷部誠(フランクフルト)<br />19位 香川真司(ドルトムント)<br />23位 酒井宏樹(マルセイユ)<br />42位 大迫勇也(ケルン)<br />43位 中村憲剛(川崎フロンターレ)<br><br><br>提供:goal.com 2017.05.26 07:30 Fri
twitterfacebook
thumb

約2年ぶりの日本代表復帰を果たしたMF乾貴士「W杯予選の勝利に貢献できるように頑張る」

▽日本サッカー協会(JFA)は25日、来月7日に行われるキリンチャレンジカップ2017のシリア戦及び同13日に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のイラク代表戦に臨む日本代表メンバー25名を発表した。 ▽約2年ぶりに日本代表に選出されたエイバルのMF乾貴士が自身のツイッターを通じてコメント。久々の代表復帰を喜んだ。 <span style="font-weight:700;">◆MF乾貴士(エイバル/スペイン)</span> 「この度、日本代表に招集して頂きました!久しぶりの招集でほんとに嬉しいです。練習からアピールして、W杯予選の勝利に貢献できるように頑張るので応援よろしくお願いします!!」 2017.05.25 18:52 Thu
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース